電車男の映画あらすじとラストシーンを考察!ドラマ版とキャストも比較【山田孝之】

電車男は恋愛が苦手なオタク男子と、高嶺の花の美女の恋愛を描いて大ヒットした作品です。恋愛下手なオタク男子が頑張って、憧れの女性とお付き合いするストーリーは、多くの人の共感と感動を集めました。オタクである主人公もコミカルで笑えるところもある人気作品です。そんな電車男は様々なメディア展開がされており、映画もヒットしました。ここでは、映画電車男のあらすじとラストシーンを考察します。また、あらすじと合わせてキャストの情報などもまとめます。

電車男の映画あらすじとラストシーンを考察!ドラマ版とキャストも比較【山田孝之】のイメージ

目次

  1. 1電車男の映画あらすじやラストが気になる!
  2. 2電車男の映画あらすじをネタバレ紹介!
  3. 3電車男の映画ラストシーンをネタバレ考察!
  4. 4電車男のドラマ版と映画版のキャストを比較紹介!山田孝之も出演?
  5. 5電車男は実話だった?
  6. 6電車男の映画あらすじとラストシーンまとめ!

電車男の映画あらすじやラストが気になる!

電車男は、オタクの青年と美人OLの恋愛模様を描いた人気作品です。コミカルでポップなラブロマンス映画に、主人公がオタクという要素が加わり良いエッセンスになっています。今までになかったラブロマンスの主人公設定が斬新で、人気を博しました。映画版の主人公は山田孝之が演じていますが、他にもドラマ版などがあり、様々な作品が制作されました。

映画電車男はテンポの良いストーリーで誰しもがワクワクドキドキと楽しめるようになっています。主人公がオタクであるため、登場人物にもネット上のオタクが多く、ネットの世界での独特のノリなどの要素が含まれています。しかし、オタクの人だけでなく幅広い層に受け入れられる面白さに仕上がっていると評判です。

ここでは、人気映画作品電車男のストーリーのあらすじをまとめていきます。また、あらすじと一緒にラストシーンも詳しくまとめ、気になるラストシーンも考察します。気になる電車男のあらすじやラスト、ドラマ版とのキャストの比較など様々な情報をチェックしてみましょう。

電車男の映画あらすじをネタバレ紹介!

ポップでコミカルなラブロマンスとして人気の電車男の、目の離せないストーリーのあらすじをご紹介していきます。電車男は現実にありそうな美女と野獣のようなストーリーに、ほっこりしたり憧れたりと、誰もが楽しめる名作として人気を集めています。

電車男の主人公はオタクの青年(山田孝之)で、今まで彼女が出来たことがないほどの恋愛下手でした。オタクの聖地秋葉原に通い、オタクグッズを買い込むのが楽しみの彼は、ある日いつも通り秋葉原から帰路についていました。帰りに電車に乗った彼は、酔っ払いにしつこく絡まれている女性を見つけます。勇気を振り絞って酔っ払いから彼女を助けることに成功しました。

その場で彼女と別れ、それまでだろうと思っていた彼でしたが、助けてくれたお礼にと助けた女性からエルメスのカップとソーサーが送られてきます。思いもよらぬお礼を受け取った彼は、どうしてよいのかが分からず、インターネットでつながっているネットの住民に助けを求めるのでした。ネットに相談した際、助けた彼女は「エルメス」と名付けられ、自分は「電車男」とハンドルネームを付けました。

電車男からの相談に、最初は冷やかしばかりだったネットの住民ですが、電車男のピュアな恋心に感化され、次第に真剣に相談に乗るようになってきます。ネットには様々な住民がいて、失恋を引きずる看護師、夫と倦怠期の主婦、仕事に追われる多忙なサラリーマン、ネットカフェでつるむオタク3人組などがいます。彼らはいつの間にか自身の気持ちを投影するかのように電車男の味方となっていきます。

ネットの住民たちのアドバイスは、まずは見た目を変えろと言うものでした。髪の毛のカットも床屋ではなく美容院に行き、洋服もショップの店員の意見を参考におしゃれに、メガネもコンタクトに替えるといったアドバイスで、電車男は変身していきます。電車男はエルメスに連絡し、多少挙動不審ながらもデートに行く事に成功しました。エルメスとの徐々にうまくいく電車男の恋愛に、ネットの住民たちも自分の事のように喜びます。

ネットの住民たちの後押しを受け、ついにエルメスに告白をすると決めた電車男は、エルメスとデートを取り付けます。いざ迎えた肝心のデートの日、電車男は告白することで頭がいっぱいになってしまい空回りしてしまいます。頑張って調べたワインの知識を披露したり、次の場所へと急いで移動したりと、焦っているような振る舞いにエルメスの表情は曇っていきます。

完璧に考えたデートプランも、電車男のあわただしい空回りっぷりに失敗してしまいます。ついにはエルメスは「今日はもう帰ります。」とその場を去ってしまいました。告白する事が出来ずに落ち込む電車男ですが、ネットの住民たちに応援され、以前エルメスが言っていた「一緒にパソコンを選んで欲しい」という言葉に答えるため動き出します。あちこち電気店を訪れ、カタログに付箋を貼ってエルメスのためのカタログを作ります。

カタログを渡すためにエルメスの勤務先にやってきた電車男ですが、仕事中の彼女の上司と英語でスラスラ話す姿に気後れしてしまい、カタログを渡すだけでほとんど話せないままに帰ります。仕事が終わって家に帰ったエルメスは、電車男が作ってくれたカタログの付箋を見て、自分のためにそこまでしてくれる電車男の誠実さと人柄に改めて惹かれます。エルメスは電車男を探して秋葉原の町へと向かいます。

秋葉原の町を電車男を探して走り、汗だくのエルメスがやっと見つけた電車男は、おしゃれな恰好ではなく髪の毛もぼさぼさでメガネのオタクルックでした。しかし、涙ながらに自分の気持ちを伝え告白する電車男をエルメスはそっと抱きしめるのでした。

電車男の映画ラストシーンをネタバレ考察!

映画電車男のあらすじを詳しくご紹介しました。続いてラストシーンも考察していきます。実は、電車男のラストシーンを見て「夢落ち」だと解釈する人がいるのです。電車男のラストシーンがどのような意味なのか、考察していきます。

エルメスへの告白が成功し、二人は繁華街を歩きながら話します。お互いの気持ちを言葉にして確かめ合う二人。エルメスとの関係がうまくいったとネットに報告し、住民から祝福を受けます。電車男を応援してきた住民たちも、「今度は自分たちが頑張る番だ」と話します。失恋中の看護師は元カレの写真を紙飛行機にして飛ばします。夫と倦怠期の主婦は家族で笑顔で団欒していました。

オタク3人組はそれぞれにスタイルをばっちり決めて生まれ変わっています。後日電車男はエルメスに、「本当に大切な奴ら」とネットの住民を友達として話します。「ゆっくり聞かせてもらおうかしら。」とエルメスが赤い定期入れを落とします。それを電車男は拾ってあげますが、顔を上げた電車男は以前のオタクルックに戻っています。電車男は電車男は電車で横に座っていた少女の膝に赤い定期入れを置きます。

赤い定期入れを少女のものだと思い、少女の膝に置いた電車男ですが、実は少女のさらに隣にはエルメスが座っていたのでした。このラストシーンを見て、今までのエルメスとの恋愛物語が電車男の夢だったとする解釈が生まれました。しかし、夢落ちではなく時間をさかのぼって見せているラストだという意見もあります。

実は電車男とエルメスは酔っ払いに絡まれて出会った日よりも前に、電車の中でニアミスしていたという解釈です。この時点では電車男とエルメスの間には大きな垣根があり、まさか出会って恋に落ちるとは想像も出来ない事でした。しかし、酔っ払いに絡まれているエルメスを勇気を出して助けた事から、運命の恋に落ちることになったのです。出会いの前にも実は同じ電車に乗っていた二人は、運命の二人だったのだとの解釈もあります。

電車男のドラマ版と映画版のキャストを比較紹介!山田孝之も出演?

電車男には、映画版とドラマ版が存在しています。映画版もドラマ版も豪華なキャストが話題となりました。実は映画電車男のエンディングには、ドラマ版電車男の伊藤淳史が登場しています。また、ドラマ版第一話には、映画版電車男の山田孝之も出演しています。ここでは、電車男の映画版とドラマ版とのキャストの違いをご紹介します。

山田孝之/電車男

映画版のキャストでは、主人公の電車男は山田孝之が演じています。山田孝之の出演作としては、「ウォーターボーイズ」「世界の中心で愛を叫ぶ」などがあります。山田孝之は、映画電車男で、映画初主演を果たしました。映画電車男における山田孝之の演技は評価が高く、挙動不審なオタクの演技から、変身して爽やかになる姿など、好感を持てる演技で人気となりました。

映画版の山田孝之演じる電車男は、実家に住んでいるシステムエンジニアという設定でした。映画版とドラマ版では、主人公の設定も微妙に異なっており、ちょっと違った設定でストーリーが楽しめます。イケメン俳優として人気の山田孝之ですが、オタクである電車男もどこか可愛いキャラクターに見事に演じています。

伊藤淳史/電車男

ドラマ版のキャストでは、主人公電車男は伊藤淳史が演じました。伊藤淳史は子役の頃からキャリアを積む実力派俳優です。ドラマ電車男での演技も、共感を呼ぶ好演ぶりが話題となりました。伊藤淳史版の電車男は、人材派遣会社に勤務するオタク青年という設定でした。

エルメス/中谷美紀

電車男のヒロインであるエルメスですが、映画では中谷美紀が演じました。映画電車男でエルメスを演じた際、中谷美紀は山田孝之と年齢差があったため、キャスティングに不自然さがあると噂されましたが、上品で柔和なエルメスを好演しています。中谷美紀がエルメス役になったのは、元ネタとなった電車男でエルメスは中谷美紀に似ていると書き込みがあったためと言われています。

エルメス/伊東美咲

ドラマ版のキャストでエルメスを演じたのが、伊東美咲です。貿易会社に勤めるキャリアウーマンで、お嬢様育ちなエルメスのイメージにぴったりのキャスティンだと話題になりました。伊藤淳史と同じく、映画版電車男のエンディングにも登場しています。ドラマ版電車男の予告の意味が込められたエンディングだったのです。

酔っ払い/大杉連

映画版のキャストで、実はベテラン人気俳優の大杉連も登場しています。二人の出会いにきっかけを作った酔っ払い役として、キャストに加わっています。ごく少ないシーンのみの出演となっていますが、実に重要な役目を担っています。

酔っ払い/泉谷しげる

ドラマ版のキャストで酔っ払いは、シンガーソングライターで俳優としても活躍していた泉谷しげるが演じています。ごくわずかなシーンにも豪華な俳優を起用していると、話題を集めました。

映画でのネットの住民たち

電車男のストーリーで重要な登場人物に、ネットの住民たちがいます。映画版のキャストはとても豪華で、多忙なサラリーマンを佐々木蔵之介、失恋したナースを国仲涼子、夫とマンネリな主婦を木村多江が演じています。ネットを通じて電車男とつながり、重要なアドバイスをくれるネットの住民たちは、映画とドラマで設定が少し異なっています。

ドラマでのネットの住民たち

ドラマでのキャストでネットの住民たちは、掲示板の管理人を小栗旬、熱狂的なタイガースファンを六角精児、世界一周をしている謎の中年を我修院達也が演じました。ドラマ版では映画版よりも放送時間が長くなるため他にも数々のネットの住民たちが登場しています。

電車男は実話だった?

映画化やドラマ化がされてヒットした電車男ですが、実話が元になっていると言われています。元ネタはネット掲示板2チャンネルのスレッドに書き込まれた内容となっています。あるネットユーザーが2チャンネルの掲示板に、何気なく書き込んだ書き込みから始まっています。

「電車の中で酔っ払いに絡まれている女性を助けた」事を報告する書き込みで、お礼にエルメスのカップが送られてきたという内容でした。この書き込みがされたのは独身男性版と呼ばれる掲示板で、恋人がいない寂しい男性が書き込みをしている掲示板でした。その掲示板で、電車男は知り合った女性エルメスとの恋の相談をしていく事になります。

実際の掲示板でも、電車男が書き込むエルメスとの進展や近況が待ち望まれていました。電車男が相談や近況を書き込むと、掲示板の住民は大いに反応し、一緒に喜んだりアドバイスをしたりと盛り上がっていきます。最初の書き込みから約2か月が経ったころ、電車男はエルメスとうまくいったことを掲示板で報告しています。

掲示板が大いに盛り上がるとともに、注目を浴びた電車男のエピソードは、ネット上のまとめサイトなどでまとめられていきました。そのまとめサイトを元に書籍化もされています。書籍化される際には、ネットの掲示板の雰囲気をそのまま伝えられるようにと、小説のように文章にするのではなく、掲示板のレイアウトがそのまま反映されています。

あくまでも匿名掲示板に書き込まれた内容であり、真偽を確かめることは出来ません。そのため、誰かの自作自演だったのではないか、作り話だったのではないか、との憶測も飛び交いました。しかし、電車男の書き込みで掲示板は盛り上がり、書籍化や映画化、ドラマ化まで果たしたのです。

電車男の映画あらすじとラストシーンまとめ!

電車男の映画のあらすじを詳しくご紹介しました。電車男は恋愛下手なオタク青年と美人OLという、普通接点がなさそうな二人の、元気をもらえる純愛ラブストーリーです。映画電車男のラストシーンは、受け取り方によって解釈が異なっていました。また、映画版とドラマ版ではキャストの俳優も違っています。映画版電車男を是非チェックしてみましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ