怒りの広瀬すずのシーンがすごい?映画の評価・感想をネタバレまとめ

怒りは2016年に公開された日本の映画です。映画怒りは主演キャストとして渡辺謙を起用し、他にも多くの著名俳優・女優が出演したことが有名であり、アカデミー賞を総なめにした名作映画となっています。そんな大ヒット作品である映画怒りでは現在様々な方面で活躍している広瀬すずの演技力に注目が集まりました。本記事ではそんな怒りの広瀬すずに焦点を当てて広瀬すずのシーンのすごさや映画の感想などをまとめてご紹介していきます。

怒りの広瀬すずのシーンがすごい?映画の評価・感想をネタバレまとめのイメージ

目次

  1. 怒りの広瀬すずのシーンはすごいのか?映画の評価やネタバレ感想をまとめて紹介!
  2. 怒りの広瀬すずが演じる役は?
  3. 怒りの広瀬すずのシーンのあらすじをネタバレ紹介!
  4. 怒りの広瀬すずのシーンについてのすごいなどという声!
  5. 怒りの映画のネタバレ感想や評価を紹介!
  6. 怒りの広瀬すずなどのキャスト一覧!
  7. 怒りの広瀬すずについてまとめ!

怒りの広瀬すずのシーンはすごいのか?映画の評価やネタバレ感想をまとめて紹介!

2016年に公開された日本映画怒りは興行収入16億円という圧倒的な数字を記録したヒット作品であり、世界各国の映画祭に出店されたことで有名となりました。世界で注目を浴びた映画怒りには現在ドラマなどで活躍している広瀬すずがオーディションで選ばれ出演し、多くのシーンで圧倒的な演技力を見せつけ、視聴者から多くの感想が寄せられることになりました。

本記事では多くの感想を集めた映画怒りの広瀬すずについて映画の内容や広瀬すずのすごいと言われるシーンを怒りに出演している名俳優・女優の概要などを交えて一挙にまとめてネタバレ紹介していきます。

Thumb怒りの豪華キャストを一覧で紹介!映画での相関図や脇役・役作りにも注目 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

怒りの広瀬すずが演じる役は?

映画怒りで本記事では怒りに出演している広瀬すずにスポットを当て、凄まじい演技力を発揮したシーンや視聴者の広瀬すずに関しての感想をご紹介していくのですがその前に映画怒りについてどのような作品であるかという基本情報や映画怒りに出演している広瀬すずははたしてどのような役どころで演技をしているのかといった内容をまとめてご紹介していきます。

映画怒りの基本情報

広瀬すずが出演する映画怒りについてどのような作品なのかという基本情報についてご紹介します。映画怒りは2016年の9月17日に公開された映画であり、主演キャストとして渡辺謙を起用して製作されました。渡辺謙を主役と置いた映画怒りでは映画監督である李相日が監督・脚本を務めています。監督の李相日は過去に怒りの原作を描いた小説家吉田修一が手掛けた作品である「悪人」の映画化の際に監督を務めていました。

李相日が「悪人」の監督を務めて公開した際には興行収入19億円を超える大ヒット作品となり、香港やマカオなど世界各国で話題になるなど大成功を収めました。そんな「悪人」を手掛けた李相日が怒りの監督を務めるということで公開前から大きな話題を呼ぶことになりました。さらに怒りは渡辺謙のほかに妻夫木聡や広瀬すずなど豪華キャスト陣が一挙出演するということもあり、公開2日目で2億円を超える興行収入を獲得しました。

圧倒的な興行収入を獲得した映画怒りは日本に止まらず、世界各国でも話題となり、多くの映画賞を獲得したことでも有名となりました。代表的な映画賞として日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞を妻夫木聡が獲得し、優秀主演女優賞に宮崎あおい、優秀助演女優賞に広瀬すずなど日本アカデミー賞の映画賞を総なめにする結果を残した作品となっています。

映画怒りのあらすじは?

多くの賞を獲得し、大ヒットを記録した映画怒りの物語はある夫婦殺人事件を元に展開していく内容となっています。夏の暑い日に東京八王子で夫婦が殺害されるという事件が発生しました。その現場には怒という血文字が描かれており、犯人は整形し姿を変えて全国に逃亡を続けていました。その事件から1年の歳月が経ち、千葉・東京・沖縄という3つの場所に正体不明の謎の3人の男性が現れました。

千葉では漁港で働く渡辺謙演じる洋平の一人娘である愛子が3か月ぶりに家出をしていたところを東京で見つかりました。愛子は東京の風俗店で働いており、洋平は風俗店で働く娘の愛子を連れ戻します。洋平は8年前に妻を亡くした過去を持っており、これまで男で一つで必死に愛子を育ててきました。そんな愛子は漁港で2か月前から働いていた謎の男性田代(松山ケンイチ)と出会うことになるのでした。

東京にも謎の男性が出没することになりました。東京で大手の通信会社で働いている妻夫木聡演じる優馬はゲイという本性を持っており、昼間は会社員として働く一方で夜はクラブで男性と一夜を過ごすという日々を送っていました。しかしそんな優馬には余命僅かな母がいるという悩みを抱えています。ある日優馬は新宿を訪れた時に東京に現れた謎の男性である綾野剛演じる直人に出会うことになるのでした。

一方沖縄では男性と問題を起こした母と逃げて沖縄の離島に住むことになった広瀬すず演じる高校生泉という人物がいました。泉はある日沖縄の離島で生活を送っていると無人島でバックパッカーをしている森山未來演じる田中という男性と出会います。この田中という人物こそ沖縄に現れた三人目の謎の男でした。こうして三人の謎の男性が出会いを重ねていくことになったある日警察から殺人事件の手配写真を公開しました。

警察が公開した犯人の手配写真はなんと千葉・東京・沖縄の三か所で出没した謎の男と酷似していました。千葉にいる洋平の娘愛子は謎の男性田代と交際することになり、父の洋平は田代の謎に包まれた本性に戸惑い、信用することが叶いませんでした。東京にいる優馬は直人と親密な関係を築きあげていました。しかし直人の不審な行動が相次ぎ、優馬は直人の正体に疑問を感じ始めます。

一方沖縄の広瀬すず演じる泉は過去のある事件によって心を閉ざしてしまいます。泉を救うことが出来なかった泉の同級生である辰哉は苦悩する日々を送っていました。それを見た謎の男性田中は二人を懸命に支えようとするのですがバックパッカーの田中の正体を誰一人として知る事がありませんでした。そしてこの謎の男性を中心に疑念に満ち溢れた日々の幕が上がっていくことになっていくのでした。

映画怒りの原作は?

2016年に公開された映画怒りには原作となった小説が存在します。その原作を手掛けた小説家は上述でご紹介した吉田修一です。吉田修一は1997年に「最後の息子」という作品で小説家デビューを果たします。そして吉田修一は山本周五郎賞や芥川賞を受賞するなど名小説家として世間に知れ渡っていくことになります。吉田修一の作品の特徴として若者の都市生活を描いた物と殺人事件を元にした作品を多く手掛けています。

多くの賞を受賞した吉田修一は2007年に制作した「悪人」という作品で多数の賞を獲得し、怒りの監督李相日の手によって映画化され、大ヒットを記録しました。その後再度吉田修一は李相日とタッグを組むことになり、本記事でご紹介している映画怒りを制作することになりました。現在吉田修一は2016年に芥川龍之介賞の選考委員を務め、小説界の大御所として存在感を放っています。

広瀬すずが演じるのは小宮山泉!

映画怒りで広瀬すずが演じた役どころは沖縄編の主役ともいえる小宮山泉という人物です。泉は母親の男性関係の勝手な都合により沖縄の離島に暮らすことを強いられてしまいます。泉は沖縄の離島で生活をする事になり、そこで謎の男性の一人である田中信吾と出会います。泉は田中の事を信頼し、閉ざしていた心を徐々に開いていくのですが同級生の辰哉と沖縄の那覇に赴いた際にある事件に巻き込まれてしまいます。

広瀬すずは怒りの泉役に他の名だたる俳優・女優とは別でオーディションでその座を勝ち取り出演しました。オーディションで選ばれた広瀬すずは怒りの各シーンで迫真の演技力を視聴者に見せ、多くの賛同の感想が寄せられることになりました。撮影の際広瀬すずは監督の李相日から厳しい指導を受けていましたが不屈の精神で挑み、最後まで走り抜けた広瀬すずは監督に感謝の意を述べています。

Thumb怒りのあらすじをネタバレ紹介!犯人の正体や衝撃のラスト・結末は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

怒りの広瀬すずのシーンのあらすじをネタバレ紹介!

映画怒りについて物語の大筋のあらすじや原作、広瀬すずが演じた役どころについてまとめてご紹介しました。映画怒りでは広瀬すずが圧巻の演技を見せ、沖縄編の世界観を創り上げていることが分かりました。次は広瀬すず演じる小宮山泉のシーンのあらすじについてネタバレ紹介していきます。

田中信吾との出会い!

怒りで広瀬すずが演じる小宮山泉は福岡に暮らす高校一年生でした。福岡で生活を送っていた泉ですが突然母親が男性との間である問題を起こしてしまい、福岡の土地で暮らすことが出来なくなってしまいます。そして泉は夜逃げの如く沖縄の離島である波照間島に住むことになってしまいます。突然の沖縄への引っ越しに泉は戸惑うものの沖縄の高校でうまく周りと馴染むことが出来、何事もなく平穏な日々を送ります。

平穏な日々を送っていた泉には彼女に強い好意を寄せる一人の同級生がいました。その同級生は知念辰哉という男子であり、泉は彼の強い好意を知りながらも同級生間の友達として接していました。そんなある日泉は辰哉に連れられてモーターボートで無人島に行くことになります。泉は初めて見る無人島の景観に感動し、無人島観光を行うことになります。そして泉はある廃墟を見つけ、興味本位で足を踏み入れるのでした。

その瞬間空から轟音が鳴り響き、泉と辰哉は驚きの表情を浮かべます。その轟音の正体は飛び立ったアメリカ軍の飛行機でした。アメリカ軍の飛行機が飛び立った後泉が足を踏み入れた廃墟の屋上に謎の男性が立っていました。その男性は田中という名前で3~4日前に船で無人島に到着し、廃墟で野宿をしていると語ります。ぎこちない会話を繰り返す二人ですが泉は田中の自由な生き方に強い憧れを感じます。

そして泉が無人島を去ろうとした時に田中は自らの存在を秘密にするよう強く念を押すのでした。その後一週間の時が流れ、泉は再度田中の元を訪れます。泉は田中に食料の差し入れをするために無人島を訪れたのでした。その泉の親切な気持ちに驚きの感想を感じた田中は泉に田中という自分の名前を明かします。名前を名乗ったことをきっかけに泉と田中の関係はより親密なものになっていきます。

お互い打ち解けることに成功した後、泉は田中の持っているリュックを背負いはしゃぎます。その光景を見た田中は泉の笑顔を微笑ましく見つめるのでした。その後無人島から帰ることになった泉はいつもボートを出してくれている辰哉に感謝の感想を述べます。すると辰哉は自らの勇気を振り絞って泉をデートに誘います。そこに辰哉の父が車で登場し、しばらく家に帰らないことを告げるのでした。

沖縄軍撤退のデモ!

泉は辰哉の父親が不在になるということに疑問を持ち、辰哉に父親がどこに行くのか尋ねます。辰哉は質問する泉に父親が那覇で米軍の沖縄撤退運動のデモを行いに行くことを話します。辰哉は父親のデモ参加に反対的ではあるのですが、あまりのしつこさに母親とと共にあきらめの境地にいました。そして怒りの沖縄編は那覇へと移っていくことになっていきます。

泉と辰哉はデートで沖縄の那覇の地に降り立つこになりました。さっそくデートに行こうとする二人ですが彼女達の前にアメリカ軍のオスプレイ反対と辺野古基地移設反対のデモ運動に遭遇してしまいます。辰哉は父親に渡す荷物があったために嫌がりながらもデモ隊とともに歩みを進めることになってしまうのでした。その後辰哉は泉にデモに巻き込んでしまったことを深く謝罪します。

辰哉は好意を寄せている泉とせっかくデートに来れたのに泉には全く関係の無いデモに巻き込んでしまい、意気消沈してしまうのでした。そんな中泉は那覇で田中の姿を目撃します。田中は那覇の街中をいつもの雰囲気とは真逆で怯えた表情で歩いていました。泉はそんな田中の気持ちとは裏腹に笑顔で田中の元に駆け寄ります。田中は突然の出来事に驚きの感想を漏らすのですが泉と辰哉の姿を見た田中は安堵します。

その後田中は泉と辰哉を居酒屋に連れていき、食事をおごることになるのでした。辰哉はその場で父のデモでデートが失敗し、泉と仲の良い田中に遭遇したことに嫉妬をしてしまい酒を飲んで眠ってしまいます。そんな中泉は田中に自らの母親の悩みを打ち明けます。泉は田中に母親が男性関係で振り回されていることを明かしていると辰哉が目を覚まし田中の仕事について疑問をぶつけます。

田中は笑ってその質問をやり過ごそうとすると辰哉は酔った勢いで酒瓶に手を出します。それを見た泉は無礼な態度をとる辰哉に怒りの感想をぶつけます。しかし辰哉は謎めいた男性と接していることに怒りを感じていることを明かし、泉に告白してしまいます。その後田中は那覇に残ることになり、フェリーで帰る泉と辰哉と別れることになるのでした。

泉を襲う事件!

フェリーで帰ることになった泉と辰哉ですが辰哉は酒の酔いが醒めきっておらず、那覇の路地裏に消えていきます。それを見てあきれた泉は辰哉の叔母に荷物を受け取りに行くために那覇の街を一人出歩くことになってしまいます。すると泉はアメリカ軍の兵士が集まる場所に遭遇してしまい、知らない言語で話しかけられた泉は困惑して逃げ出します。そして泉は逃走の末に公園に辿りつくのですがある悲劇が待ち受けていたのでした。

その公園で泉は突然二人組のアメリカ兵に襲われる出来事が発生します。力強い軍人に敵うことが出来ない泉は地面に押さえつけられ乱暴を受けてしまいます。その公園には体調を崩した辰哉がいたのですが辰哉はアメリカ兵の恐怖から立ち竦んでしまい、泉を助けることが出来ないまま震えてしまいます。そんな中大声で警察を呼ぶ声がこだまして二人のアメリカ兵は逃げ出します。

辰哉は震えながらも助けを呼ぼうと試みるのですが泉は乱暴されたことを秘密にしてほしいと懇願します。辰哉は震える泉の姿を見て、勇気を出して助けにいくことが出来なかった自分の無力さに絶望するのでした。そしてこの泉を襲った事件は今後泉の心の底で大きな傷として残っていくことになってしまいます。

謎の男性田中への疑問

泉がアメリカ兵に乱暴を受けた数日後辰哉は無人島で田中と再会します。辰哉はそこで田中に泉が乱暴を受けている時に警察を呼ぶ声を挙げたのは自分であると明かします。その話を聞いた辰哉は田中のことを信用し、辰哉の実家が経営する民宿で田中をアルバイトさせることにします。その後辰哉は田中のことをどんどんと慕っていくようになり、マラソン大会の練習を一緒にするなど交友を深めていきます。

しかしそんなある日辰哉は民宿で働く田中がお客様の荷物を雑に扱っている様子を目撃してしまいます。そして辰哉は田中がいつも自分に親しくしている行動が全て演技ではないかと怪しむようになってしまうのでした。一方泉は学校帰りにペンションのおばさんから田中がいた廃墟がある無人島で草刈りを行うことを聞き、ついていくことになります。そこで泉は田中が暮らしていた廃墟を興味本位で入ってしまうのでした。

暴かれる田中の正体

泉は田中が住んでいた無人島の廃墟に訪れることになり、泉はそこで廃墟に描かれた文字を見て悲鳴を上げてしまいます。なんと廃墟の壁には赤い文字で夫婦殺害犯が描いていた「怒」の文字が無数に描いてあったのです。実は謎の男性田中の正体こそが夫婦殺人事件の犯人だったのです。しかし驚いた泉は夫婦殺害事件の犯人を田中とは思わず、ただただ田中に対して恐怖感を抱いていきます。

そんな中泉が生活を送っている離島波照間島に二人の刑事が訪れることになり、フェリーの待合室で話す二人の会話を泉は聞いてしまいます。泉は殺害事件である山神事件のことを全く知ってはおらず、刑事が殺人犯を追って波照間島に来たことを聞き驚きます。そして泉は島の住人ではない人の犯行だと考え、田中の廃墟にあった「怒」の文字を思い出すことになり、犯人は田中ではないかと怪しみます。

凶悪殺人犯田中の最期

泉は辰哉に自らの考えと「怒」の文字に対する感想を聞くために辰哉の元を訪れ、再び無人島の廃墟へと足を踏み入れます。しかし泉は廃墟へと辿り着くも恐怖で足を前に出すことが出来ませんでした。そんな泉を見た辰哉は一人で廃墟へと踏み込み、「怒」の文字を見る事にします。すると「怒」の文字以外にも廃墟の壁には落書きがされており、その内容を見た辰哉は衝撃を受けてしまいます。

田中がいた廃墟の壁の落書きにはアメリカ兵に襲われた泉を見て笑ったという文字や警察で逃げたアメリカ兵に対して臆病者だという文字などが描かれていました。実は田中は泉がアメリカ兵に襲われた現場におり、陰で襲われる泉を見て楽しんでいたのでした。さらに警察を大声で呼んだという田中の話も全て嘘だったのです。その落書きを見た辰哉は激しい怒りの感情を抱き始めます。

辰哉は田中のことをとても慕っていたのを裏切っていたことや自分が好意を寄せている泉が襲われるのを笑ってみていたことに自分自身を制御できなくなってしまいます。そして自分を制御できなくなった辰哉はその怒りをぶつけるために田中を刺してしまうのでした。そこに警察が駆けつけるのですが凶悪殺人犯の田中は刺されて息を引き取った後だったのでした。

怒りの広瀬すずのシーンについてのすごいなどという声!

映画怒りに出演する広瀬すずが演じた泉が登場する沖縄編のシーンについてのネタバレをご紹介しました。謎の男性田中と出会った泉が信頼を寄せている中、田中は裏で悪い笑みをこぼしていたとうことが分かったことはとても衝撃的なものになっています。次は沖縄編の主役である泉を演じた広瀬すずのシーンについての感想を一部ご紹介していきます。

リアルさがすごい!

怒りを観た視聴者で広瀬すずのシーンで多く寄せられた感想は広瀬すずの演技力のすさまじさについての感想でした。特に広瀬すず演じる泉が公園でアメリカ兵に襲われるシーンはとても強烈的で多くの視聴者から圧巻の感想が寄せられることになっていました。李相日監督に厳しい指導をされた広瀬すずは諦めることなく撮影に挑んだ姿が演技力に克明に現れた証拠となっています。

あんな役をできることに驚いた!

女優の広瀬すずは世間では「ちはやふる」などの作品で見せるコミカルな演技力が特徴として知れ渡っていました。しかし怒りの広瀬すずが演じた泉を観た視聴者から広瀬すずが今までにないシリアスな役どころを見事に演じきった姿に驚きを隠せない感想を多く集めました。この怒りの公開によって広瀬すずは若手の中では頂点に君臨するほどの女優だと評価されることになりました。

広瀬すずの演技力を観て辛い!

映画怒りで広瀬すずが登場するシーンで広瀬すずの演技に圧倒されたという感想が多くを占める中、広瀬すずの劇中のシーンが辛いといった感想が中には見られました。特に広瀬すずが怒りで演じた泉が公園でアメリカ兵に強姦されてしまうシーンは多くの映画を観た方々から本当に辛いといった感想の声を寄せることになりました。

怒りの映画のネタバレ感想や評価を紹介!

映画怒りに出演する広瀬すずの登場するシーンについての感想をご紹介しました。怒りでの広瀬すずの演技力に対しての感想はとても多く集められることになり、ほとんどが演技力に対して絶賛する内容だということが判明しました。次は映画怒りの全体に対する感想をまとめてご紹介していきます。

キャストの演技がすごい!

映画怒りでは広瀬すずの演技力のほかにも豪華キャスト陣に対する感想が多く寄せらえています。中でも洋平役を務めた渡辺謙が一人娘に不器用ながら愛情を注ぐ姿に涙する人が多いほどの演技力を見せました。また洋平の娘役として起用された宮崎あおいに対しても涙が流れるほどの演技力を見せてくれたといった感想が多く集まり、実力派俳優・女優の演技力の力を存分に発揮した作品となっています。

映画怒りのキャストで渡辺謙や宮崎あおい、広瀬すずの演技に注目が集まる中で妻夫木聡の演技に対しての感想も見られました。映画怒りでは妻夫木聡はゲイの男性という役柄を演じることになり、恋をする綾野剛とのベッドシーンは多くの女性ファンから歓声を浴びることになりました。怒りで演技をするにあたって妻夫木聡と綾野剛は同棲生活を送るなど役になりきった努力が報われる結果となりました。

思わず泣いてしまった!

映画怒りを観た方々から寄せられた感想ではキャストに対するものの他に映画館で号泣したという感想も数多く見受けられました。怒りでは三つの舞台を元に展開されるストーリーとなっており、その中で登場する謎の男性に猜疑心の中で信じる心を失わない重要性などが学べる映画となっており、千葉編・東京編・沖縄編全ての結末で涙したという声が多く集まることになりました。

全てに対して称賛が送れる!

映画怒りでは上述でご紹介した通り、豪華キャスト陣に対しての感想が大半を占めました。しかしその豪華キャスト陣全ての鬼気迫る演技力のほかにご注目して頂きたいのがアメリカ軍の基地に対してのデモなど社会問題を取り入れている部分です。この社会問題などをしっかりと描かれている箇所に映画を観た方々から改めて考えさせられたという感想を集めるに至りました。

また怒りの曲を担当している坂本龍一への称賛の声も多く集まっており、映画怒りではキャスト・ストーリー・時代背景・音楽全てにおいて完璧に作り込まれた作品となっており、劇場に訪れた多くの方々を驚かせることになり、多くの賞を獲得した理由にもなっています。

怒りの広瀬すずなどのキャスト一覧!

渡辺謙/槙洋平役

槙洋平は千葉編に登場する愛子の父にあたる人物です。洋平は千葉にある漁港で働く男性で娘愛子が千葉編に登場する謎の男性田代哲也と交際していることに疑問を感じ、田代の謎に包まれた正体に最後まで苦悩し続けます。

千葉編に登場する洋平を演じたキャストは日本を代表する名俳優の渡辺謙です。渡辺謙は1984年に「瀬戸内少年野球団」という作品で映画デビューを果たします。その後大河ドラマの「独眼竜伊達政宗」で驚異的な視聴率を叩き出し、2003年にはアメリカの映画「ラストサムライ」に出演します。そしてそれ以降世界中で認められる役者となり、映画怒りにおいても持ち前の圧倒的な演技力を披露しています。

宮崎あおい/槙愛子役

槙愛子は千葉編に登場する洋平の一人娘にあたる人物です。愛子は洋平の家から家出をしていたところを洋平に連れ戻されてしまいます。そこで正体不明の男田代哲也という男性と出会うことになり、恋に落ちていきます。

謎の男性田代と交際する愛子を演じたのは日本の女優である宮崎あおいです。宮崎あおいは4歳の時に子役として芸能界デビューを果たし、1999年に映画デビューします。その後2005年に公開された映画「NANA-ナナ-」に出演し、興行収入が40億円を超える大ヒットを記録します。現在では女優業で映画やドラマで活躍する一方でアニメの声優やバラエティ番組など様々な方面で知名度を上げ続けています。

松山ケンイチ/田代哲也役

田代哲也は怒りにおいて謎の男性の一人にあたる人物です。田代は千葉の漁港で働く中で洋平の娘愛子と親しくなり、交際を始めます。しかし洋平に正体不明なところを怪しまれ、徐々に正体が判明していきます。そして夫婦殺害事件の犯人として疑われることにまで発展してしまいます。

謎の男性の一人である田代哲也を演じたキャストは日本の俳優である松山ケンイチです。松山ケンイチは2001年にオーディションで合格し、モデルとして芸能界デビューを果たします。その後2002年に「ごくせん」で俳優としてデビューすることになり、2006年に公開された映画「デスノート」でL役を演じたことが大きな反響を呼び、一気にトップクラス俳優の座を手にした人物です。

妻夫木聡/藤田優馬役

藤田優馬は怒りにおいて東京編の主人公にあたる人物です。優馬はゲイであり、広告代理店で働く一方でクラブで男性と一夜を過ごす日々を送っていました。そんなある日謎の男性直人と出会うことになり、同棲生活をするに至ります。しかし直人の謎めいた行動を目撃した優馬は徐々に直人に対する猜疑心を感じ始めていくことになってしまいます。

東京編の主人公藤田優馬を演じたキャストは日本の俳優である妻夫木聡です。妻夫木聡は1998年に俳優デビューを果たすと「天地人」など数多くの映画やドラマに出演します。そして2010年に公開された怒りの原作小説家吉田修一の作品「悪人」で演技力が高く評価されることになり、李相日監督の声がかかり、再び吉田修一の作品に出演することになりました。

綾野剛/大西直人役

大西直人は怒りで東京編の謎の男性にあたる人物です。直人はある日優馬と出会い、同棲生活を送ることになっていきます。そこで直人の不自然な行動のために夫婦殺害事件の犯人として疑われてしまうことになってしまいます。

東京編の謎の男性である直人を演じたキャストは日本の俳優である綾野剛です。綾野剛は2003年に「仮面ライダー555」で俳優デビューを果たすと連続テレビ小説「カーネーション」に出演するなどみるみる内に頭角を現していきます。本記事でご紹介した怒りに出演し、その演技力に称賛を浴びることになった綾野剛は怒りで報知映画賞助演男優賞や東京スポーツ映画大賞など数々の賞を獲得しました。

森山未來/田中信吾役

田中信吾は映画怒りで沖縄編の謎の男性にあたる人物です。田中は最初無人島で泉と出会い、泉から信頼される立場へとなっていきます。しかし田中には裏の顔を持っており、そのことから泉が事件に巻き込まれていくことになってしまいます。

沖縄編の謎の男性である田中を演じたキャストは日本の俳優・ダンサーである森山未來です。森山未來は幼いころよりダンスをはじめ、2001年に「TEAM2」で俳優としてデビューを飾ります。その後2003年に「WATER BOYS」に出演したことをきっかけに頭角を現すことになっていきます。そして主演映画「モテキ」で大ヒットを記録し、多くの賞を残した人物です。

広瀬すず/小宮山泉役

小宮山泉は映画怒りで沖縄編の主人公にあたる人物です。泉は母の都合により、沖縄に移住することになり、そこで田中という男性と出会い交友を深めていきます。しかしこのことで泉は心に大きな傷を残してしまう事件に遭遇してしまうことになってしまいます。

沖縄編の主人公泉を演じたキャストは本記事の本題である日本の女優の広瀬すずです。広瀬すずはスカウトをきっかけに芸能界に足を踏み入れることになり、2013年に「幽かな彼女」で女優としてデビューを果たします。その後「ちはやふる」で初主演を演じることになり、日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を獲得します。映画怒りでも優秀助演女優賞を獲得し、アカデミー賞ダブル受賞を果たすことになりました。

佐久本宝/知念辰哉役

知念辰哉は泉の同級生にあたる人物で田中の正体にいち早く勘づき、沖縄編の最後まで重要な役目を背負う人物です。そんな知念辰哉を演じたキャストは日本の新人俳優である佐久本宝です。佐久本宝は映画怒りで1200人のオーディションで合格し、俳優とて抜擢されました。そして怒りの公開後演技力に高評価をされた佐久本宝は日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞することになりました。

怒りの広瀬すずについてまとめ!

日本映画怒りに出演している広瀬すずについて登場するシーンのネタバレや演じた役どころについて映画を観た方々の感想を交えながらご紹介しました。怒りでは広瀬すずの演技力に多くの称賛の感想を集めることになり、広瀬すずの実力を世に広めたといって過言ではないものになっていることが分かりました。

まだ映画怒りを観たことがない方は本記事でご紹介した通り、広瀬すずの演技力が凄まじいものになっているので是非映画怒りをご覧頂き、広瀬すずの演技にご注目ください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ