【銀魂】朧の声優はイケメンボイスの井上和彦!経歴や出演作・演じたキャラは?

アニメ「銀魂」で、朧の声を担当している声優・井上和彦について紹介します。井上和彦はイケメンボイスと言われ、ベテラン声優として数々のアニメに出演してきました。ここでは、井上和彦のプロフィールや経歴を紹介し、「銀魂」の朧をはじめとする主な出演作のキャラクターを紹介します。また、井上和彦は声優だけでなく、ナレーターや俳優としても活動しています。その声優以外の活動についても見ていきます。

【銀魂】朧の声優はイケメンボイスの井上和彦!経歴や出演作・演じたキャラは?のイメージ

目次

  1. 銀魂の朧とは?
  2. 銀魂の朧のアニメ声優はイケメンボイスの井上和彦
  3. 銀魂の朧・井上和彦の経歴や声優になった理由
  4. 銀魂の朧・井上和彦の主な出演作品や演じたキャラ
  5. 銀魂の朧の声優・井上和彦の俳優やナレーターとしての活動
  6. 銀魂の朧の声優に関する感想や評価
  7. 銀魂の朧の声優まとめ

銀魂の朧とは?

銀魂の作品情報

「銀魂」は、作者・空知英秋(そらちひであき)が、週刊少年ジャンプで2004年から2018年まで連載していたSF・時代劇漫画です。全77巻に及んだコミックの国内での累計発行部数は5500万部以上となっています。アニメ版「銀魂」は、2006年にテレビ東京系で放送が始まり、2018年10月に終了しました。

劇場版として「銀魂 新訳紅桜篇」が2010年、「銀魂  完結篇 万事屋よ永遠なれ」が2013年に公開されました。また、2017年には、監督・脚本福田雄一による実写版映画「銀魂」、2018年には第2弾として実写版映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」が公開されました。

銀魂の概要

「銀魂」は、作者の空知英秋が初めて手掛けた連載漫画で、迫力あるバトルシーンやシリアスな人間模様などが描かれるSF・時代劇ですが、所々にギャグシーンが散りばめられた人情味あふれるコメディ風のストーリーとなっています。

銀魂のあらすじ

江戸時代末期のかぶき町、剣術道場の後継者である志村新八は、姉の妙とともに落ちぶれた道場を支えるためアルバイト生活をしています。ある日、一見風来坊の様な男・坂田銀時に出会った新八は、銀時の見た目とは違う男気あふれる人柄に魅了され、新八は銀時が営む「万事屋」で働くことになりました。銀時を筆頭に、新八、神楽、犬の定春ら「万事屋」の面々は、江戸で起きる様々な事件や難題に挑んでいきます。

朧のプロフィール

「銀魂」の朧(おぼろ)は、幕府を影で操る組織「天導衆」の配下の暗殺集団「天照院奈落」の首領です。天導衆から八咫烏と呼ばれる朧は東洋医学の中でも経絡に精通しており、戦いでは敵の経絡を正確に突き、致命傷を与えます。朧は自身の経絡を移動させるという技を持っており、敵からの致命的な攻撃をかわすことができ、さらに回復を早めることができます。

「一国傾城篇」で銀時と戦った際、銀時の激しい攻撃によって致命傷を負ったかに見えましたが、自身の経絡を移動させる技で攻撃をかわすことができました。その後、「将軍暗殺篇」、「さらば真選組篇」、そして、朧の過去が明かされる「烙陽決戦篇」に登場します。

銀魂 テレビ東京アニメ公式

銀魂の朧のアニメ声優はイケメンボイスの井上和彦

井上和彦のプロフィール

アニメ「銀魂」の朧の声優・井上和彦の経歴を紹介します。井上和彦の経歴は1954年3月26日生まれ、血液型O型、神奈川県出身です。芸能(声優)事務所「B-BOX」所属で、声優・ナレーター・俳優・音響監督など、多様な活動をしています。

井上和彦の結婚や離婚歴

アニメ「銀魂」の朧の声優・井上和彦の結婚についての経歴を紹介します。4回の結婚・離婚歴があり、最初の結婚は漫画家・いがらしゆみこです。いがらしゆみこは井上和彦が出演したアニメ「キャンディ・キャンディ」の作者です。二人の間に生まれた息子が、漫画家でありダンサー・振付師でもある女装タレントの、いがらし奈波です。いがらしゆみこと離婚した井上和彦は劇団員と再婚しますが、離婚しました。

そして3度目の結婚は、フジテレビの「ひらけ!ポンキッキ」の5代目お姉さんを務めた声優・荒川美奈子です。荒川美奈子と井上和彦は夫婦の時、井上が主人公を演じたアニメ「昭和アホ草紙あかぬけ一番!」(1985年)で共演しました。荒川美奈子と離婚した井上和彦は2001年に4度目の結婚をします。相手は、女優の越智静香ですが2012年に離婚しました。

Thumb銀魂・朧の正体とは?虚との関係と涙の死亡シーンをネタバレ紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の朧・井上和彦の経歴や声優になった理由

井上和彦はプロボウラーを目指していた

井上和彦が声優になるまでの経歴を見ていきます。井上和彦は、1960年代から1970年代にかけて巻き起こったボーリング・ブームの影響でプロボウラーを目指し、高校を卒業した後ボウリング場で働き始めました。しかし、人間不信に陥る様な出来事を経験したことでボウリング場を辞職、自宅にこもる生活となりました。

2ヶ月ほどが経ち、井上和彦の暮らしぶりを心配したアパートの大家さんに「生きてる?」と声を掛けられ、生きていくために再就職を考えました。そして、井上和彦はテレビ局で大道具係として働き始めました。大道具係の仕事を軽く考えていた井上和彦は、かなりきつい仕事内容で驚いたそうです。しかし、精神的ににも肉体的にも衰弱していた井上和彦にとってこの仕事は、強さを身に付けることができたそうです。

井上和彦が声優を志すようになったのは同僚に誘われたから?

井上和彦が声優を目指すことになったきっかけは、ボウリング場の頃の同僚が声優志望で、一緒に学ぼうと誘われたことです。声優になろうとは思っていなかった井上和彦ですが、人づきあいの勉強になると思い、声優養成所「テレビタレントセンター」の東京校を受験しました。合格した井上和彦は、アルバイトをしながら養成所に通うことになりました。

当時、養成所の講師で「サザエさん」の初代・波平役を務めていた故・永井一郎から熱心な指導を受けていたそうです。この出会いによって井上和彦は、永井一郎を師と仰ぐようになりました。永井一郎の誘いもあって、養成所を卒業した井上和彦は永井一郎が所属する「青二プロダクション」に入所しました。

井上和彦はマジンガーZで声優デビュー

声優になってからの井上和彦の経歴を見ていくと、デビュー作品は1973年のアニメ「マジンガーZ」の兵士役です。収録が始まり、自分の出番がやって来ても緊張のため声が出て来ず、あっという間に出番が過ぎてしまったということです。そのため、後から別に収録することになってしまった井上和彦は、声優の難しさを痛感したそうです。

その後、1975年の「UFOロボグレンダイザ―」で初めてレギュラー出演をすることになったのですが、「大変です、UFOが来ました」という一言を上手く言うことができず、たった1回の出演で降板を言い渡されました。悔しさに涙した井上和彦は、このセリフを近所にある土手に通い、毎日練習したということです。

このような苦労を経験した井上和彦が声優として一躍有名になった作品は、アニメ「キャンディ・キャンディ」の丘の上の王子様役とアンソニー役でした。「キャンディ・キャンディ」は1976年に放送され、大人気となったアニメです。その後、井上和彦は落ち着きのある大人のイケメンからコメディ風な演技まで幅広いキャラクターを演じることができるイケメンボイスの声優として、数々の作品に出演することになりました。

Thumbキャンディ・キャンディの漫画最終回のあらすじは?結末や大叔父様の正体ネタバレ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の朧・井上和彦の主な出演作品や演じたキャラ

ここまで「銀魂」の朧を担当している声優・井上和彦の経歴を紹介しました。ここからは、声優・井上和彦の主なアニメ出演作品と、演じたキャラクターを紹介していきます。

夏目友人帳(ニャンコ先生/斑)

井上和彦の主な出演作、緑川ゆき・原作のアニメ「夏目友人帳」は、2008年から2017年にかけてテレビ東京系で放送されました。井上和彦が演じたキャラクターは、ニャンコ先生(斑)です。ニャンコ先生は主人公の夏目貴志の自称・用心棒で、その正体は白い妖獣「斑(まだら)」です。

NARUTO-ナルト-(はたけカカシ)

井上和彦の主な出演作、岸本斉史・原作のアニメ「NARUTO-ナルト-」は、2002年から2007年までテレビ東京系で放送されました。井上和彦が演じたキャラクターは、主人公のナルトが所属する第七班の教官、はたけカカシです。原作漫画が掲載されている「週刊少年ジャンプ」で行われたキャラクター人気投票で、ナルトを超える得票数を獲得し、第1位に輝いた大人気キャラクターです。

ジョジョの奇妙な冒険(カーズ)

井上和彦の主な出演作、荒木飛呂彦・原作のアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」は、2012年から2019年にかけてTOKYO MX他で放送されました。井上和彦が演じたキャラクターは、第2部の「戦闘潮流」で登場した「柱の男」の一人で、知的レベルが最も高い天才・カーズです。

天空戦記シュラト(レイガ)

井上和彦の主な出演作、タツノコプロ製作によるアニメ「天空戦記シュラト」は、1989年から1990年にテレビ東京系で放送されました。井上和彦が演じたキャラクターは、レイガ(迦楼羅王麗牙)です。主人公のシュラト(修羅王)を守る八部衆の一人です。化粧が趣味で美しいもの好き、口調はオネエ言葉のレイガですが、怒ると男口調になります。

美味しんぼ(山岡士郎)

井上和彦の主な出演作、雁屋哲・原作、花咲アキラ・作画による漫画が原作のアニメ「美味しんぼ」は、1988年から1992年まで日本テレビ系で放送されました。井上和彦が演じたキャラクターは、主人公の山岡士郎です。新聞社の記者ですが、芸術家・美食家の海原雄山の息子で、食に関する豊富な知識、優れた能力を駆使し、様々な課題に取り組んでいきます。

タッチ(新田明男)

井上和彦の主な出演作、あだち充・原作のアニメ「タッチ」は、1985年から1987年までフジテレビ系で放送され、毎週視聴率20%以上という大ヒットアニメです。井上和彦が演じたキャラクターは、新田明男です。上杉和也との対戦で挫折したことで真剣に野球に打ち込むことになり、後半は上杉達也の野球と恋のライバルになります。

機動戦士Zガンダム(ジェリド・メサ)

井上和彦の主な出演作、アニメ「機動戦士Zガンダム」は、「機動戦士ガンダム」の続編として1985年から1986年にテレビ朝日系で放送されました。井上和彦が演じたキャラクターは、地球連邦軍「ティターンズ」所属のモビルスーツパイロットのジェリド・メサです。プライドが高く、傲慢な部分もありますが、仲間を想う気持ちの強い人物です。

サイボーグ009(島村ジョー)

井上和彦の主な出演作、石ノ森章太郎・原作のアニメ「サイボーグ009」は、第1作(旧昭和版)が1966年から1968年に放送され、その後、1979年から1980年に放送された第2作を新昭和版と言います。そして第3作の平成版が2001年から2002年まで放送されました。井上和彦が出演したのは新昭和版で、演じたキャラクターは、主人公の009・島村ジョーです。サイボーグに改造された「ゼロゼロナンバー」のリーダーです。

おそ松さん(松野松造〈父さん〉)

井上和彦の主な出演作、赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」の外伝として、大人になった六つ子たちを描いたアニメ「おそ松さん」は、2015年から2018年にかけてテレビ東京系で放送され、2020年10月に第3期が放送予定となっています。井上和彦が演じたキャラクターは、六つ子たちのお父さん、松野松造です。

純情ロマンチカ(宮城庸)

井上和彦の主な出演作、中村春菊・原作のアニメ「純情ロマンチカ」は、2008年から2015年にかけて全国各局で放送されました。井上和彦が演じたキャラクターは、宮城庸です。「純情テロリスト」編の主人公で、離婚歴のある大学教授です。

キャンディ・キャンディ(アンソニー)

井上和彦の主な出演作、水木杏子・原作、いがらしゆみこ・作画による漫画が原作のアニメ「キャンディ・キャンディ」は、1976年から1979年までテレビ朝日系で放送されました。井上和彦が演じたキャラクターは、主人公のキャンディが憧れるアンソニーです。

Thumb夏目友人帳の声優一覧!豪華なキャスト・出演陣を画像付きで紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の朧の声優・井上和彦の俳優やナレーターとしての活動

井上和彦の俳優としての活動

井上和彦の俳優としての活動・経歴を紹介します。2015年公開の映画版「Messiah メサイア-深紅ノ章-」堤貴也役で出演しました。舞台では、2010年と2012年のミュージカル「タップ・ジゴロ」、2013年「でも未来には君がいる」、2014年舞台版「Messiah-白銀の章-」、2015年「女中たち」、2017年と2018年『神楽坂怪奇譚「棲」』の泉鏡花役で出演しました。

井上和彦のナレーターとしての活動

井上和彦がナレーターとしての活動・経歴を紹介します。「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ)では2008年まで担当、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(日本テレビ)の全20回の内の第5、7、9回を担当、2008年に放送された「理由ある太郎」(フジテレビ)のナレーターを担当しました。

井上和彦の音響監督としての活動

井上和彦が音響監督を務めたアニメ作品を紹介します。2000年にTOKYO MX他で放送された、石ノ森章太郎・原作のアニメ「人造人間キカイダー THE ANIMATION」、主人公・ジローの役は関智一、ヒロイン・ミツ子の役は堀江由衣が演じました。2001年のキッズステーション製作のアニメ「SAMURAI GIRL リアルバウトハイスクール」、主要キャラクターである草彅静馬の役は関智一が演じました。

2002年にテレビ東京系で放送されたアニメ「スパイラル-推理の絆-」では、井上和彦は音響(アフレコ)監督を務めました。声優は、鈴村健一が主人公の鳴海歩を演じ、声優としても出演した井上和彦は主人公の兄・鳴海清隆を演じました。

2005年にテレビ東京系で放送された福地翼・原作のアニメ「うえきの法則」でも、井上和彦は音響(アフレコ)監督を務めました。声優は、朴璐美が主人公の植木耕助を演じ、他にも山口勝平、石田彰などが出演しました。このように、井上和彦が音響監督(アフレコ監督)を務めたアニメ作品には、人気・実力ともに兼ね備えた声優が多数出演しています。

Thumb【ナルト】はたけカカシの最強と言われる実力・能力を考察!人気の理由や素顔は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の朧の声優に関する感想や評価

「銀魂」の朧の声優・井上和彦さんは、数多くのアニメ作品に出演してきました。その中で、井上和彦さんの声によって好きになったキャラクターがたくさんあり、男性声優の中で一番好きだという感想です。

アニメ「銀魂」の朧の声が、声優の井上和彦さんだと知り、「銀魂」の朧のことを改めて好きになったという感想です。

「銀魂」の朧の声優・井上和彦さんはイケメンボイスと言われていますが、「銀魂」以外にも「ジョジョの奇妙な冒険」のカーズ役など、渋さとかっこよさを兼ね備えた声で、好きだという感想です。

「銀魂」の朧の声優・井上和彦さんは数多くのアニメ作品に出演しています。井上和彦さんが好きで、井上さんが声を担当したキャラクター自体も好きになっていくという感想です。

Thumb美味しんぼの山岡と海原雄山が和解したシーンを紹介!理由やきっかけとは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の朧の声優まとめ

いかがでしたか?アニメ「銀魂」の朧の声優・井上和彦の、声優としての経歴と出演した主なアニメ作品を紹介しました。また、声優以外の経歴・出演作品を紹介しました。声優・井上和彦は落ち着きのある二枚目という役柄から、コミカルな役柄まで幅広い役を演じていました。そんな井上和彦が演じるキャラクターが好きになるという感想もありました。これからも、イケメンボイス・井上和彦の活動に注目していきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ