映画スペルのあらすじをネタバレ!結末や評価は?【サム・ライミ監督】

サム・ライミ監督の原点回帰とも言える映画「スペル」について、ネタバレを含めたあらすじから結末までを順番にご紹介します。更にスペルに出演したキャストや、実際にスペルを観た人の評価などもまとめています。まだ映画のスペルを鑑賞した事がないという人も、あらすじを知ればスペルという映画を一度観てみたくなるかもしれません。驚きの結末を果たして予想する事ができるでしょうか?

映画スペルのあらすじをネタバレ!結末や評価は?【サム・ライミ監督】のイメージ

目次

  1. 映画スペルとは?
  2. 映画スペルのあらすじネタバレ
  3. 映画スペルの結末ネタバレ
  4. 映画スペルの登場人物・キャスト
  5. 映画スペルに関する感想や評価は?
  6. 映画スペルのネタバレまとめ

映画スペルとは?

ホラー映画が好きだという人は公開される度に劇場へ足を運ぶという人も多いものですが、サム・ライミ監督の作品が好きだという人であれば、映画「スペル」は既にチェック済みかもしれません。今回はそんな映画スペルについて、ネタバレを含めたあらすじから結末までをまとめてご紹介します。実際に鑑賞した人の評価なども気になるスペルですが、一体どの様な映画なのか早速ご紹介します。

映画スペルの作品情報

映画スペルは2009年に製作されたアメリカ映画で、銀行で働くクリスティンという女性が主人公の映画です。融資窓口を担当しているクリスティンはある日一人の老婆の相談を受けますが、その老婆に対して不親切な対応をしてしまった事から老婆の恨みを買い、恐ろしい呪いを掛けられてしまうというお話となっています。理不尽で恐ろしい映画となっていますが、サム・ライミ監督のファンであればきっと満足できる映画となっています。

映画スペルのサム・ライミ監督

生年月日:1959年10月23日(現在59歳)
出身:ミシガン州ロイヤル・オーク
身長:180cm
職業:映画監督、映画プロデューサー、脚本家
代表作品:「死霊のはらわた」「スパイダーマン」「ドント・ブリーズ」

サム・ライミ監督は映画「死霊のはらわた」でカルト的人気を得た監督であり、実の兄弟も脚本家や俳優として活動しています。1993年に結婚をし、5人の子どもにも恵まれたサム・ライミ監督ですが、3人の子どもはスパイダーマン3にも出演しています。「スパイダーマン」シリーズを手掛ける事により更にファン層を広げたサム・ライミ監督ですが、スペルはそんなサム・ライミ監督の原点回帰とも言えるホラー映画となっています。

映画スペルの予告編動画

そんなサム・ライミ監督の手掛ける映画スペルは、予告編の冒頭でもわかる様にとても満足度の高い評価を得た映画となっています。ほんの小さな不親切から恐ろしい老婆に襲われる三日間を過ごす事になる主人公ですが、果たしてその結末はどの様なものになるのか目が離せません。これまでサム・ライミ監督の作品は観た事が無かったという人でも、スペルは比較的鑑賞しやすい映画であると言えるかもしれません。

映画スペルのあらすじネタバレ

サム・ライミ監督の原点回帰ホラー映画という事で期待の高まるスペルですが、早速スペルに関するあらすじをネタバレも含めてご紹介します。ネタバレを知らない方がより楽しめる作品ですが、ネタバレを知った後でも老婆の恐怖に悲鳴の上がる映画となっています。あらすじから結末まで完全に初見の状態で映画スペルを楽しみたいという人は、ネタバレだらけとなりますので閲覧にはくれぐれもご注意ください。

あらすじネタバレ:ラミアの呪い

1969年にサン・ディナという霊媒師の所へ男の子が連れてこられました。首飾りを盗んでしまったという少年はラミアの呪いを受けてしまい、両親は霊媒師の力で呪いを解いて貰おうとしていました。しかし霊媒師の力よりもラミアの呪いの方が強く、霊媒師は少年を救う事ができずに少年の魂は地獄へと連れて行かれてしまいました。そこから40年が経過した現在から物語が始まります。

あらすじネタバレ:銀行

銀行で働いているクリスティンは、次長のポストを狙い努力を続けていました。支店長曰くクリスティンが出世する為には決断力が必要であると言われており、極秘に進められている融資プランを通す事ができれば次長のポストを手に入れる事ができる状態でした。しかし同僚のスチュもまた次長のポストを狙う一人であり、気が抜けない状態の中でクリスティンは仕事をこなしていきます。老婆と出会ったのはそんなある日の事でした。

あらすじネタバレ:老婆

クリスティンの担当する窓口に、ガーナッシュと名乗る一人の老婆がやってきます。老婆は家のローンの返済の延長を申請する為に銀行を訪れていましたが、老婆はこれまでにも既に二回の返済延長をしている状態です。支店長に相談をしても追い返すよう指示されてしまい、出世の件もあったクリスティンは延長の申請を却下します。しかし老婆は引き下がらず、最終的には老婆を追い返す為に警備員を呼び出す事となりました。

警備員により引き離された老婆は、騒ぎの中心となり周囲から注目を浴びる事となります。恥をかかされてしまった老婆は怒りながら銀行から追い出されていきました。しかしその晩クリスティンが仕事を終えて車に乗り込むと、突然現れた老婆がクリスティンに襲い掛かります。クリスティンの袖についていたボタンを引きちぎると老婆は呪文を唱え、ラミアという言葉を耳にした所でクリスティンは意識を失ってしまいます。

あらすじネタバレ:霊媒師

警察に事情を説明し迎えに来てくれた恋人のクレイと共に帰宅する事となったクリスティンは、道中で偶然占い師の店を見つけラム・ジャスという霊媒師に占いを頼みます。しかしクリスティンにかけられた呪いに気付いたラムは占いを中断し、クリスティンは帰宅する事となりました。その晩クリスティンは自宅で何者かに襲われ、クレイや医者に状況を説明しますが信じてもらう事はできませんでした。

あらすじネタバレ:呪いと生贄

翌日も職場で老婆の姿を目撃したりとまともな精神状態ではいられず、早退させられる事となったクリスティンは謝罪の為に老婆の元を訪れる事にします。しかし既に老婆は死亡しており、駐車場で引きちぎられたボタンを手に入れました。再びラムの元を訪れたクリスティンは、老婆にかけられた呪いはボタンを持つ者が受ける事となり、3日間悩まされ続けた後に4日目に命を奪われるというものである事を知らされます。

呪いの効力を弱める為に動物の血を捧げる事を提案されたクリスティンは、帰宅後に呪いにより再び襲われる事となります。やむを得ず飼い猫を犠牲にする事にしたクリスティンは、それにより自分にかけられていた呪いが消えたものと安心してクレイの両親に会いに行く事にします。

あらすじネタバレ:クレイの両親

クレイの母親は農家の出身であるというクリスティンに対して良い感情を抱いてはいませんでした。しかし全てを正直に話してくれるクリスティンの態度に好感を持ち、場は和やかな空気に包まれていました。しかし再び呪いの効力が出始めたクリスティンは錯乱し、クレイの両親に醜態を晒すと逃げる様にその場を後にする事となります。

あらすじネタバレ:最強の霊媒師

ラムに助けを求めたクリスティンは呪いを解く為にショーン・サン・ディナという最強の霊媒師を紹介されますが、除霊には命の危険が伴う為に一万ドルものお金を要求されます。銀行から給料の前借りをしようとするも、極秘であった融資計画の資料が盗まれた事から出世の夢も叶わぬものとなり、色々な物を売り払うものの工面できるだけのお金は準備できませんでした。

しかし困り果てたクリスティンの為に、クレイが代わりに支払いに応じてくれました。いよいよ除霊開始となり、ラミアの霊を生きたヤギの中へと移して首を切断するという手法を取る事になります。けれど計画は上手くいかず、頼みの綱であったサン・ディナは死亡してしまいました。除霊をするという手段は選択できなくなってしまい、呪いをかけられてから4日目までのリミットが迫るクリスティンは追い込まれてしまいます。

映画スペルの結末ネタバレ

理不尽な呪いにより死の恐怖が迫る映画スペルですが、あらすじを見ただけでも呪いの恐ろしさを実感できる筈です。続いてはそんなスペルの気になる結末までを、こちらもネタバレ満載でお届けします。除霊をする事はできなくなってしまったクリスティンですが、果たして老婆のかけた呪いから逃れる術は残されているのでしょうか?見逃せないその結末は予想外のものであるかもしれません。

結末ネタバレ:最後の手段

除霊という手段は無くなってしまったクリスティンですが、ラムは呪いから逃れる為の最後の手段を教えてくれました。それは老婆が呪いをかけたアイテムであるボタンを封筒に入れて、誰かに贈るというものでした。呪いはボタンを贈られた相手に向けられる事となる為、自分は呪いを受けなくなる代わりに、贈られた相手がいずれ死を迎える事となる方法です。時間が迫る中、クリスティンは誰にボタンを渡すべきか頭を悩ませます。

結末ネタバレ:ボタンの行き先

クリスティンは、自分から大事な資料を盗み出世の道を閉ざしたスチュにボタンを贈る事にします。しかしボタンを渡そうとした際に、スチュは資料を盗んだ事に対してクリスティンに謝罪をしてきたのです。反省しているスチュにボタンを贈る事はできず、良心に咎められながら悩み続けていたクリスティンですが、贈る相手は死人でも良いのだと聞いたクリスティンは呪いをかけてきた老婆本人にボタンを贈る事を思いつきます。

クレイの車で送ってもらう最中に、クリスティンはボタンの入った封筒を一度うっかり落としてしまいます。再び拾い上げたそれを手に墓地へ到着したクリスティンは、老婆の死体に封筒を押し付けてようやく呪いから解放される事となりました。更に翌日は支店長からの留守電により、スチュが不正をした事が知れ渡り閉ざされていた筈の出世の道も開ける事となりました。クリスティンに明るい未来が見え始めます。

結末ネタバレ:クレイとの旅行

呪いから解放され晴れ晴れとした気持ちでクレイとの旅行の為に駅へと到着したクリスティンですが、クレイはポケットからコインの入った封筒を取り出します。希少なコインを集める事を趣味としているクレイでしたが、その中に入っていたのはコインではなくあのボタンでした。実は車の中でクリスティンが拾い上げた封筒は、ボタンではなくクレイの収集していたコインの入った方の封筒だったのです。

結末ネタバレ:そして地獄へ

まだ呪いが解かれていなかったと気付いた時には既に遅く、クリスティンは線路へと落下してしまいます。驚いたクレイはクリスティンを引き上げようとするものの、線路の下から現れた無数の腕に捕らえられたクリスティンは、そのまま地獄の中へと引きずり込まれていってしまいます。呪いを解く事も逃げる事もできず、クリスティンは期日である4日目に地獄へ連れ去られてしまうという結末を迎えました。

映画スペルの登場人物・キャスト

一度は救われたかと思った所からとんでもない結末へと展開していく映画スペルですが、続いてはそんな映画スペルに登場した主要キャストについてもご紹介します。老婆役のキャストの怪演はもちろん、迫真の演技でより面白く映画の魅力を深めたキャスト達にも要注目です。

クリスティン・ブラウン/アリソン・ローマン

生年月日:1979年9月18日(現在39歳)
出身:カリフォルニア州パームスプリングス
身長:158cm
職業:女優、声優
出演作品:「ビッグ・フィッシュ」「ベオウルフ/呪われし勇者」「GAMER」
吹き替え声優:小島幸子

クレイ・ダルトン/ジャスティン・ロング

生年月日:1978年6月1日(現在40歳)
出身:アメリカ合衆国コネティカット州
身長:175cm
職業:俳優
出演作品:「ジーパーズ・クリーパーズ」「ダイ・ハード4.0」「Mr.タスク」
吹き替え声優:小野塚貴志

シルヴィア・ガーナッシュ/ローナ・レイヴァー

生年月日:1943年10月9日(現在75歳)
出身:アメリカ合衆国ペンシルベニア州
身長:不明
職業:女優、ナレーター
出演作品:「アーマード 武装地帯」「恐怖ノ黒電話」「シンドバッド~新たなる航海~」
吹き替え声優:片岡富枝

ラム・ジャス/ディリープ・ラオ

生年月日:1973年7月29日(現在46歳)
出身:カリフォルニア州ロサンゼルス
身長:不明
職業:俳優
出演作品:「アバター」「インセプション」「マーダー・オブ・キャット」
吹き替え声優:最上嗣生

映画スペルに関する感想や評価は?

サム・ライミ監督の本領発揮とも言える映画スペルですが、続いては実際にスペルという映画を鑑賞した人の感想や評価についても少しだけご紹介します。ホラー映画は結末によって賛否両論となる事も多いものですが、果たして映画スペルはどの様な評価を得ているのでしょうか?

恐ろしく理不尽な映画だと評価する人も多い一方で、スペルはギャグホラー映画なのでは?と感じた人も多かった様です。確かに得体の知れない霊的なものに襲われる恐怖はあるものの、所々にクスリとできる要素も盛り込まれていたりと、ホラー慣れしているファンであればそういった評価になるのも頷けるものかもしれません。

ホラー映画好きであれば不快な部分や理不尽さなども含めて、純粋に楽しむ事ができたと評価する人も多い様です。どういった視点で鑑賞するかによっても評価が分かれてくる映画かもしれませんが、あまり難しく考えずに楽しむ事のできる映画でもあるかもしれません。

サム・ライミ監督の製作するホラー映画ファンからしてみれば、待ちに待ったサム・ライミ映画であると言えるかもしれません。一人で観ると恐ろしさも感じられますが、大人数で観るとアトラクションの様にワイワイ騒ぎながら鑑賞する事のできる映画でもありそうです。

映画スペルのネタバレまとめ

サム・ライミ監督の映画スペルについて、あらすじから結末までをネタバレ込みでご紹介してきましたが、まだスペルを観た事がなかったという人でも興味を持つ事ができたのではないでしょうか?評価は観る人の視点によって様々かもしれませんが、ガッツリとしたホラー映画はあまり得意ではないという人であっても、比較的鑑賞しやすいタイプのホラー映画でもあると言えるかもしれません。

サム・ライミ監督が製作に携わっている映画「ドント・ブリーズ」も続編の製作が決まっているとの話もあり、今後もまだまだサム・ライミ監督の映画を目にする機会がありそうです。これまでサム・ライミ監督の映画を観た事がなかったという人は、この機会にスペルだけではなくサム・ライミ監督の他の作品にも手を出してみるのも良いのではないでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ