【銀魂】長谷川泰三(マダオ)の声優は立木文彦!実写版映画にも出演してる?

『銀魂』に登場するキャラクター・長谷川泰三、通称マダオ。彼は『銀魂』の人気キャラクターの1人です。ここではアニメ『銀魂』で長谷川泰三(マダオ)の声を担当している声優・立木文彦について紹介。立木文彦本人が長谷川泰三役で出演した実写映画『銀魂』についてや、立木文彦の有名なナレーションについても見ていきます。また、立木文彦が声優として出演したアニメ作品なども詳しく見ていきます。

【銀魂】長谷川泰三(マダオ)の声優は立木文彦!実写版映画にも出演してる?のイメージ

目次

  1. 銀魂の長谷川泰三(マダオ)とは?
  2. 銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優は立木文彦
  3. 銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優・立木文彦は実写版映画にも出演?
  4. 銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優の演じたアニメキャラや出演作品
  5. 銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優・立木文彦の年収や学歴
  6. 銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優に関する感想や評価
  7. 銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優まとめ

銀魂の長谷川泰三(マダオ)とは?

長谷川泰三(マダオ)とは『銀魂』に登場するキャラクターの1人。元々は江戸幕府の重鎮でしたが、ある事件がきっかけでホームレスにまで堕ち「まるでダメなオッサン」略してマダオと呼ばれるようになりました。ここでは、そんな長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦について紹介。

立木文彦が担当したナレーションや出演したアニメ作品、彼本人が長谷川泰三役として出演した実写映画『銀魂』についてなどを見ていきます。まずは『銀魂』の基本情報から確認しておきましょう。

銀魂の作品情報

銀魂の概要

『銀魂』は、漫画家・空知英秋が生み出したギャグ漫画。2004年から『週刊少年ジャンプ』で連載が開始され、2019年に話数全704話、全77巻で完結しました。『週刊少年ジャンプ』を支えた大人気作品の1つであり、テレビアニメ化、劇場版化、実写映画化、ノベライズ化など、様々なメディアミックスが展開されています。

銀魂のあらすじ

舞台となるのは、「天人」と呼ばれる宇宙人たちが我が物顔で闊歩するようになった江戸。依頼されれば何でもこなす「万事屋」を営む侍・坂田銀時が、志村新八、神楽、定春ら仲間たちと共に、江戸で起こる様々なトラブルに首を突っ込んでいく、SF人情なんちゃって時代劇コメディーです。

長谷川泰三(マダオ)のプロフィール

長谷川泰三は6月13日生まれで、年齢は39歳。身長は179センチ、体重は67キロです。長谷川泰三は、元々は入国管理局局長として天人との外交に携わっていた幕府の重鎮でした。しかし天人・ハタ皇子のペット捜しの依頼を万事屋に持ち込んだことがきっかけで、職を追われてしまうこととなります。

以降、長谷川はホームレスとなってしまい、常に職探しをしているキャラクターになりました。一気に転落した長谷川に対し、神楽がつけたあだ名が「マダオ(まるでダメなオッサン)」。この言葉が呪いのように付き纏い、長谷川はなかなかホームレスから脱却できません。

『銀魂』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優は立木文彦

立木文彦のプロフィール

アニメ『銀魂』で長谷川泰三(マダオ)の声を担当しているのは、声優・ナレーターの立木文彦です。立木文彦は1961年4月29日生まれ、血液型はA型。長崎県出身で、所属事務所は大沢事務所です。

立木文彦の経歴

声優としてのデビュー作品は、本人いわく『聖戦士ダンバイン』。しかしそれより前の番組である『戦闘メカザブングル』に脇役として出演しており、そちらをデビュー作と見ることもできます。それらの作品以降、アニメやゲームだけでなく洋画の吹き替えやCM・テレビ番組のナレーションも多く担当していました。また音楽活動も行っており、声優・森川智之と共にボーカルユニット「2HEARTS」を結成。CDを発売するなどしています。

Thumb銀魂の登場人物まとめ!プロフィール・画像や声優キャストまで一挙紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優・立木文彦は実写版映画にも出演?

立木文彦は実写版映画にも本人役で出演?

『銀魂』は小栗旬主演で実写映画化されているのですが、立木文彦は実写映画にも長谷川泰三役として出演しています。アニメでキャラクターの声を担当している声優本人が実写版でも同じキャラクターを演じるというのはとても珍しいことだったため、情報が発信された際は大変話題となりました。立木文彦本人もまさか実写版出演のオファーがくるとは思っていなかったらしく、驚いたとコメントしています。

実写版での立木文彦の演技ですが、本人役なだけあって完璧な長谷川泰三を演じていました。立木文彦本人が長谷川泰三を演じる様子は実写映画『銀魂2』と、実写ドラマ『銀魂2 世にも奇妙な銀魂ちゃん。』で観ることができます。興味がある人はぜひ本人のハイクオリティーな演技をチェックしてみてください。

立木文彦はイッテQのナレーションでも活躍?

立木文彦は人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』のナレーションを担当していることで知られています。2012年最後の放送となった4時間生放送スペシャルでは、自身初となる生放送番組の出演を果たし、さらに生ナレーションに挑戦しました。

Thumb銀魂の実写化キャスト一覧!原作の漫画キャラとの比較やあらすじも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優の演じたアニメキャラや出演作品

新世紀エヴァンゲリオン(碇ゲンドウ)

『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦が演じたアニメキャラや出演作品その1は『新世紀エヴァンゲリオン』(碇ゲンドウ)です。『新世紀エヴァンゲリオン』は、アニメ制作会社GAINAXによって制作された、日本のオリジナルテレビアニメ作品。

西暦2000年9月13日、大災害セカンドインパクトが起き、世界人口の半数が失われました。それから15年。14歳の少年・碇シンジは、国連直属の非公開組織・特務機関NERVの総司令である父・碇ゲンドウに呼び出され、第3新東京市を訪れます。そこでシンジは汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン初号機」のパイロットとなり、謎の敵「使徒」と戦うよう命じられるのでした。

この作品で立木文彦は、碇ゲンドウというキャラクターを演じました。碇ゲンドウは主人公・碇シンジの父親。特務機関NERV(ネルフ)の総司令を務めています。幼いシンジを知人に預け、長い間顔を合わせることなくそれぞれの生活を送っていたのですが、シンジをEVA初号機のパイロットにするべく急遽シンジを第3新東京市に呼び出し、NERVの管轄下に置きました。

冷酷で目的のためなら手段を選ばない性格。実際に様々な妨害工作や殺人などを平然と実行しており、実の息子であるシンジすら利用する非道さを持っています。司令官として非常に優秀ですが、それは必要なもの以外を切り捨てることができる非情さがあるゆえでしょう。隠された本性は内向的で人見知り。他人に対して恐怖を抱いており、それが彼の歪んだ性格に繋がっています。

名探偵コナン(ウォッカ)

『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦が演じたアニメキャラや出演作品その2は『名探偵コナン』(ウォッカ)です。『名探偵コナン』は、青山剛昌による漫画を原作としたテレビアニメ作品。警察から頼りにされる高校生探偵の工藤新一。彼は幼なじみの毛利蘭と遊園地に遊びに行き、そこで黒ずくめの男たちの怪しげな取引現場を目撃しました。

取引を見ていることがバレた新一は背後から襲われ、朦朧とする意識の中、毒薬を飲まされてしまいます。やがて意識を取り戻した新一は、自分の身体が小学1年生程度まで縮んでいることに気づきました。新一は黒ずくめの男たちの情報を掴み元の身体に戻るため、江戸川コナンと名乗り、父親が探偵をしている蘭の家に居候することになります。

この作品で立木文彦は、ウォッカというキャラクターを演じました。ウォッカは黒の組織のメンバー。工藤新一に毒薬を飲ませた男・ジンの相棒で、常に彼と行動を共にしています。ジンとは同じ幹部であるため同格の立場ですが、個人的にジンを尊敬しているのか、ジンのことを「兄貴」と呼び部下のような振る舞いをしています。

ジンには忠実なため彼からもそれなりに信頼されているらしく、車のキーを預けられる場面も。冷酷で頭が切れるジンと比べると、頭を使うことはあまり得意ではない模様。しかし情報収集能力や記憶力は優秀で、しっかりとジンのバックアップを務められる程度の能力は持っています。

BLEACH(更木剣八)

『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦が演じたアニメキャラや出演作品その3は『BLEACH』(更木剣八)です。『BLEACH』は、久保帯人による漫画を原作としたテレビアニメ作品。黒崎一護は並外れた霊感を持つ高校生。ある日、彼は尸魂界からやってきた死神だという少女・朽木ルキアと出逢います。

死神の仕事は、虚という悪霊を倒し、現世の魂魄を尸魂界に導くこと。最初は信じなかった一護ですが、実際に虚に襲われ、ルキアに命を救われたことで、彼女の話を信じざるを得なくなります。ルキアは一護を庇ったことで重傷を負ってしまいました。そこで彼女は一護に死神の力を譲渡し、自分の代わりに虚と戦うよう求めます。こうして一護は死神代行となり、数々の戦いに身を投じていくことになるのでした。

この作品で立木文彦は、更木剣八というキャラクターを演じました。尸魂界には死神が住んでおり、死神たちは「護廷十三隊」という組織に所属しています。護廷十三隊はその名の通り13の隊で構成されており、更木剣八は十一番隊の隊長を務める男。十一番隊は喧嘩っ早く戦闘狂が多い隊で、護廷十三隊最強の部隊だと言われています。

そんな十一番隊を率いる更木剣八は、誰よりも戦いを愛する者。強い相手と戦うことが彼の全てであり、頭の鈴と右目の眼帯は、自分に不利な条件を課すことでより戦いを楽しめるという考えのもとつけられたものです。ただの乱暴者のように見えますが、隊長としての仕事は最低限こなしており、部下思いな一面もあるため、十一番隊隊士たちからの信頼は厚いです。

ONE PIECE(赤犬)

『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦が演じたアニメキャラや出演作品その4は『ONE PIECE』(赤犬)です。『ONE PIECE』は尾田栄一郎による漫画を原作としたテレビアニメ作品。かつてこの世の全てを手に入れた海賊王ゴールド・ロジャー。

彼が遺した伝説の秘宝「ワンピース」を探し求め、男たちは海へ繰り出しました。こうして始まった大海賊時代。主人公の少年、モンキー・D・ルフィも、海賊王になるべく海へと出た1人です。彼は悪魔の実の1つ「ゴムゴムの実」を食べて身体がゴムになったゴム人間。ルフィはゴムゴムの実の力を使って様々な敵と戦い、仲間たちと数々の冒険を繰り広げます。

この作品で立木文彦は、赤犬というキャラクターを演じました。赤犬は通称で、本名はサカズキ。彼は世界の均衡を司る3大勢力の1つ、海軍本部に所属する軍人で、階級は初登場時「大将」でした。「徹底的な正義」という信念を掲げ、どんな悪も許さず確実に排除する過激な思想の持ち主。悪を排除するためならどんな手段も厭わないため、作戦中に味方であるはずの海兵が犠牲になることもままあります。

その過激さのため、同じ大将であった青雉・クザンとは考えが合わず衝突。一騎打ちの決闘が行われ、勝利した赤犬は海軍の最高位である「元帥」に。クザンは海軍から去りました。元帥となったあとも変わらず自身の正義を遂行しており、敵対勢力から警戒されています。

戦国BASARA(大谷吉継)

『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦が演じたアニメキャラや出演作品その5は『戦国BASARA』(大谷吉継)です。『戦国BASARA』は、カプコンから発売されているアクションゲームシリーズを原作としたテレビアニメ作品。時は戦国、群雄割拠の時代。日本各地の兵たちが天下統一のために立ち上がり、各地で激しい争いを繰り広げていました。

数多いる武将たちの中で最も天下に近い男と目されているのは、尾張の第六天魔王・織田信長。彼が起こす戦火は多くの禍を生み出していきます。そこに突如現れたのが、奥州最強の軍を率いる隻眼の男・伊達政宗。彼は戦場を駆け、宿命のライバルとなる男・真田幸村と出逢います。

この作品で立木文彦は、大谷吉継というキャラクターを演じました。大谷吉継は石田三成の友人。性格は狡猾で抜け目がなく、常に二手三手先の状況を読んであらゆる手を打っておく策士です。呪術の使い手で、巨大な数珠を操り相手を撹乱する戦法を取ります。

移動は宙に浮く輿。「不幸は万人に等しくあるべき」という病んだ信条を持っているのですが、これは己が病に侵され不幸であることから生まれた考え方のようです。見た目・性格・言動の全てが禍々しく邪悪であるため、実在した大谷吉継のイメージを損ねるとし、抗議がきたことがあるそうです。

HUNTER×HUNTER(モントゥトゥユピー)

『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦が演じたアニメキャラや出演作品その6は『HUNTER×HUNTER』(モントゥトゥユピー)です。『HUNTER×HUNTER』は冨樫義博による漫画を原作としたテレビアニメ作品。主人公はくじら島に住む少年、ゴン=フリークス。

彼は亡くなったと思われていた父親が実は生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知り、ハンターという職業に憧れを抱くようになります。ゴンはハンターとなるべくハンター試験を受けることになり、故郷を出発。父と同じハンターになるため、そして父と会うためのゴンの長い旅が始まります。

この作品で立木文彦は、モントゥトゥユピーというキャラクターを演じました。モントゥトゥユピーは第一級隔離指定種に認定されている凶暴な蟻「キメラアント」の1匹。キメラアントの王直属護衛軍の中で最後に生まれた蟻の1匹です。魔獣と混成型の蟻で、大柄な体格が特徴的。

性格は大雑把で直情的。蟻になる前の前世はなく、生まれたときから護衛軍の一員だと認識しています。戦術を立て考えて戦うことは苦手で、力任せな戦い方をしていましたが、敵との戦闘を経て徐々に成長し、考えて戦うことができるようになりました。

クレヨンしんちゃん(黒磯)

『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦が演じたアニメキャラや出演作品その7は『クレヨンしんちゃん』(黒磯)です。『クレヨンしんちゃん』は臼井儀人による漫画を原作としたテレビアニメ作品。主人公は埼玉県春日部市に住む破天荒な幼稚園児・野原しんのすけ。

好奇心旺盛で誰に対しても物怖じしないしんのすけは、日常の様々なことに首を突っ込み、次々とトラブルを起こして、周囲を混乱に巻き込んでいきます。子供から大人まで、幅広い層から支持を得ている、国民的ギャグアニメです。

この作品で立木文彦は、黒磯というキャラクターを演じました。黒磯は、しんのすけの通う幼稚園に転園してきたお嬢様・酢乙女あいのボディーガード。常にあいの傍に控えており、送迎の車の運転手も務めています。見た目はボディーガードらしく、黒スーツにサングラス姿。本来の仕事はボディーガード兼運転手ですが、執事のような振る舞いであいの世話をすることもあります。

あいに仕えていますが何でもあいの言うことを肯定するようなことはなく、あいが間違っていると判断した場合にはきちんと彼女を諌めることができる優秀な付き人。また、あいの警護で接する人々へのフォローなども欠かしません。幼稚園の上尾先生に想いを寄せており、実は両想いなのですが、互いに不器用なため進展はないようです。

ビッグオーダー(鳴神弁慶)

『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦が演じたアニメキャラや出演作品その8は『ビッグオーダー』(鳴神弁慶)です。『ビッグオーダー』は、えすのサカエによる漫画を原作としたテレビアニメ作品。主人公は天草市に住む男子高校生・星宮エイジ。彼は10年前、謎の少女「DAISY」に世界支配を願いました。

それがきっかけで最強の能力者「オーダー」となり、彼の力が暴走した結果、世界は滅亡寸前まで追い込まれてしまいます。自身の力のせいで両親を亡くしたエイジは、不治の病に侵されて余命半年と宣告されている妹を毎日見舞いながら、やる気のない高校生活を送っていました。しかし、ある少女から命を狙われたことをきっかけに、エイジは再び「世界支配」のために動き出します。

この作品で立木文彦は、鳴神弁慶というキャラクターを演じました。鳴神弁慶は、国連暫定統治機構の九州支部「大宰府政庁」の最高幹部である十人衆の1人。十人衆は皆能力者であり、彼らは能力者こそが世界を導く存在であると考え、能力者を頂点とした世界を作ろうと企んでいます。

弁慶は十人衆の「二の手」で、階級は中尉。名前の通り武蔵坊弁慶のような僧兵姿の大男で、豪快な性格をしています。十人衆の中でも特に強い発言力を持っており、エイジには九州独立旗揚げのリーダーとして大きな期待を寄せています。

逆境無頼カイジ(ナレーション)

『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)を演じた声優・立木文彦が演じたアニメキャラや出演作品その9は『逆境無頼カイジ』(ナレーション)です。『逆境無頼カイジ』は、福本伸行による漫画『カイジ』シリーズを原作としたテレビアニメ作品。主人公のカイジこと伊藤開司は、定職にも就かず自堕落な日々を過ごしていました。ある日カイジは突然現れたヤクザ・遠藤から、友人の古畑が借金を抱えたまま消息不明となったことを伝えられます。

カイジは借金の保証人となっていたため肩代わりするよう迫られますが、そんな大金は持っていません。そんなカイジに、遠藤は借金一括返済のチャンスがあると告げます。1ヶ月後に出航するギャンブル船「エスポワール」。この船でのゲームに勝てば借金はチャラになるというのです。しかし負ければ強制労働が課せられ、また命の保証もありません。カイジは遠藤に誘われるがまま船に乗り込むことになります。

この作品で立木文彦は、劇中で流れるナレーションを担当しました。『カイジ』という作品においてもう1人の主役と言ってもいいほど重要な存在。それがナレーションです。『カイジ』には様々な名言がありますが、その多くはナレーションから生まれたもの。その存在感は、一般的なナレーションとは一線を画しています。

『カイジ』と聞いたら、まずナレーションを思い浮かべる人は多いでしょう。『カイジ』のナレーションは言い回しが独特で、一度聞くと耳から離れないパワフルなもの。劇中のナレーションがカイジが挑むギャンブルの緊張感を増幅させ、視聴者に作品を強く印象づけています。

Thumb銀魂の天人・ハタ皇子はどんなキャラ?登場回数が減った理由や過去まで考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優・立木文彦の年収や学歴

立木文彦の年収

売れれば儲かりますが、売れなければ全くお金が入ってこないという厳しい世界である声優業界。その中で立木文彦は、かなり売れている声優・ナレーターです。コンスタントに仕事があり、また1つ1つの仕事のギャラもそれなりであることを鑑みると、年収は約5000万円以上あるのではないかと言われています。

立木文彦の学歴

立木文彦の学歴についてですが、詳しい情報は公開されていません。声優業界は学歴がほとんど関係しない世界なので、情報公開の必要がないということで明かされていない可能性があります。

Thumb実写版・銀魂の評価まとめ!映画の感想やネタバレあらすじまで紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優に関する感想や評価

声優本人が地上波のテレビに出演することは、昔に比べれば増えたものの、まだ多くはありません。立木文彦はテレビに本人が出演する、数少ない声優の1人です。たまたま立木文彦本人がテレビに出演しているところを見て、驚いた人は少なくなかったようです。

漫画やアニメを実写化する場合、問題となりがちなのがキャスティングです。ファンとしては、ネームバリューではなくなるべくキャラクターに寄せられる俳優をキャスティングしてほしいと思うもの。その点、実写版『銀魂』の長谷川泰三は、アニメで長谷川泰三役をしている立木文彦本人が演じたため、文句のつけようがありませんでした。さすがに本人に対して「合ってない」と言う人はいなかったようです。

アニメだけでなく、数々の番組にナレーションとして出演している立木文彦。その中でもイッテQは特に知名度が高く、他の番組で立木文彦のナレーションを聞いてもついイッテQを思い出してしまうという人は少なくないようです。

原作に対する愛情ゆえに実写版が苦手という人は少なくありません。しかし長谷川泰三を立木文彦本人が演じると聞いて、思わず興味を引かれたファンは多かったようです。長谷川泰三本人が本人役を演じるようなものなので、ファンがつい気になってしまうのは当然のことでしょう。

Thumb銀魂の長谷川泰三(マダオ)登場回は爆笑必至!かっこいい名言や魅力も | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の長谷川泰三(マダオ)の声優まとめ

『銀魂』に登場するキャラクター、長谷川泰三(マダオ)の声を担当した声優・立木文彦について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?立木文彦はアニメのみならず、洋画の吹き替えやCM、バラエティー番組のナレーションなど、幅広く活躍しているベテラン声優です。

もしかしたら普段何気なくテレビで聞いている声も、立木文彦のものかもしれません。立木文彦に興味を持った人は、ぜひ『銀魂』はもちろん、立木文彦の出演作の数々をチェックしてみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ