怒りのあらすじをネタバレ紹介!犯人の正体や衝撃のラスト・結末は?

2016年に公開された日本の映画「怒り」は、あらすじや結末のネタバレがとても重たいストーリーになっていました。映画「怒り」は、豪華なキャストたちのキャラクターに寄り添ったリアルな演技を見る事ができ、感想や評価もとても高い作品です。映画「怒り」は、結末のネタバレでわかる犯人も衝撃的となっていました。この記事では、2016年に公開された映画「怒り」の結末までのあらすじとネタバレだけでなく、出演しているキャストや見た方の感想や評価を紹介していきます。

怒りのあらすじをネタバレ紹介!犯人の正体や衝撃のラスト・結末は?のイメージ

目次

  1. 1怒りのあらすじをネタバレ紹介!犯人の正体と衝撃のラストは?
  2. 2怒りとは?
  3. 3怒りに登場するキャストは?
  4. 4怒りのあらすじは?ネタバレ紹介!
  5. 5怒りの衝撃の結末は?怒りの正体もネタバレ解説!
  6. 6怒りの犯人の正体とは?
  7. 7怒りの映画を見た人の感想・評価をネタバレ紹介!
  8. 8怒りのあらすじネタバレまとめ

怒りのあらすじをネタバレ紹介!犯人の正体と衝撃のラストは?

2016年に公開された日本の映画「怒り」は、あらすじや結末までのネタバレの内容が重たいストーリーになっていました。この記事では、映画「怒り」の結末までのあらすじやネタバレだけでなく、ストーリーに登場しているキャラクターを演じた豪華なキャストや見た方の感想や評価を紹介していきます。

怒りとは?

2016年に公開された日本の映画「怒り」は、作家「吉田修一」さんが2014年に発売した小説が原作になっています。映画「怒り」の原作を書いた「吉田修一」さんは、たくさんの有名な作品を発売していて、中でも有名なのが「パレード」や「悪人」や「最後の息子」などになっています。

2016年に公開された日本の映画「怒り」の監督を務めたのは、たくさんの映画を製作している「李相日」さんです。李相日さんが監督を務めた中でも有名な作品は、映画「フラガール」や「悪人」や「許されざる者」や「ブルーハーツが聴こえる」などになっています。

映画『怒り』(4.12BD&DVD発売) (@IkariMovie) | Twitter

怒りに登場するキャストは?

2016年に公開された日本の映画「怒り」のあらすじや結末までのネタバレで、魅力的なキャラクターを演じた豪華なキャストたちを紹介していきます。

広瀬すず/小宮山泉

2016年に公開された日本の映画「怒り」で、沖縄に住んでいる女子高生「小宮山泉」を演じた豪華なキャストは、たくさんの映画やドラマで活躍している大人気女優「広瀬すず」さんです。広瀬すずさんが出演している中でも有名な作品は、映画「チアダン」や映画「海街diary」や映画「ちはやふる」シリーズや映画「三度目の殺人」や映画「先生」やドラマ「怪盗探偵山猫」などになっています。

田中信吾/森山未來

2016年に公開された日本の映画「怒り」で、放浪をしていた男性「田中信吾」を演じた豪華なキャストは、たくさんの映画やドラマで活躍している「森山未來」さんです。森山未來さんが出演している中でも有名な作品は、映画「モテキ」や映画「贖罪」や映画「ALWAYS三丁目の夕日」や映画「人類資金」やドラマ「ウォーターボーイズ」やドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」などになっています。

渡辺謙/槙洋平

2016年に公開された日本の映画「怒り」で「愛子」の父親「槙洋平」を演じた豪華なキャストは、たくさんの映画やドラマで活躍している海外でも有名な俳優「渡辺謙」さんです。渡辺謙さんが出演している中でも有名な作品は、映画「ラストサムライ」や映画「インセプション」や映画「バットマンビギンズ」や映画「許されざる者」や映画「沈まぬ太陽」や映画「トランスフォーマー」などになっています。

宮崎あおい/槙愛子

2016年に公開された日本の映画「怒り」で「洋平」の娘「愛子」を演じた豪華なキャストは、たくさんの映画やドラマで活躍している女優の「宮崎あおい」さんです。宮崎あおいさんが出演している中でも有名な作品は、映画「世界から猫が消えたなら」や映画「ただ、君を愛してる」や映画「NANA」や映画「神様のカルテ」や映画「少年メリケンサック」や映画「舟を編む」などになっています。

松山ケンイチ/田代哲也

2016年に公開された日本の映画「怒り」で「愛子」と恋に落ちる男性「田代哲也」を演じたのは、たくさんの映画やドラマで活躍している俳優の「松山ケンイチ」さんです。松山ケンイチさんが出演している中でも有名な作品は、映画「デスノート」シリーズや映画「マイ・バック・ページ」や映画「清須会議」や映画「ユリゴコロ」や映画「関ヶ原」や映画「聖の青春」や映画「NANA」や映画「GANTZ」になっています。

藤田優馬/妻夫木聡

2016年に公開された日本の映画「怒り」で会社員の男性「藤田優馬」を演じたキャストは、たくさんの映画やドラマで活躍している俳優「妻夫木聡」さんです。妻夫木聡さんが出演している中でも有名な作品は、映画「悪人」や映画「ウォーターボーイズ」や映画「どろろ」や映画「渇き」や映画「ジョゼと虎と魚たち」や映画「ジャッジ」や映画「涙そうそう」や映画「殿利息でござる」などになっています。

大西直人/綾野剛

2016年に公開された日本の映画「怒り」で「藤田優馬」と出会う男性「大西直人」を演じたキャストは、たくさんの映画やドラマで活躍している俳優「綾野剛」さんです。綾野剛さんが出演している中でも有名な作品は、映画「日本で一番悪い奴ら」や映画「新宿スワン」シリーズや映画「ルパン三世」や映画「白ゆき姫殺人事件」や映画「るろうに剣心」や映画「ガッチャマン」などになっています。

Thumb怒りの豪華キャストを一覧で紹介!映画での相関図や脇役・役作りにも注目 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

怒りのあらすじは?ネタバレ紹介!

2016年に公開された日本の映画「怒り」のストーリーの結末までのあらすじとネタバレを紹介していきます。

東京八王子で起きた事件

映画に「怒り」のあらすじのネタバレは、八王子の住宅街で起こった事件から始まります。家の鍵が壊れていなかった事や、悲鳴を聞いた人も現れない事から、宅配業者を装ったのかと刑事たちは思いました。そして、ドアの下に凶器と思われる包丁とドアに血で書かれた「怒」の文字を発見します。犯人は、犯行後ご飯を食べ夫婦の死体がある風呂場でシャワーを浴びていたのでした。槙洋平は、ボロボロになった娘を迎えに行きます。

ネタバレで、洋平は風俗店で働き抜け殻になった娘の愛子を見て涙ぐみます。そして、愛子を連れて帰りました。洋平は何が食べたいと愛子に聞くと、洋平の「おにぎりでいい」と笑顔で答えます。ゲイのパーティーに来ていた優馬は、友達に帰ろうと言われました。優馬は、パーティーの後にご飯に誘われますが、断り病気の母親の元へ向かいます。母親の「貴子」は目覚め、温泉に行った夢を見たと言いました。

思い出せないと悲しむ母親を見た優馬は、また行けば良いと言いました。ネタバレで、泉と辰也はボートで星島にきます。泉が島の中を探検すると言い、辰也は昼寝しておくと言いました。泉は、島の中で廃墟を見つけます。洋平たちを迎えに来ていた明日香は、愛子を怒りますが「ゴメンって」と言って笑いました。泉が廃墟入って行くと物音が聞こえ「辰也君?」と聞きます。

すると、知らない人が現れ思わず腰を抜かしてしまいます。泉は「何してるんですか?」と聞くと、男は「一人旅をしている」と言いました。その男は、4日前からここにいると言います。愛子たちは、帰り道で洋平の元で働く「田代」を見かけ話をしました。田代は、2か月前にふらっと現れ素性がわからないと明日香が言います。そして、テレビでは八王子殺人事件の事が報道され犯人の「山神」容疑者を探していると報道しました。

逃亡犯

映画「怒り」で山神は、1年間もの間も逃げ続けていたのです。優馬は、ゲイの集まる所へ行き1人のうずくまっている男性を見つけます。男性は拒みますが、無理やり押し倒してしまいました。テレビでは、山神容疑者の変装写真が公開されます。優馬は、男性がお腹が減ったというのでご飯に誘いました。優馬は、色々な事を質問しますが、年齢しか聞き出す事ができません。優馬は、住むところがないならうちに来いと誘います。

泉は、廃墟の男性に「誰にも言わないで欲しい」と言われたので辰也にも黙っていました。警察は、山神のアパートを訪れます。部屋の中はとても汚く色々なチラシに、日常の事が書かれていました。ネタバレで、愛子は洋平の仕事場にお弁当とお茶を持っていきます。すると、田代が今は出掛けていていないと言いました。愛子は、何故外で食べているのか聞きます。そして、愛子はお弁当を田代に見せおかずを分けました。

謎の男たち

映画「怒り」のあらすじのネタバレで、優馬はコンビニから出てくる直人の姿を見つけ後ろを歩いて行きます。優馬は、体調が悪そうな直人を見て昼間も家に居ていいよと言いました。優馬は、家の物が無くなったら通報すると言いますが、直人は「信じてくれてありがとう」と言います。泉は、廃墟の人が気になり様子を見に来ていました。男性は「田中」と名乗ります。愛子は、田代にもお弁当を作るようになりました。

泉は、何度も会いに行ってしまいます。洋平は、愛子が田代を話しているのを見て少し不安になってしまいました。優馬は、忙しくしている方が好きでしたが直人といる事が増えていきます。そして、直人は母親に会いたいと言いますが、優馬は嫌がりました。ですが、優馬は結局直人を連れて母親に会いに行きます。泉を島まで送っている辰也は、那覇に映画に見に行かないかと言いました。

洋平は、愛子を迎えに来た田代に正社員にならないかと言いますが、もう少しバイトでいたいと言います。洋平は、田代に愛子の過去を話そうとしますが辞めました。ですが、気づいた田代は噂を全部知っていると言います。すると洋平は、娘がみんなに陰口を言われているのになにもしない自分の事を情けないと思っているんだろと八つ当たりしました。田代は、なにも言わず話を聞きそして「愛子といるとホッとする」と言います。

後悔

映画「怒り」のネタバレで那覇では、辰也の父親がデモをしていて泉に思わず謝ります。直人は、優馬の母親の所に頻繁に通っていました。泉は、街で田中を見かけ追いかけていきます。泉たちは、3人でご飯を食べる事になりました。田中は、親身に泉がする母親の話を聞きます。酔っぱらった辰也は、田中に絡みだしました。そして、店を出た辰也たちは、田中と別れて帰ろうとします。

ですが、酔っぱらった辰也はふらふらと泉を置いて行ってしまいます。泉は後を追いかけていくと、治安の悪い所にたどり着いてしまいました。逃げた泉が公園で一息ついていると、背後から男が近付いてきます。ネタバレで、病院に急いで駆け付けた優馬は涙ぐみながらついててくれた直人に感謝しました。泉は、外国人2人にレイプされてしまいます。辰也は、怖くなり何もする事ができませんでした。

ポリスという声に2人組は逃げだし、辰也は電話をかけようとしますが、泉に「誰にも言わないで」と言われます。海岸で泉は、謝る辰也に砂を投げ誰もわかってくれない訴えてもどうにもならないから闘えないと泣き出しました。泉は、母親に抱きしめられながら眠ります。辰也は、田中のいる廃墟に向かいました。辰也は、この間の事を聞かれ言葉を濁します。ネタバレで、優馬は母親のお墓を用意しました。

3人の容疑者

映画「怒り」のネタバレで、愛子は田代と一緒に住みたいと言います。辰也の家の旅館に田中が働きにきて、仕事の合間に辰也の部屋に行きました。辰也は、泉の事を打ち明けると田中が優しく慰めます。洋平は、マンションの契約をしました。ですが、田代が居場所を転々としている事を知り不安に思います。優馬は、電話で友達2人の家が空き巣にあったと聞いた時に、直人が喫茶店で女性と楽しそうに話しているのを見かけました。

家に帰った優馬は、直人に何をしていたか聞くとウソをつかれ「あの女誰?」と聞きます。そして、田代が正社員になったことを喜んでいたと言いますが、前の職場に確認すると「高橋」だったと言いました。愛子は、田代から聞いた過去を洋平に話します。愛子に助けてと言われ、洋平は「わかった」と言いました。そして、テレビに映し出された映像が、田代や直人や田中に似ているとみんなが思い始めます。

優馬は、直人と連絡が取れなくなってしまいます。洋平が心配し、明日香に話すと愛子に直接言いに行ってしまいました。優馬は、ネットで犯人の画像を見て特徴が直人と似ていると思います。優馬の電話が鳴り、警察から直人の事を聞かれ「知らない」と答えました。愛子は、不安げに指名手配書を眺めます。優馬は電話を切り荷物を全部捨ててしまいました。田中は、お客さんの荷物を放り投げ始めます。

辰也に見つかり田中は、謝り「泉の事を知っている」と言います。そして、自分が「ポリス」と叫んだと言いました。辰也は、自分が泉の事を誘わなかったらと泣き出します。優馬は、お酒やパーティーに逃げ直人の事を忘れようとしていました。田中は、厨房で暴れ出してしまいます。店の物を片っ端から壊し、荷物を持って逃げ出して行きました。

怒りの衝撃の結末は?怒りの正体もネタバレ解説!

2016年に公開された日本の映画「怒り」の結末のあらすじやネタバレを詳しく紹介していきます。

怒りの結末

2016年に公開された日本の映画「怒り」の結末のあらすじのネタバレでは、別件の傷害罪で逮捕した人物が、突然八王子事件の事を話しだしたと報告をします。当然警察も疑いを持ちましたが、話の筋が通っていて信憑性が高いと思い報告しました。その男は、大阪の土木現場で犯人の山神らしき人物と一緒に仕事をしていたのです。自分は、八王子の事件とは関係がないがあの男がやったと言います。

何故その男が山神だと思ったか根拠を聞くと、男は「顔」だと答えます。男は、一見普通の顔をしているが、見る奴が見ればすぐにわかると言いました。電話が鳴り刑事は席を外します。洋平の所へ、ずぶ濡れになった愛子が現れ取り乱し始めました。愛子は泣きながら「警察に愛子が電話したの」と声を荒げ、座り込んでしまいます。洋平は、なんて言って電話をかけたのかを聞きました。

愛子は「テレビで探していた犯人かもしれない」と言ったと言います。洋平は、愛子が田代の過去を知っていると言っていたので「あいつ逃げてるけど親父の借金のせいだろ」と言いました。愛子が黙り込んだので、ちゃんと話せと言うと「愛子の事を信じているから愛子にだけ話すと言って、ほんとに話してくれた」と言います。洋平は、田代の居場所を聞きますが、もういないと愛子は言いました。

映画「怒り」のあらすじで辰也は、一人でボートに乗って星島を目指していました。取り調べを受けている男は、今考えると事件の日の事を自分に話したんじゃないかと思うと言います。犯人の山神と思われる人物は、土木の派遣会社の仕事で郊外の住宅街の現場に向かったけれど、現場が見つからず全身汗だくになりとりあえず会社に連絡をしたのです。すると、担当の人がそこは先週の現場だと言ったそうです。

その電話の相手が、電話越しに絶対笑ってたと犯人の山神らしき人物は言ったそうです。謝りの言葉もなく電話が切られ、道もわからずバス停もないのでどこかの家の前に座っていると、帰ってきた住人が声を掛けてきて「道に迷った」と言いました。取り調べの男は、刑事に「かわいそうと思ったらまずいですよね」と言います。刑事は何のことかわからずにいました。

映画「怒り」の犯人の山神らしき人物は、他人を見下す事で精神を保っていたのです。山神の姿を見かねた住人は、つい優しさで飲み物を渡したのです。犯人にとって憐れみを受けるのは、虫けら扱いされたのと同じことでだから殺されたと男が言いました。愛子の家には、警察が鑑識に来ていたのです。愛子は、警察に電話をする前に田代に電話し「人殺して逃げてるの?そうじゃないならお昼までに帰ってきて、待ってるから」と言ったと言います。

ですが、待っても田代は帰ってこず電話も通じなくなってしまいます。なので、愛子は警察に電話したと言いました。洋平は黙って話を聞いていましたが、愛子は田代が出掛ける前に40万カバンに黙って入れたと言います。愛子は、自分が溜めていたお金を全部田代のカバンに入れていたのです。辰也は、廃墟の中へと入って行きました。そこで辰也は、何かを見つけ固まります。

映画「怒り」のあらすじで愛子と洋平は、警察が上がってくるのを見て怯えます。指紋鑑定の結果を聞いた洋平は、崩れ落ち愛子は泣き出してしまいました。辰也が廃墟で見つけたのは、壁にかかれた「怒」の文字だったのです。田代の指紋は「柳本康平」で犯人の山神ではありませんでした。愛子は、声を上げながら泣き出します。辰也が壁の文字を触ると、そとからうめき声が聞こえてきました。

田中信吾は、大きなハサミで自分の顔を傷つけていたのです。辰也は、怖くなりますががれきを踏みバレてしまいます。田中信吾は、辰也だとわかり笑いだしました。そして、座って行くかと聞きます。辰也が何も応えずにいると、中に入ってきて「目をみると自分の事を気に入るかどうかがわかる」と話しだしました。田中信吾は、見ず知らずの人間を簡単に信じる事ができるのか理解出来ないと言います。

映画「怒り」のあらすじで、田中信吾は顔を上げ辰也にどうして自分の事が信じられるか聞きます。辰也がなにも答えないのを見て、田中信吾は笑いました。辰也は「味方になるって言ったろ」と言いますが、田中信吾は泉がアメリカ人に狙われているのを初めから見ていたと言います。せっかく見ていたのに、気づいた人が「ポリス」と叫んで終わった事を残念がり「逃げないで最後までやれよ」とアメリカ人に思ったと言いました。

ハサミを床に刺しながら、根性がないんだと言い辰也に同意を求めます。辰也は、田中信吾の言葉を信じる事ができずに「ウソだろ」と言いますが、泉が自殺をしていないか見に行っていると言いました。泉が自殺していたら面白いと言って笑いだし、助けられなかった辰也も同罪だと言います。辰也は、笑っている田中信吾にウソだと言えと言いますが、立ち上がりハサミで壁の「怒」の文字をなぞりだしました。

そして、辰也の首を掴み「同情してるふりなんていらねぇんだよ」と言い、抱きしめ「辰也俺はお前の味方だからさ」と青と黄の再現をし笑いだします。辰也は、涙を流しながら「誰にも言わないで」と言った泉の顔を思い出していました。辰也は、床に落ちていたハサミを拾い上げ立ち上がります。取り調べを受けている男は、犯人の山神が「生き返ると思った」と言ったと言いました。

映画「怒り」のネタバレで辰也は、頭に血が上らないと落ち着かないと言って三転倒率をしていた田中信吾のお腹にハサミをつき刺しました。取り調べを受けている男は、山神が1人目をお風呂場に突っ込んだのは生き返らせようとしていたからだと言います。そんなことをしているうちに、旦那が帰ってきてしまったと言いながら男は笑いました。洋平は、愛子を慰めようとしますが、取り乱し泣き続けます。

田中信吾は、廃墟から苦しみふらふらになりながらも逃げだします。泉は、ふと家から星島を見つめました。放心状態の辰也でしたが、泉の沖縄での事が壁に書かれているのを見つけ消そうと手でこすりだし涙を流します。そして、石を拾って一心不乱に文字が見えないようにしました。

大西直人が迎えた結末

映画「怒り」の結末のあらすじのネタバレで、藤田優馬はかつて大西直人とカフェで会話をしていた女性を見かけます。藤田優馬は、女性に近付いてき声を掛けました。女性に「大西直人と一緒じゃなかったですか?」と聞くと、女性が何も話さないのでいきなり話しかけたことを謝り自分の名前を言います。女性は、優馬の名前を聞き「直人から聞いています」と言いました。優馬は、安心し「ずっと連絡がつかず探している」と言います。

女性は、探してたんですねと言います。優馬は、動揺し直人の事でなにか知っている事はないか女性に聞きます。女性は、優馬に「落ち着いてください」と言い席に座るように勧めました。優馬が席に座ると、女性は何から話せばいいのか考えだします。女性は、自分と直人が施設で育ち血は繋がっていないが、兄妹だと思っていると言いました。そして、直人は子供の頃から心臓が悪かったが、手術などでも治らなかったのです。

直人は、ずっと薬を飲み続けていました。女性は、言葉が詰まりそうになりながら警察が公園の茂みに倒れていた直人を見つけたと言います。優馬は、頭が混乱し何も言葉が出てきませんでした。女性は「薫」という名前で、直人と会った時に嬉しそうに優馬の話をしていたと言います。直人は、男性が好きな事が原因で隠れて生きていくしかないと思っていましたが、優馬の堂々としている姿に勇気をもらったと言っていたのです。

映画「怒り」のあらすじで優馬は、その話を聞きながら首を何度も横に振ります。そして、涙をながしながら「逃げてたんです。俺はあいつを、直人の事を信じてやれなかった」と後悔しました。薫は、直人に「お前は大切なものが多すぎる。本当に大切なものは増えるんじゃなくて減って行くんだ」と言われたと言います。直人は、優馬に出会ってその事に気づいたと薫に言っていたのです。その言葉を聞き、再び泣き出してしまいます。

優馬は「なんで俺なんか」と言って泣きながら席を立ち、店を出ていってしまいました。優馬は、直人との会話を思い出します。直人は、葉山の墓地から見える海が綺麗であそこに入るなら死ぬのも悪くないと言いました。優馬は、以前冗談交じりに「一緒に墓に入るか?」と直人に聞いた事があったのです。直人は、優馬と一緒のお墓は無理でも「隣ならいいよな」と遠くを見つめながら言いました。優馬は、声を上げ泣き出します。

田代哲也が迎えた結末

映画「怒り」の結末のあらすじのネタバレで、愛子の携帯が鳴り「田代君?」と問いかけます。テレビのニュースでは、指名手配されていた犯人の「山神一也」容疑者が、沖縄の星島で殺害された事件の続報が流れていました。洋平は、テレビに映し出された山神容疑者を見て田代が犯人だと思っていた事を後悔します。泉は、船のエンジンをかけ星島へと向かって行きました。愛子は、どこにいるの?と聞くと「東京駅」と田代が答えます。

洋平は、愛子の家に向かっていてドアを開けると田代から電話が来たと愛子が言います。愛子は、取り乱しながら田代が東京駅にいると言いました。洋平は、愛子と電話を代わります。すると、田代は「すいません」と何度も謝りました。洋平が「無事か?」と聞くと、田代は「連絡するつもりはなかったんですけど」と言い「これ以上迷惑をかけるつもりはありません」と声を震わせながら謝ります。

洋平は、田代に「お前は悪くない。何も悪くねぇんだ」と言いヤクザも借金取りも一人で抱え込むな「一人で何年もよく戦ったよ」と告げると、愛子も田代も泣き出してしまいます。洋平は、できる事はなんでもする「頼むから戻ってこい」と言いました。泉は、犯人の山神と出会った廃墟へと向かって行きます。愛子は「今度こそ田代君を守るから、今から迎えに行く」と言いました。

電話の向こうの田代は、泣いているせいで言葉がつまり返事ができずにいました。泉が廃墟にはいると、山神が壁に描いた泉の事を辰也が一生懸命消した後を見つけます。泉は、涙ぐみながら「辰也君」と口にしました。そして、奥の部屋の「怒」という文字を見つけます。愛子は、洋平に電話して田代と合流し電車に乗って一緒に帰ると言いました。愛子は、嬉しそうに「田代君連れて帰るよ」と言います。

洋平は涙ぐみながら「田代元気か?」と言います。愛子は、田代の手を握り「もう大丈夫」と答えます。洋平は何か言いかけますが、やっぱりいいと言って何度も「気をつけて」と繰り返しました。泉は、海に向かって走り出し大きな声で叫び声を何度もあげます。洋平は、電話を切った後涙を流しました。海に向かって叫んでいる泉が映し出され、映画「怒り」は結末を迎えます。

怒りの犯人の正体とは?

犯人山神は田中信吾!

2016年に公開された日本の映画「怒り」の結末のあらすじやネタバレで発覚する、八王子の住宅で起こった「怒」という文字をドアに残した殺人事件の犯人「山神一也」は、沖縄の星島で「泉」が遭遇した男「田中信吾」だったのです。映画「怒り」の泉と辰也は、田中信吾が殺人事件の犯人とは知らずにあらすじのストーリーで仲良くなって行きました。ネタバレでも解るように、犯人の田中信吾は2面性を持ってる人物だったのです。

映画「怒り」のネタバレで田中信吾は、泉が沖縄で襲われていた現場を笑いながら見ていました。辰也は、そんなことも知らずに涙を流しながら助けられなかった事を悔みます。映画「怒り」を見た方の感想には、犯人が解らなかったというコメントもありましたが、あらすじの初めの殺人事件の現場に残された「怒」という文字が、映画「怒り」の結末のネタバレで田中信吾が生活していた廃墟にも残されていたのです。

怒りの映画を見た人の感想・評価をネタバレ紹介!

2016年に公開された日本の映画「怒り」の結末までのあらすじやネタバレを見た方の感想や評価には、色々なコメントがありました。映画「怒り」のあらすじのネタバレを含む感想や評価を紹介していきます。

好評な感想

2016年に公開された日本の映画「怒り」の結末までのあらすじやネタバレを見た方の好評な感想には、ストーリーに心掴まれたというコメントが多くなっていました。映画「怒り」は、誰でも些細なきっかけで人を疑ってしまう事などがストーリーで描かれているので、登場人物たちの気持ちに共感した方がたくさんいます。好評な感想の中には、豪華なキャストの演技に関する感想も多くなっていました。

不評な感想

2016年に公開された日本の映画「怒り」の結末までのあらすじやネタバレを見た方の不評な感想の中には、犯人が結局わからなかったというコメントもありました。映画「怒り」を見た方の感想には、あらすじのネタバレの内容が重たくなっていて、しんどくなったというコメントも多くなっています。映画「怒り」は、犯人についてのネタバレがわかりずらいというコメントがありました。

怒りのあらすじネタバレまとめ

この記事では、2016年に公開された日本の映画「怒り」の結末までのあらすじやネタバレだけでなく、魅力的な登場キャラクターたちを演じた豪華なキャストたちと見た方の感想や評価を紹介していきました。映画「怒り」は、結末までのあらすじやネタバレを含む全体的なストーリーがとても重たい内容になっていますが、信頼関係や疑いなど色々なことを考えさせられる作品になっているので、是非チェックしてみてください!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ