青い鳥ドラマのあらすじをネタバレ紹介!キャストや最終回の結末も【夏川結衣】

1997年に公開されたテレビドラマ「青い鳥」。幸せとは何か、そして愛とは何かを描く青い鳥のドラマでは、再婚、不倫、自殺などに翻弄される男が主人公である。青い鳥のドラマではヒロインキャストとして、当時人気の高かった女優である夏川結衣が出演しており話題を呼んだ。そんな青い鳥のドラマをまだ見たことな人もわかるように、ネタバレ含むあらすじや、最終回の結末、そして出演しているキャスト陣も合わせて一挙紹介。

青い鳥ドラマのあらすじをネタバレ紹介!キャストや最終回の結末も【夏川結衣】のイメージ

目次

  1. 青い鳥ドラマのあらすじや最終回が気になる!
  2. 青い鳥ドラマキャストを紹介!夏川結衣も出演?
  3. 青い鳥ドラマのあらすじをネタバレ紹介!
  4. 青い鳥ドラマ最終回とは?結末をネタバレ紹介!
  5. 青いドラマ主題歌とは?
  6. 青い鳥ドラマの評価を紹介!
  7. 青い鳥ドラマのネタバレまとめ!

青い鳥ドラマのあらすじや最終回が気になる!

1997年に公開されたテレビドラマ「青い鳥」。幸せとは何か、そして愛とは何かを描く青い鳥のドラマでは、再婚、不倫、自殺などに翻弄される男が主人公だ。青い鳥のドラマではヒロインキャストとして、当時人気の高かった女優である夏川結衣が出演しており話題を呼んだ。そんな青い鳥のドラマをまだ見たことな人もわかるように、ネタバレ含むあらすじや、最終回の結末、そして出演しているキャスト陣も合わせて一挙紹介。

青い鳥ドラマキャストを紹介!夏川結衣も出演?

柴田理森(しばたよしもり):豊川悦司

青い鳥のドラマで、地元の駅員を勤めている柴田。彼は、小さい頃に兄を水難事故で亡くしており、また母にも捨てられて父と二人で暮らしていた。青い鳥ドラマの主人公である彼は、町村かほりと出会ったことで人生がどんどん狂っていってしまう。最終回の結末驚きの結果になる。そんな柴田理森のキャストに抜擢されたのは、1962年生まれの俳優である豊川悦司だ。彼はドラマ出演だけでなく脚本家や監督でも活躍している。

主なテレビドラマの出演作

  • NIGHT HEAD
  • 炎立つ
  • 愛していると言ってくれ
  • 危険な関係
  • 弁護士のくず
  • 江〜姫たちの戦国〜
  • 半分、青い。

主な映画の出演作

  • 八つ墓村
  • 日本沈没
  • 20世紀少年
  • 今度は愛妻家
  • 3月のライオン
  • ラプラスの魔女

町村かほり(まちむらかほり):夏川結衣

青い鳥のドラマで東京から綿貫と共に引っ越ししてきた。かほりには元旦那との間に一人の娘がいる。辛い過去を背負っていたが、綿貫に気に入られて助けられ清澄へやってきたのだ。彼女は柴田と出会い、本当の幸せや愛情を知っていく。そんな町村かほりのキャストに抜擢されたのは、1968年生まれの女優である夏川結衣だ。1992年「愛という名のもとに」でドラマに出演し、女優デビューを果たし多くのドラマに出演している。

主なテレビドラマの出演作

  • 結婚前夜
  • あなたの隣に誰かいる
  • 87%
  • 結婚できない男
  • トップセールス
  • 中学聖日記

主な映画の出演作

  • 死国
  • DISTANCE
  • 壬生義士伝
  • 歩いても 歩いても
  • 孤高のメス
  • 家族はつらいよ

町村誌織(まちむらしおり):鈴木杏

青い鳥のドラマで町村かほりの娘である誌織。彼女は、清澄に引越ししてきいてすぐに柴田に心を開き、恋をする。誌織は父の綿貫のことをよく思っておらず、家にいても肩身の狭い思いをしていたのだ。そんな町村誌織のキャストに抜擢されたのは、1987年生まれの女優である鈴木杏だ。彼女は、1996年に「金田一少年の事件簿」で女優デビューを果たしドラマに出演するようになった。また、翌年に青い鳥のドラマに出演した。

主なテレビドラマの出演作

  • 六番目の小夜子
  • 神様のいたずら
  • Stand Up!!
  • がんばっていきまっしょい
  • 遥かなる絆
  • 花燃ゆ

主な映画の出演作

  • リターナー
  • 花とアリス
  • 頭文字D THE MOVIE
  • 吉祥天女
  • 椿三十郎
  • 軽蔑

綿貫誌織(わたぬきしおり):山田麻衣子

青い鳥のドラマで、柴田が刑務所に入り、そして母が自殺してから綿貫の苗字になった誌織。彼女はすっかり大人になっていたのだが、最終回の結末では、切ない結果になる。しかし、本当の結末では幸せな未来が待っているのだった。そんな綿貫誌織のキャストに抜擢されたのは、1981年生まれの女優である山田麻衣子だ。彼女は1996年に「透明人間」のドラマに出演し、女優デビューを果たした。数多くのドラマに出演しいている。

主なテレビドラマの出演作

  • 透明人間
  • 向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜
  • 塀の中の懲りない女たち2
  • 連続ドラマ小説 木下部長とボク
  • 金曜プレステージ・赤い霊柩車
  • よろず占い処 陰陽屋へようこそ

主な映画の出演作

  • スカイハイ 劇場版
  • KARAOKE-人生紙一重-
  • 転がれ!たま子
  • 夕映え少女 『むすめごころ』
  • Present For You

秋本美紀子(あきもとみきこ):永作博美

青い鳥のドラマで柴田の幼馴染で、密かに恋心を寄せていた。彼女は常に柴田の味方であり、寄り添っていた。最終回の結末では、他の人と無事結ばれている。そんな秋本美紀子のキャストに抜擢されたのは、1970年生まれの永作博美だ。彼女は1994年に「陽のあたる場所」のドラマに出演し、女優デビューを果たし、数々の助演女優賞などの賞を獲得した。そこから数多くのドラマに出演しいている。

主なテレビドラマの出演作

  • 週末婚
  • Pure Soul〜君が僕を忘れても〜
  • 婚外恋愛
  • 功名が辻
  • 世にも奇妙な物語
  • さよなら私

主な映画の出演作

  • 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
  • 人のセックスを笑うな
  • その日のまえに
  • 八日目の蝉
  • 四十九日のレシピ
  • さいはてにて-やさしい香りと待ちながら- 

綿貫広務(わたぬきひろむ):佐野史郎

青い鳥のドラマで、柴田の兄の同級生であり、町村かほりの旦那。彼は政治家としてのプレッシャーなどからどんどんひねくれていってしまう。最終回の結末では、彼のせいで柴田が刑務所に入れられてしまうシーンもある。そんな綿貫広務のキャストに抜擢されたのは、1955年生まれの俳優である佐野史郎だ。彼は1986年に「夢みるように眠りたい」の映画で主演デビューを果たした。そこから数多くのドラマに出演しいている。

主なテレビドラマの出演作

  • ずっとあなたが好きだった
  • ダブル・キッチン
  • 誰にも言えない
  • 花の乱
  • 特命リサーチ200X
  • 沙粧妙子-最後の事件-
  • フードファイト

主な映画の出演作

  • 夢みるように眠りたい
  • 毎日が夏休み
  • カラオケ
  • ゴジラ2000 ミレニアム
  • RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
  • たたら侍

綿貫純一朗(わたぬきじゅんいちろう):仲谷昇

綿貫広務の父であり政治家。かほりのことを厄介な人物だと思っており、常に冷たく当たっている。誌織のことも綿貫にふさわしい女性となるように、厳しくしつけをしている。彼は最終回までに亡くなってしまうのだが、そんな綿貫純一朗のキャストに抜擢されたのは、1929年生まれの俳優である仲谷昇だ。彼は、1953年「にごりえ」で映画デビューを果たした。そこから数多くのドラマに出演しいている。

主なテレビドラマの出演作

  • 天下御免
  • 風と雲と虹と
  • 草燃える
  • スパイダーマン
  • 鬼平犯科帳

主な映画の出演作

  • Wの悲劇
  • カリブ・愛のシンフォニー
  • 傷だらけの勲章
  • 遠き落日
  • ひき逃げファミリー
  • 夜逃げ屋本舗
  • マルタイの女

青い鳥ドラマのあらすじをネタバレ紹介!

青い鳥ドラマ第1話「許されない愛」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第1話では、柴田とかほりたちが出会うシーンが描かれている。柴田は長野県の清澄で父と二人暮らしをしていた。彼は父と同じくJRの駅員をしている。柴田の幼なじみである秋本は、地元の食堂屋の娘なのだが、柴田に密かに恋心を寄せていた。彼女は毎日柴田のために食事を作り駅まで持って行っていた。そんな何気ない毎日だったが、ある日美しい女性とその娘が清澄の町にやってくる。

その美しい女性は、柴田の兄の同級生である綿貫の妻であるかほりと、かほりの連れ子である誌織だった。かほりは元旦那からひどい仕打ちをうけていたのだが、綿貫に見初められて、逃げるように清澄にやってきたのだ。しかし、政治家一家の綿貫家では息の詰まる生活をしており、また都会から田舎に引っ越してきたことで楽しみもなく、不満を抱えていた。誌織は通学の時に毎日柴田と顔を合わせ、仲良くなっていく。

青い鳥ドラマ第2話「秘密の絆」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第2話では、かほりと柴田が急接近する。柴田は、雨の日にずぶ濡れになるかほりを見て、その美しさに目を奪われてしまう。どこの誰なのかを気にしていたのだが、ある日綿貫家がビジネスで重役の人たちをお迎えしに駅まで来たことで、かほりが綿貫の妻であることを知る。人前では綿貫とかほりは非常に仲が良く、仲睦まじい様子に見えた。しかし、家に帰ると綿貫の父から厳しい言葉を浴びせられていた。

柴田が当直の日の晩に、べろべろに酔っ払ったかほりが駅にやってくる。そして千鳥足で線路へと近寄り、危うく線路に落ちそうになってしまう。その時電車が来て、柴田はとっさにかほりを抱き寄せて助けた。その後駅員室でかほりは柴田に自分の身の上話と、今の不満を話し始めた。その後、誌織と仲良くしてくれているお礼と、地域活性化のための根回しの為に、柴田と柴田の父は綿貫家での食事に招待されるのだった。

青い鳥ドラマ第3話「炎の夜」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第3話では、柴田はかほりの現状を知る。綿貫家の食事に誘われた柴田と柴田の父だが、そこで綿貫の父がかほりに対して冷たく当たる様子を目の当たりにする。また綿貫は、誌織が自分よりも柴田に懐いていることを知り、不満そうな表情を浮かべる。翌日、夏祭りの日に柴田は秋本と一緒に参加する。かほりと誌織も来ていたのだが、お祭りが最高潮に盛り上がった時にかほりは柴田の手を握った。

柴田の父は、柴田とかほりの様子がおかしいことに気付き、狭い町だから気をつけろと釘をさす。柴田が当直の晩に、かほりはまた駅員室にやってくる。今の生活が窮屈で仕方がないこと、鳥かごに飼われているような気分だと不満を話していた。そして星空の下で語り合っている時に、柴田はかほりのことが好きになったことを伝え、2人は熱いキスを交わす。しかし、その様子を秋本に見られてしまっていたのだ。

青い鳥ドラマ第4話「逃避行」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第4話では、かほりと柴田の恋が急展開を迎える。熱いキスを交わした柴田とかほりだが、その様子を見ていた秋本は、母と同じようなことをするのか、と柴田に伝える。柴田の母は、不倫の末、子供を置いて家を出て行ってしまったのだ。その言葉で柴田はかほりへの気持ちをなくそうと決め、誌織にも冷たくあしらうようになった。しかし、会いたい気持ちが抑えられず、2人は逢引しようと考える。

しかし、綿貫はかほりが浮気をしているのではないかと思い始め、相手の男性と会う為の別荘まで突き止める。焦るかほりだが、綿貫は相手が柴田だとはまだ気付いていない。綿貫は誌織に冷たく当たるようになり、誌織だけ東京の親戚の家に預けて教養を学ばせることをかほりに伝える。嫌がるかほりだが、意見は聞き入れてくれない。そのことを知った柴田は、かほりと誌織をつれて、一緒にこの町から逃げることにした。

青い鳥ドラマ第5話「幸せのある場所」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第5話では、柴田とかほりと誌織の3人の生活が始まる。逃げるように出て来た3人だが、まるで家族の新婚旅行のような様子で楽しく過ごしていた。柴田は、母が密かに自分のために貯めていてくれたお金と、母の居場所を父から教えられ、母に会いに行くことにした。母は、かほりと誌織にもよくしてくれて、ひとまず母の元で一緒に暮らすこととなる。

柴田の兄は、小さい頃に河川氾濫で溺れそうになった柴田を助けたことで亡くなってしまっていた。柴田は、兄ではなく自分が生き残ったことに後ろめたさを感じており、自分のせいで母がいなくなってしまったと思っていた。しかし、母と会い、打ち解けることでわだかまりもなくなっていった。

青い鳥ドラマ第6話「黒い影」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第6話では、3人がまた別の場所に移動することになる。母の元で楽しく暮らしていた3人だが、綿貫に居場所を突き止められてしまう。そのことを知り、また別の場所へ移動することになってしまった。間一髪で危機を逃れ、3人は新しい地域でアパートを借りて生活を始めた。しかし、問題は誌織の学校だ。学校に通わせることもできず、2人は口論になってしまうこともあった。

そんな2人を見て、責任を感じてしまった誌織は、綿貫に電話をして、2人を許してほしいと伝える。そして居場所を教えてしまうのだった。そのことを知った柴田とかほりは、誌織が責任を感じることはないと言い、また別の居場所を求めて移動するのだ。

青い鳥ドラマ第7話「終着駅」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第7話では、ついに綿貫に見つかってしまう。3人は山奥の小屋を見つける。そこの店主になんとかここで生活させてほしいと言う。そこには学校もあり、無事入学もできたのだが、綿貫はその場所さえも見つけてしまう。綿貫はかほりの元へ行き帰ろうと言うのだが、拒否されたことで暴力をふるい始める。かほりと柴田は必死に逃げて崖まで来たが、綿貫の怒りは収まっていない。

その時、かほりはもう終わらせようと思い、崖から飛び降りで自殺した。綿貫は警察に柴田が妻を殺したと言い、そして遺骨は絶対に柴田に渡すまいとして綿貫の墓に入れることにする。

青い鳥ドラマ第8話「再開」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第8話では、大人になった誌織と柴田が再開する。柴田はかほりの死が自殺であることは一言も言わず、自分がやったと嘘の自白をして刑務所に入ることになった。そこから6年たち、仮出所となった柴田は、再び清澄の町へ戻ってくる。そこで大人になった誌織が柴田の前に現れた。

誌織はなぜ母を殺したのかと柴田に問うが、柴田は答えなかった。綿貫は柴田が刑務所から出て来たことを知り、また誌織とあったことに対して嫌悪感を示す。また、綿貫は柴田に対してまだ劣等感を感じており、誌織が再び柴田と共にどこかへ行ってしまうのではないかと心配している。しかし、誌織への愛情ではなく、選挙前にやっかいごとを引き起こしたくないという思いだった。

青い鳥ドラマ第9話「新たなる旅」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第9話では、再び誌織との関係が近くなる。綿貫は選挙で忙しくしており、また再婚のお見合い話しがやってきた。その時、誌織をアメリカに留学させることを決める。

柴田は、新しい土地へと向かうことになるのだが、誌織が柴田に会いにくる。そして母が実は綿貫の墓に入っていなくて、小さなお墓に1人でいること、そして一緒に下関に行きたいと言う。そうして一緒に電車に乗り込むのだ。

青い鳥ドラマ第10話「運命の愛」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの第10話では、誌織と柴田の逃避行が始まる。しかし今回の柴田は、きちんと綿貫に電話をして下関に行くことを伝え、下関まで誌織を迎えにきてあげてほしいと言う。それを聞いた綿貫は選挙で忙しいからと断り、さらに娘が誘拐されたと警察に通報し、仮釈放中の柴田は再び指名手配されてしまう。

誌織は、柴田が指名手配されていることを綿貫からの電話で知る。誌織は柴田に自分が恋心を抱いていること、そして女として見てほしいと伝える。しかし柴田は断ってしまう。誌織は2人で一緒にいたいと言うのだが、柴田は清澄に戻り、そして再び刑務所に入る決意をするのだ。

青い鳥ドラマ最終回とは?結末をネタバレ紹介!

青い鳥ドラマ第11話(最終話)「永遠の愛」のネタバレあらすじ

青い鳥ドラマの最終話では、感動の結末が待っていた。柴田は4年の刑期を終えて刑務所から出て来た。柴田は最初に秋本の元に行くのだが、目にしたのは、お腹が大きくなった妊娠中の秋本だった。そして、秋本の元へ駆け寄る男性の姿。秋本は柴田への思いをすっぱり諦めて、別の男性と幸せに暮らしていたのだ。その様子を見て、柴田は嬉しそうな表情を浮かべて、また歩きだす。

前回の選挙で落選していた綿貫だが、今で再度選挙に当選していた。そして柴田は、19歳になった誌織と、初めて出会ったホームで再開する。誌織は会いたかったことを伝えて駆け寄る。そして柴田もようやく自分の思いに素直になり、誌織を強く抱きしめた。2人はようやく安心できる場所と愛情を見つけ、そして幸せに暮らしていけることになったのだ。最終回の結末で、柴田と誌織は結ばれることとなった。

青いドラマ主題歌とは?

青い鳥のドラマで主題歌に選ばれたのは、globeの「Wanderin' Destiny」だ。青い鳥ドラマで主題歌に選ばれたglobeは1995年にメジャーデビューを果たしたアーティストグループで、小室、マークパンサー、KEIKOの3人組で結成されている。その中でも小室の手がける楽曲はミリオンセラーを達成させ、のちに「安室奈美恵」「華原朋美」などのプロデュースも行い、小室ファミリーと呼ばれるようになっていった。

青い鳥ドラマの評価を紹介!

青い鳥のドラマを見た人は、今でも内容がショッキングで覚えているという人も多い。青い鳥ドラマのキャストの演技力の高さや、最終回の結末に驚いたという人も多い。ドラマの中で夏川結衣が自殺した時に衝撃を受けた、そして夏川結衣が自殺ではなく柴田が突き落としたということになってしまい服役するシーンに驚いたという意見も多かった。

青い鳥のドラマでは、禁断の恋に落ちてしまう夏川結衣が自殺してしまうという結末に衝撃を受けたという意見も多かった。青い鳥のドラマでは、音楽にも注目が集まっている。また、青い鳥ドラマでは夏川結衣意外のキャスト陣の演技力の高さも高評価を得ている。青い鳥ドラマの最終回の結末も切なかったけど安心したという声も多く上がっていた。

青い鳥のドラマでは、ヒロインのキャストに選ばれた夏川結衣が自殺をするシーンがある。青い鳥ドラマではこのシーンが印象に残っており今でも覚えている人も多い。青い鳥ドラマ最終回の結末を知っていても、もう一度見たという人もいるドラマだ。

キャストの夏川結衣が美しいと評判になった青い鳥のドラマ。夏川結衣を思い出すと、青い鳥のドラマを思い出すという人もいる。青い鳥ドラマの最終回の結末を知っていても、キャストの夏川結衣をもう一度見たいと思い、ドラマを1から見たという人もいる。今までみたドラマの中でも記憶に残るドラマだったという声もあった。

青い鳥のドラマで、夏川結衣が電車に乗り込んだ時に追いかけた柴田のシーンを見たことがある人は、「中学聖日記」を見て思い出したという人もいた。青い鳥のドラマの最終回では、切ないけれども安心する結末ということもあり、印象に残っている人が多い。

青い鳥ドラマのネタバレまとめ!

青い鳥のドラマの、最終回の結末までネタバレありで紹介したのだが、視聴者の感想の中でも最終回の結末が切なくて印象に残っているという感想も多かった。また、青い鳥ドラマのヒロインに抜擢された夏川結衣が美しすぎるという声も多く上がっており、昔のドラマではあるが、もう一度見たいという人もいる。また、青い鳥ドラマ完結編も出ている。青い鳥のドラマをまだ見たことがない人も、興味があればぜひ一度ご覧あれ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ