ウルトラマン芸人(アメトーク)の出演者・ゲストや感想は?第2弾の内容も予想

テレビ朝日で人気の番組アメトークから、話題となっている回「ウルトラマン芸人」についてご紹介します。出演者やゲストのご紹介はもちろん、次回第2弾が放送されるならどんな内容かも、考察し予想していきます。アメトーク「ウルトラマン芸人」は放送時からファンからも好評な回となっており、ウルトラマンファンはもちろん、ウルトラマンを見たことがない人でもわかりやすく説明しながら、ウルトラマンの面白さを伝えている大変人気の番組となっています。

ウルトラマン芸人(アメトーク)の出演者・ゲストや感想は?第2弾の内容も予想のイメージ

目次

  1. ウルトラマン芸人(アメトーク)の出演者は誰?内容や感想をまとめて紹介
  2. ウルトラマンとは?
  3. ウルトラマン芸人(アメトーク)の出演者を紹介!
  4. ウルトラマン芸人(アメトーク)の内容は?
  5. ウルトラマン芸人(アメトーク)の感想を紹介!
  6. ウルトラマン芸人(アメトーク)第2弾の内容を予想!
  7. ウルトラマン芸人(アメトーク)についてまとめてみた

ウルトラマン芸人(アメトーク)の出演者は誰?内容や感想をまとめて紹介

テレビ朝日で放送されている人気トーク番組「アメトーーク」にて放送されたウルトラマン芸人の回が面白いと話題になっています。ウルトラマンは幅広い世代から支持されており、今尚新シリーズが制作されている超人気ヒーロー特撮となっています。そんなアメトーークで放送されたウルトラマン芸人の出演者や内容をご紹介するとともに感想も合わせてご紹介いたします。

ウルトラマンとは?

ウルトラマンとは、1966年7月に放送された空想特撮シリーズ「ウルトラマン」から始まります。ウルトラマンは劇中に登場するヒーローの名前であり、巨大変身をし、迫り来る怪獣や宇宙人から地球の平和を守る宇宙警備隊員の変身した姿となっています。

2018年10月よりウルトラマンRB(ルーブ)が最新シリーズとして放送決定しており、歴代ウルトラマンを合わせ、全部で35人のウルトラマンを主人公として物語が作られてきました。ウルトラマンの有名な必殺技である「スペシウム光線」は体の前で腕を十字に合わせて光線を放つ必殺技ですが、大人になったお父さんたちも子供の頃に一度はフォーム真似したことがあるのではないでしょうか?

ウルトラマンは歴史の古い作品のため、大変多くのファンがいる作品となっています。その中でもウルトラマンに熱中し、熱く感想や思いでを語り合う芸人さんを集めたトーク番組が放送されました。それが「アメトーーク」という番組となっています。

アメトーーク! | テレビ朝日

ウルトラマン芸人(アメトーク)の出演者を紹介!

アメトーク「ウルトラマン芸人」に出演した出演者さんをご紹介します。みなさんウルトラマン愛が強く、ウルトラマンについての独自の感想やエピソードを多くお持ちの方ばかりとなっており、ウルトラマンファンからも出演者も大変よかったと好評のキャスティングとなっています。

メインMCは「雨上がり決死隊」のお二人

人気芸人「雨上がり決死隊」がMCを務めるのあアメトーークです。雨上がり決死隊は宮迫博之さんと蛍原徹さんのコンビで特に宮迫さんは「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」で悪のウルトラマンである、ウルトラマンベリアルの吹き替えを担当したことがあるほど、ウルトラマンに縁のある芸人さんとなっています。

ウルトラマン愛が溢れた「博多 大吉」

アメトーークのウルトラマン芸人出演者の中でも、特にウルトラマン愛が溢れているな、との感想が多い出演者が博多 大吉さんでした。持参した怪獣図鑑はウルトラマンの敵として現れた怪獣を大雑把に紹介している図鑑です。例えば「ゼットンは、倒すのが難しい」や「バルタン星人は1万メートル先の米粒が見える」など本当に大雑把な紹介の乗っている図鑑です。

ですが、この図鑑は少々貴重なものだということが分かりました。初版の図鑑ではスペル星人ツインテールという敵の写真が掲載されていましたが、重版されたものには差し替えられていたというのです。スペル星人ツインテールという敵の「肉はエビのようにうまい」と紹介していたことから、大吉さんの持ち込んでいた怪獣図鑑は初版で手に入れた貴重なものだということがわかります。

そしてアメトーク「ウルトラマン芸人」の後半では、大吉さんのウルトラコーディネートが何着も披露されていました。Tシャツのロゴはもちろんゴルフクラブケースまでウルトラマンづくしとなっていました。ウルトラマン芸人のメインは大吉さんだったのでは?と思わせるほどウルトラマン愛にあふれた出演者さんでした。

ウルトラマンダイナに出演「つるの剛士」

ウルトラマンシリーズの「ウルトラマンダイナ」にアスカ・シン役で出演していた、つるの剛士さんも芸人ではありませんがウルトラマン芸能人として出演していました。つるのさんはなんといっても運動が苦手とのこと。走り方が女の子のようになってしまい、NGシーンが多かったと撮影の難しさを感想としてお話していました。

ウルトラマンダイナのアスカ・シンといえば、主役のキャラクターです。そんな主役キャラクターを演じたつるのさんは、撮影終了後に隊員服やリーフラッシャーというアイテムの小道具をもらっているとのことでした。

さらに、その撮影当時にもらった小道具や衣装でウルトラマンダイナの出演する映画にも持ち込んで着用していたというのだから驚きです。撮影時と同じアイテムで出ていたので、当時見ていたファンも違和感ないという感想が多かった秘訣です。

ロンドンブーツ1号2号「田村 亮」

今回のアメトーク内ではなかなか目立った感想やトークが聞けませんでしたが、私生活ではウルトラマン愛を披露しています。特に相方である田村淳さんに勝てることは「釣りとウルトラマンの知識だけは負けない」と豪語されています。お子さんもいらっしゃるので、お子さんとともに今のウルトラマンも一緒に楽しんでいるのかもしません。

ピコ太郎のプロデューサーで人気の「古坂大魔王」

今や、ピコ太郎のプロデューサーとして人気の古坂大魔王さんですが、ボキャブラ世代の芸人さんで底抜けAIR LINEとして活動されていました。現在は活動休止していた芸人としての活動も再開されていて、人気の芸人さんです。そんな古坂大魔王さんはウルトラマン芸人の出演者の中でも、ちょっとコアな紹介をされていました。

ウルトラマンタロウの放送時、兄弟6人が集まっていて、アメリカで人気の映画シリーズ「アベンジャーズ」のようだった。とウルトラマンを見ている時のドキドキを伝えていて、見ていたファンの感想は、本当にウルトラマンが好きなんだと伝わってくる内容となっていました。

出口博之 & ナイツ土屋 & 荒井義久

モノブライトという北海道出身のバンドマン出口さんもウルトラマン芸人に出演者として登場していました。ミュージシャンということもあって、アメトークの番組内ではほかの出演者さんに押されていたようにも見えましたが、特撮が大好きということで、Amazonプライムでは「ウルトラマンザ・プライム ~平成ウルトラ激闘編~」という番組で同じく出演者の博多大吉さんと番組が配信されています。

ナイツの土屋さんも出演されていました。ウルトラマンへの熱い気持ちをお持ちだとは思いますが、土屋さんの性格がおっとりだからなのか、感想があまり聞けず残念な出演となっていました。そして、みなさんあまり見慣れないかたが一名いらっしゃったのではないでしょうか。

その方がこちら、荒井義久さんです。松竹芸能所属のピン芸人さんなのですが、この方は芸能界一ウルトラマン通として有名な方なのです。ウルトラマンの知識はすごく、「ウルトラ検定1級」で日本6位となる知識の持ち主です。ウルトラマンオーブでは運送屋さんの運転手としても出演されたことのあるウルトラマン通の芸人さんとなっています。

ウルトラマン芸人(アメトーク)の内容は?

アメトーク「ウルトラマン芸人」の番組内での内容をご紹介します。出演者さんみなさんが、ウルトラマンについて熱く語っており、ファンはもちろん見たことのない人にもわかりやすく説明をしながらトークをしており、非常にウルトラマンを魅力的に紹介していました。

大半がウルトラマンについてのトーク

ウルトラマン芸人なので当たり前ですが、大半がウルトラマンについてのトークでした。ウルトラマンダイナに出演したつるの剛士さんは小学生の時の七夕には、短冊に「ウルトラマンになりたい」と願い事を書いたエピソードやナイツ土屋さんのウルトラマンスタンプラリーのお話の他、知られざるウルトラマンについてのトークが展開されました。

帰ってきたウルトラマンには「ジャック」という名前がついているだったり、ウルトラマンには父ケンと母マリーという名前の親がいることも明かされています。さらにウルトラマンは2万歳という設定だということも語られていました。

敵怪獣の紹介が少なめだった

敵怪獣についてのトークは少なめでした。紹介された敵怪獣は、ウルトラマンを倒した怪獣「ゼットン」とウルトラマンセブンに登場した「キングジョー」という怪獣でした。その他、ウルトラマンを知らない枠として出演していた麒麟の川島さんは、甥っ子がガチャガチャで当てたメトロン星人のフィギアにちゃぶ台が付いていたというエピソードから、ちゃぶ台はメトロン星人とセットだというトークも展開されていました。

アメトーク後半はウルトラマンコーディネート

アメトークの後半は、出演者のウルトラマンコーディネートについてトークと紹介されていました。ウルトラマン好きが講じて、ゴルフをやらないのにウルトラマンのゴルフバックを購入している、古坂大魔王さんが紹介されていましたが、なんといっても大吉さんのウルトラマンコーデが60着以上も紹介されました。

歴代ただ一人の「悪役ウルトラマン」

長い歴史のあるウルトラマンですが、たった一人だけ、悪のウルトラマンが登場しています。その名も「ウルトラマンベリアル」です。なんと吹き替えを担当したのが雨上がり決死隊の宮迫さんです。ウルトラマンベリアルは、ギガバトルナイザーというアイテムを手に、100体位上の怪獣を操ることができます。またそれをバズーカのように使ったり、武器として使うこともあります。

そんな唯一悪役となってしまったウルトラマンベリアル役を演じたこともあり、私生活もウルトラマンベリアルのようだといじられてしまう、宮迫さんの一面もありました。コンビでも勢いがありやんちゃなイメージのある宮迫さんですが、ここは冗談として面白おかしいシーンとなっていました。

ウルトラマン芸人(アメトーク)の感想を紹介!

今回のアメトーク「ウルトラマン芸人」を心待ちにしていたウルトラマンファンの方も多かったはずです。そんなファンからみたアメトーク「ウルトラマン芸人」の感想をご紹介いたします。もちろん、好評な回だったので特にファンから人気の感想をピックアップしてご紹介いたします。

MCである宮迫さんとウルトラマンベリアルに触れてくれてよかった

MCの宮迫さんが吹き替えを担当したウルトラマンベリアルについて触れられたことは、ファンのみなさんが期待していた内容だったのでとても満足したという声が多く上がっています。特にベリアルの声が映画以外では違う方が演じていることも知っていたことからファンからの好感度が上がった場面でもありました。

ウルトラマンギンガSから参加している田口監督の名前が出た

ウルトラマンギンガSから監督として参加しており、ウルトラマンXとウルトラマンオーブではメイン監督を務めた田口監督の名前が、アメトーク「ウルトラマン芸人」のなかで取り上げられました。一時期、ウルトラマンシリーズが低迷しているのではと心配されていましたが、田口監督が参加したウルトラマンギンガSからは復調してきたのは、ファンの間でも有名な話です。

そのウルトラマンシリーズ復調の立役者である田口監督をウルトラマン芸人出演者のみなさんも絶賛したことから、ファンは嬉しく感じた場面でもあります。ウルトラマンオーブについては詳しく語られていませんが、ウルトラマンXについては詳しく触れられていたので、まだご覧になっていない方は、アメトークをチェックしてからウルトラマンXをご覧になると一層楽しめるかもしれません。

ウルトラマン芸人(アメトーク)第2弾の内容を予想!

ウルトラマン芸人として出演した出演者のみなさんもウルトラマン芸人第2弾を期待する発言が多くありました。ファンからも好評となったウルトラマン芸人第2弾の内容を大胆にも予想していきます。もちろん、今回の放送にも伏線があったので合わせてご紹介します。

ウルトラマン芸人第2弾のメインは「イフ」について

アメトーク「ウルトラマン芸人」の締めの言葉で、「お次は史上最強の怪獣イフをみていきます」と番組が占められました。この最強の怪獣イフについては第2弾のウルトラマン芸人ではメインテーマになると予想できます。この史上最強の怪獣イフを少しだけご紹介します。

ウルトラマンマックスにて登場する怪獣であり、史上最強の怪獣と言われている「イフ」は、ウルトラマンマックスの物語の中で何度も姿を変えます。進化をしていくイフですが、マクシウムカノンというウルトラマンマックスの必殺技をコピーしてしまいます。また肉体が分子レベルに分解されてもすぐに再生してしまうという事実上、倒すことのできない怪獣として登場しました。

この史上最強の怪獣であるイフの登場から、倒し方の議論を行うのがウルトラマン芸人第2弾のメイントークになってくるのではないかとファンからは予想されています。もちろんそのほかにも今回行った「ウルトラマンコーデ」や、前回触れられなかった作品についてや、怪獣たちのエピソードなどがテーマとなってくると予想される方もいらっしゃるようです。

ウルトラマン芸人(アメトーク)についてまとめてみた

アメトーク「ウルトラマン芸人」はファンからも好評の回となりました。ほかの回では、あまり知識のない出演者さんがいたり、内容がコア過ぎたりとトーク内容の調整が難しいのがこのシリーズなのですが、今回のウルトラマン芸人は、第1弾ということもあってかウルトラマンの楽しさや面白さ、そしてワクワク感を存分に伝えるいい回だったとファンのあいだでも好評となっています。

ウルトラマン芸人第2弾が放送される前に、自分の好きなウルトラマンや怪獣をもう一度見直して復讐しておくと、さらにアメトーク「ウルトラマン芸人」を楽しく鑑賞いただくことができるかもしれません。ぜひこの機会にウルトラマンシリーズを見直してみるとともに、新しい発見を探してみてはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ