僕の初恋をキミに捧ぐの結末は?映画版のラストと原作漫画の最終回を比較紹介

青木琴美による漫画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」を原作として描かれた実写映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」。漫画に描かれた結末と映画に描かれた結末、あらすじと原作漫画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の最終回、実写映画化「僕の初恋をキミに捧ぐ」のラスト、感想や評価など、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の映画のあらすじとラスト、原作漫画の最終回などと共に、2つの作品について紹介していきます。

僕の初恋をキミに捧ぐの結末は?映画版のラストと原作漫画の最終回を比較紹介のイメージ

目次

  1. 僕の初恋をキミに捧ぐの映画版の結末とは? 原作漫画の最終回も比較紹介!
  2. 僕の初恋をキミに捧ぐとは?
  3. 僕の初恋をキミに捧ぐの映画版あらすじとは?
  4. 僕の初恋をキミに捧ぐの映画版結末とは?
  5. 僕の初恋をキミに捧ぐの原作漫画の最終回とは? 映画版との違いはある?
  6. 僕の初恋をキミに捧ぐの映画版の評価とは?
  7. 僕の初恋をキミに捧ぐ映画版と原作漫画の結末についてまとめ!

僕の初恋をキミに捧ぐの映画版の結末とは? 原作漫画の最終回も比較紹介!

映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」は、2009年10月24日に東宝系シネマズにて上映公開されました。原作を漫画で描いたこの物語はキャッチコピーを、「僕達の恋愛には、タイムリミットがある」と謳い、また、主題歌として起用されたアーティスト平井堅三の「僕は君に恋をする」の内容と共にあまりにも切ない結末やストーリーで観客を魅せ、2011年10月21日に地上波で映画の編集版を「金曜ロードショー」枠で地上波初放送しました。

映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」は原作を漫画から実写化で映画化された作品で、実写化された映画では、漫画最終回とは異なるあらすじと結末を描きました。「僕の初恋をキミに捧ぐ」はノベライズ化も刊行されており、漫画、映画、小説とそれぞれ異なった最終回とあらすじの結末を描きました。実写映画化された作品、映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」の監督を手掛けたのは新城毅彦、脚本を坂東賢治、主題歌平井堅で手掛けられました。

主題歌を務めたアーティスト、平井堅の謳う主題歌、「僕は君に恋をする」は映画と漫画どちらのストーリーと最終回や結末を体現させた「タイムリミットが君を苦しめる中での恋」の歌詞は、映画の主題歌を受けて、脚本と原作漫画を読み込んだ平井堅による、映画「僕は君に恋をする」のための作品と歌曲であり、映画と漫画の世界観を反映させて、平井堅が手掛けた歌詞とメロディーで、切ない歌詞とメロディーは人々を魅了しました。

漫画最終回とは異なる結末を描いた、実写映画化作品、映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の世界観を謳った主題歌、平井堅により手掛けられた「僕は君に恋をする」は、音楽配信サービスで累計120万ダウンロードの売り上げを記録、実写映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」は切ない結末とあらすじが監督の目標予想を上回る興行成績であった、目標興行収入11億をはるかに超え、21億を超える興行成績を収める大ヒット上映作品となりました。

原作漫画の最終回との違いや結末を謳った映画のあらすじと原作漫画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の最終回、「僕の初恋をキミに捧ぐ」とはどのような作品であったのかなど、実写映画化作品、映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」を中心に、原作漫画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」と漫画の最終回、映画の最終回エピソードとなる結末の違いなど、映画、漫画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」について、結末やあらすじなど徹底紹介していきます。

僕の初恋をキミに捧ぐとは?

実写映画化作品とは異なる最終回と結末を描いた原作漫画ですが、「僕の初恋をキミに捧ぐと」とはそもそもどのような作品であったのか、結末までのあらすじをどのように描いたのか、映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」とは異なる結末とは、ノベライズ化作品、原作漫画、共にどのように迎えたのかの前に、「僕の初恋をキミに捧ぐ」という作品の一番の原作である、青木琴美による原作漫画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」について紹介します。

実の兄と妹が愛し合ってしまうという衝撃的なあらすじと結末を描いた青木琴美の作品、「僕は妹に恋をする」のスピンオフ作品として、「僕の初恋をキミに捧ぐ」は2005年の「少女コミック」17号から掲載され、連載を開始しています。青木琴美により描かれた原作漫画は、2005年「少女コミック」17号から連載を始め、2008年の「少女コミック」15号に結末と最終回を迎えるまで小学館発売「少女コミック」で連載されました。

2007年、平成19年度の第53回、「小学館漫画賞」の「少女向け部門」を受賞し、青木琴美によるこの作品、原作漫画「僕の初恋をキミに捧ぐ」は、累計発行部数を750万部と突破しています。ドラマCD、デジタルコミック配信、実写映画化、ゲーム化と広くメディア展開されたあ、青木琴美原作「僕の初恋をキミに捧ぐ」、のノベライズ化、ムービーコミックと実写映画化以降も原作を中心にしたストーリーで広くメディア展開されました。

青木琴美原作漫画による「僕の初恋をキミに捧ぐ」は展開されたメディアによって、ノベライズ化作品の結末、実写映画化作品の結末、ムービーコミック、ドラマCDの結末と、舞台やあらすじに加えて結末もそれぞれ異なった描かれ方をしており、「僕の初恋をキミに捧ぐ」は多岐にわたった結末を描いた作品としての位置付けになりました。それぞれの作品での結末を描いたパラレルワールドの展開というべきでしょうか。

僕の初恋をキミに捧ぐの映画版あらすじとは?

では、実写映画化作品、映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」のあらすじと映画について紹介していきます。青木琴美漫画原作、「僕の初恋をキミに捧ぐ」、主題歌は平井堅による「僕は君に恋をする」、主演キャストは、井上真央と岡田将生によるダブルキャスト主演で実写映画化されました。映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」のあらすじとはどのようなものだったのか、物語は幼くして心臓病を患った垣野内逞とその主治医の娘、種田繭から。

心臓に病を患って小児病棟に入院していた垣野内逞は、主治医の娘である種田繭と出逢います。2人の子ども達はたちまち打ち解けて仲良くなり、日々を一緒に遊んで暮らし、やがて恋をお互いに芽生えさせていきます。ところが、2人の子ども達を襲った現実はとても残酷でした。繭の父であり逞の主治医である、種田孝仁は、子どもの逞に「君は20歳まで生きられない」と宣告します。診察室の外で残酷な父の言葉を繭も聞いていました。

子ども達、繭が病院近くの草むらで何かを必死になって探しているのを見つけた逞は「何をしているの」と繭に尋ねます。繭の答えは「四葉のクローバー探し」です。「お願いの叶う四葉のクローバーを探すんだよ」と返した繭は、逞に「逞は何をお願いしたい」と訊き返します。逞の「大きくなって宇宙飛行士になって、繭ちゃんと結婚したいな。とても楽しいでしょう」という言葉と笑顔に探し続けた繭の手に見つかった四葉のクローバー。

見つけた四葉のクローバーに繭が願ったのは、涙ながらに子どもでも理解した父の宣告の意味に、「逞を殺さないで」と逞の命を願うものでした。繰り返し繰り返しクローバーに願いを込めて願う繭です。時は流れて、繭と逞は中学3年生を迎えていました。お互いの恋は順調に育っているかに見えました。繭は逞が、逞は眉が大好きなまま。体育の授業は当然ながらいつも見学の逞と、繭の楽し気な姿を羨ましそうに見つめる逞が描かれます。

ちょっとしたアクシデントが起きました。体育の授業を終えて教室に戻ろうとした繭に向かって水をかけた男子生徒の悪戯と悪ふざけに、繭の体操着は見るも無残です。薄いシャツの下から覗くのはと気付いた逞は慌てて繭に上着を被せ、男子生徒に殴りかかってしまいます。必死になって止めた繭が逞を連れて行った保健室で逞の口から飛び出した、体操着の下に隠されたものを見た男子生徒が許せないという言葉、繭は逞なら見せられると。

別れの決意

そんな過程を経ながら季節は流れ、繭と逞の2人はもう受験生になりました。逞はいつも自分の体と病気に泣く繭への想いから、繭と離れることを秘かに決心していました。繭のために逞は繭から別れるべきだと。逞が繭に秘密で選んだ受験先は全寮制の名門高等学校で、繭の学力では厳しい場所です。逞の病と身体に、逞の両親は猛反対しますが「思い出作りが欲しい」と嘘で両親を納得させようとする逞に、繭は逞の母から真実を知ります。

逞の無茶な台詞は繭の進学に関連していると誤解した逞の母に止めてくれと願われたことで、事実を知った繭ですが、そうとは知らない逞は、進学先を隠し続け、卒業式に繭から尋ねられた言葉に嘘で返し、別れの台詞もなく、繭と逞は別れました。逞の進学した名門高等学校入学式初日、新入生代表の壇上に上がったのは、あろうことか繭でした。「私から離れようなんて、そんなことはさせないから」と壇上から叫んで宣言する繭の姿です。

逞の決意に怒りを露わにした繭に逞は唖然とするばかりです。高校入学後も繭は逞の傍から決して離れません。そんな繭は入学後、弓道部に入部し、活躍目覚ましい繭に人気はうなぎのぼり。人気者となった繭に学年のアイドルと呼ばれる男子生徒が猛アタックしだします。名前は鈴谷昇。繭に迫る鈴谷は、逞にも宣言します。逞が生きられない命であると宣言されたのを引き合いに出して、「生きている間に別れてやるのが優しさ」だろうと。

複雑な模様を奏で出した繭と逞の恋仲に、さらに追い打ちがかかります。診察に行くと告げた逞に同行した繭と逞の前に、子ども時代の逞の入院仲間、上原照という少女の姿がありました。思いがけぬ再会に喜び合う逞と照に複雑なのは繭ですが、繭の方も鈴谷から迫られる毎日です。逞は再会以来、照に逢いに抜け出すことが多くなり、その中で照は逞に「キスも経験しないで死ぬなんて嫌だ」と迫ります。逞にはどうにもできませんでした。

絡み合う運命

そんなこととは知らない繭にも鈴谷がしつこく付きまとっています。弓道部の自主練習中に現れた鈴谷は、「あいつは死ぬ」と「死ぬ人間に繭が悲しむのは耐えられない」と言い出す始末で、繭は怒りました。繭が好きなのは鈴谷ではなく逞であり、逞の命を見縊るなときっぱりと拒絶します。その日の夜、星の見える天体望遠鏡のある部屋に居た逞の隣に繭がやってきます。1人になりたいときに居ると告げる逞ですが繭は離れませんでした。

逞は昔から星を見るのが好きだったと離れない繭に、逞は照から迫られてキスを交わしたと告白します。当然ながら怒りを見せる繭でしたが、逞は言い放ってしまいます。「死ぬ人間の怖さが繭には解らない」という逞は逆上したまま、「死ぬのがどれだけ怖いかわからないんだ」と別れ話を切り出します。逞がそれを望むならと告げた繭は逞の別れを受け入れました。「逞がそうしたいならいい」と受け入れてその場を去った繭が描かれます。

数日後に逞がいつものように訪れた病院に、照の姿は有りませんでした。急な発作に逝ってしまっていたと明かされます。そこから逞は戻って、鈴谷へ挑戦状を投げ付けます。勝負は100メートル走、鈴谷が勝てば逞は大人しく鈴谷へ繭を渡す、逞が勝てば鈴谷は二度と繭に近寄らないという勝負です。勝ったのは逞でした。繭を公園でのデートに誘い出します。弓道部の部室にも赴き、繭から教わる逞は、このまま結ばれたいと繭に告げます。

喜びの先の結末

病院に足を運ぶ逞と繭、2人の前に現れたのは鈴谷昇でした。繭を諦めたと告げる鈴谷は、大学生の彼女に逢いに行くのだと告げて、逞に「友達にならないか」と切り出します。「男に告白するのは初めてだけど」と笑う鈴谷と逞はその日、友人となりました。病院に着くと、衝撃の台詞が繭の父から告げられました。「心臓移植のドナー提供者が見つかった」と。「2,3日中に手術になるので準備を」という言葉に、誰もが喜びました。

繭も逞も逞の両親も喜んだ「ドナー提供者の出現」です。落ち着かないままに病院の中をうろうろとしていた繭は、違和感を覚えます。繭と逞の学校の制服姿の生徒たちがやたらと目に付きます。何故だろうと声をかけて、知ってしまった「真実」は、あまりにも残酷でした。鈴谷が交通事故に遭っていました。状態は脳死判定、鈴谷の所持品に「ドナー提供意思表示カード」、見つかったという「心臓のドナー提供者」は鈴谷昇のことでした。

複雑な心境な繭でしたが、逞の心臓移植を喜んでいました。ですが、逞は提供者を知ってしまいます。見つかった心臓移植の「ドナー提供者」を知ってしまった逞は手術を拒否。そんな逞に、鈴谷の両親もrドナー提供の意思を取り下げます。繭は提供者が鈴谷であると知って複雑な心でありながらも、逞への心臓移植を望んでいました。逞の心臓を望んでいました。逞は鈴谷であると知り、拒否しました。鈴谷の両親も意思を取り下げました。

僕の初恋をキミに捧ぐの映画版結末とは?

実写映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」再終幕です。映画版、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の結末とラストはどのように描かれたでしょうか? 退院した逞は変わらぬ日常生活を送っているように見えました。学校に登校して、授業を受けて、それまでと同じ高校生活を営んでいるように見えました。異変は突如と襲います。急激な発作に搬送された病院、その場では一命を取り留めたもの、逞に残された時間はほんの僅かだと誰にも見えいました。

映画の結末

閉ざした瞳の下で逞は四葉のクローバーに願います。あと少し、あと少しだけ時間をください。目を覚ました逞は繭をデートに誘い出します。止める繭を強引に押し切り、「病院の人間に捕まる前に」と引っ張り出した逞は遊園地へ。いままでには乗れなかったジェットコースター、水族館を足取り軽くはしゃぎランチを食べ、まるで普通の恋人同士のようなデートを楽しんだ繭と逞でしたが、最後に逞が繭の手を引いたのはいつかの草むら。

繭が四葉のクローバーを見つけた場所で、逞が取り出したのはお守りとして持っていた、小さなころに書いた遺書です。「約束を守れなくてごめん」と告げた逞はそのまま発作に倒れます。鈴谷の両親に泣きながら頭を下げ続ける繭は、「鈴谷君の心臓を逞にください」と必死に願いますが、鈴谷の両親も肯けません。ただ、「ごめんなさい」と謝る鈴谷の両親と頭を下げ続けて願う繭を遺して、逞はとうとう心臓を止めて命を終えました。

逞の両親から遺骨を預かった繭がいます。遺骨を預かった繭に逞の母から告げられたのは、「逞に恋を教えてくれてありがとう」でした。遺骨となった新郎のためのウエディングドレスをまとった繭が教会で上げる挙式です。「何度でも私は逞に恋をする。悲しい思いをすると分かっていてもそれでも逞を好きになる」の繭の言葉が物語のラストシーンを飾ります。

僕の初恋をキミに捧ぐの原作漫画の最終回とは? 映画版との違いはある?

実写映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」のあらすじと結末を追ってきましたが、原作となった漫画での最終回はどう描かれたでしょうか? 映画のラストとなる最終回シーンとは異なった結末に描かれた原作最終回を見せた、青木琴美による漫画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の最終回を紹介します。

漫画版結末

漫画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」でも鈴谷の心臓を逞が提供される予定であったことは変わりません。逞がそれを良しとせずに断ったことも描かれました。大きく違うのは、その後に、逞の元へと舞い込んだ「心臓移植以外の生きる道」という選択肢です。けれどそれは単純に喜べるものではありません。当然ながら簡単な話ではなく、症例は数えるほどで、成功例は僅かに1件の人体実験の域を出ない手術による治療という選択肢です。

データも何も足りない実験の枠組みでしかない治療法の手術、親を残して死ぬ親不孝をせめて傍で過ごしたいと学校をやめて両親のもとで暮らそうとする逞に、逞の父は「逞が幸せに生きてくれるのなら、会えなくてもいいのだ」とそれが親の願いだと告げる言葉。自分にだけ与えられた心臓の不平等を恨んだこともあったけれど、自慢の両親が居て、最愛の人が居る。これが幸せでなくて何だろうかと考えた逞に手術の話が持ち込まれます。

受けるか受けないかを自分の意思に決めたいと告げた逞に、逞の両親は肯き、病室の前で繭は黙って聞いていました。繭にとってはよくないことを言い出すかもしれないと告げた逞は、病室で脳死判定を受けて眠る鈴谷の元を訪れ、その夜に繭の自宅を訪れます。主治医である繭の父への手術の返事と大事な話に来ましたと告げた逞は、繭と繭の母立会いの下での返事を望みます。手術を受ける前に繭と結婚させてくださいと逞は告げました。

漫画に描かれた結末

激怒して逞は死ぬのにと告げたのは繭の母親、死ぬかもしれないけれど繭を幸せにしてからにしたいという逞、2人の問答に、叫んだのは繭の父で逞の主治医です。自分は幼いころから逞を救うために診てきたのだ、死なせやしないとその為に寄り添ってきたと涙に語る未来は、逞が大人になって結婚し、子どもを授かり、そんな未来を見たいのだと告げるもの。数日後、18を迎えた逞は写真館で毎年恒例の撮影、病院で挙式を上げます、

鈴谷昴の病室での挙式に、手術は3か月後、あっという間に月日は流れ、前日です。手術の同意書には繭の妻としてのサインが書かれています。手術室へ向かう前に逞から渡された一人で見てほしいと頼まれた小箱には、遺書と遺影とするべき写真、そして逞の願いが綴られたものと描かれて、漫画はラスト最終回に逞の生死を描数に終わります。

僕の初恋をキミに捧ぐの映画版の評価とは?

原作である漫画とは大きく異なったストーリーに描かれた、映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の評価とはどうだったのでしょうか? twitterなどを辿って、映画、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の評価と感想を紹介します。

映画m「僕の初恋をキミに捧ぐ」を観て、いちから原作を読みなおしたくもなったと告げる感想tweetです。原作とは大きく異なって描かれた映画版でしたが、原作ファンからも評価としては上々と言えるのではないでしょうか?

僕の初恋をキミに捧ぐ映画版と原作漫画の結末についてまとめ!

映画版と漫画で大きく異なったストーリーに描かれた「僕の初恋をキミに捧ぐ」を、映画のあらすじと結末を中心に、漫画との結末の違いを紹介しながら追ってきました。いかがでしたでしょうか? 原作ファンの感想としても上々と言える感想tweet、平井堅による脚本を読み込んでの書き下ろしの主題歌とリンクした結末のラストシーンなど、見どころは沢山ある作品だと、ご覧になったことのない方にもおススメしたい作品です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ