エグジットスピードのネタバレあらすじとキャスト!面白いと話題のB級映画の感想は?

エグジットスピードは、あるバスが暴走族に絡まれるところから始まる、サバイバルアクションを描いた映画です。エグジットスピードはB級映画と評されている映画なのですが、B級なのに面白いとも言われている作品です。ここでは、B級サバイバルアクション映画エグジットスピードの、ストーリーのあらすじを詳しくネタバレしていきます。また、映画エグジットスピードのキャスト情報や見た人の感想もご紹介します。

エグジットスピードのネタバレあらすじとキャスト!面白いと話題のB級映画の感想は?のイメージ

目次

  1. エグジットスピードとは?
  2. エグジットスピードの映画あらすじをネタバレ
  3. エグジットスピードの映画結末をネタバレ
  4. エグジットスピードのキャスト・登場人物
  5. エグジットスピードに関する感想や評価は?
  6. エグジットスピードの映画ネタバレまとめ

エグジットスピードとは?

エグジットスピードは面白いと話題のB級映画

映画エグジットスピードは、2008年に公開されたアメリカのアクション映画です。エグジットスピードはB級映画と評される事の多いサバイバルアクション映画なのですが、実は最後まで見入ってしまうという感想も多い評価の高い映画です。様々な個性的な乗客を乗せたあるバスが、暴走族に絡まれてしまうところから、エグジットスピードのストーリーは始まります。

映画エグジットスピードでは、様々な目的地へ向かう乗客たちが、恐ろしく凶暴な暴走族との戦いに巻き込まれてしまうという、緊迫の展開を描いています。突然暴走族に絡まれてしまうとんでもない展開や、細かい設定に粗のあるストーリーなどで、映画エグジットスピードはB級と評されています。しかし、スピード感のあるストーリー展開と深く考えずに楽しめるアクションシーンで、B級映画好きに一定の評価を得ている作品です。

ここでは、B級映画好きに選ばれているサバイバルアクション映画、エグジットスピードについて様々な情報をまとめていきます。映画エグジットスピードの詳しいストーリーのあらすじをネタバレ紹介していきます。また、エグジットスピードに出演しているキャストの情報や、エグジットスピードを見た人の感想なども合わせてご紹介します。

エグジットスピードの監督

映画エグジットスピードの監督を務めたのは、スコット・ジールです。スコット・ジールはアメリカの映画監督で、アクション映画を主に制作している人物です。スコット・ジールの映画エグジットスピード以外の作品をご紹介します。スコット・ジール監督の代表作としては、「スリーウェイ誘う女たち」「デーモンハンター」「クモ男の復讐」「クルーエル・インテンションズ3」などがあります。

アクション映画を得意としている監督スコット・ジールは、映画エグジットスピードでもテンポの良いサバイバルアクションを作り出しています。見る人を飽きさせない演出と、ついつい最後まで見てしまうスピード感のある展開で、映画エグジットスピードはB級と言われながらも面白いという評価を得ているのです。

エグジットスピードの映画あらすじをネタバレ

あらすじネタバレ:バス出発

B級なのに面白いと話題のエグジットスピードのストーリーのあらすじを詳しくネタバレしていきます。映画エグジットスピードの舞台は、クリスマス・イヴのアメリカ、テキサス州です。あるカップルが一夜を共にしてベッドで眠っています。そこにある初老の男性がやってきます。この男性はアーチーという軍曹で、軍から脱走しているメレディスを追っているのでした。メレディスは問題行動の多い軍人で、アーチーから逃亡しています。

脱走兵であるメレディスは、追ってくるアーチーを上手くかわして逃げてしまいます。この時も、窓から逃げていきました。アーチーから逃げるメレディスは、あるバスに乗車します。このバスはエル・パソ行きのバスで、運転手のダニエルが切符を確認しています。最後に乗り込んだ乗客がメレディスでした。バスは6時間かけてのエル・パソ行きの運行を開始します。

あらすじネタバレ:乗客

エル・パソ行きのバスの中には、様々な個性的な乗客が乗っていました。携帯電話で娘に電話をかけてばかりいるマウディ、サムは子供のおもちゃをガムテープで梱包しています。そして物静かなアナベル、文句ばかり言っているジェリーはフットボールのコーチでした。スペイン語しか話せないラモンに、ずっとイチャイチャしているカップルのデジレとデューク。

娘に電話をかけているマウディは、娘の待つ家に向かっています。サムは別れた妻と子供に会いに家に向かいます。カップルのデジレとデュークはラスベガスを目指し、メレディスはアーチーから逃げるためにエル・パソ行きのバスに乗っています。様々な目的地を目指している乗客たち。メレディスは運転手のダニエルと身の上話を始めました。運転手ダニエルはイラク戦争で物資を運ぶ仕事についていたといいます。

あらすじネタバレ:暴走族軍団

パスの運行は順調に進んでいましたが、田舎道に差し掛かったあたりで突然暴走族集団が現れてバスにちょっかいをかけ始めます。この暴走族は薬漬けの危険な集団で、様々な悪事を働いて恐れられていました。ノマドと呼ばれているらしい暴走族は、バスに対して嫌がらせを仕掛けてきます。運転手のダニエルは、心配ないと暴走族集団を振り切って走ります。すると、バスの前から一台のバイクが向かってきました。

ダニエルはバイクを威嚇するため、バスのハンドルを切ってしまいます。バイクはバスの目の前で転倒してしまい、バスはバイクの運転手もろとも轢いてしまいます。人を轢いてしまって慌てた運転手のダニエルは、急いでバスを停車させバイクの様子を伺いに行きます。すると、バイクの運転手は生きていて、持っていた銃でダニエルを撃ち殺してしまいます。ジェリーは暴走族から銃を奪って射殺すると、急いでバスを走らせます。

あらすじネタバレ:凶悪化する暴走族

仲間を一人殺された暴走族は凶悪化し、バスに迫ってきます。暴走族から逃げて走るバスはわき道にそれていき、廃屋のような場所に逃げ込みます。バスの乗客はみんなでバリケードを築き、身を隠して今度のことを話しあいます。マウディが一番近い町まで行って助けを呼ぶと言い出しました。一番近い町までは30㎞の道のりです。30㎞の道を走っていくとマウディは言います。皆はマウディに助けを呼びに行く事を託しました。

武器となるのは、ジェリーが持っている暴走族から奪った銃だけでした。しかし、ジェリーが持っている銃は弾が残り少ないのでした。そこで、アーチェリー選手であるアナベルに暴走族を弓で討たせることになりました。アナベルは人を撃つ事を嫌がっていましたが、マウディが暴走族に捕まってしまいそうなところを目撃し、暴走族二人を撃って殺害します。

ここまでは、B級映画として人気のエグジットスピードのあらすじを詳しくネタバレしました。エグジットスピードは、エル・パソ行きのバスに乗り合わせた個性的な乗客たちが、突然ちょっかいを出してきた暴走族に絡まれてしまうストーリーとなっています。暴走族の仲間を殺してしまったことで、激化する暴走族の攻撃。廃屋に逃げ込んだ乗客たちは、暴走族の戦闘を繰り広げる事になります。

エグジットスピードの映画結末をネタバレ

結末ネタバレ:銃撃戦

映画エグジットスピードのストーリーのあらすじネタバレに続き、気になる結末のあらすじまでを解説していきます。凶暴な暴走族に襲われたバスの乗客たちは、廃屋で攻防戦を繰り広げています。

アナベルがアーチェリーで暴走族を殺害すると、暴走族との銃撃戦になりました。そのころ、メレディスを追いかけるアーチーは暴走族のアジトの近くまで来ていました。バリケードをやぶって、暴走族が廃屋の中に攻め込んできました。ジェリーとデュークは殺されてしまいました。サムとメレディスが中心となって、ラモンの作った武器で応戦します。

ラモンは暴走族を倒すため、アナベルの使っているアーチェリーや爆弾を作り出していました。そこにメレディスを追ってアーチーもやってきて、暴走族との戦闘に加わります。メレディス達とアーチーは暴走族を殲滅する事に成功しました。

結末ネタバレ:再会

暴走族との戦闘が終わった後、アーチーはメレディスに脱走の事は不問にするから好きにしろといいます。メレディスはサムとアナベルと一緒に車に乗って去っていきました。マウディも、娘たちとの再会を果たし、喜び合うのでした。

サバイバルアクション映画、エグジットスピードのあらすじを結末まで詳しくネタバレしてきました。緊迫の展開がテンポよく描かれていて、飽きることなく最後まで見ることが出来るアクション映画エグジットスピード。B級映画と言われながらも、実は隠れたファンの多い良作と評価されている映画です。

エグジットスピードのキャスト・登場人物

リー・トンプソン/マウディ

映画エグジットスピードのキャスト情報を詳しくご紹介していきます。映画エグジットスピードのキャストで、娘たちの待つ家を目指す女性マウディを演じていたのはリー・トンプソンです。リー・トンプソンはアメリカ合衆国の女優で、ミネソタ州ロチェスター出身です。リー・トンプソンといえば、代表作「バック・トゥー・ザ・フューチャー」が有名です。

エグジットスピードでマウディを演じたキャストリー・トンプソンは、「バック・トゥー・ザ・フューチャー」以外にも「恋しくて」や「ハワード・ザ・ダッグ/暗黒魔王の陰謀」等に出演して活躍しています。リー・トンプソンはテレビドラマシリーズでも幅広く活躍し、日本でもファンの多い女優です。

フレッド・ウォード/アーチー・スパークス

エグジットスピードのキャストで、脱走兵メレディスを追っている軍曹アーチー・スパークスを演じたのが、フレッド・ウォードです。フレッド・ウォードはアメリカ合衆国の俳優で、カリフォルニア州サンディエゴ生まれです。フレッド・ウォードはエグジットスピードのキャストの中でも演技派で知られている俳優で、ゴールデングローブ賞などの映画賞を受賞しています。

デズモンド・ハリントン/サム

エグジットスピードのキャストで、妻子の元へ向かうサムを演じているのが、デズモンド・ハリントンです。デズモンド・ハリントンはアメリカ合衆国の俳優で、エグジットスピード以外にも様々な映画に出演して活躍しています。デズモンド・ハリントンの出演作として「クライモリ」「ゴースト・シップ」「バットマンダークナイト」等が有名です。

アリス・グレチン/アナベル

映画エグジットスピードのキャストで、アーチェリー選手アナベルを演じていたのが、アリス・グレチンです。アリス・グレチンはアメリカ合衆国カリフォルニア州ウォールナットクリーク生まれの女優です。アリス・グレチンはエグジットスピードのキャストの中では若手女優として注目を集めていました。映画やテレビ出演でキャリアを重ねている人気女優の一人です。

エグジットスピードに関する感想や評価は?

映画エグジットスピードの感想では、飽きさせないアクションが面白いという感想が多いです。映画エグジットスピードは、まず走行中のバスが暴走族に絡まれるところから、急展開を迎えます。長距離バスとバイクのカーチェイスシーンもあり、廃屋に籠城して戦う緊迫の展開ありと、見る人を飽きさせること無くサバイバルアクションが展開されていきます。テンポの良いアクション映画として評価されている作品です。

映画エグジットスピードの感想では、カーチェイスシーンと籠城で戦うアクションシーンと二度美味しいという感想も見られます。エグジットスピードはB級映画と評される事の多いアクション映画です。カーチェイスに終始するのかと思いきや、映画開始早々に籠城してしまいます。籠城後繰り広げられるサバイバルアクションも見どころが多く、二つの要素で楽しませてくれる映画として、エグジットスピードは人気です。

映画エグジットスピードの感想では、籠城戦のサバイバル感が好きだという感想も多いです。暴走族と闘うメンバーは、少し個性的ではありますがいたって普通の一般人たちです。廃屋に逃げ込んだ彼らは、迫りくる暴走族と闘わなければいけません。しかし、暴走族から奪った銃は一丁だけ。そこで彼らは廃屋にある部品などで武器を作り出し戦うのですが、この展開が面白いと評価する声が多いです。

映画エグジットスピードは、立てこもりアクションの隠れた名作として評価されています。エグジットスピードでは、一般人のバスの乗客が凶暴な暴走族と戦う事になります。暴走族に追い詰められて廃屋に逃げ込んだバスの乗客たち。そこで彼らが手作りで武器を作り出し、暴走族を次々に倒していくという展開は爽快で燃えるアクション映画であると人気を集めているのです。

エグジットスピードの映画ネタバレまとめ

ここでは、B級映画の名作として評価されているサバイバルアクション映画、エグジットスピードのストーリーのあらすじをネタバレ紹介しました。エグジットスピードはごく普通の一般人が乗るバスが、恐ろしい暴走族に絡まれてしまうという斬新なストーリーの映画でした。バスの乗客たちが暴走族と戦うため、廃屋に籠城して手作りの武器で迎え撃つ展開はテンポがよく、評価されているポイントでした。

ここでは、そんな人気B級映画のエグジットスピードのキャストの情報や、エグジットスピードを見た人の感想等もまとめています。カーチェイスも立てこもりアクションも楽しめる、二度美味しい映画としてエグジットスピードは評価されています。映画エグジットスピードに興味を持ったという人は、是非エグジットスピードをチェックしてスピード感のあるサバイバルアクションを楽しんでみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ