X-MEN2のあらすじと結末をネタバレ!登場キャラクター・声優キャストも紹介

映画「X-MEN」シリーズは、マーベルコミックのスーパーヒーローを題材にしている映画シリーズです。今回はそんな「X-MEN」シリーズの第二弾である映画「X-MEN2」について紹介をしていきます。2003年に公開された映画「X-MEN2」のあらすじから結末までのストーリーのネタバレや、ウルヴァリンのローガンをはじめとする映画「X-MEN2」の登場キャラクターと日本語吹き替え版の声優キャスト、そして映画の感想についてもネタバレ解説をしていきます。

X-MEN2のあらすじと結末をネタバレ!登場キャラクター・声優キャストも紹介のイメージ

目次

  1. X-MEN2とは?
  2. X-MEN2のあらすじネタバレ
  3. X-MEN2の結末ネタバレ
  4. X-MEN2の登場キャラクター
  5. X-MEN2の声優キャスト
  6. X-MEN2の原作コミックは?
  7. X-MEN2に関する感想や評価
  8. X-MEN2のあらすじネタバレやキャラクターまとめ

X-MEN2とは?

マーベルコミックの大人気スーパーヒーローチームが題材となっている映画「X-MEN」シリーズですが、今回はそんな「X-MEN」シリーズの第二弾「X-MEN2」について紹介をしていきます。2003年に公開された映画「X-MEN2」のストーリーのあらすじから結末までのネタバレ解説や、登場キャラクターと日本語版吹き替え声優のキャストについても解説をしていきます。ここからは映画「X-MEN2」の作品情報を紹介していきます。

X-MEN2の映画情報

映画「X-MEN2」の映画情報について紹介をしていきます。マーベルコミックに登場するスーパーヒーローが題材となっている「X-MEN2」ですが、監督は前回と同じくブライアン・シンガーが務めていました。アメリカでは2003年5月2日、日本では2003年5月3日に公開されていました。興業成績では二週連続で一位となり、アメリカでの興行収入は2億1千万ドルを超え、前作「X-MEN」を超える大ヒット作品となっていました。

X-MEN2の予告動画

「X-MEN」シリーズの続編として公開された映画「X-MEN2」の予告動画を紹介していきます。2003年5月に公開された映画「X-MEN2」のストーリーの魅力がたっぷりと詰まっている予告動画となっていました。

X-MEN2の監督情報

「X-MEN2」の監督について紹介をしていきます。映画「X-MEN2」の監督を担当していたのは、前作「X-MEN」と同じくブライアン・シンガーでした。1995年に公開された映画「ユージュアル・サスペクツ」で監督として注目をされ「X-MEN」に抜擢されました。ヒトラー暗殺計画を描いている「ワルキューレ」や「スーパーマンリターンズ」の監督をし、2015年の東京国際映画祭のコンペティション部門審査委員長にもなります。

ThumbX-MEN全シリーズまとめ!新作・スピンオフ映画や時系列の順番も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

X-MEN2のあらすじネタバレ

映画「X-MEN2」は2003年に公開された「X-MEN」シリーズの映画です。第二弾となった「X-MEN2」は、前作から引き続きブライアン監督が担当をしました。今回はそんな「X-MEN2」を中心に紹介をしていきます。日本語版吹き替え声優を担当したキャストや「X-MEN2」の原作情報について紹介をしていく前に、ここからは映画「X-MEN2」のストーリーのあらすじについて、詳しくネタバレ解説をしていきます。

あらすじネタバレ:ホワイトハウス襲撃

スーパーコミックのヒーローキャラクターが登場をする映画「X-MEN2」のあらすじについてネタバレ解説をしていきます。X-MENとブラザーフットが自由の女神像における戦いを終えてしばらくした後、ホワイトハウスの襲撃事件が起こりました。その事件は室内観光に紛れ込んだミュータントのナイトクローラーがホワイトハウスのガードマンを次々と倒していき、ホワイトハウスにいた大統領を殺害しようとしたというものでした。

X-MENのリーダーとして活躍をしているプロフェッサーXは、この事件を知ります。そしてX-MENメンバーであるジーン・グレイ、オロロ・マンローを招集して大統領を殺害しようとしてナイトクローラーの捜索と保護を命じました。一方その頃対ミュータント対策本部顧問のウィリアム・ストライカーはアメリカ政府によって呼び出されていました。政府は、プロフェッサーXの学園を襲撃するという計画を立てていました。

あらすじネタバレ:学園襲撃計画

2003年公開の映画「X-MEN2」のあらすじをネタバレ解説していきます。X-MENたちの本拠地である「恵まれし子ら学園」ではナイトクローラーが匿われているのではないかと考えられていました。そのためストライカー指揮の元、学園にいるミュータント全員を摘発するために学園を襲撃するという計画が立てられていたのです。指揮を任されたストライカーは、金属を操る能力の持ち主であるマグニートーに目をつけます。

金属を操ることができるという能力を持っているマグニートーは、その能力のためにプラスチックで作られている特殊な牢屋に入れられていました。そこへ、X-MENのリーダーであるプロフェッサーXと護衛であるスコット・サマーズが面会にやってきます。ストライカーは二人を自分の用心棒であり秘書もしているミュータントのデスストライクを使って拘束することに成功をしました。そしてマグニートーに抹殺計画の話をしました。

あらすじネタバレ:ウルヴァリン

映画「X-MEN2」のあらすじをネタバレ紹介していきます。一方その頃学園にはウルヴァリンが帰還していました。ウルヴァリンは、プロフェッサーXからの情報でアルカリ湖まで自分の記憶を取り戻しに行っていました。しかしアルカリ湖では情報が得られなかったようです。学園に帰ってきたウルヴァリンとの再会を祝っていましたが、ウルヴァリンは出かける用事があるストームたちに子守を頼まれてしまいました。

そしてその夜、学園襲撃計画を指揮しているストライカーの部下たちによって学園は襲われてしまいます。学園の子供達は、裏道を使って逃げ出しました。しかし、生徒たちのうちの数名はストライカーの部隊によって捕まってしまいました。しかし、ウルヴァリンはローグ、アイスマン、パウロの3人と一緒に学園から脱出をします。襲撃の中学園からの脱出に成功をしたウルヴァリンたち四人は行き先に困ってしまいます。

あらすじネタバレ:マグニートの脱獄

マーベルコミックのヒーローキャラクターが活躍をしている映画「X-MEN2」のあらすじをネタバレ解説していきます。学園の脱出に成功したウルヴァリンたち四人は、ストームたちが向かっている目的地マンハッタンへと向かうことにします。マンハッタンは、アイスマンの実家がある土地でもありました。そしてその頃、部下であるミスティークの協力の元、牢屋に閉じ込められていたマグニートーも脱出することに成功をしました。

ウルヴァリンたちは無事にアイスマンの実家に到着することができ、そこでようやくストームたちと連絡を取ることができました。しかしミュータントであることが発覚してしまい、騒ぎを起こしてしまいました。その後ウルヴァリンたちは、大統領を殺害しかけたナイトクローラーを保護することに成功したジーンたちと合流をします。そしてストライカーによって連れ去られてしまったプロフェッサーXの救出を決断しました。

あらすじネタバレ:マグニートとの合流

日本でも公開され大ヒットとなった映画「X-MEN2」について紹介をしていきます。ウルヴァリンはジーンたちと合流する音に成功します。そして、ストライカーを倒すことを目的に活動を再開したマグニートーとミスティークとも合流をしました。一同は、学園に戻ろうとしますがその途中で飛行機から警告をされてしまいました。さらに警告されただけではなくなんとミサイルも発射されてしまったのです。

発射されてしまったミサイルのうちの一つは、ジーンの能力である念能力を使って回避をします。しかし、被曝をしてしまいました。落下していった機体を受け止めたのは金属を操る能力者であるマグニートーでした。そこでウルヴァリンたちはマグニートーからストライカーと政府が企んでいる陰謀について聞きます。一同はストライカーを倒すために団結をしストライカーが本拠地としているアルカリ湖を目指すことになりました。

あらすじネタバレ:ストライカーの計画

マーベルコミックが原作となった映画「X-MEN2」について紹介をしていきます。ストライカーの目的は、幻覚を見せることができるミュータントと、連れ去ってきたプロフェッサーXを利用し、自分自身が作ったセレブロでミュータントを根絶やしにするというものでした。ウルヴァリンたちは、ストライカーの本拠地があるとされているアルカリ湖で、地下にあったストライカーの本拠地を発見することに成功しました。

そして、ミスティークはウルヴァリンに変身します。ウルヴァリンに変身をしたミスティークはストライカーの基地を正面から突破していきました。さらに制御室も制覇していきます。そんなミスティークの後に続いてX-MENたちも次々に基地に侵入していきます。アルカリ湖にあった研究施設では、ストライカーによって第二のセレブロが建設されてしまっていました。そして、連れ去られたプロフェッサーもそこで利用されていました。

あらすじネタバレ:アルカリ湖

スーパーヒーローキャラクターが活躍をしている映画「X-MEN2」のストーリーのあらすじをネタバレ解説していきます。第二のセレブロの建設現場では、プロフェッサーXもストライカーの息子であるジェイソンによって操られてしまい、行動を操られ、ミュータント全滅の計画のためにセレブロを動かしていました。そのころ、基地を突破したX-MENたちは、二手に分かれて救出作業を行うことになりました。

ストームとナイトクローラーは、捕らえられている子供達を救出へ、そしてジーンとマグニートがミュータントさらにミスティークが全滅計画の重要な要素となっている第二のセレブロの元へと向かうことになりました。しかし、第二のセレブロの元へと急いでいるマグニートたちの前にはサイクロップスが現れてしまいました。そしてジーンとサイクロップスは戦闘へと突入していきます。

X-MEN2の結末ネタバレ

マーベル・コミックは、スーパーヒーローたちが活躍をしているコミックです。そんなマーベルコミックの実写版として「X-MEN」シリーズは大人気となりました。今回はシリーズ第2部である「X-MEN2」についてを中心にネタバレ解説しています。ここまでは、ミュータントの全滅を狙っているストライカーとX-MENたちの戦いが描かれているストーリーのあらすじを紹介してきました。ここからは結末をネタバレ解説していきます。

結末ネタバレ:ダムの決壊

ミュータントの活躍を描いている映画「X-MEN2」の結末をネタバレ解説していきます。ジーンはサイクロップスとダムを破壊してしまうほどの戦闘を繰り広げました。その頃ウルヴァリンも、ストライカーの秘書であるユリコと戦っていました。ユリコは、逃げていましたがウルヴァリンに追いつかれてしまいウルヴァリンによって倒されてしまいました。そしてウルヴァリンはストライカーを脱出するためのヘリに縛って動きを封じます。

第二のセレブロに到着したマグニートーたちは、ジェイソンに立ち向かっていきます。ミスティークはここではストライカーに変身をしました。そしてジェイソンを操り殺害目標をミュータントではなく人間へと変更させます。そこへナイトクローラーのテレポート能力でストームとナイトクローラーがセレブロの中に侵入します。そして、ストームの天候を操る能力を使ってジェイソンを凍えさせX-MENたちはダムの崩壊から脱出します。

結末ネタバレ:力尽きるジーン

映画「X-MEN2」のあらすじについてネタバレ解説をしていきます。ダムが崩壊する直前、ウルヴァリンは、記憶をなくしている過去とストライカーが関係しているということを知ります。しかし、ダムが崩壊してしまったために脱出せざるを得ませんでした。X-MENたちは飛行機にたどり着くことができましたが、肝心の飛行機のエンジンが故障してしまい、出発することが出来ません。ジーンは解決のために一人外へと出ました。

エンジンの故障のために、ジーンは一人で外へ出ます。そしてそこで能力を使用して崩壊するダムの水を一旦止めます。そして、故障して動けなかった飛行機を飛ばして力尽きてしまいました。力尽きたジーンは濁流の中へと飲み込まれます。X-MENたちはストライカーの計画を見せて、ミュータントと人類の共存を提言しました。ジーンは行方不明となり、パウロはマグニートーと行動をともにすることを決意しました。

X-MEN2の登場キャラクター

映画「X-MEN2」は2003年に公開されたマーベルコミックのスーパーヒーローを題材にしている映画です。マーベルコミックの中でも大人気なヒーローシリーズですが、今回はそんな映画「X-MEN2」について紹介をしていきます。ここまでは、「X-MEN2」のストーリーのあらすじから結末までを解説してきました。ここからは映画「X-MEN2」で活躍をしている登場キャラクターについて、詳しくネタバレ解説をしていきます。

キャラクター:ローガン(ウルヴァリン)

映画「X-MEN2」の登場キャラクターについてネタバレ解説をしていきます。ローガンことウルヴァリンは、人並み外れた鋭い感覚を持ち、怪我や病気を自分自身の力で治すことができる治癒能力を持っていました。その特徴として、両手の甲から三本の長い爪が出ています。その爪は、作中の世界でもっとも硬いと言われている金属アダマンチウム合金で出来ていました。またウルヴァリンという名の通り近接戦を得意としています。

キャラクター:チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)

映画「X-MEN2」登場キャラクターについて解説をしていきます。チャールズ・フランシス・エグゼビアことプロフェッサーXは、初代X-MENを立ち上げた人物でもあります。地上最強のテレパスであり、他人の心を読むだけではなく記憶を操作することも出来ます。頑固な性格をしていますが、そんな最強のテレパシー能力を悪用しない人格者として作中では描かれていて、人類とミュータントの平和的な共存を目指していました。

キャラクター:オロロ・マンロー(ストーム)

映画「X-MEN2」のキャラクターをネタバレ解説していきます。オロロ・マンローことストームですが、その能力としてあらゆる天候を操ることが出来ます。気温の変化や、風を自由自在に操ることが可能です。また毒性の大気汚染物質を含ませた酸性雨や雷などの大気現象を引き起こし、自然現象を操ることで敵と戦っていきます。そういったストームの戦法にハメられた者の中には戦闘不能になってしまったものもいました。

キャラクター:ジーン・グレイ(フェニックス)

映画「X-MEN2」のキャラクターについてネタバレ解説をしていきます。ジーン・グレイことフェニックスは、テレパシー能力の持ち主でした。その能力の強さは強大で最強のテレパシーを持っていると言われているプロフェッサーXの次に強力なものだと言われていました。さらにテレキネシスという物体を念じることで自由自在に操れるという能力も持っていました。

キャラクター:エリック・マグナス・レーンシャー(マグニートー)

映画「X-MEN2」に登場するキャラクターをネタバレ解説していきます。エリック・マグナス・レーンシャーことマグニートーは、金属を自由自在に操ることができるという能力を持っていました。マグニートーは磁力を操ることができるので、それを利用して金属を操っています。その能力の強さは強大で、火山の噴火といった大災害も引き起こせてしまうほどの能力でした。

キャラクター:カート・ワグナー(ナイトクローラー)

映画「X-MEN2」登場キャラクターをネタバレ解説していきます。カート・ワグナーことナイトクローラーは、人並み外れた俊敏さと、テレポート能力を持っています。肌の色は青く、瞳の色は黄色で肉体的なミューテーションによって物をつかむことができる尾を持っていました。さらに、暗闇に溶け込むこともできます。こういった特徴的な外見とは裏腹に英雄的であり、キリスト教徒という一面も持ち合わせていました。

キャラクター:マリー・ダンキャント(ローグ)

映画「X-MEN2」に登場をしているキャラクターについてネタバレ解説をしていきます。ローグの能力として、触れた相手の生命エネルギーや記憶そして能力を奪ってしまうという能力がありました。またローグによってコピーされてしまった者は昏睡状態に陥ってしまいます。そのため、ローグは手を常に手袋で覆っていました。生命を奪ってしまう一方で、生命力を与えるという能力も持っていました。

キャラクター:レイブン・ダークホルム(ミスティーク)

映画「X-MEN2」に登場するキャラクターをネタバレ解説していきます。レイブン・ダークホルムことミスティークは自分の全身を自由自在に変化させることができます。皮膚は青く、瞳は黄色いです。また赤毛であることも特徴として挙げられていました。全身の形を変化させることができるだけではなく、身につけている服装も思いのままに変化させることができます。その能力を使って、若い状態を保っていました。

キャラクター:スコットサマーズ(サイクロップス)

映画「X-MEN2」のキャラクターについてネタバレ解説をしていきます。スコットサマーズことサイクロップスですが、日光を体に取り入れることによって、両目からオプティック・ブラストという破壊光線を発射することができます。ミュータントの能力を自分でコントロールすることができず制御のために特別なサングラスを身につけていました。サングラスはルビー・クウォーツ・レンズを使用しています。

X-MEN2の声優キャスト

映画「X-MEN2」は、マーベルコミックに登場するスーパーヒーローたちが活躍をしている「X-MEN」シリーズの映画です。今回はそんな映画「X-MEN2」を中心に紹介をしています。ここまではストライカーと対決をしたストーリーの結末までのネタバレや、「X-MEN2」に登場し活躍をしていたキャラクター達についての紹介をしてきました。ここからは日本語版吹き替え声優キャストについて紹介をしていきます。

ヒュー・ジャックマン(山路和弘)

映画「X-MEN2」でローガンを演じたのはヒュー・ジャックマンでした。「グレイテストショーマン」でゴールデングローブ賞も獲得したヒュー・ジャックマンの日本語版吹き替え声優のキャストは、山路和弘でした。洋画の吹き替え声優として活躍しているだけではなく、俳優としてミュージカルなどにも出演をしていました。ジェイソン・ステサムや、ラッセル・クロウ、ショーン・ペンなどの俳優を吹き替えしていました。

パトリック・スチュワート(大木民夫)

映画「X-MEN2」で、プロフェッサーXを演じていたのはパトリック・スチュワートです。「スタートレック」シリーズにも出演していたパトリック・スチュワートを担当した吹き替え声優キャストは大木民夫でした。大木民夫は「ハリーポッター」シリーズのゲームでダンブルドア校長を担当し、映画ではグリンデルバルトの吹き替えも担当していました。ディズニーアニメ作品にも吹き替え声優として登場することが多いキャストです。

ハル・ベリー(本田貴子)

映画「X-MEN2」に登場するキャストであるオロロ・マンロー役のハル・ベリーを日本語版吹き替えで担当したキャストは本田貴子でした。声優として活躍をしていて、主に大人の女性を演じていることが多いです。しかし作品によっては少年や少女を演じることもありました。日本語版吹き替えでは、ミラ・ジョヴォヴィッチやシャーリーズ・セロン、ヒラリー・スワンク、ロザリオ・ドーソンなどの担当声優キャストとして登場します。

ファムケ・ヤンセン(日野由利加)

映画「X-MEN2」にジーン・グレイ役のキャストとして登場するのは「007ゴールデンアイ」に出演して注目を集めたファムケ・ヤンセンです。そんなファムケ・ヤンセンの日本語版吹き替え声優キャストは、日野由利加でした。吹き替え声優としてファムケ・ヤンセンの他に、ウィノラ・ライダーやジュリアン・ムーアなどを担当しています。「マトリックス」シリーズや「ハンガーゲーム」シリーズなどの作品にも出演していました。

イアン・マッケラン(有川博)

映画「X-MEN2」に登場したマグニートーを演じたキャストは、イアン・マッケンランでした。様々な賞を受賞し英国の文化的な象徴とみなされているイアンの日本語版吹き替え担当声優キャストは有川博でした。映画「ロード・オブ・ザ・リング」でもガンダルフを演じたイアン・マッケンランの吹き替えを担当しています。また「シャーロック・ホームズの冒険」に出演したスチュワート・ウィルソンの吹き替えもしていました。

アラン・カミング(後藤敦)

今回紹介をしている映画「X-MEN2」にカート・ワグナーとして出演したキャストはアラン・カミングです。「グッド・ワイフ」や「スパイキッズ」シリーズに出演をしているアラン・キッズを「X-MEN2」で日本語版吹き替え担当している声優キャストは後藤敦でした。吹き替え声優としては「クリミナルマインド」シリーズなどに出演、またハーランド・ウィリアムズ、ポール・ベタニーなどの俳優の吹き替えを担当していました。

アンナ・パキン(小島幸子)

映画「X-MEN2」でマリー・ダキャントとして出演したキャストは、アンナ・パキンでした。「トゥルーブラッド」にも出演しているアンナ・パキンの吹き替え担当の声優キャストはは小島幸子でした。声優や女優として幅広く活動をしていて、吹き替え声優としてはアンナ・パキンの他に、アマンダ・セイフライド、アンバー・タンブリン、カイラ・プラッド、クリスティーナ・リッチ、ミーナ・スヴァーリも担当をしていました。

レベッカ・ローミン(幸田直子)

映画「X-MEN2」で、レイブン・ダークホルムを演じたキャストは、レベッカ・ローミンでした。「ファム・ファタール」に出演したことで有名なレベッカですが、そんなレベッカを担当している声優は幸田直子でした。ムーブマンに所属をしていて、声優として様々な作品に出演をしていますが、洋画ではアンジェラ・バセット、エマ・トンプソン、シガニー・ウィーバー、ブリジット・リンの吹き替え声優を担当しています。

ジェームズ・マースデン(檀臣幸)

マーベルコミックが題材となっている映画「X-MEN2」にスコット・サマーズとして出演をしているキャストは、ジェームズ・マーズデンでした。「スーパーマンリターンズ」や「魔法にかけられて」に出演をしているジェームズを「X-MEN2」で吹き替えした声優は、檀臣幸でした。洋画では。エディ・グリフィン、クリスチャン・ベール、ケヴィン・J・オコナー、スティーヴ・ザーン、チャン・ドンゴンなどを担当していました。

X-MEN2の原作コミックは?

ミュータントたちが活躍をしている映画「X-MEN」シリーズの第二作「X-MEN2」についてを中心に紹介をしています。「X-MEN2」では、ミュータントの全滅を狙っているストライカーとX-MEN達が戦う姿が描かれ、ジーンの消息が不明となる衝撃的な結末を迎えました。ここまではそんな映画のストーリーや、日本語吹き替えを担当した声優について紹介をしてきました。ここからは「X-MEN2」の原作などについて紹介していきます。

X-MENシリーズの生みの親スタン・リー

映画「X-MEN2」そして「X-MEN」シリーズの原作者はスタン・リーでした。マーベルコミックの編集委員であり、マーベル・メディア名誉会長でもあります。「アベンジャーズ」や「X-MEN」シリーズなどのスーパーヒーローコミックを手がけました。タイムリー・コミックスに入社後、すぐに当時大人気作品だった「キャプテン・アメリカ」の製作に携わるようになり、戦前から「キャプテン・アメリカ」の脚本を担当していました。

そして1963年には「X-MEN」、「ドクター・ストレンジ」、「アイアンマン」など数々のヒット作を生み出し不平等や、偏見などの難題に取り組みました。1977年、弟であるラリーとともに「スパイダーマン」の連載を開始しました。2007年には、ジュール・ヴェルヌ賞で生涯功労賞を受賞していました。さらに2011年位はハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの殿堂入りを果たしていました。

X-MENシリーズは社会問題・人種差別問題を描く

映画「X-MEN」シリーズでは、様々なミュータントが活躍をしています。そんな「X-MEN」シリーズの魅力の一つとして人種差別をテーマにした非常に壮大な世界観があげられていました。原作コミックシリーズが発売された1960年代は、公民権運動が盛んな時代でした。そんな「X-MEN」では特に黒人差別について描かれていました。超能力の話と、黒人差別の話をリンクさせた世界観は、多くのマーベルファンを魅了しています。

X-MEN2に関する感想や評価

マーベルコミックのスーパーヒーローを原作にしている映画「X-MEN2」について紹介をしています。「X-MEN2」では、ミュータントの全滅を狙ってストライカーがセレブロを建設し、X-MENのリーダーであるプロフェッサーXも操ってしまいます。そんなストライカーとの対決を描いたストーリーの内容や、日本語版の吹き替え声優について詳しく解説をしてきました。ここからは映画に対する感想についてネタバレ紹介をしていきます。

アクションが派手!

映画「X-MEN2」に対する感想や評価について紹介をしていきます、映画「X-MEN2」に対する感想や評価の中には、アクションシーンが派手だったというものや特殊能力のバリエーションが豊富で二時間飽きなかったというものがありました。

X-MEN2のあらすじネタバレやキャラクターまとめ

マーベル・コミックはスーパーヒーローたちの活躍を描いているアメリカの漫画です。そんなマーベル・コミックは実写映画として公開されていることでも有名でした。マーベル・コミックの中でも有名な「X-MEN」シリーズも実写映画として公開されていました。今回はそんな映画第二作目「X-MEN2」について紹介をしてきました。二作目となった映画「X-MEN2」でも前作に引き続きミュータント達が作中で大活躍をしていました。

そんなミュータント全滅を企んでいるストライカーというキャラクターが登場し、X-MENたちはストライカーと対決することになります。ストライカーに勝利しましたが、ジーンの行方がわからなくなってしまうという結末を迎えたストーリーの内容や、日本語版で吹き替えを担当した声優、そして原作コミックを担当していたスタン・リーについても解説をしています。そんな映画「X-MEN2」ご覧になってはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ