まれのキャスト一覧と相関図まとめ!あらすじや出演者たちの現在は?【朝ドラ】

2015年の上半期の朝の連続テレビドラマ小説として放映されたNHK連続テレビドラマ小説「まれ」に描かれたキャストと、キャストが織り成した「まれ」の物語の中に描かれた人物相関図一覧、キャストたちの現在、連続テレビドラマ小説「まれ」の主題歌として放送された異色の主題歌である「希空」にまつわるエピソードと「まれ」のあらすじなど、2015年度上半期の連続テレビドラマ小説「まれ」について紹介します。

まれのキャスト一覧と相関図まとめ!あらすじや出演者たちの現在は?【朝ドラ】のイメージ

目次

  1. まれの相関図とキャストが気になる!
  2. まれはNHK朝ドラ! あらすじを紹介!
  3. まれの相関図とキャストを一覧で紹介! 現在も調査!
  4. まれの主題歌を紹介! 作詞は土屋太鳳?
  5. まれの相関図とキャスト一覧まとめ!

まれの相関図とキャストが気になる!

2015年、平成27年度の上半期を彩るNHK総合テレビジョン、朝の連続テレビドラマ小説として放映された「まれ」は、NHKの朝の連続テレビ小説としては第92シリーズ目を飾る作品でした。能登編第一部、横浜編、能登編第二部の構成から描かれた連続テレビドラマ小説「まれ」は、中々に複雑なキャスト相関図を描いた物語の中に、キャストたちが織り成す物語の中で主人公である津村希(つむらまれ)との触れ合いと成長を描きました。

NHK朝の連続テレビドラマ小説「まれ」に描かれた津村希(つむらまれ)とまれを取り巻く人々として登場したキャストたちが描いた人物関係一覧相関図、「まれ」のキャストたちの現在はなどNHK連続テレビドラマ小説「まれ」と「まれ」に描かれたキャストたちの人物相関図一覧、キャストたちの現在、「まれ」とはどんな物語だったのかのあらすじ紹介「まれ」に描かれた主題歌の創作秘話など「まれ」とキャストについて徹底解説です。

NHK連続テレビドラマ小説「まれ」はヒロインであり主人公である津村希(つむらまれ)と彼女を取り巻くキャストで人物相関図一覧に描かれて織り成す物語でした。能登へやってきた子どものまれが出逢った登場人物を描いたキャストは、津村家のまれの家族、津村家が関わる桶作家、そしてまれの同級生となるキャスト一覧相関図として、「みのり」、「一子」、「洋一郎」と、まれに大きく関わることになる「圭太」と織り成しました。

NHK連続テレビドラマ小説「まれ」に描かれたヒロイン、津村希(つむらまれ)を囲んで織り成された人物相関図の中に描かれる人間模様と関係は中々に複雑な一覧関係として相関図を奏でました。まれを取り囲んだキャストたち、「まれ」に描かれた人物相関図の一覧関係、「まれ」のキャストたちの現在と、「まれ」のあらすじから順を追って、人物関係相関図一覧、キャスト、キャストたちの現在、「まれ」の主題歌と紹介していきます。

まれはNHK朝ドラ! あらすじを紹介!

NHK連続テレビドラマ小説「まれ」のあらすじを紹介していきます。物語はまれが十歳から紡ぎ出されます。津村希(つむらまれ)は「夢」を追い掛けては家族を顧みず振り回す父に「夢」が大嫌いなトラウマとなり得た小学五年生にして苦労人の子どもで、父親の事業の失敗を受けて生まれ育った東京から遥かに隔てた能登地方へ一家で夜逃げ同然に逃げ出してきたところから能登半島は外浦村にとやってきます。この土地で仕切り直しだと。

能登の土地に馴染もうと子どもながらに必死に奮闘するまれは、当初の内こそ「余所者」と扱いを受け認められず、「東京」に憧れを持つ「一子」などとの衝突などを経ていつの間にか身に着けていた「能登の言葉」に周りを驚かせ、まれの一家は「余所者」をかたくなに拒んでいた「桶作家」の夫婦二人や能登の人々に認めて受け入れられ、希(まれ)、母の藍子、弟一徹、父の徹は桶作家に身を置きながら再スタートかと思われました。

「一子」との余所者諍いの前にまれは「圭太」という少年とも交流を交わしていました。同じくまれを敵視していた圭太はまれが必死にこの地に馴染もうとする努力し奮闘する姿に和解して友人となり、能登に育った幼馴染組「みのり」、「一子」、「圭太」、「高志」、「洋一郎」にまれが受け入れられた後に、圭太は金沢の地へと越しました。心機一転やり直しを謳っていた父の徹は東京に出稼ぎと姿を見せぬまま、七年が経過します。

七年後の現在に、まれは高校三年生、身を寄せる桶作家の手伝いを担う母と弟を支えながら、輪島市役所への就職を目指していました。アルバイトと家の手伝いの掛け持ちに一家を支えるまれの前に、津京で夢破れた父の徹が姿を現し、複雑な想いの中で、再会した友人、「圭太」、紺谷圭太の語る招来や希望など、封印した「夢」に対する憧れを抱き始めます。圭太がまれに申し込んだ交際に、夢を語られたまれはその場で答えられません。

追い掛けてみようか、封印した「夢」を。まれの「夢」は子どもの頃に買ってもらった「家族の幸せの象徴」である「ケーキ作り」でした。けれど、コンクールに出したまれの「作品」は惨敗に終わり、とある審査員の厳しい言葉に打ちのめされてまれは再び封印、輪島市役所への就職を決め、迎えた卒業式にようやく気付いた圭太への気持ちを応えようとしましたが、まれが恋に気付いた頃には遅く、圭太は既に一子と交際していました。

夢にも恋にも破れたまれは輪島市役所へ就職し寄せられるクレームとも言えるような要望にてんてこ舞いの毎日に、仕事に私情を挟むなと叱責する上司や先輩たちの中で、輪島の伝統を揺るがすような事件にも遭遇しながら四苦八苦する一方で、熱い思いを抱いた人々を支援することにやりがいを感じ始めたまれです。その中での出逢い。それは母の藍子が封印したまれの祖母ロベール幸恵との邂逅でまれはケーキ作りの手ほどきを受けます。

まれが夢を「封印」した経緯やまれの「才能」を見出した祖母のロベール幸恵は、まれの母親藍子との確執を清算し、まれに強く「パティシエの夢」を追い掛ける道を勧め、和解した藍子もまたまれの背中を押したことで、まれは「世界一のパティシエ」という「夢」を掲げて追うことを決め、輪島市役所を退職します。市役所を退職したまれは自分の「夢」の原点である「横浜」に向かい、子どもの日のケーキ屋を訪れて面接しました。

子どもの日のケーキ屋に面接を受けたものの、既にそこにまれが「憧れた」はずの店の味はなく、店の採用を辞退したまれが出逢ったのは、高校生の日に惨敗したコンクールで厳しい言葉を投げ付けた審査員の池畑大悟の営む「マ・シェリ・シュ・シュ」のケーキでした。その味に感動を覚えたまれは弟子入りを志願、当初は断られたものの、店に欠員が出たのを縁にして、一月の試用として採用され、まれは大悟のもとで修業に励みます。

人生は波乱万丈です。一月の試用期間に大悟の不合格を受けたのは、まれが先輩パティシエに譲ってしまったケーキが原因でした。そのうえ、まれの耳に両親の離婚騒動が入ります。帰省した能登に覚悟とともに自分の道を決めた人々を見て、まれは再び横浜へ。大悟の弟子入りを乞うためのもので、大悟はその頃に店の経営不振と存続で弱気になっていた時期でした。大悟の覚悟を強く持たせたのは奇しくもまれ、大悟は本格的にまれを採用。

大悟の長男から見染められていたまれでしたが、彼の暴挙に嫌悪感を持ち反発。やがて、まれは店のケーキ作りを一人で任されるまでに育ち、その過程の中に大悟の長男、大輔に惹かれ始めて交際します。けれど、成人式に帰省した能登にはまれの心を揺らす出来事が待ち構えていました。一子と別れた圭太がまれの心を揺らします。板挟みの中にホントの想いを見つめ直したまれは大輔に別れを告げ、圭太へ恋を告白しました。答えはイエス。

中々に波乱万丈なドラマを送ることになるまれの人生。想いを告げてようやく両想いになったものの、圭太もまれも修行の身で。まれはパティシエとして、圭太は輪島の伝統産業を継ぐものとして修業中でした。二年と少しの修業期間を会わずに過ごそうという約束に、その先で遠距離前提での結婚を申し込まれ、入籍。幸恵などの評価も得たまれですが、自分の作りたいケーキについて考え始め、そこに「一子」と再会を果たします。

圭太の交際はまれに対する失恋から。一子が憧れた「東京」や「都会」を手にしたまれを嫌悪する一子はまれに勝負を挑みます。人生の成功を賭けた勝負。まれのケーキと一子のスイーツ対決は、結果としては一子の勝利でしたが、仕組まれたものでもあり、まれのケーキもまた評価されていました。対決後に一子は長年のしこりを直接対峙したことでまれと和解。まれは大悟からフランスでの修業を打診されましたが、またまた問題発生です。

父のいつものトラブルに、圭太の過労からの入院と経て、まれは帰省を選択。憤ったのは大悟でしたが、まれの選んだ道を最終的に認め、はなむけに自身の愛用したナイフを贈りました。能登に帰郷したまれは圭太の女将としての修行の中で、父の徹が企画するまれのケーキ屋を反対していましたが、徹はかつての事業の失敗に恨みを買って脅迫されていました。家族を守るために姿を消した父の真意に、まれは父のケーキ屋を開店させます。

流れた時間に、「パティシエ」としての津村希、「漆器職人の女将」としての紺谷希、身籠った子ども達の「母」としてのまれが関わってきた「ケーキ」があり、子ども達の育児に追われながら、赤字に陥ったりを繰り返す店を軌道に乗せ、そこに雇ったアルバイトが語るものに、「世界一のパティシエ」の夢を想い出し、再び奮闘します。もちろん一筋縄ではいかない道でした。コンクールではブランクを指摘され、酷評を受けと試行錯誤。

能登に現れたまれの師匠大悟は、能登の素材を活かした食材研究に、まれを世界的なパティシエコンクールにエントリーさせます。店のブログに秘かに届いたメッセージは父の徹のもの。複雑な心持ちに臨んだコンクールで見事受賞したまれの前に、父の徹が姿を見せます。藍子と徹は再び手を繋ぎ、その日、まれはウエディングドレスをまとって、自分の夢と感謝を語りました。まれの店では今日も誰かを笑顔にするケーキが並んでいます。

まれの相関図とキャストを一覧で紹介! 現在も調査!

「まれ」の物語では登場する人物相関図一覧が中々に複雑に絡み合って織り成されました。「まれ」に描かれた「人物相関図一覧」とキャスト一覧、キャストたちの現在などについてこちらでは迫ります。「まれ」に描かれた複雑な人間模様の一覧に欠かせない「一子」、「圭太」、「まれ」の現在と、キャスト一覧、物語に描かれた現在や相関図一覧が織り成したキャストたちが紡ぎ織り成した物語や関係図などを見てみましょう。

津村希を土屋太鳳

「夢」だけを追い掛けて家族を振り回す奔放な父に苦労した子ども時代に「夢」という言葉そのものへの拒絶感を覚えるに至り、家族の在り方、自分の生き方、「封印」したものと「憧れたもの」を行き来する中に、一度は破れた夢と恋を諦めることなく向き合い、「自分のケーキ」の在り方を今日も問い掛けていますと描いた主人公まれを土屋太鳳が演じました。ヒロインまれの土屋太鳳、現在はアニメやドラマと女優業に活躍中です。

紺谷圭太で山崎賢人

「一子」と同じくまれを「余所者」と呼んだ「圭太」は大事な土地を離れることが決まっていた子どもでした。帰郷した能登で再会した希に恋をぶつけるも、「夢アレルギー」の希に輪島伝統の夢を語ってしまい、玉砕、複雑な相関図を生み出す一因となる一子との交際にと「まれ」のヒーロー紺谷圭太は一子と希の関係に一つ噛んでいた人物でした。圭太を演じたキャスト山崎賢人さんは現在、連続ドラマ単独初主演中です。

蔵元一子に清水富美佳

「東京」に憧れを持ちながら、母との複雑な関係に口には出せない自分を知っていて、憧れの土地からやってきた津村希をどうしても「余所者」と嫌悪と称した羨ましさで見てしまい、交際した圭太は希にフラれて傷心、負けるものかと能登を飛び出せども、上手くはいかない現実に打ちひしがれそうになり、再会した希に嫌悪感むき出しで勝負を挑んだのは一子のコンプレックス、演じた清水さんの現在は事務所と名前を変えておられます。

まれの主題歌を紹介! 作詞は土屋太鳳?

NHK連続テレビドラマ小説「まれ」の主題歌である「希空」は、一番と二番からの歌詞からなりますが、一番の歌詞をヒロインを務める土屋太鳳さんが作詞しています。二番を一般公募から選出、「希空」はヒロインであるまれと視聴者の共同作業から出来た異色の主題歌となりました。これらの試みは連続テレビドラマ初のもので、ヒロイン役に依頼された作詞一般公募から選出された歌詞、「まれ」では主題歌そのものも話題となりました。

「希空」の作詞にまつわるエピソードとしては、ヒロイン役に抜擢された土屋太鳳さんのブログに記載された一文をスタッフが目に留め、土屋太鳳さんの文言のセンスを見込んで、依頼されたところから始まったとなります。楽曲スタイルはオリジナル合唱曲という形をとりました。

まれの相関図とキャスト一覧まとめ!

連続テレビドラマ小説「まれ」にまつわる相関図一覧とキャストが織り成した物語をあらすじを中心にしながら、主題歌である「希空」のエピソードや、「まれ」の中で描かれた一覧相関図の人間模様、演じたキャストたちの現在と紹介してきました。いかがでしたでしょうか? 複雑に描かれた相関図が織り成す人間模様の中でまれが見つけた「自分の答え」や「家族の在り方」など問い掛けの多い作品、一度じっくりとご覧になってみては?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ