【BLEACH】砕蜂の声優は二人いる?初代川上とも子の後を引き継いだのは誰?

大人気漫画・アニメ『BLEACH(ブリーチ)』に登場する砕蜂の声優が2人いる理由や変わった理由に関してまとめていきます。砕蜂の初代声優の川上とも子さんから変わった2代目声優は桑島法子さんでした。今回のまとめでは、お2人の声優のプロフィールや出演作に加え、砕蜂の斬魄刀の能力や魅力についてもまとめていますので、『BLEACH(ブリーチ)』が気になった方や声優の川上とも子さんや初代から変わった2代目声優桑島法子さんが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

【BLEACH】砕蜂の声優は二人いる?初代川上とも子の後を引き継いだのは誰?のイメージ

目次

  1. 砕蜂とは?
  2. 砕蜂の声優は二人いる?変わった?初代川上とも子とは?
  3. 砕蜂の声優は二人?初代川上とも子の後を引き継いだのは?
  4. 砕蜂の卍解や斬魄刀
  5. 砕蜂のかわいい魅力
  6. 砕蜂の声優に関する感想や評価
  7. 砕蜂の声優まとめ

砕蜂とは?

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

今回のまとめでは、大人気漫画・アニメ『BLEACH(ブリーチ)』に登場するキャラクター・砕蜂(ソイフォン)」の声優の川上とも子さんや桑島法子さんについてまとめていきます。砕蜂の声優は途中で変わったことでも知られており、その理由についてもまとめています。まとめでは、声優が変わった理由のほか砕蜂の魅力についても紹介していきます。その前に、『BLEACH(ブリーチ)』の概要やあらすじを見ていきましょう。

BLEACH(ブリーチ)の概要

大人気漫画・アニメ『BLEACH(ブリーチ)』は、2001年から2016年にかけて『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた久保帯人さんが描くアクション・バトルファンタジー漫画です。コミックは全74巻が刊行されました。また、2004年から2012年にはテレビアニメが全366話で放送されました。『BLEACH(ブリーチ)』は漫画やアニメの化の他、様々なメディアミックスがされたことでも知られており、実写映画化もされました。

実写映画化は2018年に俳優の福士蒼汰さん主演で劇場公開がされています。また、2006年から2010年には4作に渡り劇場版も公開されました。日本以外にも『BLEACH(ブリーチ)』ファンは大勢おり、国内外問わず人気作であることが窺えるでしょう。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

主人公の黒崎一護は普通の高校生として暮らしていましたが、霊感が強く、普通の人とは違う体質をしていました。ある日、一護は朽木ルキアという悪霊払いの死神と出会い、ひょんなことから一護も死神払いとなることになってしまったのです。『BLEACH(ブリーチ)』は、そんな普通の高校生だった一護が死神となり、非日常に巻き込まれていってしまうというファンタジー要素やバトルが満載のストーリーになっています。

砕蜂のプロフィール

今回紹介する砕蜂(ソイフォン)は死神で、「護廷十三隊」の二番隊に所属し隊長を務めている人物です。他にも隠密機動総司令官及び同第一分隊「刑軍」の軍団長をしています。肩書が多いキャラクターとして知られています。誕生日は2月11日、身長は150cm、体重は38kgです。背が小さいことから幼く見られることもありますが中身は非常に大人びており、冷静沈着で覚めた性格をしています。

砕蜂は背中が開いている隊服に袖のない特徴的な羽織を纏っています。幼少の頃は「蜂 梢綾(フォン シャオリン)」という幼名がありましたが、四楓院夜一に隠密機動へ誘われ名前を祖母の通名だった「砕蜂」にしました。実家である蜂家は、下級貴族として代々裏社会の後始末を担う家業であり、砕蜂も幼少の頃から鍛えられてきたお陰で夜一に買われることとなったのです。夜一とは途中確執もありましたが最終的には敬愛しています。

また、夜一に対する敬愛具合が一部のファンの間で人気があります。小柄ながらも俊敏で戦闘能力は非常に高く戦闘では重宝される人物として描かれました。

BLEACH 20th ANNIVERSARY PROJECT

砕蜂の声優は二人いる?変わった?初代川上とも子とは?

川上とも子のプロフィール

続いては、砕蜂の声優が2人いる理由や初代声優を担当していた川上とも子さんについて見ていきましょう。砕蜂の声優を最初に担当していたのは、声優として活躍していた川上とも子さんです。川上とも子さんは1970年4月25日生まれの東京都出身、ぷろだくしょんバオバブに所属していました。1994年に声優デビューしてからは様々な作品に参加する人気声優として活動していましたが、2008年に病気療養を発表する事になります。

その後も療養と休養をしながら声優として作品に参加をしていましたが、2011年6月9日に41歳の若さで逝去したことが伝えられました。川上とも子さんが亡くなった当時は『BLEACH(ブリーチ)』がまだ放送されていました。代役が立てられたのは病気療養を発表したときで、第206話から川上とも子さんから代役の声優の方が引き継ぐことになったのです。代役の声優の方については次章で紹介していきましょう。

川上とも子の主な出演作品

川上とも子さんの主な出演作は、テレビアニメ『学校の怪談』宮ノ下さつき、『ヒカルの碁』進藤ヒカル、『探偵学園Q』鳴沢数馬、『ケロロ軍曹』日向冬樹、『せんせいのお時間』小林あかね、『ARIA The ANIMATION』アテナ・グローリィ、『うえきの法則』森あい、『AIR』神尾観鈴、『CLANNAD -クラナド-』幻想世界の少女、『DARKER THAN BLACK -黒の契約者-』アンバーなどがあります。

Thumb【ブリーチ 】アランカル編の登場キャラクターを紹介!アニメの見所や主題歌も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

砕蜂の声優は二人?初代川上とも子の後を引き継いだのは?

桑島法子のプロフィール

続いては、砕蜂の2代目声優を担当した桑島法子(くわしまほうこ)さんについて見ていきましょう。川上とも子さんからは『BLEACH(ブリーチ)』の第206話から引継ぎ、以降は桑島法子さんが砕蜂の声優となりました。桑島法子さんは1975年12月12日生まれの岩手県出身、青二プロダクションに所属しています。桑島法子さんは1995年に放送された『美少女戦士セーラームーンSS』にて声優としてデビューをしました。

そして、桑島法子さんは1996年には歌手としてデビューをしシングル曲が3枚、オリジナルアルバムが1枚、企画ベストアルバムが5枚ほど発売されました。声優デビューをしてからは様々な作品に出演する実力派声優として知られています。声優業とは別に、幼少の頃から親しみのあった宮沢賢治に関する活動をしており、「第19回宮沢賢治賞・イーハトーブ賞」ではイーハトーブ賞奨励賞を受賞しています。

桑島法子の主な出演作品

桑島法子さんの主な出演作は、テレビアニメ『犬夜叉』珊瑚、『機動戦士ガンダムSEED』ナタル・バジルール、フレイ・アルスター、『十二国記』祥瓊、『探偵学園Q』美南恵、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ステラ・ルーシェ、『彩雲国物語』紅秀麗、『CLANNAD-クラナド-』坂上智代、『マクロスF』松浦ナナセ、『薄桜鬼』雪村千鶴、『いなり、こんこん、恋いろは。』宇迦之御魂神などがあります。

因みに、桑島法子さんが川上とも子さんから引き継いだ代役は、『BLEACH(ブリーチ)』のほか、テレビアニメ『ケロロ軍曹』の日向冬樹及び冬吉がありました。

Thumb【ブリーチ】 毒ヶ峰リルカはかわいいツインテール少女!技・強さや声優は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

砕蜂の卍解や斬魄刀

砕蜂の斬魄刀

続いては、砕蜂の卍解(ばんかい)や斬魄刀(ざんぱくとう)について見ていきましょう。まず、斬魄刀とは一体何のことでしょうか?『BLEACH(ブリーチ)』を知らない方にも分かるように説明していきます。斬魄刀とは、死神が持っている刀のことです。「虚(ホロウ)」と呼ばれる悪霊を斬るための刀で、斬る以外にも斬られた「虚」を浄化する能力を持ち、悪霊ではない「整」と呼ばれる普通の霊も成仏させることが可能です。

斬魄刀は所持するものの魂によって形態や能力が変わり、また、斬魄刀は意志を持っているのです。斬魄刀には第一形態となる「始解(しかい)」と呼ばれる形態があります。この始解では斬魄刀の”仮の名前”を呼ぶ事によって第一形態として発動するのです。砕蜂の始解は「雀蜂」になります。雀蜂はその名の通り虫の蜂の針の形をしており奇抜なアクセサリーのようにも見えます。

雀蜂は右手の中指に装着して使います。また、雀蜂は能力によって形が変化していくという斬魄刀になります。この始解を発動させるには次に紹介する解号が必要になってくるのです。

砕蜂の斬魄刀の解号

では、砕蜂の斬魄刀の解号について見ていきましょう。解号は、斬魄刀を持っている者がキーワードや名前を呼び、それによって斬魄刀の形態を変えていくという能力解放の名前になります。砕蜂の解号は「尽敵螫殺(じんてきしゃくせつ)『雀蜂』」です。「尽敵螫殺『雀蜂』」は、攻撃されると一撃された場所に「蜂紋華(ほうもんか)」という”死の刻印”が刻まれるという特徴を持ちます。

この死の刻印が刻まれてしまうと、再度同じ場所に攻撃されてしまったら一貫の終わりです。必殺「弐撃決殺(にげきけっさつ)」で命を落とすことになっていまいます。この攻撃は臓器を狙うもので、「尽敵螫殺『雀蜂』」で2度攻撃されてしまったら対象者は消滅していってしまうという悲しい結末が待っています。ただ、この能力は対象が死神であれば必ず死に至らしめることができない場合もありました。

砕蜂の斬魄刀の卍解

続いては、砕蜂の斬魄刀の卍解について見ていきましょう。その前に、卍解について説明していきます。まず、卍解とは斬魄刀の二段階目の形態変更・能力解放となる能力のことをいいます。おさらいすると、第一段階が始解、第二段階が卍解となります。ではこの卍解とは一体どんな能力なのでしょうか?卍解とは、死神の中でも上級の者だけが習得できるもので、死神の奥義とも言われています。

護廷十三隊の中でもこの卍解が使えるのは極僅かで、副官以上の者でなければ使用できません。また、ほとんどの死神が第一段階までしか出せない能力となります。そのほか、卍解は形態が大幅に変わるという特徴もあるのです。砕蜂の卍解は「雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)」と呼ばれるものになります。では、「雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)」とは一体どんな能力を解放するのでしょうか?

砕蜂の斬魄刀の卍解「雀蜂雷公鞭」の能力

砕蜂の斬魄刀の卍解「雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)」の能力を説明する前に、そのフォルムについて見ていきましょう。「雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)」は、始解では右手の中指に着いているアクセサリー程度の大きさでしたが、二段階目の形態である卍解になると、蜂のお腹のような砲台に変化し針のようなものをまるでミサイルかのように放つという攻撃方法に変わるのです。砲台には照準器も付属しています。

針からミサイルに変わった「雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)」は、破壊力抜群で辺りを壊滅してしまうほどの威力を持っています。第一段階の始解は対象者の臓器を狙った暗殺タイプであったのに対し、第二段階の卍解では暗殺向きではなく周囲を壊滅に追い込むタイプの能力と変わったのです。また、砕蜂はこの卍解を使うのにはかなりの体力を消耗をしたり、暗殺向きではないことからあまり好きではないといいます。

砕蜂の「瞬閧」

砕蜂はこれらの攻撃以外にも「瞬閧(しゅんこう)」という術を使います。この瞬閧とは、素手で戦う体術「白打」と詠唱を使った呪術「鬼道」を併せた技で、独学で自ら習得した技になります。また、この瞬閧は砕蜂のほかに夜一が使用しました。この技は背中を使って鬼道を圧縮して纏い、手と足にその鬼道を集めて一気に攻撃を放つという者になります。

砕蜂や隠密機動隊の者たちの隊服の背中が開いているのは、この瞬閧を使うことを想定したもので、攻撃する際に布が破れることなど煩わしい動きをなくすためでした。因みに、瞬閧を使う際に詠唱が用いられますが、砕蜂の唱えた詠唱は不明となっています。

砕蜂の移動速度

砕蜂は瞬閧を習得すると同時に防御力も高めました。そして、瞬閧を習得したことによって、『BLEACH(ブリーチ)』内でも移動速度が群を抜いて速くなったのです。砕蜂は独学で技を習得したり、移動速度が速くなったりと人一倍努力家であることが窺えます。では、そんな努力家で戦闘ばかりの彼女のかわいい魅力について見ていきましょう。

Thumb【ブリーチ】無月は黒崎一護の最強の必殺技!強さやフィギュア情報も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

砕蜂のかわいい魅力

かわいい魅力①セクシー

砕蜂のかわいい魅力その1は、セクシーであることです。砕蜂は「セクシー隠密機動総司令官」と呼ばれているのです。なぜセクシーなのかと言いますと、『BLEACH(ブリーチ)』の中でも露出度が非常に高いことからセクシーな格好の女の子としての認知度があるからです。また、普段は非常にクールで愛想がないことも関係してセクシーだと言われています。態度と服装のギャップにセクシーさを感じる方もいるのではないでしょうか?

かわいい魅力②衣装も人気

続いての砕蜂のかわいい魅力は衣装にありました。先ほど格好がセクシーだと紹介しましたが、そのセクシーな衣装には理由があったのです。技で説明した「瞬閧(しゅんこう)」では、背中を大きく使うことで背中の布が邪魔になってきます。そういった戦闘時の理由から背中が大きく開いたセクシーな隊服となっているのですが、このかわいい衣装も読者やコスプレイヤーの方からは非常に人気があります。

砕蜂のセクシーな隊服はネットなどでも売られていますので、気になった方や欲しい方はぜひ「砕蜂 隊服」などの検索ワードで探してみてください。

かわいい魅力③サディスティックな表情

続いての砕蜂のかわいい魅力はサディスティックな表情です。砕蜂はクールで冷めた性格をしているのは既に紹介しましたが、それ以外にもサディスティックな表情をすることでも一部で話題になりました。砕蜂は真面目で仕事熱心なため、任務に当たりスムーズに遂行できることが第一優先にあります。そのため、どうしても難なく任務を終えたい砕蜂は無意識のうちにサディスティックな表情になってしまうのです。

かわいい魅力④セリフ

続いての砕蜂のかわいい魅力はセリフにも表れています。特に読者の間で人気のあるセリフは、確執と誤解のあった夜一と和解した際、いつもはクールで真面目な砕蜂が涙を流しながら感情的に放った画像のセリフです。このセリフは砕蜂ファンからは支持されており、「普段とのギャップに萌えた」といったような感想があります。サイト内には砕蜂のセリフ以外にも名言集などがあるのでぜひチェックしてみてください。

かわいい魅力⑤砕蜂と夜一の関係

続いての砕蜂のかわいい魅力は、砕蜂と夜一の関係です。砕蜂と夜一はもともと上司と部下という関係性で、砕蜂を死神の世界に引き込んだのも夜一でした。また、夜一はかつて護廷十三隊の二番隊の隊長でもあり、砕蜂は夜一をとても尊敬していました。尊敬以上の気持ちももちろん持っていた砕蜂は、夜一の裏切りにあったと誤解をし夜一を恨むようになりますが、その後誤解が解けてからは夜一に対しての想いが爆発しました。

かわいい魅力⑥チョコレートをプレゼント

続いての砕蜂のかわいい魅力は、夜一にチョコレートをプレゼントをしたことです。砕蜂は夜一への愛が溢れる様子が、テレビアニメの本編放送後に付属する次回予告後のおまけ「死神図鑑」にて描かれました。砕蜂はその「死神図鑑」で夜一にチョコレートをプレゼントしたのです。いつもはクールで真面目な砕蜂が見せたデレデレでレアな姿はファンからも好評でした。

かわいい魅力⑦副隊長大前田との関係

続いての砕蜂のかわいい魅力は、副隊長大前田希千代との関係です。大前田希千代は護廷十三隊二番隊では副隊長をしており、砕蜂にとっては部下になります。そんな大前田と砕蜂の関係ですが、砕蜂は大前田に対して殴ったり蹴ったりとパワハラにあたる行為を繰り返しているのです。夜一に対する態度とは180度違うことが窺えます。

ですが、大前田に普段はぞんざいに扱う砕蜂ですがいざという時は大前田を守ったり助けたりするなど、部下と上司のあるべき姿を見せてくれるのです。普段の態度はリアル社会では問題になってしまいますが、大前田と砕蜂の関係は非常にいい関係であると言えるでしょう。また、2人は言い合いをすることもありますが仲が良いことも読者からはいい関係性だと言われています。ぜひ、大前田にも注目してみてください。

Thumbブリーチの人気投票結果まとめ!イケメン・美人キャラクターをランキングで紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

砕蜂の声優に関する感想や評価

感想や評価①変わった

続いては、砕蜂の声優に関する感想を見ていきましょう。『BLEACH(ブリーチ)』は途中から砕蜂の声優が桑島法子さんに変わったことをまとめでも紹介してきましたが、視聴者の中にはそのことを知らないという方もいらっしゃいました。声優さんに興味がなければ気が使いかもしれませんが、ファンの間では違和感がないと評価されています。

感想や評価②声優繋がり

続いての感想は、声優同士の繋がり関するものです。砕蜂の声優が桑島法子さんに変わった後、夜一の声優である雪野五月さんとはテレビアニメ『犬夜叉』で繋がりがあると気づく人もいらっしゃいました。ストーリー以外にも声優さんの繋がりを探すのも面白いので、ぜひ興味のある方は関係性を探ってみてはいかがでしょうか?

感想や評価③桑島法子さんの砕蜂

砕蜂の声優が川上とも子さんに変わったことを知らない方のほかにも、砕蜂の声優が川上とも子さんであったことを知らない方もいらっしゃいました。桑島法子さんに声優が変わったのを気が付かない方もおり、変わった後も視聴者からの違和感はないことが窺えます。砕蜂の声優は第206話から桑島法子さんに変わったので、ぜひテレビアニメをチェックしてみてください。

Thumb【ブリーチ】ハリベルの最後とその後を考察!能力やコスプレ・声優情報まとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

砕蜂の声優まとめ

以上、大人気漫画・アニメ『BLEACH(ブリーチ)』に登場する死神・砕蜂の声優を務めた川上とも子さんや桑島法子さんに関するまとめでした。砕蜂の声優が途中で変わったのには悲しい理由があったことが分かったことでしょう。サイト内には『BLEACH(ブリーチ)』に関する他のまとめもたくさんありますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ