人間・失格のドラマ最終回は?キャストやネタバレあらすじ、再放送の可能性を考察

『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』は、1994年にTBS系列で放映されたテレビドラマです。その学校でのいじめや体罰で息子を死に追いやられた父親による復讐劇という内容は、大きな反響を呼びましたが、一方で、そこで描かれたいじめや暴力の陰湿かつ過激な表現は、視聴者から多くの批判にさらされることにもなりました。ここでは、そんな問題のドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』の現在における再放送の可能性を、あらすじや最終回のネタバレおよび主要キャストの紹介と合わせて、考えていきます。

人間・失格のドラマ最終回は?キャストやネタバレあらすじ、再放送の可能性を考察のイメージ

目次

  1. 人間・失格のドラマ最終回や再放送の可能性について
  2. 人間・失格に登場するキャストは?
  3. 人間・失格のドラマあらすじをネタバレ紹介!
  4. 人間・失格のドラマ最終回についてネタバレ!
  5. 人間・失格のドラマ再放送の可能性について考察!
  6. 人間・失格のドラマ主題歌は?
  7. 人間・失格のドラマあらすじと最終回をネタバレまとめ!

人間・失格のドラマ最終回や再放送の可能性について

『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』は、時にタブーに切り込んでいくことも厭わない野島伸司脚本によるテレビドラマです。番組開始時のタイトルは『人間失格』で、太宰治の同名小説と全く同じものでしたが、太宰の遺族からクレームが入ったことで、第2話放送時より、現行タイトルへと一部修正されました。

しかし、その後も、そのいじめや暴力の過激で陰湿な描写から、「興味本位な内容」として批判を受けることになり、前半の視聴率は苦戦を強いられますが(第2話は9.8%)、第6話からはコンスタントに20%台に乗り、最終回では28.9%の数字を叩き出しました。そんな数々の問題に見舞われたドラマ『人間・失格』ですが、その現在における再放送の可能性を、キャスト紹介と最終回のネタバレを交えながら、考察していきます。

人間・失格に登場するキャストは?

ドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』は、現在人気・知名度を確立しているアイドルデュオや名脇役などがキャストとして出演し全国的にブレイクした作品でもあります。その点からも彼らの出世作である本ドラマの再放送を望む声があるかもしれません。ここでは、そんなドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』の主要キャストを、あらすじや最終回のネタバレに先駆けて、紹介していきます。

赤井英和/大場衛(キャスト①)

大場衛役の赤井英和は、元プロボクサーの俳優、タレントです。ボクサー時代には、その活躍ぶりから「浪速のロッキー」と呼ばれ、引退後転身した俳優としては、1989年、阪本順治監督の映画『どついたるねん』で主役デビューを果たします。また、『人間・失格』と同じ野島伸司脚本のドラマ『高校教師』では、厳しさと優しさを兼ね備えた体育教師役を演じています。

堂本剛/大場誠(キャスト②)

大場誠役を演じる堂本剛は、アイドルデュオ・KinKi Kidsのメンバーとして人気を博す歌手、俳優、タレントです。同デュオの相方であり、『人間・失格』で影山留加役を演じた堂本光一とは、同じ苗字ではあるものの、血縁関係はありません。また、大場衛役を演じた赤井英和とは、その後、同じTBS系ドラマ『セカンド・チャンス』と『to Heart 〜恋して死にたい〜』で共演を果たしています。

横山めぐみ/大場夏美(キャスト③)

大場夏美役を演じる横山めぐみは、1987年、フジテレビ系ドラマ『北の国から'87初恋』で、純(吉岡秀隆)の初恋相手である大里れい役でデビューした女優です。2002年には、同じフジテレビ系の『真珠夫人』でヒロインを演じ、昼ドラブームを巻き起こしました。その後も、多くのドラマ作品で活躍しています。

桜井幸子/森田千尋(キャスト④)

森田千尋役を演じる桜井幸子は、1993年、大きな反響を呼んだ野島伸司脚本のドラマ『高校教師』で、女子高生ヒロインの二宮繭役を演じ、一躍人気女優の仲間入りを果たします。その後、『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』(1994)、『未成年』(1995)と、いわゆる「TBS野島三部作」すべてに、引き続き常連として出演しましたが、2009年12月31日をもって芸能界を引退しています。

加勢大周/新見悦男(キャスト⑤)

新見悦男役を演じる加勢大周は、1990年、桑田佳祐が監督した映画『稲村ジェーン』で主役に抜擢され俳優としてデビューします。吉田栄作・織田裕二とともに「トレンディ御三家」と呼ばれ人気を博しますが、一方で、所属事務所からの独立をめぐるトラブルにも見舞われます。その後、台湾のテレビドラマへも出演し、現地で人気を集めますが、2008年、覚せい剤取締法違反などの罪で逮捕され、芸能界引退を表明しました。

斉藤洋介/宮崎信一(キャスト⑥)

宮崎信一役を演じる斉藤洋介は、時に「モアイ」とも形容される特徴ある顔つきから、多くのドラマ作品で存在感のある脇役として活躍している俳優です。『人間・失格』では、生徒に激しい体罰を加える学年主任の体育教師を演じ、悪人役のイメージが広まりますが、同じ野島伸司脚本のドラマ『聖者の行進』では、一転、心優しい工場の現場監督を演じ切り、以降、様々な役柄を演じ分ける役者として、その地位を確立しています。

堂本光一/影山留加(キャスト⑦)

影山留加役を演じる堂本光一は、アイドルデュオ・KinKi Kidsのメンバーとして人気を博す歌手、俳優、タレントです。同デュオの相方であり、『人間・失格』で大場誠役を演じる堂本剛とは、同じ苗字ではあるものの、血縁関係はありません。ちなみに、その知名度を全国的に広く知らしめた影山留加役は、全部で百数十人が受けたというオーディションで、実力で勝ち取ったものです。

黒田勇樹/武藤和彦(キャスト⑧)

武藤和彦役を演じる黒田勇樹は、幼少時よりCMや雑誌でモデルとして活躍し、1990年、8歳にして、帝国劇場のミュージカル『オリバー!』で、主役のオリバー役を演じることになります。『人間・失格』出演時は、まだ小学6年生でしたが、存在感のある演技を見せ、また、1998年には、山田洋次監督の『学校III』に出演し、数々の賞を受賞しました。2010年からは、フリーランスとして活動しています。

人間・失格のドラマあらすじをネタバレ紹介!

ドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』は、大きく分けて、少年・大場誠が学校でのいじめや体罰で死に追いやられていく前半と、息子を失った父親・大場衛が復讐に向かっていく後半という二部構成になっています。ここでは、ドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』の最終回直前までのあらすじをネタバレしていきます。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第1話:イジメの法則

大場誠は、父・衛とその再婚相手で妊娠中の夏美とともに、神戸から東京へと引越してきます。優秀だった誠は、進学校である修和学園中等部3年A組に編入しましたが、編入試験の成績は学年トップクラスで、同じく学年トップの成績だった影山留加と気が合い、友人になります。

ところが、学校では、飼育されていたウサギの血が抜かれる事件が起こり、また、誠のクラスでは、それを元にした武藤和彦へのいじめが行われていました。担任である森田千尋は、ホームルームでいじめの話題を取り上げますが、生徒たちはお喋りに夢中で話を聞こうとしません。それに苛立った誠は、立ち上がって発言します。しかし、それがきっかけで「生意気だ」と目をつけられ、誠をターゲットにしたいじめが開始されます。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第2話:仮面の友達

誠へのいじめは、机の中にゴミを入れられたり、教科書を黒く塗りつぶされたり、給食に釘や鉛筆の削りカスなどを放り込まれたりといった陰湿なものでした。また、体育の時間、柔道着を隠され、仕事でも私生活でも不満を抱えていた学年主任で体育担当の宮崎信一に目をつけられ、きつくしごかれます。また、誠は、学外で会った留加に、「君と話すと今度は僕が標的になる」と言われます。

また、誠は、社会科教師・新見悦男の万引き現場にたまたま出くわします。口止めとして、新見は誠を写真部に誘い、備品の古いカメラを譲ります。その後、誠は、掃除中だったウサギ小屋の前で、クラスメートたちから暴行を受けますが、新見は、その様子を準備室の窓から見ていました。一方、誠は、気を失う間際、暴行したクラスメートたちの中に留加の姿があるのを、ぼんやりとですが、見かけます。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第3話:禁じられた少年愛

留加は、誠に「君を守る」と約束し、以後、いじめは沈静化します。一方、宮崎は、見合い相手に振られたことから、不満な気持ちを発散しようと、女装して街を歩きます。ところが、その様子を収めた写真が、学校でばらまかれます。

宮崎は、写真部の誠のロッカーのなかでネガを発見し、誠にプールで激しい体罰を加えます。疲れ果てプールサイドで気を失って倒れていた誠ですが、そこに留加が現れ、誠にキスをします。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第4話:引き裂かれた絆

留加は、母との間に愛憎入り混じる複雑な思いを抱えていました。そんな中、彼は、下駄箱に、隠し撮りされた母親のベッド写真が入っているのを発見します。また、母の裸体合成写真が誠の教科書に挟まっていたことから、誠を犯人として疑い、無視するようになります。

留加は、腹いせに武藤の腕を折ります。そして、彼に「骨折は誠にやられた」と言わせ、衛が学校に呼ばれることになります。衛は、以前、新見から、「誠が写真部備品のカメラを盗んだ」と言われていたこともあり、自慢だった息子を信じられなくなっていきます。その後、誠へのいじめが再び始まることになり、誠は、腹痛を装い登校拒否しようとしますが、聞く耳持たない父に強制的に行かされることになります。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第5話:逃げない勇気

誠は、学校から逃げ出し、夜になっても帰宅しませんでした。翌朝、衛は、単身神戸へ向かい、亡き妻の墓前で倒れている誠を発見します。そして、誠を優しく抱き留め、元の学校に戻ることを提案します。しかし、誠は、久しぶりに父と仲良く遊んだ後、こっそり忍び込んだ球場でキャッチボールをしながら、「逃げずに学校に行く」と、衛に笑顔で言います。

翌日、登校した誠は、クラスメートたちに屋上に連れていかれます。それを見かけた新見は、準備室の窓から、カメラを構えます。留加は注射針を取り出し、誠の血を抜こうとしますが、すんでのところで「出来ない」と踏みとどまります。しかし、武藤が後を引き受けようとしたことから、誠は足場の悪い屋根の上へと逃れます。留加が手を差し出して、「つかまれ」と助けようとしますが、誠は足を滑らせ落ちてしまいます。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第6話:最後の手紙

屋上から転落した誠は意識不明で病院に運ばれます。いじめグループは武藤主導のもと靴をそろえるなどして誠の転落を自殺に見せかけ、学校は事件を大ごとにしないように事なかれ主義に走ります。一方、衛はろくに話も聞かず殴ってまで学校に行かせた自分を責め、夏美は「本当の母親であれば誠の気持ちをもっとよく理解してあげられたのだろうか?」と、森田に辛い胸の内を吐露します。

そして、誠は、病院で死亡します。体罰がバレるのではないかと怯えていた宮崎は、トイレで笑いをこらえることができません。そんな中、葬儀の席に、誠が文通していた前の学校の女子生徒がやってきます。彼女は、誠が最後の手紙に「殺される」と書いてきたことを告げ、衛にその手紙を渡します。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第7話:父の復讐I

衛は、「学校でいじめがあったのではないか?真実を知りたい」と、誠の遺骨を持って校門前に立ちます。また、誠の落下場所でたまたま会った武藤たちに「本当のことを教えてくれ」と迫りますが、通りかかった宮崎に、「学校のせいにして、慰謝料目当てでこんなことやってるんだろ?」と追い払われます。

そんな中、衛の家に差出人不明の郵便物が届きます。中には、宮崎による誠への体罰の様子を写した写真が入っていました。雨の中、衛は、宮崎を呼び出し、「誠に謝ってくれ」と頼みます。しかし、宮崎は、写真をいたずらとして取り合わず、ちぎって捨ててしまいます。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第8話:父の復讐II

衛は、生まれてくる赤ん坊のこともあり、「誰かのせいにする前に自分がしっかりしなければ」と思っていましたが、そこに再び宮崎による体罰写真が送られてきます。自分を抑えることができなくなった衛は、誠が体罰を受けていたプールへと向かい、そこにいた宮崎を、何度も何度も殴りつけ、水に沈め、殺してしまいます。

一方、新見は、誠が死んでから学校を休んで部屋に閉じこもったきりの留加のもとをよく訪ねていました。担任の森田は「自分へも報告してほしかった」と軽い気持ちで言いますが、逆に新見を怒らせてしまいます。新見は留加の置かれた環境に昔の自分を重ねていて、そんな彼への愛情と嫉妬から誠を追い詰めたのでした。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第9話:少年の亡霊

宮崎を殺したのは誠の亡霊ではないかという噂が校内で広まっている中、衛は、誠のクラスへ行き、手紙の存在を知らせ、「謝ってくれ」と言います。まずいと思ったいじめグループの生徒たちは、夜、衛の自宅に忍び込み、手紙を盗もうとしますが、夏美に見つかります。辛くも逃げおおせますが、一人の頬には、爪で引っ掻かれた傷が残りました。

留加は、新見が誠の死に関わっていることを知り、彼にナイフを向けますが、「僕はただシャッターを押しただけ。殺したのは宮崎や君だ」と言われます。それを受けて、夜、留加は、誠の後を追おうと学校の屋上から飛び降りようとしますが、駆け付けた母や森田や刑事たちに止められます。しかし、その後、眠り込んだ留加は、それっきり目を覚まさず、昏睡状態に陥ってしまいます。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第10話:残された標的

衛は、頬に絆創膏を貼った生徒を追いかけ、「宮崎殺しは俺だ」と脅し、誠をいじめた生徒の名前を白状させます。その中には留加の名前もありました。衛は、留加を殺しに彼の家へ行きますが、昏睡状態の彼が涙を流しながら「誠」とうわごとを言う様子を見て、殺害を思い止まります。

その後、昏睡状態から目覚めた留加は、全ての記憶を失っていて、母と二人で田舎に戻ることになりました。一方、衛は、いじめグループの一員だった松野という少年を、殺害のために呼び出します。しかし、いじめグループのもう一人から全ての事実をようやく知ることになった森田が駆け付け、「この子にも親がいるんです!裁判をしましょう!担任として、いじめや体罰の事実を必ず証明します!」と説得します。

ドラマ『人間・失格』あらすじネタバレ第11話:最後の対決

松野は、森田に助けられたことから、裁判で真実を明らかにすることを約束します。しかし、今度は彼を標的としたいじめが、武藤主導で始まります。最初こそ抵抗していた松野ですが、親の家業への圧力をちらつかされたことから、ついに屈することになり、「いじめはなかった」と学校に報告することになります。

一方、衛の自宅には、新たな写真が送られてきていました。誠が屋上から落下する瞬間の写真でした。「こんなのを撮る暇があったなら助けられたはずだ!」と怒りに震える衛は、事件の黒幕として、新見に思い至ります。新見に電話で、「写真を送ってきたのはあんたですか?」と聞くと、「ええ、なかなかよく撮れていたでしょ」と答えが返ってきました。

人間・失格のドラマ最終回についてネタバレ!

一人の少年が死に追い込まれていく過程には、子供たちだけではなく大人たちもまた生きづらさを感じざるを得ない社会が、背景としてありました。それでは、ドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』の最終回をネタバレしていきます。

ドラマ『人間・失格』最終回ネタバレ①:誠は許すよ

松野は、大場家を訪れ、遺影に手を合わせます。そして、迎えた夏美に、自分がいじめグループの一員だったことを明らかにし、許しを請います。しかし、裁判で証言はできないことも同時に付け加えたため、それを聞いた夏美から、きっぱり「許さない」と言われてしまいます。一方、誠も留加もいない中で学年トップの成績を取っていた武藤は、その順位を維持するプレッシャーに耐えられず、試験中に大きく取り乱してしまいます。

新見への復讐を目論む衛は、忍び込んだ社会科準備室の窓から、松野を見かけ、後を追います。松野は、体育館の倉庫で、首を吊って自殺しようとしていました。衛は、背後から駆け寄って、彼を助けます。そして、「お父さん」と思わず漏らした松野に、一言答えます、「誠は許すよ」と。

ドラマ『人間・失格』最終回ネタバレ②:誠が知らせたんでしょう

宮崎を殺したプールで、衛は、新見と対峙します。新見は、今まで自分が裏で糸を引いていたこと、写真を撮っていただけでは罪にならないこと、そして、次は自分を殺そうとする人間の顔を撮ってみたいことなどを、とうとうと語ります。衛は「能書きはもういい。俺が聞きたいのは一つだけ。屋上の写真を撮る前に息子を助けることはできたか?」と聞き、新見はほくそ笑んで「あるいは」と答えます。

それを聞いた衛は、新見の首を絞めて殺そうとします。一方、新見は、自分を殺そうとする衛の写真を撮り続けます。そこに、森田が、刑事たちと駆け付け、「その人を殺さないで」と懇願します。その時、衛は、水面に、誠の顔の幻が映ったのを見て、殺害を思いとどまります。そして、刑事に連行されますが、通りすがりに、森田に告げます、「松野が首を吊ろうとしていたのを助けた。誠が知らせたんでしょう」と。

ドラマ『人間・失格』最終回ネタバレ③:自分を愛するように、友達を愛してあげて

森田は、新見の前で、彼の撮った写真の数々をシュレッダーにかけて処分します。彼とは婚約もしていましたが、それも解消しました。また、学校にも辞表を提出し、体育館での臨時集会で、全校生徒を前に、あいさつをすることになります。そこで、彼女は、「大場誠君を殺したのは、ここにいる私たちみんなです」と演説を始めます。

「あなたたちは、生きている実感が持てないでいる。だから、他人に血や涙を流させることで、生きている実感を得ようとする。でも、それは自分自身の血や涙ではない。あなたたちは、生まれてきた事だけで、もう十分に素晴らしい。自分自身の命の素晴らしさに気づいて。そして、同じように友達の命の素晴らしさにも気づいて。自分を愛するように、友達を愛してあげて」と、森田は語ります。

演説中、他の教師たちに促され、大半の生徒たちは退場しますが、わずかながらその場に残った生徒たちもいました。その中に、森田は、誠の幻を見ます。

ドラマ『人間・失格』最終回ネタバレ④:7年後

先日のテストで成績を113位に落としてしまった武藤は、自宅での学習中、錯乱のあまり、家の人をカッターで切りつけてしまいます。また、一枚だけ残った写真を駅のホームで見ていた新見は、何者かの手により、電車が入ってくる線路へと突き落とされてしまいました。

7年後、森田は、小学校で教師を続けていました。それを見かけた刑事たちは、事件を思い出させないように声を掛けませんでしたが、また、「教師を続けているということは、あの事件のことを忘れてはいないということだろう」とも思います。

一方、服役を終え、出所した衛は、途中通りかかったグラウンドで、野球をしていた男の子に出会います。そして、その子を迎えに来たのが夏美だったのを見て、名前を尋ねます。彼は、「大場学。7歳」と答えました。

人間・失格のドラマ再放送の可能性について考察!

前半こそ、その過激さから批判もあったドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』ですが、後半は視聴率を徐々に上げていき、最終回まできちんと観た視聴者からは評価する声も多い作品になっています。また、本ドラマでブレイクすることになった主要キャストもいることから、改めて観てみたいと思う人もいるでしょう。ここでは、そんなドラマ『人間・失格』の現在における再放送の可能性を探ります。

再放送は難しい?①:いじめや体罰シーンが「過激で興味本位」と批判

現在改めて再放送できるかどうかを考察するために、まずは、ドラマの内容を検討してみましょう。『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』への批判の声は、主に、いじめや体罰などのシーンが「過激で興味本位な内容である」といったものでした。確かに、多くの人に見てもらうために、話題作りとしてギリギリの線を攻めている感じはなくもありません。

再放送は難しい?②:「良いドラマ」とは?

しかし、そこには、そんな「興味本位」といった表面的な要素にとどまらず、背景として、孤独やストレスに陥らざるを得ない利己的な社会への批判意識があります。そして、そこで拾い上げられる他者への共感や許し、また親子・家族愛などは、時代を超えて届くものです。たとえ批判されたり視聴率が振るわなくても、後になって決して忘れられることのない「良いドラマ」作りにこだわる脚本家・野島伸司の姿勢が、そこにはあります。

再放送は難しい?③:自主規制の時代

とはいえ、現在のテレビ番組は、少し問題が起こるだけで視聴者から叩かれ炎上する可能性があるため、それを前もって避けるために、自主規制されて制作されがちであるという話も耳に入ってきます。このような時代では、仮に問題提起にあふれた「良いドラマ」だったとしても、それをわざわざ危険を冒してまで再放送するメリットはないと判断されてしまうかもしれません。

再放送は難しい?④:キャストの不祥事

また、再放送を阻んでいそうな事情に、出演者の起こした不祥事があります。主要キャストである新見悦男役の加勢大周が、2008年、覚せい剤取締法違反などの罪で逮捕されたのです。繰り返し再放送されていた人気ドラマがキャストの不祥事が原因で二度とオンエアされなくなってしまうというケースは他にもいくつかあり、『人間・失格』もそれに当てはまります。以上の理由から、本作の再放送も、かなり難しいと思われます。

人間・失格のドラマ主題歌は?

『高校教師』での森田童子、『未成年』でのカーペンターズと、野島伸司脚本のドラマでは、その世界観の構築に、主題歌が大きな役割を果たしています。ここでは、いわゆる「TBS野島三部作」のもう一本である『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』で使われた楽曲を紹介します。

冬の散歩道/サイモン&ガーファンクル

ドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』で使用されている楽曲は、アメリカのフォーク・ロックデュオ、サイモン&ガーファンクルの「冬の散歩道」です。サイモン&ガーファンクルは、「スカボロー・フェア」や「サウンド・オブ・サイレンス」など主にフォーク調のヒット曲で知られていますが、「冬の散歩道」は、そんな彼らの中でも、とりわけパワフルなリズムを持つロック指向の強い楽曲になっています。

事実上の主題歌だが、表記上は挿入歌

「冬の散歩道」は、『人間・失格』のオープニングおよびエンディングテーマとして使われているため、事実上主題歌といってもいいのですが、サイモン&ガーファンクル側から主題歌としての使用を認められなかったため、クレジット表記上は挿入歌扱いになりました。

しかし、ドラマ放映時に発売されたCDシングルは、オリコン13位を達成し、1966年の曲にもかかわらず、なかなかのヒットを記録しました。また、本曲は、放映後のソフト化にあたって、ドラマで音楽を担当した千住明によってアレンジされたインストルメントバージョンに差し替えられています。

人間・失格のドラマあらすじと最終回をネタバレまとめ!

1994年のテレビドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』の現在における再放送の可能性を、あらすじや最終回のネタバレおよび主要キャストの紹介とともに、考察してきました。ドラマの内容や現代という時代の性質を合わせて考えると、残念ながら再放送の望みは薄いと思われます。ただ、幸い映像ソフト化はされているので、今回興味を持たれたり、改めて見返したいと思われた方は、そちらでご覧になってみて下さい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ