僕とシッポと神楽坂の視聴率まとめ!ドラマの感想や評価は?【相葉雅紀・広末涼子】

神楽坂のとある動物病院を舞台に、飼い主と動物、人と人の絆を描いたドラマ「僕とシッポと神楽坂」。かわいい動物たちが多く出演したことと、嵐のメンバーでもある相葉雅紀さんが主演の獣医師を務めたことでも話題となりました。遅めの時間に放送された本作ですが、視聴率はどうだったのでしょうか。この記事では、そんな「僕とシッポと神楽坂」の評価や感想、各話の視聴率を紹介していきます。

僕とシッポと神楽坂の視聴率まとめ!ドラマの感想や評価は?【相葉雅紀・広末涼子】のイメージ

目次

  1. 僕とシッポと神楽坂の視聴率や感想が気になる!
  2. 僕とシッポと神楽坂とは?
  3. 僕とシッポと神楽坂の各話視聴率は?あらすじや感想や評価も紹介!
  4. 僕とシッポと神楽坂の視聴率や感想まとめ

僕とシッポと神楽坂の視聴率や感想が気になる!

ドラマ「僕とシッポと神楽坂」は、神楽坂の小さな動物病院を舞台に、人間とペットの絆を描いた物語でした。アイドルグループの嵐のメンバー、相葉雅紀さんが主演の獣医師を演じたことでも話題となった作品です。気になる視聴率はどれくらいだったのでしょうか。この記事では、「僕とシッポと神楽坂」の視聴率や感想を各話ごとにまとめていきます。

僕とシッポと神楽坂とは?

僕とシッポと神楽坂の作品情報

「僕とシッポと神楽坂」は、たらさわみちさん原作の漫画です。主演の相葉雅紀さんの他、広末涼子さんや趣里さん、ジャニーズWESTの小瀧望さんらが出演したことでも話題となりました。都心に位置しながらも、昔ながらの町並みも残す神楽坂の小さな動物病院で、医療を通して描かれるペットと飼い主の絆の物語です。この記事では、視聴率を各話ごとに紹介していきます。

金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』|テレビ朝日

僕とシッポと神楽坂の各話視聴率は?あらすじや感想や評価も紹介!

第1話視聴率6.6%!あらすじ・感想や評価

優秀で優しい獣医師・高円寺達也(相葉雅紀)は、神楽坂で動物病院を営む徳丸善次郎獣医師(イッセー尾形)のもとを訪れます。達也は徳丸の動物病院で働きたいと思っていましたが、そこに彼の姿はありません。その代り、「病院はお前に任せた」という内容の置手紙があり、院内には白いふわふわの犬・ダイキチも残されていたのです。町の患者から評判がよかった徳丸。初日から休む間もなく、ペットを連れた患者がやってきます。

そんな中、同じく神楽坂に母と共に住む小学生の大地(矢村央希)が、車にはねられた迷い犬を抱えて達也の病院を訪れます。そして、連絡がつかない息子の身を案じた母・加瀬トキワ(広末涼子)も後からやってきます。トキワは優秀な動物看護士であり、設備が充実したナルタウン動物病院の面接を受けたところでした。古い機材しかない達也の病院を見て、別の病院に連れていくべきと達也に訴えかけるトキワ。

しかし、犬はすぐに手術が必要な状態でした。トキワは達也のサポートにつき、手術は無事に成功します。達也はトキワの腕を見込んで「うちの病院で働かないか」と誘いますが、トキワは一度これを拒否。犬は迷い犬であったため、飼い主が見つかるまで連れてきた大地が動物病院で面倒を見ることになりました。大地は、達也の苗字である高円寺から「コオ先生」という愛称をつけて呼び始めます。

「僕とシッポと神楽坂」の動物病院の名前は「坂の上動物病院」に決まりました。迷い犬の世話を頼まれて嬉しそうな大地。しかし、坂の上動物病院に来て見るとそこには本当の飼い主の姿がありました。飼い主は大地と達也にお礼を言って犬を連れて去っていきました。大地は達也から、代わりにダイキチの世話を頼まれます。しかし、言うことを聞かないダイキチに腹を立て、ややきつい言葉を浴びせてしまいます。

ダイキチは前の飼い主を恋しがり、昔住んでいた土地へやってきます。達也はダイキチに「坂の上動物病院がこれからのお前の居場所だから、ずっとここにいていい」と優しい言葉を投げかけます。大地は気持ちを入れ替えて、きちんとダイキチの世話をすることを決意します。達也の医療の姿勢を見たトキワは、ナルタウン動物病院をやめて坂の上動物病院で働くことにするのでした。視聴率は6.6%でした。視聴率は好調のスタートです。

「僕とシッポと神楽坂」1話は、相葉雅紀が演じる達也がダイキチに優しく声をかけるシーンが感動したという感想が多くありました。「僕とシッポと神楽坂」の達也のこの言葉によって、ダイキチは再び元気を取り戻します。

第2話視聴率5.4%!あらすじ・感想や評価

「僕とシッポと神楽坂」2話。獣医師たちが集う発表会に出席した達也は、そこで「ペットと飼い主の心の治療と在宅ケア」という研究を報告します。発表会に出席していた「ナルタウン動物病院」の田代真一獣医師(村上淳)は、達也の発表に興味を持ち、彼に話しかけるのでした。田代の他に、達也の発表を興味深く聞いていた大沢香子(喜多乃愛)。彼女の飼い犬のジュリは骨肉腫の治療で苦しんでいたのです。

香子は知り合いの東都獣医大の学生である堀川広樹(小瀧望)に頼み、ジュリを坂の上動物病院に連れていきます。達也はジュリの痛みの負担を考慮して、断脚手術をすすめます。香子の母である頼子(ホーチャンミ)は反対しましたが、娘の必死な様子に折れて断脚手術決行を承諾します。ジュリの在宅ケアで、達也は香子と頼子が自分の血縁関係にあることを知りました。

芸者であった達也の母と父は愛人関係にあり、幼い頃から家にはいつも父親はいなかったといいます。頼子と達也は異父姉弟だったのです。達也と頼子は、大沢家の運転手を勤めている本田(久保酎吉)を介してその事実を知るのでした。ジュリの在宅ケアは続けられました。そして、いよいよ飼い主との別れの時を迎えます。達也は涙を流す香子にある伝承を話して聞かせます。

達也の話しによると、亡くなった動物たちはみんな虹の橋のたもとで飼い主を待ち続けるといいます。そして、飼い主も死期を迎えると同じく虹の橋のたもとへ行きます。そして一緒に虹の橋を渡って天国に行くのだと教えてくれます。ジュリは香子の看取られて虹の橋のたもとへ行ってしまうのでした。視聴率は5.4%でした。視聴率はやや落ちました。

「僕とシッポと神楽坂」2話は、今後ドラマでも度々登場する虹の橋の話しに胸を打たれたという感想を持つ方が多くいました。飼い主とペットは天国でちゃんと会えることを優しく教えてくれる相葉雅紀さんが演じる「僕とシッポと神楽坂」の達也のセリフは、ペットロスに苦しむ人を救うものでした。

第3話視聴率4.9%!あらすじ・感想や評価

神楽坂に住む徳丸の知り合いでもある千津(加賀まりこ)。千津は夫に先立たれ、愛猫のカナメと共に扇子に絵を描く絵師の仕事をしながら暮らしていました。そんな中、カナメに肝臓腫瘍があり手術が必要なことが発覚します。千津は最初手術に反対していましたが、達也の説得により承諾します。そして、手術は成功するのでした。老いて先は長くないと感じていた彼女は、カナメを置いていくこと、現在の住宅の売買に悩んでいました。

達也はそんな千津に虹の橋の話しをします。飼い主が先に死んでしまったら、ペットを虹の橋まで迎えにいってほしいと告げるのでした。千津は死ぬ間際にカナメに虹の橋で待っていることを約束します。その後、自宅で息を引き取った千津を徳丸たちが発見。千津のそばには、カナメがいました。一方、トキワは達也に7年前から南米に行ったっきり帰ってこない夫のことを話します。「僕とシッポと神楽坂」3話の視聴率は4.9%でした。

「僕とシッポと神楽坂」の2話では、ペットが先に虹の橋のふもとにいきましたが、今回は飼い主が先に虹の橋のふもとにいく話でした。カナメと千津が会えることを願う「僕とシッポと神楽坂」視聴者が多くいました。

第4話視聴率4.3%!あらすじ・感想や評価

心臓腫瘍を持つ犬・ぐりを連れてナルタウン動物病院の田代のもとを訪れた飼い主の早苗。しかし、田代はぐりの体調や年齢を考慮し、手術は難しいと言います。どうしてもぐりを助けたい早苗は、坂の上動物病院の達也のもとを訪れ、手術を依頼します。達也も手術は難しいと判断しましたが、少しでも助かる可能性がある患者を見捨てたくないという信念のもと、反対するトキワを説得して手術を決行します。

手術は成功しますが、その夜ぐりの容態は急変し、亡くなってしまいました。その日から、坂の上動物病院の評判はがた落ちしてしまいます。どうやらネットを中心にありもしない噂が広まってしまったようなのです。ネットに書きこんだ人物は誰なのか。坂の上動物病院は再び信頼を取り戻すことができるのでしょうか。「僕とシッポと神楽坂」4話の視聴率は4.3%でした。

相葉雅紀さん演じる達也がネットに悪評を書きこまれる回。「僕とシッポと神楽坂」4話は、優しさと正義で動いた人が理不尽な目に合ってしまうことを嘆く感想が多くありました。

第5話視聴率5.0%!あらすじ・感想や評価

達也の母親から三味線を習っているため、度々家に来る芸者のすず芽(趣里)。母の咲江が入院したため、飼っていたインコのピースケを持って動物病院を訪れ、預かってほしいと依頼します。すず芽は母親の反対を押し切って芸者の道を歩んだため、あまり仲がよくありませんでした。そのため、咲江の見舞いにもまだ行っていないというのです。

達也はピースケを預かる条件として、ピースケの面倒を見に来ることと、咲江の見舞いに行くことを提示します。すず芽はしぶしぶその条件を飲みます。そんな中、ピースケは「すずめ会いたいね」という言葉を口にします。それはまぎれもない母親の咲江が日々つぶやいていた言葉でした。

一方、夫の父母から「大地を返してほしい」と言われたトキワ。実は、大地は夫の前の妻の連れ子で、トキワとは血のつながりがなかったのです。しかし、トキワは7年間ともに暮らしてきた家族だからそれはできないと2人の要求を拒否するのでした。「僕とシッポと神楽坂」5話の視聴率は5.0%でした。

「僕とシッポと神楽坂」5話の感想は、トキワの決断を称賛するものが多くありました。血のつながりはなくとも大切な家族である大地。祖父母への返答も勇気のいるものです。

第6話視聴率4.7%!あらすじ・感想や評価

香子が保護犬であるチワワを連れて坂の上動物病院を訪れます。達也から診察され、体を丁寧に洗われて美しくなったその犬はロミと名付けられました。新しい飼い主を探す中、親切そうな夫婦が引き取りたいとの依頼をしてきます。しかし、ロミを手放したくない香子は、夫婦に頭を下げて再び家に連れ帰るのでした。

一方、頼子は父親の愛人の息子である達也に複雑な感情を抱いており、娘が坂の上動物病院に通うことをあまり好ましく思っていませんでした。神楽坂の再開発計画を進め、動物病院を取り潰そうと目論みます。しかし、ある日達也は子どもの頃遊んでくれた頼子に感謝の言葉を述べます。それから頼子の心に変化が現れるのでした。「僕とシッポと神楽坂」6話の視聴率は4.7%でした。

「僕とシッポと神楽坂」6話の感想は、相葉雅紀さん演じる達也とホーチャンミさん演じる頼子の和解に感動したという声が多くありました。

第7話視聴率4.9%!あらすじ・感想や評価

高熱を出し、病院を休むトキワ。達也たちは坂の上動物病院を取り仕切っていたトキワ不在の中、いつも以上の忙しさを感じます。達也はトキワの見舞いに家を訪れ、互いにどことなく落ち着かない様子です。すず芽と同様達也の家に出入りする芸者のまめ福。彼女は客の一人からプロポーズされ、結婚をとるか仕事をとるかで悩んでいました。一方達也も友人の名倉から結婚したいという愚痴を聞かされていました。

そんな中、名倉の飼い犬が脳腫瘍の診察を受けます。高額な手術費用と、成功率も50%。名倉はなんとかお金を集めるため、駆け回るのでした。そして、ドラマの終盤にトキワのもとに外務省から行方不明だった夫が見つかったという連絡が入ります。また、達也ものとには新しいプロジェクトに参加するために海外に来ないかというスカウトの電話がくるのでした。視聴率4.9%でした。視聴率は回復してきました。

「僕とシッポと神楽坂」の相葉雅紀さん演じる達也と 広末涼子さんが演じるトキワ。2人はお互い意識し合っているようですが、果たして最終回はどうなってしまうのかが気になるという視聴者の声が多数ありました。

第8話視聴率6.2%!あらすじ・感想や評価

いよいよ「僕とシッポと神楽坂」最終回です。達也はスカウトの依頼を断り、代わりに堀川を推薦することにします。一方、夫・佑(眞島秀和)に会いに行った大地とトキワ。佑は日本で暮らしていた記憶がなく、妻子のこともわからない様子でした。そんな中、どこか様子がおかしい迷い犬が坂の上動物病院に来ます。飼い主を探すため、チラシを神楽坂に配り、ほどなくして飼い主の娘を名乗る女性・蔦子が現れます。

迷い犬の名前はタロウで、認知症を患っていました。蔦子は加えて母親の介護もしなければならず、疲弊しきっており、ついに玄関で気を失ってしまいます。気がつくと、タロウの姿がどこにもありません。あわてて外に探しに行く蔦子でしたが、そこで車にひかれてしまったタロウの姿がありました。蔦子は坂の上動物病院にタロウを抱えて訪れます。

手術が成功した後、達也は蔦子に励ましの声をかけます。記憶を失っても、家族と過ごした時間は消えることはない。思い出を忘れても、また新たな思い出を作ればいい。思い出は、天国に行っても宝物になると告げるのでした。一方、佑を大分の病院に転院させることになりました。トキワは大地と義父母とともに大分について行く決断をします。

トキワは達也と坂の上動物病院に別れを告げます。それからしばらくして、大地から達也へハガキが届きます。ハガキには、新しい犬を飼い始めた何気ない日常の報告がありました。達也はいつも通り、坂の上動物病院で患者を診察するのでした。最終回の視聴率は6.2%でした。「僕とシッポと神楽坂」最終回は、視聴率が初回時並みに回復しました。

「僕とシッポと神楽坂」の最終回の感想を紹介していきます。恋愛感情で動くことをせず、責任ある大人の決断をしたトキワ。「僕とシッポと神楽坂」の最終回は、そんなトキワの決断を悲しくも応援する感想が目立ちました。

蔦子を優しい言葉で励ます相葉雅紀さん演じる達也。この言葉に感動したと評価をする「僕とシッポと神楽坂」視聴者が多くいました。

僕とシッポと神楽坂の視聴率や感想まとめ

「僕とシッポと神楽坂」の各話ごとの視聴率を紹介してきました。主演の相葉雅紀さんは「天才!志村どうぶつ園」といった人気動物番組にレギュラーとして出演されています。そのため、「僕とシッポと神楽坂」の穏やかで優しい獣医師役はぴったりであるとの視聴者の声が多く見られました。ペットと飼い主の絆を描いた本作。感動もののドラマが好きな方におすすめです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ