ルームメイトの映画あらすじと結末!ラストや見所は?【北川景子・深田恭子】

今回は北川景子主演のホラー映画である、2013年11月9日に公開された『ルームメイト』のネタバレあらすじや北川景子や深田恭子などの豪華キャスト、そして映画ルームメイトの見所などを紹介します。北川景子演じる春海と深田恭子演じる麗子との奇妙な同棲生活を描いており、麗子が時折見せる二重人格で春海の身の回りが変化していきますが、その裏には衝撃の真実が隠されています。

ルームメイトの映画あらすじと結末!ラストや見所は?【北川景子・深田恭子】のイメージ

目次

  1. ルームメイトの映画あらすじと結末が気になる!
  2. ルームメイトの映画キャストを紹介!
  3. ルームメイトの映画あらすじをネタバレ!
  4. ルームメイトの映画ラストをネタバレ!
  5. ルームメイト映画の見どころは?
  6. ルームメイトの映画を観た感想や評価とは?
  7. ルームメイトの映画あらすじまとめ!

ルームメイトの映画あらすじと結末が気になる!

今回は北川景子主演のホラー映画である、2013年11月9日に公開された『ルームメイト』のネタバレあらすじや北川景子や深田恭子などのキャスト、そしてルームメイトの見所などを紹介します。

ルームメイトの映画キャストを紹介!

映画ルームメイトのキャスト一覧:萩尾春海‐北川景子

映画ルームメイトの萩尾春海役を演じていたのはスターダストプロモーション所属の女優である北川景子です。高校時代の17歳の時に地元である神戸のモデル事務所にスカウトされたことがきっかけで芸能界に入りました。その後は雑誌「Seventeen」のモデルオーディションを受けて見事合格しモデルデビューを果たします。さらに2003年には「ミスseventeen」に選ばれました。

そして2003年にはテレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』にて火野レイ役として女優デビューを果たし、3年後の2006年5月13日には映画『間宮兄弟』で映画に初出演を果たします。それからは段々と人気が出始め、2007年10月のテレビドラマの『モップガール』で連続ドラマで初主演に抜擢されました。

2016年1月11日にはロックバンドBREAKERZのボーカルを務め、テレビタレントとしても大活躍をしているDAIGOと結婚しました。

映画ルームメイトのキャスト一覧:西村麗子‐深田恭子

映画ルームメイトの西村麗子役を演じていたキャストはホリプロ所属の女優である深田恭子です。1996年の中学2年生の時に、自身でお応募した第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」で2万人ほどの中から見事グランプリを受賞し芸能界入りしました。そして1997年にはドラマ『海峡』で女優デビューを果たします。

1998年にはスカウトキャラバンからの出身者で結成されたアイドルユニットである「HiP」に入り、2000年には映画『死者の学園祭』にて映画初主演に抜擢されます。

映画ルームメイトのキャスト一覧:工藤謙介‐高良健吾

映画ルームメイトの工藤謙介役を演じていたのはテンカラット所属の俳優である高良健吾です。幼いころから父親の仕事の影響で九州内を転々とした生活環境におり、少しの間引きこもった事があります。そして高校生の時に熊本のタウン誌である『クマモト』にスカウトされてモデルデビューを果たします。その後高校卒業と共に芸能界入りして2005年にドラマ『ごくせん』にて俳優デビューを果たします。

映画ルームメイトのキャスト一覧:長谷川伸一‐尾上寛之

映画ルームメイトの長谷川伸一役を演じていたのは大阪府出身の俳優である尾上寛之です。小学生のころから日本芸能センターにてレッスンを受けており、CMや映画などに出演していました。そして1994年に本格的に俳優として活動を始めます。

ルームメイトの映画あらすじをネタバレ!

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:とあるビル内で3人が倒れている所が発見される

神奈川県大和市黒須町の4丁目(架空の住所)にある呉田ビル内で3人の人間が血を流し倒れている姿が発見されました。すぐに救急車が来て3人は若葉医科大学病院に搬送されました。現場周囲には大量の血があり、神奈川県警の松井と佐々部は重要事件になる可能性がある為、現場検証を行っていました。すると現場には凶器になったであろう小さな折り畳みナイフが落ちていました。

さらに松井はノートを見つけます。3人の内生き残っていたのは2名であり、23歳の女性である萩尾春海と27歳の男性である工藤謙介でした。工藤は会社を経営しており春海は工藤の会社でアルバイトをしていました。そして春海と共に住んでいたというルームメイトの西村麗子との間にトラブルがあったという情報が入ってきました。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:春海と麗子の出会いについてネタバレ

『3ヶ月前』春海は交通事故にあい病院に運び込まれました。春海は派遣会社で働いており、入院している為お金に困るようになっていました。見舞いには誰も来なく、看護師のリカが手作りぬいぐるみを置いてくれます。そしてそれを遠くから見ていた看護師の西村麗子が何かを呟いていました。後日、春海と事故を車ではねた加害者である工藤がいざなみ保険会社の社員であり高校からの友人でもある長谷川を連れてやってきます。

長谷川が言うには事故の当事者同士で話をすると、こじれてしまう可能性があるため保険金の話しは自分が進めさせてもらうと言います。そして工藤と長谷川が帰ると麗子が現れ、保険会社の人間は専門用語などを使って丸め込もうとするから気を付けてとアドバイスし、春海が事故で無くしたと思っていた手帳を渡してくれ拾ったのだと言いました。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:ルームシェアを始めた春海と麗子

春海は手帳に乗っている母親の電話番号に電話をかけると、金の心配をしなければならないのならば実家に帰ってこいと言われたため、春海は電話を切るます。そして退院が決まった春海ですが、所持金もあまりなく松葉づえでリハビリが必要な為、これからの収入の目途が立っていません。するとお金に困っている春海に麗子からルームシェアをしないかという提案が持ちかけられます。

その提案を受けるころには春海と麗子は仲良くなっており、麗子は看護師という職をやめて春海の部屋に引っ越してきました。この家のごみの日や最寄りのコンビニなどを知りたがっている麗子の為に、春海はオレンジのノートを用意して連絡日誌にしようと提案します。麗子は春海の交通事故で発生した保険金の代理人にもなっており、こうして2人のルームシェア生活が始まります。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:麗子のおかしな言動

『2か月前』一向に保険の手続きが進んでいませんでした。保険金があれば少しは生活が楽になると春海は言いますが、麗子は加害者側の保険担当者である長谷川が約束をすっぽかしてばかりだと言います。春海は保険金が支払われれば遠くの町に引っ越して、生活を1からリセットしたいと考えており、麗子も一緒に来ないかと誘います。

春海と麗子は散歩に出かけ、公園で犬をかわいがる子供たちを見ると春海はペットを飼うのが夢なのだと言います。しかし、麗子は世話がかかり、先に死んでしまうんだから責任をとれるのかと冷たく言いました。春海はいつもと違う麗子に戸惑いますが、あまり深くは考えていませんでした。

春海と麗子はフランス料理を食べに行ったとき、看護師のリカと出会いました。化粧室で合コンに誘われた麗子は以前の公園であったような冷たい態度でリカの誘いを断ると、春海を連れて店から出ていきます。深夜になると、麗子が1人で会話をしているところを見た春海は声を掛けました。麗子はマリという人と会話しているようであり、春海に嫌いな人と離れて暮らせていいよねと言い寝てしまいます。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:子供たちが探しているチワワの死体

春海のリハビリは順調に進み、松葉杖から補助用の細い杖に変わります。すると先日見かけていたチワワを可愛がる子供たちが犬を探しているところを見かけます。春海は自宅に帰宅すると台所にまな板と包丁が出ており、そこには犬の首輪がありました。さらに横の鍋で何かが煮込まれているのを見つけ、春海は恐る恐る鍋を開けるとチワワの鼻が鍋から出ており、春海は悲鳴を上げました。

春海はすぐさま麗子に詰め寄りましたが、麗子は全く知らないと言い誰かが入ってきたのだと訴えます。春海は警察を呼ぼうとしますが、麗子は春海に疑われている状況で警察なんかを呼んでもらいたくないと激しく拒否します。しかし、春海はある可能性を疑っていました。麗子が時々見せる冷たい態度などを見て、麗子が二重人格ではないかと思っていたのです。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:麗子の2重人格に気付き始めた春子

そして深夜に話していた人物であるマリがもう一人の人格なのではないかと春海は考えます。春海は麗子の誰かが入ってきてやったのだという意見を受け入れ警察には届けずに、自宅のカギを交換することでこの1件を終わらせることにします。チワワの遺体を処理するときに、麗子はあの子ども達も悪いんだよ、ずっと一緒にいたいのであれば目を話しちゃダメなんだと、麗子は冷たく言い放ちます。

『1か月前』春海のリハビリもそろそろ終わりに近づいて来ており、就職雑誌を集め始めます。春海は病院で看護師のリカと会いました。さらに加害者である工藤が春海の事が気がかりでリハビリを見に来ます。長谷川は工藤から保険金がまだ支払われていないということを聞いており、求人雑誌を持っていた春海に自分の会社で働かないかと言ってくれます。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:就職活動を始めた春海に工藤からの誘い

工藤は輸入雑貨の仕事を1人だけでしており、最近になり事務所で手伝いが欲しかったんだと言います。そして長谷川は保険金の支払いをしたいのだが同意書のサインをするはずである麗子との連絡がいつまでたっても取れないと言います。病院の傍で行われていたチャリティーコンサートに工藤と言った春海は児童養護施設の館長である次期市長候補である山崎徹がコーラスで上手く歌えていない少女の肩に手を回しています。

帰宅した春海は麗子に、やっと社会に復帰することを言います。今までは麗子に甘えてばかりで悪かったと春海は言うと、麗子はだから工藤君と会っていたんだねと言われ、なぜそのことを知っているのかと驚きます。さらに隠し事なんて寂しいな、病院でリカとも話をしていたんでしょうあんな奴と、と麗子は言います。

すると麗子とは違う、おそらくもう一つの人格であろうマリは春海の知り合いを書き留めていた手帳を燃やすと、春海が困っている時に助けたのは麗子しかいないんでしょうと言います。春海は自身に異常なまでに執着してくる麗子(マリ)の事を恐ろしく思い始めます。その日の夜、看護師のリカは顔に劇薬をかけられて長い階段から落とされてしまい死んでしまいます。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:リカの死が報道された時の麗子とマリの異なる反応

翌朝になると、リカの死が報道されたニュースを見た麗子(マリ)はひどい死に方、自分の事を可愛いと思っていたのにと冷たく言い放つと部屋を去り、次に現れたと思うと麗子の人格になっており、リカの死を知ってショックを受けました。春海は麗子の家探しをして麗子の趣味とは違う服を見つけました。

『3週間前』春海は工藤の所で働き始めました。工藤が忙しくて手が回らないと言っていたことは本当であり、父親の建築事務所で倉庫となっていた場所を父親の死後に仕事場にしたのでした。工藤は開業してからまだ日は浅く、そこはオフィス兼自宅としており雑然としていました。そして春海が帰宅をすると、いつも家にいるはずの麗子が珍しくいませんでした。

次の日になり、今日も出勤をした春海は帰り道にいつもとは別人のような恰好をしている麗子を見つけたためついていきました。春海は場末の繁華街に出ると、尾行している麗子に気付かれて誰かを探しているのかと聞かれると、そのままクラブ『アリアドネ』という店に連れていかれました。そこではタバコを吸う麗子(マリ)が本当は知っているんだろうと言い、この前もあった麗子のルームメイトのマリだと名乗ります。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:マリが麗子との関係をカミングアウト

マリは麗子の身体を借りていると言い、麗子の事を心配している春海に麗子なんかと仲良くせずに私と仲良くしようと持ち掛け、目の前にいる私なんかどうでもいいと言います。そして麗子が大事ならばちゃんと目を離さないようにしなくちゃと、チワワの死体を処理していた時に発していた言葉を言います。今の言葉で春海は恐怖を感じて逃げるように店から去っていきます。

自宅に帰宅し、麗子の部屋に入った春海は壁に赤い字で私はマリと書かれた文字に驚愕して机の上にあったビンを倒して足の甲にこぼします。すると足の甲に激痛が走り、ビンの中にある液体は劇薬なのでした。春海はマリを恐れて荷造りをして工藤家に避難をしました。しかし、春海はマリの事を怖がってはいますが、麗子のことは助けたいとも思っています。

工藤に部屋の一室を与えられた春海に突如電話がかかってきました。電話にでると麗子がマリがいつまでも消えてくれない、私の事を見捨てないでと言い、すぐに麗子のもとへ駆けつけようとします。しかし、家から出ていこうとする春海を工藤は制止し、何があったのかと聞きますが、春海は迷惑をかけたくないと言います。すると工藤は春海にキスをして関係ならあるからと言い、麗子の二重人格を相談します。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:麗子に拉致されてしまう春海

工藤は二重人格(解離性同一性障害)について知っており、小さいころに親からの暴力に逃げられない子供たちが自身の中に別の人格を作りだすということを春海に説明します。翌朝になり、長谷川が工藤を訪ねてくると春海がいることに驚きます。そして春海は麗子に会いに行きますが、マリに拉致されてしまいます。長谷川は工藤に代理人であるはずの麗子が一度も会いに来ないんだと言いました。

工藤は春海を心配して春海と麗子が住んでいる部屋に行くと、麗子の部屋で物音がした為、駆け付けると逃げる女性の手首を反射的につかみます。しかし、その女性は工藤を振り切って逃げてしまいます。一方の春海はクラブ『アリアドネ』に連れていかれ、マリから長谷川をここに呼ぶようにと指示されます。長谷川は工藤に連絡すると、今から麗子に会いに行ってくると言い待ち合わせ場所の住所を伝えます。

それは事故が起きた近辺であり、大和市黒須町4丁目のビルでした。長谷川から連絡を受けた工藤もそのビルに向かうことにします。長谷川は一足先にビルに到着すると、マリに刃物で襲われてアキレス腱を切りつけられてしまいます。長谷川は急いで隠れますが、携帯の着信音で居場所がばれてしまい、ナイフで何度も何度も刺されて死んでしまいます。

長谷川の携帯の着信は工藤からであり、春海は携帯で助けを呼びますが、麗子(マリ)に反対されます。するとマリの口から衝撃的な事実が春海にぶつけられます。

ルームメイトの映画ラストをネタバレ!

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:麗子とマリから聞かされる衝撃の真実

麗子のもう一つの人格がマリと思っていたのですが、本当は春海の人格が複数あり麗子とマリの2人ともが春海の中にある人格だということです。春海は工藤との交通事故で麗子とマリの事を忘れており、現れた人格を他人だと認識していました。春海は幼いころに母親の男に性的虐待を受けて、春海から守る人格である麗子を生み出します。

さらに母親の男との関係を知った母親からも暴力を受けるようになり、母親から春海を守って悪事を働く人格であるマリが誕生し母親を殺害したのでした。麗子とマリは自分だけ忘れるなんて都合がよすぎると責められ、店に到着した工藤を春海はナイフを持って襲い掛かるのを見て驚愕します。すると春海は元の人格に戻ると、自身が3つの人格を持っている事を知り、ナイフで自身の腹を刺します。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:麗子とマリは自身の第2第3の人格であることを知った春海

そして後日、春海と工藤、長谷川が倒れているところを発見され、救急搬送されます。長谷川は死亡してしまい春海の実家の床下からは母親の死体が発見されました。春海は母親からの仕送りで生活をしているつもりなのでしたが、本当は母親が残していた金で食いつないでいるだけでした。ハルモニア総合クリニック精神科の本城に会いに行った松井刑事に春海の3重人格の説明を受けました。

そして春海が本当の人格であり、麗子とマリは春海を守る為にあらわれたと知ります。現場に残されていた春海と麗子の交換日記には、4人分の筆跡があり松井刑事はこれを指摘すると可能性で考えるならば子供時代の人格ではないのかと本城は言います。次期市長候補の山崎徹のシンポジウムである福祉と教育の可能性が開かれました。

一方工藤は襲われたときに春海の手首をつかんだ感触と、春海の自宅から出てくる女性の手首の感触が違うことにある可能性に気付きました。工藤は見つけたmicroSDカードの中のデータを見てみると、山崎が絵里という少女にわいせつな行為をしている動画が保存されており、工藤はすぐに松井刑事に連絡をしますが信じてもらえず工藤は松井刑事がいるシンポジウムに走ります。

映画ルームメイトのラストまでをネタバレあらすじ:山崎の悪行をエサに自身の仲間を作ろうとしていたマリ

それと同じころに若葉医科大学病院で目が覚めた春海は、第3の人格であるマリが絵里をそそのかしたことを知り、病院から飛び出してシンポジウムに向かいます。シンポジウムの会場では絵里が刃物を片手に山崎に襲い掛かろうとしていました。春海は間一髪で間に合い絵里を止めると、こんなひどい事をさせてしまってごめんねと謝ります。

春海(マリ)は絵里を一時期匿うと、自身の犯罪を正当化させるための仲間に引き入れようとして、同じ性的暴力を受けていた絵里に新しい人格を作り、その人格には自信と同じ名前であるマリと名付けていました。その後山崎は児童性的虐待の罪で逮捕されて起訴されてしまいます。工藤は隔離病棟に収容されている春海に面会に行くと、山崎と絵里が自身の名を否定してくると話します。

春海は1人じゃないことが分かったから大丈夫と春海は麗子の幻影を見ながら話します。工藤は事故の時に春海だけじゃなく麗子とマリの姿も見えたような気がしたと初めて教えてもらい、春海は幻じゃなくてよかった、また来てねといい、工藤はもちろんと答え去っていきます。

ルームメイト映画の見どころは?

映画ルームメイトの見所:矛盾する物語

(映画)ルームメイトの見所の一つは春海が一緒に住んでいたはずの同居人である麗子や麗子のもう1つの人格であるマリが2人とも春海の中にある人格であったという所にあります。保険会社の長谷川に一向に会いに来ない麗子や何故か春海の行動をすべて知っている麗子などおかしな、結末を知れば矛盾するところがちりばめられています。

映画ルームメイトの見所:深田恭子の演じ分け

(映画)ルームメイトの見所の一つに深田恭子が麗子役ともう一つの人格であるマリの一人二役を演じており、そのどちらも似ても似つかない性格や表情をしており深田恭子の演技力により映画全体に不気味な雰囲気を漂わせています。

ルームメイトの映画を観た感想や評価とは?

映画ルームメイトを見た人の感想:1

映画ルームメイトを見た人の感想では主演している北川景子や深田恭子などの豪華女優達の見事にはまった配役と演技力により、映画全体の不気味な世界感が強調されていてよかったという感想があります。

映画ルームメイトを見た人の感想:2

映画ルームメイトを見た人の感想では、原作である小説を読んだ人にも好評であり、多重人格という非現実的だけど実在することを題材にしており、とても興味深いといった感想がありました。

ルームメイトの映画あらすじまとめ!

以上、映画ルームメイトの気になるあらすじやラストのネタバレや北川景子や深田恭子などのキャストの紹介、そしてルームメイトの見所などを紹介しました。この記事をよんで映画ルームメイトが気になった方は是非一度、視聴してみてはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ