メンタリスト・シーズン4のあらすじは?最終回と結末のネタバレ感想も

日本でもとても人気があるサスペンス海外ドラマ「メンタリスト」は、ファイナルシーズンを迎えました。メンタリストは、複雑なストーリー展開で1話完結の物が多いですが、主人公「パトリック・ジェーン」がすべてのシーズンで追う「レッド・ジョン」の正体の予想を楽しむ事ができます。メンタリスト・シーズン4では、あらすじで重要なネタバレたくさん登場しました。この記事では、メンタリスト・シーズン4のあらすじ最終回のネタバレを紹介していきます。

メンタリスト・シーズン4のあらすじは?最終回と結末のネタバレ感想ものイメージ

目次

  1. メンタリストシーズン4のあらすじをネタバレ!最終回・結末までの感想も紹介!
  2. メンタリストシーズンのあらすじをおさらい!
  3. メンタリスト・シリーズ4のあらすじをネタバレ!
  4. メンタリスト・シーズン4の最終回・結末をネタバレ!
  5. メンタリスト・シーズン4のキャストを紹介!
  6. メンタリスト・シーズン4の最終話までの感想・評価を紹介!
  7. メンタリスト・シーズン4以降の展開はどうなる?
  8. メンタリスト・シーズン4のネタバレまとめ!

メンタリストシーズン4のあらすじをネタバレ!最終回・結末までの感想も紹介!

日本でも人気の海外ドラマ「メンタリスト」は、アメリカで2008年から放送が開始され日本では、2010年に「THEMENTALISTメンタリストの捜査ファイル」というタイトルで放送されました。メンタリストは、日本で爆発的な人気があった「24」などの海外ドラマを抜くほどの人気があり、視聴者ランキングTOP10にも入っています。

メンタリストは、アメリカのカリフォルニア州捜査局が舞台になっています。主人公「パトリック・ジェーン」は、メンタリストとしての実力を生かし警察「CBI」に協力している犯罪コンサルタントです。この記事では、メンタリスト・シーズン4のあらすじや登場しているキャストとキャラクターだけでなく最終回までのネタバレも紹介していきます。

THE MENTALIST/メンタリスト|ワーナー海外ドラマ 公式サイト

メンタリストシーズンのあらすじをおさらい!

メンタリストのシーズン4の最終回までのあらすじとネタバレを紹介する前に、メンタリストのシーズン4までのあらすじやストーリーをシーズンごとに紹介していきます。

メンタリストのあらすじを紹介!

メンタリストのシーズン1のあらすじを紹介していきます。1話目のストーリーでは、連続殺人犯「レッド・ジョン」による犯罪が起きCBIは捜査に向かいました。ですが、犯罪コンサルタントの「パトリック・ジェーン」は、レッド・ジョンによる犯罪ではなく模倣犯だと気づきます。このエピソードでは、メンタリストの主人公の「パトリック・ジェーン」が抱えている闇やCBIに協力するきっかけが明らかになっていました。

パトリック・ジェーンのエピソードは、5年前まで遡ります。メンタリストの能力を利用しエセ霊能力者としてテレビ番組に出演し、血眼になってレッド・ジョンを探している警察に犯罪者像を教えました。そして、妻と娘の居る家に帰ったパトリック・ジェーンは、ドアに挟まれているメモを見つけ血液で書かれたスマイルのマークと2人の死体を発見します。

レッド・ジョンは、パトリック・ジェーンのTVを見て自分を言い当てた事が気に入らなかったのです。ストーリーの第1話では、事件はレッド・ジョンの模倣犯がした事でしたが、主人公のパトリック・ジェーンのをあざ笑うかのようにまたもメモを残していきます。パトリック・ジェーンは、レッドジョンからのメモに気づき人影を追いかけますが見失ってしまいました。

メンタリスト・シーズン1では、パトリック・ジェーンの家に驚愕したファンの方がたくさんいました。パトリック・ジェーンの家は、妻と娘が殺された状態でレッドジョンの残したスマイルのマークが壁に残されていたのです。メンタリストのシーズン1では、5年間レッド・ジョンを追いかけていたパトリック・ジェーンに新たな手掛かりが登場します。

メンタリストシーズン1で、新たな事件が起こりそこには「レッド・ジョン」のスマイルのマークが描かれていました。ですが、起こった殺人犯自体はレッド・ジョンが犯人ではなかったのです。パトリック・ジェーンは、レッドジョンに繋がる手がかりを見つける為に画策します。調査していくうちに、ジェーンとCBIは私書箱に辿り着きます。その中には、手紙が入っていて「ロイ・タリア・フェロ」という宛先になっていました。

その名前を見たパトリック・ジェーンは、その宛先の人物が「レッド・ジョン」だと言いました。CBIのメンバーには信じてもらう事ができませんでしたが、ロイ・タリア・フェロに手紙を書いた人物の「ロザリンド」に会いに行きたいと言いだします。森の中の人目のない所に「ロザリンド」の家がありました。パトリック・ジェーンは、出てきた女性に警察のIDを見せますが「触らせて欲しい」と言われます。

その言葉を聞きパトリック・ジェーンは、ロザリンドという女性が盲目だと気づきます。ロザリンドに話を聞くために、ロイ・タリア・フェロという人物が殺人犯のレッド・ジョンかもしれないと伝えました。ロザリンドは否定し、パトリック・ジェーンに帰ってくれと言いますが無理やり家の中に入り込みます。ロザリンドは、部屋に閉じこもりパトリック・ジェーンを拒みますが、ゆっくり妻と娘の事や他の被害者の事を話しました。

パトリック・ジェーンの話を聞いたロザリンドは、部屋のドアを開けてくれたので中へと入っていきます。ロザリンドの部屋の壁を見たパトリック・ジェーンは、思わず声を上げそうになりました。何とそこには、レッド・ジョンのスマイルのマークが描かれていたのです。パトリック・ジェーンは、動揺しますがロザリンドにはスマイルのマークが見えていないので、そのまま話を始めました。

ロザリンドは、ロイ・タリア・フェロとの出会いを教えてくれました。ロイ・タリア・フェロは、車が故障したので電話を貸し手欲しいと、ロザリンドの家を訪ねたそうです。それがきっかけで2人は付き合い、5か月交際をしていたけれど、突然姿を消したと言いました。パトリック・ジェーンは、ロイ・タリア・フェロの身長や特徴を聞き出す事に成功します。

ロザリンドが教えてくれた情報によると、身長約180㎝で体格は普通で髪の毛は真っすぐで短いという外見で、ソフトをしていたので手がゴツく匂いが松の木と土や釘の匂いがしたと言います。他にも「バッハ」の曲が好きだという情報しかわかりませんが、1度友人の「デュマ―ル」を連れてきたと言いました。デュマ―ルに関しての情報は少ないですが、タバコを吸うという事とぬいぐるみを買ってくれた事を知ります。

ぬいぐるみとロイ・タリア・フェロの名前を調べていく事で、レッド・ジョンの犯行を手助けした人物の息子に会ったパトリック・ジェーンは、命を狙われます。駆け付けたリズボンたちによって、パトリック・ジェーンは命を救われますが、犯人は「レッド・ジョンはいいやつだ」と言いました。その現場に、監視カメラがある事に気づいたパトリック・ジェーンでしたが、レッド・ジョンには逃げられてしまいます。

メンタリスト・シーズン2のあらすじを紹介

メンタリストシリーズ2のあらすじとネタバレは、シーズン1でレッド・ジョンがパトリック・ジェーンに接触を図ったことや事件を起こしたことで気が立っていました。シーズン1の最終回でもレッド・ジョンに関する謎は、はっきりせずにいます。CBIの上司は、パトリック・ジェーンの行動が目に余ると言いレッド・ジョンの事件から担当を外すと言いだしました。ジェーンは、事件の担当ができないのならCBIを辞めると言います。

リズボンは、パトリック・ジェーンの発言を聞き突き放しました。ですが、パトリック・ジェーンはCBIのメンバーが気になり今起こっている事件には協力すると言います。そのままCBIの捜査に協力していたパトリック・ジェーンでしたが、急に逮捕されてしまいました。逮捕されたパトリック・ジェーンでしたが、持ち前のメンタリストの能力を使って犯罪者たちとも仲良くなっていきます。

メンタリストシーズン2の最終回では、パトリック・ジェーンは、レッド・ジョンに繋がる人物を発見し、独自に捜査を開始しました。パトリック・ジェーンは、隙をつかれて捕らえられてしまいます。助けてくれた人物は、まさかのレッド・ジョンでした。模倣犯を許さないレッド・ジョンは、最終回の事件に登場した偽物にも制裁を与えシーズン2が終了します。

メンタリスト・シーズン3のあらすじを紹介

メンタリストのシーズン3のあらすじとネタバレは、レッド・ジョンの手下を絞り出すためにパトリック・ジェーンとテレサ・リズボン率いるCBIのチームが動き出します。ストーリーが大きく動き出したきっかけは、CBIの上官である「ハイタワー」が殺人犯に仕立て上げられたことがきっかけになりました。ハイタワーは、失踪しますがパトリック・ジェーンの元へ助けを求めます。

レッド・ジョンに犯人に仕立て上げられ、命を狙われている事に気づいたハイタワーとパトリック・ジェーンは、CBIに近い人物が手先だと考えます。ハイタワーをCBIで匿い、目星をつけた人物にハイタワーの居場所を流しました。暗殺者が現れる階を分けカメラで映像を見ていると、暗殺者が現れます。ですが、本当はその階に現れた人物は下の階に降りようとしていたので、手下はグレース婚約者であるFBIだったのです。

ハイタワーの居場所をつい話してしまったグレースたちを、婚約者が狙いリズボンを撃ちました。グレースは、引き金を引き自らの手で殺してしまいます。パトリック・ジェーンは、デパートである男と向かい合っていました。自らがレッドジョンと語る男は、ジェーンの妻と娘の匂いを言います。去っていく男を引き留めその瞬間に、持っていた銃で撃ち殺してしまいました。

メンタリスト・シリーズ4のあらすじをネタバレ!

衝撃的な最終回を迎えた、シーズン3の続きシーズン4のあらすじとネタバレを最終回まで紹介していきます。

カーターの素性とは?

メンタリストシーズン3の最終回のあらすじでは、パトリック・ジェーンがレッド・ジョンだと思われる人物を殺害しました。ですが、パトリック・ジェーンが殺した「ティモシー・カーター」は、全くの別人でレッド・ジョンの手下だったのです。逮捕されたパトリック・ジェーンは、殺した男が銃などを所持しておらず別人である事を知らされます。警察内部にレッド・ジョンの手下がいる事が、このことで確実になりました。

パトリック・ジェーンは、無罪の人を殺した事になってしまいます。ですが、CBIのチームはジェーンの無罪を証明するためにカーターの素性を調べ始めました。現場の証拠映像を確認し、警備員が怪しいと思い会いに行きますが、その男は変死していたのです。一方ジェーンは、塀の中で保釈金を自分で荒稼ぎしてカーターの素性を探ります。カーターの家に訪れ妻に会いますが、彼女は怒りもせず彼は良い人間だと言いました。

ジェーンは、カーターの近くで少女が行方不明になっている事と5年前までのIDがないことを知ります。そして、ジェーンはカーターの家に監禁されている少女がいるのを発見し救出しました。裁判所に向かったパトリック・ジェーンは、レッド・ジョンだと思った根拠と自分の妻と娘を含めた被害者たちがたくさんいる事を証言しました。陪審員たちは、評決を決め報復殺人のため満場一致で無罪になり、無事に釈放されます。

レッドジョンとは?

レッド・ジョンは、メンタリストシーズン4のあらすじだけではなく、他のシーズンを通して主人公パトリック・ジェーンの宿敵です。メンタリストシーズン4では、1話目のネタバレでレッド・ジョンが生きていると判明しますが、リズボンたち以外には死んだと思わせていました。11話目のネタバレでは、パトリック・ジェーンの元へFBIの「ダーシー」が訪ねてきてレッド・ジョンが本当に死んだのかと確認してきたのです。

ダーシーは、事件を起こした犯人が殺された事で「レッド・ジョン」が生きているのではないかと思い始めたのでした。パトリック・ジェーンは否定しましたが、CBIにダーシーの生活を隠し撮りした映像が届きます。パトリック・ジェーンは、ダーシーがレッド・ジョンの事を捜査しないように不審に思っている事件の証拠を改ざんし、守ろうとしました。実際に殺した犯人については、ネタバレされていません。

証拠を改ざんしたパトリック・ジェーンでしたが、ダーシーは捜査を辞めませんでした。パトリック・ジェーンが、殺したカーターの遺体をロザリンドに確認させたことを係員に聞き知ります。その事知り、ロザリンドにダーシーは確認しに行き、真実を知ってしまったのです。パトリック・ジェーンにロザリンドから連絡が来て、レッド・ジョンが家に来ていると言いました。

ですが、駆け付けたパトリック・ジェーンの前にあったのはレッドジョンではなく、遺体安置所で働いていた係員の死体だったのです。ダーシーに情報を流した事で、殺された可能性があります。

メンタリストシーズン4のそれぞれの想い

メンタリストのシーズン4では、主要メンバーに関する恋愛が明らかになるシーンがありました。グレースは、メンタリストシーズン3でフィアンセがレッド・ジョンの手下である事が判明し、自らの手で撃ちます。ですが、リグズビーには新しい恋人ができ子供ができました。チョウにも「サマー」という彼女ができますが、彼女に問題があり切ない別れを迎えてしまいます。パトリック・ジェーンとリズボンも良い雰囲気になっていました。

少女からの伝言

最終回の前のストーリーのメンタリストシーズン4の23話では、主人公のパトリック・ジェーンの車に「記念日おめでとう」とレッド・ジョンからのメッセージがありました。妻と娘が殺された命日だったのです。お墓参りに向かい墓石に向かい合っていると、少女がジェーンの名前を呼びました。その女の子は、ヘイリーと名乗り手のひらを見せます。そこには「スマイルのマーク」が描かれていて、伝言を頼まれたと言いました。

ヘイリーは「降参しろ」と伝言を頼まれたと言います。パトリック・ジェーンは、動揺しながらも他に何かされなかったか聞きましたが、何もないと言いました。その場所にCBIのメンバーも駆け付けレッド・ジョンの事を聞きますが、ヘイリーは答えません。パトリック・ジェーンが、少女であるヘイリーの記憶を消していたのです。

解雇されたパトリック・ジェーン

23話では、倉庫でミイラ化した死体が発見されました。死後半年以上経過していて、手錠をされていたのです。倉庫で見つけられた死体には、元軍人で金融会社に勤めていました。パトリック・ジェーンは、少女のヘイリーに会った事が原因で、いつものメンタリズムが発揮できません。酒を飲んだパトリック・ジェーンは、CBIへ戻って「レッド・ジョン」の資料を見返し燃やしてしまいます。

ジェーンは、上司のウェインライトに建物を危険に晒したことを問い詰められますが、レッド・ジョンの事を諦めると言いだします。パトリック・ジェーンは、倉庫の捜査を続けると言いました。いつもよりも直球に質問するパトリック・ジェーンは、明らかに様子がおかしく犯人を見つけ棺桶に入れて埋めてしまいます。ウェインライトに怒られ、パトリック・ジェーンは彼の秘密を暴きバカにして激怒させてしまい解雇されました。

メンタリスト・シーズン4の最終回・結末をネタバレ!

メンタリストシリーズ4の最終話は、次のシーズン5への伏線も盛だくさんになっているので、あらすじとネタバレを細かく紹介していきます。

クビになったパトリック・ジェーン

最終回の前の23話のあらすじのネタバレでは、CBIをクビになった主人公のパトリック・ジェーンは、ラスベガスにいました。お酒に浸り、いつもきっちりしていた服装のパトリック・ジェーンは、カジノで遊んで過ごしていたのです。パトリック・ジェーンに、ウェイトレスの「ローライ」という女性が話しかけますが、途中でCBIになる前のパトリック・ジェーンにお金をだまし取られた人物が登場し襲われそうになります。

パトリック・ジェーンは、とっさに彼の腕に火を付け逃亡しました。ですが、警察に追われ逮捕されてしまいます。誰かに保釈されたパトリック・ジェーンが、モーテルに戻ると昨日カジノで話しかけてきた女性の「ローライ」が訪ねてきました。ジェーンは、ローライが保釈金を払ってくれた人物だと知りますが、深く追求しません。2人は、1晩同じベットで過ごし甘い雰囲気になりますが、一気に状況が変わりました。

パトリックの芝居

また会えるか質問したパトリック・ジェーンでしたが、ローライは「レッド・ジョン」の名前を口にします。ローライは、レッド・ジョンに命令されパトリック・ジェーンに近づいたのです。レッド・ジョンは、パトリック・ジェーンがカジノで堕落しているのを見て、張り合いがなくなり立ち直る事を望んでいると言います。激怒しローライを追いだしたパトリック・ジェーンでしたが、ドアを締めると少し笑いました。

パトリック・ジェーンは、わざと堕落して見せる事でレッド・ジョンが接触してくるように芝居をしていたのです。過去のメンタリストシーズン4で降参するように言ったレッド・ジョンでしたが、堕落したパトリック・ジェーンを見て仲間に勧誘してきたのでした。パトリック・ジェーン思惑通りに、接触を図ってきたことで作戦は動き出します。

リズボンとの再会

メンタリストシーズン4の最終回では、リズボンにも内緒にして演技をしていました。教会で待っているリズボンに再会しますが、心配していたのでパトリック・ジェーンに激怒します。ですが、リズボンをなだめながらレッド・ジョンが接触してきたことを話しました。リズボンは、失踪したパトリック・ジェーンをとても心配していたので、怒りは収まりませんが「仲間になるフリをする」という提案を受け入れます。

リズボンは、パトリック・ジェーンと会った事を誰にも話しませんでした。ですが、CBIでは事件の検挙率が下がってきたこともありメンタリストのジェーンを復職させようと言います。リズボンは、何も言わずにその提案を却下しました。一方パトリック・ジェーンは、再びローライにコンタクトを取り会いに行きます。レッド・ジョンの提案に乗ると伝えたパトリック・ジェーンでしたが、向こうの要求に頭を抱えてしまいました。

ウェイン・リグズビーを殺害

レッド・ジョンへの忠誠の証に「テレサ・リズボン」の死体を持って来いと言いました。他のものにしてくれと言いますが、受け入れてもらう事はできません。パトリック・ジェーンは、CIBの元へ向かいリズボンを探します。リズボンとオフィスに入り、ハグをして「愛してる」と言いますが、次の瞬間銃を突き付けました。発砲音が聴こえ、駆け付けるとリグズビーが倒れリズボンを連れ去ったのです。

そして、TVのニュースでパトリック・ジェーンの指名手配が流れました。そのニュースをレッド・ジョンの手下ローライが確認します。ですが、平然と本を読んでいるパトリック・ジェーンとリズボンとリグズビーの姿が映し出されました。リズボンたちCBIのチームの作戦だった事が判明します。リグズビーも誰にも話さない事を約束し、リズボンはジェーンがハグした時に言った「愛してる」の意味を聞きますが、流されてしまいました。

宿敵レッド・ジョンからの連絡

ニュースで確認したレッド・ジョンからローライに連絡が入り、会う事になります。ですが、リズボンの全部ではなく頭だけでいいと言われてしまいました。パトリック・ジェーン達に、チョウやグレースも合流し5人は作戦を考えますが、レッド・ジョンの指定場所は下調べができないようになっていたのです。その頃CBIの上司がリグズビーの遺体がニセモノである事に気づき、消えたメンバーも一緒に指名手配します。

パトリック・ジェーンは、偽物のリズボンの頭を持ち乗り物を変えながら指定された場所まで移動をします。ですが、レッドジョンには作戦がバレていました。リズボン率いるCBIもFBIによって、確保されてしまいます。ボコボコにされたパトリック・ジェーンが車に乗ると、後部座席にレッド・ジョンがいました。逆光で姿は見えませんが、FBIに知り合いがいてパトリック・ジェーンの作戦がわかったと言います。

ウェインライトの死ネタバレ

メンタリストシーズン4の最終話での終焉のあらすじとネタバレは、パトリック・ジェーンの作戦がバレて指を落とそうとローライがしますが、CBIから事情を聞いたFBIが駆け付け助かります。ローライは捕まり、後部座席の「レッド・ジョン」に向け発砲をしますが、そこにはリズボンの上司「ウェインライト」が乗っていたのです。ウェインライトは、口にテープを付けられ体をグルグル巻きにされていたのでした。

パトリック・ジェーンが復帰する事を願っていた人物でもあるので、レッド・ジョンの手下の可能性もありますが、真実はわかりません。レッド・ジョンはスピーカーから会話していて、正体は見せませんでしたが、ローライが逮捕されました。ローライは、リズボンの前でジェーンを恋人だと言いリズボンを煽りますが、ジェーンは無視します。彼女にレッド・ジョンの事を話すように言っているシーンでシーズン4が終了しました。

メンタリストシーズン4の最終回では、レッド・ジョンに関するネタバレが登場しませんでした。ですが、FBIに内通者がいる事やローライを逮捕したという収穫があります。シーズン4を通してもレッド・ジョンに関するネタバレや謎がたくさん登場しているので、展開がとても面白くなっていました。

メンタリスト・シーズン4のキャストを紹介!

サイモン・ベイカー(パトリック・ジェーン役)

メンタリストの主人公「パトリック・ジェーン」を演じているキャストは、たくさんの海外ドラマや映画で活躍している「サイモン・ベイカー」さんです。主人公のジェーンは、自分のメンタリストの能力を利用し詐欺などを働いていましたが、最愛の妻と子供が「レッド・ジョン」に殺された事をきっかけに警察に協力する事になります。犯罪者の心理を読み取ったり捜査に協力する事で今までの罪は水に流してもらいました。

メンタリストの主役を演じた「サイモン・ベイカー」さんは、日本でもとても人気のある映画「プラダを着た悪魔」で、主人公の「アン・ハサウェイ」さん演じる「アンドレア・サックス」を好きになったジャーナリスト役として登場していました。その他にもたくさんの有名な海外ドラマや映画で活躍しています。

ロビン・タニ―(テレサ・リズボン役)

メンタリストで、CBI特別捜査官「テレサ・リズボン」役を演じたのは、有名な海外ドラマや映画に出演している「ロビン・タニー」さんです。主人公の「パトリック・ジェーン」のお目付け役でもある「テレサ・リズボン」は、ジェーンの思いつきなどにいつも振り回されていますが、上司として部下から信頼されています。ロビン・タニーさんは、日本でも人気の「プリズンブレイク」などにも出演していました。

ティム・カン(キンブル・チョウ役)

メンタリストで、CBIの捜査官「キンブル・チョウ」を演じたキャストは「ティム・カン」さんです。メンタリストの登場人物の中でも、特に無口で寡黙なキャラクターになっています。真面目な印象がある「キンブル・チョウ」ですが、冗談を言ったり子供に優しくするシーンなどがメンタリストでは登場しました。ティム・カンさんは、有名な映画「ランボー/最後の戦場」にも出演している俳優さんです。

オウェイン・イオマン(ウェイン・リグズビー役)

メンタリストの「ウェイン・リグズビー」役を演じた「オーウェン・イオマン」さんは、たくさんのアクション映画や海外ドラマで活躍しています。メンタリストの「ウェイン・リグズビー」は、優しく勇敢なCBIの捜査員です。からかわれたりする事が多く、お人良しな事がわかるシーンがたくさん登場していました。

「ウェイン・リグズビー」を演じた「オーウェン・イオマン」さんは、スーパーマンの女性版「スーパーガール」などにも出演していて、他にもアクション映画「トロイ」や日本でも人気の「アメリカン・スナイパー」で活躍していました。

アマンダ・リゲッティ(グレース・ヴァンぺルト役)

メンタリストの「グレース・ヴァンぺルト」役を演じたキャストは「アマンダ・リゲッティ」さんです。メンタリストに登場する「グレース・ヴァンぺルト」は、美人で優しい性格ですが少し短気な一面も持っています。他のシーズンでも「ウェイン・リグズビー」と惹かれあいながらもシーズン4で進展はありませんでした。

メンタリストで長きにわたり「グレース・ヴァンぺルト」を演じた「アマンダ・リゲッティ」さんは、日本でもとても人気のあった海外ドラマ「TheO.C」にも出演していました。他にも世界中で人気の「マーベル」シリーズの「キャプテン・アメリカ・ザファーㇲト・アベンジャー」でも活躍しています。

メンタリスト・シーズン4の最終話までの感想・評価を紹介!

意外な展開に驚き

メンタリストシーズン4は最終回を含めて、なかなか読めないパトリック・ジェーンの動きや、意外な展開に驚くファンの方がたくさんいました。

メンタリストとしてのパトリック・ジェーンの能力に驚かされる視聴者が多く、シーズン4の展開も楽しむ事ができます。

安定の面白さ

メンタリストは全てのシーズンを通して、安定して面白いと評判になっています。その為、最終話までの展開が気になるというファンは沢山いらっしゃるようです。

メンタリストはシーズン4以降のファイナルシーズンまでが放送されていて、すでに完結を迎えているのでネット配信サービスなどでシーズンごとの最終回を迎えても展開が気になり一気に見てしまうファンの方がたくさんいます。

メンタリスト・シーズン4以降の展開はどうなる?

レッド・ジョンの正体に迫る展開に期待!

メンタリストシーズン4以降の展開は、CBIの捜査官3人とその他に登場している「レッド・ジョン」の罠にかかった人物たちの協力を得ながら、主人公の「パトリック・ジェーン」は少しずつ確信に迫っていきます。シーズン4以降でも、パトリック・ジェーンと事件を起こす犯人との見事な心理戦もメンタリストの見所になっていますが、振り回されるリズボンやチョウやグレースたちにも注目が集まっています。

メンタリストシーズン4の最終回や次回作シーズン5でハ、レッド・ジョンの手下と思われる人物が登場します。ですが、FBIがCBIに身柄を渡す事を拒んでいるストーリーなどがあるので、パトリック・ジェーンや上司のリズボンの動きも是非チェックしてみてください。

メンタリスト・シーズン4のネタバレまとめ!

この記事では、メンタリスト・シーズン4のあらすじや最終回のネタバレを紹介していきました。メンタリスト・シーズン3の最終回では、衝撃的な展開を迎えこの記事で紹介したシーズン4の最終回でも衝撃的な終わり方になっています。メンタリストを見たことがある方でもない方でも、何度でも楽しめるストーリーになっているので、メンタリストの強敵「レッド・ジョン」の予想もしながら楽しんでみてください!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ