隣の家族は青く見えるの感想・評価まとめ!最終回のハッピーエンドに絶賛の声?

「隣の家族は青く見える」は2018年1月から3月まで放送された、フジテレビ系木曜劇場枠の深田恭子さん主演のテレビドラマです。「隣の家族は青く見える」はコーポラティブハウスに住む4組の家族が、それぞれが思い描く「家族」の形に向き合っていくドラマで、不妊治療や同性愛など難しいテーマを扱いながら登場人物が皆ハッピーエンドの結末を迎えた最終回が素晴らしいという感想が多く、絶賛する評価が挙がり話題になりました。今回は「隣の家族は青く見える」の感想や評価、絶賛された最終回の結末をご紹介していきます。

隣の家族は青く見えるの感想・評価まとめ!最終回のハッピーエンドに絶賛の声?のイメージ

目次

  1. 隣の家族は青く見えるの感想や評価が気になる!
  2. 隣の家族は青く見えるの最終回結末の感想や評価
  3. 隣の家族は青く見えるの話題が同性愛カップルに集まる?
  4. 隣の家族は青く見えるの真飛聖のインパクトも話題に!
  5. 隣の家族は青く見えるの感想や評価まとめ

隣の家族は青く見えるの感想や評価が気になる!

最終回の結末が絶賛された隣の家族は青く見えるとは?

「隣の家族は青く見える」は2018年1月から3月にかけてフジテレビ系木曜劇場の枠で放送されたテレビドラマです。「隣の家族は青く見える」は深田恭子さん主演で、原作はなく脚本は中谷まゆみさんのオリジナル作品です。「隣の家族は青く見える」の主題歌はMr.Childrenの「here comes my loves」で、第4話からは出演者による副音声企画が実施され、最終回では生副音声企画が実施されたことも話題になりました。

「隣の家族は青く見える」は不妊治療をする夫婦や男性同士のカップルなど、登場人物それぞれが悩みを抱えています。「隣の家族は青く見える」の登場人物が抱える現代的な悩みが特徴のストーリーから、ストレスとうまく付き合っていく「ポジティブ・シェアリング」や職場の中でのストレスケアを周りの人々でフォローしていく「こころの耳」を進める厚生労働省と「隣の家族は青く見える」のタイアップ企画も注目を集めました。

隣の家族は青く見えるのあらすじ

「隣の家族は青く見える」の最終回結末や評価をご紹介する前にあらすじをご紹介します。「隣の家族は青く見える」は、コーポラティブハウスという共同購入した建物の中でそれぞれに分かれた住居で暮らす4つの家族を中心とした物語です。妊活に励む五十嵐奈々・大器夫妻、子供を作らないと決めている杉崎ちひろとバツイチの川村亮司カップル、広瀬渉と青木朔の男性カップル、表面上の幸せを装う小宮山真一郎と深雪夫妻です。

「隣の家族は青く見える」の五十嵐奈々・大器夫妻は子供が欲しいと思いながらも子供を授かることができず、病院で不妊治療を勧められます。不妊治療を進めていく中でお互いの意識のずれから喧嘩をしながらも、その都度お互いに話し合いながら夫婦の絆を深めていました。ついに体外受精で妊娠をすることができますが、残念ながら初期流産してしまいます。大器を父親にしてあげたかった奈々は、大器に別れを告げ家を出てしまいます。

「隣の家族は青く見える」の杉崎ちひろ・川村亮司カップルは、子供を持たないと決めた上で結婚の話を進めていました。バツイチの亮司には前妻との息子・亮太がいましたが、前妻が交通事故で亡くなってしまいます。亮太は前妻の実家に預けられていましたが前妻の母(亮司の義母)の体調が良くないことを知った亮司は、ちひろとの家に亮太を連れてきます。ちひろは亮司との関係性が急に変わり、どうするべきか1人悩みます。

「隣の家族は青く見える」の広瀬渉・青木朔の男性同士のカップルは、自分がゲイであることを周囲に隠して生きる渉と、ゲイであることを隠していない朔の間で考え方のズレがありました。しかし周囲の人々に恋人同士であることが知られることとなり、渉はついに渉の母親にもカミングアウトをします。しかしそれがきっかけで渉と渉の母親の間には亀裂が生じてしまい、自分の責任だと感じた朔は渉と渉の母親の関係修復に奔走します。

「隣の家族は青く見える」の小宮山真一郎・深雪夫妻は、表面上は仲の良い家庭を装いながらも実は真一郎は失業中で、深雪は2人の娘たちの子育てだけが生きがいでした。プライドの高い深雪はSNSで充実した生活を送っているような投稿を繰り返していましたが、貯金が底を尽きようとしていました。お金を注ぎ込み塾に通わせていた娘が受験したくないと言い出し、さらには真一郎から離婚をしようと言われ深雪は途方に暮れます。

「隣の家族は青く見える」のあらすじをご紹介しました。「隣の家族は青く見える」はコーポラティブハウスというお互いの距離が近い住居の中で暮らす4つの家族の物語です。子供を持ちたい夫婦、子供を持ちたくないカップル、男性同士のカップル、仮面夫婦、それぞれ4つの家族の人間模様が描かれています。ここからは「隣の家族は青く見える」の最終回結末や評価をご紹介していきます。

Thumb隣の家族は青く見えるのあらすじネタバレ!1話から最終回の結末まで感想も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

隣の家族は青く見えるの最終回結末の感想や評価

最終回は冒頭から泣ける!

ここから「隣の家族は青く見える」の最終回結末や、結末に対する感想と評価をご紹介していきます。「隣の家族は青く見える」で辛い不妊治療を乗り越え子供を授かった奈々と大器でしたが、初期流産をしてしまいます。なんでもないように過ごしていた奈々でしたがやはりお腹の中に宿った子を失った悲しみは深く、また、奈々は自分が子供を欲するよりも子供が好きな大器を父親にさせてあげたかったのだと気づきます。

悲しみに暮れた奈々は置き手紙を残し行方不明になります。程なくして奈々が身を寄せていた奈々の地元に奈々を迎えに行った大器は、別れようと言う奈々を優しく諭します。子供がいない人生は耐えられるが奈々のいない人生は耐えられないと大器は奈々を説得します。「隣の家族は青く見える」の最終回を観た人には、何があっても一番に奈々を愛する大器の愛情深さが冒頭から泣けると話題になりました。

大器ママの名言に感動

「隣の家族は青く見える」で始めは夫婦の悩みも知らずに子作りを勧める大器の母でしたが、不妊治療を経て辛い道のりを歩んでいた奈々と大器を知り、母親としての愛情を最大限与えていきます。

最終回で大器の母親が奈々に告げた「楽しいことは誰とでも共有できるが辛いことは大事な人としか乗り越えられない。それができるのが夫婦ではないか」という名言が「隣の家族は青く見える」の中でも特に素晴らしいと話題になりました。

最終回で伝えたかったメッセージは「本末転倒」?

「隣の家族は青く見える」の最終回では、「本末転倒」というキーワードが何度も登場しました。「隣の家族は青く見える」の奈々・大器夫妻は子供が欲しいと思いながらも子作りとらわれ夫婦の関係が苦しくなってしまい、家族との時間を取りたいと思っていた小宮山真一郎は仕事を辞めたことによって家族との関係がギクシャクしてしまいます。亮司との時間を大事にしていたちひろは亮太とうまくいかず亮司との関係を見つめ直します。

幸せな家族を築きたいと考えていた朔は、自分の存在が愛する渉の家族を壊してしまいそうなことに気づきます。それぞれの家族が理想の家族を追い求めるあまり、パートナーとの幸せを見失っているのではないか、それは本末転倒なのではないか?というのが「隣の家族は青く見える」の伝えたかったメッセージなのではないかと言われています。

奈々と大器は妊活を断念するもハッピーエンドの結末

「隣の家族は青く見える」の主人公である奈々と大器は子供が欲しいという希望から辛い不妊治療を続けます。何度も喧嘩をした夫婦でしたが妊娠をするものの、流産をしてしまいます。悲しみに明け暮れる奈々に、大器は妊活を一度休まないかと提案します。「隣の家族は青く見える」に限らず、子供がいる幸せな家庭という理想を追い求めるあまりお互いに余裕がなくなりながらも不妊治療を続ける家庭は多くあると言われています。

その中で安易に子供を授かることをドラマの結末にせず、子供がいない人生という選択肢をラストで提示したのが「隣の家族は青く見える」が素晴らしいと評価されるひとつの理由なのではないかと言われています。「隣の家族は青く見える」の最後に不妊治療を断念した奈々と大器の顔は明るく、人生を楽しんで生きているようでした。実際に妊活をしている人からは「隣の家族は青く見える」に救いを感じたという意見も多かったようです。

小宮山夫妻に対しての最終回結末の感想や評価は?

「隣の家族は青く見える」の小宮山夫妻が迎えた最終回の結末と感想や評価をご紹介します。「隣の家族は青く見える」で一見、はたから見ると幸せそうな円満家庭に見えていた小宮山夫妻ですが、真一郎の退職を機に深雪との関係は悪化していました。深雪は子育てが唯一の生きがいでしたが、娘にも拒否をされ自分の居場所を見失ってしまいます。途方に暮れた深雪は、自分の振る舞いを考え直します。

一度は深雪に離婚を提示した真一郎でしたが、方法は間違っていたものの娘の子育てに正面から向き合い仕事に忙しい自分の分まで奔走していた深雪に気づいた真一郎は離婚の撤回を申し出ます。自分の振る舞いを考え直した深雪は真一郎の申し出を受け入れ、もう一度夫婦としてやり直していくことを決めます。「隣の家族は青く見える」の最終回を観た人からは、小宮山夫妻が元通りになってよかったという感想が多く挙がったようです。

ちひろと亮司に対しての最終回結末の感想や評価は?

「隣の家族は青く見える」のちひろと亮司が迎えた最終回結末と感想や評価をご紹介していきます。「隣の家族は青く見える」の中で子供をつくらないと決めていたちひろと亮司でしたが、亮司の前妻が亡くなったことから亮司の息子・亮太と同居することになります。自分との生活をあっさり捨て亮太にかかりっきりになる亮司に怒るちひろは、亮太との関係もうまく築けず毎日頭を悩ませます。

しかし大人びて見える亮太が母親を求めるひとりの人間なのだと知ったちひろは、亮太を子供扱いせず真摯に向き合います。ちひろの姿勢に亮太は徐々に心を開いていき亮司の籍に入ることを決めます。亮司はちひろとの事実婚の手続きと同時に、もしものときにちひろと亮太が離れることにならないよう遺言状を書きます。「隣の家族は青く見える」を観た人は、本当の家族のようになったちひろと亮司を祝福する声が多かったようです。

最終回結末を観てのドラマの感想と評価は?

「隣の家族は青く見える」では子供が欲しい夫婦や子供を持たないと決めたカップル、男性同士のカップルや仮面夫婦など様々な悩みを抱えた家族が登場します。最終回ではそれぞれの家庭が壁にぶつかりながらも自分たちの思い描く幸せの形や家族の関係と向き合っていく姿が描かれました。全ての家庭がそれぞれの幸せを見つけたハッピーエンドの結末に、絶賛の声が多く聞かれたことで話題になりました。

隣の家族は青く見えるの話題が同性愛カップルに集まる?

ドラマ開始前から同性愛カップルに注目が集まる

「隣の家族は青く見える」には4つの家族が登場しますが、中でも「隣の家族は青く見える」のドラマ開始前から話題になっていたのが男性同士の渉と朔のカップルです。

「隣の家族は青く見える」では様々な家族の形が描かれていますが、男女の恋人同士のように仲睦まじい様子の渉と朔のカップルは、ドラマ放映前も第1話放映後も注目の的となりました。

わたさくカップルとは?

「隣の家族は青く見える」の渉と朔の男性同士のカップルは、名前から取って「わたさく」カップルとSNSで呼ばれ話題になりました。一級建築士として働く渉とバーテンダーとして働く朔は男女のカップルとなんら変わりなく仲睦まじく毎日を過ごしています。

しかしゲイであることをカミングアウトせず隠しながら生きている渉と、ゲイであることを特に隠す必要はないと考えている朔は考え方の違いからすれ違いも起こしてしまいます。

わたさくカップルが迎えた最終回結末は?

「隣の家族は青く見える」で注目されたわたさくカップルは、最終回でパートナーシップ宣誓書を提出し公的な届け出をします。渉が母親にカミングアウトしたことで母子の間に溝ができてしまい、自分の責任で大事な人の家庭が壊れつつあると感じた朔は、繰り返し渉の母のもとを訪れ自分たちの関係を認めてもらうまでに至ります。

朔の努力で朔を2人目の息子だとまで思うようになった渉の母親は2人の大事な日に駆けつけてくれます。

わたさくカップルの最終回結末を観た人の感想と評価は?

「隣の家族は青く見える」で注目されていたわたさくカップルの結末を観た人の中には、ハッピーエンドを迎えたことを喜びながらも最終回を迎えたためもう2人の幸せな姿を見ることができないと「わたさくロス」に陥る人もいたようです。

また、「隣の家族は青く見える」の中で渉に支えてもらってばかりいた朔が渉との幸せのために奔走したり、自立しようとする姿が泣けたという感想も聞かれたようです。

隣の家族は青く見えるの真飛聖のインパクトも話題に!

真飛聖演じる小宮山深雪とは?

「隣の家族は青く見える」で真飛聖さんが演じた小宮山深雪という登場人物もインパクトがありすぎると話題になりました。「隣の家族は青く見える」の中で小宮山真一郎と仮面夫婦を装っていた深雪は、プライドが高くSNSで充実した生活やブランド品を投稿し偽りの幸せを作り上げていました。また子育てが生きがいの深雪は「隣の家族は青く見える」に登場する他の家族に、子供を生んでこそ人生だと自分の価値観を押し付けていきます。

「隣の家族は青く見える」では常に騒動の発端となる人物で、ゲイの渉にお見合いを勧めたり仕事に生きるちひろをなじったりします。「隣の家族は青く見える」の中で唯一相手のプライバシーを考えない登場人物ではありますが、反面、面倒見の良さも垣間見え後半は深雪の優しい面もでてくるようになります。「隣の家族は青く見える」の中でも特にキャラクターの濃い登場人物だと話題になりました。

真飛聖演じる小宮山深雪の演技が高評価?

「隣の家族は青く見える」の中で強烈な個性を放っていたと話題の小宮山深雪ですが、演じている真飛聖さんの演技が素晴らしいと注目されました。

「隣の家族は青く見える」の中では唯一、他の家庭に土足で踏み入っていくキャラクターでしたが、なかば狂気とも言える真飛聖さんの演技を評価する声が挙がっていたようです。

隣の家族は青く見えるの感想や評価まとめ

「隣の家族は青く見える」の最終回の結末や「隣の家族は青く見える」を観た人の感想と評価をご紹介しました。「隣の家族は青く見える」は様々な悩みを抱える家族のあり方を丁寧に描いたことが高評価な感想を呼んだようです。色々な角度から家族の幸せを描いた「隣の家族は青く見える」を一度ご覧になってはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ