もみ消して冬の視聴率一覧!一話から最終回まで紹介【山田涼介主演ドラマ】

ジャニーズのHey!Say!JUMPのエースである山田涼介さん主演の大人気土曜ドラマ「もみ消して冬」。この記事では「もみ消して冬」の各話のあらすじとともに最終回までの視聴率やドラマ全体の平均視聴率だけでなく、主要キャストの紹介までまとめてみました。さらには、ドラマをみた視聴者による感想一覧もご紹介していきます。盛りだくさんの内容になっていますので、ぜひ最後まで楽しんでください。

もみ消して冬の視聴率一覧!一話から最終回まで紹介【山田涼介主演ドラマ】のイメージ

目次

  1. もみ消して冬の視聴率一覧が気になる!
  2. もみ消して冬の主要キャスト
  3. もみ消して冬の視聴率一覧!あらすじも紹介!
  4. もみ消して冬の最終回視聴率やあらすじは?
  5. もみ消して冬を観た感想や評価は?
  6. もみ消して冬の視聴率一覧まとめ

もみ消して冬の視聴率一覧が気になる!

「もみ消して冬」の主人公はエリート警察官の北沢秀作です。母を幼い時に亡くしたもののと、裕福な家庭に生まれ何不自由ない生活を送っています。しかし、教育者として有名な父の泰蔵は姉の知晶や兄の博文ばかりを可愛がり、自分に対しては常に冷たい態度をとります。姉や兄も自分に対して姉兄らしい愛情を向けてくれないところから、秀作は幼い頃から家庭の中で愛情に飢え常に疎外感を感じていました。

ドラマ「もみ消して冬」では、Hey!Say!JUMPの山田涼介さん演じる秀作が父・泰蔵のとある事件をキッカケに家族や友人のあたたかさとはどんなものかを知っていく物語です。この記事では、主要キャストや各話のあらすじと視聴率、そして視聴者たちによる感想をご紹介していきます。

もみ消して冬の主要キャスト

北沢秀作/山田涼介

主演の北沢秀作(きたざわしゅうさく)を演じたのはHey!Say!JUMPの山田涼介さんです。東大卒の秀作は、警視庁刑事部刑事総務課に所属するエリート警察官です。北沢家の中では常識人な方ですが、末っ子であるため一番弱い立場に置かれており、姉の知晶や兄の博文の発言に反論したり指摘したくても率直に言うことが出来ずにいます。

北沢知晶/波瑠

姉の北沢知晶(きたざわちあき)を演じたのは女優の波瑠さんです。大手弁護士事務所に勤める才色兼備の敏腕弁護士という役柄です。その実力はというと、司法試験を1位で合格するほどです。それ故に他人に対して毒舌で、気分で意見をコロコロ変える自己中心的な性格をしています。表面上では秀作に厳しいが、実は内心では秀作のことを心から心配しています。

北沢博文/小澤征悦

兄の北沢博文(きたざわひろふみ)を演じたのは俳優の小澤征悦さんです。大学病院に勤める天才心臓外科医でゴッドハンドと称され、次期院長と期待されています。家族以上に自分のことが大好きなナルシストで、よくパソコンでエゴサーチをしています。要領が良く、自分の失態を秀作になすりつけることもしばしばある一方で、自分が落ち込んだ時には秀作に必要以上にスキンシップをとるなど、自分勝手な性格です。

北沢泰蔵/中村梅雀

父の北沢泰蔵(きたざわたいぞう)を演じたのは俳優の中村梅雀さんです。私立中学校・北沢学園の学園長です。3人の子供を東大に進学させた経験を綴った著書がベストセラーとなり、名教育者として世に知れ渡ります。20年前に妻を亡くしています。

もみ消して冬の視聴率一覧!あらすじも紹介!

この記事では、ビデオリサーチ社が調べた関東地区のリアルタイム視聴率をご紹介していきます。単純平均視聴率は9.8%でした。

もみ消して冬第1話視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」第1話の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」第1話の視聴率は13.3%でした。エリート警察官の北沢秀作(山田涼介)は、敏腕弁護士の姉の知晶と、天才外科医の兄の博文、そして難関私立中の学園長である父の泰蔵に、名家の一員として様々なプレッシャーをかけられ続ける、少ししんどい人生を送ってきました。そんな中、北沢家に母親が亡くなって以来の危機が訪れます。

泰蔵が好意を寄せていた女性に裸の写真を撮られ、金を要求されるという事件が起きたのです。厳格な父のまさかの告白にショックをうける。もし写真が明るみに出ると「平成の華麗なる一族」である北沢家は終わってしまうと、博文と知晶は何としてでもどうにかしようと奔走し、秀作からの協力も仰ぎます。そんな中「家族を守りたいが法律は犯せない」と葛藤し追い詰められた秀作は、相手の女性を説得しようと試みるのでした。

視聴率は13.3%ととても高いです。この視聴率の高さからも、ドラマに寄せられていた期待が分かります。

もみ消して冬第2話視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」第2話の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」第2話の視聴率は11.1%でした。家族の危機を乗り越え、北沢家の一員として少しだけ認められた気がしているところに、兄の博文が血と泥にまみれて帰ってきます。浜野谷院長の愛犬ジョンを逃してしまい、探し回っていたといいます。ジョンがなつけば昇進できると思い、こっそり手なずけようとしたそうです。

しかしジョンがいなくなる直前に一緒にいたことが浜野谷院長にバレてしまい、72時間以内に見つけないとクビと宣告されピンチの博文は、そっくりな犬を探すという知晶の無謀な提案にのります。賛成できない秀作を外して作戦は着々と進むも、執事の楠木が活躍し、知晶に頼られていくのを見た秀作は、北沢家での自分の立ち位置が脅かされる危機を感じるのでした。

第2話の視聴率は11.1%と少し低下しましたが、平均視聴率を考えると高い方だったようです。

もみ消して冬第3話視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」第3話の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」第3話の視聴率は11.1%でした。20年間北沢家につくしてきた執事の小岩井が、自殺しようとしていたところを保護されます。

なんと、小岩井はメイド喫茶にハマっていたらしく、博文にメイド喫茶に出入りするところを目撃されたのです。泰蔵たちは北沢家の名誉を傷つける契約違反だと主張し、小岩井を辞めさせようとします。しかし、秀作だけは退職願いを差し出す小岩井を引きとめます。

しかし「アナタの子守りをするのはもうウンザリ」と言われ何も言えなくなってしまいます。楠木が来て以来、次々と事件が起こると気づいた秀作は、すっかり千晶に気に入られている楠木に不審な目をむけはじめます。そんな中、知晶が小岩井の娘がメイド喫茶で働いていることを突き止めます。娘の話から小岩井の知られざる一面を知った秀作ですが、小岩井はすでに新しい職場で働き始めているのでした。

第3話の視聴率は11.1%で、前回の視聴率から落とす事なく二桁代をキープしています。平均視聴率から見ても高いほうだといえます。

もみ消して冬第4話視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」第4話の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」第4話の視聴率は11.0%でした。家族のために体を張ってきた秀作ですが、その努力の甲斐なく、知晶が自分より楠木を大事にしていることを気にかけていました。その知晶が泰蔵の持ってきたお見合い話を断り、今、気になっている人がいると宣言します。秀作は、その気になる相手とは楠木なのでは?と不安になります。

そんな矢先、楠木の背中に鯉の入れ墨があるのを目撃した秀作は、楠木を問いつめます。すると楠木は知晶にキスをされたという衝撃の事実を告白するのでした。ショックは受けたものの、知晶の幸せのためならと、姉の恋を応援することにします。しかしお見合い相手の角居が北沢学園の将来に関係する重要人物のため、何としても結婚させろと泰蔵と博文に追い詰められて、ある作戦に出ることにするのでした。

第4話の視聴率は11.0%とほんの僅かだけ視聴率が落ちましたが、山田涼介さんのコミカルな演技が視聴者にはまっているのか、初回から二桁代をキープしています。

もみ消して冬第5話視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」第5話の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」第5話の視聴率は7.1%でした。秀作は、博文と里子の仲が急接近していることに焦り、これまでの幾つものチャンスを無駄にしてきたことを悔やみます。里子と結婚する気の博文に、彼女のことを前から好きだったと打ち明けるが、博文は引き下がるどころか「争うだけ無駄」とあしらわれます。

激怒した秀作は、今まで気に入ったものを横取りし続けた兄に今度ばかりは勝ってみせると宣戦布告するのでした。一方、楠木に見せるためのキスを知晶からされた尾関は、知晶を好きになってしまったらしく、秀作に例え話を持ち掛けます。そして、博文の最大の弱点に気がついた秀作は、兄の因縁のライバル、善財の元を訪れるのでした。

第5話にして初めて視聴率が7.1%と一桁に落ちてしまいます。ドラマの視聴率は中だるみしてしまいがちですが、「もみ消して冬」も例外ではなかったことが判明しました。

もみ消して冬第6話視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」第1話の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」第6話の視聴率は8.1%でした。泰蔵が何者かに睡眠薬を飲まされ病院に運ばれます。なんと睡眠薬はチョコレートの中に入っていたといいます。

その夜、泰蔵は大学時代の社交ダンス部の同窓会に行っていたことから、犯人は同級生の中にいると北沢家では断定します。そこで秀作は、千晶と博文と一緒に、泰蔵にチョコレートをあげた5人の女性を北沢家に呼んで取り調べすることにします。

そして、その中でひと際犯人のオーラを放つこずえが怪しいとにらみます。ところが、かつて泰蔵とつきあっていた他の4人とは違い、こずえはダンスパートナーどまりの関係で犯行動機につながる恨みは見つかりません。さらに別のチョコレートから最悪死に至る別の薬物が検出され、事態は殺人未遂事件と変わっていく中、秀作と知晶の推理対決が繰り広げられてゆくのでした。

第6話の視聴率は8.1%で、前回より1%上昇しています。しかし、平均視聴率を見るとまだ低いままです。

もみ消して冬第7話視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」第7話の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」第7話の視聴率は6.6%でした。ライバルの善財が倒れているのを発見した博文ですが、犯行動機があることや凶器に指紋がついていたことで警察に疑われてしまいます。

実は窃盗団の一味だった善財の婚約者が犯人だったと判明し、疑いは晴れるが、博文を疑ったことで病院内で人望のなさが明るみになっていきます。出世も遠ざかり、博文は人生初の挫折を味わうのでした。

一方、秀作は男らしくないと里子に責められフラれます。その上知晶からは、博文よりも不幸な秀作なら博文を勇気づけられるという理由で、博文の励まし役を命じられます。そんな中、浜野谷院長の家に出入りする手毛綱が、院長は人事にポイント制を採用しているという情報を入手します。秀作たちは窃盗団の捜査をする尾関も巻き込み、博文の挽回を狙ってポイントアップ計画を立てるのでした。

第8話の視聴率は6.6%と、本作の最低視聴率をマークしました。ドラマも残すところあと3話の中、視聴率は3週連続で一桁でした。

もみ消して冬第8話視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」第8話の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」第8話の視聴率は9.5%でした。里子とついに恋人関係になった秀作が、彼女を北沢家へ招待して泰蔵に紹介することになりました。その晩、北沢家には泰蔵しかいないはずだったが、友達の所に泊まりに行っていた知晶が早々に帰宅します。さらに、遅くなる予定だった博文は、尾関と手毛綱を引き連れて帰ってきます。

嫌な予感しかしない秀作をよそに、北沢家のリビングでは、知晶にキスをした尾関の公開裁判が開かれるのでした。そんな中、里子が履いてきた靴が玄関から消えていることに気が付きます。誰かが隠したのではと有罪判決を受け執事部屋に拘束されている尾関に相談し、 一人ひとり問い詰めていくが、犯人はなかなか見つかりません。そうこうしている内に、秀作に幼い頃の知晶の靴をめぐるとある記憶がよみがえってくるのでした。

第8話の視聴率は9.5%と大幅に回復しました。二桁に限りなく近い視聴率で、最終回に向けての盛り上がりが見られます。

もみ消して冬第9話視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」第9話の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」第9話の視聴率は9.0%でした。秀作は、里子のあとをつけていたストーカーを捕まえます。ところがその男、吉田邦夫の目的は秀作だったのです。理由を聞く秀作に邦夫は衝撃の事実を口にします。「ボクたち、赤ちゃんの時に取り違えられたんです」

信じない秀作にDNA鑑定の証拠を見せる邦夫。3歳の時に発覚し、両家で話し合いの上そのままになったといいます。家に帰った秀作は、このことを打ち明けるが、知晶と博文は初耳にもかかわらず反応は薄く、弟につらくあたってしまう理由がわかってスッキリした様子です。泰蔵もずっと同じ思いだったと知り、秀作はショックを受けます。

邦夫を知っていくうちに、その姿と言動に北沢家のDNAを実感します。やがて、一週間だけ二人を入れ替えて生活することが両家の間で決まるのでした。第9話の視聴率は9.0%と0.5%だけですが、落ちてしました。

もみ消して冬の最終回視聴率やあらすじは?

もみ消して冬最終回視聴率とあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」最終回の視聴率とあらすじをご紹介していきます。ドラマ「もみ消して冬」最終話の視聴率は10.8%でした。秀作と吉田邦夫の入れ替わり生活は続き、北沢家では邦夫が幸運の使者のごとく、続けていいニュースが舞い込みます。一方、秀作も些細な事で感謝を口にしてくれる吉田家で、パティシエになる将来も見据え、幸せをかみしめていました。

二人はこのままでいようと意見が一致し、泰蔵も戸籍を入れ替える準備を考え始めます。納得できない尾関は秀作を説得するが、しょせん知晶へのポイント稼ぎのためだと相手にされません。そんな中、またもや北沢家にもみ消しが必要な事件が起こるのでした。楠木からそのことを知らされた秀作は、もう北沢家の人間ではないからと聞き流すも、あることに気づき、“キタザワズ・プライド”にかけて立ち上がります。

しかしそこには北沢家の運命と未来を変える衝撃の展開が待っていたのでした。最終回の視聴率は10.8%と二桁で終わり、最終回を迎えるに相応しい有終の美を飾った状態で終えることができました。

もみ消して冬を観た感想や評価は?

主演の山田涼介さんは「もみ消して冬」で始めtコメディーにチャレンジしたそうですが、表情豊かでコミカルな演技が視聴者にもうけたようで、山田涼介さんの演技を評価する声もありました。

ここからは、「もみ消して冬」をみた感想やドラマの評価をご紹介していきます。視聴率の変動からも分かるように、最終回に向けて一度下がっていた視聴率が上がってきました。

SNS上では「終わってほしくない」「最終回が待ち遠しい」といった声が多く見られました。最終回放送終了後には、「もみ消して冬」の続編を期待するコメントもありました。

一度低下した視聴率ですが、最終回でまた二桁まで上昇したことを祝福するコメントもありました。

山田涼介さんが所属するジャニーズ事務所の後輩で、共演したジャニーズWESTの小滝望さんを称賛する声も多くありました。山田涼介さんと小滝望さんのやり取りを見て、ハマるファンが続出したようです。

もみ消して冬の視聴率一覧まとめ

この記事では、「もみ消して冬」の主要キャストや各話のあらすじと視聴率だけでなく、視聴者からの感想をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?山田涼介さんをはじめとする豪華キャストによる、笑いあり涙ありのコメディードラマで人気の作品です。気になった方はぜひ、「もみ消して冬」をチェックしてみてください!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ