校閲ガール主題歌の歌手・栞菜智世とは?歌詞の意味や本名・読み方も紹介

大人気ドラマ「地味にすごい!校閲ガール・河野悦子」は石原さとみ、菅田将暉、本田翼と豪華俳優陣出演ドラマとあって主題歌は大変話題になりました。今回はその主題歌について注目してみました。SNSなどで校閲ガールの主題歌を歌っている栞菜智世という歌手ってだれ?栞菜智世ってなんて読むの?などたくさんの疑問が浮上しました。また、歌詞に込められた思いとは。chayの新曲とは。そんな主題歌を務める歌手や歌詞について徹底解析してみましたので是非、ご覧ください。

校閲ガール主題歌の歌手・栞菜智世とは?歌詞の意味や本名・読み方も紹介のイメージ

目次

  1. 校閲ガールの主題歌を歌う歌手が気になる!
  2. 校閲ガールとは?
  3. 校閲ガールの主題歌を歌う栞菜智世とは?
  4. 校閲ガールの主題歌を歌う歌手、栞菜智世が歌う曲とは?
  5. 校閲ガールの主題歌「Heven's door~陽のあたる場所~」について
  6. 校閲ガールのオープニング主題歌を紹介!
  7. 校閲ガール主題歌まとめ

校閲ガールの主題歌を歌う歌手が気になる!

2016年秋クールドラマ「地味にすごい!校閲ガール・河野悦子」は大変話題になりました。多くの女性が憧れる石原さとみさん主演ドラマで、ファッションや校閲のお仕事についてとても注目されました。ファッションは特におしゃれで真似をした女性は多いのではないのでしょうか?

校閲以外にも気になるも事がありすぎる!

また、菅田将暉さんとのラブストーリーも多くの方はドキドキしたのではないのでしょうか?そして、このドラマの主題歌もSNSなどで大変注目されました。主題歌を歌っている人は誰なのか?栞菜智世ってどうやって読むの?などたくさんの疑問が浮上してきました。そこで今回は校閲ガールの主題歌についてまとめてみました。

Thumb校閲ガールの石原さとみがかわいい!メイクやヘアスタイル・お洒落コーデを紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

校閲ガールとは?

ドラマ「地味にすごい!校閲ガール・河野悦子」は、石原さとみ演じる河野悦子が憧れのの雑誌「Lassy」の出版社に内定が決まり、やっとLassy編集者として働けると張り切っていましたが、河野悦子が配属されたのは「校閲部」。

始めは戸惑いながらもいつかLassyの編集者になれることを信じて校閲という仕事と向き合っていくドラマです。

校閲だけではない!恋愛模様も描かれている!

そして、校閲の仕事をしていく中で出会ったのが菅田将暉演じる折原幸人との恋愛模様も目が離せません。校閲部に新しい風を吹かせ周りにどんな影響を及ぼすのかとてもドキドキするドラマになっています。そして、河野悦子が着こなすファッションコーディネートも大注目です。

校閲ガールスペシャルドラマ放送!

やはり大人気ドラマとあって2017年に「地味にすごい!校閲ガール・河野悦子DX」が放送されました。念願かなってファッション雑誌Lassyの編集者になれた河野悦子でしたが、自分が思っていたより校閲の仕事がすきだったことに気が付きます。また幸人と両想いになれましたが、ライバル?も出現し仕事も恋も波瀾万丈です。この状況を河野悦子がどのように突っ走っていくのか見どころ満載のドラマになっています。

河野悦子がおしゃれすぎる

ドラマの内容もとても楽しいものになっていますが、もう一つの注目ポイントが河野悦子のおしゃれすぎるファッションです。ドラマの衣装はすべて石原さとみがコーディネイトしているそうです。さらにヘアメイクも自らしていたそうです。おしゃれに敏感な女子は大注目のドラマではないでしょうか。

Thumb地味にスゴイ!校閲ガールのキャストと相関図!石原さとみ主演ドラマのあらすじは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

校閲ガールの主題歌を歌う栞菜智世とは?

校閲ガールの主題歌「Heaven's Door~陽のあたる場所~」を歌う栞菜智世さん。ドラマの最後を飾るとても大切な歌。ドラマ放送時SNSなどで歌っているのは誰?栞菜智世ってどうやって読むの?どんな曲を歌っているの?などたくさんの疑問が飛び交いました。そこでここからは栞菜智世さんについて調べてみました。

栞菜智世とは?

栞菜智世(かんなちせ)1994年1月14日生まれ。本名は非公開となっています。2016年春に大学を卒業し同時に歌手デビューしました。歌手になる前はタレントやグラビア活動をしていました。2014年の就職を目の前に「ホリプロスカウトキャラバン」に参加。そこでグランプリに選出し本格的に歌手になるために動き始めました。

歌手「栞菜智世」がドラマ映画の主題歌を歌えるまでの下積み時代

オーディションまでは自己流で本格的なレッスンを受けたことはなかったそうです。グランプリ獲得後はメディア出演は控え、本格派歌手を目指し本格的なボイストレーニングや、腹式呼吸法など学びました。約1年のボイストレーニングを経て、ボイストレーナーから「同じ声質で2オクターブ出すことができる」と才能を絶賛されかつ歌声に芯の強さが加わりました。

路上ライブ時代

2015年10月からは代々木公園などで路上ライブを開催したが、はじめは一人も聞いてくれず、何度も涙を流しました。しかし、歌い方や雰囲気を見つめなおし試行錯誤していくと少しづつ立ち止まって彼女の歌を聴いてくれる人が増えていきました。

栞菜智世の名前の由来

栞菜智世の名前の由来は「栞」は道しるべの意味。菜は本名に含まれており、総画数から占いでいうと「世界へ飛び出す」というところからこちらの名前になったそうです。彼女は名前の通り多くの方に彼女の歌声が届くようになりました。

Thumb校閲ガールのファッション・衣装一覧まとめ!石原さとみ着用のブランドは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

校閲ガールの主題歌を歌う歌手、栞菜智世が歌う曲とは?

栞菜智世は2018年10月現在シングル3作アルバム1作を発表しています。デビュー曲「Hear~信じあえた証~」セカンドシングル「BlueStar」そして校閲ガールの主題歌にもなった「Heven's door~陽のあたる場所」をリリースしています。どの曲の歌声も芯が通っていて力強い歌声になっています。さすがドラマや映画の主題歌を務める歌姫です。

デビュー曲「Hear~信じあえた証~」

デビュー曲「Hear~信じあえた証~」は藤原竜也、有村架純主演映画「僕だけがいない町」の主題歌になりました。多くの方が耳にしたことがあるでしょう。

その歌声は和製セリーヌ・ディオンなどと評されました。音楽プロデュースはagehasprings代表の玉井健二が担当しており彼女の歌声を「初めて知る痛みのような感触とずっと待ちこがれていた響きが混在する掛け値なく唯一無二の歌声と評しています。

栞菜智世のコメント

彼女はデビューについて「デビュー曲が主題歌になるということで、驚きと喜びがあります。ただ、同じ同じぐらいの不安もあります。とにかく精一杯頑張ります。」とコメントしています。

校閲ガールの主題歌「Heven's door~陽のあたる場所~」について

校閲ガールの主題歌にもなった「Heven's door~陽のあたる場所~」に込められた思いや、歌詞の意味など紐解いていきます。

Heven's door~陽のあたる場所~の意味

石原さとみや菅田将暉、本田翼など豪華俳優陣をそろえたドラマ校閲ガール。その主題歌はとても注目されました。タイトルにもある「Heaven's door」は直訳すると「天国のドア」。

曲名に込められた思いとは?

そこに込められた思いは「どんなに辛い目に合っても、それを乗り越えたら天国の”Heven's door”を開くことができる」と主題歌を歌う歌手、栞菜智世は言っています。仕事や学校、くじけそうな人たちに勇気を与えるような心温まる応援ソングになっています。

Heven'sdoor~陽のあたる場所~歌詞解説”Bメロ”

頑張っている人にぜひ聞いてほしい応援歌でもあります。そんな頑張っている人々に響く、この歌の歌詞に少しでも触れていきましょう。さて、多くの人が経験していると言われますが、若かりし頃どうしても自分を大きく見せようとしていた時期はありませんか。

しかし実際は自分はできると思っていても、やってみるとできなかったり、周りと比べて自分は劣っているとひそかに裏で毎日落ち込む毎日。同僚や友達の前では強がって見せても、心をズタズタに傷つきだんだんと自信がなくなっていきます。このBメロ部分では目標に向かって頑張っていはいるが失敗で落ち込んでいる日々について歌っています。

Heven's door~陽のあたる場所~歌詞解説”サビ”

Bメロでは、失敗する日々について歌っていましたがその後に続くサビの意味について紹介していきます。サビではどんなに失敗する日々が続いていても、自分を見失わず目標に向かってひたむきに頑張れば自分が描いていた未来にたどり着けると歌っています。人生は苦労だけではなく、辛い時期が続いても負けずに頑張れば必ずチャンスはつかめるという強い意味が込められています。

PVをチェックしてみよう

歌詞について紹介してきましたが、それを踏まえてPVをチェックしてみましょう。このPVは社会人になったばかりの男女の成長が描かれています。PVには今大活躍の俳優古川雄輝と中村ゆりかが出演しています。同じ会社の同期で意識しつつ、失敗しながらも前に進んでいく様子が描かれています。

社会人になったばかりの人に共感を得やすく、社会人になり時がたった人でも初心に戻れるような作品になっているのではないでしょうか。また、なんといってもPVのバックで流れる栞菜智世の力強いがどこか心地いい歌声にPVの世界へ引き込まれます。

歌手「栞菜智世」の現在

デビュー曲が映画の主題歌や豪華俳優陣出演ドラマ「校閲ガール」の主題歌を歌う歌手として注目された栞菜智世だが現在は、公式サイトは削除され、所属事務所の公式HPのプロフィールやSNSなども錯書されています。彼女の消失は音楽業界でも大きな影響を与えたでしょう。彼女の引退の理由は謎に包まれたままですが彼女の歌声をもう一度聞けることを願っている人は多いのではないでしょうか。

校閲ガールのオープニング主題歌を紹介!

ここで校閲ガールのオープニング主題歌、歌手chayが歌う「12月の雨」をご紹介いていきます。こちらの曲もchayの新曲とあって大変話題になりました。曲調がとてもかわいらしく皆さんの耳にもchayが歌う「12月の雨」が残っているのではないでしょうか。

校閲ガールのオープニングを歌う歌手chayとは?

本名「永谷真絵」(ながたにまい)。1990年10月23日(28歳)生まれ。小さなころから、ピアノやテニスなどたくさんの習い事をしていました。なんと小学生のころからピアノで曲作りを始めたそうです。大学入学と同時に本格的に歌手を目指し、音楽塾ヴォイスに入塾しました。自分の作った曲を聴いてほしいという欲求からアコースティックギターを片手にハイヒールとワンピースというスタイルで路上ライブを始めました。

chayが歌う曲とは?

彼女が歌う曲は基本的にすべて彼女が歌詞を書いています。デビュー前にも関わらず2012年2月、オリジナル曲が「洋服の青山」のCMソングとして起用されます。

2013年にフジテレビ系「テラスハウス」に出演し音楽の行き詰まりを打開したいという思いで参加し、その結果、chayが歌う曲が世に広まり、歌手だけではなくモデル業も開始しました。その後月9主題歌「あなたに恋をしてみました」が大ヒットしました。

校閲ガールのオープニング映像がかわいい

chayがオープニングを歌っている校閲ガールのオープニング映像がかわいいと話題になりました。ドラマに出演している石原さとみや菅田将暉がミニチュアの世界で、朝目覚める瞬間など音楽に合わせて人物が動く姿がとてもかわいいと評判です。これも一つのドラマの見どころかもしれません。

「12月の雨」とは?

実はこの曲は校閲ガールで歌っているchayが歌詞を書いたわけではなく、もともとは松任谷由実さんのカバー曲です。ユーミンの愛称で知られています。

この曲はユーミンが歌うだけではなく作詞作曲をしています。松任谷さんの収録した曲には山下達郎や大貫妙子などがコーラスとして歌っています。また「12月の雨」はchay以外にも岩崎宏美などたくさんの方がカバーしています。

「12月の雨」の歌詞の意味(雨音に気付いて~この部屋に来る気がして)

雨音に気付いて目覚めましたが、冬はやはり布団から出るのが辛いものです。そこでストーブをつけるのですが窓が曇り、窓をこすると雨から雪に変わっていました。外を眺めていると彼が来るのではないかと心のどこかで思っていました。私に会いに来てくれるのではないかと期待しています。

「12月の雨」の歌詞の意味(時はいつの日にも~もう会えないくせに)

しかしもうすでに恋人とは別れてしまって自分のもとへ来ることはありません。これから過行く時間が彼との思い出を物語に変えてくれるのではないかと歌っています。しかし、男性というものはどの時代にも別れても友達でいようという傾向があります。

たぶんこの彼もクリスマスなど大事な日は一緒に過ごそうと言ったのではないかと言われています。もう恋人とは会えないのですが約束したのを覚えていたのでしょう。また自分もまたどこかで会えるのではと思っていたのではないかと言われています。

「12月の雨」の歌詞の意味(今でも後ろを~物語へ変える)

別れた恋人を忘れられないのはどの時代も世界中の人々も共通ではないでしょうか。まだ恋人が忘れられず、後ろを振り返れば笑っている彼がいるとどうしても期待してしまいます。これから流れていく時間は彼を友達と呼び、終わった恋を物語に変えていくことを彼女は願っているのではないでしょうか。

「12月の雨」の歌詞の意味まとめ

12月の雨の歌詞は校閲ガールのオープニングからは想像できないぐらい切ない曲です。しかし、この曲がカバーされ続けるのは、12月の雨がリリースされた時から今日生きる人たちの心に響く名曲という証ではないでしょうか。

chayの現在

chayはテラスハウスで”まいまい”という愛称で人気者になりました。テラスハウスでは残念ながら告白するも恋は実りませんでしたが、卒業後は人気ファッション雑誌CamCamの専属モデルとして活躍しています。歌手活動もうまくいっており、杏主演の月9の主題歌や校閲ガールのオープニング曲を務めています。これからの彼女の活躍をとても楽しみにしている人も多くいます。

校閲ガール主題歌まとめ

ここまで栞菜智世「Heven's door~陽のあたる場所~」とChay「12月の雨」について紹介してきました。仕事などで辛い日々を送っている人たちに向けた応援ソングととても切ない恋の歌でした。どちらも校閲ガールにぴったりな曲になっていました。もう一度校閲ガールをみて、元気を貰いたい気分になる方もいるでしょう。先日も校閲ガールのスペシャルが放送されていましたので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ