仮面ライダーアマゾンズ(劇場版)のあらすじをネタバレ!結末や感想も紹介

劇場版『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』は2018年5月19日に公開された日本映画です。Amazonプライム・ビデオのオリジナル作品で、シーズン1・シーズン2と配信されました。シリアスでスプラッタ要素のある大人向け作品『仮面ライダーアマゾンズ』の劇場版は今までのシリーズの続編でもあるためシリーズ1、2のあらすじも軽くネタバレしつつ、劇場版のあらすじネタバレやキャスト陣、視聴者の感想も併せて紹介いたします。

仮面ライダーアマゾンズ(劇場版)のあらすじをネタバレ!結末や感想も紹介のイメージ

目次

  1. 仮面ライダーアマゾンズとは?
  2. 仮面ライダーアマゾンズの劇場版あらすじをネタバレ
  3. 仮面ライダーアマゾンズの劇場版結末をネタバレ
  4. 仮面ライダーアマゾンズを観た人の感想や評価は?
  5. 仮面ライダーアマゾンズのキャスト
  6. 仮面ライダーアマゾンズの最後ノ審判映画まとめ

仮面ライダーアマゾンズとは?

仮面ライダーアマゾンズの作品情報

『仮面ライダーアマゾンズ』はAmazonプライム・ビデオのオリジナル作品でシーズン1が2016年に、シーズン2が2017年に配信されました。

仮面ライダー生誕45周年を記念したもので、仮面ライダーシリーズ第4作『仮面ライダーアマゾン』を元にして作られていますが、内容は一新され一から仕切り直された作品です。仮面ライダーシリーズのなかでも異質なであり、シリアス、グロテスクなシーンが多く大人向けの作品となっています。

配信されたシリーズ1、2の続編となる劇場版の『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』は2018年5月19日に映画が公開されました。仮面ライダーシリーズ初の4DX/MX4Dでの上映もされました。映画のプロモーションでは「四谷消防署安全安心フェア」で街を歩き、ファイターズスタジアムでの始球式、武田玲奈さんがWeb限定の4D上映体験をした様子がYouTubeで公開されました。

仮面ライダーアマゾンズシーズン1あらすじを簡単にネタバレ

劇場版『最後ノ審判』のネタバレに入る前に軽くネット配信でのあらすじに触れていきます。大手製薬会社「野座間製薬」は裏で人口生命体「アマゾン」の研究を行っていましたが、事故により4,000体が脱走してしまいます。アマゾン細胞で作られた彼らは腕輪で力を抑えていますが、それが切れてしまうと怪物になって人間に襲い掛かり人間を食べてしまいます。そのため、アマゾンを見つけ次第処分していました。

野座間製薬の役員の子息である水澤悠(はるか)は病弱であり、義理の妹の美月と共に静かに暮らしていました。悠は注射を義務付けられていましたが、それを嫌がり家を飛び出してしまいます。そこに偶然アマゾンの処分を目の当たりにし仮面ライダーアマゾンオメガに変身してしまいます。その後、仮面ライダーアマゾンアルファの鷹山仁とパートナーの泉七羽に出会い、アマゾンの運命を知らされることになります。

アマゾンの処分をする一方で人間なのかアマゾンなのかで悩む悠は、自分自身の出生の秘密を知ってしまいます。アマゾンを作り出しておきながら処分をする母など人間に対して嫌気がさした彼は、自分がアマゾンであっても"守るべきものとそうでない者は狩る"という意思を持ちます。アマゾンはすべて狩るという仁の考えと対立し、悠は罪を重ねていないアマゾンたちと共に行方をくらませてしまいます。

仮面ライダーアマゾンズシーズン2あらすじを簡単にネタバレ

大事件から5年が経ちアマゾンたちは駆逐されつつありました。しかし、人間にアマゾン細胞が感染するようになり、人間が怪物化してしまう事態が発生していました。アマゾンに育てられた千翼は政府に保護されていましたが脱走し、TEAM Xに拾われます。仮面ライダーアマゾンネオに変身し戦うものの、食人衝動に駆られてしまいます。そんな千翼の前に衝動に駆られないイユという少女が現れますが、彼女もまたアマゾンでした。

イユに出会ったことで千翼は政府の組織C4に復帰し、アマゾン狩りを始めます。しかし、アマゾンはすべて駆逐する考えの仁は千翼も殺そうとします。その頃、アマゾン細胞と千翼の遺伝子が一致し処分されかけた時に、本能が暴走をはじめ多くの人を殺害してしまいます。彼は仁や政府から追われる身となってしまいます。千翼は仁の子であり、自らの手で終止符を打とうと決意していました。

千翼が仁に見つかりとどめを刺されそうになりますが、人間性を取り戻したイユに助けられるもイユは政府組織に処分されることになり腕輪のシステムで苦しみ続けます。満身創痍の2人は逃亡するもイユは息を引き取り、アマゾン細胞の感染を止めるために悠と仁は千翼の前に立ちはだかり、すべてを終わりにします。アマゾンはこれで悠と仁の2人だけかと思われていました。ここから劇場版へと話がつながっていきます。

劇場版『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』公式サイト

仮面ライダーアマゾンズの劇場版あらすじをネタバレ

あらすじをネタバレ1、政府から執拗に追われる

ここからは劇場版『最後ノ審判』のあらすじをネタバレしていきます。映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』では水澤悠が政府の新組織4Cから追われるシーンから始まります。4Cメンバーは逃走する悠に銃を向けますが、悠の義理の妹・美月によって阻止されます。悠は強化形態の仮面ライダーアマゾンニューオメガに変身しますが、美月が足に銃弾を受け悠と共に川に転落してしまいます。

あらすじをネタバレ2、児童養護施設に匿われる

川に落ちた悠と美月は翌朝、少女・ムクたち少年少女に助けられ児童養護施設に身を隠すことになります。御堂英之助によって運営される施設は身寄りのない子供たちが集まり生活していました。平穏な日々を送っており、1人の女の子の里親が決定し彼女を見送った直後にアマゾンが施設を襲います。悠と御堂は仮面ライダーに変身しアマゾン2体を駆除した後、野座間製薬時代の駆除班により悠は助け出されます。

あらすじをネタバレ3、児童養護施設の正体

駆除班と共に逃げる途中で、児童養護施設で見送った少女が乗った車を見かけ、悠が建物を覗くと少女は里親に食べられていました。なんと児童養護施設は政府4Cと政治家、御堂により生み出された食用アマゾンであり、捕らえられた男の細胞から培養されたものでした。ムクたち子供が食べられるために育てられていることを知り、悠は逃げるように促しますが彼らは人間の幸せを願い逃げ出そうとしませんでした。

あらすじをネタバレ4、美月たちがアマゾンに捕まる

銃で撃たれた美月は、駆除班に手当てをしてもらうために近くの家に逃げ込みます。しかし、そこには隠れていたアマゾンがおり、駆除班たちは捕らえられてしまいます。施設から脱走したアマゾンの1人は美月の言う「人間を食べないアマゾンがいる」という事実を聞き態度を軟化させます。そんな時に隠れ家が政府組織4Cに包囲され、アマゾンは怒りを露にし怪物化してしまい駆除することとなってしまいます。

あらすじをネタバレ5、悠と御堂の対決

ムクは政治家の佐古島が不味いと言って捨てられる仲間の死体を見て、「生きたい」と思うようになり、リスアマゾンへと覚醒し佐古島や調理師などを次々に食い殺してしまいます。悠はムクを連れて帰り、子供たちを守ろうと脱走を計画しますが、そこに御堂が現れ2人は対決します。ですが、御堂のネオアルファの圧倒的なパワーを前に悠はネオアマゾンドライバーを破壊されてしまい変身を解かれてしまいます。

仮面ライダーアマゾンズの劇場版結末をネタバレ

劇場版結末をネタバレ1、捕らわれていた男の正体

悠が倒された後、悠を守ろうとリスアマゾンに変身したムクもネオアルファによってやられてしまい瀕死の重傷を負ってしまいます。ネオアルファは脱走した子供たちを追いかけます。一方、食用アマゾンの培養に使用されていた男の正体は鷹山仁でした。施設の子供たちに自分の拘束を解かせて、悠の制止を振り切りネオアルファの後を急いで追いかけます。その頃ムクは自分の死期を悟り、悠に自分を食べるように願い出ます。

劇場版結末をネタバレ2、仁と御堂の対決

ネオアルファが逃げ出した子供たちを殺しているところに仁が追いつき、アマゾンアルファに変身して攻撃します。ネオアルファは自分がアマゾンではなく人間であると主張しますが、アマゾンアルファ(仁)はネオアルファ(御堂)にアマゾンの匂いを感じ、右腕をへし折り、心臓を貫き倒します。一方、悠は苦悩しながらもムクの願いを聞き入れ、彼女を食べます。その後仁の元に姿を現し遂に因縁の対決を果たします。

劇場版結末をネタバレ3、全てを守りたい、全てを殺したい

「全てを守りたい」信念を持つ悠と、「全てを殺したい」信念を持つ仁の最後の決着が幕を開けます。悠はアマゾンズドライバーを取り出しオメガに変身、仁はアルファに変身し死闘を繰り広げます。最後の最後まで全力で戦い、僅差で悠が勝利を収めます。力を使い果たした仁は静かに息を引き取ります。のちに、美月は施設の子供たちと生きるため施設に残り、悠はバイクに乗り旅立っていきました。

仮面ライダーアマゾンズを観た人の感想や評価は?

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た人の感想をいくつか紹介いたします。映画でやっと悠と仁が決着し物語は完結します。感想としてはアクションシーンも多めでありカッコイイ一方で、仮面ライダーアマゾンズはネタバレにもある内容の通り最後まで絶望しかなく、映画もハッピーエンドではありません。「生きること」とは、「組織」とは、「正義」とはなどといったテーマが映画には盛り込まれています。

映画『仮面ライダーアマゾンズ』の物語が深いという感想もある一方で、やはりドラマシリーズが面白すぎたためちょっと期待外れだったという感想も見受けられました。映画では脚本も変わったため、残念だったという感想と、仮面ライダーアマゾンズらしさは残っていたという感想で意見は真っ二つ分かれています。映画のラストシーンは完結というよりもシーズン3にも繋がりそうであるという感想もありました。

映画『仮面ライダーアマゾンズ』は鷹山仁(仮面ライダーアマゾンアルファ)がとにかくかっこいいという感想も非常に多かったです。そのためか水澤悠と鷹山仁の絡みをもっと深くまで掘り下げて欲しかったようです。映画の時間を考えると尺が足りないので仕方がないようですが、個々のキャラクターも含め『仮面ライダーアマゾンズ』は壮大な物語なのでまだ終わって欲しくないという意見が多くありました。

仮面ライダーアマゾンズ公式

仮面ライダーアマゾンズのキャスト

1、水澤悠(仮面ライダーアマゾンオメガ)/藤田富

ここからは映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』の主要キャスト陣を紹介いたします。本作の主人公である水澤悠(仮面ライダーアマゾンオメガ)役を演じているのは藤田富さんです。2012年の大学進学後にモデル業を開始し原宿系の人気モデルとなります。2015年からは舞台、テレビドラマなどに出演し俳優業もスタートされます。『仮面ライダーアマゾンズ』で初の主演を務めます。

【藤田富さんの主な出演作品】

  • 2017年『B-PROJECT on STAGE』愛染健十役
  • 2018年『理系が恋に落ちたので証明してみた。』犬飼虎輔役
  • 同年11月『深夜のダメ恋図鑑』ヤスくん役
  • 2019年『地獄少女』魔鬼役

2、鷹山仁(仮面ライダーアマゾンアルファ)/谷口賢志

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』で鷹山仁(仮面ライダーアマゾンアルファ)を演じているのは谷口賢志(たにぐちまさし)さんです。1999年に『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のゴーブルー役でデビューし、今では数多くの舞台で役を演じています。デビュー当時は演技を脚本家に酷評されていましたが、17年ぶりにタッグを組んでからは俳優としての成長を見せ賞賛されました。

【谷口賢志さんの主な出演作品】

  • 2008年『ひぐらしのなく頃に』富竹ジロウ役
  • 2009年『戦国BASARA』明智光秀役/天海役
  • 2012年『Office ENDLESS Produce』張遼文遠役
  • 2017年『ジョーカー・ゲーム』結城中佐役

3、御堂英之助(仮面ライダーアマゾンネオアルファ)/姜暢雄

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』で御堂英之助(仮面ライダーアマゾンネオアルファ)を演じたのは姜暢雄(きょうのぶお)さんです。韓国人でしたが現在では日本に帰化しており、1998年に姉が勝手に応募した「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でフォトジェニック賞を受賞します。元々は父親の会社を継ぐ予定でしたが、戦隊でのテレビデビュー、映画、舞台で活動しています。

【姜暢雄さんの主な出演作品】

  • 2002年『忍風戦隊ハリケンジャー』霞一鍬(クワガライジャー)役
  • 2003年『TRICK』菊池愛介役
  • 2008年『花ざかりの君たちへ』オスカー・M・姫島役

4、水澤美月/武田玲奈

映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』で水澤悠の義理の妹・美月を演じたのは武田玲奈さんです。2013年『第2のくみっきー!発掘オーディション』でグランプリを受賞、モデル活動を経て2015年に『暗殺教室』で女優デビューを果たします。同年『監獄学園-プリズンスクール-』にて初のレギュラー、2016年からが『non-no』の専属モデルとなります。

【武田玲奈さんの主な出演作品】

  • 2015年『暗殺教室』不破優月役
  • 2017年『パパのお弁当は世界一』みどり役
  • 2019年『トクサツガガガ』ユキちゃん役

仮面ライダーアマゾンズの最後ノ審判映画まとめ

ここまで映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』のあらすじをネタバレしてきましたがいかがでしたでしょうか。シリアス展開が続き、スプラッタ表現のある仮面ライダーとしては異色の展開で感想も様々です。『仮面ライダーアマゾンズ』はAmazonプライム・ビデオのオリジナルストーリーで映画はシーズン1,2からの続きになりますが気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ