初めて恋をした日に読む話(はじこい)の最終回・全話ネタバレ!ドラマと漫画の違いは?

2019年1月〜3月に放送された人気ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の最終回まで全話あらすじをネタバレで紹介していきます。また、最終回を迎えたドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」と連載中の原作漫画との違いをネタバレで紹介し、ドラマキャストと原作漫画キャラの画像の比較、相関図もみていきます。そして、ドラマキャストのプロフィールや全話視聴率についても紹介していきます。

初めて恋をした日に読む話(はじこい)の最終回・全話ネタバレ!ドラマと漫画の違いは?のイメージ

目次

  1. 初めて恋をした日に読む話(はじこい)とは?
  2. 初めて恋をした日に読む話(はじこい)の全話ネタバレ
  3. 初めて恋をした日に読む話(はじこい)の最終回ネタバレ
  4. 初めて恋をした日に読む話(はじこい)のドラマと漫画の違い
  5. 初めて恋をした日に読む話(はじこい)のキャストを漫画キャラと比較
  6. 初めて恋をした日に読む話(はじこい)のドラマ視聴率
  7. 初めて恋をした日に読む話(はじこい)に関する感想や評価
  8. 初めて恋をした日に読む話(はじこい)のネタバレまとめ

初めて恋をした日に読む話(はじこい)とは?

初めて恋をした日に読む話(はじこい)の作品情報

ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」は2019年1月15日〜3月19日までTBS系列で放送されていました。原作は集英社の「Cookie」という少女漫画雑誌で連載されている漫画で、原作者は漫画家の持田あき先生です。キャストは主演の深田恭子さんを始め、永山絢斗さん、横浜流星さん、中村流星さんなど今をときめく俳優陣が並び、放送話ごとに反響のあった人気ドラマです。

初めて恋をした日に読む話(はじこい)の予告編動画

こちらはドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の予告動画です。今回は、ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の最終回までの全話あらすじとキャストをみていきます。また、原作漫画との違いやドラマの全話視聴率についても紹介していきます。

火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』|TBSテレビ

初めて恋をした日に読む話(はじこい)の全話ネタバレ

「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の最終回直前、1話〜9話までの全話あらすじをネタバレで紹介していきます。

1話あらすじネタバレ

全話ネタバレ1話目、主人公の春見順子(深田恭子)は塾で契約社員の講師として働くアラサー独身女性です。順子は婚活でゲットした彼氏に振られ、30歳を超えて未だに初恋もまだだったことに気づきます。そして、職場でも生徒から先生の変更を求められてしまいます。そんな頃、順子は街中で偶然、ピンク頭の由利匡平(横浜流星)ら不良グループと出会います。

キラキラした青春を送る彼らを見て、順子は東大受験を目指して必死に勉強し、青春時代を謳歌しなかったこと後悔します。そして、東大受験に失敗してから就活も婚活もうまくいかず、仕事もクビの危機にある現状を嘆くのでした。後日、順子が出勤すると父親に連れられて匡平が入塾の相談に来ていました。匡平の父親は息子を「社会のゴミ」と呼び、それを聞いた順子は母親と自分の姿を重ね合わせます。

順子は匡平の父親に物申し、匡平をけしかけます。順子の言葉が胸に響いた匡平は翌日、自ら塾にやって来て順子に父親を見返すために自分を東大に入れて欲しいと言うのでした。しかし、匡平は現在偏差値の非常に低い高校に通っており、それを知った順子は断ります。そんな頃、順子の前に従兄弟の八雲雅志が現れます。雅志は順子と高校まで一緒だった幼馴染で、東大卒のイケメンエリート商社マンです。

彼は長らく順子に片思いしており、海外赴任から日本に帰ってきて早速、順子にアプローチします。しかし、鈍感な順子は雅志の想いにまったく気づいていないのでした。後日、匡平が再び順子のもとを尋ね、入塾テストを解いたから順子に採点して欲しいと頼みます。匡平の真剣な表情を見た順子は雅志との食事の約束を断り、匡平に勉強を教えることにしました。こうして、順子と匡平の東大合格への奮闘が始まるのでした。

2話あらすじネタバレ

全話ネタバレ2話目で、順子は勤務先の塾の方針で匡平の通う南高校に赴き、出張講師をすることになりました。そこで、順子は匡平のクラスの担任の先生をしている、高校時代の同級生・山下一真(中村倫也)と再会します。高校時代の山下は問題児扱いされており、成績が悪かったため順子が勉強を教えたことがあります。再会した山下は順子のような先生になりたいと思い、高校教師になったのだと話すのでした。

順子は山下と再会し、少しドキドキします。実は、山下は順子の人生の中でただ一人、順子に告白した男性なのでした。そんな中、順子と雅志は高校時代の自分から手紙を受け取り、高校時代になりたかった自分になれているのかを省みるのでした。一方、匡平の父親が塾を移らせたいと要望してきます。しかし、匡平は順子でなければ東大受験はしないと反発し、順子と共に東大の受験勉強することを選ぶのでした。

後日、順子は匡平や自分の親友らとともに食事に行きます。そこで、かなり酔っ払った順子は匡平に抱きついて、婚活する余裕もないくらい匡平の東大受験に夢中だと宣言します。匡平は「酔ってないときに言ってもらえますか?」と嬉しそうに優しく微笑み、順子への恋心を自覚するのでした。

3話あらすじネタバレ

全話ネタバレ3話目、順子は通常のペースでは匡平を東大に入れることはできないと指摘されます。そこで、綺麗な日本語を使って匡平の授業を行おうとしますが、うまく行かず頭を抱えます。一方、恋愛も頑張ってみようと考えた順子は山下と2人で飲みに行きます。しかし、その席で山下が既婚者であることを知り、順子はそそくさとその場を後にします。そんな頃、雅志が仕事中に過労で倒れ、通りがかった匡平が順子に連絡します。

雅志のやりかけの仕事を倒れた雅志の代わりに手伝うことにした順子は、雅志と匡平を乗せて車で横浜〜伊勢志摩まで向かいます。無事全てが終わった後、匡平が朝食を買いに行っている間、雅志は順子を背後から抱きしめて「好きだ」と告白します。そこへちょうど匡平が戻ってきて、2人のただならぬ雰囲気にショックを受けてしまうのでした。

4話あらすじネタバレ

全話ネタバレ4話目、前回の終盤で雅志に告白されるも、極めて鈍感な順子は告白されたとは思わず、雅志が弱気になっているのだと勘違いするのでした。雅志は落ち込み、それを目撃した匡平は勉強が手につかなくなるほど動揺してしまいます。そんな中、順子が匡平を子ども扱いし始めます。呆れる匡平でしたが、塾の合宿先で雅志と会った匡平は、雅志に恋敵として宣戦布告するのでした。

そして、合宿中に順子と二人きりになる機会があり、匡平は順子に男として積極的にアピールします。そして、順子に真剣な眼差しで、来年の自分の誕生日を覚えておいてほしい、18歳になるからと伝えるのでした。翌日、順子は匡平とばったり会い、前日の匡平を思い出して激しく動揺してしまいます。

匡平に彼女のように大事に扱われていることに気づいた順子でしたが、匡平と順子の親友との電話を聞き、匡平のおかしな態度が親友のけしかけたバツゲームだったのだと勘違いします。匡平は順子に「冗談で良かった」と言われ、切ない表情になります。匡平は順子に冗談じゃないと伝えに行き、順子から「由利くんが合格するとき、絶対に隣にいたい」と言ってもらうのでした。

5話あらすじネタバレ

全話ネタバレ5話目、匡平は初の模試受験に挑むこととなり、数学が苦手な文系の順子は、理系の雅志を頼ります。お互い気まずい空気の雅志と匡平でしたが、雅志は数学の勉強法を匡平に伝授するのでした。そして、担任の山下や塾の他の講師の手を借りて、皆で匡平の東大受験をサポートする体制が整い始めます。軌道に乗り始めた匡平は学校に早く行って勉強するようになり、その途中で順子の家の前を通ることが習慣となります。

ある朝、山下は順子の部屋のベッドで目覚めます。前の晩、順子は離婚した山下を励ますために2人で飲みに行き、酔っ払った順子を家まで送り届けた山下はそのまま順子の部屋で寝てしまったのでした。山下は順子の家の前で順子を愛しげに見つめ、自分の想いを伝えます。しかし、そこへ匡平が通りかかり、昨日と同じ服装の順子と山下の親密な様子を目撃してしまいます。

悔しそうにその場を後にする匡平。誤解を解こうとする順子を山下は引き止め、匡平が順子のことを想っていることを教えます。そして、山下はもう一度ストレートに「好きだ」と順子に告白しますが、順子は匡平に見られて動揺し、山下の告白など上の空なのでした。

6話あらすじネタバレ

全話ネタバレ6話目、匡平が順子のことを好きなのだと山下に指摘された順子は動揺し、匡平が勉強のしすぎでおかしくなったと思い込みます。そして、匡平の受験を邪魔しないように執拗なまでのおばさんアピールをするのでした。一方の匡平は、東大に受かれば自分の想いを伝えられるとして、勉強により一層力を入れて取り組むようになります。

そんな頃、雅志は順子の気を引くため、高校の同窓会を開くことに決めます。結局、順子は匡平に引き止められて不参加。残念がる雅志でしたが、そこへ山下が現れます。雅志と山下は成り行き上、2人で飲むことになります。その席で山下が雅志に順子と朝まで過ごしたことを告げて挑発。激昂した雅志は山下を殴りつけルノでした。そんな雅志に対し、山下は宣戦布告します。

落ち込んだ雅志は翌日、山下と寝たのか?と順子を問い詰めます。順子は山下とはただの友達で一線は超えていないと伝えた上で「雅志には知られたくなかった」と発言します。

その発言から雅志は順子と両思いであると幸せな勘違いをしますが、順子の方では恥ずかしいから身内に知られたくなかっただけなのでした。一方、山下も順子のもとを訪ねてきて、昔好きだっただけでなく今の順子が好きだとストレートに告白します。そして、順子の嫌がることは絶対にしないからチャンスがほしいと言うのでした。

そんな頃、順子は匡平を東大に合格させるためには、自分の力だけでは難しいと感じ始め、匡平の東大受験への覚悟を確かめます。匡平は絶対に東大に合格して順子に伝えたいことがあると話し、匡平の覚悟を聞いた順子は匡平の父の許可を得て最大手の塾「花恵会」を訪ね、匡平入塾を頼むのでした。

7話あらすじネタバレ

全話ネタバレ7話目、順子は匡平の苦手な理系科目を強化するために理系科目は花恵会に通わせ、文系科目はそのまま順子が教えるようになります。花恵会での匡平の担当講師は実績・人気ともにNo.1の百田朋奈先生でした。当初は妙にベタベタとくっついてくる百田に難色を示していた匡平でしたが、次第に百田の実力で理系科目を成長させていきます。一方の順子は女としても講師としても優秀な百田に負けていると感じ、落ち込みます。

その頃、雅志は前回の件で順子と両思いであると思い込み、プロポーズの計画を立てて完全に舞い上がっていました。また、山下は元妻と再会して復縁を望まれるも順子への想いから断ります。その後、百田は匡平に順子のいる塾を辞めて、花恵会に正式に入らないかと提案します。しかし、匡平は「アイツ抜きの受験は考えられない」と断り、順子を選びます。

その後、百田が順子や雅志の高校のときの同級生で、高校時代に雅志に告白し振られたことで雅志と仲の良い順子に嫌がらせをしていた女性であることが発覚。百田は年齢や学歴などをごまかして花恵会で働いていたことがバレて、花恵会をクビになってしまいます。この一件を通して、順子は自分が百田に嫉妬し、匡平を誰にも渡したくないと思っていたことに気づくのでした。

8話あらすじネタバレ

全話ネタバレ8話目、順子と山下、両思いが勘違いだったと分かった雅志と百田がそれぞれデートすることになりました。順子は山下とのデートを楽しみましたが、そのデートを匡平に目撃されたことで、匡平と言い争いになってしまいます。その後、官僚の匡平の父親が不正の嫌疑をかけられ、マスコミのターゲットとされます。匡平は学校と塾を休み、心配した順子と山下が家に駆けつけます。

しかし、追い詰められた匡平は東大受験をやめる、もう来ないで欲しいと拒絶されます。順子はショックを受け、山下はそれを切なそうに見つめます。しかし、雅志は匡平がカフェで勉強を続けている姿を見つけ、受験の先輩として最良の助言を授けるのでした。実は匡平は他人(父親への反発)ではなく、自分のために勉強したいと思うようになっていたのでした。

一方、山下の元妻の父親は、匡平の父親の不正疑惑に深い関わりのある大臣でした。山下は大臣に真実を公表するようにお願いします。山下はその条件として大臣から元妻と復縁し、教師を辞めて政治家に転身することを求められ、山下は匡平を救うために大臣の要求を飲無事に決めたのでした。

山下は順子が匡平に惹かれていること、自分には見込みがないことに気づいていました。そして、山下は最後に順子と会って「初めて好きになった人だから幸せになってほしい」と告げました。そして「匡平には東大に合格して順子のことを笑顔にするように」と、自分の思いを託すのでした。

9話あらすじネタバレ

全話ネタバレ9話目、匡平は遅れを取り戻すため、猛勉強を再会します。一方、ロシアへの転勤が決まった雅志は、順子に男として意識してもらうためキスします。順子は何かの間違いだと考えますが、雅志に抱きしめられて動揺します。後日、気まずい空気の2人は親戚の結婚式で2人きりになり、雅志は順子に「好きだ」と告白し、プロポーズします。

すぐに断ろうとする順子に雅志は「少しは俺で悩め」と言って、順子に考える時間を与えるのでした。一方、匡平はずっと気になっていた、例の朝帰りの件で順子と山下の間に何もなかったことを聞いて安心したのも束の間、順子が雅志と結婚するという噂を聞いて大きなショックを受けます。焦燥感に駆られた匡平は真冬の雨の中、順子を待ち続けて風邪を引いてしまいます。

そして、最悪の体調でセンター試験を迎えた匡平でしたが、東大のボーダーラインのスレスレの点数を取ります。2月3日、由利匡平は晴れて18歳の誕生日を迎えます。誕生日パーディーで匡平はようやく18歳になれたことで、順子に何度も「好きです」と告げ、抱きしめます。順子も自然と匡平の背中に手を回して、彼の気持ちに応えたいと心の底から思うのでした。それは雅志や山下の告白を受けても、感じたことのない想いでした。

そして迎えた東大の二次試験の日、応援に来るはずの順子が姿を現しませんでした。順子を待ち続ける匡平でしたが、順子がバイクにはねられ病院に搬送されたことを知ります。同じ頃、雅志も大事な仕事を控え、順子の事故の話を聞きます。雅志は仕事よりも順子を選び、順子の病院に駆けつけましたが、果たして匡平は二次試験と順子のどちらを選ぶのでしょうか?次に最終回をネタバレでみていきます。

初めて恋をした日に読む話(はじこい)の最終回ネタバレ

ここまで、ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の最終回直前までの全話あらすじをネタバレで紹介してきました。いよいよ、ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の最終回あらすじをネタバレでみていきます。

最終回ネタバレ①意識を取り戻した順子

匡平は必死に自分を支え続けてくれた順子の意志を優先して、二次試験を選びました。匡平は自分の選択に後悔はないと言いながらも、自分は順子のことを見捨てたのだと自分を攻め続けていました。そして、順子への後ろめたさから、順子が意識を取り戻してもお見舞いに行けずにいるのでした。

一方、意識を取り戻した順子は真っ先に匡平の受験の心配をしていました。そして、死を覚悟したときに真っ先に思い浮かべたのが匡平であることに気づきました。

最終回ネタバレ②雅志の決断

一方の雅志は大事な仕事より順子を優先したことでロシア行きがなくなり、左遷されることになりました。しかし、雅志は自分の決断に後悔はないと言うのでした。そんな一途な雅志を不憫に思った、雅志の会社の後輩がプロポーズの答えを先延ばしにされている雅志のために、直接順子に会いに行きます。そして、雅志が大事な仕事を放り出して順子の病院に駆けつけたことで左遷されたことを告げるのでした。

そのことを順子に伝えるつもりのなかった雅志は、謝る順子に「いいんだよ」と微笑みます。その晩、順子は雅志の優しさを思い出し、雅志のプロポーズのことを真剣に考えてみます。

後日、順子は雅志にプロポーズの答えを告げに行きます。順子はこれまで受験や就活、婚活の失敗や母との確執の中でもやってくれたのは雅志のおかげだと感謝を述べます。そして、ずっと変わらずにそばに居てくれた雅志の存在の大きさを実感し、雅志のことは大好きだけどそれは恋ではないと告げます。そんな順子に雅志は順子を想ってこれた年月は本当に幸せだったと言って、優しく微笑むのでした。

最終回ネタバレ③合格発表当日

仕事に復帰した順子は合格発表の当日、匡平からの連絡を待ちます。続々と他の受験生の合格報告を受ける中、匡平からの連絡がきません。夕方になっても連絡が来ないので、順子は匡平との思い出の場所でぼんやりしていました。すると、そこへ匡平がやって来て東大に合格したことを報告するのでした。実は、匡平は順子が退院したことを知らず、順子が入院していた病院に真っ先に向い、連絡が遅れたのでした。

匡平は順子に「結婚しないでくれ」と必死にすがります。しかし、順子の頭には、生徒だった子と恋人になるのは大人のすることじゃないという周囲の意見がよぎります。順子は匡平に惹かれながらも匡平に雅志との結婚が決まったと嘘をつきます。

そして、ショックを受ける順子は匡平に対して、二次試験を選んだ匡平のことを「誇りに思う」と告げ、その場を後にするのでした。一方、匡平の方も大人の雅志のようには順子を幸せにすることはできないという現実と直面し、これ以上順子を引き止める言葉が出てこないのでした。

最終回ネタバレ④変な大人

4月、匡平はつまらなそうな顔で東大生になります。そして、ばったりカフェで雅志と出会い、雅志に順子との結婚のお祝いを述べます。その話に驚きながらも雅志は順子の嘘に話を合わせ、その場をやり過ごします。しかし、直後に順子に電話をかけて、順子の嘘に関して「俺にも由利くんにも順子にも失礼」だと一喝するのでした。雅志に叱られ、順子は嘘をつくことでしか匡平との別れを受け入れられなかった自分を顧みます。

そんな中、順子と山下は互いの現状報告を行います。その夜、山下は匡平に電話して順子が雅志のプロポーズを断ったことを教えます。匡平は塾に直行し、順子に自分のことが好きか嫌いかハッキリ答えるように迫ります。順子は好きだと答えますが、自分の年齢を考えると付き合うことはできないと告げます。今度は順子が匡平にどんな大人になりたいのか尋ねます。

匡平は以前順子に話したことがあったので「覚えてないの?」と悲しげな表情をします。そして、順子は自分の年齢で匡平に振られたら立ち直れないと告げます。順子は「人生で一番好きな人に出会い、ずっと一緒にいたいのにダメなんだね」と言って、最後に順子を抱きしめて、順子に別れを告げるのでした。

その後、順子は思いつめた表情をするようになり、落ち込みます。心配した周囲は、まっとうな普通の大人なんて順子らしくないと説得し、匡平が順子のような「変な大人になりたい」と言っていたことを思い出します。順子は匡平の髪色と同じピンクのコートで身を固め、東大に乗り込みます。順子は授業終わりの講義室で匡平に自分の弱さや匡平への想いを伝えます。匡平は順子じゃないとダメだと言って、2人はキスをするのでした。

初めて恋をした日に読む話(はじこい)のドラマと漫画の違い

ここまで、ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の全話あらすじをネタバレでみてきました。次に「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」のドラマと原作漫画との違いを簡単に紹介していきます。

初めて恋をした日に読む話(はじこい)の原作漫画

2019年1月〜3月に放送されていたドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の原作漫画は2012年から集英社の「Cookie」で連載されており、ドラマが最終回を迎えても原作漫画の方は続いています。原作漫画は2019年6月現在、既に8巻まで発売されており、9巻が7月末に発売予定となっています。

ドラマと漫画の違いはある?

ドラマでは最終的に由利匡平が順子に選ばれました。しかし、完結していない原作漫画では、まだ誰が順子に選ばれるのか決まっておらず、ドラマ8話の山下が身を引くエピソードもないので山下も順子のことをまだ諦めていません。

また、匡平が寝ている順子にキスするシーンや、順子が匡平への想いを自覚しながらも断ち切らなければと思い、年齢の釣り合う雅志や山下と真剣に向き合おうとするシーンなど、ドラマでは描かれなかったエピソードが原作漫画では数多く描かれています。完結していない原作漫画を読み、もう一度「はじこい」のドキドキを味わうのも良いかもしれません。

初めて恋をした日に読む話(はじこい)のキャストを漫画キャラと比較

次に、ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の相関図や、ドラマキャストと原作漫画のキャラクターの画像を比較していきます。

初めて恋をした日に読む話の相関図

上の画像が初めて恋をした日に読む話(はじこい)の相関図です。主人公は深田恭子さん演じる春見順子はモテない独身アラサー女性でしたが、実は永山絢斗さん演じるハイスペック従兄弟・八雲雅志、横浜流星さん演じる教え子の高校生・由利匡平、中村倫也さん演じる元ヤン高校教師・山下一真の3人から想いを寄せられています。

春見順子役/深田恭子

上の画像が原作漫画「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の登場人物・春見順子です。主人公の春見順子は幼少期からずっとガリ勉の優等生として勉強に全てを捧げてきました。しかし、東大受験に失敗を引きずりその後の就活・婚活にも失敗し、仕事も三流塾の契約社員でクビ寸前という崖っぷちの人生を送っていました。

そんな自他ともに認める「しょぼくれた人生」を送るアラサー独身の順子でしたが、由利匡平との出会いで人生が変わっていきます。そんな春見順子をドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」で演じたのは、数々のドラマ・映画などで主役・ヒロインを演じてきた女優の深田恭子さんです。深田恭子さんのプロフィールは次のとおりです。

  • 愛称:深キョン
  • 生年月日:1982年11月2日
  • 出身地:東京都
  • 身長:163cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:ホリプロ
  • 活動期間:1996年〜
  • 代表作:「ダメな私に恋してください」「天地人」「平清盛」「隣の家族は青く見える」「超高速!参勤交代」「空飛ぶタイヤ」など

八雲雅志役/永山絢斗

上の画像が原作漫画「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の登場人物・八雲雅志です。八雲雅志は春見順子と同い年の従兄弟で高校までずっと一緒に通った幼馴染でもあります。現在は、イケメン東大卒のエリート商社マンとして世界中を飛び回る充実した人生を送り、人が羨むようなハイスペックの持ち主です。

しかし、そんな雅志にも残念なところが1点あり、高校時代から順子に一途な想いを抱いているにも関わらず、ヘタレな性格が災いして15年以上も告白できずにいるのでした。雅志も順子の心を揺さぶるライバル・由利匡平の出現で焦り始めます。そんな八雲雅志をドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」で演じたのは、確かな演技力で今や実力派俳優と言われる永山絢斗さんです。永山絢斗さんのプロフィールは次のとおりです。

  • 生年月日:1989年3月7日
  • 出身地:東京都板橋区
  • 身長:177cm
  • 血液型:B型
  • 所属事務所:パパドゥ
  • 活動期間:2007年〜
  • 代表作:「藁の楯」「アンフェア the end」「クローズEXPLODE」「べっぴんさん」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」「真田十勇士」など

由利匡平役/横浜流星

上の画像が原作漫画「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の由利匡平です。由利匡平は17歳の高校2年生で偏差値が極めて低い高校に通っています。しかし、官僚の傲慢な父親を見返したい一心で東大受験を決意。春見順子を講師に指名し、猛勉強を始めます。

由利匡平はひと回り以上年上の春見順子に恋心を抱いており、自分の年齢にもどかしさを感じながらも順子に対して積極的なアプローチを行います。そんな由利匡平をドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」で演じたのは、近年多くの映画で主演を務める人気沸騰中の俳優・横浜流星さんです。横浜流星さんのプロフィールは次のとおりです。

  • 生年月日:1996年9月16日
  • 出身地:神奈川県横浜市旭区
  • 身長:174cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:スターダストプロモーション
  • 活動期間:2009年〜
  • 代表作:「オオカミ少女と黒王子」「兄友」「虹色デイズ」「愛唄 -約束のナクヒト-」「チア男子!!」「あなたの番です -反撃編- 」など

山下一真役/中村倫也

上の画像が原作漫画「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の山下一真です。山下一真は春見順子の高校のときのクラスメイトで、現在は由利匡平のクラスの担任の先生をしている元ヤン高校教師です。さらに、高校時代に順子に告白したただ一人の男で、当時は順子から曖昧な返事しかもらえず、一度は別の女性と結婚。最近、その女性との離婚が成立し、順子と再会したことで順子への想いが再燃します。

山下は順子に対して熱烈な大人のアプローチをかけるため、ヘタレな雅志や、高校生の由利匡平にとって強力な恋敵となります。そんな山下一真をドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」で演じたのは、様々な役を演じ分ける演技力の高さと甘いマスクに注目の集まる俳優・中村倫也さんです。中村倫也さんのプロフィールは次のとおりです。

  • 生年月日:1986年12月24日
  • 出身地:東京都
  • 身長:170cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:トップコート
  • 活動期間:2005年〜
  • 代表作:「ヤンキー君とメガネちゃん」「孤狼の血」「新宿セブン」「ホリデイラブ」「崖っぷちホテル!」「半分、青い。」など

初めて恋をした日に読む話(はじこい)のドラマ視聴率

次に、ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の1話〜最終回までの、全話視聴率を紹介していきます。

初めて恋をした日に読む話の9話までの視聴率

ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の1〜9話までの視聴率を一挙紹介していきます。1話は8.6%、2話は9.0%と少し上がり、3話は8.8%とほとんど変わりませんでした。4話は7.8%、5話は7.3%とここに来て下がり、6話で8.6%に戻しますが、7話で7.8%とまたも下がってしまいます。

ただ、ラストに向けて8話が8.7%、9話が8.8%と8%後半に持っていきました。それでは、ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の最終回の視聴率はどうなったのでしょうか?

初めて恋をした日に読む話の最終回視聴率

初めて恋をした日に読む話(はじこい)の最終回の視聴率は、全話の中で最も高い9.6%を記録し、有終の美を飾りました。ただ、視聴率が全話を通して1桁台から抜け出せませんでした。

その要因として、ネット上で言われているのは主演の深田恭子さんの美しさなのだそうです。一部、美しい深田恭子さんがモテない女性を演じることが非現実的だという声が上がり、演技以前の問題で深田恭子さんの美しさが裏目に出て視聴率に影響してしまったそうです。

初めて恋をした日に読む話(はじこい)に関する感想や評価

ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」は観ていて幸せな気分になれたドラマで、一生自慢できるほど大好きになったという感想です。

ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」に毎週胸キュンさせられたそうです。また、由利匡平の一途なところがかっこよくて可愛すぎたという感想や、春見順子も可愛くて八雲雅志の人柄の良さも良かったという感想、そして、山下一真がずっとかっこよくて、最高のドラマだったと評価されています。

ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の由利匡平と春見順子が想いが通じ合った最終回で号泣してしまったそうです。また、山下一真役は先生をしているとこも政治家の秘書になってからもかっこよすぎで、山下ロスになるという感想です。そして、ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」全体を最高のドラマだったと評価しています。

初めて恋をした日に読む話(はじこい)のネタバレまとめ

いかがでしたか?ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」の最終回までの全話あらすじをネタバレで紹介し、ドラマと原作漫画の違いもネタバレでみてきました。また、ドラマキャストのプロフィールや全話視聴率を紹介し、ドラマキャストと原作漫画キャラの画像の比較を行ってきました。ドラマ「はじこい」は視聴率は全話通して1桁台にとどまるものの、最高のドラマだと絶賛の声が挙がっていることが分かりました。

深田恭子さん、永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さんといった人気声優が揃い、毎週放送の度に話題になった人気ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」をまだ観ていない人も、もう一度という方もぜひお楽しみ下さい!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ