【銀魂】神威の声優は日野聡!演じたキャラ・出演アニメや釘宮理恵との関係は?

『銀魂』に登場する人気キャラクターの1人・神威。彼は宇宙最強戦闘民族「夜兎」であり、メインキャラクターの1人・神楽の兄です。アニメ『銀魂』で神威を演じたのは、声優の日野聡でした。日野聡は大人気アニメ『ナルト』など、様々なビッグタイトルに出演している実力派声優です。ここでは、そんな声優・日野聡について紹介。日野聡が演じたキャラや出演作品、声優・釘宮理恵との関係などについて見ていきます。

【銀魂】神威の声優は日野聡!演じたキャラ・出演アニメや釘宮理恵との関係は?のイメージ

目次

  1. 銀魂の神威とは?
  2. 銀魂の神威の声優は日野聡
  3. 銀魂の神威の声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラ
  4. 銀魂の神威の声優・日野聡と釘宮理恵との関係や音楽
  5. 銀魂の神威の声優・日野聡の結婚
  6. 銀魂の神威の声優に関する感想や評価
  7. 銀魂の神威の声優まとめ

銀魂の神威とは?

神威は『銀魂』に登場するキャラクターの1人で、『銀魂』のヒロイン・神楽の兄です。彼の声を担当したのは、声優の日野聡。ここでは、神威とその声優・日野聡について見ていきます。『銀魂』や『ナルト』など様々な有名作品に出演している日野聡ですが、他にはどんな出演作があり、どんなキャラクターを演じているのでしょうか?早速チェックしていく前に、まずは銀魂の基本情報を押さえておきましょう。

銀魂の作品情報

銀魂の概要

『銀魂』は2004年から『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された日本の少年漫画作品。作者は空知英秋です。2019年まで連載され、全704話、単行本77巻で完結しました。人間と宇宙人が共存している江戸の町を舞台に何でもありの展開が繰り広げられる「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」で、抱腹絶倒のギャグ要素と読者を泣かせるシリアス要素が人気を博し、『週刊少年ジャンプ』を代表する人気作品の1つとなりました。

2006年4月に初めてテレビアニメ化。アニメ化以外にも劇場アニメ化、実写映画化、ゲーム化、ノベライズ化など、様々なメディアミックスが展開されています。原作が終了したあとも、その人気が衰える気配はありません。

銀魂のあらすじ

江戸時代末期、地球は「天人」と呼ばれる宇宙人の襲来を受けました。侍たちは天人たちを排そうと立ち上がり、長きに渡る戦争「攘夷戦争」が勃発。しかし天人たちの強大な力を前に弱腰になった江戸幕府は、天人たちの侵略を受け入れ開国してしまいます。侍の国は、天人たちが我が物顔で闊歩する国になってしまい、廃刀令によって侍たちの力は奪われていきました。

そんな環境にあって、未だに侍魂を失わない男が1人いました。その名は、坂田銀時。一見無気力でだらしなく見える銀時ですが、彼はやる時はやる男。万事屋銀ちゃんを経営している銀時は従業員の志村新八、神楽、ペットの定春と共に、江戸の町で起こる様々な事件に首を突っ込み、解決していきます。

神威のプロフィール

神威は『銀魂』に登場するキャラクターの1人で、『銀魂』のヒロイン・神楽の実兄。誕生日は6月1日で、年齢は18歳です。身長は170センチで、体重は55キロ。戦いを好む宇宙最強最悪の戦闘民族・夜兎族の青年で、狂気じみた強さが特徴的です。父は宇宙最強の掃除屋・星海坊主(神晃)。幼い頃、宇宙最強と名高い父を越えようと既に廃れていた夜兎族の風習「親殺し」を実行。

父から左腕を奪うことには成功したものの、命までは奪えず返り討ちに遭いました。親殺し失敗後はそのまま家を出ていき、宇宙海賊春雨の仲間になります。春雨の中で幹部に昇格。春雨最強部隊・第七師団の団長を務めるまでになりました。外見は笑顔を絶やさない中性的な顔立ちの美青年ですが、性格は残忍で凶暴。戦うことを好む夜兎族の本能に従って生きており、戦いだけを生きがいとしています。

『銀魂』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

銀魂の神威の声優は日野聡

日野聡のプロフィール

アニメ『銀魂』で神威の声を担当したのは、声優の日野聡です。1978年8月4日生まれで、血液型はAB型。アメリカ合衆国・サンフランシスコ出身で、所属事務所はアクセルワンです。10歳の頃から児童劇団に所属しており、当初は舞台俳優を目指していたという日野聡。

しかし『ER緊急救命室』の吹き替えを経験したことがきっかけで、声優として活動するようになります。最初のうちは吹き替えを中心に活躍していましたが、やがてアニメ作品にも参加するようになり『ナルト』や『ハイキュー!!』などの有名作品にも出演しています。

日野聡は英語が堪能?

声優・日野聡は、アメリカ合衆国・サンフランシスコ出身。両親がアメリカで出逢ったため、アメリカで生まれたそうです。5歳のときまでアメリカで暮らし、その後日本で生活するようになりました。アメリカでの生活は5歳までと短かったため、現在ではほとんど英語は話せない模様。帰国子女だから英語が堪能だろうと思われ「英語を話して」と言われることが嫌いらしく、余計に英語を話すことはなくなったようです。

Thumb【銀魂】夜兎族は最強の戦闘種族!神楽・神威・星海坊主など主要キャラ一覧 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の神威の声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラ

バクマン。(高木秋人)

『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラその1は『バクマン。』(高木秋人)です。『バクマン。』は漫画家を題材とした作品。中学3年生の真城最高は、将来に夢も希望もなく、ただ漠然とした日々を過ごしていました。

真城は高い画力を持っており、その画力に目をつけたクラスメイトの高木秋人に、一緒に漫画家にならないかと誘われます。最初は誘いを断っていた真城ですが、声優を目指している片想いの少女・亜豆美保と「真城が描いた漫画がアニメ化されたら結婚する。それまでは互いに直接会わない」という約束を交わしたことで、漫画家デビューを目指すことになります。

この出演作品で日野聡は、主人公の1人である高木秋人を演じました。高木秋人は初登場時14歳。学年トップの成績を誇る優秀な生徒でしたが、漫画家になりたいという夢を持っていたため、もう1人の主人公である真城最高を誘って漫画家への道を歩み始めました。

後に、亜城木夢叶というペンネームで真城と共に漫画家デビュー。原作を担当しています。背が高く、茶髪と黒縁メガネが特徴的。よく着ている服はジャージで、音楽好きなためヘッドホンを身に着けていることが多いです。

弱虫ペダル(新開隼人)

『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラその2は『弱虫ペダル』(新開隼人)です。『弱虫ペダル』は、自転車競技(ロードレース)を題材にした作品。小野田坂道はアニメやゲームをこよなく愛するオタク少年。

彼は小学生の頃から遠く離れた秋葉原に自転車で通っており、そのため自転車に関して相当なポテンシャルを秘めていました。坂道は中学時代、自転車競技で活躍していた同級生の今泉俊輔、鳴子章吉と友人になり、彼らと共に総北高校自転車競技部に入部することになります。

この出演作品で日野聡は、総北高校自転車競技部のライバルである、箱根学園自転車競技部所属の新開隼人を演じました。新開隼人は、箱根学園のエーススプリンター。普段は人当たりがよく飄々とした雰囲気の好青年ですが、レースになると猛獣のような獰猛さを漲らせます。

鬼気迫るその様子からついた異名は「箱根の直線鬼」。青いメッシュが入った赤髪とタレ目が特徴的です。箱根学園自転車競技部主将である福富寿一とは、中学時代からの同級生。福富の代わりに部員たちに支持を出す参謀役をこなすこともあります。

ハイキュー!! (澤村大地)

『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラその3は『ハイキュー!!』(澤村大地)です。『ハイキュー!!』は、高校生のバレーボールを題材とした作品。春高バレーで活躍する宮城県代表・烏野高校のエース「小さな巨人」に憧れた少年・日向翔陽。

バレーボールを始めた彼は中学最初で最後の公式戦、天才セッター・影山飛雄擁する北川第一中学に惨敗。影山へのリベンジを誓い、憧れの烏野高校に入学します。しかし烏野高校には、宿敵・影山の姿もありました。影山も日向と同じく烏野高校に入学していたのです。敵だった2人はチームメイトとなり、共に春高バレーを目指して切磋琢磨していきます。

この出演作品で日野聡は、烏野高校排球部に所属する3年生・澤村大地を演じました。澤村大地は烏野高校排球部の主将。懐が深く温和な性格で、常にどっしりと構えて部員たちを支える、頼りになる主将です。

かつては春高バレーに出場するほど強かった烏野高校ですが、澤村が入学した頃には春高から遠ざかっており「堕ちた強豪、飛べないカラス」と揶揄されていました。澤村は不名誉な烏野高校への評価を春高出場を果たすことで払拭したいと考えており、人一倍春高への強い想いを抱えています。基本的には優しいですが、怒ると怖いキャラクターです。

NARUTO-ナルト- 疾風伝(サイ)

『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラその4は『NARUTO-ナルト- 疾風伝』(サイ)です。『NARUTO-ナルト- 疾風伝』は『NARUTO-ナルト-』の続編。忍たちの戦いを描いた作品です。木ノ葉隠れの里で暮らす落ちこぼれ忍者・うずまきナルト。ナルトは身体に九尾の妖狐を封印されており、里の者たちから忌み嫌われていました。

ナルトは里の者たちに自分を認めてもらうため、里長である「火影」を目指し、仲間たちと数々の戦いを乗り越え、忍として成長していきます。『NARUTO-ナルト-』の最終回で師匠・自来也と共に修行に出たナルト。『NARUTO-ナルト- 疾風伝』は2年半の修行を終えたナルトが木ノ葉隠れの里に帰ってきたところから始まります。

この出演作品で日野聡は、木ノ葉隠れの忍の1人であるサイを演じました。サイは木ノ葉隠れの里の暗部養成機関「根」に所属していた忍。うずまきナルト、春野サクラと共に第七班に所属していた忍・うちはサスケが里を抜けてしまったため、サスケの代わりに第七班に配属されました。元々はサスケを探しているナルトたちと行動を共にし、サスケを見つけ次第殺害するよう命じられていたサイ。

しかしナルトたちと接していくことで絆が生まれ、任務を放棄してナルトたちと共にサスケを里へ連れ戻すことを目的とするようになります。根では感情を殺すよう教育されてきたため、他人とのコミュニケーションは苦手。笑顔で他人の癇に障ることを言い、よく怒られています。

斉木楠雄のΨ難(灰呂杵志)

『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラその5は『斉木楠雄のΨ難』(灰呂杵志)です。『斉木楠雄のΨ難』は、超能力者の少年を主人公としたギャグ作品。主人公の斉木楠雄は生まれつき超能力が使える男子高校生。

彼は自分が超能力者であることを周囲に知られないよう、極力目立たないように生活していました。そんな斉木でしたが、クラスメイトの燃堂力を助けたことがきっかけで彼と友人になり、徐々に周囲に人が集まってくるようになります。

この出演作品で日野聡は、斉木楠雄のクラスメイトである灰呂杵志を演じました。灰呂杵志は、斉木たちのクラスの学級委員長。太い眉と赤い短髪、筋骨隆々とした体格という男らしいキャラクターです。いつも制服の袖を捲くり上げており、鼻の上に貼った絆創膏がトレードマーク。

外見から察することができるようにスポーツ少年で、テニス部に所属しており、行きつけのジムもあります。見た目通りの熱い性格で、斉木のような変わり者にも分け隔てなく接する人物。実直な性格から大勢の生徒に慕われています。

八犬伝―東方八犬異聞―(犬川荘介)

『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラその6は『八犬伝―東方八犬異聞―』(犬川荘介)です。『八犬伝―東方八犬異聞―』は、曲亭馬琴(滝沢馬琴)の読本『南総里見八犬伝』をモチーフにした作品。突如出現した謎の疫病が広まるのを防ぐため、焼き尽くされた大塚村。

大塚村の生き残りである犬塚信乃、犬川荘助、浜路の3人は村外れの教会で暮らしていました。村が焼かれた事件以来、特殊能力に目覚めていた信乃と荘助。その噂を聞きつけた帝国教会本部の人間が彼らの前に現れ、浜路が拐われてしまいます。信乃と荘助は浜路を救うべく、教会本部に向けて旅立つのでした。

この出演作品で日野聡は、主人公の1人である犬川荘助を演じました。犬川荘助は5年前の大塚村消失事件の生き残り。事件の際に一緒に死んだ犬・四白と命を分かち合うことで生きており、そのため四白の姿に変身することができます。

元々は大塚村の外の人間で、幼い頃母親と共に行き倒れていたところを村に救われました。その後、母親が亡くなったため犬塚家に引き取られ、信乃のお目付け役兼保護者として生きてきました。信乃のことを非常に大切に思っており、信乃のためなら殺人も厭わないという過激な一面を持っています。

ゼロの使い魔(平賀才人)

『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラその7は『ゼロの使い魔』(平賀才人)です。『ゼロの使い魔』は魔法が存在する世界を描いた異世界ファンタジー作品。男子高校生・平賀才人は、ある日突然、異世界ハルケギニアに召喚されてしまいました。

才人を召喚したのは魔法学院の生徒、ルイズ・フランソワーズ・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。才人はルイズの使い魔として喚び出されたのです。彼女は魔法学院に通いながら魔法の才能がなく「ゼロのルイズ」と呼ばれていました。ルイズと才人は衝突しながらも様々な試練を乗り越え、徐々にその距離を縮めていきます。

この出演作品で日野聡は、主人公の1人である平賀才人を演じました。平賀才人はルイズの使い魔として異世界に召喚された男子高校生。人間が使い魔として召喚されることは前代未聞であり、当初は召喚したルイズが馬鹿にされていましたが、実は「武器であればどんな物でも自由自在に扱える」という伝説の使い魔「ガンダールヴ」の能力の保持者です。

その能力を使って、言葉を話す魔剣を愛用の武器としています。性格はお調子者で楽天主義。女性の色香に弱く、巨乳好きです。当初はルイズと険悪な関係でしたが、共に過ごすうちに惹かれ合うようになりました。

オーバーロード(モモンガ/アインズ・ウール・ゴウン)

『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラその8は『オーバーロード』(モモンガ/アインズ・ウール・ゴウン)です。『オーバーロード』は、RPGの「魔王」に相当する敵キャラクターを主人公とした、アンチヒーロー的作品。主人公は冴えないサラリーマン。彼はモモンガというハンドルネームで、VRMMORPG「ユグドラシル」を楽しんでいました。

しかしユグドラシルのサービス終了が決定。モモンガはサービスが終了し強制ログアウトとなるその瞬間までゲームの思い出に浸りながらユグドラシル内にいたのですが、サービス終了の瞬間、ゲームのアバターのまま異世界に転移してしまいます。そこはユグドラシルの法則が通用する世界でした。

この出演作品で日野聡は、主人公のモモンガ/アインズ・ウール・ゴウンを演じています。モモンガ/アインズ・ウール・ゴウンは、ユグドラシルそっくりの異世界に転移してしまった元冴えないサラリーマン。本名は鈴木悟で、ゲーム内での名前はモモンガでした。ゲーム時に作ったアバターはアンデッド種族の最高峰「オーバーロード」で、そのままの姿で異世界に転移した結果、周囲から「魔王」や「超越者」として敬われることに。

天涯孤独らしく、元の世界に戻ろうとはあまり考えていません。異世界に転移後はゲーム内で結成していたギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の名を自身の名としました。これは、ユグドラシルのユーザーが自分と同じようにこの世界に転移してきた場合のことを考えてと、かつてゲーム内で共に過ごしたメンバー全員を背負うという意味があってのことです。

灼眼のシャナ(坂井悠二)

『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の主な出演作品やアニメキャラその9は『灼眼のシャナ』(坂井悠二)です。『灼眼のシャナ』は、異世界の住人と異能力者たちの戦いを描いたアクションファンタジー作品。

平凡な毎日を過ごしていた男子高校生・坂井悠二は、ある日怪物に遭遇し、突然非日常に巻き込まれます。そんな彼の前に現れた名も無き1人の少女。彼女は人を喰らう異世界人を討伐する元人間の異能力者「フレイムヘイズ」の1人でした。彼女は訳あって異世界人から狙われるようになった悠二を守るべく、彼と行動を共にすることになります。

この出演作品で日野聡は、主人公の1人である坂井悠二を演じました。坂井悠二は平凡な高校生と思われていましたが、実は異世界人「紅世の徒」によって存在の力を喰われ既に死亡している存在。存在の力の残滓で生きた人間に偽装されている「トーチ」と呼ばれる存在です。

彼はトーチの中でも内部に「宝具」を宿す特別な存在で、そのことから紅世の徒とフレイムヘイズの戦いに巻き込まれていくことになります。感情ではなく何事も理屈で考える性格。他者からは要領が良いようでどこか抜けていると評されています。

Thumb【銀魂】神威はかっこいい神楽の兄!最強の夜兎族少年の魅力とアニメ声優も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の神威の声優・日野聡と釘宮理恵との関係や音楽

日野聡と釘宮理恵の関係

日野聡と釘宮理恵は、『灼眼のシャナ』や『ゼロの使い魔』などで共に主役を務めるなど、何かと共演が多い2人です。作品内でカップル役を演じることが多々あったからか非常に仲が良く、ラジオやインタビューなどで「イチャついている」と取られる会話を何度も展開した結果「付き合っているのではないか?」「もう結婚しろ」という声が上がるようになりました。

仲が良かったのは事実ですが、付き合っているというのは根も葉もない噂話。しかし有名作品でカップル役を担当したイメージが強いため、コンビとして扱われることは今でもよくあるようです。ちなみに『銀魂』では、釘宮理恵はヒロインの神楽を演じており、日野聡演じる神威とは兄妹という関係です。

日野聡の音楽ユニット

日野聡は、声優の立花慎之介と2人で「ELEKITER ROUND 0」という音楽ユニットを結成していました。ユニットは2010年に結成され、残念ながら2020年に解散しています。元々2人はラジオのパーソナリティとしてコンビを組んでおり、番組のテーマ曲を制作することがきっかけで、このユニットが誕生しました。

2012年8月には、ユニット初となるワンマンライブを開催。2020年3月にラストライブを公演する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で中止となり、そのまま解散となりました。また1978年生まれの男性声優7人で結成された「DABA」というユニットとしても活動しており、ユニットメンバーは日野聡、立花慎之介、小野大輔、間島淳司、近藤孝行、菅沼久義、福山潤となっています。

Thumb神楽は銀魂の可愛いヒロイン!実は子供がいる?声優や2年後の姿も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の神威の声優・日野聡の結婚

日野聡の結婚相手は中島早貴

2015年1月、日野聡はブログにて声優・ナレーターの中島早貴と結婚したことを明らかにしました。中島早貴は1978年9月1日生まれ、血液型はO型。埼玉県出身で、所属事務所は東京俳優生活協同組合です。主な出演作品は『東京ミュウミュウ』(桃宮いちご/ミュウイチゴ)、『デュエル・マスターズ』(黄昏ミミ)、『ハヤテのごとく!』(貴嶋サキ)などです。

日野聡と中島早貴は「ハヤテのごとく!」で共演

日野聡と中島早貴は、『ハヤテのごとく!』で共演していたことで知られています。先述の通り、中島早貴は『ハヤテのごとく!』で貴嶋サキを筆頭とした複数のキャラクターを演じており、日野聡も薫京ノ介、南野宗谷など複数のキャラクターを演じました。

Thumb銀魂の声優一覧まとめ!杉田智和など豪華すぎるキャストの顔画像 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の神威の声優に関する感想や評価

日野聡はキャラクターに合わせて様々な声が出せる実力派声優です。日野聡の声優としての演技力の凄さに感心しているファンは多いです。日野聡の出演作をいくつか見て、声の違いをチェックしてみてください。

日野聡は演技だけでなく、歌も上手いと評判です。キャラソンやユニットソングなど、日野聡は様々なところで歌を披露していますので、興味がある人は探してチェックしてみてください。

日野聡の演技力を高く評価するコメントです。日野聡はその演技力で様々なキャラクターを見事に演じてきました。彼の演技力のおかげで、キャラクターがより魅力的になっています。

Thumb銀魂の海坊主は宇宙最強?神威との確執や過去などネタバレまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

銀魂の神威の声優まとめ

アニメ『銀魂』で神威の声を担当した声優・日野聡の出演作や演じたキャラクターについて紹介してきました。日野聡は様々なタイプのキャラクターを演じることができる実力派声優です。興味のある人は日野聡の出演作をチェックして、彼がそれぞれでどのような演技をしているのか確認してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ