ミックス。の評価とネタバレ感想まとめ!あらすじやキャストの演技の評判は?

映画「ミックス。」は2017年10月に公開されました。主演は新垣結衣さんと瑛太さんです。この「ミックス。」ですが公開から大ヒットを飾り映画の評価もなかなかの評判と言われております。映画「ミックス。」は卓球をテーマにした映画ではありますが、ラブコメディ映画としても話題となり、主演の新垣結衣さんもラブコメディ的要素の映画には初主演と言われてます。大ヒットを飾った映画「ミックス。」の評価とネタバレなど一気に解析してきましょう!

ミックス。の評価とネタバレ感想まとめ!あらすじやキャストの演技の評判は?のイメージ

目次

  1. 1ミックス。の評価と感想を紹介!キャストの演技評価やあらすじもネタバレ紹介!
  2. 2ミックス。の興業収入など映画基本情報を紹介!
  3. 3ミックス。の映画あらすじをネタバレ紹介!
  4. 4ミックス。の映画キャストを紹介!
  5. 5ミックス。のキャストの演技評価は?
  6. 6ミックス。を見た人の感想と評価を紹介!
  7. 7ミックス。のDVDも要チェック!
  8. 8ミックス。の評価やネタバレまとめ!

ミックス。の評価と感想を紹介!キャストの演技評価やあらすじもネタバレ紹介!

映画「ミックス。」は2017年に公開した日本映画です。10月に公開されたと同時に瞬く間に日本中で大ヒットになりました。テーマは卓球。そしてただ単なるスポーツ物の映画ではなく、ラブコメディ的要素満載のポップな映画に仕上がっています。主演の新垣結衣さんはこの様なテイストの映画には初主演となり、演技の幅なども期待できると言われてます。また共演者にも安定感抜群の役者を揃え見応えある映画になっています。

映画『ミックス。』

ミックス。の興業収入など映画基本情報を紹介!

ミックス。の興行収入の評価は?

映画「ミックス。」は公開と共に大ヒットになり、2017年の10億円以上の興行収入では上位ランクに入りました。昨今の日本映画の興行収入ではかなりの好記録と言われています。実際は約15億円の興行収入だそうで、「ナラタージュ」や「HIGH AND LOW」などを抑えての成績になってます。卓球というテーマであるので、この映画は中国でも2018年に公開されていますが、興行成績はやや伸び悩みがあったと伝えられてます。

ミックス。の映画あらすじをネタバレ紹介!

映画「ミックス。」のあらすじを紹介します。ネタバレ必至ではありますが、この映画の完成度や感想が理解できるストーリーになっています。それではあらすじを紐解いてみましょう。

映画「ミックス。」が始まってすぐの冒頭シーンですが、ここはネタバレ的要素でもありますが、主演の新垣結衣さんのアップ映像で始まります。どうやらここは誰かに自身の結婚が決まった様子を述べている様に見えます。ネタバレではありますがそれは自暴自棄になった新垣結衣さんの映画の中での役柄が起こしたちょっとしたコメディラインのシーンであるようです。ちなみにお酒で酔っ払っている様子です。

そしてネタバレにはなりますが、そこから電車に乗っているシーンへと変ります。同じく主演の瑛太さんとの出会いがその電車のシーンです。

お酒の飲み過ぎで気持ち悪い新垣結衣さんの役柄と、なぜか女子高生に近付く瑛太さんの役柄。お互い怪しい雰囲気のストーリーの幕開けですでにコメディー感満載の映画「ミックス。」がスタートします。

天才卓球少女

主人公の富田多満子(新垣結衣)は天才卓球少女と呼ばれていた。母の華子(真木よう子)が日本を代表する卓球選手だったために幼少の頃からスパルタで、母が経営している卓球クラブで日々特訓をしていました。そしてそのスパルタ特訓が嫌でたまらなかった多満子は卓球をやらされいた、天才少女にさせられていたというイメージが強い雰囲気のオープニングです。

しかし幼少の頃一位が取れないことから大会後にも母親から怒鳴られ、まるで鬼の様な母親像であったと多満子は劇中のナレーションでも語っています。ネタバレあらすじではありますが、その後に母親は病死をしてしまいます。母親の最後の言葉に「卓球はもうやめて平凡な人生を歩んでもいいよ」と母親が多満子に告げ、それに快く反応した多満子に、母親の生命力が一瞬戻るシーンも面白いと感想がある様です。

病気で母親を亡くした多満子はその後母親の葬式を行います。ここでもネタバレ必至なあらすじではありますが、葬式の席で、お坊さんが「棺の中に故人の思い出のもの入れてください」と告げると、多満子はダンボールいっぱいの卓球道具を持ち出して全てをお棺の中に入れるシーンもポップさがありコメディ感溢れる映画と評価されています。ネタバレ要素ですが、このシーンでの多満子は躊躇せずに卓球との別れを表現します。

見事に卓球と決別した多満子は普通の高校生として日々を送る様になります。このポイントもあらすじとしてはネタバレ要素ですが、新垣結衣さんの高校生のキャラが面白いとのことです。ガン黒ギャルに大変身をして、女子高生ライフを謳歌します。シーン的には短いのですが、新垣結衣さんのこの姿は面白いと評価もよく、感想もいい事が多いとのことです。

そして普通の生活を平凡に送るという多満子の思いは実現して普通に企業のOLとして就職をして、普通に毎日を過ごしています。ネタバレ的あらすじではこのあたりから多満子の普通に順風満帆な生活が徐々に変化をとげていきます。それは多満子の働いている企業に新たに卓球部が創設されて、そこには卓球界では知る人ぞ知る江島(瀬戸康史)がいたのです。江島といえば多満子が幼少の頃に勝てなかった相手でもあります。

卓球部の壮行会が社内で行われ、多満子が籍を置いている庶務課の女性社員達がチアリーディングの余興を行うことになりました。これもまたネタバレあらすじではありますが、気の乗らない多満子は渋々チアの衣装を着てステージに向かいます。がしかし、さらにネタバレあらすじですが、多満子は大きく転倒してしまいます。そして用意されていたテーブルに向かってダイブをし、そしてテーブルの食事を全てひっくり返します。

そしてその後、多満子は一人壮行会の会場を黙々と片付けています。こちらもさらにネタバレあらすじですが、そこになぜか江島が駆けつけて多満子の手伝いをします。多満子はここで幼少の頃の自分が江島にバレにようにやや落ち着かない様子でしたが、難なくセーフでした。そして多満子は卓球を知らないふりをして、江島が卓球と離れた場所にいる多満子に近づいていくのです。

江島と多満子はその後付き合うようになり、多満子が描いていた普通の生活に大きな花を添えたのです。またまたネタバレではありますが、デートをしたり、笑顔で人生を謳歌する多満子ですが、あるとき突然転換期を迎えます。新たに卓球部に小笠原愛莉(永野芽郁)という女子選手が入ることになり、男女混合のミックスでの大会参加表明をし、その小笠原と江島の関係が徐々に近づくことになります。

多満子はその姿に嫉妬はするものの、卓球のために二人は頑張っているのだと心に言い聞かせますが、とうとうとある事件が発覚してしまいます。あらすじ的にはここもネタバレですが、多満子は江島の誕生日に家で料理を作り待っていました。そして帰ってきた物音がすると隠れてサプライズをと思っていたのでしょうが、なんと江島が帰ってきたのは一人ではなく小笠原愛莉も一緒で、しかも抱き合っている姿を見てしまうのです。

そして物語は冒頭のシーンへと戻ります。多満子は電車に揺られて二日酔いなのか気持ち悪そうにしています。そして瑛太さん演じる萩原久と変な雰囲気での出会いとなります。女子高生を怪しい雰囲気で見ている萩原。それを見ている多満子。ネタバレですが、多満子が萩原にいちゃもんをつけて、その際に電車が揺れ多満子と萩原の体が重なりあいその瞬間多満子が萩原に向かって吐いてしまうというあらすじです。

さらにあらすじは続きますが、ネタバレ必至です。その後、何もすることがなくなり実家に戻ってきた多満子は、父親(小日向文世)に母親が残した卓球クラブを閉めるかもしれないという話を聞かされます。父親が人が良すぎて他人の借金の保証人になってしまった事が原因でもあるそうです。そして多満子はふらっとその卓球クラブを覗きに行きます。練習している夫婦と一人の男子。が練習とは言えない感想を多満子は抱きます。

すると外から覗いていた多満子をジッと見ている女性がいました。こちらは広末涼子さん演じる弥生です。地元のヤンキーで昔馴染みの姉御肌。多満子の事を「お嬢」と呼んでいます。なぜ地元に帰ってきたのか、そして今の卓球クラブの現状を弥生からも聞かされた多満子は弥生からクラブのコーチになって欲しいと頼まれます。しかし多満子は外資系での就職での嘘をつきますが、これもあとあと面白いと感想があるそうです。

その後多満子はクラブのコーチを引き受けます。外資系と言っていた多満子は、地元の缶詰工場で働いているところを弥生に見つかりこういう結末になったのです。多満子はクラブに行くと弥生のほか、トマト農園の落合元信(遠藤憲一)・落合美佳(田中美佐子)夫妻と登校拒否気味の佐々木優馬(佐野勇斗)がおり、遅れて萩原も来て、先日の電車での件を多満子と言い合いをする様子もあります。

ある日多満子はショッピングモールにいるときに、江島と小笠原のポップと卓球用品の販売コーナーを見つけてしまいます。その様子を見た多満子は決意をして、なんとクラブで大会に出るという決意を固めました。ネタバレあらすじ的に言うと多満子の個人的な願望、勝ったら江島とより戻せると言う希望のシーンでもあります。映画「ミックス。」がようやく題材のように進行するシーンです。ミックス戦での出場になります。

そして大会当日。例の江島、小笠原のペアも登場して会場を騒つかせます。江島が多満子に近づいて来て話しかけるのですが多満子は黙ったまま。ここもネタバレあらすじですが、小笠原が萩原に駆け寄り話しかけるのですが、萩原は元々はボクサーでいいところまで行った選手でしたが、網膜剥離のためにあえなく引退を余儀なくされた選手だったのです。

そして始まるそれぞれの一回戦。まずは落合夫妻ですが、ネタバレなあらすじですが、なんと一回戦不戦敗と言う結果です。旦那さんの方が、緊張なのか本番に弱く結局トイレから出てこれずに一球も打てずに終わってしまったのです。また弥生と優馬ですが、こちらは試合に頑張って戦いましたが、頑張りも虚しく敗戦してしまいました。そして多満子と萩原も負けてしまいました。

多満子と萩原は試合中にお互いの頭の中に別の思いがあり集中する事ができなったのです。ネタバレ的あらすじは続きますが、多満子は江島との思い出を引きずっている様子で思うように試合運びができませんでした。また萩原も娘が観に来ていないのか会場を見渡したり、またボクシングで敗戦する姿とシンクロして、さらに試合運びが悪くなっていくのでした。そして多満子は足を怪我してしまい、試合は途中棄権となったのです。

その後多満子は萩原を訪ねます。無理やり試合に出した事を詫びて、自分の情けなさを伝えるのです。すると萩原が、江島にガツンと言いに行こうと多満子を誘いますが、結局何も言えずにレストランにいると、江島たちも入って来て多満子の悪口を言います。が、それを萩原が「人のことをバカにするな」と一蹴します。多満子と萩原は自分たちが最悪のペアで情けないと話します。そして来年に江島たちを潰すとお互いに誓い合うのです。

多満子の足も治り日々猛特訓が始まります。そして多満子と萩原は道場破りに出かけます。まずは子供相手に勝負。これもネタバレなあらすじでありますが、鈴木福くんと谷花音ちゃんの二人が演じている二人とガチで戦い大人気ないが見事に勝利をします。その後おかまのチームへ道場破りに行きます。そのおかまを演じているのは生瀬勝久さんが演じおり、強烈なインパクトを一瞬だけ作品に放り込んだのでした。

その後もっと強い練習相手が現れます。それがいつも行っている中華料理屋の中国人の二人でした。楊という中国人役は蒼井優さんが演じており、これもステレオタイプな中国人役ですが、なかなか面白いキャラクターを醸し出しています。ここからはダイジェスト的なシーン展開で多満子と萩原が一生懸命に練習に励んでいる様子が伺えます。そして多満子と萩の関係にもちょっとした進展が待っているのです。

すると突然クラブに萩原の元妻と子どもがやってくるのです。多満子に衝撃が走る話なのですが、元妻は萩原のために新たな就職先を用意した告げるのです。そしてそれは来週の日曜日と言われます。その日曜日と言うのが卓球の大会の当日なのです。多満子の様子に陰りが現れます。そして突然がもう一つやってくるのですが、江島が多満子とよりを戻し、ミックスのペアも組んでほしいとの事でした。

そして大会を前に萩原は仕事をやめて、落合夫妻は自分たちの亡くなった息子の話になります。それぞれの人生に暖かいエピソードがある事に映画「ミックス。」がいいストーリーであるという感想も多く聞きます。弥生も医者の旦那との関係性がよくなく、旦那が昇進できないのは弥生のせいだとも言われています。そして多満子は江島と一緒にパーティーへ参加しますが、なぜか浮かない雰囲気の多満子。そして萩原も同じでした。

話は大会当日になります。朝皆のメールに一通のメッセージが来ます。それは優馬から一言だけ「行ってきます」と入ってました。優馬は一人会場に向かうのです。一方の多満子は工場で再び働き始めます。そして萩原は多満子の写真を見ているのです。弥生も会場入りし、そして落合夫妻も会場入りし、試合に挑むのです。落合夫妻は息子の思いも一緒に背負って試合への決意を固めるのです。

多満子の元には弥生からのメールが入り、みんな思いがある。その思いに決着つけないと次に進めないので試合に出ると伝えるのです。多満子は萩原との思い出を回想します。自分に必要な場所であることや、どれだけ大切であるかを悟り、涙が溢れてきます。泣きながらバイトをする多満子。すると突然萩原が多満子の元にやってくるのでした。多満子はなぜここにきたのかと問いただしますが、萩原はそれを遮りキスをするのでした。

そして萩原は一言「迎えにきたんだよ、マイパートナー」と多満子に言い、そして二人は抱き合います。萩原が多満子を迎えに来て、二人は会場に向かいます。一方の落合夫妻、弥生と優馬は敢え無く負けてしまいます。そしてその瞬間にようやく多満子と萩原が会場に到着しいよいよ二人の大会がはじまるのです。

一回戦で再び対峙するのはなんと去年の警察官のペアでした。ここの場面で面白いのが、去年巡査だった女性警官(中村アン)が昇進して巡査部長に。そして巡査長だった男性(吉田鋼太郎)さんがそのまま巡査長なので、立場が変わっているのですが、こちらもカメオ出演の俳優陣を楽しむ一幕となっているようです。そしてこの二人にリベンジをする多満子と萩原は一年間の練習の成果で余裕で勝利をモノにするのです。

そしてここからさらにネタバレですが、順当に勝ち上がる多満子と萩原ですが、ここからはダイジェスト的なシーンで繋がっています。また逆側のトーナメントで勝ち上がっている江島と小笠原も同様に順当に勝ち上がっている様子も伺えます。そして二つのペアはいよいよ決勝戦で当たる事になります。このシーンでは卓球をしている俳優陣の姿が、練習の成果なのか努力の成果なのか、画面通してにじみ出ている事に評価を得ています。

そしていよいよ決勝戦、多満子と萩原は感慨深くこの決勝戦の会場を見渡し戦いに挑みます。しかしやはり相手は格上の江島と小笠原、凡人が努力しても勝てないと多満子が言っていたように第一セット、第二セットとどんどん取られて行きます。会場の雰囲気も江島と小笠原サイドになっている様子で、フラワー卓球クラブの面々も表情は苦々しい様子で多満子と萩原を見つめています。

その後第三セット前にブレイクが入り、多満子と萩原が会話をします。なぜ新宿へ面接に行ったのかという萩原の本当の理由が明かされ、それは元妻が再婚するために萩原を助けたいという気持ちだけだったと。多満子との間の誤解が溶ける瞬間です。

そして江島に一瞬戻った理由も萩原が元妻のところに素直に行けないからそうしたとお互いが笑いながら話すのです。そして運命の第三セットを迎えるのでした。

ミックス。の映画キャストを紹介!

ここで映画「ミックス。」のキャストを紹介します。映画を見ていくとこんなところにあんな役者さんが出ているだと面白いキャスティングが見えますのでそのあたりも一緒に楽しんではいかがでしょうか。

新垣結衣/富田多満子役

映画「ミックス。」で主演を張る新垣結衣さんですが、2016年の「逃げるは恥だが役に立つ」で大ヒットをし、また今年夏に公開された「コード・ブルー」劇場版でも話題が多い女優さんですが、ラブコメでは逃げ恥以上のラブコメと話題にもなり、公開前から騒がれていました。また中国でも人気がある女優さんで、2018年には中国でも映画「ミックス。」は公開されています。

瑛太/萩原久役

言わずと知れた人気俳優ですが、今回の映画「ミックス。」では新垣結衣扮する多満子のパートナーとしていい演技をしてたと言う感想が多く寄せられているそうです。中でも萩原が多満子の頭をポンポンとするシーンがあるのですが、あれは瑛太さんのアドリブで新垣結衣さんもあのシーンのあの場面が素敵だなと思ったというインタビューもあるようです。映画「ミックス。」では最高のキャスティングだと言われています。

広末涼子/吉岡弥生役

そしていつまでも透明感のある素敵な女優さんの広末涼子さん。今回の姉御肌的なキャラクターにご本人はセレブ妻であり元ヤンキーであるこの二つの思いを二面性があるというキャラ設定にしたくはないと監督とも話し合い、気さくなキャラが出しづらいという正直で一生懸命な女性を作り上げたので共感してほしいと言ってらっしゃいました。ちなみに小さい玉が苦手で卓球のセンスはないと振り返って感想を言ってらっしゃいます。

佐野勇斗/佐々木優馬役

そして広末涼子さんとミックスペアを組んだ佐野勇斗さん。これから公開される「3D彼女」でも注目されている若手俳優です。新垣結衣さんや広末涼子さんなどの諸先輩方からアドバイスをもらい、自身の俳優人生にも大きく意味を成した作品だそうです。そして佐野さん的には引きこもりのキャラクターが徐々に変貌を遂げていく姿が観る方々に前向きな気持ちを与えられるのではと撮影時の感想を言っております。

さらには落合夫妻に遠藤憲一さん、田中美佐子さんと錚々たる顔ぶれのキャスティングです。遠藤憲一さんは色々な役柄にチャレンジしているのですが、今回の役柄も今までとはちょっと違う、何かを抱えている父親像が垣間見れます。田中美佐子さんも安定した演技力で旦那を支える謙虚な演技が素晴らしいと言う声もたくさん上がっています。

そして映画「ミックス。」、テーマは卓球。と言う訳で卓球の王国、中国人役としても蒼井優さんがステレオタイプではありますが、それがまたはまっていると多くの感想が取り上げられています。中華料理屋の定員でいる姿と卓球の相手をしている時のギャップがまた可愛いと評判になっています。また料理長には大泉洋さんでおなじみのTEAM NACSのリーダーで森崎博之さんが出演されています。

さらには今期のNHK朝の連続テレビ小説のヒロイン・永野芽郁さんが新垣結衣さんとの恋のライバル的な立ち位置で出演しており、また吉田鋼太郎さんが対戦相手の警察官役で中村アンさんとペアを組んでおります。おかまの卓球選手で生瀬勝久さんなど、映画「ミックス。」にはたくさんのいい役者が瞬間瞬間を彩り脇を固め、ラブコメ映画の面白さを倍増させています。

そして現役の本物の卓球選手も出演されており、オリンピック銀メダルの水谷隼選手と石川佳純選手が江島こと、瀬戸康史さんの友人役で出ており、落合夫妻の対戦相手と、弥生と優馬の対戦相手にも、伊藤美誠さんや木造勇人さん、吉村真晴さん、浜本由惟さんなど全ての選手が世界選手権、オリンピックでメダル保持者であります。その選手の技術もまた見ものです。

ミックス。のキャストの演技評価は?

それではここで映画「ミックス。」に主演のお二人の演技評価を紐解いて見ましょう。ラブコメで定評がある新垣結衣さんと、あらゆる演技を見せてくれる瑛太さんのお二人です。ご本人たちの感想も交えてお伝えします。

新垣結衣のラブコメ演技がかわいい?

映画「ミックス。」でラブコメ演技で高評価を得た新垣結衣さんですが、もともとコメディー映画やドラマは好きなようで、自身もコメディーを演じているのが好きと言われています。また今回は「リーガル・ハイ」の監督と脚本ということもあって、自然体で演じられる環境でもあったのが功を奏しているようです。周りからの評価はコメディエンヌとしての女優の真骨頂だと言われいるそうです。

瑛太の演技評価は?

映画「ミックス。」をより引き立てる瑛太さんの演技も高評価であり、新垣結衣さんとのペアや演技もはまっており、息がぴったりという声が上がっています。この「ミックス。」では瑛太さんがたくさんのアドリブを使って新垣結衣さんと演技をしているとのことです。コメディエンヌの新垣結衣さんに対して瑛太さんがもっと色々と表情を欲しがったり、意表をつく演技をしさらに新垣結衣さんの演技を引き立てたかったとのことです。

ミックス。を見た人の感想と評価を紹介!

映画「ミックス。」ここがダメ!またはここがイイ!などの評価と感想を紐解いて見ましょう。もちろん映画には賛否両論ありますが、相対的な分析をしてみます。

不評な感想を紹介!

映画「ミックス。」が不評な要員としては、キャストの割には内容がスカスカだとか、想像通りの展開で期待ができないなど、鉄板すぎる展開などと言われています。また卓球がテーマになっているにも関わらず、卓球の難しさや卓球のスポーツとしての醍醐味などが描かれていないことに残念ですという声もありました。ラブコメであるがゆえに卓球が薄くなるという残念さと取り上げられています。

好評な感想を紹介!

映画「ミックス。」やはり多い感想としては何と言っても新垣結衣さんの可愛さや逃げ恥以来のラブコメということでの人気の度合いが多いようです。可愛いという感想、好きという感想、演技が素敵という感想など、多岐にわたって新垣結衣さんの人気から映画「ミックス。」は支えられているようです。

そして映画「ミックス。」が支持されている理由の一つにカメオ出演の濃い面々です。演技力は申し分がない役者の方々が瞬間で面白さやコメディエンヌ新垣結衣さんを支える爆発力を観客にお届けしているその濃さが映画「ミックス。」の面白さの基盤の一つでもあるようです。

さらにはコメディーでありスポ根が相見える映画であるゆえに快活さがあるのでアツくなって観る事ができるというのも映画「ミックス。」の魅力の一つだそうです。脇を固める役者陣、主演のコメディー要素たっぷりな演技、そしてスポーツ根性と、映画「ミックス。」には面白い要素がたくさん溢れているという感想が多いようです。

こちらも映画の内容以外にも、俳優さんたちの脇を固めている立ち位置が面白いと言っており、また本物の卓球選手が出ていることにも卓球映画の良さがしっかりと伝わっている事がわかります。映画が脚本と監督で作られて、さらに役者でつくられている内容を評価されるのは映画として最高の評価を得ているようです。

そしてさらには永野芽郁さんが出ている事にも反響があるようです。やはり今期の朝ドラのヒロインという永野芽郁さんが注目されるのは当然のことのようです。映画「ミックス。」が注目される理由の一つに豪華俳優陣がありますが、永野芽郁さんを起用したこのキャラクターにも注目される事は映画制作側としては制作冥利に尽きるようです。

また映画「ミックス。」がたくさんの人から面白いと評価されている理由の一つに観終わった後にハッピーな気持ちになるという事もネット上で多く語られています。映画の良さの一つが見終わった後の後味。そしてこのようなラブコメ映画ではその終わりの着地点が大事だと言われいるのは当然の事ですので、この映画の着地が多くよかった、ハッピー、スッキリするなど語られる事には映画の評価が高いと言われています。

ミックス。のDVDも要チェック!

そして映画「ミックス。」を観るならこちらのDVDでの視聴も評判になっています。DVDには映画には収録されてなかった特典映像が入っているようで、その内容はクランクインからクランクアップまでの俳優たちの撮影現場でのオンオフ映像が含まれています。映画「ミックス。」を余すところなく感じていただけるファン必見のアイテムになっているようです。

またさらに特典映像がついているようで、映画「ミックス。」はご存知のように卓球のスポ根映画でもあります。その卓球ができずに映画の撮影ができるのかと言わんばかりの俳優陣の卓球の練習風景も特典としてDVDに収録されているようです。映画を観てアツくなる前にこの特典映像を観てからアツくなるのも映画「ミックス。」を楽しむ大きなポイントになるようです。

ミックス。の評価やネタバレまとめ!

映画「ミックス」ネタバレ必至なあらすじと評価をまとめてみました。そして日本中がこの映画をどう感じているのかの総評をさらにまとめてみました!

ミックス。の評価はいかに!

映画「ミックス。」はやはり何と言っても俳優陣がしっかりと支えている作品であるという事がネット上でも大きく話題になっているようです。コメディーを得意とする俳優陣が主演の新垣結衣さんや瑛太さんのポップな演技をさらに面白くしているという声が多いようです。また監督や脚本家さんが新垣結衣さんとも過去に仕事をしているという事も大きな利点となっているようです。

そんな分析をし続けましたが、このまとめを読んで頂くことによって、これから映画「ミックス。」を観る方、すでに観た方も、より一層この映画の醍醐味を感じていただき、さらには抱腹絶倒なお時間をお届けできる内容になっていますので、是非とも映画「ミックス。」をじっくりと楽しんでみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ