義母と娘のブルースのナレーションは上白石萌歌!高校生のみゆき役でも出演

2018年にドラマ化され綾瀬はるか主演で話題になった「義母と娘のブルース」!「義母と娘のブルース」は同名の漫画が原作となっており、義母と娘の10年間(漫画では20年間)の愛を描いた物語となっています。この記事では、そんな「義母と娘のブルース」のドラマのナレーションを担当している上白石萌歌さんについて紹介していきます。また、上白石萌歌さんは、「義母と娘のブルース」のナレーションだけではなく宮本みゆきの高校生役も演じているので、みゆきについても紹介していきます。

義母と娘のブルースのナレーションは上白石萌歌!高校生のみゆき役でも出演のイメージ

目次

  1. 義母と娘のブルースのナレーションの上白石萌歌が気になる!
  2. 義母と娘のブルースのドラマあらすじをネタバレ!
  3. 義母と娘のブルースのみゆき役はどんな役柄?
  4. 義母と娘のブルースのナレーションと高校生のみゆき役は上白石萌歌!
  5. 義母と娘のブルースでの上白石萌歌の演技評価を紹介!
  6. 義母と娘のブルースのナレーションの上白石萌歌についてまとめ!

義母と娘のブルースのナレーションの上白石萌歌が気になる!

2018年にドラマ化され話題になった「義母と娘のブルース」!「義母と娘のブルース」は同名の漫画が原作となっており、義母と娘の10年間(漫画では20年間)の愛を描いた物語となっています。この記事では、そんな「義母と娘のブルース」のドラマのナレーションを担当している上白石萌歌さんについて紹介していきます。

上白石萌歌さんは、「義母と娘のブルース」のナレーションだけではなく宮本みゆきの高校生役も演じています。そのため、この記事では宮本みゆきの小学生の頃と高校生のみゆきについても紹介していきます。さらに、「義母と娘のブルース」の宮本みゆき役の上白石萌歌さんに対する演技評価についても紹介していきますので、ファン必見です!

火曜ドラマ『義母と娘のブルース』|TBSテレビ

義母と娘のブルースのドラマあらすじをネタバレ!

まずは、義母と娘のブルースのドラマあらすじを簡単に紹介していきます。義母と娘のブルースのあらすじをみゆきが小学生の頃を前半、みゆきが高校生になってからの物語を後半として紹介していきます。

義母と娘のブルースのあらすじ(前半)

義母と娘のブルースのあらすじ(前半)です。母親を数年前に亡くし、父と二人で生活してきた宮本みゆき。そんな宮本みゆきの前に一人の女性が現れます。その女性はバリバリのキャリアウーマン・岩本亜希子でした。そのキャリアウーマンがみゆきの新しい義母となる人でした。小学生のみゆきは父に連れられて、亜希子と初めて会いましたが、見事なお辞儀で名刺を差し出してくる亜希子に第一印象は最悪。

それから、みゆきとの距離を縮めて一生懸命に義母になろうと奮闘する亜希子の姿を見て、みゆきは少しずつ亜希子に心を開いていきます。しかし、そんな矢先に父の宮本良一が病気で倒れてしまいます。実は、良一は以前から胃ガンを患っており、長くない命でした。医師からそれを宣告されたとき良一の頭をよぎったのは、みゆきのことでした。自分が死んだら、みゆきの面倒を見てくれる人が誰もいないと良一は頭を抱えます。

そんなときに、良一の前にいたのが岩本亜希子だったのです。二人はそれまで仕事の関係でお互いの顔を知っている程度の間柄でしたが、良一はいきなり亜希子にプロポーズしたのです。そして、そんな意味のわからないプロポーズを亜希子は受けてしまいます。というのも、亜希子は祖母に育てられ祖母が死んだ今、彼女は天涯孤独の身の上でした。だからこそ、みゆきを自分と重ね合わせて自分と同じ思いをして欲しくないと思ったのです。

こうして、良一と亜希子はお互いの利害が一致して結婚することになったのです。そして、良一は奇跡を信じる亜希子やみゆきの思いも虚しく、天国へと旅立ってしまいます。良一が死んだ今、みゆきが頼れる人は義母だけでした。みゆきと亜希子はこれまで以上に強い絆で結ばれ、これからの人生を共に歩んでいく決意を固めたのでした。

義母と娘のブルースのあらすじ(後半)

義母と娘のブルースのあらすじ(後半)です。良一が亡くなってから数年が経ち、みゆきは高校3年生になっていました。義母とみゆきの生活は相変わらずで、みゆきは義母の教えを守ってビシッとした立ち居振る舞いで友達も多く、のんびりとした性格の女の子に成長していました。義母は、そんなみゆきにしっかりと働いている姿を見せるために潰れかかったパン屋のコンサルティングを始めます。

そして、パン屋は少しずつ軌道に乗り始めますが、パン屋の店長である麦田には色々と問題があるようです。亜希子は潰れかかったパン屋を立て直すことができるのか?そして、義母と娘の愛が向かう先とは?この先の物語はぜひご覧になって確かめてみてください!

Thumb義母と娘のブルースのあらすじは?キャストや原作の結末・最終回をネタバレ紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

義母と娘のブルースのみゆき役はどんな役柄?

次に、義母と娘のブルースで第二の主役だといわれている「宮本みゆき」について紹介していきます。また、小学生の頃のみゆきと、そこから成長を遂げた高校生のみゆきの違いについても触れながら紹介していきます。

小学生の頃のみゆき

まずは、亜希子と出会った小学生の頃のみゆきについて紹介していきます。小学生の頃のみゆきは、母が亡くなってしまい父に心配をかけないように父の前では明るく振る舞っていました。しかし、実際のところみゆきは内弁慶で、学校では大樹(ひろき)くんという男の子にいじめられていました。

そのことに気づいた亜希子は、本当は大樹くんがとても良い子であるということを見抜きます。大樹くんは、みゆきがお母さんが死んでからふさぎ込んでしまったことをずっと気にかけていて、また元気になってほしいという思いからみゆきにちょっかいを出していたのでした。亜希子の手助けもあって、みゆきは自分で大樹くんと話をして、和解したのでした。

それから、みゆきは少しずつ以前のような明るさを取り戻していき、女の子の友達も増えて楽しい毎日を送るようになりました。しかし、そんな矢先に父の良一までもが亡くなってしまい、一人残されたみゆきは義母に引き取られたのでした。同じころ、仲が良かった大樹くんも転校して離れ離れになってしまったのでした。

高校生になったみゆき

父が死んでしまい、大樹もどこかに引っ越してしまってから9年の月日が流れました。みゆきは亜希子に育てられ、高校生になっていました。高校生になったみゆきは、父親譲りののんびりとした性格で、「箸使いと姿勢はビジネスの基本」という亜希子の教えをしっかりと受け継ぎ、いつもビシッとした言葉遣いや姿勢を忘れない女の子に成長していました。

また、みゆきは高校生になり小学生の頃からずっと離れ離れになっていた大樹くんに再会します。大樹くんは転校した後、病気にかかり入院していた影響で留年し、今はみゆきの一つ下の学年に在籍していたのでした。そんな大樹くんと再会したみゆきは、また小学生の頃のようによく一緒にいるようになります。

そして、みゆきは高校生最後の年、高校3年生になります。高校3年生というと進路を最終決定する大事な時期です。みゆきも高校卒業後の進路について考えなければならない時期ですが、本人は父親譲りののんびりとした性格。亜希子に進路について聞かれても、「生きていければそれでいい。パソコンを少し使えればいいでしょ?」といい加減な返事をします。

「パソコンを少し使えればいい」というのは、亜希子が自宅でしている「デイトレード」という仕事をしている姿を見て言ったようです。亜希子が「デイトレード」を始めたのは、自宅でできるためみゆきとの時間がたくさんとれるメリットがあるからであり、決して楽な仕事だから選んだわけではありません。また、この「デイトレード」にはパソコンのスキルだけでなく他にも様々なスキルが必要な仕事です。

みゆきの発言を聞いた亜希子は、これまで自分の姿をそんな風に見ていたのかと落胆します。そこで、亜希子はみゆきにきちんと働いている母親の姿を見せるため、潰れかかっているパン屋のコンサルティングをはじめるのでした。そして、みゆきはそんな義母の姿を見て、進路へ前向きに取り組むようになったのでした。

高校生のみゆきがあほの子になったと話題に!

高校生に成長したみゆきですが、そんなみゆきに対して「あほの子になった」という感想が多くあげられました。小学生の頃のみゆきはどちらかというと、頭の良さそうなキャラでしたが、高校生になったみゆきはのんびりとした個性的な女の子に成長したようです。

特に高校3年生になって進路を考えなければいけない時期に、進路に対していい加減な考えを持っていたみゆきに対して「あほの子」になってしまったといわれているようです。

しかし、一方でみゆきはあほの子だけど、人に対する思いやりや努力する姿勢をしっかり持った良い子だという感想も多くみられました。その理由は、亜希子さんが大切に育ててきたからなのかもしれません。

小学生のみゆき役を演じる子役は誰?

ちなみに、小学生のみゆき役を演じている子役は一体誰なのでしょうか?小学生のみゆき役を演じているのは、横溝菜帆さんです。横溝菜帆さんは2008年3月27日生まれで、テアトルアカデミー所属の子役です。代表的な出演作としては、「魔女の宅急便」のキキの幼少期役や「精霊の守り人シーズン1」のバルサの幼少期役などが挙げられます。また、CMなどでも活躍している今大人気の子役です。

Thumb義母と娘のブルースの視聴率一覧まとめ!ヒットの理由はなに?【綾瀬はるか】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

義母と娘のブルースのナレーションと高校生のみゆき役は上白石萌歌!

ここでは、「義母と娘のブルース」のナレーションと高校生のみゆき役を担当している上白石萌歌さんについて紹介していきます。彼女の魅力や過去の出演作も徹底調査していきます!

ナレーションは高校生のみゆき役の上白石萌歌!

義母と娘のブルースでは、第一話の冒頭など様々な場面でナレーションが入ります。そのナレーションの声は主演の綾瀬はるかさんの声ではないということで、そのナレーションの声の主が誰なのか話題になりました。実は、そのナレーションはそのセリフから高校生のみゆきが担当していることがわかります。そして、高校生のみゆき役は上白石萌歌さんなので、ナレーションも上白石萌歌さんが担当していることになります。

上白石萌歌のプロフィール

では、上白石萌歌さんとはどういった人物なのでしょうか?ここでは、上白石萌歌さんのプロフィールについて紹介していきます。上白石萌歌さんは東宝芸能所属の女優でありファッションモデルです。出身は鹿児島県鹿児島市で、姉は女優で歌手の上白石萌音さんです。生年月日は2000年2月28日です。

上白石萌歌さんの趣味は、歌うことやサイクリング、詩を書くことだそうです。また、好きな食べ物はそばで、夏休みというものがあればいつかは全国のそばめぐりをしてみたいとインタビューで語っているようです。ちなみに、顔や雰囲気がどことなく似ているといわれている姉の上白石萌音さんですが、上白石萌歌さんの方が身長が10センチ程度高いようです。

上白石萌歌の他の出演作は?

上白石萌歌さんは、2011年の「東宝シンデレラオーディション」でグランプリを受賞し、芸能界に入りました。そして、同じ年にファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルとして活躍。その後は、2012年にドラマ「分身」で女優デビューを果たします。

そんな上白石萌歌さんの他の出演作について紹介していきます。上白石萌歌さんは、「分身」で女優デビューを果たし、その後「幽かな彼女」の藤田ともみ役や「金田一少年の事件簿N」の遊佐チエミ役、「科捜研の女~年末スペシャル」の榊マリコの幼少期役など様々な映画やドラマで活躍しています。

そして、2018年には「羊と鋼の森」で姉の上白石萌歌さんと映画で初共演を果たしました。また、上白石萌歌さんは女優業以外にも「はなかっぱ」のオープニングテーマ曲「ス・マ・イ・ル」の歌も歌っています。さらに、アニメ映画「未来のミライ」では主人公のくんちゃんの声も担当しました。

義母と娘のブルースでの上白石萌歌の演技評価を紹介!

最後に、高校生のみゆき役の上白石萌歌さんに対する演技評価について「義母と娘のブルース」を見た人の感想を紹介していきます。まず、みゆき役の上白石萌歌さんが可愛くないという感想が多くみられました。

その一方で、上白石萌歌さんが可愛いという感想も多くみられました。回を重ねるごとによりみゆき役の上白石萌歌さんに愛着が湧き、どんどん可愛くなっていったという感想もみられました。

また、上白石萌歌さんが考え込んだときに口がきゅっとなる表情が小学生の頃のみゆきと同じで、可愛いという感想も多くみられました。小学生の頃のみゆきと高校生になったみゆきは、色々なところでどことなく似ており、そういった演技ができる上白石萌歌さんが高く評価されています。

義母と娘のブルースのナレーションの上白石萌歌についてまとめ!

ここまで「義母と娘のブルース」のナレーションと高校生の宮本みゆき役を担当している上白石萌歌さんについてまとめて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?上白石萌歌さんがナレーションをしていると知り、驚きの声も多くあがったようです。また、上白石萌歌さんが演じる宮本みゆきは、小学生の頃と比べるとアホの子になったという感想も多かったようです。

しかし、上白石萌歌さんが演じる宮本みゆきはしっかりと小学生の頃のみゆきの面影を残していると話題になりました。このように、上白石萌歌さんの演じた宮本みゆきが全体的に見て好評な感想が多かったようです。「義母と娘のブルース」のドラマが終わっても、上白石萌歌さんは様々なドラマや映画で活躍されています。これからも、上白石萌歌さんの活躍に期待していきましょう!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ