バットマンを演じた歴代の俳優一覧!コスチュームの違いも画像で紹介

バットマンの歴代俳優を画像付きで紹介!大人気シリーズバットマンに登場した歴代の俳優たちを画像付きで一気に紹介します。また歴代バットマンが着用したコスチュームについても画像付きで載せていきますので是非ご覧下さい!その他にはバットマンに登場した敵キャラクターのジョーカーを演じた歴代の俳優たちも記載していきますのでこれからバットマンを視聴する方は本記事を参考にして下さい!

バットマンを演じた歴代の俳優一覧!コスチュームの違いも画像で紹介のイメージ

目次

  1. 1バットマンを演じた歴代の俳優を一覧で紹介!コスチュームの違いも徹底調査!
  2. 2バットマンはどんなシリーズ?
  3. 3バットマンを演じた歴代の俳優を一覧で紹介!
  4. 4バットマンのジョーカーを演じた歴代俳優も紹介!
  5. 5バットマンのコスチュームの違いも画像で紹介!
  6. 6バットマンを演じた歴代の俳優は名優揃いだった!

バットマンを演じた歴代の俳優を一覧で紹介!コスチュームの違いも徹底調査!

本記事では大人気シリーズバットマンを演じた歴代の俳優を画像付きで紹介します!また歴代バットマンが着用していたコスチュームも載せていきますので是非ご覧下さい。その他にはバットマンの宿敵として誕生した敵キャラクター「ジョーカー」を演じた歴代の俳優や歴代俳優たちの代表作も画像付きで紹介していきます。

Thumbダークナイトのジョーカーの魅力や名言集!演じた俳優・ヒース・レジャーも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

バットマンはどんなシリーズ?

コスチュームや歴代俳優を知る前におさらいとしてバットマンとはどのような作品か紹介していきます。バットマンとはDCコミックスが発行しているアメリカンコミックの主人公でありタイトルです。映画化されてからは様々な有名俳優たちが演じた事でも話題になっています。バットマンは時代ごとに新しいシリーズとして映画化されているので時代ごとに区切って画像付きで紹介していきます。

1943年バットマン

漫画のバットマンは1939年に初登場しており初めて映画化されたのは1943年です。この作品は太平洋戦争真っ只中に制作された映画で白黒で描かれています。現在のようなハイテクメカはほとんど登場しておらずバットマンは生身で敵と戦っています。相棒役でロビンが登場しており敵役では「チト・ダカ」という日本人が登場しました。

1989年バットマン

バットマンが世界的に大ヒットしたのは1989年からです。「ビッグフィッシュ」「ビッグ・アイズ」「シザーハンズ」などを手掛けた事で有名なティム・バートンが監督を務めました。またこの映画からバットマンには色が付き迫力満点の映像で描かれています。

バットマンビギンズ

バットマンビギンズは2005年に公開された映画です。前作から18年越しに復活した作品で待ちわびていたバットマンファンを熱狂させています。またダークナイトでは暗い印象のある映像が全編に渡って描かれておりバットマンがダークヒーローという事を強調させています。この作品から特にハイテクメカを使用して敵と戦うようになりました。

ダークナイト

ダークナイトとはバットマンビギンズの続編にあたる作品で2008年に公開されました。また「プレステージ」「メメント」「インソムニア」「インセプション」「マン・オブ・スティール」などの作品を手掛けたクリストファー・ノーランが監督を務めています。バットマンビギンズに続きこの作品でもバットマンはゴッサムシティの番人として敵と戦いを繰り広げています。

ダークナイトライジング

ダークナイトライジングとはダークナイトの続編として公開された映画で「バットマンビギンズ・ダークナイト」を含めたバットマントリロジーの最終章です。刑事のハービーが死去してから8年後の世界が描かれておりデント法が施行されゴッサムシティの治安が回復していました。ですが気が緩んだ瞬間を狙っていた犯罪者たちが一斉に行動を始め引退を決めていたバットマンが再び立ち上がるというストーリーが展開していきます。

画像は「ジャスティスリーグ」のシリーズとして登場したバットマンです。この作品ではバットマン単体だけでなく「スーパーマン」や「ワンダーウーマン」などが登場して「ジャスティスリーグ」が結成されるまでの物語が描かれています。この「ジャスティスリーグ」はアメリカでマーベルコミック「アヴェンジャーズ」と双璧をなすほどの人気がある作品です。

画像は2016年に公開されたスーサイド・スクワッドです。スーサイド・スクワッドにバットマンは登場していませんがバットマンの宿敵であるジョーカーが登場しています。またスーサイド・スクワッドは「ジャスティスリーグ」のシリーズとして描かれているので今後バットマンと戦う可能性が示唆されています。スーサイド・スクワッドは主に敵キャラクターが活躍する作品として日本でも人気になりました。

【ワーナー公式】キャラクター|バットマン|トップ

バットマンを演じた歴代の俳優を一覧で紹介!

ここからは歴代のバットマンを演じた俳優たちを画像付きで紹介します!バットマンを演じた俳優たちは誰しもが有名な人物ばかりです。またバットマンを演じた事がきっかけとなりブレイクした人物もいるので是非ご覧下さい!

歴代俳優:1代目バットマン「アダム・ウェスト」

画像は初代バットマンを演じた俳優のアダム・ウェストです。アダム・ウェストは1954年から俳優活動を行っている人物で、これまでに「チキン・リトル」「ルイスと未来泥棒」「ニュー・エイジ」「私が美しくなった100の方法」「ゾンビナイトメア」「知りすぎた少女」などの作品に出演しています。また2017年に発症していた白血病と闘病を重ね88歳でこの世を去りました。

バットマンの相棒として登場した初代ロビンは俳優のバード・ウォードが演じました。バード・ウォードは1964年より俳優活動を行っている人物で、これまでに「エグゼクティブ・チェイサー」「ザ・シンプソンズ」などの作品にも出演しています。バード・ウォードは不動産の仕事をしている時にバットマンのオーディションを受けてロビン役に抜擢された人物です。

歴代俳優:2代目バットマン「マイケル・キートン」

画像は2代目バットマンを演じた俳優のマイケル・キートンです。マイケル・キートンは1977年から俳優活動を行っている人物で、これまでに「ニード・フォー・スピード」「トイストーリー3」「ミニオンズ」「アメリカンアサシン」「ハワイアンバケーション」「マイ・ライフ」などの作品にも出演しています。また2014年「バードマン」に出演しゴールデングローブ主演男優賞を受賞しています。

画像はマイケル・キートンの代表作であるバードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)です。この作品はマイケル・キートン演じる落ち目のハリウッド俳優リーガム・トムソンを中心として物語が展開していきます。トムソンは大ヒットした作品から20年以上作品に恵まれず家族にも愛想をつかされていました。そして一発逆転するためにブロードウェイ進出を目指していきます。この作品は多くのアカデミー賞を受賞しています。

歴代俳優:3代目バットマン「ヴァル・キルマー」

画像は3代目バットマンを演じた俳優のヴァン・キルマーです。ヴァンキルマーは1984年より俳優活動を行っている人物で、これまでに「トップ・シークレット」「トップガン」「サンダーハート」「プリンス・オブ・エジプト」「レッドプラネット」「ハードキャシュ」などの作品に出演しています。1995年「バットマンフォーエバー」でバットマンに抜擢されスタイリッシュなコスチュームで観客を魅了しました。

ヴァン・キルマーがバットマンを演じていた時の相棒ロビンは俳優のクリス・オドネルが演じました。クリス・オドネルは1990年より俳優活動を行っている人物で、これまでに「ブルー・スカイ」「青春の輝き」「クッキー・フォーチュン」「バーティカル・リミット」「マッド・ラブ」「マックス・ペイン」などの作品にも出演しています。2000年代からテレビドラマにも出演しており人気俳優となりました。

歴代俳優:4代目バットマン「ジョージ・クルーニー」

画像は4代目バットマンを演じた俳優のジョージ・クルーニーです。ジョージ・クルーニーは1978年より俳優活動を行っている人物で、これまでに「オーシャンズシリーズ」「ピース・メーカー」「シリアナ」「コンフェッション」「フィクサー」「ラスト・ターゲット」などの作品に出演しています。1997年「バットマン/ロビンMrフリーズの逆襲」に出演しており甘いマスクとかっこいいコスチュームでバットマンを演じました。

画像はジョージ・クルーニーの代表作である「オーシャンズシリーズ」です。オーシャンズシリーズはオーディション11から放映が開始されオーシャンズ13まで続編が制作されています。刑務所から出所したばかりの泥棒・詐欺師のダニー・オーシャンがカジノに保管されている現金を強奪する物語が描かれています。またブラッド・ピッドなどの有名俳優が多く出演している事もあり日本でもとても人気のある作品です。

歴代俳優:5代目バットマン「クリスチャン・ベール」

画像は5代目バットマンを演じた俳優のクリスチャン・ベールです。クリスチャン・ベールは1982年より俳優活動を行っている人物で、これまでに「太陽の帝国」「ヘンリー五世」「高貴なる殺人」「若草物語」「スゥイング・キッズ」「シークレット・エージェント」などの作品にも出演しています。バットマン新シリーズに抜擢されハイテクメカを使用する現代風のバットマンを好演し高い評価を受けています。

画像はクリスチャン・ベールの代表作であるアメリカン・サイコです。アメリカン・サイコは2000年に公開された映画で、会社経営者として何不自由ない生活を送る主人公パトリックの物語が描かれています。パトリックは他人から見ても順風満帆な成功者として生活を送っていましたが殺人衝動を持っており娼婦や同僚を次々と殺害していきます。そして最後には精神が崩壊し現実と妄想の区別がつかなくなってしまいます。

画像は6代目バットマンを演じた俳優のベン・アフレックです。ベン・アフレックは1981年より俳優活動を行っている人物で、これまでに「アルマゲドン」「デアデビル」「ゴーン・ガール」「夜に生きる」「世界で一番パパが好き!」「ペイチェック/消された記憶」などの作品にも出演しています。また「ジャスティスリーグシリーズ」のバットマンに起用されており新コスチュームを披露しています。

画像はベン・アフレックの代表作アルマゲドンです。アルマゲドンは1998年に公開された映画でマイケル・ベイが監督を務めています。巨大な隕石が地球に近づく中、その隕石を破壊するため石油掘削のプロたちが宇宙船に乗り込み隕石を破壊する物語が描かれています。アルマゲドンはアカデミー賞4部門を受賞しておりベン・アフレックはこの作品で人気俳優として地位を不動のものとしました。

バットマンのジョーカーを演じた歴代俳優も紹介!

ここからはバットマンの宿敵として登場した敵キャラクター「ジョーカー」を演じた俳優を紹介します!ジョーカーはバットマンの敵の中でも特にインパクトがあるキャラクターでピエロのような容姿をしている事からファンにもとても恐れられています。このジョーカーもバットマンと同様に豪華な俳優たちが演じていますので是非ご覧下さい!

歴代俳優:ジョーカー1代目「シーザー・ロメロ」

初代ジョーカーは俳優のシーザー・ロメロが演じました。シーザー・ロメロは1907年生まれの俳優で「世界最強の男」「ラスト・イン・ザ・サン」「テニス靴を履いたコンピューター」「マンモスの逆襲」「スペイン狂想曲」「テンプルちゃんの小公女」「フロンティア・マーシャル」などの作品にも出演しています。名優として数多くの作品に出演した俳優ですが1994年に惜しまれながらこの世を去っています。

歴代俳優:ジョーカー2代目:「ジャック・ニコルソン」

2代目ジョーカーは俳優のジャック・ニコルソンが演じました。ジャック・ニコルソンは1958年より俳優活動を行っている人物で、これまでに「さらば冬のカモメ」「イージー・ライダー」「チャイナタウン」「シャイニング」「マーズ・アタック!」「愛と追憶の日々」「アダウト・シュミット」などの作品にも出演しています。また1975年・1983年に2度アカデミー賞を受賞している俳優として知られています。

画像はジャック・ニコルソンがアカデミー助演男優賞を受賞した愛と追憶の日々です。愛と追憶の日々はアカデミー作品賞にも受賞されており名作として広く周知されています。一風変わった親子のエマとオーロラの恋の物語が描かれておりジャック・ニコルソンは元宇宙飛行士のギャレットを演じています。ジャック・ニコルソンの作品を視聴する際におすすめの作品です。

歴代俳優:ジョーカー3代目:「ヒース・レジャー」

3代目ジョーカーは俳優のヒース・レジャーが演じました。ヒース・レジャーは1996年に俳優活動を開始した人物で、これまでに「恋のからさわぎ」「ブロークバック・マウンテン」「パトリオット」「チョコレート」「サハラに舞う羽」「ブラザーズ・グリム」「ケリー・ザ・ギャング」などの作品にも出演しています。また「ダークナイト」でジョーカーを好演した俳優ですが作品が公開される前にこの世を去り遺作となりました。

ダークナイトで好演していた俳優のヒース・レジャーですがダークナイトが完成するまじかに亡くなっています。2008年に薬物過剰摂取の中毒で発見されましたがそのまま息を引き取っています。一説にはジョーカー役にのめり込んでしまったため精神疾患を抱えてしまったのではないかと言われています。そしてジョーカー役でアカデミー助演男優賞を重賞してヒース・レジャーは伝説の俳優となりました。

画像はヒース・レジャーがアカデミー助演男優賞にノミネートされたブロークバックマウンテンです。ブロークバックマウンテンは2005年に公開された映画で数多くの映画賞を受賞している名作です。ワイオミング州が舞台として描かれている作品で牧場に季節労働者のイニスとジャックが雇われる所から物語が始まります。ヒース・レジャーは牧場手伝いのイニスを好演し一気に知名度を上げています。

歴代俳優:ジョーカー4代目:「ジャレッド・レト」

4代目ジョーカーを演じたのは俳優のジャレッド・レトです。ジャレッド・レトは1992年より俳優活動を行っている人物で、これまでに「アメリカンサイコ」「ロンリーハート」「ミスターノーバディ」「ファイトクラブ」「パニック・ルーム」「17歳のカルテ」「ダラス・バイヤーズクラブ」などの作品にも出演しています。また2016年「スーサイド・スクワッド」でジョーカー役に抜擢され高評価を受けています。

画像はスーサイド・スクワッドに登場したハーレクインです。ハーレクインはアーカム・アサイラムの精神科に務めていましたがジョーカーを診察した際に惚れてしまい脱獄を手助けしています。その後はジョーカーの恋人として行動を共にしていますが度々冷たい態度を取られています。またジョーカーに精神・肉体を改造されてしまいサディスティックな性格の犯罪者へと変貌と遂げました。

スーサイド・スクワッドでハーレクインは女優のマーゴット・ロビーが演じました。マーゴット・ロビーは2008年より女優活躍を行っている人物で、これまでに「フォーカス」「マネーショート/華麗なる大逆転」「ピーターラビット」「アメリカンリポーター」「アニー・イン・ザ・ターミナル」などの作品にも出演しています。またテレビドラマ「パンナム」に出演した事で一気に知名度を上げた人物でもあります。

Thumbダークナイト・ライジングのあらすじとラストを考察!評価や名言も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

バットマンのコスチュームの違いも画像で紹介!

ここからは歴代バットマンのコスチュームを紹介します!バットマンのコスチュームは時代と共に変化しており防御力などが向上しています。また着用している俳優の事を配慮してか通気性が良くなっているコスチュームもあるので是非ご覧下さい!

バットマン1966年のコスチューム

画像は1966年に初めて登場したバットマンのコスチュームです。体に密着するスキンスーツのコスチュームも着用して敵と戦っています。このコスチュームが初登場してしばらくはコスチューム変更がなかったので昔からのバットマンファンはこれこそがバットマンだという声も上がっています。

バットマン1989年のコスチューム

画像は1989年のバットマンが着用したコスチュームです。この年からプロテクタータイプのコスチュームに変更されており新生バットマンとなりました。昔からのバットマンファンは正直受け入れがたいという声もありましたがバットマンが更に人気の映画になったため広く周知されるようになりました。

バットマン1995年のコスチューム

画像は1995年に登場したバットマンのコスチュームです。前作と比べてよりシャープな印象のあるコスチュームを着用して敵と戦いを繰り広げています。

バットマンビギンズのコスチューム

画像はバットマンビギンズで登場したバットマンのコスチュームです。バットマンビギンズはバットマンの新シリーズとして描かれている作品でコスチュームも大きく変化しています。これまでのプロテクタータイプのコスチュームは光沢のある素材が使われていましたが、今作では光沢を抑え更に黒が際立っています。そのためバットマンはダークヒーローという事がより分かりやすくなったと言われている。

バットマンvsスーパーマンのコスチューム

画像は最新作「ジャスティスリーグ」に登場したバットマンのコスチュームです。これまでのバットマンコスチュームとはまったく違いメッシュ素材が使用され通気性が向上しています。また軽量化された事もあり俳優の負担も軽減しています。このようにバットマンのコスチュームは時代と共に変化していきました。

画像はバットマンが愛用している車のバットモービルです。バットモービルもコスチュームと同様に時代と共に進化しており最新作ではミサイルなどを搭載しています。またバットマンは「不殺主義」を貫いているキャラクターなので人を傷つける武器はあまり搭載しておらず敵の攻撃を迎撃する装置を数多く搭載しています。

Thumbダークナイト・ライジングのあらすじとラストを考察!評価や名言も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

バットマンを演じた歴代の俳優は名優揃いだった!

本記事ではバットマンの歴代俳優やコスチュームを画像付きで紹介していきましたがいかがだったでしょうか?本記事を読んで頂いたら分かるようにバットマンには有名俳優ばかりが起用されておりとても話題になっています。また時代と共にコスチュームの機能も進化しておりファンが虜になっています。そんなバットマンをまだ視聴した事がない方も本記事を参考にしてバットマンを是非ご覧下さい!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ