【ブリーチ】朽木白哉の実写版キャストMIYAVIとは何者?演技の評価と経歴まとめ

大人気漫画『BLEACH(ブリーチ)』に登場する朽木白哉を実写版映画で朽木白哉を演じたMIYAVIさんについてまとめています。MIYAVIさんとは何者なのでしょうか?ギタリストとして活躍しているMIYAVIさんですが、音楽家以外の意外な顔や経歴がありました。朽木白哉を演じかっこいいと話題になったMIYAVIさんの「雅時代」や朽木白哉を演じた評価のほか、実写版『BLEACH(ブリーチ)』のキャストについても紹介していますので、朽木白哉やMIYAVIさんが気になった方はぜひ参考にしてみてください。

【ブリーチ】朽木白哉の実写版キャストMIYAVIとは何者?演技の評価と経歴まとめのイメージ

目次

  1. 朽木白哉とは?
  2. 朽木白哉の実写版キャストMIYAVIとは何者?
  3. 朽木白哉を演じるMIYAVIの経歴
  4. 朽木白哉をMIYAVIが演じる実写映画ブリーチとは?
  5. 朽木白哉以外の実写映画ブリーチのキャスト
  6. 朽木白哉の実写版キャストMIYAVIの演技に関する感想や評価
  7. 朽木白哉の実写版キャストMIYAVIまとめ

朽木白哉とは?

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

今回のまとめでは、大人気漫画『BLEACH(ブリーチ)』の実写版の映画キャストや朽木白哉を演じたMIYAVIさんについてまとめていきます。MIYAVIさんの演技力は一体どんな評価がされているのでしょうか?また、MIYAVIさんは何者なのか、経歴などについてもまとめていきます。それでは、朽木白哉を演じたMIYAVIさんについてまとめていく前に、漫画『BLEACH(ブリーチ)』の概要やあらすじについて見ていきましょう。

BLEACH(ブリーチ)の概要

漫画『BLEACH(ブリーチ)』は、2001年から2016年に『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた久保帯人さんによる漫画で、コミックは全74巻が刊行されています。『BLEACH(ブリーチ)』は「第50回 小学館漫画賞」では少年向け部門の賞を受賞しました。また、2004年から2012年には全366話がテレビアニメ化され話題を呼びました。国内はもちろん、海外でも高い人気を誇ったことで知られている作品となります。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

主人公の黒崎一護は、普通の男子高校生として平凡な日常を過ごしていました。ですが、一護は唯一”霊感が強い体質”という特徴があり、たまに目に見えないものを見ることがあったのです。そんなある日、死神だという朽木ルキアと出会います。死神は現世で人間が見えない悪霊・虚(ホロウ)を退治する仕事をしているということを信じざるを得ない出来事に出くわし、一護は非日常の世界へと足を踏み入れることになっていくのです。

朽木白哉のプロフィール

では、今回まとめていくMIYAVIさんが演じた朽木白哉(くちきびゃくや)のプロフィールを見ていきましょう。朽木白哉は、護廷十三隊の六番隊隊長として活動する人物で一護を死神界に巻き込んでしまった朽木ルキアの義兄となります。朽木家は四大貴族の1つで、朽木白哉は朽木家の第二十八代目の当主でもあるのです。誕生日は1月31日、身長は180cm、体重64kg。朽木白哉は護廷十三隊の中でも特に最強の死神と言われています。

朽木白哉は黒のミディアムヘアーをしており、顔は中性的で端正な見た目をした男性です。袖のない羽織に高価な銀白風花紗(ぎんぱくかざはなのうすぎぬ)を首に巻き、頭には上流の者しか身に着けられない牽星箝(けんせいかん)をつけています。朽木白哉は上流貴族として、隊長としての高いプライドを持っており、下の者に示しがつくよう掟に従順で真面目、冷静沈着な性格をしていました。ですが、掟を破ったが過去ありました。

貴族は貴族同士での混血でなければならないという掟があるのですが、朽木白哉は流魂街と呼ばれるスラム地域出身の緋真(ひさな)とう女性と恋に落ち結婚をしたのです。これが1度目の掟破りでした。結婚から数年、緋真は亡くなります。朽木白哉は遺言に従い、彼女の妹であるルキアを朽木家の養子として迎いれたのです。これが2度目の掟破りとなりました。因みに、朽木白哉は千本桜(せんぼんざくら)という斬魄刀を使用します。

映画『BLEACH』オフィシャルサイト

朽木白哉の実写版キャストMIYAVIとは何者?

MIYAVI(石原貴雅)のプロフィール

それでは、朽木白哉を演じたMIYAVIさんのプロフィールを見ていきましょう。まず、MIYAVIさんの本名は石原祟雅といい、MIYAVI名義のほか雅-MIYAVI-での活動もしていましたが、現在は「雅-MIYAVI-」より「MIYAVI」と表記されることが多いです。誕生日は1981年9月14日、大阪府出身です。事務所はLDHに所属しています。身長は185cmほどあり「サムライギタリスト」という異名があります。

また、音楽のジャンルはロック、ミクスチャー・ロック、オルタナティブ・ロックです。おおまかに職業はロックミュージシャンと紹介しましたが、シンガーソングライター、ギタリスト、作詞家、作曲家としても活動しています。私生活では2009年に歌手として活動していたMelody.さんと結婚し、現在は2人の子どもがいます。気になるMIYAVIさんの経歴については次章で詳しく紹介していきます。

MIYAVIは実業家?

MIYAVIさんは、ロックミュージシャンや俳優のほか、実業家としても活動しています。2009年に事務所から独立し、MIYAVI自身が所属する個人事務所「J-glam Inc,」を設立しました。以降、MIYAVIさんは事務所の代表取締役を務める実業家にもなりました。事務所設立時は「雅-miyavi-」表記でした。

MIYAVIの演奏方法

気になるMIYAVIさんのギター演奏方法ですが、独自の演奏技法で世界から注目を集めています。ギターでありながらピックを使わず、ベースの演奏技法である「スラップ奏法」という指で直接弾く技法を採用しているのです。ギターなのにベースのように弾くMIYAVIさんの演奏技法は独特で、パーカッシヴと言われるパーカッションのようなギタースタイルを確立しました。

Thumb【BLEACH】阿散井恋次の卍解と必殺技・強さを紹介!真の卍解とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

朽木白哉を演じるMIYAVIの経歴

MIYAVIの経歴①少年時代

続いては、実写化『BLEACH(ブリーチ)』で朽木白哉を演じたMIYAVIさんの経歴について見ていきましょう。まず、MIYAVIさんの少年時代についてです。MIYAVIさんは1981年に大阪府で生まれました。小学2年生の時にサッカーに出会い、間もなくJリーグセレッソ大阪のユースチームに所属するサッカー少年となりました。サッカーの才能もあり、選抜選手に選ばれるなど将来はプロを目指していました。

ですが、15歳のある日、足を怪我したことによってサッカー選手としての道を諦めることになりました。サッカーを始めてから才能が垣間見え、将来を有望視されるサッカー少年でしたが、これが初めての挫折となったのです。それからは目標も失い、自暴自棄になってしまったMIYAVIさんは、非行に走る感じでバンドを始めたといいます。これが「MIYAVI」としての人生の始まりとなります。

MIYAVIの経歴②音楽の道へ

サッカーという道が閉ざされたMIYAVIさんは、それからはギターに夢中になり学校へは行かずに毎日ギターを練習していたといいます。やがて、ギターの虜となったMIYAVIさんは高校を中退し、上京することになりました。上京して偶々入ったライブハウスで、後に「Dué le quartz(デュールクォーツ)」のメンバーとなる人物たちと出会います。この人物たちと出会いによって、MIYAVIさんの人生は変わっていくことになったのです。

1999年2月にヴィジュアル系ロックバンド「Dué le quartz(デュールクォーツ)」を結成し、 「高田馬場AREA」などでライブ活動を始めました。当時は、雅~みやび~という表記で、ヴィジュアル系専門の事務所・PS COMPANYに所属しており、インディーズバンドながら海外からの人気を獲得するバンドに成長するようになります。ですが、2002年9月に今は無きライブハウス・ SHIBUYA-AXでのライブをもって解散となりました。

「Dué le quartz」でほとんどの楽曲の作詞・作曲・編曲を手掛けていたMIYAVIさんは、その後ギタリストとして「雅-miyavi-」名義での活動を始めます。雅-miyavi-としてのソロ活動では、ユニバーサルミュージックからメジャーデビューをすることになり、いくつかの楽曲をリリースしました。雅-miyavi-になってからもバンド時代のファンはもちろん新規のファンも獲得していましたが、活動を一時休止することになります。

MIYAVIの経歴③留学生活

活動休止になった理由は、3か月の間単身でロサンゼルスに留学をすることになった為でした。3か月間の留学を終え、日本に帰国後はシングル曲をリリースし、再び活動を開始します。留学を終えてからは、ソロ活動のほか、セッションバンドを結成したり、和太鼓やボディペイントをしたりとジャンルを超えた活動をし始めました。その後、X JAPANのYOSHIKIさんが立ち上げたユニットにもギタリストとして参加することになります。

2010年には所属レーベルをユニバーサルミュージックからEMIミュージック・ジャパンに変え、移籍と同時に「雅-miyavi-」から「雅-MIYAVI-」とローマ字表記の名義変更をしました。2011年には「SAMURAI SESSIONS」というジャンルを超えたセッションプロジェクトを開始し、その後『SAMURAI SESSIONS vol.1』をリリースしています。因みに、「雅-MIYAVI-」名義でのリリースとなりました。

また、個人でリリースする楽曲は、留学以前はポップでしたが、留学後は歌詞も洋楽風になっていき音楽性の変化が見え始めました。また、これまでMIYAVIさんのいたヴィジュアル系という音楽シーンからは離れました。そして、「雅-MIYAVI-」から「MIYAVI」になり、独自の路線で音楽活動を進めていくことになったのです。

MIYAVIの経歴④世界進出へ

MIYAVIさんは日本だけに留まらず、その後世界へも進出しています。2013年にはマイケル・ジャクソンの妹でもあるジャネット・ジャクソンのプロデューサーでもあるディーン・ギラードと共にアムバム「MIYAVI」を制作、リリースしました。この辺りから活動名義を「雅-MIYAVI-」から漢字を省いた「MIYAVI」となりました。また、2014年の年末に開催された「第65回NHK紅白歌合戦」ではSMAPのメドレーに参加しています。

この年、SMAPはメドレー「SHAKE」、「世界に一つだけの花」、「Top Of The World」の3曲をメドレーで披露したのですが、MIYAVIさんは3曲目の「Top Of The World」でギタリストとして演奏しました。また、MIYAVIさんは世界的ギタリストとしても名を馳せていくようになったのです。実は、この世界的活躍から音楽活動以外の道も開けていくことになりました。

MIYAVIの経歴⑤ハリウッド映画に出演?

ここまで順調に音楽活動をしていたMIYAVIさんは、2014年に俳優としてデビューすることになったのです。それも日本国内の俳優ではなくいきなりハリウッドデビューです。MIYAVIさんが俳優デビューしたのは、日本では2016年2月に公開されたアンジェリーナ・ジョリーが監督務める映画『不屈の男 アンブロークン』です。ハリウッド女優が監督を務めるこの映画は、陸上競技選手ルイス・ザンペリーニの伝記小説が原作です。

映画『不屈の男 アンブロークン』は、ルイス・ザンペリーニがアメリカ陸軍航空軍のB-24爆撃手であった時分の話しから始まるストーリーで、戦中から戦後陸上競技選手になるまでの過程が描かれている作品です。MIYAVIさんは、この映画では大日本帝国陸軍の軍人でポツダム曹長を務めた渡邊睦裕を演じました。数々の賞にノミネートされ、いくつかの賞を受賞している評価の高い作品ですので、ぜひご覧ください。

ハリウッドデビュー後はアンジーとの出会いをキッカケに、アンジーが大使を務める「UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)」にも参加することになります。そして、MIYAVIさんは日本人初となる「UNHCR」の親善日本大使となり、SNSなどを通じ日本に向けて難民についての知識や理解などを広めていく活動を現在もしています。ぜひ、MIYAVIさんの公式instagramもチェックしてみてください。

MIYAVIの俳優としての出演作

では、朽木白哉を演じたMIYAVIさんは俳優としてデビューしてから、一体どんな作品に出演してきたのでしょうか?まず、2017年3月公開の映画『キングコング: 髑髏島の巨神』 グンペイ・イカリ役、翌年2018年7月に今回紹介する『BLEACH 死神代行篇』朽木白哉役を演じました。そして、2018年11月には『ギャングース』安達智也役、2019年10月にはアンジー主演の『マレフィセント2』ウド役に出演しました。

朽木白哉をMIYAVIが演じる実写映画ブリーチとは?

実写映画ブリーチの概要

続いては、朽木白哉が登場する実写映画『BLEACH(ブリーチ)』の概要やあらすじにつていてです。実写映画『BLEACH(ブリーチ)』は2018年7月20日に福士蒼汰さん主演で公開されました。ワーナー・ブラザース映画が配給会社となり、監督は映画『GANTZ』や『キングダム』などでも知られる佐藤信介さんが務めています。実写映画は、漫画『BLEACH(ブリーチ)』の『死神代行篇』を軸に描かれました。

実写映画ブリーチのあらすじ

あらすじに関しては、一護とルキアの出会いによって家族の窮地を救い、ルキアの能力を譲渡することによって一護が死神代行として非日常世界へと足を踏み入れていくという、基本的には原作と同じあらすじになります。コミックでいうと1~8巻までです。原作と大幅な違いはありませんが、ルキアの見た目が違うことが大きな相違点と言えるでしょう。ですが、MIYAVIさんが演じた朽木白哉のビジュアルは高く評価されています。

Thumb【BLEACH】神殺鎗は最強クラスの卍解!市丸ギンの斬魄刀・神鎗の能力を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

朽木白哉以外の実写映画ブリーチのキャスト

黒崎一護役/福士蒼汰

それでは、実写映画『BLEACH(ブリーチ)』に抜擢された朽木白哉以外のキャストについて見ていきましょう。まず、朽木白哉から力を奪われることになった主人公・黒崎一護を演じたのは俳優として活躍している福士蒼汰さんです。福士蒼汰さんは1993年5月30日生まれの東京都出身、研音に所属しています。2010年にスカウトされ、2011年放送のテレビドラマで俳優デビューし、『仮面ライダーフォーゼ』では初主演を務めました。

福士蒼汰さんの主な出演作は、テレビドラマ『きょうは会社休みます。』赤岩公康、『恋仲』三浦葵、『モンタージュ 三億円事件奇譚』鳴海大和、『愛してたって、秘密はある。』奥森黎、映画『好きっていいなよ。』黒沢大和、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』南山高寿などがあります。

朽木ルキア役/杉咲花

続いての朽木白哉以外のキャストは、朽木白哉の義妹である朽木ルキアを演じた杉咲花さんです。杉咲花さんは1997年10月2日生まれの東京都出身、研音に所属しています。2006年より子役として活動していましたが、その後事務所を移籍しました。その後、様々な賞を受賞する実力派女優となり、『BLEACH(ブリーチ)』では「第7回ジャパンアクションアワード」では ベストアクション女優賞の優秀賞を受賞しました。

そんな杉咲花さんのこれまでの主な出演作は、テレビドラマ『夜行観覧車』遠藤彩花、『MOZU』大杉めぐみ、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』江戸川音、『ハケン占い師アタル』的場中、映画『無限の住人』浅野凜、『十二人の死にたい子どもたち』アンリなどがあります。また、2020年の後期連続テレビ小説『おちょやん』では主演の竹井千代を演じる予定となっています。

石田雨竜役/吉沢亮

続いての朽木白哉以外のキャストは、石田雨竜を演じた吉沢亮さんです。吉沢亮さんは1994年2月1日生まれの東京都出身、アミューズに所属しています。2009年にアミューズのオーディションにてRight-on賞を受賞し、このオーディションをキッカケに俳優デビューをしました。その後、「第62回ブルーリボン賞」では助演男優賞を、「第43回日本アカデミー賞」では最優秀助演男優賞を受賞しました。

そんな吉沢亮さんのこれまでの主な出演作は、特撮『仮面ライダーフォーゼ』朔田流星、テレビドラマ『水球ヤンキース』加東慎介、『GIVER 復讐の贈与者』義波、『サバイバル・ウェディング』柏木祐一、『連続テレビ小説 なつぞら』山田天陽、映画『男子高校生の日常』ヒデノリ、『ママレード・ボーイ』松浦遊などがあり、2021年には『大河ドラマ 青天を衝け』渋沢栄一として主演を務める予定となっています。

井上織姫役/真野恵里菜

続いての朽木白哉以外のキャストは、井上織姫を演じた真野恵里菜さんです。真野恵里菜さんは1991年4月11日生まれの神奈川県出身、ジャストプロに所属しています。元ハロー!プロジェクトメンバーとして活動するアイドル歌手でした。アイドル歌手のほか、演技力にも定評があったことから現在は様々な作品にも出演する女優として活動しています。私生活では2018年にサッカー日本代表選手の柴崎岳さんと入籍しました。

そんな真野恵里菜さんのこれまでの出演作は、映画『怪談新耳袋 怪奇』、『新宿スワン』栄子、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』樫原あむ、『坂道のアポロン』深堀百合香、テレビドラマ『みんな!エスパーだよ!』浅見紗英、『連続テレビ小説 とと姉ちゃん』早乙女朱美、『逃げるは恥だが役に立つ』田中安恵、『この世にたやすい仕事はない』霧中かすみなどがあります。

Thumb【BLEACH】グリムジョー・ジャガージャックがかっこいい!まさかの再登場? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

朽木白哉の実写版キャストMIYAVIの演技に関する感想や評価

感想や評価①朽木白哉のキャストの演技

実写映画『BLEACH(ブリーチ)』で朽木白哉を演じたMIYAVIさんに関する感想や評価を見ていきましょう。朽木白哉のビジュアルとMIYAVIさんのビジュアルは双方で評価が高いため、実写化と朽木白哉のキャストが決まった当時、MIYAVIさんファンからは「映画を見てみたい」といった声が多くありました。朽木白哉を演じたMIYAVIさんは俳優が本業ではないため、演技の想像がつかないといった声もあります。

感想や評価②朽木白哉の演技の評価は…?

続いて朽木白哉を演じたMIYAVIさんの感想や評価を紹介します。MIYAVIさんを初見の方からは「朽木白哉としての見た目はいいけど演技が…」と言われることが度々ありました。また、ダイレクトに「朽木白哉としての演技が下手だ」と評価する方もいました。ですが、朽木白哉としてのビジュアルに関しては評価が高く、演技も含め絶賛する方もいました。

感想や評価③朽木白哉のクオリティが高い

漫画やアニメが実写化されると「実写化はやめてほしい」といった声やキャストに関する批判が度々聞こえてきます。実写映画『BLEACH(ブリーチ)』も同様に実写化に対しての全体的な評価は低い傾向にありましたが、MIYAVIさんが演じる朽木白哉のビジュアルに関してはファンではない方からも評価が高いので、MIYAVIさんの朽木白哉をぜひチェックしてみてください。

ThumbBLEACH(ブリーチ)実写映画続編の可能性は?人気キャラクターのキャスト予想! | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

朽木白哉の実写版キャストMIYAVIまとめ

以上、実写映画『BLEACH(ブリーチ)』に登場する朽木白哉を演じたMIYAVIさんの”雅時代”などの経歴まとめや、朽木白哉以外の実写版キャストのまとめでした。朽木白哉のビジュアルとMIYAVIさんのビジュアルのマッチ具合や、朽木白哉以外のキャストの豪華さは当時話題になりました。サイト内には『BLEACH(ブリーチ)』に関するまとめや朽木白哉の他のまとめもありますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ