踊る大捜査線のキャスト一覧!歴代シリーズに出演した有名人や豪華すぎるゲストも

踊る大捜査線とは90年代にフジテレビ系列で放送され、映画化や各キャストのスピンオフ作品までも制作される大人気シリーズです。踊る大捜査線は元コンピュータ会社のナンバーワン営業マン青島俊作が、湾岸警察署で犯人や警察上層部と戦うというストーリーで、歴代キャスト一覧も豪華です。歴代シリーズはどれも人気であり、青島俊作の軍用コートも人気になりました。今回は踊る大捜査線のキャスト一覧!歴代シリーズに出演した有名人や豪華すぎるゲストも紹介します。

踊る大捜査線のキャスト一覧!歴代シリーズに出演した有名人や豪華すぎるゲストものイメージ

目次

  1. 踊る大捜査線の歴代キャスト一覧を画像付きで紹介!
  2. 踊る大捜査線シリーズとは?
  3. ドラマ版:踊る大捜査線のキャスト・ゲスト一覧
  4. 踊る大捜査線・THE MOVIEのキャスト・ゲスト一覧
  5. 踊る大捜査線・THE MOVIE 2・レインボーブリッジを封鎖せよ!のキャスト・ゲスト一覧
  6. 踊る大捜査線・THE MOVIE3・ヤツらを解放せよ!のキャスト一覧
  7. 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望のキャスト一覧
  8. 「踊る大捜査線」シリーズはキャスト・ゲストがとても豪華だった!

踊る大捜査線の歴代キャスト一覧を画像付きで紹介!

今回は90年代にフジテレビ系列で放送され、社会現象となるまで大ヒットしたドラマシリーズである「踊る大捜査線」の紹介です。踊る大捜査線はテレビドラマシリーズのヒットにより、スペシャルドラマや映画も公開され、脇役によるスピンオフドラマなども制作されるほどのフジテレビが誇る人気シリーズです。

踊る大捜査線の歴代のキャストには豪華で素晴らしい俳優陣が揃っています。この踊る大捜査線シリーズをキッカケに注目され、有名になった俳優も沢山います。それでは、踊る大捜査線の歴代キャスト一覧を画像付きで紹介していきます。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

踊る大捜査線シリーズとは?

踊る大捜査線とは、フジテレビ系列にて連続ドラマとして放送された大人気ドラマです。1997年の放送から現在まで、映画化やスピンオフ映画の公開、舞台などでも扱われている刑事ドラマです。主人公である青島俊作は元々警察官ではなく、コンピュータ会社のナンバーワン営業マンです。

踊る大捜査線の内容として、刑事ドラマの基本である犯人逮捕までの過程や、犯人との銃撃戦などの派手なアクションがあまり無いという点があります。踊る大捜査線の人気の理由の一つは、リアルな刑事の捜査というのがあります。警察内部での権力争いの構図もハッキリと描かれており、所轄は支店と呼ばれ、警視庁は本店と呼ばれ絶対的な上下関係があり、双方は仲が非常に悪いです。

湾岸警察署で起こる事件の中で、青島俊作達は犯人と戦いながらも身内である警察組織とも対立する事になります。キャリア制度や民事不介入、官僚主義という権力の闇とも対峙しなければならない点が評価されています。映画化に当たっては、現在はBSフジの社長である亀山千広さんが上司と最終回の視聴率が20%を超えたら映画決定という約束をします。

それは最終回で達成され、映画化も実現します。結果的には映画の前にスペシャルドラマ2本と、番外編が終わってからの映画化となります。踊る大捜査線の映画化は1も2も大ヒットになります。そして、2005年には映画の2ともリンクする「交渉人 真下正義」、「容疑者 室井慎次」が映画公開されています。そして、スピンオフである「逃亡者 木島丈一郎」と「弁護士 灰島秀樹」の公開もあります。

その後、踊る大捜査線は2010年に「踊る踊る大捜査線THE MOVIE 3」が公開されます。そこでは、「係長 青島俊作」もスピンオフ携帯ドラマとして配信しています。そして、2012年にスペシャルドラマ「THE LAST TV」が放送された後に、踊る大捜査線は「踊る大捜査線THE FINAL」にて全てのシリーズが完結し、踊る大捜査線15年の歴史が終わります。

ドラマ版:踊る大捜査線のキャスト・ゲスト一覧

織田裕二(青島俊作役)

「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」というセリフが社会現象になる、踊る大捜査線の主人公である青島俊作(あおしましゅんさく)は、放映当時の都知事である青島さんと同じ苗字なので、「都知事と同じ青島です」というセリフも有名です。青島コートというカーキ色の軍用コートも大人気となり、90年代当時は青島コートを着てるサラリーマンも多くいました。

この青島コートは青島が警察官になったその日に購入したコートであり、織田裕二さんが本物と本物の中古、レプリカがあると言われてレプリカを選んでいます。その青島俊作は初めから警察官ではなく、元はコンピュータ会社で勤務しています。その営業ではナンバーワンという実績があり、刑事ドラマがキッカケになり警察官になっています。

なので、青島俊作の取り調べは昔の刑事ドラマの犯人にはカツ丼というお約束をして、仲間にも刑事ドラマの見過ぎだと言われます。警察官としては、交番勤務の後にストーリーの中心になる湾岸署に配属されます。どこか人懐こい性格や、営業マン時代の話術で刑事と疑われないので潜入捜査についての評価が高いです。青島俊作の警察官として信念は、市民第一である事を第一としています。

踊る大捜査線においては、犯人との逮捕劇よりも警察内部のキャリアとノンキャリアとの対立が明確に描かれており、青島俊作は本庁との意見が合わない事が多く勝手に動くので、本庁から睨まれる存在になっています。出世や権力欲は無く、上司の室井慎次が出世して本庁の捜査方針よりも、現場の捜査方針を優先して現場が正しい捜査を出来る環境を望んでいます。青島俊作と室井慎次は信頼関係で結ばれています。

織田裕二(おだゆうじ)さんは1967年12月13日 生まれの俳優、歌手で出身地は神奈川県川崎市生まれです。デビューとしては、「湘南爆走族」のオーディションで石川役でデビューします。バイクを使う撮影の為、この時期に二輪免許を取得しています。その後、女優の原田知世さんが主演した「彼女が水着にきがえたら」で、一躍有名俳優になります。

織田裕二さんは歌手活動もされており、踊る大捜査線の主題歌「LoveSomebody」も大きな注目を集めました。ドラマの主演と主題歌を勝ち取り、尚且つドラマも何本も映画化するほどのヒットを飛ばす織田裕二さんのこの主題歌は、1997年に発売されオリコンの最高位9位で、合計47.8万枚のセールスを誇っています。

深津絵里(恩田すみれ役)

恩田すみれ(おんだすみれ)は深津絵里さん演じるキャラクターです。恩田すみれは盗犯係の刑事課に属しており、青島俊作の強行犯係ではありません。青島俊作は中途採用の為に年齢は上ですが、恩田すみれが先輩という立場です。青島俊作を青島くんと呼び、捜査を一緒にする事もあります。

刑事ドラマの憧れから警察官になる青島俊作には警察官は公務員でありヒーローではないという、当たり前の事を教えています。恩田すみれの性格として、上司に対しても言いたい事はハッキリ言うタイプであり、本庁の人間にも相手が間違っている事を伝えます。

深津絵里(ふかつえり)さんは1973年1月11日 生まれの大分県大分市出身の女優です。デビューとしては中学生の時に原宿でのミス原宿グランプリの優勝からのデビューです。その後はアイドル歌手などのアイドル的な活動を経て、1996年に初主演映画の「(ハル)」が公開されます。そして、キャスト一覧でも紹介しているドラマ踊る大捜査線にて大注目されます。

柳葉敏郎(室井慎次役)

室井慎次(むろいしんじ)は柳葉敏郎さんが演じるキャラクターです。室井慎次は踊る大捜査線でも人気キャラクターであり、スピンオフの「容疑者 室井慎次」という映画作品もあります。室井慎次は踊る大捜査線においては、キャリア組であり、初期は青島俊作とやり合うシーンもあります。

本庁と所轄の対立は激しく室井慎次は湾岸署に来ても憮然として所轄を認めない所がありますが、次第に青島俊作などの熱い捜査に感銘してキャリアとノンキャリアなどの警察組織を変えようと働きます。それは青島俊作と室井慎次の約束であり、2人はこの約束を守る為に犯人や警察組織と戦います。こういった面を警察上層部は目障りとして、室井慎次を邪魔な人間として見ています。

柳葉敏郎(やなぎばとしろう)さんは1961年1月3日生まれのの俳優や歌手になり、愛称はギバちゃんです。柳葉敏郎さんは「一世風靡セピア」として歌手デビューします。柳葉敏郎はそれにより若者のカリスマになります。その後、ドラマ出演を増やして行き、トレンディドラマで俳優としての地位を固めます。近年はバラエティ番組のレギュラーになるなどの活動の幅を広げています。

ユースケ・サンタマリア(真下正義役)

真下正義(ましたまさよし)はユースケ・サンタマリアさん演じるキャラクターです。テレビシリーズでは研修配置で刑事課強行犯係になる真下正義は、踊る大捜査線内では人気キャラクターであり、スピンオフ映画「交渉人真下正義」も制作されています。真下正義は踊る大捜査線において歴代キャストでも愛されキャラクターとして有名です。

経歴としてはキャリアですが、初めはかなり頼りないキャラクターで次第に警察官として成長していきます。その後交渉人真下正義で警視にまでなっています。ユースケ・サンタマリアさんは1971年3月12日生まれの俳優、歌手です。ユースケ・サンタマリアというのは芸名であり、本名は中山裕介(なかやまゆうすけ)さんです。元々はラテン系のミュージシャンのボーカルとしてデビューしています。

そのユースケさんが注目されるキッカケとは、ウルフルズのトータス松本さんと司会した「夕陽のドラゴン」での自由気ままなノリでやった司会が人気になり、役者としての活動が増えだします。その後、一覧でも紹介している踊る大捜査線の真下正義に抜擢され大ブレイクします。現在は俳優活動を中心に活動されています。

水野美紀(柏木雪乃役)

柏木雪乃(かしわぎゆきの)は水野美紀さん演じるキャラクターです。柏木雪乃はテレビシリーズの1話から登場していて、殺人事件の被害者の娘となります。事件の衝撃から口がきけなくなり入院中していますが、そこに室井慎次が取り調べをする無粋な事をしたので青島俊作とぶつかっています。

こういった経緯があり、柏木雪乃は青島俊作を目標として警察官を目指し、自分の事件を親身になって対応し、解決してくれた青島に憧れて警察官を目指します。警察学校卒業後は湾岸署に配属となり交通課勤務となります。歴代キャストでも1話からの登場なので、出番は多くなくても存在感は抜群です。

水野美紀(みずのみき)さんは1974年6月28日 生まれの女優です。水野美紀さんのデビューとして、中学時代のオーディションを受けてからのスカウトになります。モデルやCMの仕事をし、中学卒業から上京し本格的に仕事を始めます。その後、一覧でも紹介している踊る大捜査線にて大注目されます。

いかりや長介(和久平八郎役)

和久平八郎(わくへいはちろう)はいかりや長介さん演じるキャラクターです。和久平八郎は老刑事であり、中途採用の青島俊作に警察官としての基礎を教えています。定年間近でもあり、もう残り少ない警察官生活で湾岸署の若手に世話を焼きます。和久平八郎のモデルとして、映画ゼブンに登場するモーガン・フリーマンをモデルとしています。

和久平八郎はかつて八王子署勤務時代に、若手刑事が犯人逮捕時に死亡した事を心の奥で悔いており、テレビシリーズのラストにてその事件は解決して定年退職しています。ノンキャリアである和久平八郎は、キャリアである元警視庁副総監・吉田敏明との間には青島俊作と室井慎次の間にあるような友情があります。

いかりや長介(いかりやちょうすけ)さんは1931年11月1日生まれの俳優であり、故人です。コメディアンやミュージシャンでもあり、「ザ・ドリフターズ」の3代目リーダーでもあります。いかりや長介さんは「8時だョ!全員集合」や、「ドリフ大爆笑」のテレビ番組で大ブレイクしています。

後年は、お笑いから俳優の仕事が増えています。踊る大捜査線の和久平八郎は一覧の中でも老若男女問わず愛され、1999年の「踊る大捜査線 THE MOVIE」にて第22回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しています。

北村総一朗(神田総一朗役)

湾岸署に来たお偉方の接待を中心に仕事をしており、青島を湾岸署に呼び寄せた人物でもあります。勝どき署の署長とは同期のライバル関係で、将来的には丸の内署の署長職を狙っていました。最終回でのシーンでは現場を重視しない本庁幹部に「出来損ないでもねぇ命はってんだい!!」と意外な一面も見せます。基本的には「警察の仕事はミスのない捜査とスキのない接待」を信念としています。

北村総一朗(きたむらそういちろう)さんは1935年9月25日生まれの俳優です。脇役として活動してきましたが、踊る大捜査線での神田総一朗署長役でブレイクします。小野武彦さんと斉藤暁さんの3人合わせて「スリーアミーゴス」は様々な活動をするトリオとして人気でした。

斎藤暁(秋山晴海役)

神田と共に本庁の接待をする中間管理職です。青島の上司でもあり、青島の勝手な行動にヒヤヒヤさせられています。ある事件で青島が刺された時には、「私の部下の命を何だと思ってるんだ!」と室井に反抗する態度を見せています。しかし、降格や減俸もあるので謝ろうという面もあります。

その為、THE LAST TVにおいては現職署長の真下という立場でしたが、定年というのもあり「いい天下り先を紹介する」という神田のワナで神田の仲間になっています。斉藤暁(さいとうさとる)さんは福島県郡山市出身の俳優です。

デビュー前は地元テレビ局勤務をしており、その後上京して劇団に入りテレビドラマに出ます。踊る大捜査線の秋山春海副署長役で一躍人気となり、北村総一朗さんや小野武彦さんとスリーアミーゴスとしてバラエティにも出演し、踊る大捜査線の看板役者になります。

小野武彦(袴田健吾役)

署長や本庁の捜査官の顔色に注意し、神田署長といつもいる存在です。領収書窃盗事件でも本来は神田に責任があるはずですが、神田のように言われる事もなく運がいい時もあります。なので、神田を盾にしている面もあったりします。神田の婦警との問題があった時は、次期湾岸警察署長を狙ってもいます。

小野武彦(おのたけひこ)さんは1942年8月1日生まれの俳優です。狛江市出身。脇役を主に担当し、すでにレジェンドクラスの俳優と言えます。若い俳優などとドラマの本読みをしたときなどは、その時の雰囲気でその役者は良くないと判断し、それはだいたい当たっているとテレビ番組で語っています。

ゲストキャスト近藤芳正(田中文夫役)

ゲストの田中文夫は近藤芳正さんが演じるゲストキャラクターです。保険会社「港南保険」の営業担当をしており、会社の備品を盗んでいます。たまたま挙動不審なのを見つかり、湾岸警察署に任意同行されます。殺人の経緯は、侵入したオフィスで柏木満男に見られたので殺害したというものでした。

ゲストキャスト伊藤俊人(山部良和役)

ゲストの山部良和を演じるのは伊藤俊人さんです。山部は物理学の研究者であり、警察官殺しの犯人です。老刑事の和久には取り調べ中に暴行されてしまい、山部はそれを憎んでいます。それにより、和久に爆弾付きのリクライニングチェアーを送りつけたのです。

伊藤 俊人(いとうとしひと)さんは1962年2月16日生まれの俳優です。新潟県新潟市出身であり、三谷幸喜さんらによる東京サンシャインボーイズメンバーとしても活躍されていました。

ゲストキャスト篠原涼子(佐々木典子役)

ゲストの佐々木典子を演じるのは篠原涼子さんです。佐々木はレストランで痴話ゲンカをして、振られた腹いせに元恋人の髪の毛を切った人物です。その被害者は告訴し、青島俊作が事情聴取をします。その後、被害者が告訴取り下げをしたので、警察は嫌いと言って帰ります。

篠原涼子(しのはらりょうこ)さんは1973年8月13日生まれの女優、歌手です。アイドルグループ・東京パフォーマンスドールメンバーとしてデビューしています。その後、小室哲哉プロデュースによる「恋しさと せつなさと 心強さと」でダブルミリオンを記録する大ヒットとなります。歴代キャストでもこの記録は一番です。現在は歌手ではなく女優として活躍しています。

ゲストキャスト石塚英彦(久保田稔役)

ゲストの久保田稔を演じるのは石塚英彦さんです。かなり大柄の体格で、一見怖くも見えますが気は弱いです。この人物はすみれが探してる窃盗犯でもあります。質問に答えずにいるので、青島俊作に胸倉をつかまれるシーンもあります。石塚英彦(いしづかひでひこ)さんは1962年2月6日生まれのお笑いタレントとグルメリポーターで、ホンジャマカのボケ担当でもあります。

元々お笑い担当からグルメ担当としての仕事が増えたのは、食事をしてる時が生き生きとしてると周囲がわかったからです。その後1年の約半分はグルメ番組のロケで日本全国を回っています。人気の理由として、ダジャレを使う事や、まいうーという言葉で美味しさを表現するのがウケています。一覧の中でも一番の食レポの達人です。

踊る大捜査線・THE MOVIEのキャスト・ゲスト一覧

小泉今日子(日向真奈美役)

ゲストとして小泉今日子さんが演じる日向真奈美は、踊る大捜査線THE MOVIEにてゲストキャラクターです。歯列矯正器具が印象的であり、インターネット上で「仮想殺人事件ファイル」と云うサイトを運営しております。THE MOVIE内での犯人達もこのサイトからの出身です。元看護婦の日向真奈美は犯罪に興味が強く、犯罪者でもない人間を犯罪者にするほどの魅力があります。

犯人としての手口は残忍であり、白熊のぬいぐるみを胃に埋め込むような事をしています。そして、警察署に死刑台があるとも思っています。キャストとしても日向真奈美は、踊る大捜査線の歴代トップクラスの凶悪犯になります。

小泉今日子(こいずみきょうこ)さんは1966年2月4日生まれの女優、歌手です。デビューしてから80年代を代表するアイドルとして活躍しています。愛称はキョンキョンと呼ばれています。現在は女優を中心に活躍されています。

大杉漣(横山邦一役)

ゲストとして大杉漣さん演じる横山邦一は警視庁警備局公安課長としてゲスト登場しています。横山邦一はこれまで極秘調査や諜報活動など裏の仕事を担当しているキャラクターです。300の顔を持つ男とも呼ばれる大杉漣(おおすぎれん)さんは1951年9月27日生まれの俳優であり、現在は故人になります。徳島県小松島市出身であり、長男は写真家の大杉隼平さんです。

筧利夫(新城賢太郎役)

新城賢太郎を演じるのは筧利夫さんです。歳末特別警戒スペシャルで初登場したキャラクターであり、映画版にも登場します。典型的なキャリアであり、常にエリートという態度で所轄を見下しています。行動力もあり、湾岸署立て篭もり事件は犯人に拳銃を向けているシーンもあります。室井慎次は好きでなく、田舎のサルとまで言います。その後、湾岸署の人間や室井慎次を理解し出し、変化して行きます。

筧利夫(かけいとしおさんは)静岡県浜松市中区出身の1962年8月10日生まれの俳優です。俳優としては学生劇団だった劇団新感線に参加し、鴻上尚史主宰の劇団第三舞台に若手番外公演になどでの下積みから看板まで成長します。その後、テレビ作品にも出演し出し踊る大捜査線のキャストとして一躍有名になります。

北山雅康(坂下始役)

ゲストの坂下始を演じているのは北山雅康さんです。踊るシリーズではTHE MOVIEで初登場になります。映画の事件である副総監誘拐事件実行犯のリーダーの少年です。日向真奈美の犯罪サイトメンバーで、吉田副総監を標的にした誘拐事件を実行に移します。北山雅康(きたやままさやす)さんは1967年4月15日生まれの京都府出身の俳優で、有限会社isに所属しています。

踊る大捜査線・THE MOVIE 2・レインボーブリッジを封鎖せよ!のキャスト・ゲスト一覧

小西真奈美(江戸りつ子役)

ゲストの江戸りつ子を演じるのは小西真奈美さんです。殺された会社役員の会社に勤めており、殺人を目撃しています。その後、青島達の警護の元、会社パーティに出席します。江戸りつ子は囮として犯人をおびき出す役目ですが失敗してしまいました。そして、青島俊作にお礼としてコートをプレゼントしています。

小西真奈美(こにしまなみ)さんは1978年10月27日生まれで女優です。女優として連続テレビ小説「ちゅらさん」の恋敵となる女医を演じてブレイクします。映画「阿弥陀堂だより」で、第48回キネマ旬報賞新人女優賞しています。

岡村隆史(増田喜一役)

ゲストの増田喜一を演じているのは岡村隆史さんです。踊るシリーズではTHE MOVIE2で初登場します。岡村さんは一覧の中でも驚かれた配役でした。吸血鬼のドラキュラのように女性に噛み付く事件の犯人なのです。献血に並ぶ少女に噛み付く際に魚住の腕に噛み付き、身柄を確保されています。キャストとしての役割は喋るなどはありません。

岡村隆史(おかむらたかし)さんは1970年7月3日生まれのお笑いタレントであり、お笑いコンビ・ナインティナインでは矢部浩之さんが相方です。高校で後輩の矢部さんと知り合い、現在までコンビとして活躍しています。元々サッカーをしており、昔のワールドカップで活躍したマラドーナにも憧れています。矢部さんが誘う形でお笑いの道へ進みました。

真矢みき(沖田仁美役)

ゲストとして沖田仁美を演じているのは真矢みきさんです。「THE MOVIE 2」で初登場となり、女性初の刑事部管理官になります。出世欲が強く、それをアピールする為に広報のカメラを引き連れている強欲な人物です。この映画では前作の青島俊作の名セリフを全否定する「事件は会議室で起きている」というセリフで踊るシリーズファンを驚かせます。

真矢ミキ(まやみき)さんは1964年1月31日生まれの女優であり、元宝塚歌劇団花組トップスターです。宝塚では新しい事に取り組んでおり、ヅカの革命児と言われます。退団後は芸能界へ進みますが、舞台をやらない事などで低迷して事務所をクビになります。そして踊るシリーズの映画オーディションをスーツを着て勝ち取り、芸能界に戻ります。この一覧において元宝塚歌劇団出身は真矢ミキさんだけです。

踊る大捜査線・THE MOVIE3・ヤツらを解放せよ!のキャスト一覧

小栗旬(鳥飼誠一役)

ゲストの鳥飼誠一を演じるのは小栗旬さんです。職務としては、現場と警察上層部とが上手くいくようにする為のサーバントリーダーになります。実際は本庁よりの人間でもあります。歴代キャリアによくある所轄を下と思う態度ではなく所轄と上手くやろうとしますが、それは表の顔であり組織にとって都合の良い事を優先し、残酷な判断すらします。

小栗旬(おぐりしゅん)さんは1982年12月26日生まれの俳優です。ブレイクのキッカケはドラマ花より男子の花沢類役でブレイクしています。その後、不良映画の「クローズZERO」もヒットし、映画ルパン三世の撮影ではアクションが多いので十か月もの長い間アクショントレーニングをし、体重も8キロの減量しています。現在もこの踊るシリーズの一覧の中でもトップクラスの人気の俳優になります。

俳優業の他、映画「シュアリー・サムデイ」で俳優として史上最年少となる映画監督もしています。近年では映画「銀魂」の坂田銀時役で出演し、2017年実写邦画興行収入1位を記録しています。2018年夏に銀魂2掟は破るためにこそあるが公開予定です。妻はドラマでも共演したモデル、女優の山田優さんと結婚しています。

時東ぁみ(瀬川クミ役)

時東ぁみさん演じる瀬川クミはTHE MOVIE3各事件の実行犯の一人です。ピンクのリュックを愛用し、自分の感情を抑えられない面があります。ゲストの瀬川クミを演じるのは時東ぁみさんです。誕生日は1987年9月25日で、タレント、歌手、元グラビアアイドルです。デビューのキッカケはミスマガジンつんく賞受賞でありますが、ハロプロではありません。レンズ無しのメガネをかけてブレイクしています。

岩井秀人(クラッカー役)

ゲストのクラッカーを演じるのは岩井秀人さんです。映画ではセキュリティが崩壊する湾岸署に対処する為のクラッカーです。セキュリティ解除に成功すれば一流企業への就職を約束され手伝っています。岩井秀人(いわいひでと)さんは1974年6月25日生まれの日本の劇作家、演出家、俳優です。引きこもり時期もありましたが、映画鑑賞してる時に俳優になると決めて桐朋学園大学演劇科を卒業しています。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望のキャスト一覧

香取慎吾(久瀬智則役)

ゲストの久瀬智則を演じるのは香取慎吾さんです。久瀬はセリフがとても少ないキャラクターになります。警視庁刑事部捜査第一課・警部であり、今回の事件で警察上層部の隠蔽体質を暴こうとしています。目的として、ある事件の被害者の家族である鳥飼と協力して連続殺人と真下の息子誘拐を実行しています。歴代犯人の最後の人物でもあります。

香取慎吾(かとりしんご)さんは1977年1月31日生まれの元男性アイドルグループSMAPのメンバーです。SMAPのメンバーでは最年少であり、SMAPとして大河ドラマにも出演しています。踊る大捜査線シリーズのファンでもあり、稲垣吾郎さんがすでに出演してるので自分は無いと思ってましたが、最後の映画にて出演が叶います。

「踊る大捜査線」シリーズはキャスト・ゲストがとても豪華だった!

「踊る大捜査線のキャスト一覧!歴代シリーズに出演した有名人や豪華すぎるゲストも」の紹介もここで終わります。踊る大捜査線90年代のフジテレビを代表する作品であり、歴代の映画や歴代スピンオフまでも人気シリーズになります。レギュラーキャストもゲストも大変豪華であり、現在でもフジテレビの顔と言える大ヒット作品です。

踊る大捜査線はリアルな警察組織を描いているのも人気です。青島俊作の着ている軍用コートも人気となるなど、ファッションにも注目が集まっています。コミカルな面やシリアスな面の対比が良く、深いストーリーも魅力があります。歴代シリーズもキャストの個性が豊かで、歴代キャストの素晴らしさがわかります。

踊る大捜査線は主題歌の「Love Somebody」も主演の織田裕二さんが歌い大ヒットし、歴代シリーズを彩る最高の楽曲です。元はコンピュータ会社ナンバーワン営業の青島俊作が、刑事ドラマへの憧れから一人前の刑事になり、警察上層部と戦うシーンに共感するファンが多数います。今回は「踊る大捜査線のキャスト一覧!歴代シリーズに出演した有名人や豪華すぎるゲストも紹介」でした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ