セレニティー平穏の海のラストのオチとは?映画の感想や評価を解説【Netflix】

セレニティー平穏の海とは2019年にアメリカが制作したNetflixのオリジナル映画作品です。Netflix映画セレニティー平穏の海はとある漁師が夫を殺して欲しいという願いを聞き入れたことで世界の真実を知ることになるといったあらすじのスリラー映画作品であるのですが、映画界ではなぜか辛辣な感想を多く寄せられている作品です。本記事ではそんな辛辣な感想を多く集めるNetflix映画セレニティー平穏の海についてラストや見どころ、視聴者の感想などをまとめてネタバレ紹介していきます。

セレニティー平穏の海のラストのオチとは?映画の感想や評価を解説【Netflix】のイメージ

目次

  1. セレニティー平穏の海はNetflix映画
  2. セレニティー平穏の海のラストのオチとは?
  3. セレニティー平穏の海の登場人物
  4. セレニティー平穏の海の見所
  5. セレニティー平穏の海に関する感想や評価は?
  6. セレニティー平穏の海のラストのオチとは?まとめ

セレニティー平穏の海はNetflix映画

セレニティー平穏の海はNetflixオリジナル映画

2019年にアメリカで公開され、日本でも2019年の3月8日に公開されたNetflixオリジナル映画セレニティー平穏の海。Netflixオリジナル映画セレニティー平穏の海は公開前から注目を集めていたのですが、好評な感想と辛辣な感想が真っ二つに割れ、物議をかもすことになりました。本記事ではそんな映画セレニティー平穏の海についてラストのオチや映画の見どころ、多数寄せられている感想などをまとめてネタバレ紹介していきます。

セレニティー平穏の海の作品情報

ラストや感想などをご紹介する前に映画セレニティー平穏の海の作品情報やあらすじを先にご紹介します。本記事でご紹介するセレニティー平穏の海は2019年にアメリカで公開されたスリラー映画作品であり、日本では2019年の3月8日に公開された作品です。映画セレニティー平穏の海は当初アメリカの大物俳優であるマシュー・マコノヒーが主演を務めるということで注目を浴びており、人気を集める作品だと予想されていました。

しかし映画セレニティー平穏の海の最大の見せ場であるラストの大どんでん返しがあまり良く出来ておらず、ラストまで観た方からはあまり高い評価を獲得することが出来ませんでした。一方で映画セレニティー平穏の海のラストまでのストーリーは決して悪いものではなく、スリラー映画としてではなく、涙する感動映画として見れば映画セレニティー平穏の海はラストまで楽しむことが出来る作品となっています。

セレニティー平穏の海のあらすじ

映画セレニティー平穏の海の主人公であるベイカー・ディルは「プリマス島」という南の島で漁師をしている男性であり、いつか「ジャスティス」という大きなマグロを釣ることを夢に見ていました。しかし大きなマグロ以外に興味がないベイカーは漁師として儲けることが出来ず、自身の身体を女性に売ることで生活を何とか送っていました。そんなベイカーの元にある日、カレンというベイカーの元妻が訪ねてきます。

このカレンという女性は現在フランクという新しい夫と生活を送っているのですが、夫のフランクはDVの常習犯でした。さらにフランクはカレンとベイカーの子供に虐待的な行為を行っていました。そのためカレンはフランクのことを憎んでおり、ベイカーに大金を代償としてフランクを殺害するようお願いします。カレンのお願いを承諾したベイカーですが、このお願いがきっかけでベイカーは世界の真実を知ることになってしまいます。

ジャンルはサスペンス

上述でもご紹介した通り、Netflix映画セレニティー平穏の海は公開当初高い評価を獲得できる予想を立てていました。しかしNetflix映画セレニティー平穏の海は公開後世界中の映画批評家からあまり高い評価を受けることは無く、興行収入を獲得できませんでした。世界中の映画批評家から低い評価がされたのには映画のジャンルにあります。公開当初Netflix映画セレニティー平穏の海はスリラー映画として制作していました。

しかしNetflix映画セレニティー平穏の海の物語はラストまで観ると分かる通り、カルト映画とは少し離れた存在に位置する映画となっていました。特にNetflix映画セレニティー平穏の海の最大の見せ場である大どんでん返しからミステリー映画と思われることになり、カルト映画としては認められることがありませんでした。しかしミステリー映画として観ると、逆に映画セレニティー平穏の海はラストまで飽きずに観ることが出来ます。

セレニティー平穏の海のラストのオチとは?

夢オチならぬゲームオチ

ここからはNetflix映画セレニティー平穏の海のラストについてご紹介します。上述でご紹介した通り、Netflix映画セレニティー平穏の海の最大の見せ場がラストに描かれる大どんでん返しです。実は主人公であるベイカーがいる「プリマス島」はラストでゲームの世界であることが判明します。Netflix映画セレニティー平穏の海の登場人物達が信号無視をしないなどルールを守るのはゲームの世界の住民だからなのです。

実はベイカーがいる世界を作ったのはパトリックという虐待を受ける少年でした。このパトリックという少年はジョンという父親を戦争で亡くしたことでジョンという名前の主人公でゲームの世界を作りました。これは父親がいない寂しさを埋めるためであり、パトリックはジョンと昔にした釣りの思い出を反映させて「ジャスティス」という大物のマグロを釣るといった目的のゲームを制作します。

ゲームからやがて妄想へ

釣りをするといった内容が本来のゲームでした。しかしベイカーが言うようにゲームはシューティングゲームに変わっていき、殺人を目的としたゲームへと変貌を遂げます。シューティングゲームになったのはパトリックが父ジョンが戦死しなかった世界を妄想したことから出来たと考えられます。また殺人という目的に変わった理由はゲームの制作者であるパトリックが義父から虐待を受けたことが大きく関係しています。

ジョンは妄想の中で義父であるフランクを殺害したいと考え、ゲームに反映させます。そのことでベイカーはカレンからフランクを殺害するようお願いされたのです。パトリックにとって主人公のベイカーは父親と呼ぶべき存在であり、ベイカーにとってパトリックは息子でした。ゲーム内でベイカーがフランクを殺害したことでパトリックは義父を殺害しており、ゲームの世界と現実世界はラストでリンクすることになります。

Netflix映画セレニティー平穏の海のラストまで主人公ベイカーがジョンの記憶を持っていたかは語られていません。しかしパトリックがジョンのことを妄想して作ったのがベイカーであることからベイカーがジョンの分身であることは間違いなく、カレンもまた現実世界の住民でした。なのでNetflix映画セレニティー平穏の海はただパトリックが妄想で制作したゲームの世界で物語が描かれていたのです。

セレニティー平穏の海の登場人物

登場人物①ベイカー・ディル

ベイカー・ディルとはNetflix映画セレニティー平穏の海において主人公にあたる人物です。ベイカーは「ジャスティス」という巨大マグロを釣ることを夢に見る漁師であり、ある日カレンから夫のフランクを殺害するよう依頼を受けます。このカレンの依頼を断ることが出来ずに了承してしまい、フランクの殺害に乗り出します。しかしこのフランクを殺害するといった依頼でベイカーは世界の真実に気付くことになります。

登場人物②カレン・ザリアカス

カレン・ザリアカスとはNetflix映画セレニティー平穏の海において主人公であるベイカーの元妻にあたる人物です。カレン・ザリアカスは最初ベイカーに夫であるフランクを殺害して欲しいと頼むのですが、ラストで大きな影響を与える人物です。現実のカレン・ザリアカスは夫であるジョンが戦争へ行っている間にフランクという男性に息子を連れて行った悪女であり、これがきっかけで息子のパトリックはゲームの世界を作ります。

登場人物③パトリック

パトリックとはNetflix映画セレニティー平穏の海においてベイカーがいる世界を作り上げた少年です。パトリック少年は戦争で大好きな父ジョンを失ったことで寂しさを感じ、その穴を埋めるためにゲームの世界を作ります。最初パトリックは釣りのゲームを作ったのですが新しい父フランクによる虐待でパトリックは心を痛め、フランクを殺すといった殺人ゲームへと作り変えてしまいます。

登場人物④フランク・ザリアカス

フランク・ザリアカスとはNetflix映画セレニティー平穏の海においてベイカーが殺そうとしている人物です。ゲームの世界においてフランク・ザリアカスはカレンに暴力を働き、カレンはベイカーに殺害を依頼します。現実世界でもフランクは狂暴であり、カレンと共にやってきたパトリックに虐待を行います。このフランク・ザリアカスによる虐待でパトリックは心を痛め、フランクを殺害するゲームを作ります。

登場人物⑤コンスタンス

コンスタンスとはNetflix映画セレニティー平穏の海において主人公のベイカーと肉体関係にある女性です。Netflix映画セレニティー平穏の海の主人公であるベイカーは「ジャスティス」と名付けた巨大マグロ以外の魚に全く興味が無く、漁師として全く稼げない生活を送っています。そのためベイカーはコンスタンスと肉体関係を持ち、お金を貰うことで何とか生活を送ることが出来ています。

登場人物⑥デューク

デュークとはNetflix映画セレニティー平穏の海において主人公ベイカーが持つ船の船員にあたる人物です。デュークは小さい娘の子供を持っているのですが以前に妻を失ったことでお金が無く、娘を育てるためにベイカーの元で船員としてお金を稼いでいます。そんなデュークはベイカーのことを誰よりも理解しており、1人で無理をしてフランクを殺害しようとするベイカーの味方となります。

登場人物⑦サムソン

サムソンとはNetflix映画セレニティー平穏の海においてベイカーと肉体関係にあるコンスタンスの息子にあたる人物です。サムソンはあまりNetflix映画セレニティー平穏の海で活躍しないので、いわば脇役といった立ち位置にある人物となっています。

登場人物⑧リード・ミラー

リード・ミラーとはNetflix映画セレニティー平穏の海において釣り具メーカの営業にあたる人物です。リード・ミラーはNetflix映画セレニティー平穏の海の最初、漁師をしているベイカーにあるものを買わせるために付きまとっています。実はリード・ミラーはベイカーがいる世界をゲームの世界だと知っており、物語のあらすじの中で謎めいた発言をする重要人物です。

セレニティー平穏の海の見所

見所①意味不明な序盤

Netflix映画セレニティー平穏の海はハリウッドのトップクラス俳優であるマシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイが出演していることから公開前、非常に注目を集めていました。しかし初めてNetflix映画セレニティー平穏の海を観た方は序盤の意味不明な展開に疑問を抱くことでしょう。この意味不明な序盤の展開は視聴者に疑問を抱かせると共にこの後どういった展開になるのだろうといったワクワク感を大いに与えてくれます。

見所②釣りが重要

Netflix映画セレニティー平穏の海の主人公であるベイカーは最初、「ジャスティス」という巨大マグロを釣るために釣りをします。一般的にこの釣りのシーンはたいしたことのないシーンに思えるのですが、本当は非常に重要な鍵となっています。ジャスティスとは正義という意味であり、それを追い求めるベイカーは正義の味方という意味が隠されています。この釣りはゲームの世界の始まりであり、ラストでその謎が明らかになります。

見所③中盤からの種明かし

始めNetflix映画セレニティー平穏の海はリードという謎の人物が登場したり、意味不明な展開が描かれるなど多数の疑問を視聴者に抱かせます。その序盤に描かれた謎は映画中盤から一気に解明されていき、ラストまで謎を解きながら駆け抜けます。序盤に疑問を抱いた視聴者はラストで謎が解明され、晴れやかな気分になることでしょう。この多くの謎が解明されていくことから本作はサスペンス映画だといわれることになりました。

セレニティー平穏の海に関する感想や評価は?

Netflix映画セレニティー平穏の海に関する感想では中盤から謎が解けていく様子が面白いといった感想が多く寄せられていました。Netflix映画セレニティー平穏の海の序盤は上述でご紹介した通り、意味が不明であり、多くの疑問を与えます。その謎が中盤になるとどんどん判明していく様子が面白く、特にすべての謎が明らかとなるラストは必見です。

Netflix映画セレニティー平穏の海に関する感想では酷評されているのに面白いといった感想も多く寄せられていました。Netflix映画セレニティー平穏の海は公開当初映画批評家に悪い評価されてしまい、インターネット上で多数の辛辣な感想が見受けられます。しかし映画セレニティー平穏の海は酷評されているにも関わらず非常に面白い映画となっており、インターネット上の評価だけで判断してはいけない作品となっています。

Netflix映画セレニティー平穏の海に関する感想では主人公であるベイカーを演じたマシュー・マコノヒーに注目する感想も多く見受けられました。主人公役を務めたマシュー・マコノヒーは「アミスタッド」や「リンカーン弁護士」、「マジック・マイク」など多数の有名映画作品に出演している演技派俳優であり、これまで多数の賞を受賞しています。そんなマシュー・マコノヒーは本作でも主人公のベイカーを見事に演じきりました。

セレニティー平穏の海のラストのオチとは?まとめ

本記事ではNetflix映画セレニティー平穏の海についてラストのあらすじや登場人物、感想などをまとめてネタバレ紹介させて頂きました。Netflix映画セレニティー平穏の海は非常に悪い評価がインターネット上でされている作品なのですが、評価とは違って非常に謎解きを楽しむことが出来る映画となっています。なのでインターネット上の評価で迷っている方は是非一度本記事をご参考に本作をチェックしてみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ