ザ・インターネットのあらすじや感想ネタバレ!結末やキャスト・評価も紹介

ザ・インターネットという映画は、ネット社会である現代だからこそ観ておきたいタイトルの一つかもしれません。今回はそんなザ・インターネットについて、あらすじから結末までをネタバレ込みでご紹介します。更にザ・インターネットを鑑賞した人の感想や評価についてもまとめています。現代的な恐怖を味わう事のできる映画ザ・インターネットですが、ゲートキーパーに隠された秘密に、きっと驚く筈です。

ザ・インターネットのあらすじや感想ネタバレ!結末やキャスト・評価も紹介のイメージ

目次

  1. ザ・インターネットとは?
  2. ザ・インターネットの映画あらすじをネタバレ
  3. ザ・インターネットの映画結末をネタバレ
  4. ザ・インターネットの登場人物・キャスト
  5. ザ・インターネットに関する感想や評価は?
  6. ザ・インターネットの映画ネタバレまとめ

ザ・インターネットとは?

インターネットが普及した現在では、ネットの無い生活など考えられないという人も多い筈です。今回はそんなインターネットに関連した恐怖を描いたサスペンス映画「ザ・インターネット」について、ネタバレを多大に含んだあらすじから結末、感想までを詳しくご紹介します。今現在は気軽に接しているインターネットの世界ですが、この映画を観た後には同じ様にインターネットを楽しむ事ができなくなってしまうかもしれません。

ザ・インターネットの映画作品情報

ザ・インターネットは1995年に製作された映画で、プログラマーの仕事をしている主人公のアンジェラが、とあるフロッピーディスクを手に入れてしまった事から命の危機に晒される事となる作品です。ザ・インターネットは2006年に「ザ・インターネット2:美しき逃亡者」というタイトルで続編が製作されていますが、こちらのストーリーはザ・インターネットの本編とは関係が無く、インターネットにも関係がありません。

ザ・インターネットの監督

名前:アーウィン・ウィンクラー
生年月日:1931年5月25日(現在87歳)
出身:アメリカ合衆国ニューヨーク
職業:映画プロデューサー、映画監督
代表作:「ロッキーシリーズ」「メカニック」「イナフ」

ザ・インターネットの映画あらすじをネタバレ

それでは早速映画ザ・インターネットのあらすじを、順番にご紹介します。主人公は何故命を狙われる事となったのか?ゲートキーパーの秘密とは?といった情報など、ネタバレ要素を多大に含む内容となっている為、まだザ・インターネットを鑑賞していないという人やネタバレは知りたくないという人はくれぐれもご注意ください。

あらすじネタバレ:アンジェラ

バグの修正を専門に請け負うプログラマーであるアンジェラは、一人暮らしである上に仕事も在宅で行っている為、近所付き合いも無ければ恋人や友人といった存在もいません。唯一母親がいるもののアルツハイマー病を患っており、ホームで暮らしている状態です。しかしアンジェラは仕事とインターネットを楽しむ生活を満喫していました。

アンジェラはある日厄介なウイルスに関する依頼を受ける事となります。そのウイルスはキーボードのESCキーを押すと、システムを全滅させてしまうというのです。しかしアンジェラはあっという間にそのウイルスに対処し、自らの腕の良さを見せつけたのでした。ソフト社のデールという知人がウイルス収集をしており、アンジェラはデールに送る為にそのウイルスをフロッピーディスクにコピーしておきました。

あらすじネタバレ:フロッピーディスク

ある時そのデールから、一枚のフロッピーディスクが送られてきます。中身は「モーツァルト・ゴースト」という音楽サイトの画面で、デールに電話を繋ぎながらアンジェラは画面の中のπのアイコンをクリックします。すると突然画面に異常が現れます。デールによれば、このアイコンから大病院や鉄道といったサイトに入り込む事ができるというのです。恐ろしい代物である事から、デールは直接アンジェラと話したいと提案します。

あまり他人と現実での接触をしたくないアンジェラは躊躇しますが、デールの誘いを承諾します。これからセスナで飛んで朝には到着すると言っていたデールでしたが、デールの乗っていたセスナが突然誤作動を起こし、衝突事故によってデールは帰らぬ人となってしまったのです。デールの上司から訃報を知らされたアンジェラは驚き、ショックを受けていました。

あらすじネタバレ:ジャック

6年ぶりの休暇の為に旅行をしていたアンジェラは、旅先でジャックと名乗る男性に声を掛けられます。二人は良い雰囲気になるものの、途中でアンジェラの持っていたバッグがひったくりに遭ってしまいます。咄嗟に犯人を追いかけるジャックでしたが、アンジェラから離れて犯人を捕まえるとバッグの中身を探り始めます。実はこのひったくりの犯人は、ジャックとグルだったのです。

目的のフロッピーディスクを手に入れたジャックは、共謀していた男を撃ち殺してしまいます。バッグを捨てるとジャックは自らの手をナイフで傷つけ、ひったくり犯と格闘してきた様に見せかけてアンジェラの元へと戻りました。命がけでバッグを取り戻そうとしてくれたジャックに恋をしたアンジェラは、二人きりで船に乗り込み更にジャックと親密になっていきます。

あらすじネタバレ:ジャックの目的

濃密な時間を過ごしていたアンジェラですが、ジャックが席を立った際に彼の脱ぎ捨てていたジャケットの中から拳銃を見つけてしまいます。ジャックが実はチャット相手であり目的がフロッピーディスクであった事を知ったアンジェラは、どうにかジャックからフロッピーディスクを奪い返し、ゴムボートを使って逃げ出す事に成功しました。しかし途中で座礁してしまい、アンジェラは海に投げ出されてしまいます。

あらすじネタバレ:消されていく存在

目覚めたアンジェラは、地元の診療所の中にいました。怪我は軽いものであった為に、泊まっていたホテルへ向かったアンジェラですが、フロントによると既にアンジェラはチェックアウトを済ませた事になっていました。大使館へ向かったアンジェラですが、カード類も何故か使用ができません。すると臨時ビザの申請があったと言われますが、記載されていた名前はルース・マークスという見知らぬものでした。

やむを得ずサインをして臨時ビザでの帰国を果たしたアンジェラですが、帰宅すると実家は売り家となっており荷物も無くなっていたのです。不動産屋によれば引っ越しは三日ほど前で、警察に確認してもらうもののビザの名前が異なる事から信用されません。更に警察によって、ルース・マークスには犯罪履歴がある事もわかりました。それに気付いたアンジェラは一足先にその場から逃げ出す事に成功します。

あらすじネタバレ:ジャックの陰謀?

状況を理解できず恐らくジャックの陰謀なのだと判断したアンジェラは、ソフト社の知り合いに連絡を取ろうとするものの、既に退職していると告げられます。そこで防衛システムの担当者を呼び出して貰うと、電話口の女性がアンジェラだと名乗ってきました。その女性こそがルース・マークスなのだと気付いたアンジェラは、その場を離れて昔から自分の事を知る精神科医のアランに助けを求める事にしました。

あらすじネタバレ:パスワード

アランの助けを借りてパソコンを使える様になったアンジェラは、友人だというFBIに連絡をしてもらう間に、偶然持ち帰っていたジャックの財布を調べます。海軍病院のサイトを開き、名刺に書かれていたパスワードを打ち込むものの、承認されません。πのアイコンを見つけたアンジェラがそちらでパスワードを試してみると、政府の極秘情報データが表示されたのです。

πについてチャットの友人に詳細を聞く為、直接会う事となります。人の多い場所を指定し現地へ向かうアンジェラですが、道中でアランが不調により倒れてしまった為、病院へと彼を送り届けます。その後待ち合わせ場所である遊園地へ到着したアンジェラは、ジャックに捕まります。πというマークは、実はジャックが所属するサイバーテロ集団である「プレトリアン」が使用している暗号であったのです。

あらすじネタバレ:アランの死

デールが死亡した事故も、アンジェラの個人情報がすり替えられてしまったのも、全てプレトリアンの仕業であった事がわかりました。人の多い場所であった事から、アンジェラは隙を突いてジャックから逃走を図ります。無事に病院へと戻ったアンジェラでしたが、容体の急変によってアランは死亡してしまいました。命に関わる病状ではなかったアランの死もまた、コンピューターで患者の情報を操作した組織の仕業だったのです。

ジャックから電話を受けたアンジェラは、次は母親を人質にする事を伝えます。アランによって入所施設を変更してもらっていた母親の居場所も、インターネットによって突き止められていました。更に高速道路を走行中であったアンジェラは、死亡したアランの車を使用していた事から盗難の容疑をかけられて逮捕されてしまったのです。

ザ・インターネットの映画結末をネタバレ

ネット社会の恐ろしさが加速していく映画ザ・インターネットですが、続いては気になるザ・インターネットの結末についてをネタバレも含めてご紹介します。助けてくれる人物どころか自分の事を知る人間すらいない状況の中で、アンジェラは果たして本当の自分の存在を取り戻す事ができるのでしょうか?

結末ネタバレ:完璧なゲートキーパー

逮捕されたアンジェラは弁護士にこれまでの経緯を説明するものの、当然信じてもらう事はできませんでした。更に自分の母親へ電話を掛けますが、アルツハイマーである母親には自分が娘であると認識してもらう事すらできません。弁護士に対して必死に情報漏洩の危険性を訴えるアンジェラですが、弁護士は防御システムとして使用されている「ゲートキーパー」は完璧なものだと断言し取り合ってくれません。

結末ネタバレ:グレッグ・システム社

しかしアンジェラはその弁護士の言葉に、ゲートキーパーを作ったグレッグ・システム社こそが、ゲートキーパーを売りつける為に混乱を起こしているのではないかと思い至ります。そこにアクセスできるのはプレトリアンの人間だけである場合、あらゆる情報が漏洩してしまう危険性があるとゲートキーパーの危険について説明します。しかし弁護士は信じてくれる事はなく、アンジェラは留置所へと入れられてしまいました。

けれどアンジェラはすぐに釈放される事となります。アランが連絡を取ってくれていたFBIの友人が身元引受人となってくれたのです。しかしその友人が発した言葉に違和感を覚えたアンジェラは、彼が本物のFBIではない事を見抜いて逃走します。ホテルに辿り着いたアンジェラは、テレビで全政府がゲートキーパーを導入する事や、殺害容疑で自分が指名手配された状態である事を知ります。

結末ネタバレ:黒幕

アンジェラはソフト社へ忍び込み、偽物のアンジェラの使う席を確認してから火災報知機を作動させてフロアの中から社員を退避させます。その隙にプレトリアンの情報サイトへアクセスしたアンジェラは、その正体が予想通りゲートキーパーを開発したグレッグ・システム社であったと突き止める事に成功します。それらの情報をコピーしたアンジェラは、フロッピーディスクを手にその場を離れます。

結末ネタバレ:証拠の送信

アンジェラはパソコンを試用する事のできる見本市へと足を運びます。ブースに置かれたパソコンの一つからFBIへ、メールで情報を送ろうと考えたのです。しかしメールを打ち込んでいる最中に、アンジェラを追いかけてきたジャックとルース・マークスの姿が会場内にあるのを見つけます。二人に捕まる前にメールを送信したアンジェラですが、フロッピーディスクを差し込んだ所で二人が到着してしまいます。

結末ネタバレ:ESCキー

既に送信されたメールもすぐに削除をする事ができる為、アンジェラの努力も水の泡となってしまいます。勝ち誇った笑みを浮かべたジャックはメールを削除する為に、ESCキーを押しました。すると突然データがウイルスに侵され始め、ゲートキーパーのプログラムも消えてしまったのです。実はアンジェラが差し込んだディスクには、デールに送ろうとしていたあの破壊ウイルスが入っていたのです。

結末ネタバレ:決着

慌てる二人を尻目に逃走を図ったアンジェラは、見つからないよう隠れながらも反撃し、ルース・マークスをアンジェラだと勘違いしたジャックは誤って彼女を射殺してしまいます。更に消火器を使いアンジェラに殴られたジャックは、欄干から落下する形で死亡してしまいました。

無事に生還を果たしたアンジェラは母親をホームから引き取り、一緒に生活をする事にしました。テレビではゲートキーパーの一件が無事に警察へ届いた事から、その証拠を元にグレッグ・システム社のグレッグが逮捕されたと報道されていました。無事に日常を取り戻したアンジェラは、母親と共に穏やかな生活を送る事となりました。

ザ・インターネットの登場人物・キャスト

簡単に個人情報が消されてしまう恐怖を味わう事のできる映画ザ・インターネットですが、決して他人事ではないと言える内容だったのではないでしょうか?続いてはそんなザ・インターネットに出演していたキャストについてもご紹介します。

アンジェラ・ベネット(ルース・マークス)/サンドラ・ブロック

生年月日:1964年7月26日(現在54歳)
出身:アメリカ合衆国バージニア州アーリントン
身長:171cm
職業:女優、映画プロデューサー
出演作品:「しあわせの隠れ場所」「スピード」「オーシャンズ8」
吹き替え声優:佐々木優子

アンジェラはフリーで活動をしているプログラマーで、他人との接触が苦手である事から自宅で引きこもりながら仕事をする様な生活を続けています。アルツハイマー病の母親がいるものの施設にいる為、身近にアンジェラの事を知る人間はほとんどいない状態でした。

ジャック・デブリン/ジェレミー・ノーサム

生年月日:1961年12月1日(現在57歳)
出身:イギリス ケンブリッジ
身長:188cm
職業:俳優
出演作品:「ミミック」「インベージョン」「ザ・クラウン」
吹き替え声優:谷口節

アンジェラが休暇の際に出会った男性で、サイバーテロ集団の一員という悪人でした。ディスクを持つアンジェラをつけ狙い、あっさりと人殺しすらしてしまう冷酷な人間です。

ドクター・アラン・チャンピオン/デニス・ミラー

生年月日:1953年11月3日(現在65歳)
出身:アメリカ合衆国
身長:170cm
職業:コメディアン、俳優
出演作品:「ストレンジャー」「ホワイトハウスの陰謀」「ベガスの恋に勝つルール」
吹き替え声優:江原正士

優しい男性で、アンジェラの担当医であっただけではなくかつては恋人関係にありました。助けを求めてきたアンジェラを手助けするものの、アンジェラと関わってしまった事でプレトリアンに殺害される事となります。

ザ・インターネットに関する感想や評価は?

ザ・インターネットという映画はネット社会となった現代においても、危機感を持たせてくれる映画となっているのではないでしょうか?続いては実際に映画ザ・インターネットを観たという人の感想や評価についてもご紹介します。あり得ない事だと言い切れないザ・インターネットですが、現実に置き換えたリアルな感想や評価が多いかもしれません。

インターネットや身分証明関連で困った時に、ふと思い出すのがこのザ・インターネットという映画かもしれません。自分が自分である事は当たり前のものとして生活している人が多い筈ですが、ザ・インターネットという映画を鑑賞した後には、見えない不安を感じる事もありそうです。古い映画ではありますが、しっかりとした脚本に現代にも共通する項目があると評価されている映画でもあります。

現在では使用する事のなくなってしまったフロッピーディスクですが、懐かしさを感じたという感想もありました。まだインターネットが普及し始めた頃の映画でもある為、当時を知る人からしてみると思い出深い感想の浮かぶ映画でもあるのかもしれません。評価は上々の様です。

1995年に製作された映画でありながら、ザ・インターネットは現代を予知しているかの様な映画だと評価する感想もありました。ネットで情報を管理されるなんて想像もしていなかった様な時代から、今ではすっかりネットが身近なものとなっている状況に、改めてザ・インターネットを鑑賞すると当時とはまた違った感想や評価も出てきそうです。

ザ・インターネットの映画ネタバレまとめ

ザ・インターネットという映画について、あらすじから結末までをネタバレを含めてご紹介してきましたが、実際に鑑賞した人の感想や評価も興味深いものだったのではないでしょうか?ネットを多用する人であれば、ゲートキーパーの様にセキュリティ面で信頼しているソフトがある筈です。しかし改めてそれが本当に信頼できるものなのか、疑り深くなってしまいそうな映画でもありました。

ザ・インターネットの感想や評価は観る人の視点によって違いもありますが、基本的には評価が高い方の映画でもありました。時代を感じる描写なども多い映画ではありますが、まだ観た事が無いという人は是非一度ザ・インターネットを鑑賞してみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ