映画あさひなぐのネタバレあらすじと感想!伏線やラストの結末を考察

映画「あさひなぐ」のあらすじをラスト・結末までネタバレで紹介!運動神経ゼロの主人公が薙刀に魅了される物語が描かれている「あさひなぐ」のあらすじをラスト・結末までネタバレで紹介していきます。またあらすじネタバレだけでなく、実際に「あさひなぐ」を視聴した方の感想もネタバレで記載していきます。その他には「あさひなぐ」に出演したキャストや伏線についても載せていきますので是非ご覧下さい!

映画あさひなぐのネタバレあらすじと感想!伏線やラストの結末を考察のイメージ

目次

  1. 映画あさひなぐとは?
  2. 映画あさひなぐのあらすじネタバレ
  3. 映画あさひなぐのラストの結末をネタバレ
  4. 映画あさひなぐの伏線を考察
  5. 映画あさひなぐのキャスト・登場人物
  6. 映画あさひなぐの魅力
  7. 映画あさひなぐを観た感想や評価は?
  8. 映画あさひなぐのネタバレまとめ

映画あさひなぐとは?

本記事では映画「あさひなぐ」のあらすじをラスト・結末までネタバレで紹介していきます!またあらすじネタバレだけでなく、映画「あさひなぐ」を視聴した方の感想もネタバレで記載していきます。その他には伏線や映画「あさひなぐ」に出演したキャストも紹介していきます。

映画あさひなぐの作品情報

あらすじのラスト・結末や伏線を知る前に、まずは映画「あさひなぐ」の基本情報を紹介していきます!映画「あさひなぐ」とは2017年9月に公開された作品です。あさひなぐの作中では、運動神経ゼロの女子高生が薙刀に魅了されていくストーリーが描かれています。また映画「あさひなぐ」は2018年にDVDとBDが販売されています。

映画あさひなぐの監督

映画「あさひなぐ」の監督は英勉が務めています。英勉は高校時代から映画制作を行っており、京都産業大学を卒業した後に東北新社に入社しています。東北新社ではCMやテレビドラマなどを制作しており、2008年に映画監督としてデビューしています。

英勉はこれまでに「ハンサム★スーツ」「高校デビュー」「ヒロイン失格」「行け!男子高校演劇部」「未成年だけどコドモじゃない」「悪夢のエレベーター」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「賭ケグルイ」などの作品も制作しています。

映画あさひなぐの原作漫画

映画「あさひなぐ」は2011年より「ビッグコミックスピリッツ」で連載されている漫画が原作です。漫画「あさひなぐ」は「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」で9位に選ばれており、2015年には小学館漫画賞を受賞しています。また漫画「あさひなぐ」は現在までに累計240万部が発行されています。

漫画「あさひなぐ」は漫画家のこざき亜衣が発表している作品です。こざき亜衣は2002年より漫画家活動を行っている人物で、これまでに「さよならジル様」「美少年の描き方」「超秘密戦隊ムシャレンジャー」などの作品も発表しています。またこざき亜衣は「多摩美術大学映像演劇学科」を中退した後に漫画家としての活動を開始しています。

Thumbあさひなぐのタイトルの意味は?薙刀とは?泣けると話題のあらすじも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

映画あさひなぐのあらすじネタバレ

ここからは映画「あさひなぐ」のあらすじをラスト・結末までネタバレで紹介していきます!あさひなぐの作中では、薙刀に対して真摯に向き合い努力を行う女子高生たちの姿が描かれています。また映画「あさひなぐ」のラスト・結末に感動したという方も多く存在しています。

あらすじネタバレ:東島旭と宮路真春の出会い

映画「あさひなぐ」のあらすじは運動神経ゼロの主人公・東島旭が二ツ坂高校に入学する事から始まります。東島旭はその二ツ坂高校で薙刀部に所属している宮路真春という人物と出会います。そして薙刀部の部活道紹介で魅了された東島旭は同級生と共に薙刀部に入る事を決意するのでした。

次のあらすじですが、東島旭が薙刀部に入ろうとしている際には、先輩から「他の部活と比べて練習は楽な方」と教えられていました。そんな言葉を聞いていた東島旭は、運動神経のない自分でもできると思い入部しましたが、練習はとてつもなく過酷なものでした。そして毎日のようにへとへとになりながら練習は行っていた薙刀部にインターハイ予選が迫っていたのでした。

あらすじネタバレ:地区予選会

次のあらすじですが、過酷な練習を耐え抜いた二ツ坂高校薙刀部はインターハイ予選へと向かいました。インターハイ予選では、部内で1番の実力を持っている宮路真春が2年生ながらレギュラー入りしています。ですが2回戦で当たった國稜高校には一堂寧々という部員が所属しており、一堂寧々の高い実力の前に二ツ坂高校は苦戦してしまいます。

次のあらすじですが、國稜高校と対戦した二ツ坂高校は一堂寧々に勝つ事ができず予選で敗退してしまいます。また敗退でショックを受け涙を流している先輩たちの姿を見ていた東島旭はつい「一堂寧々は来年は私が倒します!」と宣言してしまうのでした。そしてたまたま通りかかっていた一堂寧々がその言葉を聞いており、3年生たちは薙刀部から引退する事になるのでした。

あらすじネタバレ:合宿

次のあらすじですが、3年生が引退した事で二ツ坂高校薙刀部は新しい体制でスタートしました。また夏休みには顧問の小林先生が提案して尼寺で合宿を行っています。その尼寺ではこれまで以上に過酷な練習が行われており、部員たちの心が折れてしまいそうになりました。ですがそれぞれが強い意志を持って乗り越え、薙刀初心者の東島旭も一回り成長して尼寺を後にしたのでした。

次のあらすじですが、夏休みが終わり二ツ坂高校は新人戦に出場しています。新人戦では因縁の相手である國稜高校とまたしても対決する事になりました。ですが宮路真春はまたしても一堂寧々に敗れ、自分の力のなさを痛感しています。そして「強くなるには強い相手と練習しなければならない」と考えた宮路真春は、部を離れ違う場所で練習を行うのでした。

映画あさひなぐのラストの結末をネタバレ

ここからは映画「あさひなぐ」のあらすじをラスト・結末まで紹介していきます!映画「あさひなぐ」の終盤では宮路真春が部員たちから離れて自分の世界に入ってしまいます。そして意外なラスト・結末を迎える事となります。

ラストの結末:練習試合

映画「あさひなぐ」のラスト・結末では、部がバラバラになってしまう事を危惧した東島旭が宮路真春を説得しています。また他の部員たちも宮路真春の下に駆け付け、仲間たちの熱意を感じた宮路真春は部に戻っています。そんな出来事があった後には、因縁の相手である國稜高校と練習試合を行う事が決定するのでした。

映画「あさひなぐ」のラスト・結末では二ツ坂高校と國稜高校の練習試合が描かれています。また二ツ坂高校の部長に就任した野上えりはこれまで宮路真春に依存しており、自身はなかなか勝ち星を上げる事ができずにいました。そこで依存体質から脱却するために、野上えりは宮路真春を先鋒、東島旭を大将に指名するという大胆な作戦を行ったのでした。

ラストの結末:成長

映画「あさひなぐ」のラスト・結末で描かれた二ツ坂高校と國稜高校の練習試合は、部員たちが奮起した事で大将戦に運命が委ねられています。大将を務めていた東島旭は合宿や過酷な練習を行って成長していましたが、一堂寧々から隙を突かれて面を取られてしまいます。ですがそこで宮路真春が「女は度胸!」という言葉を叫び、東島旭は一堂寧々から逆転勝ちするのでした。

映画「あさひなぐ」のラスト・結末では、東島旭が一堂寧々に勝利した事で代表戦にもつれ込んでいます。代表戦では自信を取り戻した宮路真春が一堂寧々から勝利を収めています。こうして練習試合を通してそれぞれの部員たちが成長し、映画「あさひなぐ」の物語は幕を降ろしています。

映画あさひなぐの伏線を考察

ラスト・結末を知った後は、映画「あさひなぐ」に登場した伏線を紹介していきます!映画「あさひなぐ」には様々な伏線が描かれており物語を盛り上げています。

伏線①女は度胸

映画「あさひなぐ」の序盤では、東島旭が抜き技を教わっている際に「女は度胸」という伏線が登場しています。この「女は度胸」は練習試合で東島旭と一堂寧々が戦っている際にも登場したセリフで、女は度胸という言葉を聞いた東島旭が抜き技を使用して一堂寧々に勝利しています。

伏線②抜き技

映画「あさひなぐ」の序盤では、東島旭が抜き技を教わるという伏線が登場しています。映画「あさひなぐ」のラスト・結末では、この抜き技を使って東島旭が一堂寧々から勝利をもぎ取っています。また抜き技は相手の攻撃をあえて受ける必要があるため東島旭は恐怖を感じていました。ですが「女は度胸」という言葉で勇気を奮い立たせて抜き技を使用しています。

伏線③5日間

映画「あさひなぐ」で描かれた尼寺の合宿では「5日間」という伏線が描かれています。東島旭は他の部員とは練習されてもらえず、5日間ずっと水汲みを行っていました。ですが実は水汲みには「重心を低く保つ」という意味があり、円陣稽古で「5日間」という言葉を思い出した東島旭が著しく成長しています。

伏線④勉強ができない真春

映画「あさひなぐ」の作中で、宮路真春はまったく勉強ができない存在として描かれています。そのため「教士」という文字すら書くことができない姿が描写されています。

伏線⑤上段の構え

映画「あさひなぐ」の作中で、宮路真春は上段を得意としているキャラクターとして描かれています。また部長を務めている野上えりは勝つためなら引き分けでも構わないという考えを持っています。ですが終盤では野上えりが宮路真春の得意としている上段を使用して勝ちに向かって戦っています。この伏線には長い付き合いである2人の絆が隠されていました。

伏線⑥ラストの宮路夏之のセリフ

映画「あさひなぐ」のラスト・結末では、宮路真春が東島旭に対して「弱かったこと…無いじゃん」と言っています。このセリフは宮路真春が東島旭を認めていた事を表しています。またこの言葉に繋がるように作中では、宮路真春が東島旭を一目置いている伏線が散りばめられています。

映画あさひなぐのキャスト・登場人物

伏線を知った後は、映画「あさひなぐ」に出演したキャストを一覧化して紹介していきます!またキャストが演じたキャラクターのプロフィールなども載せていきますので是非ご覧下さい。

西野七瀬/東島旭

映画「あさひなぐ」で東島旭を演じたのは女優・モデル・アイドルの西野七瀬です。西野七瀬は2011年より芸能活動を行っている人物で、女優としてこれまでに「ドラマ24初森ベマーズ」「連続ドラマW天使のナイフ」「本当にあった怖い話」「 オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜」「よつば銀行原島浩美がモノ申す!〜この女に賭けろ〜」「電影少女」などの作品にも出演しています。

西野七瀬は1994年に大阪府で生まれた人物で、2011年に行われた乃木坂46の1期生オーディションで合格して芸能界デビューしています。西野七瀬は2012年に「ぐるぐるカーテン」で歌手デビューしており、同年にはモデルとしての活動も開始しています。また西野七瀬は2018年の「紅白歌合戦」を最後に乃木坂46から卒業しています。

画像は漫画「あさひなぐ」の東島旭です。東島旭は本作の主人公で、低身長で非力なキャラクターとして描かれています。東島旭はメガネがトレードマークのキャラクターで、他の部員たちからは「ボンヤリメガネ」「メガネザル」などいうあだ名を付けられています。また東島旭は物語序盤では運動神経ゼロのキャラクターとして描かれており、続ける事は無理と思った先輩たちから何度も退部を勧告されています。

漫画「あさひなぐ」の序盤で、東島旭は縄跳びを10回も飛べないほどに体力がありませんでした。ですが絶対に諦めないド根性を持っており、憧れの先輩である宮路真春の背中を追いかけています。また成長と共に薙刀の事を好きになり、他の部員たちには真似できないような戦い方を身に付けています。

白石麻衣/宮路真春

映画「あさひなぐ」で宮路真春を演じたのは女優・モデル・アイドルの白石麻衣です。白石麻衣は2011年より芸能活動を行っている人物で、女優としてこれまでに「ほんとにあった怖い話」「初森ベマーズ」「世にも奇妙な物語」「闇金ウシジマくん」「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」「仮面ティーチャー」「やれたかも委員会」「劇場版BADBOYSJ-最後に守るもの-」などの作品にも出演しています。

白石麻衣は小学6年生の頃からファッションに興味を持ちモデルを目指していたと語っています。また白石麻衣は1期生オーディションに合格して乃木坂46のメンバーになりましたが、ダンスを苦手にしていたため脱退しようか迷っていたと語っています。ですがメンバーや両親の協力があり残留を決意して乃木坂46の中心メンバーになっています。

画像は漫画「あさひなぐ」の宮路真春です。宮路真春は7歳頃から薙刀を行っているキャラクターで、二ツ坂高校薙刀部ではエースを務めています。宮路真春は1年生の時に個人戦で全国大会に出場しており、高校薙刀会では有名人です。また宮路真春は異性や恋愛に対してまったく興味がなく薙刀だけを愛している姿が描かれています。

宮路真春は高い実力を持ちながら勉強がまったくできないため、昇段試験を学科で落ちてしまった過去を持っています。また東島旭に対して人一倍厳しく接する姿が描かれていますが、誰よりも東島旭の実力・潜在能力を認めています。

桜井玲香/八十村将子

映画「あさひなぐ」で八十村将子を演じたのはアイドル・モデルの桜井玲香です。桜井玲香は2011年より芸能活動を行っている人物で、これまでに「海の上の診療所」「連続ドラマW天使のナイフ」「BADBOYSJ」「スペシャエリア」「テレビでハングル語」などの作品・番組にも出演しています。また桜井玲香は幼稚園の頃からカトリック系の女子校に通っていたと言われています。

桜井玲香は幼少期に「美少女戦士セーラームーン」「キューティーハニー」に夢中なっており、学生時代は華道部に所属していました。また桜井玲香は1期生オーディションに合格して乃木坂46のメンバーに選ばれており、2012年頃には暫定キャプテンを務めていました。

画像は漫画「あさひなぐ」の八十村将子です。八十村将子は剣道経験者で、同級生の中では1番のスピードと体力を持っています。八十村将子は中学生時代に剣道の大会で優勝するほどの実力を持っていましたが、剣道から離れ薙刀部に入部しています。また八十村将子は口が悪く粗暴な一面が描かれていますが、誰よりも仲間思いなキャラクターです。

松村沙友理/紺野さくら

映画「あさひなぐ」で紺野さくらを演じたのはアイドル・モデルの松村沙友理です。松村沙友理は2011年より芸能活動を行っている人物で、これまでに「初森ベマーズ」「アンナチュラル」「クリオネの灯り」「少年アシベGO!GO!ゴマちゃん」「劇場版BADBOYSJ-最後に守るもの-」などの作品にも出演しています。

松村沙友理は「大阪桐蔭高等学校」を卒業した後に大阪の大学を目指して浪人していました。その頃に乃木坂46のオーディションが行われる事を知り、1期生オーディションで合格しています。また松村沙友里はコミックマーケットへ行くほどのアニメ好きとして知られており、主に可愛いキャラクターを好んでいると言われています。

画像は漫画「あさひなぐ」の紺野さくらです。紺野さくらは170センチの身長を持っており、手先が器用なキャラクターとして描かれています。紺野さくらは両親に愛されているお嬢様で、天然ボケな言動をよく行っています。また紺野さくらは3年生が引退してから部長になる事を目論んでいた野心家で、同級生からは「性悪」と言われています。

漫画「あさひなぐ」の作中で、自分だけ結果を出せない事に悩んでいた紺野さくらは部を離れていました。ですが自分にできる事を理解した紺野さくらは部に復帰して部長になっています。その後は、後輩を育てる事に真摯に取り組んでいます。

伊藤万理華/野上えり

映画「あさひなぐ」で野上えりを演じたのは女優の伊藤万理華です。伊藤万理華は2011年より芸能活動を行っている人物で、これまでに「アイズ」「海の上の診療所」「傷だらけの悪魔」「じょしらく」「すべての犬は天国へ行く」「墓場、女子高生」などの作品にも出演しています。伊藤万理華は4歳頃からバレエを習っており、小学生時代にはダンス部で部長を務めていました。

伊藤万理華は高校生時代に行われた1期生オーディションに合格して乃木坂46のメンバーになっています。また伊藤万理華は2012年に選抜メンバーに選ばれるなど活躍していましたが、2017年に乃木坂46を卒業しています。

画像の1番右が漫画「あさひなぐ」に登場した野上えりです。野上えりは二ツ坂高校の2年生で、紺野さくらに引き継ぐまで部長を務めていました。野上えりは自分が地味という事を気にしているキャラクターで、イケメンと後輩が苦しんでいる姿が大好物です。また野上えりは「あまり練習はきつくない」という嘘で東島旭を薙刀部に入部させています。

富田望生/大倉文乃

映画「あさひなぐ」で大倉文乃を演じたのは女優の富田望生です。富田望生は2000年代より女優活動を行っている人物で、これまでに「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」「モヒカン故郷に帰る」「ホーンテッド・キャンパス」「今日から俺は!!」「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などの作品にも出演しています。

富田望生は福島県いわき市に誕生した人物で、東日本大震災が起こった事がきっかけとなり東京に引っ越しています。また富田望生はオーディションを勝ち抜き「ソロモンの偽証」で映画デビューしています。富田望生は現在「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」に所属しています。

画像は漫画「あさひなぐ」に登場した大倉文乃です。大倉文乃はぽっちゃりとした体型をしていますが、部内でトップクラスの運動神経を持っています。大倉文乃は部員たちから「丸太」「トンカツ」などというあだ名を付けられており、後輩の八十村将子とはよく言い争いをしています。ですが八十村将子が剣道と薙刀の違いに悩んでいる時はアドバイスするなど、良き先輩としての姿が描かれています。

生田絵梨花/一堂寧々

映画「あさひなぐ」で一堂寧々を演じたのは女優・アイドルの生田絵梨花です。生田絵梨花は2012年より芸能活動を行っている人物で、これまでに「残念な夫。」「ビブリア古書堂の事件手帖」「初森ベマーズ」「芸能界特技王決定戦TEPPEN」「超能力研究部の3人」「ハンガー・ゲーム」などの作品にも出演しています。また生田絵梨花は1期生オーディションで合格し乃木坂46のメンバーとして活動を行っています。

画像は漫画「あさひなぐ」に登場した一堂寧々です。一堂寧々は國稜高校薙刀部に所属しているキャラクターで、東島旭と同じ1年生です。一堂寧々は全国クラスの実力を持っており、國稜高校を全国へと導いています。また一堂寧々は薙刀の名門である「名門熊本東高校」に進学する予定でしたが、親の転勤で東京へ越しており、東京の薙刀はレベルが低いと言っています。

漫画「あさひなぐ」の作中で、一堂寧々は東京の薙刀のレベルが低い事に嫌気が差しており孤立していました。ですがだんだんと成長していく東島旭に感化され部員たちとコミュニケーションを行うようになっていきます。

中村倫也/小林先生

映画「あさひなぐ」で小林先生を演じたのは俳優の中村倫也です。中村倫也は2005年より俳優活動を行っている人物で、これまでに「イノセント・ラブ」「トライアングル」「神はサイコロを振らない」「大河ドラマ/軍師官兵衛」「ファーストクラス」「アオイホノオ」などの作品にも出演しています。

画像は漫画「あさひなぐ」に登場した小林先生です。小林先生は薙刀部の顧問を務めているキャラクターですが、薙刀に関しては素人でまったく役には立っていません。ですが一生懸命練習に取り組む部員たちの姿に感化され、自腹で部旗の追加資金を出すなど優しい姿が描かれています。

森永悠希/宮路夏之

映画「あさひなぐ」で宮路夏之を演じたのは俳優の森永悠希です。森永悠希は2000年代より芸能活動を行っている人物で、これまでに「しゃべれども しゃべれども」「カノジョは噓を愛しすぎてる」「ちはやふる」「羊と鋼の森」「リュウグウノツカイ」「天誅〜闇の仕置人〜」「赤と黒のゲキジョー」などの作品にも出演しています。

画像は漫画「あさひなぐ」に登場した宮路夏之です。宮路夏之は宮路真春の弟で東島旭の同級生です。宮路夏之も宮路真春と同様に幼少期から薙刀を行っていましたが、自身の才能に限界を感じ高校ではテニス部に所属していました。ですが物語が進み東島旭の一生懸命な姿に感化され薙刀の世界に戻っています。

漫画「あさひなぐ」の作中では、宮路夏之が東島旭に対して恋心を抱いており、2人の進展に注目が集まっています。また宮路夏之は姉の宮路真春から雑に扱われています。

江口のりこ/寿慶

映画「あさひなぐ」で寿慶を演じたのは女優の江口のりこです。江口のりこは2000年代より芸能活動を行っている人物で、これまでに「ドラゴン桜」「ウォーターボーイズ」「野田ともうします。」「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」「ヴァンパイア・ヘヴン」「連続テレビ小説/マッサン」などの作品にも出演しています。

画像は漫画「あさひなぐ」に登場した寿慶です。寿慶は二ツ坂高校が合宿を行った白滝院の住職を務めているキャラクターで、薙刀教士の段位を持っています。合宿を行っている際には1人で全ての部員を相手にするなど圧倒的な強さを見せています。また寿慶は東島旭に5日間水汲みをする事を命じています。

藤谷理子/郁林

映画「あさひなぐ」で郁林を演じたのは女優の藤谷理子です。藤谷理子は2000年代より芸能活動を行っている人物で、これまでに「母さんがどんなに僕が嫌いでも」「ヒッキー・ソトニデテミターノ」「ちょい☆ドラ~人生でエモいことは10分で起こる~」などの作品にも出演しています。

画像は漫画「あさひなぐ」に登場した郁林です。郁林は二ツ坂高校が合宿を行った白滝院で副住職を務めているキャラクターで、部員たちの食事を担当していました。また郁林はキツイ態度を取っている寿慶が本当は部員たちの事を思っている事に気付いています。

角替和枝/依田

映画「あさひなぐ」で依田を演じたのは女優の角替和枝です。角替和枝は1979年より女優活動を行っていた人物で、2018年に癌でこの世を去っています。また角替和枝は生前に「楽園のつくりかた」「茂七の事件簿新ふしぎ草紙」「恋するキムチ」「明日があるさ」「世にも奇妙な物語」「スターマン・この星の恋」などの作品にも出演していました。

映画あさひなぐの魅力

キャストやキャラクターについて知った後は、映画「あさひなぐ」の魅力について紹介していきます!映画「あさひなぐ」を見るか迷っている方も是非ご覧下さい。

映画あさひなぐの魅力①青春ストーリー

映画「あさひなぐ」の魅力の1つは「青春」を描いている事です。映画「あさひなぐ」の作中では、主人公の東島旭が過酷な練習・合宿を乗り越え成長しています。また宮路真春が部から離れてしまい仲間が説得するなど、仲間たちの熱い絆も描かれています。

映画あさひなぐの魅力②キャストの可愛さ

映画「あさひなぐ」には乃木坂46の中心メンバーが出演しておりとても話題になっています。また乃木坂46で特に人気のあるメンバーが出演しているので、とても可愛いと話題になっています。

映画あさひなぐの魅力③汗が香るほど懸命な姿

映画「あさひなぐ」は「一生懸命」という言葉が良く似合う作品です。映画「あさひなぐ」の作中では、打ちのめされても上を向き続けて努力する部員たちの姿が描かれています。また二ツ坂高校の薙刀部だけでなく、他の高校の部員たちも薙刀に青春を懸ける姿が描写されています。

映画あさひなぐの魅力④素晴らしい音楽

映画「あさひなぐ」の主題歌は「いつかできるから今日できる」です。いつかできるから今日できるは2017年10月にリリースされた乃木坂46の19枚目のシングルです。この楽曲では乃木坂46の齋藤飛鳥と西野七瀬がセンターを務めており、オリコンチャートで1位を獲得しています。

乃木坂46は秋元康がプロデューサーを務め2011年に結成されています。乃木坂46はこれまでに「帰り道は遠回りしたくなる」「インフルエンサー」「シンクロニシティ」「ジコチューで行こう!」「サヨナラの意味」「ハルジオンが咲く頃」「裸足でSummer」「今、話したい誰かがいる」などの作品をリリースしています。また乃木坂46の46は「AKB48より人数が少なくても負けない」という意味が込められています。

映画あさひなぐを観た感想や評価は?

ここからは映画「あさひなぐ」を実際に視聴した方の感想を載せていきます!映画「あさひなぐ」は人気のあるキャストが出演しておりとても話題になっています。

感想:キャストが可愛い!

映画「あさひなぐ」を見た方からはキャストが可愛いという感想が多く挙がっています。映画「あさひなぐ」には乃木坂46のメンバーが多く出演しており、美人ばかりが出演していると話題になっています。また乃木坂46のファンからはメンバーの違う顔が見られて大満足という感想も挙がっています。

感想:感動した!

映画「あさひなぐ」を視聴した方からは感動したという感想が多く挙がっています。あさひなぐはスポコン漫画として人気のある作品で、実写映画でもそれが上手く表現されています。そのため漫画を読んでいなくても楽しめるという感想も挙がっています。

感想:薙刀に青春を懸ける姿がかっこいい!

映画「あさひなぐ」では薙刀というマイナースポーツをテーマにして描かれています。映画「あさひなぐ」では薙刀の魅力が上手く表現されており、これまで薙刀をあまり知らなかった方からもかっこいいという感想が挙がっています。また薙刀をやってみたいという感想も挙がっています。

感想:乃木坂ファンじゃなくても楽しめる!

映画「あさひなぐ」は乃木坂46のメンバーが多く登場しているので乃木坂映画という感想が挙がっています。ですが乃木坂46の事をあまり知らなくても作品自体が面白いから楽しめるという感想も挙がっています。

感想:続編が待ち遠しい!

映画「あさひなぐ」を視聴した方からは、面白かったので続編が待ち遠しいという感想が多く挙がっています。また映画を見た事で漫画を読むようになったという感想も挙がっています。

Thumbあさひなぐの実写映画キャストまとめ!乃木坂46を起用した評価は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

映画あさひなぐのネタバレまとめ

本記事では映画「あさひなぐ」のあらすじをラスト・結末まで紹介していきましたがいかがだったでしょうか?映画「あさひなぐ」では國稜高校との戦いがラスト・結末として描かれていますが、漫画「あさひなぐ」は連載中です。そんな映画・漫画「あさひなぐ」をまだ見た事がない方も、本記事のラスト・結末や伏線を参考にしながら是非ご覧下さい!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ