高校教師のあらすじとキャスト!ドラマの最終回・結末をネタバレ考察【真田広之】

高校教師は1993年にヒットした連続ドラマ。教師と生徒という禁断の恋、そして近親相姦やレイプ、妊娠や自殺、同性愛、いじめなど社会的なタブーを様々な角度から盛り込んだ作品となっている。そんな大きな反響を呼んだ高校教師のあらすじから最終回までネタバレ含めて一挙紹介。あらすじの他にも、高校教師にぴったりのキャストも公開しているので、まだ見ていない人もぜひご覧あれ。

高校教師のあらすじとキャスト!ドラマの最終回・結末をネタバレ考察【真田広之】のイメージ

目次

  1. 高校教師のあらすじが気になる!
  2. 高校教師ドラマ情報
  3. 高校教師のキャスト一覧
  4. 高校教師のあらすじをネタバレ解説!
  5. 高校教師の最終回は?結末をネタバレ解説!
  6. 高校教師の主題歌を調査!
  7. 高校教師を見た人の感想・評価をネタバレ紹介!
  8. 高校教師のあらすじまとめ

高校教師のあらすじが気になる!

高校教師は1993年にヒットした連続ドラマ。教師と生徒という禁断の恋、そして近親相姦やレイプ、妊娠や自殺、同性愛、いじめなど社会的なタブーを様々な角度から盛り込んだ作品となっている。そんな大きな反響を呼んだ高校教師のあらすじから最終回までネタバレ含めて一挙紹介。

高校教師で最も注目されたのは最終回である。高校教師の最終回では予想外の結末になっており、また、ハッピーエンドなのかバットエンドなのか、明らかにはならないのだ。高校教師の最終回の真意は一体何なのかもネタバレ含め紹介している。

高校教師ドラマ情報

高校教師は1993年にTBSで放送されたドラマ。高校教師は「教師と生徒の恋愛」「近親相姦」「レイプ」「女子高生の妊娠」「自殺」「同性愛」など数多くの社会問題を取り込んだ作品だ。最初制作側は「近親相姦」という内容に嫌悪感を抱いていたというが、この作品の本質をしっかり説明することで、同意を得ることができ、作品制作がかなったようだ。

高校教師のドラマの平均視聴率は21.9%、そして最高視聴率は33.0%と高い数字を叩き出している。最高視聴率はもちろん最終回だ。ドラマが放映された同年の1993年には映画版も公開されており、その人気ぶりが伺える。しかし映画版は、主人公が繭という名前が 同じだけで、本編との共通点は特にない。映画版でもドラマと同じく森田童子の歌が挿入歌として採用された。

また、2003年には、藤木直人と上戸彩が主演となり、同じ高校教師というドラマが公開された。その作品は、1993年の高校教師から10年後の内容となっており、生徒をレイプしていた藤村(京本政樹)も出演している。

高校教師のキャスト一覧

羽村隆夫(真田広之)

高校教師の主人公である生物の先生である羽村。彼は元々研究室にいたが、教授に言われて臨時で高校教師になる。そこで出会った二宮という女学生と共に波乱の人生を歩むことになってしまうのだった。

そんな羽村隆夫のキャストとして抜擢されたのは、1960年生まれの俳優である真田広之だ。彼は子役からデビューを果たし、今ままでに「ヒーローインタビュー」や「写楽」など数多くの作品に出演している。

二宮繭(桜井幸子)

高校教師ドラマにて、高校教師の羽村に恋するヒロインの女学生。彼女は辛い過去があった。しかしそのことを隠し、羽村にどんどん恋をしていってしまう。美しい顔立ちにより同じ女生徒に恋心を抱かれたりすることも。

そんな二宮繭のキャストに抜擢されたのは1973年生まれの桜井幸子だ。彼女は「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」や「いつかまた逢える」など数多くの作品に出演していた人気女優だったのだが、2009年に突然芸能界を引退した。現在では一般人となっている。

新庄徹(赤井英和)

高校教師ドラマで体育教師をしている。生徒には非常に厳しく、嫌われている。しかし本当は常に生徒のことを思いやっている人情溢れる先生だった。口は悪いが羽村とどんどん仲良くなり、唯一信頼できる人物として描かれている。

そんな新庄徹のキャストに抜擢されたのは1959年生まれの赤井英和だ。彼は元プロボクサーであり、引退してから俳優に転身した。「笑ゥせぇるすまん」や「半沢直樹」など有名な作品にも多数出演している。

藤村知樹(京本政樹)

高校教師ドラマで高校教師をしている。彼は校内で一番人気のあるモテモテ教師だが、本当の愛情に飢えており、ちやほやされるよりも、まっすぐにずっと自分を愛してくれる人を探していた。そしてそんな思いが彼をどんどん歪ませていき、女生徒である相沢をレイプするなどサイコパスな一面を見せていく。

そんな藤村知樹のキャストに抜擢されたのは1959年生まれの京本政樹。もともとミュージシャン希望だったが、俳優の道にどんどん進んでいく。特に「必殺仕事人」のシリーズでは組紐屋の竜として有名になり、ファンはどんどん増えていった。他にも「家なき子」や「水戸黄門」など数多くの有名作品に出演している。

田辺里佳(若林志穂)

高校教師ドラマで、高校教師の羽村に恋する生物の実習生。羽村のことが好きになったことで二宮のことが邪魔になり、冷たい言葉を浴びせたりもする。

そんな田辺里佳のキャストに抜擢されたのは1971年生まれの若林志穂。彼女は「家政婦は見た!」や「京都祇園入り婿刑事事件簿」などに出演している。2009年に惜しまれる中芸能界を引退してしまった。

相沢直子(持田真樹)

高校教師ドラマで高校教師である藤村にレイプされ妊娠までしてしまう相沢。彼女は二宮の唯一の友達である。明るくて前向きな性格であり、藤村に性的暴行をされ続けても、決してめげず、弱音を吐かず、自分でどうにかしようとひたむきに頑張るのだ。

そんな相沢直子のキャストに抜擢されたのは1975年生まれの女優である持田真樹。彼女は桜っこのメンバーに入り、アイドルとして歌手デビューを果たす。その後「女将になります!」や「恋する日曜日〜Flame〜」などに出演している。

佐伯麻美(中村栄美子)

高校教師ドラマで、高校教師である羽村をいじめる女生徒。校内でも人気のある彼女だが、二宮に恋をしていた。二宮が羽村のことを好きだと言うことがわかり、嫉妬心から羽村をいじめるようになっていってしまう。

そんな佐伯麻美のキャストに抜擢されたのは1974年生まれの中村栄美子。彼女はセブンティーンのモデルなどを経て女優活動などもいている。「いつも心に太陽を」や「まばたきの海に」などの作品に出演している。

二宮耕介(峰岸徹)

高校教師ドラマで、二宮の父であり芸術家。彼は女性の裸体の有名な彫刻家。妻は既に病気でなくなっており、家には二宮と2人で暮らしている。二宮へは異常なほど歪んだ愛情があり、そのことで二宮をどんどん苦しめていくのだった。

そんな二宮耕介のキャストに抜擢されたのは1943年生まれの峰岸徹。彼は「古畑任三郎」シリーズや、「牡丹と薔薇」など数多くのドラマ、そして映画や舞台でも活躍していた。2008年に65歳でこの世を去っている。

三沢祐蔵(小坂一也)

高校教師ドラマで、羽村に臨時の高校教師になるようすすめた研究所の教授。彼は羽村の論文を自分のものとして提出し高い評価を受けるなどし羽村に恩があるのだが、実は影で羽村のことを遠くへ追いやろうと計画している。

そんな三沢祐蔵のキャストに抜擢されたのは1935年生まれの小坂一也。彼はミュージュシャンで紅白出場経験もある。俳優としては「ダイアモンドは傷つかない」や「細雪」など数多くの作品に出演していたが、1997年に62歳でこの世を去っている。

三沢千秋(渡辺典子)

羽村の務める研究室の教授である三沢の娘。彼女は保育士の仕事をしている。羽村の婚約者でもあるのだが、実は羽村の同僚とずっと不倫関係を続けていたのだった。

そんな三沢千秋のキャストに抜擢されたのは1965年生まれの渡辺典子。彼女は「結婚案内ミステリー」や「彼のオートバイ、彼女の島」など数多くのドラマや映画に出演している。

高校教師のあらすじをネタバレ解説!

第1話「禁断の愛と知らずに」のあらすじ&ネタバレ

生物の非常勤講師として、高校教師になった羽村。羽村は着任した初日定期が切れてしまって駅長室に連れていかれた二宮繭と出会う。うっかり期限が切れていたという二宮のことを信じ、羽村は二宮を助けた。二宮は羽村の高校の生徒であり、その時から二宮は羽村につきまとうのだった。学校に行くと、同じ同僚の先生からは女生徒と恋愛関係にならないようにと釘を打たれる。

羽村は元々生物学の研究室にいた。そこの教授に3ヶ月だけ非常勤として高校教師になるように言われ、渋々高校教師になっていた。そんな羽村の自宅にまで来るようになった二宮だが、二宮が部屋にいる時に、研究室の教授である三沢の娘であり、羽村の婚約者である千秋がやってくる。三沢は羽村の論文を自分のものだとして提出し高く評価されたことがあり羽村に恩返しするため、娘である千秋を羽村の婚約相手にしたのだ。

二宮の父は芸術家であり、その日も女性のモデルが自宅に来ていたl。モデルは裸でポージングをしており、モデルを元に彫刻をしている。そんな家に帰りたくない二宮は友人の相沢と遅くまでお茶していた。カフェでゆっくりしていると、羽村の婚約者である千秋が別の男性とラブホテルに入り、そして出てくるのを見てしまうのだった。

第2話「嘆きの天使」のあらすじ&ネタバレ

羽村はバスケットボール部の顧問になる。二宮は先生と少しでも一緒にいられるようにとバスケ部に入る。しかしバスケ部の先輩であり部長の佐伯は羽村のことが気に入らず、羽村を目の敵にする。相沢は校内でも一番人気の高校教師である藤村にお弁当を作ったりマフラーを編んだりと猛アタックする。そして藤村に会いに視聴覚室に行った相沢だが、そこで藤村にレイプされてしまうのだった。

レイプの様子は一部始終ビデオカメラに収められており、相沢はビデオテープのことを藤村に脅され、性的暴行を加えられていくのだった。二宮は羽村にこの間「千秋を見た」と報告する。そのことを聞いた千秋は二宮を待ち伏せする。そこでただの友達だったと言う千秋に二宮は「ホテルから出るのを見たわ」と言う。驚いた千秋だが、ホテルの件は羽村には言っていないことを確認すると開き直る。

千秋が言うには、羽村は退屈であること、セックスも幼稚で楽しくない、けど結婚相手としていいからとりあえず結婚はするとのこと。そう言い残し去って行く千秋だったが、二宮は怒りを覚えエレベーターから千秋を突き落としてしまうのだった。

第3話「同性愛」のあらすじ&ネタバレ

千秋は入院していた。二宮は怪我をさせたことに罪悪感を覚える。また、バスケットボール部では羽村への先生いじめが続いており、羽村は体育倉庫に閉じ込められてしまう。そして、部室で佐伯は二宮にキスをする。佐伯を振りほどいて逃げる二宮は羽村を探すが、どこにも姿がなかった。翌日無事体育倉庫から出られた羽村だが、試合があるなど嘘を疲れて待ちぼうけするなどいじめは続いていた。

バスケットボールの練習試合と言われて休日に別の学校で待っていると二宮がやってきた。また佐伯たちに騙されたと落胆する羽村だったが、二宮はせっかくだからと言い2人でデートすることになった。その後羽村とニ二宮は千秋の病室へ向かう。千秋は二宮と2人っきりになると、頬をビンタし「これでおあいこだね」と言う。しかしその後、千秋が研究室の樋口とキスしている現場を目撃してしまうのだった。

第4話「僕のために泣いてくれた」のあらすじ&ネタバレ

羽村と佐伯は生物室にいた。佐伯は羽村にいなくなればいいと言い、自分で服を脱ぎはじめ、誰か助けて!と叫ぶ。まるで羽村にレイプをされているかのように演出し、羽村を高校教師の立場から追いやることを計画していたのだ。羽村は教頭などから沈黙を守るように言われる。二宮は佐伯の演出だと理解しておりバスケットボール部を辞めると佐伯に告げるが、逆上した佐伯は塩酸を投げかけてしまう。

すぐ病院に連れていかれた二宮だが、腕に跡が残ってしまうことになる。それでも明るく振る舞う二宮だった。相沢はビデオテープでゆすりをかけられ、ラブホテルなどで高校教師の藤村から性的関係を教養されていた。辛い思いをしている相沢だが、校内でも嫌われ者の高校教師である新庄の厳しい中にある優しさに心を許して行き、家に言ってご飯を作るなどどんどん仲良くなっていくのだった。

羽村は千秋に呼ばれ、不倫をしていること、でもそれを許してくれるから結婚する、結局愛なんてないなど非常なことを言われ、全てが嫌になってしまう。教授である三沢の元へ行き婚約破棄の話をし、それでも教授の元で助手として頑張ると言うが、三沢は元々研究室に戻す気はなく、高校教師として行きていけと言われる。そして羽村は発狂して教授である三沢に襲いかかるのであった。

婚約相手の不倫、信頼していた教授からの裏切り行為、そして生徒による嫌がらせで精神的にも大きなショックを受けた羽村だったが、唯一変わらず笑顔を向けてくれる二宮に惹かれていってしまう。二宮の無邪気な姿を見て、動物園へ行こうと自らデートに誘う。それを聞き喜ぶ二宮。そして2人は初めて正式なデートをするのだが、ここから2人の関係は深く発展していってしまうのだった。

第5話「衝撃の一夜」のあらすじ&ネタバレ

二宮に塩酸をかけた佐伯は、転校することになった。相沢は、藤村に「食事に付き合ってくれたらビデオテープを返す」と言われ、嫌々ながら食事に行く。その帰りにビデオテープを渡され、ホッとして喜ぶ相沢だったが、その様子を見て藤村は声をあげて笑いダビングしてあることを告げる。愕然とする相沢だが、藤村は俺のことを愛せと言い、愛するまでビデオテープは返さないと再び脅すのだった。

二宮は羽村を映画デートに誘う。一度は断るものの断り切れずデートすることになってしまった。映画を見た後、海に行った2人だが、帰りに大雨に打たれる。二宮は帰りたくないと言い、終電も逃してしまう。羽村は渋々ながらも旅館に泊まることになってしまい、二宮は父に先生と一緒にいること、帰らないことを告げる。1部屋しか空いておらず一緒の部屋になった2人は理性が吹っ飛んでしまい、身体の関係をもってしまう。

第6話「別れのバレンタイン」のあらすじ&ネタバレ

二宮の父が学校に電話をし、2人が無断外泊をしたことを告げ口する。そのことで羽村の立場は追いやられ、高校教師を辞めることを考える。二宮は停学になってしまい、父から監視され、外出さえも一切禁止されてしまった。そんな時、生物の教育実習生として田辺という女性が羽村の元にやってくる。相沢は羽村に対し、無断外泊のことをちゃんと否定した方がいいと言うが、羽村は相沢に真実であることを伝える。

そのことを知った相沢は二宮に会いに行く。そして羽村にメモを渡してほしいと言わる。そのメモにはバレンタインの日PM8:00に校門の前に来てほしいというものだった。羽村はそのメモを見たが、行かなかった。しかし23:00頃に二宮の父から二宮がいないと連絡があり、急いで校門向かう。そこには羽村を待つ二宮がいた。健気に待つ二宮に対し、もう2人で会うのはやめようと羽村ははっきり言うのだった。

第7話「狂った果実」のあらすじ&ネタバレ

羽村に突き放された二宮はテレクラのおじさんとデートしたり、町をフラフラして知らない男性についていき、マンションの1室で無理やりレイプされそうになってしまう。そこにある一人の女性が入ってくる。その女性に「帰りな」と言われ、間一髪で逃げ出すことができた二宮だった。後日、その女性とばったり会い、女性の家に入り浸るようになるが、ある日女性は家の浴槽で自殺をしていたのをみてしまうのだった。

相沢は体育の授業で突然倒れてしまう。病院に連れていかれた相沢だが、妊娠していることが発覚した。相沢は繰り返される藤村のレイプによって妊娠してしまっていたのだ。新庄に誰の子なのかと聞かれるが、本当のことは言えない。事情は言わないままだが、泣きながら病院に連れて行ってほしいと新庄に懇願し、新庄が手術のお金を払い、中絶手術を受けることができたのだ。

第8話「隠された絆」のあらすじ&ネタバレ

教育実習生である田辺は教育実習の期間が終わる時に二宮をお茶に誘った。そして自分が羽村を好きであること、そして二宮から電話が会った時、自分は羽村の部屋にいたこと、諦めてほしいことを告げる。藤村は相沢の家で待ち伏せしており、妊娠したことに喜びを露わにしていた。しかし、中絶したことを聞くと豹変し相沢の首を締める。相沢の母の声がして藤村はハッと我に帰ったのだ。

田辺は、羽村の自宅に食材を買ってまるで彼女面して会いにくる。そして二宮に私たちの関係を伝えたと話す。羽村は田辺に対して怒りを露わにし、自分が二宮に抱いている感情を再確認した。そして二宮と話をしようと羽村は二宮の自宅へ向かった。そして父に案内された部屋に行くと、裸で父のベットに横たわる二宮がいた。二宮は実父と近親相姦の関係にあったのだった。

第9話「禁断の愛を超えて」のあらすじ&ネタバレ

二宮は相沢の自宅で藤村にレイプされているビデオテープを見つけ内容を見てしまう。二宮はダビング元のテープを探すために視聴覚室に入り込み、藤村のロッカーの鍵を潰し、テープを盗みだす。そしてそのテープを新庄の机に置くのだった。新庄は生物室で羽村と一緒にそのテープを再生する。藤村が相沢をレイプして妊娠させていた事実を知った新庄は怒りを露わにし、藤村に殴りかかるのだった。

藤村は悪びれた様子もなく、学校側はそんな失態をもみ消したいだろうから自分は転勤になるくらいだと平然としており、警察に言ったら相沢は退学、そして晒し者になると逆に脅すのだった。その日の晩、藤村は相沢がチクったと思い込み家まで押しかけ暴行を加えた。翌日顔にアザがあることに気づいた新庄は藤村をボコボコにしてしまう。理由を言えない新庄は、一方的な暴力をふるったと見られ退職を余儀なくされてしまう。

相沢のために自分の人生をかけて守ろうとした新庄に感化された羽村は、二宮の元にいき、家から連れ出そうとした。父は反対したが、二宮は荷物をまとめ羽村と共に家を出ていくことを決意する。二宮は羽村の家に泊まるが、羽村は中途半端なことはしたくないとビジネスホテルに寝泊まりすることにした。

第10話「僕たちの失敗」のあらすじ&ネタバレ

藤村は暴行事件として新庄を訴えるつもりであった。しかし刑事事件に発展してしまうと教員免許剥奪となってしまう。それは避けたいと考える羽村や相沢は藤村の元へ行くが、藤村は承諾しなかった。結局藤村は告訴しなかったのだが、新庄は高校教師に戻る気はなく、現場の仕事に就職していた。相沢は自分のせいだと思い献身的に新庄に会いにいくが、新庄は全て忘れろと言って相沢を突き放すのだった。

羽村と二宮はデートをして楽しい時間を過ごす。しかし、二宮は父が一人で大丈夫なのか、常に心配してしまっていることを羽村は気づいていた。羽村は心のどこかでずっと近親相姦の関係を気にしたのだ。そして嫉妬心から二宮を責めてしまう。そんな日の夜、二宮が一人で羽村の家にいると、父がやってくる。そして窓ガラスを割り、無理矢理部屋に入ってこようとする。その瞬間警察が来て父は取り押さえられ連行された。

翌日羽村が自宅に戻るとそこに二宮の姿はなく、家に戻るという置き手紙を見つける。落胆する羽村は急いで二宮の自宅で向かう。しかしそこにも二宮の姿はなく、家のものも業者によって片付けられるところだった。その業者から二宮から預かったという手紙を受け取る。そこには父と2人で遠くへ行くという内容だった。急いで成田空港へむかった羽村は、二宮の父を見つけた。そして近づいて行き、ドスっという音がなった。

高校教師の最終回は?結末をネタバレ解説!

最終回「永遠の眠りの中で」のあらすじ&ネタバレ

羽村は二宮の父の腹部を彫刻等で刺していた。その場に二宮がやってくる。二宮と羽村は目を合わせると笑顔で微笑んだ。二宮の父はこのまま誰にもバレずに家に連れて帰ってくれと言う。急いでコートをかけて家に連れて帰る羽村と二宮。タクシーに乗り込み、3人は家まで辿り着いた。二宮の父は自分の寝室で娘と2人にしてくれと羽村に言われ、その通りにする羽村。

父は二宮に先生のことが本気で好きなのか、と問いかけ、二宮は頷く。すると、父はタバコをとってきてくれといい、二宮が部屋から出ると、ランプのオイルをベットにかけ、そしてマッチで火をつけた。異変に気づいた羽村だったが、部屋には鍵がかかっており、入ることができなかった。急いで二宮を連れて新庄のところに行く羽村。新庄はとりあえず2人を自宅に入れる。

自主すると言い張る羽村だが、父がなぜ鍵をかけ火をつけたのかと新庄はなだめる。そして、自殺にみせかけて2人を守ろうとしたのだから自首してはいけないと説得し、二宮は相沢の家にいたことにして2人は何も知らないことにしろと言い、新庄が二宮を相沢の元へ連れていく。そして羽村には自宅に帰るように伝え、怯えながら羽村は自宅に戻っていったのだ。その翌日は高校の卒業式だった。

二宮は刑事に連れていかれ、事情聴取などを受ける。そして羽村の元へ向かった。羽村は事情聴取を受けたということを聞き、やはり自分が自首した方がいいと言うが、二宮は自分と父の関係なども全て話して、羽村は悪くないと説明すると言い出す。そして、羽村と一緒にいたいだけだと言って泣き出すのだ。そんな二宮を見て、羽村は明日自分が生まれ育った故郷に一緒に行こうと伝える。

笑顔で喜ぶ二宮だが、翌朝起きると羽村はいなかった。羽村は新幹線の乗り込むところだった。新庄は羽村にお金を渡そうとするが断る。自殺するのではないかと新庄は問い、自殺する気がないんだったらその証明としてお金を受け取れといい、羽村は受け取るのだった。新幹線にのって間も無くすると、羽村の目の前に二宮が現れた。そして隣に座り、実家のある故郷に一緒に行く。

実家のある新潟の海を見た2人。楽しそうにする2人だったが、警察署では父親殺しは、羽村と二宮の犯行とみて指名手配されていた。そして電車に乗っている2人の小指には赤い糸が結ばれていた。車掌がチケットを確認しにくるが、二人の反応はない。寝ていると思いその場を去る車掌。車掌が去った時、二宮の手がだらんっと垂れ下がったのだ。

高校教師の最終回では2人は電車の中で眠っていたのか、それでも死んでいたのかは明確になっていない。作者はその結末は視聴者に任せると言われている。寄り添い手を握ったままの映像で幕を閉じた。

高校教師の主題歌を調査!

高校教師の主題歌を務めたのは森田童子

高校教師と言えば主題歌である「僕たちの失敗」が有名である。森田童子の曲を入れたら売れると言われるほどにドラマの中でも存在感のあった音楽。「僕たちの失敗」以外にも「男のくせに泣いてくれた」、「G線上にひとり」、「ぼくが君の思い出になってあげよう」、「君と淋しい風になる」、「君は変わっちゃたネ」などが挿入曲として導入された。

森田童子は1983年に活動を休止している。活動休止してから高校教師で「ぼくたちの失敗」の主題歌に選ばれた。1976年に発売された楽曲が1993年に使用されるというは今までで異例である。高校教師が放映された後もファンが増え続けたが、森田童子はメジャーデビューに興味がなく、マスコミに出ることはなかった。2018年に死去しているが、2016年になんと23年ぶりに復刻版CDが発売されるなどファンは増え続けた。

高校教師を見た人の感想・評価をネタバレ紹介!

高校教師ドラマのキャスティングがぴったり

高校教師は2003年にもリメイクされたが、1993年のキャストがはまり役すぎるという声もある。最終回のネタバレでは誰も幸せになれない衝撃のあらすじになっている。

高校教師のキャストはやはり1993年のキャスト陣が一番しっくりくるという声も。あらすじから最終回まで思わず見入ってしまうキャストの演技に注目されていた。

1993年に放映された高校教師のキャストは、あらすじのネタバレになるが、高校生ながら大人のような雰囲気を醸し出すヒロインと、ヘタレイケメンで母性本能くすぐるダメ男さが見事はまっているという声もある。最終回まで思わず見入ってしまうキャストの演技に注目していたという人もいる。

高校教師のドラマで泣いたという感想も

とにかく泣いてしまったという感想も多く寄せられた。最終回では誰も幸せになれなかったという意見もあるが実は最高のハッピーエンドではないかなど意見が分かれている。映画以外でこんなに泣いたのは初めてという意見もあった。

やはりドラマの最終回は泣いたという意見も。高校教師を見るまで森田童子の存在を知らなかった人も多かったようだが、高校教師で有名になり、亡くなられた時は世間に衝撃が走った。森田童子の訃報を聞き、高校教師のドラマを思い出したという意見も多かった。

リアルタイムで見ていた人も、見返す度に涙してしまうという意見もある。未だにまたもう一度見たいと思わせるほど人の記憶に残る作品であるという意見もおかった。今までのドラマ史上、最高傑作という声もある。

中学聖日記が高校教師ドラマの内容に似ている?

中学聖日記が高校生日記のネタバレも合わせてあらすじなどが似ているという声もある。高校教師の最終回と、中学聖日記の最終回が一緒なのか気になるという人もいるようだ。

中学聖日記は高校教師と比べて、違う面がある。それは、先生と生徒の性別が逆であること。高校教師は男子教師と女生徒だが、中学聖日記は女教師と男子生徒の恋愛である。最終回でどうなるのか、と気になるという声も多い。

高校教師のあらすじまとめ

高校生日記のドラマは社会問題に直接切りかかった作品になっており、豪華キャストが演じてい。キャストがぴったりだったという声や、最終回で衝撃を受けたという声も多く、高校教師が放映された時は大きな反響を呼んだ。また最終回は視聴者に想像を任せるという形を取っており、その後どうなってしまったのかは明らかにされていない。

放映後は最終回のロケ地にもなった青海川駅にファンの人が殺到し、話題になったり、挿入歌になった森山童子が注目されるなど、各方面に様々な影響を与えたドラマになった。視聴率も高く、ファンも多かった作品で、映画化、続編のドラマ化などその人気ぶりが伺える。

キャスト達は最終回ではハッピーエンドになるのかなど最後までハラハラさせられた作品であったが、最終回のシーンで死んでいるのか、眠っているのか、など結末は視聴者に任せると作者ははっきり発言している。1話〜最終回までを見て、自分はどう感じるかを討論するのが楽しいという声もある。まだ見たことがない人はぜひ一度ご覧あれ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ