ハン・ソロのネタバレあらすじ!ラストやダースモールとキーラについても考察

スターウォーズの公式スピンオフとして公開されたハン・ソロは、多くの謎や伏線を残しています。特に、ワンシーンだけの出演となったダースモールの存在や、キーラの行動などはファンの間で議論を生んでいます。今回はそんなハン・ソロにのあらすじをネタバレありで紹介しつつ、ダースモールのこれまでをネタバレし、キーラとの関係につていも考察していきます。なお、ハン・ソロのネタバレあらすじだけでなく、他のスターウォーズのネタバレも多数含んでいるため、ネタバレが苦手な方は注意してください。

ハン・ソロのネタバレあらすじ!ラストやダースモールとキーラについても考察のイメージ

目次

  1. 1ハン・ソロのあらすじからラストまでネタバレ!ダースモールやキーラの関係を考察
  2. 2ハン・ソロとは?
  3. 3ハン・ソロのあらすじをネタバレ解説!
  4. 4ハン・ソロのラストをネタバレ解説!
  5. 5ハン・ソロのキャスト一覧
  6. 6ハン・ソロのダースモールとキーラの謎・伏線をネタバレ考察!
  7. 7ハン・ソロを見た人の評価・感想は?
  8. 8ハン・ソロのネタバレまとめ

ハン・ソロのあらすじからラストまでネタバレ!ダースモールやキーラの関係を考察

SF映画の金字塔を打ち立て今なお愛されているスターウォーズシリーズは、2012年にディズニーがルーカスフィルムを買収した事で新しい3部作の公開が決定しました。それに加えて、これまではアニメーションでしか描かれてこなかった、スターウォーズのスピンオフを実写映画化すると発表し、大きな話題を呼びます。ハン・ソロはその公式スピンオフの第2弾となります。

人気キャラクターであるハン・ソロを主役に置いたスピンオフは大変注目されており、公開前からファンの間ではラストがどうなるのか議論が交わされます。2018年に公開されると、予想を覆すストーリーに、ダースモールという誰も予想できない人物の登場に多くのファンが興奮しました。

今回は、そんなハン・ソロのあらすじをラストまでネタバレしつつ、ダースモールとキーラの関係性をネタバレありで紹介していきます。なお、ハン・ソロのあらすじをネタバレする他にも、他のスターウォーズ作品のネタバレもありますので、苦手な方はご注意ください。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー|映画 | スター・ウォーズ公式

ハン・ソロとは?

ハン・ソロとは、スターウォーズエピソードⅣ~Ⅵにおける重要なキャラクターです。相棒のチューバッカと愛機ミレニアムファルコンで宇宙を股にかける密輸業者です。主人公であるルーク・スカイウォーカーやレイア姫と運命的な出会いをした結果、宇宙を支配している銀河帝国との戦いに巻き込まれていくことになります。皮肉屋でいて、仲間を見捨てないキャラクターから絶大な人気を誇っています。

今回紹介するハン・ソロは、エピソードⅣよりも前の、ハンソロの幼少期から青年期にかけてのエピソードになります。これまで、小説やアニメ、アメコミなどで断片的に描かれていたハン・ソロの幼少期を今回整理し、映像化されて事でファンは喜びの声を上げています。

Thumbスターウォーズ・最後のジェダイのキャスト一覧!新登場キャラなど画像付きで紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハン・ソロのあらすじをネタバレ解説!

ハン・ソロのネタバレあらすじその1!銀河共和国が滅んで10年

ダースシディアスが自らを皇帝と名乗り、弟子のダースヴェーダ―と共に銀河共和国を滅ぼしてから10年が過ぎています。ジェダイを殲滅した彼らは、銀河の支配を盤石とするべく各地へと手を伸ばして行き、速度の出る宇宙船を作る事で有名だったコレリアという惑星も支配下に収めていました。その結果、惑星の治安は乱れ、軍需産業に関わっていないと人々の生活は苦しく貧しくなっていきます。

ハン・ソロのネタバレあらすじその2!ハン・ソロは孤児

そんな過酷な環境の星でハン・ソロは孤児として暮らしていました。両親の顔は知らず、身寄りも無かった彼は、同じ孤児を集めたホワイトワームズと言う組織に集められ、生きるだけの食料を得る代わりに悪事を手伝わされていました。組織のリーダーであるレディ・プロキシマは残虐で、ハン・ソロは仲間のキーラと共にいつかここから抜け出して自由になる事を夢見ています。

ハン・ソロのネタバレあらすじその3!ハン・ソロの脱出計画

そんな夢を持つハン・ソロにチャンスがやってきます。ある日、コアクシウムという貴重な燃料を盗み出したハン・ソロはキーラと共に星を脱出しようとします。しかし、その逃亡はプロキシマに気づかれてしまい、モロックという部下が二人を追いかけてきます。機転を利かせて逃げ切ろうとしますが子供の足のため、逃げ切れずに宇宙港へと二人は辿り着きます。

ハン・ソロのネタバレあらすじその4!ハン・ソロは一人で星を出てしまう

コロネット宇宙港に逃げ込んだハン・ソロとキーラは、管理官を買収しており、他の惑星に逃げ込もうとします。しかし、ハン・ソロだけは無事にゲートを抜けて、キーラだけが捕まってしまいます。戻ろうとしたハン・ソロにキーラは、逃げてと叫びます。ハン・ソロは涙をこらえて1人で星を出ていきます。いつか、自分の船を手に入れてキーラを助けに戻ってくると心に近います。

ハン・ソロのネタバレあらすじその5!ハン・ソロのソロは一人ぼっちと言う意味

ハン・ソロは身寄りが無くても食べていける場所として帝国アカデミーに志願します。その時にファミリーネームを聞かれて、家族が誰も居ない事からハン・ソロという名前を思いつきます。晴れて帝国アカデミー入りしたハン・ソロでしたが、3年後帝国の方針に逆らったせいでアカデミーを追放されてしまいます。そして歩兵として泥の惑星ミンバンの戦場へと送られてしまいます。

ハン・ソロのネタバレあらすじその6!戦場からの脱出

ハン・ソロが送りこまれた戦場は地下資源目当ての戦争で、ミンバンの原住種族であるミンバニーズと戦っています。帝国のやり方も、戦争にも嫌気が差していたハン・ソロは、どうにか戦場から抜け出せないかと考えていた所、二丁のブラスター・ピストルを持ち大尉の階級章を持ったベケットたちのチームです。彼らは正規の帝国兵では無く、戦場に潜りこみ違法活動をする戦場荒らしだったのです。

ハン・ソロのネタバレあらすじその7!相棒との出会い

ベケットたちが戦場あらしだと見抜いたハン・ソロは、彼らに自分も連れて行ってくれと頼みこみます。しかし、断わられた上に脱走兵として密告されて捕まってしまいます。拘束されて牢に放り込まれたハン・ソロは、そこで長い時間を共に過ごすチューバッカと出会います。最初は殺されそうになりますが、チューバッカに逃げ出す事を提案し、どうにか二人で牢屋から脱出します。

ハン・ソロのネタバレあらすじその8!ベケットたちの仲間入り

ベケットたちの狙いは帝国軍の兵器であるATホーラーでした。首尾よく手に入れ星を離れようとするベケットたちにハン・ソロは追いつきます。もう一度頼み込むと、ベケットの仲間であるリオが、機械に強いウーキー族を船に乗せるように進言したことから、二人は乗船を許されます。こうしてベケットたちの仲間となり、ハン・ソロは帝国軍を抜けて銀河を旅する事になります。

ハン・ソロのネタバレあらすじその9!ベケットたちの次の獲物はコアクシウム

ベケットたちは帝国軍からコアクシウムを奪う計画を立てており、ATホーラーはそのために必要な道具でした。大掛かりな計画のため、人手が居るという理由からベケットはハン・ソロたちにも参加を求め、ハン・ソロは承諾します。そして、コアクシウムを運ぶ帝国の列車を襲撃すると、帝国軍の反撃に加えて、クラウド・ライダーズと呼ばれる盗賊集団が横取りをしようとやってきました。

ハン・ソロのネタバレあらすじその10!次々と散っていくベケットの仲間

三つ巴の戦いを繰り広げる中、ベケットの仲間であるリオが撃たれてしまいます。失ったパイロットの代わりをハン・ソロが務めると、その天才的な才覚を発揮します。どうにかコアクシウムを積んだ車両が手に入りそうになります。しかし、もう一人の仲間であるヴァルが自爆してもなお、盗賊集団のリーダーであるネストは諦めないため、ハン・ソロは止むなく車両を切り離し、爆発させます。

ハン・ソロのネタバレあらすじその11!昔なじみとの再会

仲間を二人失った上に作戦も失敗したベケットは依頼主であるクリムゾーン・ドーンのボス、ドライデン・ヴォスに謝罪しに行きます。同行したハン・ソロはそこで、ドライデンの副官として振舞っているキーラと再会します。彼女との再会に喜ぶハン・ソロでしたが、キーラの態度は冷たく、拒絶されます。そして、ドライデンはベケットの失敗を許さず、コアクシウムを手に入れる様に命令します。

ハン・ソロのネタバレあらすじその12!新しい計画に新しい仲間

ベケットは新たな計画をドライデンに提案します。それは惑星ケッセルにある鉱山から精製前のコアクシウムを奪い、別の惑星でドライデンに引き渡すという計画です。精製前のコアクシウムでも問題ないとするドライデンでしたが、その代りに別の条件を出します。それは彼の副官であるキーラを監視役として同行させる事です。かくして、キーラを監視役にハン・ソロたちの新しい計画は動き出します。

ハン・ソロのネタバレあらすじその13!高速宇宙船を賭けてギャンブル

作戦を成功するには銀河で最も早いと言われる船、ミレニアム・ファルコンが必要だとベケットは言い、持ち主である密輸業者のランドの元を訪れます。ランドはサバックというカードゲームを好んでおり、ハン・ソロはこのゲームに勝利したら船を寄越すように賭けをします。ゲームは途中までハン・ソロが有利でしたが、ランドがイカサマをしており逆転されてしまいます。

ハン・ソロのネタバレあらすじその14!不穏な追跡者

ハン・ソロを無視してベケットは計画の内容を説明し、25パーセントの分け前を条件にランドを勧誘します。仲間となったランドは、自分の副操縦士であるL3-37を連れて全員をミレニアム・ファルコンに乗せます。目的地へと向かって飛び出すミレニアム・ファルコンでしたが、その背後にネストの部下がミレニアム・ファルコンを追跡しているのに誰も気づいていません。

ハン・ソロのネタバレあらすじその15!宇宙1危険な宙域

目的地であるケッセルは、コアクシウム以外にも珍しい資源が豊富に取れる場所で有名です。しかし、その周辺は幾つもの危険な宇宙生物や、ブラックホール、デブリ、ガスなどが大量にあるため、宇宙1危険な宙域と呼ばれています。ドロイドであるL3-37のナビゲーションが無ければ、到着できないとランドは説明します。無事にケッセルに着いたハン・ソロたちは作戦を開始します。

ハン・ソロのネタバレあらすじその16!大混乱に陥る鉱山

帝国の人間に扮したキーラは、ケッセルの鉱山管理をしているギャングに対してハン・ソロとチューバッカを奴隷として売り飛ばします。その隙に侵入したベケットたちは指令室を制圧します。鉱山ではドロイドや他種族が大勢奴隷としてこき使われており、それに起こったL3-37はドロイドたちを解放します。奴隷達も解放されたことで、鉱山は大混乱に陥ります。

ハン・ソロのネタバレあらすじその17!ウーキー族の力

同じころ、奴隷として潜りこんだハン・ソロたちはコアクシウムがある場所を目指します。ところが、途中で奴隷として働かされているウーキー族を見て、チューバッカが助けに向かってしまいます。一人になったハン・ソロは仕方なく作戦を続けようとしますが、ギャングたちに見つかります。一転してピンチになったハン・ソロですが、そこをチューバッカとウーキー族たちが助けに来てくれました。

ハン・ソロのネタバレあらすじその18!相棒との固い信頼

共に戦う事でハン・ソロの中にチューバッカへの信頼が生まれます。協力してギャングを倒し、手に入れたコアクシウムをミレニアム・ファルコンに積み込ます。しかし、外での戦闘は激しさを増しており、その最中ナビゲーションドロイドであるL3-37が撃たれてしまいます。ランドが飛び出して、L3-37の頭部を持ち帰りますが、意識を失ってしまいます。

ハン・ソロのネタバレあらすじその19!ナビ無しで宇宙1危険な宙域に挑む!

星を脱出した一行を待ち受けていたのは帝国の軍艦です。次々に追っ手が迫る中、ハン・ソロは危険な宙域を突破するケッセルランを提案します。ランドがL3-37の頭脳をミレニアム・ファルコンに繋げ、副操縦士のチューバッカが操縦士のハン・ソロをサポートします。途中、巨大なブラックホールに飲み込まれそうになりますが、ハン・ソロの機転が成功し全員無事に生還します。

Thumbスターウォーズのダースベイダーの正体はアナキン!過去や最後についてまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハン・ソロのラストをネタバレ解説!

ハン・ソロのラストをネタバレその1!盗賊団ネストの正体

どうにかコアクシウムを手に入れたハン・ソロたちですが、そこをクラウド・ライダーズに取り囲まれてしまいます。自分たちには30人の傭兵が居るとハッタリを仕掛けますが、その隙にランドが報酬を受け取りもせずにミレニアム・ファルコンで脱出してしまいます。途方に暮れるハン・ソロでしたが、クラウド・ライダーズのリーダーであるネストは戦うつもりは無いと言い、付けていた仮面を外します。

ハン・ソロのラストをネタバレその2!銀河の希望

クラウド・ライダーズは単なる盗賊集団では無く、帝国と戦っている銀河の希望である反乱軍を援助する組織だとネストは説明します。コアクシウムを反乱軍に渡す事で力をつけさせるのが彼女の目的でした。ネストの説得に心を動かされたハン・ソロは、コアクシウムをドライデンに渡さないある計画を思いつきます。ところが、ベケットはドライデンを恐れてハン・ソロの前から姿を消してしまいます。

ハン・ソロのラストをネタバレその3!裏切者は誰だ?

ハン・ソロはチューバッカとキーラを伴い、コアクシウムをドライデンの所に運び入れます。ハン・ソロを出迎えたドライデンは、運び込まれたコアクシウムを見るなり、これは偽物だと言いだします。彼は、ハン・ソロがネストと協力して本物のコアクシウムを別の場所に運び出し、偽物を自分の前に持ってきたのだろうと言いあてます。実は彼らの中に裏切者が居て、その人物から全て聞かされたのです。

ハン・ソロのラストをネタバレその4!本物のコアクシウムは何処だ!

ドライデンに全てを話したのはキーラでは無くベケットでした。保身のためにハン・ソロを裏切ったベケットですが、しかし、その動きをハン・ソロは予測していました。ドライデンが送りこんだ別動隊は、ネストらの襲撃に失敗した上、コアクシウムをネストが持っていない事を伝えました。実は、ハン・ソロが持ち込んだものこそ、本物のコアクシウムだったのです。

ハン・ソロのラストをネタバレその5!キーラの裏切り

本物のコアクシウムを前にしてベケットは先に動きます。なんとチューバッカに銃を突きつけ、コアクシウムを運ばせようとします。本物を奪われそうになったハン・ソロを足止めするのはドライデンです。キーラと二人掛かりでハン・ソロを倒そうとするドライデンですが、突然キーラが裏切ります。なんと、刃をドライデンに向けて突き刺し、殺してしまうのです。

ハン・ソロのラストをネタバレその6!真の黒幕

驚くハン・ソロに対して、キーラはチューバッカたちを追いかけるように言います。その指示に従い飛び出すハン・ソロですが、残ったキーラは怪しい動きをします。ドライデンの死体から指輪を取ると、モニターに差し込みます。彼女は自分の本当の主に対して、ドライデンが何者かに殺され、コアクシウムも奪われてしまったとうその報告をします。

その報告を受け取ったフードの人物はダースモールとです。ジェダイの対となるシスという勢力に属していましたが、エピソードⅠのラストでダースモールは体を真っ二つにされてしまいまい、以来幾つもの運命に翻弄されています。ダースモールはキーラの報告を信じ、一度自分の元に戻るように命令をします。キーラはダースモールの命令に従います。

ハン・ソロのラストをネタバレその7!悲しい師匠越え

ベケットに追いつたハン・ソロ絶好のポジションを手に入れます。不利を悟ったベケットは何とか隙を作ろうとしますが、ハン・ソロは油断をせずにベケットを撃ちます。その冷静さをベケットは褒めながら死にます。師匠のような存在だったベケットを殺したハン・ソロの上空を、ダースモールの帰還命令に従ったキーラの船が飛んでいきます。

ハン・ソロのラストをネタバレその8!密輸業者ハン・ソロ誕生!

ハンはベケットから奪ったコアクシウムを今度こそネストに引き渡します。彼の勇敢な行動を見たネストは、自分たちと共に活動しないかと誘いますが、ハン・ソロは断わり、チューバッカと一緒に星を後にします。そして、ランドを追いかけてヴァンドアを訪れてると、ミレニアム・ファルコンを賭けて再びサバックで挑みます。

イカサマを使えるランドは余裕を見せていましたが、結果は敗北に終わります。何故なら、ハン・ソロはイカサマを見破り、装置を奪ったのです。見事勝利したハン・ソロはミレニアム・ファルコンを手に入れました。チューバッカと共に乗り込んだハン・ソロは、ベケットが話していた大きな仕事を受けるために新たな惑星へと向かって旅立ちます。

Thumbスターウォーズシリーズのキャスト一覧!当時と今現在の姿も画像で紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハン・ソロのキャスト一覧

ハン・ソロの主役!ハン・ソロ役:オールデン・エアエンライク

ハン・ソロとはスターウォーズシリーズにおける重要なキャラクターの一人です。銀河を股にかける運び屋で、時に皮肉を言い、時に義侠心に溢れるキャラクター像は男女を問わずに受け入れられ、主人公であるルークよりも人気とまで言われるようになります。そんなハン・ソロを演じていたのは若き日のハリソン・フォードですが、今回演じたオールデン・エアエンライクも負けてはいません。

若干28歳の若きハリウッド俳優は、14歳の時にとある集まりで友人と撮った映画を流した所、あのスティーブン・スピルバーグに認められて俳優としてのキャリアを開いたのです。「ヘイル、シーザー!」や「ハリウッド・スキャンダル」などに出演し、経験を積んだ彼は、3000人以上の候補者の中から見事に選ばれ、若き日のハン・ソロという難しい役どころを見事に演じ切りました。

ハン・ソロの永遠の相棒!チューバッカ役: ヨーナス・スオタモ

銀河を股にかける運び屋ハン・ソロの相棒と言えば、唸り声を上げつつも同時に愛嬌を持つウーキー族のチューバッカです。実は、ウーキー族とは長命な一族のため、スターウォーズに登場するメインキャラクターの中では最も年上です。もっとも、一族の平均からすれば、まだ若者と呼べる年齢です。そんなチューバッカですが、演じているのは俳優ではありません。

チューバッカを演じているのはヨーナス・スオタモというフィンランドンのバスケット選手です。身長は211㎝もあり、代表に選ばれた経験もあります。元々、チューバッカを演じていたピーターという俳優が老齢という事もあり役者を交代する事になったのですが、チューバッカを演じられるような身長のある俳優が少なく、演劇に興味があったヨーナスに白羽の矢が立ったのです。

スターウォーズエピソードⅦではアクションシーンのみでしたが、その次のエピソードⅧからはヨーナスがチューバッカを完全に担当し、ハン・ソロ、そして新三部作のラストであるエピソードⅨでもチューバッカを演じるのが決定しています。プロのバスケット選手が演じる、新しいチューバッカに注目の視線が注がれています。

ハン・ソロを導く師匠!ベケット役:ウディ・ハレルソン

ハン・ソロの人生観とスタイルに大きな影響を与え、ラストで彼の手で殺されるベケットを演じたのはウディ・ハレルソンです。キャリアが長く、「ナチュラル・ボーンキラーズ」や「ゾンビランド」、「ハンガーゲームシリーズ」といった有名な作品で悪役を演じてきました。ベケットの持つ西部劇風なアウトローの役柄にピッタリだったとファンは語ります。

悪役を演じる機会が多いウディ・ハレルソンですが、その生い立ちや私生活も映画に負けないぐらいアウトローです。父はマフィアの雇われ殺し屋であり、あのジョン・F・ケネディ大統領の暗殺に関わったと名乗っている人物です。その後、俳優としてキャリアを重ねていく傍ら、マリファナを栽培して逮捕されたり、警官を殴って逮捕されたりと事件を幾つも起こしている人物なのです。

ハン・ソロが惹かれるヒロイン!キーラ役:エミリア・クラーク

ハン・ソロと惹かれあいつつも謎めいた行動を見せるキーラを熱演したのは、イギリスで注目されているエミリア・クラークと言う女優です。キーラはスターウォーズシリーズには登場しませんが、ハン・ソロの生い立ちに関わり、ラストで登場したダースモールの部下という立場からも今後の行動から目を離せないキャラクターとなっています。

そんなキーラを演じたエミリアは、世界中に多くのファンを獲得した「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演したのを皮切りに「ターミネーター:新起動/ジェニシス」や「世界一キライなあなたに」などにメインキャラクターとして抜擢されています。そして、今回のキーラ役で、一気に注目され、今後の活躍が期待されている若手女優と言われています。

ハン・ソロの憎めない伊達男!ランド役:ドナルド・グローヴァー

ランドはハン・ソロの悪友であり、同時にスターウォーズにおいて重要な役割を担うキャラクターです。そんな彼とハン・ソロの出会いが描かれた本作で、ランドを演じたのはドナルド・グローヴァ―という俳優です。彼は俳優としてのキャリアだけでなく、ミュージシャンとしても優れたキャリアを持っており、グラミー賞を獲得した人物でもあります。

2017年にはタイム誌が選ぶ世界で最も影響力のある100人に選ばれており、いま波に乗っているミュージシャンと言われています。俳優としても順調で、テレビドラマでブレイクしたのを皮切りにに、最近では「スパイダーマン:ホームカミング」にも出演しており、今回のランド役でスターウォーズシリーズにも参加した事になります。今後の活躍に注目が集まっている俳優と言えます。

ハン・ソロの悪役!ドライデン役:ポール・ベタニー

犯罪シンジゲートのボスであるドライデンを演じたのは、ポール・ベタニ―というイギリスの俳優です。16歳の頃に家を出てストリートパフォーマーとして活動する傍ら、演劇学校で学ぶという苦労人です。現在は「ダ・ヴィンチコード」や「アヴェンジャーズ」シリーズといった大作映画に出演する程の俳優です。

ハン・ソロの真の黒幕!ダースモール役:レイ・パーク

映画のラストで登場し、多くのファンを驚かせたダースモールを演じたのは、レイ・パークです。彼は幼少期の頃移住したロンドンでカンフーに魅了され、10代の頃には様々な協議会で優勝する程の腕前を会得します。その後、映画におけるスタントマンとして活動していた所を、ルーカスに認められ、エピソードⅠの重要キャラクターであるダースモール役に抜擢されました。

本作ではラストのワンシーンにしか登場しませんでしたが、エピソードⅠと変わらずにレイがダースモール役をしています。もしも次回作があるなら、ダースモールのアクションシーンが見られるのではないかとファンは期待しています。

ハン・ソロのダースモールとキーラの謎・伏線をネタバレ考察!

本作ラストで登場したダースモールとキーラの関係性は、非常に多くの謎と伏線を残しています。映画だけしか知らないファンには、死んだはずのダースモールがどうして生きているのかも謎な事です。そこで、ハン・ソロにて提示された謎や伏線をネタバレ考察していきます。

ダースモールとは

そもそも、ダースモールとはどんなキャラクターなのかネタバレありで簡単におさらいします。ダースモールは銀河を支配しようとしていたシスの暗黒鏡、ダースシディアスの弟子だった男です。当時、銀河に戦争を仕掛けようとしたダースシディアスの命令で動いていましたが、遭遇したオビ・ワンに邪魔をされ、壮絶な斬り合いの末、体を2つに切り裂かれて落下するという壮絶なラストを迎えました。

ダースモールのこれまで

誰もが死んだと思ったダースモールでしたが、シスの暗黒卿から学んだフォースの力で辛うじて一命を取り止めていました。外伝作品の「クローンウォーズ」のネタバレになりますが、無事だった上半身に、機械の下半身を繋げることで生き延びましたが、ダースシディアスが失敗した人間を放っておくはずがないのを知っていた彼は師匠から逃げ出し、しばらくの間隠遁生活を過ごしていました。

その間に性格は荒んでいき、自分がこうなったのはオビワンのせいだと思うようになります。そんなある日、自身の弟であるサヴォ―ジと再会します。サヴォージもシスから追われており、助かる為に生きていた兄を探し出したのです。サヴォージの協力もあり下半身を取り戻したダースモールは、自分を追いつめたオビワンと着実に勢力を伸ばすダースシディアスに対抗するためにある組織を立ち上げます。

ダースモールが組織した犯罪組織

ダースモールが設立した犯罪組織はシャドウ・コレクティブという組織です。闇社会の勢力を集めて結成された組織は銀河を二分するクローン戦争の裏で巧みに暗躍し、勢力を伸ばしてきました。しかし、それをダースシディアスに感知されてしまい攻撃を受けてしまいます。ダースモールは弟を失った上、両陣営の攻撃を受けて組織は崩壊してしまいます。生き残ったダースモールは再び地下へと潜伏します。

そして、これもネタバレになりますが、クローン戦争から14年後の世界を描く「反逆者たち」でもダースモールは登場します。「反乱者たち」のネタバレですが、そこでのダースモールはたった一人で行動しており、年齢による衰えからか戦闘力も落ちていき、全盛期に比べれば非常に弱っています。

公開されたハン・ソロはクローン戦争が終結した10年後の世界のため、シャドウ・コレクティブは既に消滅しているはずです。それでも、当時の闇社会の大物を束ねたダースモールが、いまだに裏社会に対して強い影響力を持っている事は間違いありません。また、ダースモールはオビワンに対する憎しみを捨てきれておらず、ハン・ソロよりも後の物語である「反乱者たち」でも探しています。

このことから、ハン・ソロの時代では一度は壊滅させられたシャドウ・コレクティブを再結成しようとしているのではないかとファンの間では考察されています。その理由の一つとして、キーラを潜りこませていたクリムゾーン・ドーンのリーダーであるドライデンの屋敷には、シャドウ・コレクティブ時代に活躍したマンダロリアン戦士の鎧が展示されています。

鎧があった理由は不明ですが、クリムゾーン・ドーンがシャドウ・コレクティブと繋がりがあることを示す、重要なカギだと言われています。そう考えるとドライデンはダースモールの重要なコマなはずですが、キーラの行動が謎めいてきます。

キーラはラストでハン・ソロと一緒に行かなかったのか

キーラはダースモールの指示でドライデンの副官として行動していました。その目的は、ドライデンを守り、コアクシウムを手に入れる事だったのは、ダースモールとの会話で判明しています。しかし、ラストでドライデンを殺したのはキーラです。これはダースモールの命令を無視したという事になります。キーラがそんな行動を取った理由として考えらるのはハン・ソロだと言われています。

キーラは幼少期からハン・ソロを生かすためなら自分を犠牲にする行動を取っています。今回もドライデンからハン・ソロを守る為に、ダースモールの命令を裏切りドライデンを殺したのではないかと推測されています。それでいて、ラストでハン・ソロと一緒に行かず、一人で星を旅立ったのは何故なのかとファンの間で議論が起きています。それに対する回答として、キーラの過去があります。

キーラはハン・ソロと再会するまでの間、多くの悪人に利用されており、そこから抜け出す事に恐怖を抱いてしまっています。ダースモールという男がどれだけ強大なのか知っており、ハン・ソロと一緒に行けば彼を巻き込んでしまうという風に考えたのだとファンは予測しています。

続編を匂わせるラスト

ハン・ソロのラストは、ミレニアム・ファルコンを手に入れたハン・ソロがチューバッカと共に大きな仕事をしに行くと言って終わります。この大きな仕事が何を指すのか、ダースモールを裏切ったキーラの安否などハン・ソロは続きがありそうなラストです。多くのファンが、今回明かされなかった謎や伏線に対する答えを待っています。

Thumbスターウォーズ・最後のジェダイを徹底考察!気になる疑問点や残された謎とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハン・ソロを見た人の評価・感想は?

ハン・ソロはエピソードⅣに近いメッセージがある!

監督や製作サイドのインタビューでは、ハン・ソロはスターウォーズシリーズが持つ、若者の成長する物語という軸を抑えつつ、そこに西部劇のエッセンスを加えた作品です。この方の感想でも同じことが書かれており、西部劇版スターウォーズとファンの間では言われています。

オリジナルよりも面白いという意見も!

こちらの感想では、ハン・ソロはオリジナルよりも面白いのではと語っています。オリジナルのスターウォーズあってのスピンオフですが、それだけハン・ソロというキャラクターの魅力を上手に表現した作品という事です。

スターウォーズを知らなくても面白い!

この人の感想では、ハン・ソロが初めてのスターウォーズだったようですが、ハン・ソロが面白かったことで他の作品に興味を持ったと書いてあります。それだけ、ハン・ソロが面白い作品であり、魅力的だったといえます。

ハン・ソロのネタバレまとめ

スターウォーズシリーズのスピンオフ作品であるハン・ソロは、多くのファンの期待に答えた作品と言われています。オリジナルの精神を引き継ぎつつ、すでに映像化された外伝作品と搦め、スターウォーズワールドを広げています。今回はそんなハン・ソロのあらすじをラストまでネタバレしつつ、作品内で残った謎や伏線をネタバレありで解説しました。

もしも、今回のハン・ソロのあらすじネタバレ記事を読んで、ハン・ソロ本編や、他のスターウォーズ作品に興味を持って貰えたら、ぜひご覧になって下さい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ