映画シュリのあらすじ・キャストと感想まとめ!アクションシーンがすごい?

シュリとは1999年に公開された韓国の映画作品です。韓国映画シュリは北朝鮮の工作員と韓国の諜報部員の恋愛を描いたあらすじの物語であり、あらすじの中で描かれたアクションシーンや悲恋は高い評価を獲得しました。韓国で好評な感想を多く集めた映画シュリは日本でも公開され、興行収入18億円を記録することになりました。本記事ではそんな大人気映画シュリについて物語のあらすじやキャスト、映画に関する感想などをまとめてご紹介していきます。

映画シュリのあらすじ・キャストと感想まとめ!アクションシーンがすごい?のイメージ

目次

  1. 映画シュリとは?
  2. 映画シュリのあらすじ・キャストと感想まとめ!
  3. 映画シュリの意味
  4. 映画シュリのエンディング曲
  5. 映画シュリに関する感想や評価
  6. 映画シュリのあらすじやキャストまとめ

映画シュリとは?

映画シュリの基本情報

北朝鮮のスパイと韓国のスパイ同士の禁断の恋愛を描いた映画シュリ。映画シュリは1999年に韓国で公開されて以来好評な感想を多く集める人気作品となっており、2019年現在も韓国や日本で高い人気を誇っています。映画シュリが人気を集める理由となったのがあらすじの中で描かれたアクションや恋愛模様でした。本記事では映画シュリについてあらすじやキャスト、映画の魅力や感想などをまとめてご紹介していきます。

映画シュリは韓国映画

本記事でご紹介するシュリとは1999年に公開された韓国の映画作品です。映画シュリは北朝鮮に仕えるスパイと韓国に仕えるスパイの悲恋を描いたあらすじの映画となっており、世界で人気を博すハン・ソッキュやチェ・ミンシクなどのキャストが多数出演している作品です。映画シュリはあらすじの表現やキャストから好評な感想を多く集め、2000年に日本で公開された際は興行収入18億円という驚異的な結果を記録しました。

映画シュリの監督

韓国や日本で好評な感想を多く集めた映画シュリの監督を務めたのは韓国の映画監督兼映画プロデューサーのカン・ジェギュです。監督を務めたカン・ジェギュは1996年の映画「銀杏のベッド」で監督デビューを果たした人物であり、映画シュリで大ブレイクすることになりました。大ブレイクしたカン・ジェギュはこれまで「ブラザーフッド」や「IRISーアイリスー」などの人気映画作品を多数生み出しています。

映画シュリの予告動画

映画シュリは別々の国に仕えるスパイ2人の悲恋を描いた作品であり、多くの視聴者を感動させました。しかし映画シュリの予告編動画ではあらすじの内容が少し分かり辛く、魅力が伝わりません。しかし映画シュリは男女の美しい悲恋や壮絶なアクションシーンがなどがあらすじの中に描かれており、予告編動画とは想像できないほどの名作映画となっています。映画シュリを観ようとお考えの方は是非本記事をご参考にしてみてください。

無料で見れる動画配信サービス

日本でDVDをレンタルして観ることが出来る韓国映画シュリですが、果たして日本で無料で映画を視聴する方法があるのでしょうか。日本では多数の映画無料サイトがあり、多くの映画を楽しむことが出来ます。しかし韓国映画シュリはどの無料サイトでも視聴することが出来ず、無料で観ることが出来ません。なので韓国映画シュリを視聴したい場合は、DVDを購入するかレンタルするしか方法がありません。

映画シュリのあらすじ・キャストと感想まとめ!

映画シュリのあらすじ

ここからは韓国映画シュリの簡単なあらすじをご紹介します。映画シュリの最初、ミョンヒョンというヒロインが北朝鮮の特殊部隊で訓練を行う様子が描かれます。このミョンヒョンという女性は過去に父を処刑され、家族を守るために特殊部隊へ入隊していました。そんなミョンヒョンにはジョンウォンという恋人がいました。しかしこのジョンウォンは韓国の警察であり、ミョンヒョンとは本来別の国同士の関係でした。

当初ジョンウォンはミョンヒョンの正体を知っていなかったものの、北朝鮮の特殊部隊を偽情報でおびき出した際、正体を知ってしまいます。一方ミョンヒョンは上司であるムヨン隊長が祖国に背くことを許さないと脅し、自殺を促されます。ムヨン隊長の銃には弾が入っていなかったものの、ミョンヒョンは無理やり自殺しようとし、ムヨン隊長は慌てて自殺を止めて任務を与えました。

その後北朝鮮と韓国を統一するサッカー大会が開催され、ミョンヒョン達北朝鮮の特殊部隊は韓国の大統領を暗殺しようとします。一方ジョンウォンは北朝鮮の企みを察知して阻止しようとするも、捕縛されて乱闘戦となります。その頃ミョンヒョンは大統領を暗殺しようとするのですが狙撃に失敗し、大統領を追いかけます。しかしその途中ミョンヒョンはジョンウォンと遭遇してしまい、お互い銃を向け合います。

しかしミョンヒョンの標的は大統領であり、車で移動する大統領を殺害しようとします。その時ジョンウォンは大統領殺害を阻止するためにミョンヒョンを撃ちます。撃たれたミョンヒョンは死亡し、ジョンウォンは涙を流します。その後ジョンウォンは自宅で自分の前に現れて欲しくないというミョンヒョンのメッセージを聞くのでした。こうして映画シュリは結末を迎え、物語の幕が下りることになります。

映画シュリの主要キャスト

ここまで韓国映画シュリの簡単なあらすじについてご紹介しました。別々の国で敵同士の男女の恋愛模様を描いた映画シュリは上記のあらすじを見ると分かる通り非常にシリアスで悲しい作品となっています。そんな映画シュリが人気となった理由には出演しているキャストが大きく影響しています。ここからは韓国映画シュリが日本でも有名となった理由である出演しているキャスト陣についてご紹介していきます。

主要キャスト①ユ・ジュンウォン/ハン・ソッキュ

映画シュリで主人公であるユ・ジョンウォンを演じたキャストは韓国を代表する俳優であるハン・ソッキュです。キャストを務めたハン・ソッキュは1995年にデビューして以降大鐘賞や青龍賞などの賞で主演男優賞を度々受賞しているベテラン俳優であり、1998年の映画「八月のクリスマス」で日本でも知られるようになりました。そんなハン・ソッキュは映画シュリで主人公を熱演し、本作を一躍大人気作品に導きました。

主要キャスト②イ・ミョンヒョン/キム・ユンジン

映画シュリにおいてヒロインであるイ・ミョンヒョンを演じたキャストは韓国の女優であるキム・ユンジンです。キム・ユンジンは映画シュリで大ブレイクしたことがきっかけとなり、2004年からアメリカで活動をしている女優です。そんな映画シュリでヒロインを演じたキム・ユンジンは哀川翔が企画した映画「RUSH!」に出演したり日韓ワールドカップの親善大使を務めるなど日本でも非常に知名度の高い人物です。

映画シュリの感想

韓国を代表するキャスト達が出演し、一躍ブレイクを果たした映画シュリには多数の好評な感想を集めており、2019年7月現在も日本で人気を博しています。では映画シュリにはどのような感想が多く寄せられているのでしょうか。ここからは映画シュリについて多数寄せられている感想をまとめながら、映画シュリの魅力についてご紹介していきます。

感想①アクションシーン

まず映画シュリの魅力として挙げられるのが作中内に描かれたアクションシーンです。映画シュリはアクションシーンで人気を博したといっても過言ではなく、映画の視聴者は見事なアクションシーンに魅了されることでしょう。またアクションシーン以外に注目して頂きたいのが緻密に表現された心理描写です。映画シュリのあらすじの中でキッシング・グラミーという魚が最初登場します。

この魚は片方が死ぬともう片方が死ぬといわれている魚であり、主人公とヒロインの関係を暗示しています。またあらすじの最後で2人が対峙し、主人公がヒロインを射殺してしまうシーンは物語の最初から見ている人は涙が止まらないシーンとなっています。このように視聴者の心へ訴えかけるような描写から日本でも人気を集めることになりました。

感想②演技力

映画シュリを観るにあたってキャスト陣の演技力も注目の1つとなっています。主演を務めたハン・ソッキュとヒロインを演じたキム・ユンジンは韓国を代表するキャストであり、映画シュリでも持ち前の演技力を発揮しています。また他のキャスト陣達もそれぞれ見事な演技力を持つ人物達で構成されており、チェ・ミンシクは映画シュリで主演男優賞を受賞しました。

そんな韓国を代表するキャスト陣が出演する映画シュリはキャスト陣の演技力によって物語の味が深まっており、多くの人を感動させました。実は映画シュリには続編である「ベルリン・ファイル」という映画が制作されています。映画シュリでキャスト陣の演技力に魅了された方は是非続編もチェックしてみてください。

感想③ストーリー

映画シュリの舞台となる時代は実際に北朝鮮と韓国の関係は最悪なものとなっていました。この時朝鮮半島の南北の国はお互い牽制のために軍事訓練などを行っており、一触即発の状態でした。そう映画シュリのストーリーは実際にあった出来事を描いたものであり、本当にあったことかもしれないのです。映画シュリはこういった本当に起きそうであるリアルなストーリーも人気の理由の1つとなっており、多くの観客を魅了しました。

感想④曲

どのような映画作品でも主題歌や作中内での音楽は非常に重要なものとなっています。映画シュリの音楽は後述でご紹介するのですがどの曲も物語と非常にマッチしており、物語を更に面白くさせています。特に北朝鮮を表現するために制作された曲は恐怖感を与える曲となっており、演出でも視聴者をドキドキさせています。ストーリー・演技・音楽全てが完璧な映画シュリは映画界において不朽の名作といっても過言ではありません。

映画シュリの評価

韓国映画シュリの演出及び起用されたキャスト陣は満点の評価を付けていいでしょう。またそれと同時に結末まで視聴者を飽きさせることのないストーリーや悲恋を表現する演出の評価も満点といえます。しかし設定は誰でも分かるように制作してあることからあまり細かい設定などは設けてありません。なので映画シュリの総合的な評価はほぼ満点といえます。

映画シュリの意味

シュリは魚のこと

韓国映画シュリのシュリというタイトルの意味は淡水と海水を行き来できる魚という意味があります。映画シュリではキッシング・グラミーという魚を意味しており、北朝鮮と韓国の2国を行き来するという意味になっています。上述でご紹介した通りこのキッシング・グラミーという魚は1匹が死亡するともう片方が死亡してしまう魚といわれており、これは映画シュリに登場する主人公とヒロインの関係とリンクしています。

ユ・ジュンウォンとイ・ミョンヒョンの関係を表現

主人公のジョンウォンは韓国の人間であり、ヒロインのミョンヒョンは北朝鮮の人間です。2人は愛し合う関係にあるのですが、敵国同士であることから相容れることが出来ません。これは北朝鮮と韓国2つの国も同じであり、民族が同じでも相容れることが出来ません。この2国間の関係と主人公とヒロインの関係はいわばどちらかが生きていないと生存することが出来ないものであり、キッシング・グラミーとリンクしています。

映画シュリのエンディング曲

エンディング曲:When I dream

映画シュリの結末で恋人を亡くした主人公が別れの気持ちを抱きながら流れるエンディング曲が「When I dream」という曲です。このエンディング曲は穏やかな海を背景に流れる曲であり、主人公の恋人を亡くした悲壮感が非常に伝わる歌詞となっています。また曲を歌うイギリスの歌手キャロル・キッドの美声もすさまじく、映画の視聴者の多くはこのエンディング曲を聞いて涙することになりました。

サウンドトラックの販売情報

上述でご紹介した通り、映画シュリのサウンドトラックは映画の悲壮感や南北の対立を見事に表現しており、多くの視聴者を魅了することになりました。この映画シュリのサウンドトラックは多くのシュリファンから好評な感想を多く集めたことから1999年の12月22日に発売されることになり、2019年7月現在もアマゾンで購入することが出来ます。もしご興味ある方は是非サウンドトラックをご視聴してみてください。

映画シュリに関する感想や評価

映画シュリに関する感想では結末で感動したという感想が非常に多く寄せられていました。本来敵国同士であることを知らない主人公とヒロインは最初非常に仲がいいカップルでした。しかし主人公がヒロインの正体を知ることになり、結末で主人公はヒロインを射殺してしまいます。この最後まで救いのないストーリーは多くの視聴者を涙させることになり、国同士の問題について知ることになりました。

韓国映画シュリに関する感想では物語が素敵だという感想も多く寄せられていました。映画シュリは上述でもご紹介した通り非常に感動するストーリーとなっており、日本でも高い評価を獲得しました。また映画シュリは物語の他にキャスト陣や音楽など全てが完璧となっており、視聴者を夢中にさせる魅力がたっぷりの映画作品となっています。

映画シュリに関する感想では韓国映画にハマったきっかけとなった作品という感想も見受けられました。映画シュリが公開された1999年当初、あまり韓国の映画はそこまで人気ではありませんでした。しかし映画シュリが公開されると同時に韓国映画が日本で人気を爆発させることになり、2019年現在韓国映画は1つのジャンルイとして認められることになりました。

映画シュリのあらすじやキャストまとめ

本記事では韓国映画シュリについて物語のあらすじやキャスト、視聴者の感想などをまとめてご紹介しました。映画シュリは韓国映画がブームになったきっかけの作品であり、2019年7月現在も多くの方に高い評価を集めている作品です。映画シュリは一度見て損は無い感動映画作品となっていますので、是非まだ映画シュリを見たことが無い方は一度チェックしてみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ