ばかもののあらすじと感想まとめ!映画の結末もネタバレ【内田有紀・成宮寛貴】

内田有紀さん&成宮寛貴さん主演の映画「ばかもの」をご存知でしょうか?絲山秋子さん原作の小説『ばかもの』。映画「デスノート」などで知られる監督金子修介によって映像化されたラブストーリーです。大学生ヒデと年上の女性額子との恋愛を描いた「ばかもの」のあらすじをネタバレ、また、キャストの紹介や感想なども紹介していきますので、気になる方はぜひまとめを参考にしてみてください。

ばかもののあらすじと感想まとめ!映画の結末もネタバレ【内田有紀・成宮寛貴】のイメージ

目次

  1. ばかものとは?
  2. ばかものの映画あらすじをネタバレ
  3. ばかものを観た人の感想や評価は?
  4. ばかものの映画結末をネタバレ
  5. ばかものの登場人物・キャスト
  6. ばかものの映画ネタバレまとめ

ばかものとは?

ばかものの作品情報

映画「ばかもの」は、2010年12月に公開された成宮寛貴さんと内田有紀さんダブル主演の映画です。原作は、絲山秋子による小説『ばかもの』。映画監督を務めたのは、映画「学校の怪談3」、「デスノート」などの監督でも知られる金子修介さんです。脚本は、映画「蝉祭りの島」や「プライド」などを手掛けた高橋美幸さんです。

物語は、群馬県に住む大学生ヒデと年上の額子との10年に渡る恋愛、また、就職・結婚など人生のターニングポイントを描いたラブストーリー。Yhoo!JAPANの映画評価では3.65点と高めの評価として知られています。内田有紀さん含め、他のキャストの紹介は後半で紹介!

原作『ばかもの』の作者:絲山秋子

『ばかもの』を執筆した絲山秋子さんは、1966年11月22日生まれの東京出身で、現在は群馬県高崎市に在住する小説家です。最終学歴は早稲田大学政治経済学部、現在は小説の他に高崎経済大学の非常勤理事・非常勤講師として活動しています。絲山さんは、2003年に文學界新人賞、2004年に川端康成文学賞、2005年には芸術選奨新人賞、芥川龍之介賞、2016年には谷崎潤一郎賞を受賞という凄まじい経歴を持っています。

そんな絲山秋子さんの『ばかもの』以外の作品は、『イッツ・オンリー・トーク』『海の仙人』『袋小路の男』『逃亡くそたわけ』『スモールトーク』『ニート』『沖で待つ』『エスケイプ/アブセント』『ダーティ・ワーク』『ラジ&ピース』『妻の超然』『末裔』『不愉快な本の続編』『忘れられたワルツ』『離陸』『薄情』『小松とうさちゃん』などがあります。

ばかものの予告動画

予告編の動画はネット上でも数が少ないので、もっと見てみたいと思った方はぜひDVDなどで本編をご覧になってください。

ばかものの主題歌

映画「ばかもの」の主題歌は、shelaさんが歌う「めぐり逢い」です。残念ながらYoutubeなどの動画サイトに曲がありませんでしたので、聞いてみたい方はCDや配信などで聞いてみてください。shela(読み:シェラ)さんは、1980年3月4日生まれの北海道出身のアーティストで、1997年から歌手活動をしています。2000年には第33回「全日本有線放送大賞」の新人賞を受賞しています。では、次項はいよいよあらすじです!

ばかものの映画あらすじをネタバレ

「ばかもの」あらすじネタバレ①出会い

競馬場近くにあるおでん屋「よしたけ」へヒデ(成宮寛貴)の父親が忘れた財布を取りにいったところ、額子(内田有紀)と出会います。平凡な大学生は、初めてのビールを額子に無理やり飲まされます。これまでの淡々と過ごしていた日常に、額子との出会いを機に人生が変わっていきます。そんなある日、額子とヒデは同じスーパーでバイトをしていたことが分かります。バイト終わり、額子が運転する車に乗せられ、映画に誘われました。

ですが、額子に連れていかれたのはポルノ映画。鑑賞後、額子の部屋に連れ込まれたヒデは童貞を卒業します。その日から、ヒデと額子はセックスを繰り返す甘い日々が始まります…。誕生日プレゼントをもらったり、一緒に競馬へ行ったりと普通の恋人同士のような日々を過ごしました。そんなある日、いつものようにセックスをしようと額子を誘うヒデでしたが、額子は「今日生理だから」と拒否されます。

「先々週も生理って言ってなかった?」そう問い詰めるヒデ。そんなヒデに「もっと刺激的なことしよう」と、額子はヒデを公園に連れていくのでした。寒い冬の夜の公園、額子はヒデを木に縛りつけ、ヒデのズボンを下ろした額子…。事を終えた額子は、結婚することヒデに告げたのです。「急にどうして?」と問いただすヒデに「遊びだった」と言い、ヒデは下半身丸出しのまま置き去りにされてしまいました。

「ばかもの」あらすじネタバレ:それぞれの生活

その後、大学4年になったヒデは留年が決まりました。ヒデの友だち加藤は順調に就職を決めます。加藤の彼女山根ユキは大学を中退することになりました。その頃、額子は新しい場所で新生活を始めていました。中退後、群馬から東京へ引っ越すことが決まっていたユキとお酒を飲んだヒデ。その日、ユキの部屋に泊まったヒデは、ユキの身体を求めましたが、額子に未練があることを見透かされ、2人は関係を持つことはしませんでした。

その後、加藤はユキではない人と結婚をし、ヒデは加藤の結婚式後に恵比寿の高級マンションで暮らしていたユキの元へ訪れます。デイトレをしていたユキでしたが、部屋には株に関する書籍などがなく、代わりにあったのは宗教の本でした。そんな光景に驚くヒデ。ユキは「多くの男と交わることが必要だと教祖に教えられた」と言い、ヒデを押し倒すユキは新興宗教にハマっていたのです。

場面は代わり、結婚後も時々群馬に帰って来てはヒデと交流のあった加藤夫妻。ある日の飲み会、加藤の結婚式で出会った翔子と再会し、ヒデは「テレビが映らない」と言う翔子の部屋に行くことに。ヒデと翔子はその後、交際を始めました。ヒデは、2年程翔子と付き合っていましたが、だんだんとお酒の量が増えていき、そのせいで会社も休みがちになるように。そんなヒデに加藤からも注意されます。

「ばかもの」あらすじネタバレ:アルコール依存症

加藤に注意をされたヒデでしたが、自宅でも毎日飲酒を続けるヒデはお酒を辞めようとはしません。お酒を飲みすぎた翌日は二日酔になり、仕事ままならない日が続きます。そんなヒデを好きでい続ける翔子に、ヒデはある日別れを切り出しますが、翔子はそれを受け入れずにいました。ヒデは、姉の結婚式で親戚から酒を勧められ、最初は断っていましたが最終的に飲んでしまいます。一度お酒を口にしたヒデは、だんだん泥酔していきます。

ヒデは、周囲に絡んだり暴れ出したりし、姉の結婚式を台無しにしてしまい、ヒデに見切りをつけた家族はヒデを家から追い出します。行き場のないヒデは、翔子の部屋へ転がり込みますが、以前よりもお酒の量が増え続けるように。飲酒がエスカレートしていくヒデは、とうとうお風呂にも入らず…。見かねた加藤に「アルコール依存症じゃないのか?」と咎められます。しかし忠告も聞く耳を持たないヒデは会社もクビになります。

ヒデが翔子の部屋に戻ると、翔子の荷物や姿はありませんでした。ヒデはユキを頼りますが拒否されます。ヒデが公園で酔いつぶれていると、額子の飼い犬ホシノを見かけ、後を追いかけますが、その先には「よしたけ」がありました。その後、飲酒運転でヒデは事故を起こしますが、この日にホシノが死んだことを聞き、それによってようやくお酒を辞めることを決心したヒデは、アルコール依存症専門病院に入院することになりました。

ばかものを観た人の感想や評価は?

「ばかもの」を観た人の感想や評価①ネタバレあり

「ばかもの」の感想で多かったのが、成宮寛貴さんに関する感想でした。不器用なヒデと額子の10年にも渡る恋愛を描いた「ばかもの」は、今でも好評です。ヒデを演じた成宮寛貴さんのファンからは絶大な支持があります。

「ばかもの」を観た人の感想や評価②ネタバレあり

次に多く見られた感想は、「最後は結ばれてよかった」というものです。一度別れてしまった2人でしたが、最終的には再び結ばれたヒデと額子。お互いが素直になったことで想いが通じ合えた「ばかもの」は、恋愛以外にも家族との絆や友人との絆も描かれています。作品をご覧になった方は、SNS等で「ばかもの」の感想を呟いてみてください。

Thumb相棒で成宮寛貴(甲斐享)編を解説!犯人だった理由と最終回の終わり方を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ばかものの映画結末をネタバレ

「ばかもの」結末あらすじネタバレ:再会

辛い治療を受けたヒデは退院し、実家に帰ると、新品のスリッパが用意されていました。更生したヒデは、姉に結婚式のことを謝罪し、バイトを始めた中華食堂では真面目に働き、以前のような普通の日常が戻りました。そんなある日、ヒデは「よしたけ」で額子が事故にあっていたことを聞きます。そして、額子は今「かたしな高原」にいるという情報を聞き、額子に会いに行くことにしたヒデ。額子は、バス停でヒデを待っていました。


ですが、ヒデが目にした額子は以前の額子とはほど遠く、白髪に片腕のない姿がありました。そんな姿に驚くヒデでしたが、額子はヒデを車に乗せ、片手で運転をしながら家へ連れていきます。ヒデは、額子の作る料理を食べたりして過ごしました。翌週、ヒデは再び額子の元へ訪れましたが、ヒデの帰りがけに額子から「右腕を洗っ、脇の毛を剃ってほしい」と頼まれます。

要望に応えたヒデに、「いつセックスするの?」と問いただす額子。額子は、ヒデとセックス以外でどうやって繋がっていいのか、ヒデを好きになることが怖かったと泣きながら告げる額子を抱きしめるヒデ。

「ばかもの」結末あらすじネタバレ:新たな生活

ある日、ヒデがバイトする食堂の親父に、「娘と一緒になって店を継いで欲しい」と頼まれます。額子を支える自信のないヒデは、その提案に揺らいでいました。ですが、ヒデがアル中になったことを聞いた時に額子が白髪になってしまっことを額子の母親に聞かされたヒデ。額子への想いを再確認したヒデは、バイトを辞め、家族にも正直に話し、額子と二人「かたしな高原」で新たな人生を歩きはじめることにしたのでした。

ばかものの登場人物・キャスト

大須秀成/成宮寛貴

主人公の大須秀成を演じたのは、俳優の成宮寛貴さんです。成宮寛貴さんは1982年9月14日生まれのA型、東京都出身です。トップコートに所属していましたが、2016年に芸能界を引退しています。成宮寛貴さんは、2000年に舞台のオーディションに合格し舞台「滅びかけた人類、その愛の本質とは…」で俳優デビューをしました。2005年に第29回「エランドール賞新人賞」を受賞し、着々と功績を修めていました。

成宮寛貴さんの主な出演作は、「ごくせん」「オレンジデイズ」「ハチミツとクローバー」「ブラッディ・マンデイ」「ヤンキー君とメガネちゃん」「相棒」「37.5℃の涙」「大河ドラマ 利家とまつ〜加賀百万石物語〜」「いま、会いにゆきます」「怪盗 山猫」「不機嫌な果実」映画「下弦の月〜ラスト・クォーター」「NANA」「アキハバラ@DEEP」「のぼうの城」「ドロップ」などがあります。

吉竹額子/内田有紀

吉竹額子を演じたのは女優の内田有紀さんです。内田有紀さんは、1975年11月16日生まれのO型、東京都出身です。バーニングプロダクションに所属しています。内田有紀さんは女優以外にも歌手として活動しており、キングレコードとも契約をしています。中学生の頃からモデルとして活動しており、1992年には「その時、ハートは盗まれた」で女優デビューをしました。以降、様々なドラマや映画に出演しており現在も活躍しています。

内田有紀さんの主な出演作は、テレビドラマ「時をかける少女」「17才-at seventeen-」「キャンパスノート」「氷の世界」「医龍-Team Medical Dragon-2」「最後から二番目の恋」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」「軍師官兵衛」「ナオミとカナコ」「西郷どん」「まんぷく」映画「花より男子」「CAT'S EYE」「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」などがあります。

翔子/白石美帆

翔子を演じた女優でタレントの白石美帆さんは、1978年8月8日生まれのA型、茨城県出身です。ユナイテッドスマイルズ、ハーキュリーズに所属しています。夫はV6の長野博さん。スカウトを機に芸能界デビューをし、グラビア活動やタレント経て、映画「白い船」で女優デビューをしました。以降、FIFAワールドカップなどのキャスターとしても活躍。また、アニメ「鋼の錬金術師」でクララ役で声優もした経験があります。

白石美帆さんの主な出演作は、テレビドラマ「美女か野獣」「東京ラブ・シネマ」「あなたの隣に誰かいる」「オレンジデイズ」「ホットマン2」「電車男」「サプリ」「のだめカンタービレ」「どんど晴れ」「ひよっこ」「チームバチスタ2ジェネラル・ルージュの凱旋」「保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜」映画「L♥DK」「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」があります。

山根ユキ/中村ゆり

山根ユキを演じた中村ゆりさんは、1982年3月15日生まれのAB型、大阪府出身です。アルファエージェンシーに所属しています。1996年に放送されていた「ASAYAN」という番組内の歌手オーディションに合格を機に芸能界入りをしました。以降、歌手や女優として活躍しています。主な出演作は、映画「パッチギ! LOVE&PEACE」、「天国からのラブレター」、テレビドラマ「未来日記-ANOTHER:WORLD-」などがあります。

加藤/池内博之

加藤を演じた池内博之さんは、1976年11月24日生まれの茨城県出身です。レプロエンタテインメントに所属しています。池内さんは、高校生の頃にスカウトをされモデルとして活動していました。その後、テレビドラマ「告白」で俳優としてデビューし、様々な作品に出演されています。池内さんの主な出演作は、テレビドラマ「GTO」、「八重の桜」、「S -最後の警官-」、「ハゲタカ」、映画「アウトレイジ 最終章」があります。

額子の母/古手川祐子

額子の母を演じた古手川祐子さんは、1959年7月16日生まれのB型、大分県出身です。エーチームに所属しています。古手川さんは、1976年に開催された「ミス・サラダガール・コンテスト全国大会」にて1位を獲得し、東宝芸能に入社し、「星と嵐」で女優デビューをしました。主な出演作は、テレビドラマ「幕末未来人」、「峠の群像」、「炎立つ」、「ゲゲゲの女房」、映画「細雪」、「あゝ野麦峠」などがあります。

Thumbいま、会いにゆきますのドラマ版はミムラと成宮寛貴が夫婦役!あらすじと感想は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ばかものの映画ネタバレまとめ

以上、内田有紀さん&成宮寛貴さん主演の映画「ばかもの」のあらすじまとめでした。SNSでの視聴者からの感想は好評なものばかりでした。みなさんはどんな感想を持ったでしょうか?あらすじだけではなく、ぜひ本編の方もご覧になってください。また違った印象を持つでしょう!サイト内には、成宮寛貴さんや内田有紀さんが出演する作品のまとめがありますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ