コーヒーが冷めないうちにのあらすじ・感想をネタバレ!原作と映画の違いは?

川口俊和による戯曲・小説が原作で、2018年に公開されて話題となった映画「コーヒーが冷めないうちに」。今回は人気若手女優・有村架純が主演という事においても注目を集めた、映画「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじをネタバレで紹介していきます。またキャストの一覧や映画を観たネタバレ感想など、多くの観客を感動で包んだ話題作「コーヒーが冷めないうちに」の魅力と見どころをたっぷりとお届けしていきます。

コーヒーが冷めないうちにのあらすじ・感想をネタバレ!原作と映画の違いは?のイメージ

目次

  1. コーヒーが冷めないうちにとは?
  2. コーヒーが冷めないうちにのあらすじネタバレ
  3. コーヒーが冷めないうちにの結末ネタバレ
  4. コーヒーが冷めないうちにの原作と映画の違い
  5. コーヒーが冷めないうちにの登場人物とキャスト
  6. コーヒーが冷めないうちに関する感想や評価
  7. コーヒーが冷めないうちにのネタバレまとめ

コーヒーが冷めないうちにとは?

有村架純が主演を務め、2018年に話題となった映画「コーヒーが冷めないうちに」。川口俊和による戯曲・小説が原作の本作ですが、今回はあらすじを結末までネタバレで紹介していきます!また原作と映画の違いや、映画を観た感動などもまとめてお届けしていきます。映画館を涙で包んだという「コーヒーが冷めないうちに」とはどのような作品なのでしょうか?それではまずはじめに、作品情報から紹介していきます。

コーヒーが冷めないうちにの作品情報

映画公開4日間で観客動員29万5000人を記録し、2019年1月には総興行収入15億円となった有村架純主演映画「コーヒーが冷めないうちに」。また有村架純だけではなくキャストには波瑠、伊藤健太郎、林遣都など様々なドラマで活躍している若手俳優・女優から、吉田羊、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、松重豊などベテラン勢も多数出演。「出演するキャストが全員豪華」という事でも話題になったようです。

コーヒーが冷めないうちにの原作

「コーヒーが冷めないうちに」は劇団音速かたつむりの脚本家・演出家として活動していた、川口俊和による舞台作品が原作の物語です。2011年2月に公演が行われた際に、その舞台を観た編集者が感動して川口俊和に声を掛けた事が書籍化となったきっかけのようです。2015年に小説化されてから忽ち、一冊の中にたくさんの感動が詰め込まれている事が話題になり2017年本屋大賞にノミネートされました。

コーヒーが冷めないうちにの映画の概要

2018年9月21日に公開された映画「コーヒーが冷めないうちに」は、主演・有村架純、監督・塚原あゆ子による上映時間116分の作品です。全国307スクリーンで公開され、日本のみならず2018年10月には台湾や香港、さらに2019年2月14日からはタイでも公開されました。9月22日~23日の全国週末興行成績で興行収入も2億300万円を記録し、「映画ランキング・映画興行収入」で初登場2位となったようです。

監督などのスタッフ

  • 監督:塚原あゆ子
  • 脚本:奥寺佐渡子
  • 原作:川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」
  • 製作:平野隆(企画プロデュース)、岡田有正、進藤淳一
  • 音楽:横山克
  • 主題歌:YUKI「トロイメライ」
  • 撮影:笠松則通
  • 編集:宮島竜治
  • 制作会社:フィルムフェイス
  • 製作会社:「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

コーヒーが冷めないうちにの予告編動画

主演・有村架純の落ち着きある温もり溢れる演技や、豪華キャスト陣の心に訴えかけてくる演技が大きな感動をよんだ映画「コーヒーが冷めないうちに」。公開されている予告編動画からも、「コーヒーが冷めないうちに」の不思議な世界観を少し垣間見ることが出来るようです。「コーヒーが冷めないうちに」を見るか迷っている方は、まず予告編動画から視聴してみてはいかがでしょうか?

映画「コーヒーが冷めないうちに」公式サイト

コーヒーが冷めないうちにのあらすじネタバレ

ここまで有村架純主演映画「コーヒーが冷めないうちに」の、作品情報と予告編動画を紹介していきました。原作となった舞台も大きな感動を呼び、2013年に行われた公演では第10回杉並演劇祭大賞を受賞したようです。それではここから映画「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじをネタバレで紹介していきます!この先は結末手前までのあらすじをネタバレしていきますので、ネタバレを見たくない方はご注意ください。

あらすじネタバレ①喫茶店のルール

とある町に時田数(有村架純)と従兄で店主の時田流(深水元基)が切り盛りしている、「フニクリフニクラ」という名前の喫茶店がありました。その喫茶店「フニクリフニクラ」には不思議な力があるという都市伝説の噂が流れていて、その都市伝説とは「喫茶店のある特定の席に座ると、戻りたい過去に戻ることができる」という噂だったのでした。喫茶店には、その噂を嗅ぎつけてくる客も少なくないといいます。

しかしその「特定の席」に座るためには、いくつものルールがあったのでした。そのルールとは「過去に戻ることが出来ても、現在を変えることは出来ない」「過去に戻ることが出来るのはカップにコーヒーが注がれてから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ」「過去に戻った本人は喫茶店の外に出ることは出来ない」「過去に戻っても喫茶店を訪れた人にしか会うことが出来ない」というものでした。

そしてさらに5つ目の「過去に戻れる特定の席には必ず先客がいて、先客が席を立つまで座ることが出来ない」というルールもあるのでした。万が一これら5つのルールを守らず、コーヒーが冷めないうちに飲み干すことが出来なければ、特定の席に座った人は“幽霊”になってしまい喫茶店「フニクリフニクラ」から出ることが出来なくなるという条件もあったのでした。

あらすじネタバレ②夏のある日

ある夏の日…「過去に戻ることが出来る」という噂を聞きつけた、キャリアウーマンの清川二美子(波瑠)が喫茶店「フニクリフニクラ」のドアを開きました。清川二美子は一週間前、この喫茶店で幼馴染の賀田多五郎(林遣都)と口論に。「仕事でアメリカへ行く」と言った五郎に対して、つい二美子は「どこへでも行ってしまえば!」と本心とは逆の言葉を吐いて口論になってしまったのでした。

過去に戻る特定の席に座ろうとした二美子でしたが、席にはいつも謎の女(石田ゆり子)が。謎の女がトイレに席を立った隙を狙って二美子は席につき、数にコーヒーを注文。暖かいコーヒーをカップに注いだ後に「コーヒーが冷めないうちに…」と呟いた数…その言葉の後、二美子の視界には1週間前の景色が広がったのでした。もちろん彼女の目の前には、五郎の姿があったのでした。

願いどおり一週間前の、戻りたかった過去へ戻る事ができた二美子。同じ過ちを繰り返したくなかった二美子は、「過去に一度起こったことは変えることができない」というルールがある中で五郎に本心をぶつけました。コーヒーが冷めないうちに飲み干した二美子は、五郎の気持ちを聞かないまま現実へ。しかしどこか吹っ切れた表情を見せた二美子は、「一緒にアメリカへ行く」と五郎にメールを送ったのでした。

あらすじネタバレ③秋のある日

季節は秋に変わり…喫茶店「フニクリフニクラ」の常連客・高竹佳代(薬師丸ひろ子)は、今日も過去に戻れる席を見つめていました。数が佳代にどの過去に戻りたいのかを問うと、「夫に渡したいものがある」と大事に持っていた封筒を見せたのでした。しかし佳代は若年性認知症を患っていて、夫・房木康徳(松重豊)に関する記憶がなかったのでした。

しばらくすると…夫・房木が佳代を迎えに、喫茶店「フニクリフニクラ」へ姿を現しました。妻であるはずの佳代を「高竹さん」とよそよそしく旧姓で呼びかけた房木を、避けるようにして店を出る佳代。佳代は房木を旦那だということを忘れてしまった一方で、房木もパニックを避けるために自分が夫だと伝えていなかったのでした。そんなある日のこと…房木が喫茶店にいる時、謎の女が席を立ったのでした。

偶然にもチャンスが訪れた房木は過去に戻り、佳代と久しぶりの夫婦としての時間を過ごします。過去の世界で房木は、佳代が大切に持っていた封筒を受け取りました。そこには房木の事を忘れる前に書いた愛情と感謝が込められた手紙が入っていて、「患者と看護婦ではなく夫婦でいたい」と書いてあったのでした。現実へ戻った房木は、今後も佳代を支えていく決意を新たにしたのでした。

あらすじネタバレ④冬のある日

季節は冬へ移り変わり、数は最近姿を見せないスナックを営んでいる常連客・平井八絵子(吉田羊)が気になっていました。時田流によると、「妹・久美(松本若菜)が亡くなったらしい」との事でした。両親が旅館を経営していることから久美は「実家に戻るように」と何度も平井を説得し、それ以来平井は久美を避けていました。しかし突然の交通事故で、久美が亡くなってしまったのでした。

それから数日後経ったある日、葬式を終えたという平井が喫茶店に姿を現しました。数は久美から渡すように頼まれた手紙を、嫌がる平井に無理やり渡しました。涙で手紙を読む事もできなかった平井は、ある日喫茶店で「妹が最後に店に来た日に戻りたい」と数に言いました。謎の女が席を立ったタイミングを見計らい、数は「コーヒーが冷めないうちに」と念を押して平井にコーヒーを淹れました。

妹・久美と再会を果たした平井は、これまでの事を謝罪して和解しました。「私、お姉ちゃんと2人で旅館を経営する事が夢だったの」と言われた平井は、涙を流しながら冷めてきたコーヒーを飲み、事故が起きた日は外に出ないよう忠告しました。ギリギリ現実に戻った平井でしたが、久美が亡くなった事実は変わりませんでした。しかし旅館を継ぐ決意を固め、平井は実家へ帰っていったのでした。

コーヒーが冷めないうちにの結末ネタバレ

ここまで有村架純主演映画「コーヒーが冷めないうちに」の、あらすじをネタバレで紹介していきました!各々の人間ドラマが胸に沁み入る、有村架純も感動して涙してしまったという心温まるストーリーになっているようです。それではここから「コーヒーが冷めないうちに」の、結末までのあらすじをネタバレで紹介していきます!結末のネタバレを見たくない、という方はこの先ご注意ください。

結末ネタバレ①謎の女の正体

喫茶店近くに住む大学生・新谷亮介(伊藤健太郎)は、かねてからこの店で起こる不思議な出来事や数の事が気になっていました。朝食を取りながら喫茶店のマスター流に数や母親のことを尋ねると、「この店でコーヒーを淹れるのは時田家の女性が代々受け継いできた」ということ、さらに特定の席を占拠している“謎の女”こそが数の母親・要であることを明かしたのでした。

数がはじめてコーヒーを淹れた相手こそが母親・要であり、数がずっとそのことを悔やんでいると流は打ち明けました。さらに要は亡くなった数の父に会うために過去に戻り、冷めきる前にコーヒーを飲み干すことが出来ず現実世界に戻ってこられなくなったという事実を新谷は知ったのでした。やがて社会人になった新谷は数と結婚を決意し、数のお腹の中には2人の子供が宿ったのでした。

結末ネタバレ②ある夜

子供を授かった数は、「自分だけが幸せになっていいのか」と母の事を気にしていました。数の心を晴れさせる作戦を考えていた流や新谷…そこである事を閃いた新谷は、「明日の8時にお店に行って」と数に告げたのでした。新谷に言われた通り数が時間通り喫茶店へ行くと、過去へ戻れる席に見知らぬ少女がいました。そしてその少女は数を席に通し、時田家に伝わる代々の方法で数にコーヒーを淹れたのでした。

少女が気になった数が名前を尋ねると、「ミキです。未来と書いてミキ」と言いました。その瞬間…数は母親が幽霊になる直前へタイムスリップし、母親と再会を果たしたのでした。要は当時、数の父に会うため過去に戻ったのではなく、未来の数に会いに行ってたのでした。重い病を患っていたという要は命が尽きる前、娘の成長を見るためにコーヒーを飲んで現実へ戻ってこれなくなってしまったのでした。

「戻りたくない」と泣く数でしたが、「ずっと見ているから」と母は言いました。気付いた頃には現代に戻っていた数…母と会わせてくれたお礼を新谷に告げ、彼と共に過ごせる「今」が一番大事な事に気付きました。そして時は流れ、数の腕には生まれたばかりの赤ん坊がいました。「名前は何にする?」と隣にいる新谷に問われ、「未来と書いてミキ…彼女がそう言った」と数は穏やかな表情で答えたのでした。

Media Tweets by 映画『コーヒーが冷めないうちに』公式 (@coffee_movie921) | Twitter

コーヒーが冷めないうちにの原作と映画の違い

ここまで有村架純主演映画「コーヒーが冷めないうちに」の、結末までのあらすじをネタバレで紹介していきました!結末でネタバレとなった“謎の女”の正体や、数の過去、謎の少女“未来”の謎が全て解けた時、思わず涙してしまったという人も多いようです。それではここから「コーヒーが冷めないうちに」の、原作と映画の違いに迫っていきます!原作と映画で内容が大きく異なる箇所はあるのでしょうか?

原作と映画の違い①時田数の設定

有村架純が演じる時田数は、「コーヒーが冷めないうちに」の原作小説と映画で異なる設定があるようです。この異なる設定を知る上で重要になってくる人物こそが、原作小説で登場する喫茶店マスター時田流の妻・時田計です。数(有村架純)にとっては従兄の妻にあたるので、「義理の姉」という位置の人物です。そして映画にも登場する“ミキ”の母親こそが、原作小説では“時田計”なのです。

原作では身体が弱く妊娠中の時田計が、娘・ミキに会うために未来へ行くというストーリーのようです。それに対して映画で計が出産して亡くなるというエピソードはなく、数の母・要が自分の娘に会いたくて未来へ行くというストーリーに変わっているようです。さらに原作小説で時田数の娘は、「幸(さち)」という名前で登場しているようです。

原作と映画の違い②新谷亮介の存在

有村架純演じる数に想いを寄せる、美大生・新谷亮介も映画では大切なキーパーソンとなっています。しかし新谷亮介は原作には登場しない人物で、映画のみの特別な役となっているようです。原作小説では時田計の命がけの出産がラストに描かれていますが、映画では主人公である数(有村架純)自身が出産して“新谷亮介と幸せになる”というエピソードになっているようです。

コーヒーが冷めないうちにの登場人物とキャスト

ここまで「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじネタバレと、原作と映画の違いについて紹介していきました!設定が異なる原作小説と映画ですが見比べた結果「両方感動してしまった」という感想も多いようなので、是非両方見てみてはいかがでしょうか?それではここからは豪華キャストが数多く出演しているという、「コーヒーが冷めないうちに」の登場人物とキャストを一覧で紹介していきます。

時田数役/有村架純

映画「コーヒーが冷めないうちに」の主人公で喫茶店「フニクリフニクラ」でコーヒーを淹れる時田数を演じたキャストは、数々の映画やドラマなどに出演する若手実力派女優・有村架純です。優しさ溢れる人柄や、芯がしっかりしている所、さらに母親と再会した時の演技が凄いという声も多く、有村架純が数の役柄にピッタリだと好評のようです。

新谷亮介役/伊藤健太郎

映画「コーヒーが冷めないうちに」で、時田数に想いを寄せる美大生・新谷亮介役を演じたキャストは注目の若手俳優・伊藤健太郎です。ドラマ「パパ活」の柿澤実役や連続ドラマW「春が来た」の俊太役など、レギュラー出演で活躍の場を増やしている伊藤健太郎。今回本作で主人公でヒロインの数に想いを寄せるという役柄に、多くのファンから注目が集まったようです。

清川二美子役/波瑠

「コーヒーが冷めないうちに」で賀田多五郎とケンカ別れしたことを悔やむ30歳手前のキャリアウーマン・清川二美子役を演じたのは、NHK朝ドラ「あさが来た」で主演を務めた経歴をもつ女優・波瑠です。「あなたのことはそれほど」「サバイバル・ウェディング」などコンスタントに主演を務める、注目の女優・波瑠が今回映画にキャスティングされたことでも話題となったようです。

賀田多五郎役/林遣都

「コーヒーが冷めないうちに」でアメリカへ行ってしまった二美子の幼なじみ・賀田多五郎役を演じたのは、2007年映画「バッテリー」の主演で俳優デビューを飾った経歴をもつ俳優・林遣都です。「バッテリー」では数々の新人賞を受賞し、以降「ちーちゃんは悠久の向こう」「DIVE!!」など数々の主演を務め、近年では中国映画でも初出演を飾った実力派俳優です。

時田流役/深水元基

「コーヒーが冷めないうちに」で喫茶店「フニクリフニクラ」のオーナー・時田流役を演じたキャストは、モデル・デザイナーとしても活動している俳優・深水元基です。連続テレビ小説「あまちゃん」の萩尾コウイチ役や、NHK大河ドラマ「真田丸」では福島正則役などインパクトに残る役柄が多い深水元基。本作でも落ち着いたオーナー役が「ハマっている」と好評のようです。

平井久美役/松本若菜

「コーヒーが冷めないうちに」で姉・八絵子を説得している最中事故で亡くなる平井久美役を演じたのは、2007年に「仮面ライダー電王」でデビューを飾った女優・松本若菜です。2017年に公開された映画「愚行録」の演技が高く評価され、第39回ヨコハマ映画祭では「助演女優賞」を受賞するなど、実力派女優として数々の映画やドラマで活躍しているようです。

高竹佳代役/薬師丸ひろ子

「コーヒーが冷めないうちに」で若年性認知症に侵され夫の記憶をなくした妻・高竹佳代役を演じたのは、コメディからシリアスな役まで主演・助演の両方をこなすベテラン女優・薬師丸ひろ子です。1978年に高倉健との共演でデビュー以来、角川映画の中心的存在として人気を博した薬師丸ひろ子。本作でも夫の記憶をなくした妻という役で迫真の演技を見せ、劇場内は多くの感動で包まれたようです。

平井八絵子役/吉田羊

「コーヒーが冷めないうちに」の喫茶店常連客で、旅館を経営する実家の妹・久美を避けていた平井八絵子役を演じたのは、2007年に放送された昼ドラ「愛の迷宮」でデビューを飾った女優・吉田羊です。現在テレビドラマやNHK大河ドラマ、バラエティ番組など幅広い活躍を見せている吉田羊。本作に吉田羊がキャスティングされた際にも、期待の声が多く上がったようです。

コーヒーが冷めないうちに関する感想や評価

感想①今を大切にすることを教えてくれる映画!

過去や未来を変えて現実が変わっていく物語も多い中で、「コーヒーが冷めないうちに」は過去へいっても現実を変えることはできません。しかし過去へ行った人の気持ちの変化があり、それを映画で見た視聴者からも「今を大切にすることを教わった」という感想や、「今という時間を大切に生きようと思った」という感想が多く寄せられていました。

感想②とにかく「コーヒーが冷めないうちに」は号泣する!

「とにかく泣いた」という感想や、「これまで見た映画の中で一番泣けた」という感想も多く寄せられていた映画「コーヒーが冷めないうちに」。中には「ストーリーを思い出すだけで泣けてくる」という感想も多く、映画好きな方からも「思い切り泣きたい人にはとにかくお勧めの映画」だと言われているようです。

感想③「コーヒーが冷めないうちに」は映画も小説もおすすめ!

川口俊和による戯曲・小説が原作の「コーヒーが冷めないうちに」は、「映画も原作もどちらも感動する」という感想や「映画・原作両方面白い作品」という感想が多く人気があるようです。また2018年には舞台化もされ、これまで小説・映画を見ていなかったという方からも「舞台で大号泣。小説と映画も見てみよう」という感想も多く寄せられていました。

コーヒーが冷めないうちにのネタバレまとめ

今回は感動すると話題の有村架純主演映画、「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじをネタバレで紹介し、映画の感想やキャスト情報もお届けしていきました!登場人物一人一人が深いドラマを持っている本作ですが、あらすじを読んだだけでグッと来て映画を観たという方も多いようです。気分が沈んだ時や泣きたい時など、「4回泣ける」というこの映画を観て心のデトックスをしてみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ