勇者ヨシヒコの仏役佐藤二朗が面白い!名言・名セリフやアドリブまとめ

勇者ヨシヒコシリーズとは、ゲーム『ドラゴンクエスト』を基調にした、RPG風ファンタジー・コメディドラマ…ですが、いわゆる普通の特撮とは異なり、美麗なVFXや大がかりなセットは一切存在せず、学芸会レベルの舞台装置で繰り広げられるのが特徴。「予算の少ない冒険活劇」とOPで銘打っていますが、一方で、役者は実力者揃いであり、各人の演技は一級品です。今回は勇者ヨシヒコでも人気の仏や、仏役の佐藤二朗のセリフ名言やアドリブをまとめてみました。

勇者ヨシヒコの仏役佐藤二朗が面白い!名言・名セリフやアドリブまとめのイメージ

目次

  1. 勇者ヨシヒコの仏役・佐藤二朗が気になる!
  2. 勇者ヨシヒコとは?
  3. 俳優・佐藤二朗の役どころは?
  4. 勇者ヨシヒコの仏役・佐藤二朗をご紹介
  5. 勇者ヨシヒコの仏役・佐藤二朗のセリフはアドリブ?名言をご紹介!
  6. 勇者ヨシヒコの仏の子供役がかわいい!
  7. 勇者ヨシヒコの仏役・佐藤二朗についてのまとめ!

勇者ヨシヒコの仏役・佐藤二朗が気になる!

今回まとめるのは、ドラマ、「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役・佐藤二朗さんについてです。佐藤二朗さんと言えばあのなんともいえないキャラクターが人気の俳優さんです。「勇者ヨシヒコ」では一体どんなキャラクターを演じているのか、また「勇者ヨシヒコ」で出てくる名言をまとめます。

Thumb勇者ヨシヒコのメインキャスト一覧!豪華俳優や面白かったゲスト出演者まとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

勇者ヨシヒコとは?

まず最初にドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズについてまとめます。タイトルを見てわかるとおりに冒険ものではあるのですが、面白いと大人気のあらすじからまとめていきましょう。

『勇者ヨシヒコシリーズ』は、テレビ東京系列のドラマ24枠で放送されていた、俳優・山田孝之主演の連続テレビドラマのシリーズです。若者層から大人気で3シリーズ放送されましたが、2017年開催のヨシヒコフェス発表の際にシリーズ完結が正式に宣言されました。

気になるその内容をご紹介

物語は、勇者ヨシヒコが、いまいち頼りない仲間達と共に、邪悪の根源である「魔王」討伐を目指す、壮大ではない勇者ギャグストーリーとなっています。うさんくさい「仏」のお告げを受けながら、魔王を倒すことができるという伝説の武具を求め、ヨシヒコ一行が世界を行脚して行きます。

その主人公の外見ががどう見ても某RPGの主人公だったり、敵として出てくる(簡単に手作りしたような)モンスターがどこをどう見ても、どこかのゲームやアニメで使われているようなキャラクターだったり、セリフのあちらこちらでゲームのネタを入れてきたり、SE(効果音)が某ゲームの流用だったりと、所々でそのゲームを想起させる表現が使われています。

エンディングクレジットにはしっかりと「協力:スクウェア・エニックス」と表記されています。まとめると、細かいことを考えるより、素直にノリを楽しんだほうがいい作品のようです。

俳優・佐藤二朗の役どころは?

気になる佐藤二朗さんの役どころは、勇者ヨシヒコへ旅のお告げを伝える仏です。旅の仲間には肉眼で確認できるのに、なぜか主人公のヨシヒコだけはアナグリフ式3Dメガネをかけないと見られない設定になっています。キャラクターとしては、やたらテンションが高く、そのセリフでひとり空回りしています。勇者一行に魔王討伐を命じますが、その行き先はいつも大雑把。この空回りっぷりが見ていて面白いとの評判もあります。

「とりあえず東」「ざっくりあっち~」などなど、導きとはほど遠い案内のセリフを放ち、勇者ヨシヒコの旅の仲間などにくちごたえされてしまう、という流れはもはや鉄板になっています。そのセリフと名言はTwitterなどにも反応が多数あり、その好評ぶりが覗えます。

Thumb勇者ヨシヒコシリーズが面白い!見る順番・おすすめや友情出演ゲストも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

勇者ヨシヒコの仏役・佐藤二朗をご紹介

俳優、佐藤二朗のプロフィール

「勇者ヨシヒコ」のギャグストーリーの中で俳優・佐藤二郎さんは勇者たちを導く仏の役で出演しています。個性豊かな俳優たちに引けをとらない俳優・佐藤二朗とは一体どんな俳優なのかも調べて、簡単にまとめてみました。

俳優・佐藤二朗は1969年5月7日生まれの個性派俳優です。舞台もドラマも声優もこなすマルチな個性派俳優として人気です。また、ご本人がTwitterをしていて、ドラマのことだけではなく、日々のちょっとしたことや家族のこと、クスリと笑ってしまうことなどを書き込むことから大変人気があります。

その他の出演作品

そんな俳優・佐藤二朗ですが、数多くの作品に出演していて、ドラマ、舞台、映画、ゲーム、アニメ、バラエティ、ナレーションなど、活動の舞台は様々です。最近では週間少年ジャンプで掲載されていた漫画、「銀魂」の劇場版や、同じく週刊少年ジャンプ作品の「斉木楠雄のΨ難」にも出演しています。2019年公開予定の「ザ・ファブル」にも出演しており、そちらも話題となっています。

映画『ザ・ファブル』 公式サイト

勇者ヨシヒコの仏役・佐藤二朗のセリフはアドリブ?名言をご紹介!

勇者一行とのやりとりなどで数々の名言をのこす仏のセリフですが、あまりにもナチュラルにやりとりをしているので、1部の視聴者の間では「アドリブなのでは…」との声もあります。本当にアドリブなのでしょうか。また、数々の仏の名言をまとめます。ネタバレも含みますので苦手な方はご注意ください。

仏役・佐藤二朗のセリフはアドリブ?

劇中やTwitterなどで、仏のセリフはアドリブかどうかが話題になることがありますが、アドリブかどうかを仏役・佐藤二朗さんがTwitterにアドリブかどうかを言及しているツイートがあります。あくまでご想像にお任せします、のスタイルですが、これは意味深ですね。しかし現場に遊びに行く、と言うあたり、楽しい撮影現場だと言うことは間違いないようです。

「勇者ヨシヒコ」を導く仏でありながら、なんとヨシヒコの前に意図せず現れてしまうとき(麻雀をしていたり食事中だったり)があり、仏の名言はそんな時によく出るようです。以下からは仏の名言を紹介していきます。

仏だってシャワーくらい浴びるんだよ!

シャワーを浴びている最中にお告げのタイミングになってしまったらしく、なんと頭をふきながらはなったひ名言。なかなかインパクトがあります。螺髪、拭くんですね。

仏チューンズの情報によると~

iPadらしきものをいじりながらの名言です。iTunesではなく、仏の世界では仏チューンズだと言うことです。仏の世界とはハイテクな世界なのですね。

『あ。あ。今ヨシピコっていったのに〜。違う人かもしれないのに〜』

少しお茶目な呼びかけで登場した仏。しかしこのあとヨシヒコに「仏様私達はどうすればよいのでしょうか?」と全力でスルー(悪意は全くない様子)され、『あ。あ。ヨシピコ〜の件は流しね。ははい。』となっています。

ん~、ほんとね、ほとほと困ってるんだよ、仏もね

悪霊の鍵というアイテムが中々見つからず、「悪霊の鍵、みつかった?」と勇者一行の前に現れて勇者の仲間から「導くのがあんたの仕事だ」とごもっともな発言をうけて、言い放った言葉です。さらっと言っていますが、お告げが常にアバウトなので導きにもなっていません。

え、まって、それ金環日食の時に売れに売れたやつだよね?

いつまでたっても肉眼で仏を見られないヨシヒコに、とりあえずと渡されたのは金環日食で日本が沸いた時期にあちこちで売られていた目を保護するためのフィルムが施されている眼鏡です。それを懐からスッと出せる仲間にも驚きですが、的確に「そんな、じかで見たら目をダメにしちゃうくらい光ってるの、仏」と名言を言える仏も人気です。

え?仏がボケ?どういうこと?え?え?

そんな仏ですが一度だけ真面目にお告げをしたことがあります。結果勇者ヨシヒコ一行に「ネタがないんだな」と切り捨てられています。

じゃぁ、仏の新ネタ…みる?

次に登場したときの一言。恥ずかしがりながら聴いてくるところはかわいい、かわいくないの両方の声が聞こえます。

しうる?しうる?字がきたないな。ほら指!指で見えないよ!

どうやらカンペの文字が汚い、とのクレームのようです。間髪入れずに勇者一行に「導きくらい覚えろ!」との突っ込みが入ります。

そんなお前に、仏ビーム!

魔王の策略によって戦意を喪失した勇者ヨシヒコの目を覚ますために仏ビームを放ったときの一言です。なかなかの威力なので、放送終了後には「仏が魔王を倒しに行けば早いのではないか」とTwitterで話題にもなりました。

おう…なんっ…そお? あのね、ちょっとね、あのー、忠告! よっくんに一つ忠告!ね、あのね、 これ、冒険だぜ?

なぜか冒険の目的を忘れ海の家でバイトに精をだすヨシヒコに行った言葉です。この後も中々踏ん切りのつかないヨシヒコに仏ビームを浴びせます。

むしろ、仏の方が大きいんです~

顔の大きさがペヤングソース焼きそばの大盛りと同じといじられたときのセリフです。ちゃっかり本物のペヤングソース焼きそば大盛りを用意しているあたり凄いです。そして自分の方が大きいと開き直り、ヨシヒコが「どちらが仏か見え開けがつかない」とのセリフに、そのままペヤングでお告げをする仏にネットでは「笑いをこらえるのがつらい」との声もありました。

これがテレビでやることか

ペヤングの下りですが、リズムカルにペヤングを動かしつつ、「これがテレビでやることか」と口ずさんでいる仏に「ずっと(お告げを)ペヤングでやって」と言われてしまいます。

うん、だってこれ12話あるんだぜ?この前揃っちゃったら、余っちゃうじゃない!!

キーアイテム、7つの玉を集めている勇者一行ですが、最期の一つの導きが違っていたための謝罪からの反論です。テレビ的なこともかまわず言い放つ仏に勇者一行から「そういうことを言うな」との突っ込みが飛んできます。

仁ーJINーとか言うな!

メイキング映像で仏役の佐藤二朗さんと監督との会話です。スケジュールを抑えることが難しいとのことで、監督から「今、仁ーJINー(のスケジュール)を縫っているでしょ?」との指摘に佐藤さんが放った一言です。やはり実力派人気俳優はスケジュールが多いようです。

こっそりCMにも出演

余談ですが、この仏、吉野家のCMにも登場しています。菅田将暉さんが登場している、吉野家のCMです。このCMではなぜか仏が登場し、勇者ヨシヒコ同様に、ああでもない、こうでもないと喋ります。この吉野家CMですが、俳優の太賀さん、乃木坂46の若月佑美さん(2018年11月30日卒業)と共演したバージョンもあります。ここでの佐藤二朗さんは仏ではありませんが、相変わらずの二朗ワールド全開です。

さらにはLINEのスタンプにも

第1弾と同様に、ヨシヒコ(山田孝之さん)、ムラサキ(木南晴夏さん)、メレブ(ムロツヨシさん)、ダンジョー(宅麻伸さん)ら主要メンバーと仏(佐藤二朗さん)の計5人をイラストにしたスタンプです。

「了解しました!」「いいですね!」などの使いやすいスタンプとともに、「仏ビーーーム!」のようなファン向けなネタスタンプも。計24種類を収録し、価格は240円です。LINE STOREでは、各スタンプのプレビューを動作・せりふ付きで確認することが可能です。

勇者ヨシヒコの仏の子供役がかわいい!

『勇者ヨシヒコ』シリーズで、佐藤二朗さん演じる仏の息子(さとし)が出てきたのは、シリーズ第3作『勇者ヨシヒコと導かれし七人』の第2話でした。この仏の息子が可愛らしく、また、あまりにも佐藤二朗さんに似ていることに驚いた人も多いと話題です。

仏の子供役は小山春朋くん!

佐藤二朗演じる仏の息子役を演じているのは、小山春朋(こやまはるとも)くんで、この子は朝ドラ(NHK連続テレビ小説)『まれ』にも出演していたのですが、あることで話題になっていたのです。実は、この小山春朋くんは、NHKの朝ドラ『まれ』で土屋太鳳(つちやたお)さん演じるヒロイン・紺谷希(こんたにまれ)の双子の長男・匠(たくみ)役を演じていたのですが、佐藤二朗さんによく似ていると大きな話題になっていたのです。

この話題を聞きつけた『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一監督が、小山春朋くんを佐藤二朗さん演じる仏の息子役でオファーしたことから、よく似た2人の共演が実現したのです。佐藤二朗さんも自身の公式ツイッターで、何回か、自分に似ているという朝ドラ『まれ』に出演している少年について触れていました。

ちなみに佐藤二朗さんも、朝ドラ『まれ』で小山春朋くんの父親・紺谷圭太(こんたにけいた)役を演じていた山﨑賢人(やまざきけんと)さんと日本テレビ系連続ドラマ『デスノート』(2015年7~9月放送)で共演しており、山﨑賢人さんから息子役の子が佐藤二朗さんとそっくりであることを知らされていたそうです。

小山春朋くんの出演シーンがかわいい!

そんな小山春朋くんですが、いったいどんな登場シーンなのかというと、導きの最中に宅配便が来た仏が「お父さんが出るから、代わりにヨシヒコの相手をしてあげなさい」と言ってバトンタッチして登場したのが初めてです。

いきなり登場する仏の息子に勇者一行も「な…なに~?これ何~?」と困惑するのですが、礼儀正しく挨拶をする仏息子に世間話を始めます。やりとりも「(佐藤二朗さんに)似てるって言われて困ってる?」「はい、あまり嬉しいことではありませんね」の他に「最近は学校で何をして遊ぶ?」など微笑ましい会話をします。

Thumb勇者ヨシヒコのムラサキ役・木南晴夏がかわいい!胸のサイズや結婚は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

勇者ヨシヒコの仏役・佐藤二朗についてのまとめ!

ここまでその仏の個性的なセリフや名言をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。その個性的な演技で数々の名作に出演している佐藤二朗さん。勇者ヨシヒコでもその個性的な演技は素晴らしいです。またコミカルな演技やシリアスな演技、はたまた殺人犯のような影のある役どころでも佐藤二朗さんの演技力は高く評価されています。

数々のテレビドラマや映画だけではなく、各局のバラエティ番組や、最近ではクイズ番組の司会に挑戦するなど、活躍の幅をどんどん広げていく、俳優・佐藤二朗さん。今後の活躍にも目が離せません。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ