サバイバルファミリーの映画あらすじを紹介!伏線や感想も解説【小日向文世】

矢口監督の大人気映画『サバイバルファミリー』突如として訪れた世界中で起きた大規模停電。今作ではどこにでもあるごく普通の一般家庭の鈴木家に視点を置き、停電してから機能を失った世界で生き残るために東京から脱出しサバイバル生活をする過程が描かれております。今回はそんなサバイバルファミリーのネタバレあらすじや本作での伏線、そしてサバイバルファミリーのメインキャスト達などを紹介していきます。

サバイバルファミリーの映画あらすじを紹介!伏線や感想も解説【小日向文世】のイメージ

目次

  1. 1サバイバルファミリーの映画あらすじをネタバレ紹介!伏線や感想も徹底解説!
  2. 2サバイバルファミリーとは?
  3. 3サバイバルファミリーの映画あらすじをネタバレ紹介!
  4. 4サバイバルファミリーの伏線や原因を解説!
  5. 5サバイバルファミリーの感想や評価を紹介!
  6. 6サバイバルファミリーの小日向文世などのキャスト一覧!
  7. 7サバイバルファミリーの原作の小説は?
  8. 8サバイバルファミリーの映画あらすじまとめ!

サバイバルファミリーの映画あらすじをネタバレ紹介!伏線や感想も徹底解説!

2017年2月11日公開の大人気映画『サバイバルファミリー』どこにでもあるごく普通の家族である鈴木家に視点を置き、ある日突如として起きた世界中での大規模停電で機能を完全に失った東京からの旅路を描いたサバイバルコメディ映画です。今回はそんなサバイバルファミリーのネタバレあらすじやキャスト、そして本作の伏線や伏線の回収そして伏線の他にも停電などの原因などを徹底解説します。

「サバイバルファミリー」ブルーレイ&DVDオフィシャルサイト | ポニーキャニオン

サバイバルファミリーとは?

映画『サバイバルファミリー』は矢口監督原案の小説を下に描かれており、2017年2月11日に公開されたサバイバル映画です。サバイバル生活のリアルを伏線として実行しその後に起こることをうまく伏線回収されており、サバイバル映画としてかなり人気があります。全国で268のスクリーンで公開され、公開から2日間で興行収入が1憶6533万、そして動員人数が12万となりました。

サバイバルファミリーの映画あらすじをネタバレ紹介!

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:鈴木家

東京都の集合住宅に住んでいる鈴木家は、なんの変りもない普通の一家でした。父親の鈴木義之は都内に勤務しているサラリーマンであり、最近では薄くなってしまった頭を気にしてかカツラを着用していました。母親の光恵は専業主婦として家で家事をしており、子供は大きくなったのですが、それでも日々忙しい毎日を送っていました。子供は長男の大学生である賢司と、高校生の娘である結衣の2人がいました。

賢司は同じ大学に通っている女子生徒の中村里美の事を片思いしており、妹の結衣は今どきの高校生らしくオシャレが好きで学校にもつけまつげを付けて登校していました。父親の義之の両親は共になくなっており、母親の光恵の父親である佐々木重臣は鹿児島県の吹上市に住んでいました。重臣はすでに定年で退職し、今では釣りと畑仕事を趣味にしています。そして収穫が出来ると、光恵に野菜や魚を送ってきてくれます。

しかし、当の光恵は魚を都会生活で魚を捌くことなどめったになく不慣れなため、重臣の送ってくる魚を有難迷惑がっています。鈴木家では、家族みんな揃うことも多々ありますが、それでも家の中では子供がスマホに夢中になり、家族の会話などはほとんどありません。そんな中、世界中ではある日を境に異変が起こり始めます。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:謎の停電

[1日目]朝目が覚めると電気が付かず、停電していることに気づきます。鈴木家では、これが普通の停電ではないことに気が付きます。テレビなどが動かないのは仕方のないことなのですが、それに加えて自動車やガス、そして水道さらには目覚まし時計の乾電池でさえも動かなくなっていたのです。鈴木家はマンションの10階に暮らしており、階段で下ります。家族の皆は、そのうちに治るだろうと楽観的に考えています。

それは鈴木家だけではなく、近隣の住民も同じように思っており、このような状態もすぐ直る一時的なことだと思っています。近所の主婦は停電の影響で電気がつかないためロウソクなどの明かりになるものを買いに向かっており、それを目にした光恵もそれにならってロウソクを買いに向かいます。光恵がスーパーに着くと、レジや電卓の使えないスーパーは大混雑しており、定員はそろばんを使って計算をしています。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:機能が停止した街

スーパーの中では店長がクレジットカードが使えないので現金のみしか扱えないと告知してまわっています。義之は出勤をしようと駅に向かいますが、肝心の電車は動いておらず、仕方なく徒歩で出勤することにしました。幸い会社までは自宅から駅2つ分しか離れていません。そして会社に着くとエレベーターが開くことが無く、扉を無理やりこじ開けて入ります。そして勤務を開始します。

しかし、仕事をしようにもオフィスワークであるため書類などのデータが入っているパソコンが動かないので仕事が出来ませんでした。そこに同僚である高橋亮三が来ると、今日は仕事が出来ないので帰宅を言い渡します。義之は帰宅時に、車がつかえないので移動手段として自転車を購入します。義之が帰宅するころには賢司や結衣も授業が出来る状態ではなかったため帰宅していました。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:ロウソクの明かり

自宅では、明かりをロウソクや携帯ガスコンロなどを使っています。光恵がベランダに出て、ふと空を仰ぐと天の川が見えます。結衣も光恵と共に天の川を見ると、初めて見る光景に驚きます。鈴木家では、いまだこの事態を軽く考えていました。[3日目]光恵は洗濯機が使えないため手洗いで洗濯をしていました。義之は会社の上司から電気が復旧するまでは自宅で待機と言われています。

そして水もこれから必要になってくると考えて、同僚の高橋一家と義之は山に水を汲みに向かいます。山では高橋が「このまま東京に住んでいたら危ないぞ」と義之に警告し、水を汲み終わると高橋一家は東京を離れていきました。義之は高橋に言われた事を真剣に考え始めます。一方の賢司は、片思いをしている里美が一向に大学に来ないため、自転車で里美が住んでいる埼玉県川口市に会いに行きました。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:段々なくなっていく飲料水

しかし、里美の家の近所まで来ると、友人の吉田が里美の自宅に来ており家族と共にどこかに移動する光景を見てしまいます。賢司は知らないだけで友人の吉田と里美は付き合っていました。鈴木家では、水の供給が厳しくなってきており、飲料水を調達することが困難でした。義之は銀行に行きお金をおろそうと考えますが、ATMは使うことが出来ず、窓口では一度の引き出しは10万円までと制限が付きます。

[7日目]子供たちの学校でもとうとう自宅待機となります。そしてマンションの自治体では会議が開かれることになりました。その会議で誰かが埼玉までいけば備蓄食料があると言います。しかし、他の者がその情報はデマであって実際には食料がなかったと否定します。鈴木家の隣家では荷造りをしており、飼い犬を残して出ていって行きます。そして鈴木家の上の階の人が最近見かけないと思えば、家の中で亡くなっていました。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:鹿児島まで行くことを決心

義之はこのままでは家族が危険にさらされると考え、東京を出て光恵の実家である鹿児島まで行くことを決断します。移動手段は限られていますが、念のため羽田まで飛行機が飛んでないか確認しに行くことにします。しかし飛行機のチケット代が足りるかと家族みんなで出し合い、光恵がかなりの額のへそくりをしていたため大丈夫そうでした。

そして出発前になると、この状況でもしっかりと化粧をしようとしている結衣に義之は怒りますが、結衣も負けじと義之のカツラを指摘します。そして賢司と結衣はそれぞれ自身の自転車に乗り、義之が最近買った自転車の後ろに光恵が乗ります。道中の大通りでは行商が列をなしており、500mlのペットボトルが1000円などの高額で売られており、進めば進むほどその値段は跳ね上がっていきます。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:高騰する水や食料

しかし、義之は荷物が多くなることを避けて目的地付近で購入しようと考えます。そして途中のコンビニにより、水が2500円で売られていたのに対し、光恵が値切りを始めて1本600円で購入することに成功します。公園では男性が池で釣りをしており、釣れた鯉を捌き、公衆トイレは汚れきって異臭を放っていました。結衣は用を足したいと考えてトイレに向かおうとしていましたが、あまりの異臭に茂みで用を足すことにします。

そして鈴木家は羽田空港に到着しますが、やはり飛行機は動いていませんでした。空港では警察官が東京近郊はすべて停電しており、復旧の目途は立っていないと告げており、周りの人々は警察官に自衛隊などはどうなっているのかと怒号をあげていました。鈴木家は飛行機が飛んでいないので自転車で鹿児島に向かうことにします。そして鹿児島に向かいためには地図と光恵が乗るための自転車が必要でした。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:物々交換

賢司と結衣は近場にある本屋に地図を探しに行きますが、地図が置いていたであろうコーナーは荒らされており、まともな地図がありませんでした。賢司は仕方がないので小学生用の日本地図を持って戻ります。義之と光恵は米殻店のすぐそばに乗り捨てられているボロボロの自転車を見つけます。米殻店の女店主の古田富子に自転車を譲ってもらおうと交渉しに行くと、富子は米を水や食料と物々交換をしていました。

そして光恵が富子と交渉をしに行くと、水と酒を自転車と交換することで交渉は成立し、さらに米も手に入れることが出来ました。家族は再び集まり、賢司の地図を頼りに移動しようとしますが、大雑把すぎて道がわからないため、高速を使って移動しようと考えます。しかし、皆考えていることは同じであり、高速道路には人でごった返していました。鈴木家は何とか神奈川まで移動をすると、夜は野宿をして過ごします。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:水泥棒

その夜に何者かに水を盗まれて、それに気づいた賢司は犯人を追いかけます。しかし、水を盗んだ男性に追いつきますが、その男性の下には赤子がおり、水を与えている光景を見ます。賢司はその光景に何も言うことが出来ず野宿している場所まで戻っていきます。鈴木家は鹿児島に行くために進んでいると、2㎞あるトンネルの入り口にたどり着きます。そこには老女の4人組が案内をするための看板を掲げていました。

何故そんなことをしているか不思議に思った鈴木家は理由を聞くと、トンネルの中は真っ暗になっており、動かなくなった車や動物の死体などがあるため進むのが困難な状態だと教えてくれます。そして老女が道案内をしており、ロープを渡されると老女が先導してトンネルの中を出口まで導いてくれました。[16日目]このころになると水はそこを尽きてしまい、光恵が川で洗濯をしている横で義之が川の水を飲みます。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:過酷な嵐

しかし、義則は後にひどい腹痛と下痢に悩まされてしまいます。その日は暴風と大雨が起きており、鈴木家は橋の下に避難をしていました。そして嵐がおさまると散乱してしまった荷物を集めますが、光恵の眼鏡は割れてしまい、せっかくの米も土にまみれてしまって食べられそうにありませんでした。さらに下痢などに悩まされていた義之が脱水症状のせいか倒れてしまいます。

賢司と結衣は自転車に乗り近くにある町まで水などを調達しに出かけます。そして街に到着すると、人はほとんどいなくホームセンターを見つけ入っていきます。しかし、水やマッチなどは当然無く、賢司は車のバッテリー用の精製水と発煙筒を1本手に入れます。結衣はどこを探しても食料がないため、キャットフードでも食べられるのではないかと考え大量の猫缶を手に入れます。猫缶は美味しくはないのですが、何とか食べられました。

バッテリー液も何とか飲用として使用することができました。賢司はパンク修理をしながらポケットに入っていた携帯を取り出すと持っていても意味がないため投げ捨てます。それを見ていた結衣でしたが、いまだに携帯を捨てることを渋っています。義則は火を起こそうと躍起になっており、賢司はホームセンターで見つけた発煙筒を義則に渡しますが、義則は今は使わずポケットに入れます。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:斎藤一家

[22日目]鹿児島を目指してから随分とたち、家族たちはみな無言でひたすら進み続けていました。腹は猫缶とバッテリー液で満たし、ひたすらに自転車をこぎ続けます。そして鈴木家は静岡県の浜松市まで到着すると、談笑をしている一家に遭遇しました。この状況で何故に楽しそうにできるのか不思議でしたが、この斎藤一家の父敏夫と母親の静子、そして息子の涼介と翔平の4人家族は前からアウトドアを趣味にしている家族でした。

そしてサバイバル生活になれていたのです。義之たちがバッテリー液を飲んでいるのを見ると、敏夫は驚き、その手があったのかとひとりでに納得をします。そして自分達は岩からくみだした水を飲んでいるんだと教えてくれます。この水も一度火にかけてしまえば殺菌されて飲めるようになるのだと言います。そして食料はそこら中に生えている雑草のタンポポやオオバコなど大半は食べられる物だと教えてくれました。

そして魚などは天日干しをすると長期間の保存が出来て便利なことや、タンパク質を取りたかったら虫が栄養価が高いを言います。そしてサバイバルをして生き残るためには体温を保持できるかどうか、水の確保が十分か、火を起こすことが出来るかどうか、そして食べ物はあるかと敏夫は挙げます。そして涼介はカバンからフィルムカメラを取り出して鈴木家と斎藤家で記念撮影をします。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:斎藤家との別れ

その後は斎藤家としばらくの間、行動を共にすることになります。義則は頼りになる斎藤家が加わったことで父親としての権威がなくなってしまったと思い、少し不機嫌になってしまいます。一行は休憩をしていると、高速道路の対向車線に軍隊が列をなして歩いていることに気づきました。軍隊は福井の送電所から歩いてきており、名古屋に向かっていました。そして福井でも東京都同じように停電が起きている事を知ります。

斎藤家と一緒に行動していたのは、関西方面なら電気が通じているのではないかという噂を頼って一緒に西に向かっていたのですが、関西でも停電が起きているのでは向かう意味がないと決めて、鹿児島へと向かう鈴木家と別れることになります。そして別れ際に結衣が涼介の下に行くと、電気が復旧したら写真を送ってほしいと家の住所を書いた紙を涼介に渡します。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:大阪に到着

[43日目]鈴木家は大阪の通天閣付近までたどり着いていました。しかし、西日本には電気が通っているという情報はデマであり、大阪も東京と同じように停電状態が続いていました。この状況に希望を持っていた結衣と賢司が怒り出してしまいます。そしてそのいかりの矛先は頼りにならない父親の義之に向かい、子供たちをなだめようとする光恵もお父さんはこういう人なんだからと言い、全くフォローになっていません。

父親としての威厳がなくなってしまった義之は言い返すことが出来ずに落ち込みながら西に向かっていきます。そしてしばらく進んでいると道中で炊き出しの列を見つけました。なぜ食料が枯渇している中、炊き出しが出来るのか疑問でしたが、地元民たちが須磨海浜水族園にいる魚たちを捕まえて捌いて汁物にして炊き出しをしていたのです。そして炊き出しの列に義之達は並びますが、義之の手前で炊き出しがなくなってしまいます。

義之はせめて子供たちの分だけでも分けてくれと土下座をして頼み込みますが、無いものを頼んでもどうしようもありませんでした。賢司と結衣は父親の自分たちの為に必死に頭を下げている光景を目にして、先ほどは言い過ぎたと反省をします。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:命を奪う覚悟

[67日目]鈴木家は岡崎市までたどり着きましたが、食料はそこを尽きてしまい家族は疲労困憊状態でした。そして義之は地面に寝転がると目の前の虫を捕まえます。その時、以前に出会った斎藤家に教えてもらった虫は栄養価が高いという言葉を思い出します。そして義之は虫を食べようかと迷っていると、どこからか豚の鳴き声が聞こえてきました。その声に家族皆が反応して声の下に向かいます。

そして大きな豚が1頭見つけ、鈴木家はお互いにアイコンタクトを取ると、豚を協力して捕獲しようとします。そして家族は無我夢中で豚を追いかけますが、義之と豚が坂から落ちてしまいました。義之は何とか助かり川べりを見てみると、豚が瀕死状態になっています。そして鈴木家は豚を捕獲しますが、いざ豚を捌区となると覚悟が出来ませんでした。義之は光恵に包丁を渡しますが、拒否しその包丁を賢司に渡します。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:久しぶりのまともな暮らし

そこへ怒号が聞こえてきたと思えば、地元の養豚場の主である初老の男性の田中善一が現れます。善一は瀕死状態の豚を見るとすぐさま包丁で首を切って豚を殺します。この豚は善一が飼っていた豚であり、養豚場から逃げ出した豚でした。善一は鈴木家を家に招くと、他にも逃げ出した豚を捕まえてくれる代わりに衣食住を保証してくれると申し出てくれます。鈴木家はこの条件に納得し、久しぶりのまともな食事を味わいます。

食卓には前まではありふれていた白米に味噌汁、そして野菜の漬物と目玉焼き、さらに豚の燻製をふるまってくれます。鈴木家は一心不乱に食事をします。そして食後には先ほど捕まえた豚の解体をし始めます。初めての光景に皆は悲鳴を上げます。この豚肉は燻製にすると善一は言います。その後は風呂に入り、着替えもした鈴木家はふかふかの布団で夜を明かします。

そして翌日には条件である豚の捕獲作業が始まりました。その作業はかなりの重労働で大変でしたが、鈴木家はこの環境に充実をしていました。善一には別の県に子供や孫がおり、安否がわからず心配をしていました。そして善一が住む地域には老人しかおらず、老人だけで電気の代わりを人力で賄うのにも限界があり、難儀していました。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:再び鹿児島へ

そして善一はしばらくはこの村で済まないかと提案をします。しかし、義之たちは鹿児島にいる義父の事が心配であり、善一の気持ちはうれしかったのですが、鹿児島に向かうことにします。そして別れの日には、善一が大量の食糧を分けてくれ、鈴木家は感謝を述べて自転車で鹿児島に向かいます。それから3日の間は近くにある橋を渡る予定なのでしたが、なぜかある筈の橋がありませんでした。

いま鈴木家が持っている地図は情報が古く、橋は撤去されていたのでした。しかし主要道路を離れていくには、あまりにも時間がかかってしまうので、義之はイカダを作って川を渡ることにしました。そして川に流れているペットボトルなどを拾い集め、即席のイカダを作ることにします。イカダを作ると初めに光恵が結衣と一緒に荷物を運んで川を渡り、次の往復で自転車を運ぼうとしていました。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:野良犬

しかし、自転車を運んでいる最中に突如として大雨が降り注いだため、義之と自転車が川に流されてしまいました。賢司は流された義之を探しに行くのですが、見つかったのは義之がつけていたカツラだけでした。[94日目]父親を失った鈴木家の皆は、義之の事を気がかりにしますが、一向に見つかることが無いので悲しみつつも西に歩を進めました。その道中に善一からもらった豚の燻製を食べながらレール沿いに歩きます。

すると野良犬が1匹現れ、結衣が野良犬に豚の燻製をあげると野良犬はさらに増え、その数は3匹になります。そして光恵が担いでいるリュックめがけて襲ってきます。光恵はその反動で崖から落ちて足を痛めてしまいます。犬たちは目当てのリュックをあさっており、その間に賢司と結衣が光恵を助けてその場を離れます。しかし、野良犬たちは逃げていく3人を追いかけてきました。するとどこからか汽笛がなります。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:蒸気機関車

汽笛が鳴り響くと野良犬たちは逃げ出していきます。そして線路に蒸気機関車が走っていました。3人は蒸気機関車に乗せてもらいます。その車両には大勢の乗客がおり、光恵は足の手当てをします。乗客からお父さんはいないのか聞かれると、結衣は泣いてしまい、光恵と賢司もうつむいてしまいます。一方の義之は川の下流に何とか流れ着いていました。そしてカラスが義之に群がっていると、目を覚ましました。

カラスを追い払い座りますが、義之には力が残っておらず蒸気機関車の音が聞こえて声を振り絞りますが、その声は届くことはありませんでした。義之は何とか見つけてもらう手はないかと考えていると、ポケットから賢司に貰った発煙筒が出てきます。義之は発煙筒をつけると、無事蒸気機関車に見つけてもらい乗り込みます。そして義之は家族と再会を果たし鈴木家は皆喜び合います。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:鹿児島に到着

蒸気機関車は間もなく関門海峡を渡る予定でした。光恵は義之に落としたカツラを渡すと、義之は何かから吹っ切れたかのようにカツラを窓から投げ捨てます。そしてトンネルに入るのですが、窓を閉め忘れていたため乗客は煤だらけになってしまい、車内には笑いが起こりました。[108日目]とうとう鈴木家は鹿児島にたどり着きます。そして光恵の父親の重臣は釣りをしており、元気に暮らしていました。

サバイバルファミリーのネタバレあらすじ:電気の復旧

[2年126日後]義之たちは鹿児島にある光恵の実家に住んでおり、いまだに電気が通らないため日々男性たちは漁をし、女性たちは機織りや農園をしていました。そしてある夜明け頃に、義之は何かの音が聞こえてきて目が覚めます。そして音の方向に向かうと物置にある段ボールに入っていた目覚まし時計が鳴っていたのです。義之は何が起きているか思考停止状態になっていると、突如として町のスピーカーから埴生の宿が流れます。

スピーカーの音に気付いた住民たちは何事かとざわつき始め、次に街の電灯がともり始めました。それから2か月後、鈴木家は自宅の東京にもどります。ニュースでは停電の原因について様々な憶測を立てていますが、はっきりとした原因はわからないままでした。そして停電前までは魚をうまくさばくことが出来なかった光恵は見事な手捌きで魚をおろします。義之は今までつけていたカツラをやめて通勤をします。

そして街の機能が回復をし始めると、鈴木家に1通の郵便が届きました。その郵便は浜松付近で知り合い、サバイバルの基本を教えてもらった斎藤家からでした。そして中には別れ際に撮った写真が入っており、その写真を見る鈴木家は以前とは見違えるほど成長をしたような気持ちになりました。

サバイバルファミリーの伏線や原因を解説!

サバイバルファミリーの伏線や原因:矢口監督特有の生き物の使い方

矢口監督の作品の伏線には、どれも動物や虫などを映画に登場させます。その演出はどれも効果的であり、過去作のウォーターボーイズではイルカやシャチ、スウィングガールズではイノシシなどがでてきます。そして今作のサバイバルファミリーでは映画の冒頭で登場した青虫や襲ってきた野良犬、つられていた鯉、豚など今回のサバイバル生活という食糧難での考えさせられるシーンなどに効果的に登場していました。

サバイバルファミリーの伏線や原因:川の水は危険なのか

サバイバルファミリーでは水が底を尽き、義之が何の考えもなしに川の水を飲んでお腹を壊す伏線があります。川の水は一見綺麗に見えますが、水の中にはいろんな場所から流れ交じっている生活の排水に細菌、そして川の傍に大規模の農場などがあった場合は、重金属や農薬などが混じっている可能性があるため危険になります。そして伏線の回収として斎藤一家から水は一度沸騰させなければならないことを教えてくれます。

サバイバルファミリーの伏線や原因:停電の原因は太陽フレア?

電気が復旧した後に、ニュースでは太陽フレアが原因で世界中で大規模の停電が起きた可能性があると言っていたのですが、実際に太陽フレアが原因の大規模停電が起きたことがありました。それは1989年に北米で太陽フレアが原因で大規模停電が起き、磁気異常が起きて空中の電流が送電線に大量に流れ込んだため電力網が機能できなくなり、大規模停電になったのでした。しかし、この時は電池など使えていました。

サバイバルファミリーの感想や評価を紹介!

サバイバルファミリーを見た人の感想:1

サバイバルファミリーを見た人の感想では、コミカルに描かれてはいるが、その中身は生存するための緊張感やこの状況で浮き彫りになっていった家族という大切な存在が描かれており、非常に面白かったという感想が多数あります。その他の感想では、サバイバル映画では結構ある暴力やグロなどの表現ないため見やすかったと言った感想があります。

サバイバルファミリーを見た人の感想:2

サバイバルファミリーを見た人の感想では、いざ自身がこの状況に置かれてしまったらどうするのだろうと言った考えになったと言った感想が多数ありました。今作の感想ではコメディ要素が強いが水族館から魚を取って捌いたりなどリアルな表現もあるために矢口監督の今までの映画とは一味違うと言った感想があります。

サバイバルファミリーを見た人の感想:3

サバイバルファミリーを見た人の感想では、一見コメディ映画だと思われるのですが、かなり本格的に大規模停電が起きた時の事が描かれており、サバイバル好きの人でも楽しめる作品だという感想があります。そして伏線などでサバイバルに対してのやってはいけないことなどが伏線回収されており、ためになる部分も多い作品と言う感想があります。

サバイバルファミリーを見た人の感想:4

サバイバルファミリーを見た人の感想では、役者の演技が非常に真に迫っており、実際に起こってることのように感じると言った感想が多数あります。

サバイバルファミリーの小日向文世などのキャスト一覧!

サバイバルファミリーのキャスト:鈴木義之‐小日向文世

サバイバルファミリーの主人公である鈴木義之を演じた俳優は小日向文世。オンシアター自由劇場に所属しており、近年では様々な映画やドラマなどで活躍中の俳優です。過去にはアウトレイジやテレビドラマのHEROなど、有名な作品に出ています。今作のサバイバルファミリーの主役としての感想を語っており、突然主役に抜擢され驚き、12月の川にいきなり泳がされたりと今までに無い体験がある楽しい現場だと語っていました。

サバイバルファミリーのキャスト:光恵‐深津絵里

サバイバルファミリーの光恵役を演じたキャストは深津絵里。アミューズ所属の大人気女優であり、女優になったのは13歳の頃にミス原宿グランプリに参加して優勝したのをきっかけでした。女優になってからは瞬く間に人気を博し、『踊る大捜査線』や『ザ・マジックアワー』などの作品に出演をしています。

サバイバルファミリーのキャスト:賢司‐泉澤祐希

サバイバルファミリーの賢司役を演じたキャストはアルファーエージェンシー所属の俳優である泉澤祐希です。5歳のころから子役として芸能界デビューをしており、2009年には『よるのくちぶえ』で映画の初主演を果たしました。しかし、それからはあまり活躍の機会がありませんでしたが、2017年には連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインの幼馴染役に抜擢され人気を博しました。

サバイバルファミリーのキャスト:結衣‐葵わかな

サバイバルファミリーの結衣役を演じたキャストはスターダストプロモーション所属の女優である葵わかなです。幼いころから芸能界に憧れを抱いており、小学5年生の時にオーデションの書類提出の為の写真を撮りに行く最中に原宿でスカウトされます。そして所属してから1週間でCMデビューを果たしました。今までには『サムライ・ハイスクール』等に出演し、2019年にはミュージカル『ロミオ&ジュリエット』で初主演を務めます。

サバイバルファミリーの原作の小説は?

原作である小説サバイバルファミリーでは矢口監督のオリジナル作品であるため、矢口監督のイメージ通りの作品に仕上がり、非常に完成度の高い映画になっています。そして映画では都合上で省略した心理描写などが細かく描かれているため、映画と比較してこんな事もあったのかと、楽しめるようになっています。

サバイバルファミリーの映画あらすじまとめ!

以上、サバイバルファミリーのネタバレあらすじや伏線、そしてキャストやサバイバルファミリーを見た人の感想などを紹介しました。今作ではサバイバル性格ならではの様々な伏線がちりばめられており、その伏線の回収がきれいに描かれています。そして大規模停電が実際に起きたならをリアルに表現されています。サバイバルファミリーを気になった方は是非一度視聴してみてはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ