シンドラーのリストのあらすじ・感想まとめ!実話を元にした名作の内容は?

シンドラーのリストとは、1993年にアメリカで公開された映画界の巨匠スティーブンスピルバーグ監督による作品になります。ネタバレになりますが、実話を元にした作品であらすじだけでも有名な作品です。アカデミー賞では「シンドラーのリスト」で作品賞と監督賞を受賞しており、ネタバレやあらすじが知られていても深い作品なので問題なく楽しめます。今回はシンドラーのリストのあらすじや、ネタバレの感想のまとめになります。

シンドラーのリストのあらすじ・感想まとめ!実話を元にした名作の内容は?のイメージ

目次

  1. 1シンドラーのリストのあらすじと感想を紹介!
  2. 2シンドラーのリストとは?
  3. 3シンドラーのリストは音楽も話題に!
  4. 4シンドラーのリストのあらすじをネタバレ!
  5. 5シンドラーのリストに出てきた赤い服の少女とは?
  6. 6シンドラーのリストの感想と評価を紹介!
  7. 7シンドラーのリストのあらすじと感想まとめ!

シンドラーのリストのあらすじと感想を紹介!

今回は、「シンドラーのリスト」という1993年にアメリカで公開された映画について紹介します。シンドラーのリストとは、映画界の巨匠スティーブンスピルバーグ監督による作品で、日本では1994に公開された作品です。ストーリーとしては、第二次世界大戦時のユダヤ人大量虐殺時代のオスカー・シンドラーの話になります。それでは、シンドラーのリストのあらすじと感想を紹介します。

シンドラーのリストとは?

実話が元になっている?

ネタバレとして、シンドラーのリストとは実話を元に制作しれた映画作品です。時期として第二次世界大戦時のユダヤ人大量虐殺を扱っている作品です。東欧のドイツ占領地でそんな悲劇が起こる中、ドイツ人の実業家であるオスカー・シンドラーが千を超えるユダヤ人を自分の軍需工場で働かせて、労働力として必要だとし収容所送りを回避させる事に成功した実話です。

監督はスピルバーグ!

シンドラーのリストの監督は世界的に有名なスティーヴン・スピルバーグ監督になります。誕生日は1946年12月18日のアメリカ合衆国の映画監督・プロデューサーであり、アメリカ映画アカデミー会員にもなります。監督しては映画史に残る作品を何本も制作されており、1975年に公開の「ジョーズ」で当時の世界歴代興行収入1位を記録し、1977年に公開の人類と宇宙人の対話作品の「未知との遭遇」も有名です。

そして、トレジャーハンターの大冒険である「インディ・ジョーンズ」シリーズもヒットし、1982年公開の不思議な宇宙人と子供たちとの交流の「E.T.」で2度目の世界歴代興行収入1位を記録しています。その後も1993年の「ジュラシック・パーク」の大ヒットで3度目の世界歴代興行収入1位を記録しています。アカデミー賞では「シンドラーのリスト」で作品賞と監督賞を受賞しております。

シンドラーのリストは初めからスティーブンスピルバーグでは無かった

シンドラーのリストの監督は初めからスティーブンスピルバーグ監督ではなく、他の監督候補もいましたが、ユニバーサルグループが「ジュラシックパーク」の制作も受け入れる事での監督承諾の為、その条件でスティーブンスピルバーグ監督がシンドラーのリストの監督になります。そして、映画化の権利を得てから10年近く作品について考えてからシンドラーのリストの制作をしています。

ネタバレとして、作品は全編モノクロ作品であり、ラストシーンに色があるぐらいです。その理由は、戦争の記録はモノクロである以上、映画もモノクロでやった方がいいというスティーブンスピルバーグ監督の考えによるものです。ちなみに、スティーブンスピルバーグ監督もユダヤ系のアメリカ人である為に、血がついた金を受け取れないとして監督給与を受け取っていません。

シンドラーのリストの制作費は安く作られた

スティーブンスピルバーグ監督はシンドラーのリストを制作する条件で撮る事になった「ジュラシック・パーク」では6300万ドルもの制作費がかかっています。しかし、シンドラーのリストは制作費が2500万ドルと天と地の差とも言える金額です。

なので、キャストもギャラの安い俳優や現地で雇い、服も古着でカメラも安物であるような環境で制作された作品とネタバレされてます。制作費の低さとは裏腹に、シンドラーのリストはネタバレになりますが、3時間15分という長い映画になっています。

シンドラーのリストは音楽も話題に!

音楽担当はジョン・ウィリアムズ!

ジョン・タウナー・ウィリアムズさんは1932年2月8日生まれのアメリカ合衆国ニューヨーク出身の作曲家、指揮者になります。ジョンさんの経歴として、1952年にアメリカ空軍に徴兵されています。音楽隊としてアメリカ空軍におり、編曲と指揮を担当しています。その3年後に兵役終了となり、ジュリアード音楽院ピアノ科へ進学し、在学時よりジャズピアニストとして活動しています。

アカデミー賞で作曲賞を受賞!

ジョンさんはシンドラーのリストの作曲依頼を受けた時に一度断っています。あまりに映画の内容に関して自分には出来ないという意見を言います。しかし、スティーブンスピルバーグ監督は他の作曲者候補はすでに他界していると述べ、ジョンさんに決定します。その結果、シンドラーのリストにてアカデミー作曲賞、英国アカデミー賞作曲賞を受賞しています。

シンドラーのリストのあらすじをネタバレ!

1939年にドイツ軍がポーランドを占領!

シンドラーのリストの物語のあらすじとして、1939年の第二次世界大戦下のポーランドのクララフという街から始まります。クララフの現状として、ユダヤ人が排除される現実があります。そこに、ドイツ人の実業家であるオスカー・シンドラーは大金持ちとして存在しています。

その理由として、ナチス親衛隊との関係があり、忌み嫌われているユダヤ人を自分の工場で低賃金労働者として雇っています。これによりシンドラーは莫大な富を得ているのです。シンドラーは計理士のシュターンという人間を重宝して工場を任せています。その為、シンドラーは得た金で女遊びなどをしています。しかし、シュターンはユダヤ人を助ける為にユダヤ人を雇っていたのです。

金儲けをしたいシンドラーはユダヤ人を保護する

ナチスはユダヤ人を今以上に弾圧し出し、シンドラーは自分の工場で働いているユダヤ人を失うのは困るのでなんとか失わないよう画策します。シンドラーのこの行為は人道的な理由ではなく、低賃金労働者が必要という理由のみです。時が経つにつれユダヤ人収容所にユダヤ人は次々と送られるのです。困った事に、シンドラーの右腕とも言えるシュターンも含まれており、工場の労働者も奪われたのです。

ナチスは逃亡者などは捕まえ次第殺し、見せしめのようにしています。ユダヤ人収容所のゲートと会うシンドラーは、従業員達と面会をします。そこでゲートはシュターンと少しのユダヤ人を工場へ連れ帰るのです。シンドラーの私服を肥やすのを知る厳格な番人のゲートは、あまりシンドラーを好んでいません。ゲートは殺人鬼のようにユダヤ人を殺していますが、ユダヤ人のヘレンという女中を雇っています。

シンドラーとユダヤ人収容所のゲートとの会話

ヘレンはゲートを恐れていますが、ゲートはヘレンを多少なりと愛しています。そして、ようやく人材が減ったシンドラーの工場もユダヤ人労働者が増えます。シュターンはシンドラーにもっとユダヤ人を雇用してくれと頼んでいたのです。ある日、シンドラーはユダヤ人収容所のゲートと酒を飲んでいます。そこでナチスがユダヤ人を殺している事を話す時、シンドラーはあるストーリーを語ります。

それは罪人を許す王の話であり、ゲートはこの話で心境が変化します。今までの酷い行いはユダヤ人収容所でも無くなり、少し穏やかになります。しかし、ゲートは少しすると、またユダヤ人の少年を殺してしまいます。同胞であるシュターンもここでは何も言っていません。その後、シンドラーの誕生日会が行われ、ゲートなどのナチス親衛隊の多くが参加します。

無慈悲な健康診断が始まる

ユダヤ人の女も現れ、シンドラーにケーキを渡しキスをします。ゲートは内心はヘレンという女中を愛していますからただ見つめています。そして、ユダヤ人収容所では大掛かりな健康診断が実施されたのです。健康診断において選別し、病人は殺すという目的があります。ユダヤ人も収容所に増えてしまったのが原因です。ユダヤ人は男女共全員裸になり、適当な健康診断を受けます。

そこでユダヤ人の子供は別の場所へ連れて行かれます。この悲惨な光景を見て、シンドラーは自社での労働者のユダヤ人を守る事にします。ナチスとの関係を使い、ユダヤ人の労働者を保護するシンドラーに対してゲートは不愉快に感じています。ゲートの愛するヘレンはユダヤ人であり、自分がユダヤ人を殺している二面性を持つ事にストレスを感じています。

命のリストの完成

しかし、ナチスの動向からユダヤ人の労働者もアウシュヴィッツ行きを覚悟し出します。しかし、シンドラーは自分の金を使い、ゲートを買収するという行為に出ます。そして、私財すら使うシンドラーはチェコでのユダヤ人労働者リストをシュターンと制作します。かなりの人数に膨れ上がりましたが、これは「生命のリスト」と呼ばれます。

その後、ゲートの女中であるユダヤ人のヘレンもゲートと賭けで勝ち、奪還しています。ようやく完成したシンドラーのリストをナチスに渡してチェコへの引き渡しを要求します。しかし、男性従業員はチェコへ行きますが、女性達は移送ミスでアウシュヴィッツへ到着してしまいます。そこでは奴隷のように女性達は扱われているので、シンドラーはすぐにアウシュヴィッツへ向かいます。

ミスでアウシュヴィッツへ行った女性従業員を助ける

そこで、早急に女性従業員を取り戻す手続きをしますが、面倒な手続きが嫌だとしてナチスの人間は返答を拒否します。そこでも金属類でナチスを買収して説得しています。ようやく、女性従業員もチェコへ行く日が来ます。シンドラーは自分の目で確認する為に列車に乗り込む姿を見送ります。チェコのシンドラー工場は軍需関係の仕事を請け負っています。何故かシンドラーは不良品を制作させるように従業員に伝えます。

無論、工場の利益も信頼すら失いますが、戦争での兵器が減らせるという考えだったのです。同時に、ナチス軍を工場へ立入禁止として、ユダヤ人はユダヤ人の文化を守らせたのです。そして、ドイツの無条件降伏がなりました。チェコでのシンドラーはナチス兵に、人殺しではなく人間として家族の元への帰還を求めます。犠牲となるユダヤ人にシンドラーは黙祷します。

シンドラーの旅立ち

その後ナチスとの関係があるシンドラーも身の危険があるので妻と旅立ちます。ここで、シンドラーの右腕でもあるシュターンはある指輪を渡しています。金を加工してある指輪で、「1つの生命を救う者が世界を救える」というタルムードの言葉が刻まれています。これは助かったユダヤ人の言葉ですが、シンドラーはユダヤ人はまだ多く救えたとして泣き崩れます。

シンドラー夫妻は工場から旅立ち、その後シュターンたちはソ連軍によって解放されています。ユダヤ人収容所のアーモン・ゲートは逮捕され、数多の虐殺をした罪があるとしてクラクフで絞首刑にされています。戦争が終わり、シンドラーもその後の事業は失敗してしまいます。時が経ち1958年にエルサレムに招かれると「正義の人」に選ばれます。

ユダヤ人虐殺記念館前にある「正義の通り」に植樹を行い、その木はすくすくと成長しています。現在のポーランド在住のユダヤ人は四千ほどであり、シンドラーのユダヤ人の子孫は六千を超えています。この映画を虐殺された六百万人のユダヤ人に捧げるという文字が出て、シンドラーのリストは終わります。

シンドラーのリストに出てきた赤い服の少女とは?

全編モノクロ作品として知られるシンドラーのリストですが、パートカラーが使われてもおり、そこに赤い服の女の子が現れています。カラーに関しては、蝋燭の灯り・赤いコートの少女・ラストの映像の3シーンになります。この赤いコートの少女は、シンドラーの良心を呼び起こすキッカケになり、心理的影響を与える存在になります。

シーンとしては、新しくプワシュフに強制労働収容所が作られることになり、馬を走らせていたシンドラーは丘の上から見下ろしています。ナチス親衛隊はユダヤ人をゴミクズのように扱っており、逃げる人やナチス反対派の人のなど色々な人がいます。その現場に赤いコートを着た一人の少女が歩いて行くシーンが登場シーンになります。

シンドラーは赤い服が目立ってるのに何故親衛隊は捕まえないのか?と思ってますが、すでにユダヤ人大量虐殺は当たり前の行為であり、赤い服の少女と同じような明らかな出来事とスティーブンスピルバーグ監督は言っています。

シンドラーのリストの感想と評価を紹介!

泣ける映画!

シンドラーのリストは泣ける映画という感想もあります。作品としてもスティーブンスピルバーグ監督の色があり、ユダヤ人大量虐殺などの辛い残酷なシーンも人々に伝わるよう怖いですが、泣けるシーンとも言われています。シンドラーの最後に泣いたシーンもいいと感想で言われています。そして、アーモンガートの残虐性にも泣けると言われています。

アーモン・ガートも、ナチスの兵隊も何故あんな残酷なのか?と泣ける人々もいます。家族や親子が離されてしまうシーンも胸が痛いという声が多いです。人権が人間に無いとこんな風になってしまうのかという実話であり、こんな事が起こる世の中にならないでと泣く人もいます。そして、最後のシンドラーの墓参りに感動して泣く人は感想として、作品とシンドラーの行いに涙しています。

難しい!

シンドラーのリストとはユダヤ人大量虐殺という実話のストーリーなので、鑑賞した後には人によって作品の受け止め方や考え方が違い、難しいともされている感想があります。実話でも多数の死者がおり、過去の歴史について多くの事を視聴者も考える事になります。シンドラーという人間が実話で難しい行為をして人々を救っている行為は感想でも賞賛されています。

表現がリアル

実話として人間が死ぬというのが当たり前のシンドラーのリストですが、この人の死がとてもリアルだという感想もあります。基本的に大衆向けの作品は銃で撃たれると、ハデに吹き飛んだりしてわかりやすい死を描いている作品が多いです。

しかし、シンドラーのリストにおいては撃たれた人間はただ地面に倒れ込むシーンがリアルと言われます。アクション映画などで使っている演出を持ち込まず、実話としてリアルを描いている作品に好感を持つ感想があります。

モノクロがドキュメンタリー感を出していて最高

実話の過去の悪しき歴史として忘れてはならない実話映画がシンドラーのリストです。どちらかと言うと、一般向けの大衆映画が得意なスティーブンスピルバーグ監督が撮ったならばわかりやすく、見せ場などはハデに撮る方法が取られるのが普通です。しかし、実話でありモノクロ映像で淡々としてるシーンもあり、映画ながらまるでドキュメンタリーとも言う感想もあります。

ネタバレとして、シンドラーも元々は安い労働力でしかないユダヤ人に同情してしまい、自分の身を呈してユダヤ人を守っています。ガス室へ送るシーンや死体を検査するシーンもドキュメンタリーのように視聴者に異質な時代であったナチスの実話の闇を投げかけて来ます。エピローグも良く、演者や音楽やスタッフ全てがドキュメンタリーのように素晴らしい作品という感想もあります。

三時間の超大作だけど長さを感じない

シンドラーのリストはスティーブンスピルバーグ監督作品でも最長とも言える三時間超えの作品です。内容もユダヤ人大量虐殺をテーマにしており、映像もモノクロでとても暗い雰囲気です。なので、とても重く長い映画でまだ見ていない人は最後まで見られないと言う感想もあります。

しかし、そんな長さも忘れてしまうほどシンドラーのリストは没入出来る作品になっています。実話のネタバレとしてオスカー・シンドラーの勇姿や、戦争の酷さもリアリティがあり、退屈せずに見られる三時間という感想が多いです。

黒澤明監督の影響もあるシーン

スティーブンスピルバーグ監督は、日本の映画界の巨匠である黒澤明監督の作品から影響を受けているのも有名です。特にシンドラーのリストにてその影響が顕著なシーンは、モノクロ映像の中に赤い服の少女が現れたシーンです。赤い服の少女が登場して、その後焼かれてしまったシーンは黒澤明監督の演出とも言われています。どの映画と言うと、黒澤明監督の「天国と地獄」からの演出と言われています。

スピルバーグにおける最高の作品

あらすじからしてエンタメ映画ではないですが、これはスピルバーグの最高の作品とも感想がります。そのネタバレとして、あのキューブリック監督がこの作品を観て大量虐殺映画を辞めた話もあります。あらすじだけでも考えさせるものがり、人間の命の重さに心が動きます。シンドラーという人物は実話としてネタバレのように存在し、自己犠牲などもリアルで評価されてます。

戦争が終わらない世界の現実がある

あらすじとして、ユダヤ人の虐殺があり、虐殺される場面がカメラを背けずに撮影されているので戦争を体感してるようで辛いという感想もあります。現在の日本ではあくまで映画の中の作品ですが、世界の現実の話としての側面もあります。最後のシンドラーの努力すればもう1人救えたのに、出来なかったというセリフは現実世界でもある話なので心が痛みますというのと、戦争が終わらない世界の現実がるとの感想もあります。

シンドラーのリストのあらすじと感想まとめ!

ここまでが「シンドラーのリスト」のネタバレあらすじや感想のまとめになります。シンドラーのリストは1993年にアメリカで公開された映画であり、映画界の巨匠スティーブンスピルバーグ監督による作品です。日本では1994に公開された作品になり、ストーリーとしては、第二次世界大戦時のユダヤ人大量虐殺時代のオスカー・シンドラーの話になります。実話を元にした作品でもあります。

実話のユダヤ人虐殺も酷い話であり、あらすじを読むだけでも怖いという感想もあります。ナチスが何をしたかのネタバレも怖いものですが、実話として過去の歴史をこのシンドラーのリストは表現しています。シンドラーの実話のユダヤ人を助ける行動は、映画でも人として命がけの行為であります。あらすじだけでも映画の内容はわかりやすいですが、その実情は深く混沌としています。

シンドラーのリストの監督は初めからスティーブンスピルバーグ監督ではなく、「ジュラシックパーク」の制作も受け入れる事での監督決定した経緯もあります。そして、映画化の権利を得てから10年近く作品構想をしてシンドラーのリストの制作をしています。

シンドラーのリストはアカデミー賞では作品賞と監督賞を受賞しております。ネタバレやあらすじだけではわからない難しい話でもありますが、とても魅力的な作品です。今回は実話の話であるシンドラーのリストのあらすじやネタバレ、感想のまとめや実話を元にした名作の内容を紹介しました。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ