映画『俺俺』は謎が多く奇妙な物語!あらすじや感想・結末ネタバレ【亀梨和也】

映画「俺俺」のあらすじや結末をネタバレ解説し、主演の亀梨和也さんの演技に関する評価や感想をご紹介していきます。映画「俺俺」は2013年に亀梨和也さん主演で映画化されました。謎の多い奇妙な内容で何度も見たくなると好評で、主演の亀梨和也さんの1人33役のキャラの演じ分けが話題になり、その演技に注目が集まりました。今回は、映画「俺俺」の奇妙なストーリーのあらすじや結末をネタバレで解説し、亀梨和也さんの演技の評価や感想、KAT-TUNの歌う映画「俺俺」の主題歌についてもご紹介していきます。

映画『俺俺』は謎が多く奇妙な物語!あらすじや感想・結末ネタバレ【亀梨和也】のイメージ

目次

  1. 映画『俺俺』とは?
  2. 映画『俺俺』のあらすじをネタバレ解説
  3. 映画『俺俺』の結末をネタバレ解説
  4. 映画『俺俺』の亀梨和也の33役が凄い
  5. 映画『俺俺』の主題歌
  6. 映画『俺俺』に関する感想や評価は?
  7. 映画『俺俺』のネタバレまとめ

映画『俺俺』とは?

俺俺の映画作品情報

2013年に公開された映画「俺俺」は、三木聡監督・脚本で製作され、主演の亀梨和也さんの1人33役で話題になりました。映画「俺俺」の原作は、2009~2010年から「新潮」で連載されていた星野智幸先生の小説です。

俺俺のキャスト

主人公・永野均役の亀梨和也さんは1986年2月3日生まれ、東京都江戸川区出身で、ジャニーズのアイドルグループ「KAT-TUN」のメンバーとして、アイドル、俳優、歌手などで活躍中です。主な出演作品は「妖怪人間ベム」「怪盗 山猫」「PとJK」「ボク、運命の人です。」「Final Cut」などです。

サヤカ役の内田有紀さんは1975年11月16日生まれ、東京都中央区日本橋出身で、女優や歌手、モデルとして活躍中です。主な出演作品は「踊る大捜査線」シリーズ「最後から二番目の恋」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」「軍師官兵衛」「まんぷく」などです。

タジマ役の加瀬亮さんは1974年11月9日生まれ、神奈川県横浜市出身で、俳優として活躍中です。主な出演作品は「それでもボクはやってない」「重力ピエロ」「アウトレイジ」シリーズ「抱きしめたい」「SPEC」シリーズなどです。

永野昌枝役のキムラ緑子さんは1961年10月15日生まれ、兵庫県州本市出身で、女優として活躍中です。主な出演作品は「ごちそうさん」「嫌われ松子の一生」「偽装の夫婦」「僕のヤバイ妻」「半分、青い」などです。

大樹の母役の高橋惠子さんは1955年1月22日生まれ、北海道出身で、女優として活躍中です。主な出演作品は「太陽にほえろ!」「泣くな青春」「過ぎし日のセレナーデ」「葵 徳川三代」「高校生ブルース」などです。

俺俺の予告編動画

こちらは、映画「俺俺」の予告動画です。今回は、主演の亀梨和也さんの1人33役で話題になった映画「俺俺」のあらすじや結末をネタバレ解説していきます。また、話題になった亀梨和也さんの33役についてや、映画「俺俺」の主題歌、感想・評価もご紹介していきます。

俺俺 | J Storm OFFICIAL SITE

映画『俺俺』のあらすじをネタバレ解説

「俺俺」あらすじネタバレ解説:契約くん

永野均(亀梨和也)は、カメラマンになるという夢を持っていましたが、28歳の現在はその夢を諦め、家電量販店で働いていました。普段はアパートを借りて独り暮らしの均ですが、時折母・昌枝(キムラ緑子)の住む団地に足を伸ばします。母・昌枝は40歳を迎えたとき突然、均にそれまでの「おふくろ」呼びではなく「昌枝さん」と呼ぶことを求めます。しかし、均は現在でもずっと「おふくろ」と呼び続けているのでした。

また、家電量販店で正社員として働く均ですが、契約社員として働いていた名残で職場ではいまだに「契約くん」と呼ばれています。ある日、均は仕事中の態度を注意され、同僚との飲み会でもおごることになり、ATMで現金を下ろすと残金が22万2222円となっていました。その後、ファーストフード店でエゴサーチをしてくつろぐ均でしたが、注文していないポテトを渡されます。

ポテトのイメージ画像

実は、店員がポテトを渡す客を間違えたことで起きたミスなのですが、受け取った均はそのポテトが自分のものである気がしてくるのでした。そして、均の隣の席に座る若いサラリーマンは、均のトレイ上に自分の携帯電話を落としてしまいます。しかし、そのサラリーマンは話に夢中になるあまり、携帯電話を落としたことに気づかず、均もさりげなくサラリーマンの携帯電話を持って店を後にします。

持ち去った他人の携帯電話をどうしたものかもて余していた均の手元の携帯が、突如鳴り始めます。電話の相手は携帯電話の持ち主の母親からでした。動揺した均が電話に出れずにいると、留守電に切り替わり「母」が息子「大樹」にクラス会を知らせる葉書が届いたという内容を録音するのでした。そのすぐ後「母」から2回目の電話がかかってきます。今度は、持ち主のサラリーマンが店で会話していた口調を真似て、均は電話に出ます。

電話の声の主をそんなに怪しまない「母」に対して、均はオレオレ詐欺を働きます。友達の車で事故を起こして、金がないため、友達の口座(均の口座)に90万円振り込むように頼み、自分の息子だと信じて疑わない「母」はすぐに90万円振り込みます。その後、90万円の入金を確認した均はすぐにそれを引き出し、自分の部屋の引き出しにしまうのでした。

出勤前、均はオレオレ詐欺を働いた携帯電話を川に投げ入れ、水没させて証拠を隠滅します。しかし、これがきっかけとなり、均の周囲で奇妙なことが起こり始めるのでした。仕事が終わり、帰宅した均の部屋に見ず知らずの女性が上がり込んでおり、動揺する均を見て「大樹」と呼びます。均はすぐに自分が昨日オレオレ詐欺を働いた「大樹の母」だと気づくのでした。

「俺俺」あらすじネタバレ解説:大樹の母

均は「大樹の母」に「大樹」の携帯を持ち去ったことを告げ、謝罪しますが、「大樹の母」は均のことを当然のように自分の息子「大樹」として扱うのでした。そのまま「大樹の母」は均の部屋に泊まり、翌日家に帰ると言う「大樹の母」の後を均は尾けます。途中、均の存在に気づいた「大樹の母」は自分の家に均を上げます。均は大樹の家族構成や大樹がカメラマンを目指していたことを知ります。

また、家に飾られた写真から、大樹の顔と均の顔がそっくりだという事実に気づき、とても驚きます。あわてて自分の本当の実家に駆け込んだ均でしたが、そこには自分と瓜二つの他人「俺(大樹)」がおり、またも非常に驚きます。「俺」は均を追い返しつつも、均の名刺を要求するので、均は名刺を渡すのでした。

その後均に連絡してきた「俺(大樹)」は、均が本物であることに気づいていており、もう一人「俺」を名乗る人物がいると教えてくれます。均と大樹は「俺」と名乗るもう一人の人物に会いに行きます。もう一人の「俺」は本山直久という本名で、周囲からはナオと呼ばれる大学生です。

均と大樹はナオの部屋に上がり、3人で乾杯しました。3人の「俺」は馬が合い、純度の高い俺として互いに喜びを分かち合いました。そして、ナオの部屋を「俺」のアジトにして「俺山」と名付けようと言い出し、合鍵も作るのでした。

「俺俺」あらすじネタバレ解説:記念日

家電量販店に勤務する均でしたが、顔がそっくりのナオに仕事を代わってもらうことが時々ありました。しかし、均の代わりに店員になったナオはカメラを購入した女性客に対して、カメラを値引きする見返りを求めているのでした。そのうち、ナオは自分の通う大学でまた一人「俺」を見つけたことを均と大樹に報告します。ナオが「俺山」に連れてきた新たな「俺」は溝ノ口という男を含む5人でした。

しかし、その5人の俺たちは、均と大樹とナオの「純度の高い俺」と比べて「劣化版の俺」と言わざるを得ない「俺」で、均と大樹は嫌悪感でいっぱいになります。そしてつい、劣化版の俺は排除しないと、と発言してしまい、その言葉がナオの胸に刻み込まれるのでした。

均はサヤカ(内田有紀)という女性と急接近します。世の中でますます「俺」が増えていく中で、なんとサヤカだけが唯一、均とナオを見分けられるため、均は驚きます。帰宅した均は、大樹が洗面所で血の付着した布のようなものを洗っているのを目撃します。そこへ、ナオも帰宅したため、大樹にその布のことを質問することはできませんでした。その夜、均と大樹とナオは3人揃って、お酒を買いに出掛けます。

その途中で、彼らは衝突音のようなものを聞きます。現場を見に行くと、自転車に乗っていた男が車にひき逃げされて死亡していました。その亡くなった男性の顔は、なんと均と顔がそっくりな「俺」の一人で、3人は怖くなり、その場を立ち去ってしまいます。帰宅早々、ナオは「今日は記念日」だと言い出しました。均はナオにどういう意味か、を尋ねます。すると、ナオは「劣化版の俺」を一人消した、と答えるのでした。

ナオに消された「劣化版の俺」とは、溝ノ口のことで、ナオは特に悪いことをしたとも思っていない様子で、「俺」は均と大樹とナオの3人だけでいいんじゃないか、と言い出すのでした。ナオの答えを聞いた均と大樹はナオと言い争いになります。そして「劣化版の俺」を消す動きがあるならば、自分達3人も他の「俺」に消される可能性があるのではないか?という疑惑が浮上するのでした。

その翌日から大変なことが起こります。毎日どこかで「俺」が殺害されていき、49人もの「俺」が1日で消されてしまったのでした。この異様な状況に均は、自分こそがオリジナルの本物だという自信が揺らいできます。家に戻った均は、血の付着した封筒が部屋に落ちているのを発見しました。次に映画「俺俺」の結末をネタバレ解説していきます。

映画『俺俺』の結末をネタバレ解説

「俺俺」結末ネタバレ解説:メール

スマホのイメージ画像

そこが殺人のあった現場だと気づいた均でしたが、そのとき均の携帯にナオからのメールが届きます。それには「殺された俺」の写真が添付されていました。自分が本物であるという自信をなくした均は、サヤカの部屋を訪ね、関係を持ちます。サヤカは均に「俺は俺、あなたはあなた」であると諭し、一番最初に戻るように助言するのでした。明朝、シャワー中のサヤカが殺害されているのを発見。動揺した均は部屋から逃げ出します。

今度は均が「俺」に狙われ始めます。真っ昼間から同じ顔をした警官に拳銃で狙われ、均は必死で逃げてナオの部屋に飛び込みます。そこにいた大樹は「俺の削除が増殖を上回った」と均に告げます。そして、大樹はナオを探しに出掛けて行き、均はサヤカに助言された通り「最初に戻る」を実行することに決めます。

「俺俺」結末ネタバレ解説:オレオレ詐欺

均はオレオレ詐欺で「大樹の母」から騙しとった90万円を封筒にしまい、大樹の実家に向かいます。その途中で均はサヤカの夫に見つかってしまい、追いかけられてしまいます。さらに「俺」を狙う人間たちにも襲われ、均は必死に逃げ続けます。その途中、均は「俺」を狙う人間の手下である瀬島の携帯を取り上げることに成功します。

その携帯から「俺」を狙う黒幕の正体が大樹であることが発覚し、均は改めて大樹の実家に向かいました。大樹の実家の目前、ナオが現れ、均にナイフを向けて突撃してきます。そこへ大樹が現れ、警官から奪った拳銃でナオに発砲します。

実は、ナオから届いたメールの添付「殺された俺」はナオでした。画像に写っていた腕時計の色が黄色(赤い腕時計の均、腕時計をしない大樹)だったことから、均は「殺された俺」はナオだと気づいていました。そして、ナオを殺したのは大樹で、本物である均も殺害し、大樹は自分が本物の「俺(均)」になろうと目論んでいたのでした。

均は最初に戻るため、大樹の実家のチャイムを鳴らして「大樹の母」にオレオレ詐欺で騙しとった90万円の現金を返し、立ち去ります。その後、世間では「俺」の増殖や「俺」が毎日殺害されていたという異様な出来事がなかったことにされていました。そして、自分の母に会いに行った均は、母をそれまでの「おふくろ」ではなく「昌枝さん」と初めて呼ぶのでした。母は、驚きながらも嬉しそうに微笑むのでした。

映画『俺俺』の亀梨和也の33役が凄い

亀梨和也の33役が凄いと話題に

「俺」が続々と登場し、次々に殺されていく映画「俺俺」では、KAT-TUNの亀梨和也の1人33役が話題になりました。亀梨和也さんの33役の中には、女性の「俺」もおり、加瀬亮さんの演じた勤務先の先輩タジマの顔が亀梨和也さんの「俺」になっていたり、ラストでは大量の亀梨和也さんの「俺」が登場したりと、驚きもいっぱいの内容で、1人で33役も演じ切った亀梨和也さんの演技力が高く評価されているそうです。

特に「劣化版の俺」の一人、ネガティブな溝ノ口の演技がリアルで良かったと好評なのだそうです。また、均、大樹、ナオの3人のメインキャラの「俺」の演じ分けも凄かったと絶賛されているそうです。

映画『俺俺』の主題歌

俺俺の主題歌「FACE to Face」

こちらは主演の亀梨和也さんの33役で話題になった映画「俺俺」の主題歌、KAT-TUNの「FACE to Face」の動画です。「FACE to Face」は、KAT-TUN初となる映画主題歌で、まっすぐな言葉で自分と向き合う歌詞に、スピード感のある力強いサウンドに切なさが併さっている楽曲なのだそうです。

映画『俺俺』に関する感想や評価は?

こちらは映画「俺俺」に関する感想です。映画「俺俺」は謎の多い内容ながら、亀梨和也さんの出演作品の中で、最も好きな映画で、亀梨和也さんの演技も最も好きだという感想です。

こちらは映画「俺俺」に関する亀梨和也さんに対する感想です。亀梨和也さんが表情だけでキャラを演じ分けられる演技力がすごいという感想です。

こちらも映画「俺俺」の主演・亀梨和也さんの演技に関する感想です。1人で33役を別人格として演じ分けた亀梨和也さんは高く評価されており、この映画からは亀梨和也のお芝居に対する情熱が伝わってくるという感想です。また、映画「俺俺」は何度でも見たくなるそうです。

こちらも映画「俺俺」に関する亀梨和也さんに関する感想です。1人で33役を演じきった亀梨和也さんの演技は高く評価されており、亀梨和也さんの演技の才能を思い知ったという感想です。

映画『俺俺』のネタバレまとめ

いかがでしたか?映画「俺俺」の奇妙なストーリーのあらすじや結末をネタバレ解説し、亀梨和也さんの演技の評価や感想、KAT-TUNが歌う映画「俺俺」の主題歌についてもみてきました。1人で33役のキャラを演じた亀梨和也さんの演技は高く評価されており、特にメインの「俺」である均・大樹・ナオの3人の演じ分けが絶賛されていることがわかりました。皆さんも興味のあるかたはぜひ、映画「俺俺」をご覧ください!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ