ラースと、その彼女のネタバレあらすじ!リアルドールとの恋の結末と感想は?

映画ラースと、その彼女は2007にアメリカで制作された映画です。映画ラースと、その彼女は主人公ラースとアダルトサイトで販売されているリアルドールの恋愛を描いたあらすじのストーリーとなっており、これまでにない物語から第80回アカデミー賞脚本賞など数々の賞を受賞した名作品です。本記事ではそんな人間と人形の恋を描いた映画ラースと、その彼女について結末までのあらすじのネタバレや出演しているキャストのネタバレなどをまとめてご紹介していきます。

ラースと、その彼女のネタバレあらすじ!リアルドールとの恋の結末と感想は?のイメージ

目次

  1. ラースと、その彼女とは?
  2. ラースと、その彼女のあらすじネタバレ
  3. ラースと、その彼女の結末ネタバレ
  4. ラースと、その彼女の登場人物・キャスト
  5. ラースと、その彼女に関する感想や評価は?
  6. ラースと、その彼女のネタバレまとめ

ラースと、その彼女とは?

ラースと、その彼女の映画作品情報

映画ラースと、その彼女は2007年にアメリカで制作・公開された映画であり、日本でも2008年に上映されました。映画ラースと、その彼女は主人公のラースとアダルトサイトで販売されているリアルドールという人形の恋愛を描いたあらすじのストーリーとなっており、今までにない視点で描かれた映画ということで世界中で注目が集まり、大きな人気を博しました。

そして映画ラースと、その彼女は多くの人気を博したことから第80回アカデミー賞で脚本賞を受賞し、ナショナル・ボート・オブ・レビュー脚本賞や第12回サテライト賞主演男優賞など数多くの世界的賞を総なめにした作品となりました。そんな映画ラースと、その彼女は非常に人々の愛情が詰め込まれたストーリーが展開される映画となっており、日本人の感性と非常にマッチする素敵な映画作品となっています。

ではここからは感動映画作品ラースと、その彼女について簡単なストーリーのあらすじをネタバレ紹介していきます。アメリカに住んでいるラースという26歳の男性は心優しい純粋な青年でした。しかしラースは真面目すぎる性格からとてもシャイであり、特に女性とうまく話すことが出来ない悩みを抱えていました。なのでラースは兄であるガスとその妻カリンなどごく限られらた人間関係しか築き上げることが出来ませんでした。

そんなある日、ラースはインターネットで知り合った女性をガスとカリンに紹介すると言い出します。ガスとカリンは今までラースのことを気遣っており、このラースの成長ぶりに歓喜します。すると喜ぶガスとカリンはラースが紹介したビアンカという女性を見て驚愕します。なんとその女性はアダルトサイトで販売されているリアルドールと呼ばれる人形だったのです。

そしてラースは驚くガスとカリンに、ビアンカと呼ぶ人形であるリアルドールを恋人だと告げます。この話を聞いたガスとカリンはさらに驚愕し、町中で騒ぎとなってしまいます。しかし町の人々は決してラースを軽蔑することなく、ラースの話に付き合います。そしてラースはリアルドールと呼ばれる人形と共に人間として成長していくのでした。

本記事では人形であるリアルドールとラースの恋模様を描いた映画ラースと、その彼女について結末までのあらすじをまとめてネタバレ紹介していきます。また記事の後半では映画に関する感想などもご紹介していきますので、是非最後まで本記事をご覧ください。

ラースと、その彼女の監督

映画ラースと、その彼女で監督を務めたのはオーストラリアの映画監督であるクレイグ・ガレスピーです。クレイグ・ガレスピーは元々CMのディレクターをしていた人物であり、主に広告代理店で仕事を行っていました。そんな中映画ラースと、その彼女が公開される4年前に脚本を貰う機会があり、映画の主人公が人形であるリアルドールと恋をする話がバカバカしいと感想を述べ、制作をすることはありませんでした。

しかしクレイグ・ガレスピーは映画ラースと、その彼女の監督を引き受けることとなり、彼にとって映画ラースと、その彼女は初めての劇場公開映画となりました。最初は断っていたクレイグ・ガレスピーですが、公開後映画の人気が大爆発したことで監督として知名度が上昇し、映画「アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル」などで監督を務めるなど今現在も注目が集まる映画監督となりました。

ラースと、その彼女のあらすじネタバレ

あらすじネタバレ:ラースの恋人は人形

ここからは映画ラースと、その彼女について結末に至るまでのあらすじをネタバレ紹介していきます。アメリカの片田舎に住むラースという青年は心優しい性格の持ち主なのですが、シャイな性格が災いして彼女が出来ない寂しい生活を送っていました。しかし職場のマーゴはラースに恋心を抱いており、積極的に話しかけます。しかしラースはシャイな性格をしているせいで、軽い返事だけして話すことが出来ませんでした。

そんな不器用なラースのことを兄夫婦であるガスとカリンが心配していました。兄ガスはラースの今後を心配し、一緒の家に住むことを提案するのですが、いつもラースは断ってしまいます。そんなある日ラースはガスとカリンに恋人を紹介したいと打ち明けます。ガスとカリンはこの驚くべきラースの話に歓喜し、ディナーを用意してラースの彼女を見ることにします。

するとラースはアダルトサイトで販売されているリアルドールという人形を車いすに乗せてガスとカリンに紹介します。この予想外な出来事にガスとカリンは言葉を失ってしまうのでした。

あらすじネタバレ:リアルドールとの幸せな日々

ラースはガスとカリンに人形であるリアルドールがビアンカという名前であることを語ります。さらにラースは人形のビアンカは修道院でかつて育った宣教師をしているシャイな女の子だと話し、車椅子に乗っているが、荷物が空港で盗まれたなどリアルドールの身の上話を聞かせます。ガスとカリンはあまりに嬉しそうに語るラースの顔を見て何も言えなくなってしまい、頭の心配をしてしまいます。

その日の夜兄のガスはラースがついに頭がおかしくなったと感じ、パニックに陥ります。そしてガスは女医のバーマンにラースのことを相談します。するとバーマンはラースの妄想には何か理由があると語り、みんなでラースの調子に合わせて様子を見ようと提案します。その後困惑するガスとカリンは教会にいる年配者にラースの妄想を打ち明け、好きなラースのために町の住人みんなで協力することにします。

その後町の住民はラースの妄想を理解し、人形であるリアルドールをラースの恋人として扱います。そしてラースは同僚の誕生日パーティに招待されることになり、ラースはそこでビアンカを紹介します。ラースはビアンカと二人の時は本を読んであげたり、両親のお墓に案内したりするなどします。このようにラースとリアルドールであるビアンカはまるで恋人同士の生活を送ります。

あらすじネタバレ:不安

ラースがリアルドールのビアンカと幸せそうな生活を送る一方でガスとカリンは不安でいっぱいでした。ラースが住む町の女性たちはビアンカをボランティア活動に参加させたりなどまるで友人のように接しているのですが、ガスはラースの妄想が治ることがないのではないかと感じてしまいます。その頃ラースに好意を寄せるマーゴはビアンカに夢中になっているラースに複雑な思いを抱きます。

一方ラースはビアンカが女性たちと接する機会が多くなったことに腹立ててしまいカリンにこの感情を出してしまいます。するとカリンは好きなラースのことを心配してみんなビアンカと接していると怒ってしまいます。このカリンの怒りに触れたラースは涙を流し、ガスに大人になることの不安を打ち明けます。そんなラースを見たガスは孤独で寂しい思いをしている弟の思いを理解します。

その後マーゴは勇気を振り絞り、ラースをボーリングに招待します。そのボーリングにはガスの同僚も参加し、ラースは楽しい時間を過ごします。しかしラースはその帰り道にビアンカを裏切ることが出来ないとマーゴに告げます。マーゴは不安な気持ちを必死で隠し、頑張って平気なフリをします。そしてラースとマーゴは握手をして別れるのでした。

ラースと、その彼女の結末ネタバレ

映画ラースと、その彼女について結末に至るまでのあらすじをネタバレ紹介させて頂きました。結末に至るストーリでラースはビアンカへの気持ちを忘れることが出来ず、自らに想いを寄せるマーゴを振ってしまいます。では次は映画ラースと、その彼女について結末にあたるストーリーのあらすじをまとめてネタバレ紹介していきます。

結末ネタバレ:意識不明のビアンカ

ラースがマーゴを振った後日、ラースはバーマン医師の元を訪れていました。ラースはビアンカにプロポーズしても何の反応もしてくれないとバーマン医師に相談します。その日の翌日ラースはビアンカが意識不明になってしまったと慌ててしまいます。このラースの言動に驚いたガスとカリンはビアンカを病院へ搬送するために急遽救急車を呼びます。

そしてバーマン医師はラースにビアンカは重症だと打ち明け、ラースは呆然としてしまいます。そしてバーマン医師は状況を打開する方法を見出せないガスとカリンに全てラースの判断だと告げます。その後ラースは最愛のベッドに付き添うことにします。そしてガスとカリンはラースにビアンカを連れて湖へピクニックへ行こうと誘います。ラースはピクニックで涙を流しながらビアンカにキスをするのでした。

結末ネタバレ:ビアンカの葬儀

ラースを心配したガスとカリンはラースとビアンカの元に駆け付けます。するとビアンカはすでに息絶えており、亡くなっていました。その後ラースの住んでいる町の人々は教会でビアンカの葬儀を上げます。そして葬儀が終わったビアンカはそのままお墓に埋葬されるのでした。ガスはラースのことを見直したと安堵します。一方最愛の人を失ったラースはビアンカのお墓の前に立っていました。

バーマン医師はビアンカのお墓の前に立つラースの隣にマーゴがいることに気付き、安心します。そしてラースはビアンカのお墓の前で悲しみは時が癒してくれるとマーゴに呟きます。それを聞いたマーゴは静かに頷くのでした。こうして映画ラースと、その彼女のストーリーは結末を迎え、物語の幕が下りていくのでした。

ラースと、その彼女の登場人物・キャスト

ラース・リンドストロム/ライアン・ゴズリング

ラースは映画ラースと、その彼女において主人公にあたる人物です。アメリカの片田舎に住むラースは心優しい純粋な青年である一方で、非常にシャイな性格をしていることから一人寂しい生活を送っていました。そんな中ラースはアダルトサイトで販売しているリアルドールをビアンカという名前の彼女だと言ってガスとカリンに紹介し、町中が騒動に発展してしまいます。

映画ラースと、その彼女で主人公ラースを演じたキャストはカナダの俳優であるライアン・ゴズリングです。ライアン・ゴズリングは元々子役として活動していた俳優であり、子供向けの番組に数多く出演していました。その後2006年に出演した映画「きみに読む物語」で一躍ブレイクを果たします。映画ラースと、その彼女に出演したライアン・ゴズリングは演技が高く評価され、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞しました。

カリン/エミリー・モーティマー

カリンは映画ラースと、その彼女においてラースの兄であるガスの妻にあたる人物です。カリンは義理の弟である人付き合いの苦手なラースを非常に心配しながら生活を送っていました。ある日カリンはラースからビアンカというリアルドールが彼女だと告げられ、驚きます。しかしカリンは夫ガスと共にラースを受け入れ、ラースが人間として成長するよう協力していきます。

映画ラースと、その彼女でカリンを演じたキャストはイギリスの女優であるエミリー・モーティマーです。エミリー・モーティマーは1995年からテレビの脇役として活動することになり、「恋の骨折り損」や「ピンクパンサー」などの映画に出演したことで女優として知名度を上げていきます。彼女は非常に美しい声が魅力であり、「ハウルの動く城」の英語版でソフィーの声優を担当することになりました。

ガス/ポール・シュナイダー

ガスは映画ラースと、その彼女において主人公ラースの兄にあたる人物です。ガスは妻カリンと同じくシャイな性格をしている弟ラースを心配し、一緒に住まないかと提案します。しかしラースからリアルドールの彼女を紹介され、驚愕します。その後ガスはラースの妄想を消すために妻カリンや町の人々と協力してラースのことを受け入れていきます。

映画ラースと、その彼女でガスを演じたキャストはアメリカの俳優であるポール・シュナイダーです。ポール・シュナイダーは2005年の映画「エリザベスタウン」で映画デビューを果たし、映画ラースと、その彼女に出演したことで俳優としての頭角を現していきます。今現在も2018年の映画「アメリカン・クライム・ストーリー」などに出演するなど俳優として活動を続けています。

ラースと、その彼女に関する感想や評価は?

映画ラースと、その彼女に関する感想では心に沁みる温かい映画だという感想が非常に多く寄せられました。映画ラースと、その彼女はリアルドールと人間の恋愛模様を描いた今までにないストーリーとなっており、少し観ることを躊躇ってしまう内容となっています。しかし蓋を開けると純粋な恋愛に感動するストーリーとなっており、非常に眼がしらが熱くなる映画作品となっています。

映画ラースと、その彼女に関する感想では他に感動したという感想も多く見受けられました。映画ラースと、その彼女の主人公であるラースはリアルドールを恋人と思っており、普通であれば軽蔑されてしまう人物です。しかし町中の人々はそんなラースのことを受け入れ、リアルドールの恋人を認めます。映画ラースと、その彼女は主人公を取り巻く人物達の心温かい姿に心射られる作品です。

ラースと、その彼女のネタバレまとめ

本記事では映画ラースと、その彼女について結末までのストーリーのあらすじや出演しているキャストなどについてネタバレ紹介させて頂きました。映画ラースと、その彼女はこれまでにない着眼点で制作された映画であり、人間の持つ心の温かさを非常に感じることが出来る映画です。本記事をご覧頂いた方は是非不朽の感動映画作品であるラースと、その彼女をチェックしてみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ