ダンサーインザダークをネタバレ!あらすじをラスト・結末までまとめ

ダンサーインザダークとは、2000年にデンマークで公開された映画です。同年のカンヌ国際映画祭では、最高賞であるパルムドールを受賞したこの、ダンサーインザダーク。今回はネタバレしながら、あらすじなどを紹介していきます。衝撃のラストが待っており、観たあとは忘れられないほどの鬱な気分になると話題の、このダンサーインザダーク。ネタバレを観ても、その衝撃は変わらないとまで言われています。

ダンサーインザダークをネタバレ!あらすじをラスト・結末までまとめのイメージ

目次

  1. ダンサーインザダークのあらすじを結末までネタバレ!ラストシーンを解説
  2. ダンサーインザダークとは?
  3. ダンサーインザダークのあらすじを結末までネタバレ!
  4. ダンサーインザダークの衝撃のラストをネタバレ!
  5. ダンサーインザダークの感想をネタバレ!
  6. ダンサーインザダークのネタバレ情報まとめ

ダンサーインザダークのあらすじを結末までネタバレ!ラストシーンを解説

ダンサーインザダークという映画をご存知でしょうか?ダンサーインザダークは大変知名度が高く、すでに観たことがある、名前を聞いたことがある、結末をネタバレされたことがある、という方も少なくありません。しかしながら、このダンサーインザダークという映画は、誰にでも観てほしい、いつでも観てほしい、といえる映画ではありません。今回はネタバレをしながら、このダンサーインザダークという作品を詳しく紹介します。

ダンサーインザダークとは?

ダンサーインザダークはデンマークの映画

ダンサーインザダークとは、ラース・フォン・トリアー監督によって制作された映画です。2000年に公開されました。ラース・フォン・トリアー監督はデンマークのコペンハーゲン出身の映画監督であり、大きくデンマークの映画界に影響を与えている人物でもあります。

ダンサーインザダークには、ストーリーもさることながら、注目すべき点が多々あります。例えば、映画の途中のシーンを飛ばし、まるでシーンが飛んだかのように見せながらも観客を引き込ませる「ジャンプカット」と呼ばれる技法を多様しています。また、アイスランドの人気女性歌手であるビョークを主役に起用しています。

日本でも同年、2000年に公開されたこのダンサーインザダーク。多くの映画が、結末には、あっと驚くラストを用意しています。このダンサーインザダークも、観た人の心を大きく揺さぶる結末が待っています。その結末を紹介する前に、まずはあらすじをネタバレしながら紹介していきます。

ダンサーインザダークのあらすじを結末までネタバレ!

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!主人公はチェコからの移民

このダンサーインザダークの主人公となるのは、ビョークが演じるセルマという女性です。舞台はアメリカのとある街ですが、セルマはチェコからの移民です。息子のジーンと二人で暮らしています。作中ではっきりとジーンの父親、セルマの夫にあたる人物には、触れられていません。

セルマとジーンは貧しい暮らしをしており、警官であるビル夫婦の家の敷地内にトレーラーハウスを置き、その中で生活しています。昼間は必死に工場で働き、夜は内職をして、なんとか生活をしていました。決して楽しい、とは言えなくとも、友人にも恵まれ、慎ましい幸せな生活を送っています。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!ダンサーインザダークのダークとなる部分

彼女は、まるで瓶底眼鏡のような、大変レンズの分厚いメガネをかけています。それは、彼女の疾患によるもので、無くてはならないものでした。彼女は生まれつきの、視力を徐々に失っていく先天性疾患を患っています。セルマの視力は徐々に失われ、このままでは失明するのを待つのみでした。

その先天性疾患は彼女のみならず、彼女の息子も苦しめていました。彼女は自分と同じ末路を辿らないようにと、必死に貯金を続けています。「チェコにいる父への送金」だと嘘を付き、息子が13歳になるときに手術が行えるように、と身を粉にして働く毎日でした。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!いつでも笑顔を絶やさないセルマ

しかしながら、彼女はそれを苦しいと思っている素振りを見せません。彼女の目が日に日に見えなくなっていくことを知っている友人たちは、常にセルマに寄り添い、彼女の手助けをします。同じ工場で働くキャシーは、セルマが困ったときはいつも手助けしてくれます。土地を貸し出してくれているビル夫婦も、彼女の良き理解者であり、格安で住まわせてくれているのです。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!セルマの心の支え

また、セルマ自身も彼女の心に強い支えを持っていました。それはミュージカルの女優になりきること。彼女がそう願えば、いつでも自分は舞台にたって踊る女優になることができるのです。辛いこと、苦しいことはすべて、彼女が歌って踊ることで乗り越えてきました。また、彼女自身も本当に女優を目指し、忙しい仕事の傍らで常に稽古を行っています。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!セルマに思いを寄せるジェフ

他の友人と同様に、ジェフという男性も彼女の支えになっていました。健気に仕事に取り組み、どこか夢見がちなセルマのことを、ジェフは愛していました。しかし、セルマはジェフの気持ちを知りながらも、それに答えることはしません。彼女がジェフを嫌いなのではなく、彼女は自分の疾患と向き合った結果、彼の好意を受け入れるべきではないと判断したのです。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!セルマの生きる理由

また、彼女の生きる理由の第一に、「息子のジーンの目の疾患を治すこと」というのがあるからです。彼女は常にそのことを考え、必死に働いています。自分の幸せは二の次なのです。だからこそ、自分がジェフと結ばれて幸せになることは考えられないのでした。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!舞台稽古も怠らない

必死に歌い、踊り、仕事をして、時にはジェフとかけがえのない時間を過ごす…そんな彼女でしたが、ミュージカル女優としての終わりが少しずつ近づいていました。My Favorite Thingsという曲で舞台稽古を行っていましたが、彼女は手渡されるはずのヤカンの位置が見えないのです。心の支えの一部であった稽古も、もう続けられなくなってきました。

瞳から徐々に光を失われていく、セルマ。それは舞台の稽古だけでなく、仕事でも影響が出始めました。なんとか手伝ってもらい、友人に支えてもらって乗り越えてきた仕事ですが、今まで以上に続けることが難しくなってきました。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!貧富の差と秘密

そんな中、息子のジーンが「自転車を買ってほしい」とねだってきます。彼の学校のクラスで、自転車を持っていないのはジーンだけだというのです。裕福でもなく、必死にお金を貯めている状況で、自転車を買う余裕などありません。それを見かねたビル夫婦と友人が、息子に、と自転車をプレゼントしてくれたのです。最初はそんな高価なものはもらえない、と断るセルマでしたが、息子の喜ぶ姿を見てありがたく受け取るのでした。

映画の中でも、映画を見ている観客にも、このビル夫婦は裕福な様に描かれています。ビルの妻であるキャシーいわく、「ビルは遺産があるから裕福だ」というのです。セルマ自身はそれを妬むわけでもなく、信じていました。しかしある時、ビルがセルマに愚痴をこぼします。妻のキャシーは大変な浪費家で、もう財産は底をつき、銀行に差し押さえされる程に困窮していると。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!ゆっくりと音をたてて壊れ始める

誰にも言えず、妻を咎めることもできず、一人で心に閉じ込めていた悩みをセルマにこぼしたビルは、開放感もあったのか泣き始めてしまいます。そんなビルの背中を優しくセルマはなでながら、口を開きました。「私も、秘密を言っていい?」と、ゆっくりセルマはビルに伝えます。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!ついに打ち明ける秘密

それは、自分の目のことと、息子の手術についてのことでした。セルマの目は今まで以上に見えなくなっており、おそらく今年中に完全に失明してしまう、ということ。息子の手術に関しては、お金を貯めていて、なんとか受けさせてやりたいということでした。チェコに住む父親へ送金している、というのはすべてウソであり、もうすぐ息子の手術費が貯まるということを語りました。

そもそも彼女がチェコからアメリカへと移り住んできたのも、息子に手術を受けさせるためでした。自分の目が見えなくなることは、さほどショックな事ではない、とも言います。それよりも、なんとしても息子の目を直してやりたい…その気持しかないのです。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!広がり続ける暗闇

仕事へと車で通勤しているセルマですが、この運転もいよいよ難しくなってきました。セルマを愛するジェフは心配し、自分が送っていくよといいますが、セルマはこれを断固拒否します。そこへビルがやってきて、彼女を送って帰ると言いました。ビルの目的は親切をすることではありません。彼はセルマがお金をためていると知り、車の中で彼女にお金の無心をし始めます。

しかしながら、彼女には分けてあげるお金は一銭もありません。ビルはあまりの苦しさに、自殺を考えるほどに追い詰められていました。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!追い込み続けるセルマ

セルマの目は暗闇へと近づいています。大好きだったミュージカルの役もうまくこなせません。あれだけ稽古していた踊りや歌も、これからは新人の女優が務めるのです。仕事にも焦りが出始めてきます。また、息子の手術へと残された期限もわずかとなり、内職を増やして工場でも夜勤を始めます。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!線路を道しるべにして進むセルマ

夜勤への帰り道で、ジェフがセルマを送ってくれると声をかけました。しかしながら、セルマは友人であるキャシーをジェフに託します。セルマは線路を蹴りながら、帰路につきます。線路のレールが、彼女がまっすぐ歩いているかどうかの道標になっていました。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!目が見えない故に…

いつもの我が家である、トレーラーハウスへと帰ってきたセルマ。夜勤の間、ビルが息子の面倒を見てくれていました。目が見えない彼女は、ビルに声をかけますが、返事がありません。彼女はビルは帰ったものだと思い込み、棚を開け、お菓子の缶を取り出します。そこには、彼女が息子の手術のために貯めていたお金が入っていました。ビルは、ついに彼女の貯金の在り処を見てしまうのです。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!セルマとミュージカルの現実的な別れ

ゆっくりと坂道を転げ落ちるかのように、そのときは近づいていました。彼女は大好きだったミュージカルも辞めてしまいます。失明したことを言い出せず、ミュージカルのコーチには「やる気が無くなったから」と嘘をつきます。いよいよ職場でも機械を壊してしまい、クビになってしまいました。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!メガネはもういらない、解き放たれたセルマ

徒歩で帰路につくセルマをジェフは追いかけます。彼はそこでセルマが失明したことを知りますが、彼女は悲しくないといいます。もう見るべきもの、見たいものはないのだといいます。今までかけていたメガネを橋から投げ捨て、空想の中でまた歌って踊り始めます。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!失ったもの、壊れていくもの

帰宅したセルマは、棚から缶を取り出すと、中身がないことに気が付きました。誰が行ったのか、すぐに分かってしまいます。セルマはビルの元へと急ぎますが、そこには怒りを顕にしたキャシーがいました。ビルはお金を盗んだだけでなく、セルマがビルに迫ったのだと嘘をつきました。キャシーはセルマに、今すぐトレーラーハウスから出て行けと怒鳴り散らします。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!悪者へと仕立て上げられていく

なんとかお金を返してほしいセルマは、二階にいるビルへと叫びます。しかしながら、お金を返してくれるはずもなく、警官であるビルは拳銃を持ち出してセルマを脅し始めます。すべてセルマのせいだ、セルマの悪事だと仕立て上げるために、階下にいるキャシーへと通報するようにと伝えます。そして、セルマに自分を撃つようにと告げるのでした。

ダンサーインザダークのあらすじをネタバレ紹介!ようやく取り戻したお金

目も見えないまま、無我夢中になり、引き金をセルマは引きます。お金を手放してくれないビルのことを、一心不乱になって金庫で殴りつけます。ようやくお金を取り戻したセルマは、ジェフと約束していた場所へと急ぐのでした。

ダンサーインザダークの衝撃のラストをネタバレ!

ダンサーインザダークの衝撃の結末をネタバレ紹介!ラストへ向けてゆっくりと落ちていくセルマ

セルマは稽古場へと向かいましたが、そこで逮捕されてしまいます。すべてのシーンを観ている観客には、仕方がない事故であるように見えても、彼女には厳しい判決が待っていました。彼女が周りに心配をかけないように、と隠していた疾患も、障害があることを有利に使ったと捉えられてしまいました。目が見えず必死になって殴ったビルの傷も、彼女が残忍な犯罪者だと決めつける理由となりました。

彼女が父親だとしていたノヴィという男性が、法廷にも現れます。彼はチェコで有名なタップダンサーでしたが、法廷では自分はこのセルマの父親ではない、と言い放ちます。彼女は空想の中で、かの有名なタップダンサーと楽しく踊るのでした。しかしそんな夢は現実では起こりません。彼女は絞首刑を言い渡されます。

ダンサーインザダークの衝撃の結末をネタバレ紹介!ラストまで笑顔を絶やさない

面会へとやってきた友人のキャシーは、彼女が息子に宛てた手術費で、ちゃんとした弁護士を雇うようにと勧めます。しかしながら、セルマはそれを受け入れません。彼女にとっては自分は二の次であり、息子の手術のためのお金を別の用途で使うつもりは一切ありませんでした。また、死んでいったビルのためにも、ビルが破産したことを告げずに隠し通すのです。

ダンサーインザダークの衝撃の結末をネタバレ紹介!ラストまで彼女はミュージカルの世界で生きている

彼女の境遇に同情した女刑務官が、セルマにいくつかのことを教えてくれます。恐怖に押しつぶされそうなときは、通風孔に耳を当てると賛美歌が聞こえること。また、絞首刑の場所まで、107歩でたどり着くこと、です。死刑執行の日が訪れ、女刑務官はセルマを誘導しながらも、はっきりと足音を立てて歩きます。それが、ゆっくり107歩分のカウントダウンに聞こえるかのようにです。

一歩、また一歩と足音がなるたび、それはリズムを生み出していきます。そしてセルマは絞首刑まで、まるで以前ミュージカルをしていたときかのように、踊りながら移動する想像を広げます。たどり着くと、そこには息子や友人の姿が見えました。友人のキャシーは、息子のジーンのメガネを取って、手術が成功したことをセルマに教えます。彼女にもう未練はありませんでした。

ダンサーインザダークの衝撃の結末をネタバレ紹介!ラストに残るのは、圧倒的な絶望とやるせなさ

彼女は死ぬ間際まで、「最後から二番目の歌」を思い返していました。無常にも足元の板は抜け、セルマは首吊り状態になります。最後のメッセージは、「これは最後の歌じゃない、わかるでしょ。私達がそうさせない限り、最後の歌にはならないの。」執行されてしまいほんとうの意味で開放されてしまったセルマ。そこには静けさとやりきれなさだけが残っていました。

ダンサーインザダークの感想をネタバレ!

ダンサーインザダークのセルマが助からないという衝撃

セルマが最後まで救われない、というダンサーインザダークのラストに大きな衝撃を受けたという感想もありました。序盤の楽しげで健気な雰囲気とは打って変わって、大きな衝撃を与えるダンサーインザダークのラストに、驚きを隠せなかったという意見が多いようです。

ダンサーインザダークは一度見たら忘れられない

想像以上の切望感を植え付ける結末は、一度見たら忘れられないと言われています。バッドエンドの映画はよくありますが、その中でもダンサーインザダークはひときわ暗く、重く、衝撃的な結末の映画です。ネタバレの記事を読んだり、すでにラストを知っている友人からネタバレされた上で見ても、やはり忘れられない、と言われるほど衝撃的な作品のようです。

ダンサーインザダークのネタバレ情報まとめ

ネタバレだけではわからない!ぜひその目でセルマの最期を見届けよう

ネタバレでも紹介したように、空想で、現実で、ダンサーであるセルマは、ゆっくりとダーク(暗闇)へと飲まれていきました。彼女の魂は暗闇へと解き放たれましたが、彼女にとってはそれは望んだエンドだったかのように見えるほど、最後まで嘆くことをしません。

今回は、ダンサーインザダークのあらすじを、ネタバレしながら詳しく紹介していきました。ラストまでネタバレしてしまいましたが、この作品はネタバレを知った上でも衝撃的だったと言われています。ぜひその目で、セルマの迎える最後を見届けてみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ