ヘシン(海神)の全話ネタバレあらすじとキャスト!最終回の感想は?【韓国ドラマ】

ヘシン(海神)とは韓国のテレビ局であるKBSが制作し、2004年から2005年にかけて放送された韓国の歴史ドラマです。韓国ドラマヘシンでは主人公のキャストとして韓流時代劇王と称されているチェ・スジャンが起用され、放送初回から最終回まで圧倒的な脅威の視聴率を獲得しました。大人気ドラマヘシンの物語は統一新羅時代を舞台に実在したチャン・ボゴの数奇に満ちた生涯を描いています。本記事ではそんなドラマヘシンについて最終回までのあらすじネタバレやキャスト陣、最終回の感想をご紹介していきます。

ヘシン(海神)の全話ネタバレあらすじとキャスト!最終回の感想は?【韓国ドラマ】のイメージ

目次

  1. ヘシン(海神)の全話ネタバレあらすじとキャストが気になる!
  2. ヘシン(海神)とは?
  3. ヘシン(海神)の主なキャスト・登場人物
  4. ヘシン(海神)の全話あらすじネタバレ
  5. ヘシン(海神)の最終回を観た感想や評価は?
  6. ヘシン(海神)の全話ネタバレあらすじとキャストまとめ

ヘシン(海神)の全話ネタバレあらすじとキャストが気になる!

韓国において2004年から2005年の間に放送されていた歴史ドラマヘシン。圧倒的な視聴率を獲得したヘシンは大きな話題を呼ぶことになりました。韓国で大人気を博したドラマヘシンはその人気から日本においてBSなどでも放送をされた作品です。1話から最終回まで全51話と大ボリュームな内容となっており、三国時代後半の統一新羅時代に実在したチャン・ボゴ将軍の生涯を描いた物語となっています。

統一新羅時代というコアな時代をモチーフにしているヘシンは今までにない時代背景から多くの好評な感想を集めました。そんな大人気作品となっているヘシンのドラマの最終回までのあらすじやどのようなキャストが出演しているかなどがとても気になります。なので今回はドラマヘシンの最終回までのあらすじネタバレや出演するキャストの概要を視聴者の感想を交えながらご紹介していきます。

BS朝日 - 韓流モーニング「海神」

ヘシン(海神)とは?

大人気を博した韓国の歴史ドラマヘシンについて最終回までのあらすじネタバレや登場人物を演じているキャストについてご紹介をしていく前に、ドラマヘシンがどのような作品であるかなどのドラマ基本情報や大人気を獲得したヘシンの視聴率についてまとめてご紹介していきます。

ヘシン(海神)の作品情報

ヘシン(海神)は韓国の放送公社であるKBSが2004年から2005年にかけて制作・放送した韓国の歴史超大作テレビドラマとなっています。ヘシンの原作は海神という韓国の小説を題材とした作品となっており、物語の大まかなあらすじは676年から935年の統一新羅時代と呼ばれる時代を舞台にしており、実在した統一新羅時代の英雄チャン・ボゴが海神と呼ばれるようになるまでの激動の生涯を描いています。

海神となるまでの生涯を最終回まで全51話という長編作品にした作品のヘシン。しかし本当の歴史では海神チャン・ボゴは三国時代の歴史書では低い身分の海島人で反乱を画策した反逆者としてあまり良くないイメージで描かれています。今まで反逆者とされていたチャン・ボゴをドラマヘシンでは新しい見方でチャン・ボゴを捉え、英雄として成長していく姿を細やかに描いた作品になっています。

韓国ドラマヘシンは制作段階がら力をたいへん入れた作品となっており、制作費用として150億ウォンもの大金が投入されたことが話題を呼びました。さらに韓国のカリスマ的俳優チェ・スジャンを起用するなどキャスト陣にも力を入れ、そのことからドラマ放送初回から視聴率を爆発させ、韓国でヘシンは一大ブームを巻き起こしていきます。

ヘシン(海神)の視聴率

韓国の歴史ドラマヘシンは多くの人気を獲得し、圧倒的な視聴率を獲得したことで有名となっています。韓国で放送され、獲得した平均視聴率はなんと脅威の30%を記録し、その中で最高視聴率は36%と圧倒的視聴率で韓国を代表するドラマ作品へと昇りつめました。人気の理由となったのはこれまでにない時代背景と韓国の大人気俳優チェ・スジャンやソン・イルグクを起用したからだと考えられています。

ヘシン(海神)の主なキャスト・登場人物

韓国ドラマヘシンについてどのような作品であるかやヘシンの視聴率などについてご紹介しました。ドラマヘシンは壮大な歴史ドラマ作品となっており、最高視聴率を36%獲得するという驚異的な記録が分かり、人気を呼んだことがより一層分かる事が出来ました。次はドラマヘシンを最終回まで盛り上げていく登場人物や演じるキャスト陣についてご紹介していきます。

クンボク(チャン・ボゴ)/チェ・スジョン

チャン・ボゴはドラマヘシンにおいて主人公にあたる人物です。チャン・ボゴは元々清海の貧しい身分として生まれ、幼いときに父親を家族の手によって殺されてしまいます。そしてチャン・ボゴは成長し、父親の影響もあり、造船技術に優れた人物となっていきます。さらに弓の名手であったチャン・ボゴは自らの危機を好機に変えていくのに秀でており、奴隷剣闘士から清海鎮大使という身分に昇進していくことになります。

ドラマヘシンの主人公であるチャン・ボゴを演じたキャストは韓国の俳優であるチェ・スジャンです。チェ・スジャンは1987年に韓国のドラマ「愛が花咲く樹」で俳優デビューを飾ることになり、青春物の作品に多く出演することになります。そんな中2000年に放送された「太祖王建」でキャストとして出演したことをきっかけに多くの時代劇に出演することになり、現在は韓国で韓流時代劇王というあだ名がつけられました。

ヨムジャン/ソン・イルグク

ヨムジャンはドラマヘシンにおいて主人公チャン・ボゴの最大のライバルになる人物です。ヨムジャンは幼いころから親を知らず、海賊の手によって教育を受け、神業の如き武術を会得します。感情を一切出さないヨムジャンは幼い時にチャン・ボゴとチョンファに出会っており、チョンファに恋をしたヨムジャンはチョンファを側に置くのですが感情を露わにしないため、チョンファの影として生きることを選びます。

ドラマヘシンにおいて主人公チャン・ボゴのライバルであるヨムジャンを演じたキャストは韓国の俳優であるソン・イルグクです。ソン・イルグクは1998年にMBCのオーディションに受かり、俳優デビューを飾ると多くのドラマなどで活躍します。本記事のヘシンにキャストとして出演した際に演技力に好評な感想が多く集まり、2006年の韓国の歴史超大作「朱蒙」の主役に抜擢されることになりました。

チョンファ/スエ

チョンファはドラマヘシンにおいて主人公であるチャン・ボゴに想いを寄せることになる人物です。チョンファは貴族の娘として絶大な美貌を持っている女性で、幼少期に出会ったチャン・ボゴに恋をしたことがきっかけで数多くの苦難に巻き込まれていくことになってしまいます。どのような辛いこともチャン・ボゴのためなら乗り越えることが出来たチョンファはチャン・ボゴが唐に連行された際も追いかける純情ぶりを見せます。

主人公チャン・ボゴに恋をするチョンファを演じたキャストはスエという韓国の女優です。スエは2002年に韓国で女優デビューを果たすことになり、その後「ラブレター」など数多くの作品にキャストとして出演しました。その後スエの演技は高く評価を受け、視聴者からも好評な感想を集めたことから青龍映画祭新人女優賞や大鐘賞主演女優賞など数多くの功績を獲得しています。

ヘシン(海神)の全話あらすじネタバレ

ドラマヘシンの最終回までのあらすじで主要な登場人物とそれを演じているキャストについての基本情報をご紹介しました。著名キャストが数多く出演し、最終回まで高い視聴率を獲得し、多くの視聴者から好評な感想を数多く集めました。次は本記事の本題であるドラマヘシンについて最終回までのあらすじをネタバレ紹介していきます。

ヘシン(海神)1-10話あらすじネタバレ

ヘシン1話のあらすじをご紹介します。時は9世紀統一新羅時代と呼ばれる時代の中でチャン・ボゴという少年が奴隷の身分として働きながら中国の唐に行くことを望みます。唐に行くことを夢に見ていたチャン・ボゴはある日県令の息子の怒りを買ってしまい痛めつけられ、チャン・ボゴは剣術を学ぶことを誓います。そしてチャン・ボゴは市場にて見事な剣術を見せる少年を出会い、一気に魅了されていくのでした。

ヘシン第2話のあらすじをご紹介します。チャン・ボゴの父親はチャン・ボゴが中国の唐に行きたいというのを叶えるためにお金を集めようと考えます。そして父は違法な商船の修理を引き受けてしまい、その商船が実は海賊のものだったことが発覚します。命の危機を感じたチャン・ボゴと父は唐に逃亡を図りますが追ってが差し迫り、父は息子のチャン・ボゴを守るために身を投げ出すのでした。

ヘシン第3話のあらすじをご紹介します。海賊襲撃をなんとか生き延びたチャン・ボゴですが再び虜囚の身となってしまい無人島に送られてしまいます。そしてチャン・ボゴはそこで餓死寸前となってしまったところに県令の娘チョンファに助け出されるのですが新たに武珍州の放牧場に送られてしまい、重労働を強いられます。再び絶望の身となったチャン・ボゴはそこである男と出会い、人生が大きく変わっていくことになります。

ヘシン第4話のあらすじをご紹介します。時が数年経ち、チャン・ボゴは師匠のチェ・ムチャンのおかげで楽な仕事に配置されます。チャン・ボゴは師匠のおかげで武術の腕を上げており、武術大会で優勝して奴隷の身分から抜け出すことを夢にみます。そして武術大会当日となり、チャン・ボゴは水軍の徴兵に起用されてしまい、武術大会に出たいチャン・ボゴはそこから逃げ出して大会に足を運ぶのでした。

ヘシン第5話のあらすじをご紹介します。チャン・ボゴは武術大会において優勝者と戦う機会を与えられます。その相手となったのがなんと清海で武術を教えてもらった後のヨムジャンであるヨンムンでした。ヨンムンとの戦いは引き分けと終わり、チャン・ボゴはジャミ夫人に引き取られます。そこでチャン・ボゴはチョンファと再会します。そしてチャン・ボゴはジャミ夫人から官軍を襲撃するという命を与えられることになるのでした。

ヘシン第6話のあらすじをご紹介します。チョンファはある日司正副令の元を訪ねると司正副令が惨殺されているのを目撃し衝撃を受けます。そこに駆け付けたチャン・ボゴは怪しい人物を見つけて追いかけるのですが逆に返り討ちとなり、逃がしてしまいます。司正副令の死で窮地に追い込まれたジャミ夫人はその犯人をチャン・ボゴにしよと画策していくのでした。

ヘシン第7話のあらすじをご紹介します。作戦に失敗したチャン・ボゴは捕縛され、死刑を求刑されます。しかしチョンファの命乞いのお陰で九死に一生を得ますがチャン・ボゴは唐に奴隷として連行されます。唐で師匠と再会するのですがそこで清海からの仇敵であるチュンダルがチャン・ボゴにどの仕事よりも辛い城郭建築場に送ろうと画策するのでした。

ヘシン第8話のあらすじをご紹介します。城郭建築場に配属されたチャン・ボゴですがそこは極悪人の溜まり場となっており、その場所の頂点に君臨するリュサという人物が暴れまわっていました。ある日チャン・ボゴはリュサの怒りを買ってしまい、リュサを殺害してしまいます。それを知った現場監督はチャン・ボゴの力を利用してお金稼ぎを行おうと動きだすのでした。

ヘシン第9話のあらすじをご紹介します。揚州にいる新羅の商人ジャンギルに拾われたチャン・ボゴは再び城郭建築場に戻されます。そこでジャンギルはチャン・ボゴの力を見出しで奴隷剣闘士の候補として買い取ります。そこで最強の剣闘士になれば奴隷から抜け出せると知ったチャン・ボゴは訓練を行います。そんなチャン・ボゴの元にある男が訪ねてくるのでした。

ヘシン第10話のあらすじをご紹介します。過酷な訓練を続けるチャン・ボゴは脱落する仲間を見ながらも生きることに執着していきます。剣闘場出場前日、ジャンギルはチャン・ボゴに外の世界を見れば執念が強くなると言い、市場に連れ出します。そこでチャン・ボゴは永遠に別れたはずだったチョンファを目撃することになるのでした。

ヘシン(海神)11-20話あらすじネタバレ

ヘシン第11話のあらすじをご紹介します。チャン・ボゴは剣闘場で揚州一の武勇を持つ勇将に剣を突き立て勝利します。そこで観客席を見るとジャミ夫人の姿が見えて困惑します。その日の翌日剣闘士最強を決める戦いが行われることになり、チャン・ボゴの前に師匠であるチェ・ムチャンが立ちふさがり、師弟対決の幕が上がることになってしまいます。

ヘシン第12話のおあらすじをご紹介します。商団の一員がある日禁制品を持ち込み、その罪でチョンファが捕らえられます。チョンファを助けるためにチャン・ボゴは剣闘士として戦い、報奨金で助け出します。それを知ったチョンファは自分がチャン・ボゴを苦しめていると感じ別れを告げます。しかしそのことに納得できないチャン・ボゴは再度チョンファに想いを告げることになっていくのでした。

ヘシン第13話のあらすじをご紹介します。チャン・ボゴは毒矢に射られてしまう事件があり、ヨンムンは必死で救護をし、なんとか一命を取り止めます。一方揚州では新羅商房の代表であるソル・ピョンが奴隷貿易禁止令を出し、それを知ったジャミ夫人は反発し、ある企みを思いつきます。そしてその奴隷貿易禁止令は代表選挙の結果によって決まることになるのでした。

ヘシン第14話のあらすじをご紹介します。ソル商団よりも早く柳州に到着していたヨンムンは絹を大量に仕入れ、絹の値段を吊り上げる行為にでます。遅れて到着したソル商団が絹を買うときには値段が高騰しており、待つのですが値段が下がることがありません。赤字覚悟で仕入れを行うところにヘクンボクが登場し、まだ待つように指示をするのでした。

ヘシン第15話のあらすじをご紹介します。ソル商団が運搬していた船が沈没してしまい、節度使は期限内に長安に税穀を届けないと海の運航権を剥奪することを宣言します。危機に陥ったソル・ピョンはチャン・ボゴにある任務を与えます。その頃ジャミ夫人はそのことを好機と捉え、節度使にある提案を行うのでした。

ヘシン第16話のあらすじをご紹介します。運河の運航権を奪われたソル・ピョンは危機を脱するためにチャン・ボゴを重役に就け、組織復興を願います。ソル・ピョンはチャン・ボゴという名前を与え、大きな富を獲得して世の中に施しをするよう激励します。チャン・ボゴは商団が事故にあったことの詳細を聞き、組織復活の策を思いつくのでした。

ヘシン第17話のあらすじをご紹介します。チョンファはある日チャン・ボゴの死を聞き、自殺しようとしたところヨンムンに助け出されます。看病で一夜を共に過ごすことになった二人にジャミ夫人は結婚を申し渡します。困惑したチョンファぬいヨンムンはジャミ夫人から逃げるのならば自分を犠牲にするといいと告げます。その後二人の噂が街中に広がったころ死んだはずのチャン・ボゴが帰ってくるのでした。

ヘシン第18話のあらすじをご紹介します。イ・ドヒョンはソル商団を襲撃した事実がバレると全て失ってしまうと考え、証拠隠滅を図ろうと画策します。チャン・ボゴはそのこと知り、ジャンギル達とともに担当者を罠にはめてドヒョンの策を打破します。ドヒョンは追い詰められることになり、それを知ったジャミ夫人はドヒョンを助けるふりをすることになるのでした。

ヘシン第19話のあらすじをご紹介します。ドヒョン商団が壊滅したことによりジャミ夫人は揚州の商権を獲得します。一方ソル・ピョンから商団の立て直しを依頼されており、その依頼を達成するために唐で需要は減っている商品を購入してある国に売る事で、商団の復活を図ろうとするのでした。

ヘシン第20話のあらすじをご紹介します。突然揚州に唐の宰相が訪れ、ソル・ピョンを朝廷の軍商に任命します。ソル・ピョンは利益を望めるが実際厳しい状況で、代わりに代唐新羅人の地位向上を約束します。ほかの人々は反対し、最終的にソル商団とチョ商団のみで遠征をすることになります。その頃宰相暗殺のために潜入していたヨンムンは厳重な警備で苦戦します。その時あるチャンスが巡ってくることになっていくのでした。

ヘシン(海神)21-30話あらすじネタバレ

ヘシン第21話のあらすじをご紹介します。大運河に到着したチャン・ボゴは運河を封鎖している敵兵を倒し運河を突破していきます。それを聞いた平盧シセイ軍の李師道将軍はチャン・ボゴを捕獲するよう命じヨンムンとチェリョンはチャン・ボゴをおびき寄せます。チャン・ボゴは人質のチェリョンと交換で捕虜になってしまいます。それを知ったチョンファはヨンムンに条件を出してチャン・ボゴ救出を試みることになっていきます。

ヘシン第22話のあらすじをご紹介します。ジャミ夫人が反乱軍の李師道将軍の軍商になることを知ったチャン・ボゴは急ぎチョンファを揚州に返すように要求します。しかし時が過ぎてしまい、反乱軍と唐の調停が本格的に戦争を行ってしまいます。各商団は逃げようとしますが節度使の指示の元、商団の護衛兵を軍に徴集することを命じます。そしてまたしても商団存続の危機を向かえることになってしまうのでした。

ヘシン第23話のあらすじをご紹介します。武寧軍大総管ワン将軍を救出したチャン・ボゴはワン将軍から好評な感想を頂くことになり武寧軍軍中少将に任命されます。一方ヨンムンはワン将軍を奪取され行方不明になり、李師道率いる平盧シセイ軍は撤退します。そして一気に武寧軍が戦況を有利に進め、イ・ドヒョンは李師道を破る策を講じることになっていきます。

ヘシン第24話のあらすじをご紹介します。ヨンムンは朝廷に捕縛されたドヒョンを救出に向かった時にヘチャン・ボゴが駆けつけることになり、ヨンムンは逃げ出します。揚州では李師道の陣に武器を輸出していたワン商団が捕縛され揚州港は封鎖されます。そしてどうしても新羅に帰らなければいけないジャミ夫人はある危険な賭けに出るのでした。

ヘシン第25話のあらすじをご紹介します。ヨンムンはチョンファを連れて逃亡を画策するもチャン・ボゴの軍に追撃され、負傷します。ヨンムンはチョンファだけを逃がし自らは断崖に追い詰められてしまいます。その後長きに渡った戦乱は終わりを告げ、チャン・ボゴは多大な功績の成果で武寧軍総管に任命されます。しかしチャン・ボゴは断りソル商団に戻り、運命を賭けた取引が待ち受けるのでした。

ヘシン第26話のあらすじをご紹介します。ある日ジャミ夫人が武珍州都督と揚州を訪れ、絹を供給する商団を探しているというと新羅商房の代表達は色めき立ちます。ジャミ夫人に取り入ろうとする者たちのせいで新羅商房は分裂の危機に陥り、チャン・ボゴはジャミ夫人に大きな損害を与えることを画策します。なんとか危機を脱したチャン・ボゴでしたが新たな問題が浮上してくることになってしまいます。

ヘシン第27話のあらすじをご紹介します。チャン・ボゴは武珍州にて海賊討伐を進言しますが武装勢力の介入を良しとせず拒否されます。チャン・ボゴはそこでジャミ夫人に説得を依頼しますがジャミ夫人はある作戦を思いつきます。一方ジャミ夫人の商団が武珍州の商権を奪われる事態が発生し、ジャミ夫人は怒りの感想を述べ慌てることになっていくのでした。

ヘシン第28話のあらすじをご紹介します。新羅の侍中であるウジンはチャン・ボゴの海賊討伐を認めることになりジャミ夫人は苛立ちの感想を吐き捨てます。さらに商権奪取の犯人がチョンファだということが判明しジャミ夫人はさらに激怒します。一方チャン・ボゴは海賊討伐の拠点を定め、父の墓参りを行います。そしてチャン・ボゴが海賊討伐を宣言している頃偵察に行っていたチャン士官が襲撃を受けることになってしまいます。

ヘシン第29話のあらすじをご紹介します。偵察に行っていたチャン士官が襲撃を受けていた頃チョンファの背後関係をジャミ夫人は調べており、チョンファは王位継承者ウジンが後ろ盾になっていることが判明します。そしてジャミ夫人はチョンファを排除するにはウジン殺害が必要と考え、ヨンムンに暗殺を命じます。

ヘシン第30話のあらすじをご紹介します。ウジンの屋敷に暗殺者が訪れ一気に警戒態勢となります。チャン・ボゴはその犯人がヨンムンで、後ろにジャミ夫人がいることを突きとめます。その中でスンジョンからヨンムンの短刀でチョンファが倒れたこととチャン・ボゴが護衛する商団がチョンファの商団であったことを聞かされます。まもなくしてチョンファは意識を取り戻しチャン・ボゴと二年ぶりの再会を果たすことになります。

ヘシン(海神)31-40話あらすじネタバレ

ヘシン31話のあらすじをご紹介します。徳津浦を出港したチャン・ボゴ達は新たに海賊が多発しているサダン島に入ることになります。その後海賊の猛攻撃が始まり、島ではヨンムン達が待ち伏せを行っていました。その戦いでチャン・ボゴは商船を一つ失う失敗をし、ジャミ夫人とドヒョンの策謀に対し怒りを爆発させます。そしてチャン・ボゴはドヒョンへの反撃作戦を開始するのでした。

ヘシン第32話のあらすじをご紹介します。チャン・ボゴはヨンムンに捕縛されたピョンを救出するためにドヒョンを捕縛して交換条件を出します。しかしジャミ夫人はドヒョンとの関係がバレるのを恐れ、ドヒョン暗殺を考えるが人質交換のことを知るとジャミ夫人はある作戦に出ます。そしてついに両陣営において人質交換が行われようとするのでした。

ヘシン第33話のあらすじをご紹介します。ソルは人質交換で負傷し、チャン・ボゴは復讐心でいっぱいになります。そこでソルはチャン・ボゴを揚州へ帰還させます。しかし揚州でもソルの体調は治ることはなく、チャン・ボゴに遺言を託します。一方ジャミ夫人はチョンファに脱税を告発され窮地に陥ります。それに対し怒りの感想を言いながらジャミ夫人はチョンファ孤立を狙う策略を張り巡らせるのでした。

ヘシン第34話のあらすじをご紹介します。揚州を訪れたチョンファはチャン・ボゴにウジンが海賊と通じた理由で王都に連行されたことを伝えます。ウジンは新羅に戻る決断をし、連行され、一緒にチャン・ボゴも連行されウジンの政敵から嘘の自白を強要されます。その頃チャン・ボゴ排除に歓喜の感想を述べたジャミ夫人はドヒョンと共に天下統一に乗り出そうとするのでした。

ヘシン第35話のあらすじをご紹介します。チャン・ボゴのお陰でウジンは解放され、腐敗した王朝一掃を宣言します。初めにジャミ夫人と協力している武珍州総督排除を掲げます。一方チャン・ボゴは海賊討伐時に民から応援の感想を多く寄せられることになります。そしてチャン・ボゴは海賊本陣に突撃し、劣勢となったドヒョンは脱出し、ジャミ夫人に助けを求めることになったのでした。

ヘシン第36話のあらすじをご紹介します。海賊の居場所が判明したチャン・ボゴは討伐に乗り出すのですがヨンムンは不在で代わりにドヒョンを追い詰めます。チャン・ボゴは降伏勧告を行い、海賊は次々と投降します。それを知ったヨンムンは腹心を偽造投降させ、自らチャン・ボゴとの決戦に挑むのでした。

ヘシン第37話のあらすじをご紹介します。新しい武珍州総督ヤンを取り込むためにジャミ夫人はヤンの出世欲を知り、ヨンムンを利用すると同時にヨンムンへの支援を約束します。その頃チャン・ボゴとヨンムンはそれぞれの決意の元最終決戦の幕が上がり、二人の因縁の対決の終止符が打たれようとするのでした。

ヘシン第38話のあらすじをご紹介します。チャン・ボゴとヨンムンの決戦から二年が経ち、揚州の商人へと再びなったチャン・ボゴは清海鎮を拠点に唐や新羅、日本などと貿易を開始します。多くの利益を獲得したチャン・ボゴは王から評価され、新羅王に招集を受けたチャン・ボゴはそこで大役を任されることになっていくのでした。

ヘシン第39話のあらすじをご紹介します。海鎮大使という役職に就いたチャン・ボゴは海外貿易の拠点作りのために改革を行います。そこで商税廃止を行ったことは大きな利益を生み、敵であるジャミ夫人までもが取引をしにやってきます。一方ヨンムンは力でチャン・ボゴを倒せないと悟り、復讐のためにヤンの元でヨムジャンと名前を変え、新たな人生を始めることになります。

ヘシン第40話のあらすじをご紹介します。ある日チャン・ボゴとチェリョンを結ぶためにジャンギルはチョンファに結ばれるよう協力を仰ぎます。チョンファはチャン・ボゴへの想いを断ち切るために̪泗洋島に行った時、偶然にもチャン・ボゴと出会います。その頃ヨンムンは学問を学ぶために寺で修行をするのですがチャン・ボゴの部下ハジンに正体が暴かれてしまうことになります。

ヘシン(海神)41-50話あらすじネタバレ

ヘシン第41話のあらすじをご紹介します。ヨムジャンはウジンの権力を手に入れるために腐敗貴族撲滅を掲げるウジンに取り入ります。その頃ハジンを襲った犯人を捜すチャン・ボゴは寺に怪しい人物がいることを知り調査をするとヨムジャンの存在が判明します。その中で王位継承者のミョンが訪ねてくることになり、その横暴さからチャン・ボゴは怒りの感想を述べ、新たに戦いを交えることになってしまいます。

ヘシン第42話のあらすじをご紹介します。清海から追放されたミョンは侍中の座に就いてチャン・ボゴを都に呼び出します。ミョンはチャン・ボゴにある提案をしますがチャン・ボゴはすぐに断り、二人の関係は悪化します。その頃ウジンは権力争いに敗退し、ミョンと戦うことを決意します。そこで武力で優位になるのがいいとヤンの進言を聞き、ヤンはヨムジャンにミョン暗殺を命じるのでした。

ヘシン第43話のあらすじをご紹介します。ウジンとミョンの内紛は激化の一途をたどり、王はそれを見てチャン・ボゴに王の証である玉璽を渡します。それを知ったヤンとヨムジャンはウジンに渡すために奪い取ろうします。しかしそれはウジンの手によって回避されることになり、ウジンはチャン・ボゴに諭されることになって父親を王位に就けようとします。しかし戴冠式でミョンとジャミ夫人の襲撃を受けてしまうことになります。

ヘシン第44話のあらすじをご紹介します。反乱によってミョンが都の実権を司ることになり、ジャミ夫人はチャン・ボゴにウジンを差し出す代わりに部下になるよう提案します。戦争を匂わす発言をしますがチャン・ボゴは断ります。一方行き場所を失ったヤンとヨムジャンはチャン・ボゴに降伏します。投降を受け入れるか否か迫られたチャン・ボゴはヨムジャンに苦渋の決断を下すのでした。

ヘシン第45話のあらすじをご紹介します。チャン・ボゴの元にウジンとヨムジャンが集まったことを知ったジャミ夫人は急遽ヨムジャンを呼び出してチャン・ボゴ暗殺を依頼します。そしてジャミ夫人はミョンを即位させて唐の皇室を利用しようと企みます。その後清海鎮の危機にチャン・ボゴはヨムジャンを連れて唐に向かうことになっていくのでした。

ヘシン第46話のあらすじをご紹介します。ジャミ夫人の策略によって清海鎮は唐との貿易を断絶され、窮地に陥ります。そこでチャン・ボゴは揚州に行き、ジャミ夫人と再会します。そしてチャン・ボゴはジャミ夫人の策略を知り、それを阻止するため動き始めます。しかし唐では阻止を成すことが出来ないと判断し、チャン・ボゴは新羅に戻りジャミ夫人とミョンを討伐することを誓うのでした。

ヘシン第47話のあらすじをご紹介します。新羅に戻ったジャミ夫人はミョンと共に清海鎮へ襲撃するため準備をします。チャン・ボゴもウジンを平東軍大将軍に任じ、都に進撃をする準備を整えます。そんな中チャン・ボゴを支援するために船団を率いていたチョンファがジャミ夫人の部下に襲撃され捕縛されてしまいます。

ヘシン第48話のあらすじをご紹介します。ジャミ夫人は捕縛したチョンファを引き換えにウジンを差し出すようチャン・ボゴに提案します。チャン・ボゴは苦渋の決断をし、ヨムジャンチョンファ救出を命じます。兵数の差を見せつけられ圧倒的に不利な戦況を覆すのはヨムジャンの手に委ねられることになっていくのでした。

ヘシン第49話のあらすじをご紹介します。戦争の結果チャン・ボゴとヨムジャンの活躍によって勝利し、ウジンが玉座に就くことになります。しかしウジンがチャン・ボゴを信頼していることが気に入らないヤンはヨムジャンにチャン・ボゴ暗殺を命じます。そしてヨムジャンはチャン・ボゴへの友情や嫉妬など様々な想いが交差し、心が揺れ動くのでした。

ヘシン第50話のあらすじをご紹介します。ヤンは自らの野望を露わにし、ウジン暗殺や即位したウジンの子の妃として自分の娘を嫁がせるなどの暴挙を行います。そしてその様子を見たチャン・ボゴはヤンへ戦争を辞さない覚悟を見せることになります。一触即発状態の中ヨムジャンは戦争阻止のため単身で清海鎮へ乗り込むのでした。そしてドラマヘシンは最終回を迎えていくことになります。

ヘシン(海神)最終回あらすじネタバレ

ヘシン最終回のあらすじをご紹介します。ヤンが指揮をする王都軍が差し迫る中、チャン・ボゴとヨムジャンの決断が命運を分けることになります。そして清海鎮が滅ぶのか存続するのかという最終決戦が幕を上げようとしまう。そしてチャン・ボゴが歴史通りの反逆者かそれとも英雄なのか歴史の真実が解明されることになっていくのでした。

ヘシン(海神)の最終回を観た感想や評価は?

ドラマヘシンを最終回まで観た視聴者の感想で最も多くあったのが最終回の結末が以外な終わり方をしたという感想です。最終回でチャン・ボゴとヤンの最終決戦が行われることになり、都がどうなったか知りたいと感じる方も多い印象でした。しかし感想でもあるようにチャン・ボゴの裏切られても信じる純粋な心は素直に尊敬できると感じました。

ヘシン(海神)の全話ネタバレあらすじとキャストまとめ

韓国の歴史ドラマヘシンについて最終回までのあらすじネタバレやキャスト陣、そして視聴者の感想などをまとめてご紹介しました。ドラマヘシンは最終回まで手に汗握る緊張感に溢れた作品となっており、最後まで目が離せない作品であることが分かりました。本記事のヘシンに関する最終回までのあらすじネタバレや視聴者の感想を見てご興味頂けましたら是非ドラマヘシンをご覧ください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ