僕の金ヶ崎はバカリズム脚本の27時間テレビSPドラマ!あらすじ・キャストネタバレ

僕の金ヶ崎とはバカリズムが脚本を務めた27時間テレビのスペシャルドラマです。僕の金ヶ崎という作品は時代劇モノのドラマとして制作されています。そんな僕の金ヶ崎という作品のあらすじ・キャストをご紹介していきたいと思います。バカリズムが脚本を務めた僕の金ヶ崎という作品はどのようなあらすじで始まるのか、そしてどんな人物がキャスト起用されているのか是非ご覧になってみてください!

僕の金ヶ崎はバカリズム脚本の27時間テレビSPドラマ!あらすじ・キャストネタバレのイメージ

目次

  1. 僕の金ヶ崎は27時間テレビ時代劇SPドラマ
  2. 僕の金ヶ崎のあらすじネタバレ
  3. 僕の金ヶ崎のキャストと登場人物
  4. 僕の金ヶ崎のロケ地
  5. 僕の金ヶ崎に関する感想や評価
  6. 僕の金ヶ崎のネタバレまとめ

僕の金ヶ崎は27時間テレビ時代劇SPドラマ

僕の金ヶ崎とは27時間テレビで放送されたテレビドラマ作品です。僕の金ヶ崎は時代劇モノのテレビドラマ作品として放送されており、27時間テレビをご覧になっていたという方であればご覧になった事がある方もいらっしゃるかもしれません。

そんな僕の金ヶ崎という27時間テレビで放送されたテレビドラマ作品のあらすじ・キャスト・脚本家をご紹介していきたいと思います。僕の金ヶ崎という27時間テレビのドラマ作品はどのようなあらすじで始まり、キャストとして誰が起用されているのか、そして僕の金ヶ崎の脚本を手掛けた人物は誰なのか、僕の金ヶ崎に関するすべての情報をまとめてご紹介するので是非ご覧ください。

僕の金ヶ崎の作品情報

僕の金ヶ崎とは2017年の夏に放送された27時間テレビの番組内で放送された作品です。僕の金ヶ崎は27時間テレビのオリジナルドラマ作品となっており、物語のあらすじからキャストまで完全なるオリジナルドラマに仕上がっています。そんな僕の金ヶ崎というドラマ作品は、約1時間ほどのスペシャルドラマとして放送されている作品で、キャストにはかなり豪華な俳優を起用している事で注目を集めました。

2017年に放送された27時間テレビの中では、スペシャルテレビドラマ作品が2本放送されており僕の金ヶ崎というテレビドラマ作品はその内の一作品です。僕の金ヶ崎は27時間テレビの番組内でしかご覧になることが出来ず、スペシャルドラマという事で見逃したという方は悔やまれる内容に仕上がっています。

僕の金ヶ崎の脚本はバカリズム

僕の金ヶ崎というテレビドラマ作品は脚本を務めた人物が人気芸人として活躍している「バカリズム」という事で大きな注目を集めました。バカリズムはピン芸人として活動している人物で、現在ブレイク中で非常に高い人気を獲得しています。バカリズムは独特の世界観を持っているお笑い芸人で、芸風なども特殊で面白いという事で人気になりました。お笑い芸人ですが多彩な才能を持っているバカリズムは、ドラマの脚本も書いています。

僕の金ヶ崎の脚本を務めたバカリズムは、脚本家としては様々なドラマ作品の脚本をこれまでに書いてきたというキャリアがあり脚本を始めて書いたのは2011年です。バカリズムは自身が手掛けた脚本のドラマに、自分も出演している事が多く脚本&俳優として活動しています。バカリズムは2020年にも自分が脚本を手掛けたドラマ作品を1作品公開する予定となっています。

中尾明慶 公式ブログ - 僕の金ヶ崎 - Powered by LINE

僕の金ヶ崎のあらすじネタバレ

僕の金ヶ崎というテレビドラマ作品は時代劇作品として脚本を書かれています。僕の金ヶ崎という時代劇作品は、NHKドラマなどで放送されている時代劇作品とは全く違った時代劇作品に仕上がっています。バカリズムの個性的な世界観で脚本を書かれているこの時代劇ドラマは、かなり面白い内容になっています。しかし出演者はかなり演技力が高いベテランばかりなので、時代劇作品が好きだという方にはお勧めです。

僕の金ヶ崎のあらすじ

物語の舞台は戦国時代。天下無双の快進撃を行った「織田信長」は豊臣秀吉・明智光秀・徳川家康を従えて天下統一を目指していたが、そんな織田信長の軍勢は金ヶ崎の戦いで撤退戦を余儀なくされてしまいました。織田信長の極めて珍しい撤退戦となった金ヶ崎では、城の中で信長・秀吉・光秀・家康は何を語っていたのか、史実として残っている実際の金ヶ崎の戦いをモデルとしたオリジナルストーリーが幕を開けます。

僕の金ヶ崎に関するバカリズムのコメント

僕の金ヶ崎の脚本を担当したバカリズムは、僕の金ヶ崎の脚本を書いてドラマを作った際に僕の金ヶ崎に対してコメントをしています。バカリズムは僕の金ヶ崎に対してのコメントで「とにかく笑える時代劇ものにした」というコメントを行い、そして「豪華キャスト達がバカバカしい脚本を真面目に演じている所を観てほしい」とも語っています。

時代劇モノですが、真面目に作ったとは思えない様な面白い内容に仕上がっているようで有名俳優たちが真面目に演じているシーンはギャップがあって面白いようです。

僕の金ヶ崎のキャストと登場人物

今から僕の金ヶ崎に出演していたキャスト・登場人物をご紹介していきたいと思います。僕の金ヶ崎は27時間テレビの中で放送された時代劇系のスペシャルドラマです。単発ドラマで1時間しかないドラマですが、かなり有名な俳優ばかりが出演しており、非常に豪華な作品へと仕上がっています。僕の金ヶ崎のキャスト・登場人物がどのような人物を起用されているのか、バカリズムの采配に注目です。

大杉漣/織田信長役

最強の戦国武将「織田信長」を演じた俳優は大杉漣です。大杉漣は有名なベテラン俳優で知られており、演技力が非常に高い人物で知られています。様々な作品に出演してきたベテランの大杉漣は「300の顔を持つ」などと言われている俳優で、2018年に残念ながら亡くなりました。大杉漣は66歳で急死しており、あまりにも早すぎる死という事で多くのファンが涙していた事はまだ記憶に新しい人も多いです。

大杉蓮は織田信長を演じた際に、わがままな織田信長という人物を上手に演じており流石という演技力を魅せ付けました。人気ドラマや映画作品に数多く出演している大杉蓮が、織田信長を演じてどのような作品に仕上げたのか注目です。

中尾明慶/豊臣秀吉役

織田信長から絶大の信頼を勝ち取っていた家臣の「豊臣秀吉」を演じたのは「中尾明慶」です。中尾明慶は10代の頃から俳優として活躍している人物で、現在31歳になっています。中尾明慶は若手俳優の頃から演技力が高く様々な作品に出演して重要人物を演じてきました。善人から悪役まで何でも演じることが出来る中尾明慶は、豊臣秀吉役にキャスト起用されています。

中尾明慶が演じた豊臣秀吉は、若さと勢いがある成り上がり武将で中尾明慶の元気ある演技力がハマっています。中尾明慶が演じた豊臣秀吉は、肖像画で観る戦国武将豊臣秀吉とはまた違ったイメージが与えられるかもしれません。

バカリズム/服部半蔵役

僕の金ヶ崎の作中に伊賀の国の忍者として登場する「服部半蔵」を演じたのは脚本を書いた「バカリズム」です。バカリズムは脚本を書いたドラマ作品に出演している事が多い人物で、僕の金ヶ崎にもバカリズムは俳優として出演しました。バカリズムが演じた服部半蔵は、戦国時代の最も有名な忍者として知られており作中では忍者らしい真っ黒な衣装に身を包んで登場しています。バカリズムの演技にも注目です。

渡辺いっけい/徳川家康役

天下の大将軍の一人として歴史に名を残している「徳川家康」を演じたのは「渡辺いっけい」です。渡辺いっけいはベテラン俳優として活躍している人物で、渡辺いっけいはこれまでに数多くのテレビドラマ作品に脇役として出演してきています。渡辺いっけいは主演よりも脇役としてのキャスト起用が殆どで、味のある演技が魅力です。個性的な役から真面目な役まで幅広く演じることが出来る演技力を持っています。

渡辺いっけいと言えば人気連続テレビドラマのバイプレイヤーとして名をはせており、僕の金ヶ崎はスペシャルドラマという事もあり普段はバイプレイヤーの渡辺いっけいですが、徳川家康という重要な主要人物を演じました。

杉本哲太/明智光秀役

本能寺の変で織田信長を死に追い詰めたとされている武将である「明智光秀」を演じたのは「杉本哲太」です。杉本哲太は現在53歳のベテラン俳優で、テレビドラマ・映画作品に数えきれないほどの多数の作品に出演している人物として知られています。毎年多くの作品に出演している杉本哲太は、明智光秀として僕の金ヶ崎へ出演し、クールな武将を演じました。

僕の金ヶ崎のロケ地

僕の金ヶ崎というバカリズムが脚本を担当したスペシャルドラマ作品は、どういった場所がロケ地となったのかをご紹介していきたいと思います。僕の金ヶ崎は日本のとある場所がロケ地となっており、僕の金ヶ崎をご覧になったという方は、近場の方は僕の金ヶ崎のロケ地巡りなどをしてみても面白いかもしれません。

僕の金ヶ崎のロケ地は御殿場市

僕の金ヶ崎のロケ地となった場所は「御殿場市内」です。御殿場市内の二岡神社という場所をメインロケ地として撮影場所に使われています。僕の金ヶ崎という時代劇ドラマの作中では様々な作中のシーンで御殿場市内にある二岡神社が登場しており、二岡神社を知っているという方は見慣れた景色を作中でご覧になることが出来たのではないでしょうか。

上記の画像は実際に僕の金ヶ崎のロケで使われた撮影セットとなっており、虎の剥製絨毯など豪華な道具が使われています。僕の金ヶ崎は実際に織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・明智光秀が生きていたらどんなやり取りをしていたのだろう。というコンセプトで作られているので、脚本家のバカリズムはこういったロケセットがあったかもしれないと、想像して撮影したのかもしれません。

御殿場市は様々な作品のロケ地

僕の金ヶ崎のロケ地となった御殿場市という場所は、実は様々なテレビドラマ作品のロケ地になった事がある場所で有名だそうです。御殿場市は静岡県の東部にある場所で、人気が高いテレビドラマ作品のロケ地になる事が多いです。御殿場市をロケ地として撮影を行ったテレビドラマ作品は数えきれないほどあり、御殿場市がロケ地に活用されることが多いのは、富士山が周辺にあるというのも理由の一つとなっています。

僕の金ヶ崎に関する感想や評価

今から僕の金ヶ崎のtwitterに投稿されている感想・評価内容をご紹介していきたいと思います。僕の金ヶ崎は人気テレビ番組である27時間テレビの中で放送されたスペシャルテレビドラマ作品なので、多くの視聴者が僕の金ヶ崎をご覧になっています。僕の金ヶ崎をご覧になった方は、どのような感想をお持ちなのかtwitterに投稿されている内容をチェックしていきましょう!

上記の僕の金ヶ崎に関する感想をtwitterに投稿されている方は、僕の金ヶ崎が放送された27時間テレビを録画していたようで、僕の金ヶ崎はかなり面白かった!という感想を投稿されています。明智光秀・豊臣秀吉・徳川家康の3人がドンマイ過ぎるともコメントされており、作中で明智光秀・豊臣秀吉・徳川家康がどんなひどい目に遭ってしまうのか注目してご覧になってみてください。

上記の僕の金ヶ崎に関する感想をtwitterに投稿されている方は、僕の金ヶ崎の作中で織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の有名なエピソードであるホトトギスの話が出てきてかなり面白かったとコメントされています。織田信長・豊臣秀吉・徳川家康のホトトギスのエピソードは、有名なエピソードとして現代まで語り継がれています。バカリズムが書いた脚本ではどのような面白い内容になっているのかご注目です。

上記の僕の金ヶ崎に関する感想をtwitterに投稿されている方は、僕の金ヶ崎はかなり面白いテレビドラマだったとコメントされており、特に主演である大杉蓮が演じた織田信長が良かったようです。織田信長を演じた大杉蓮はかなり有名で演技力が高いベテラン俳優という事もあり、素晴らしい演技を披露しています。大杉蓮はすでに亡くなってしまいましたが、生前の大杉蓮の貴重な演技を観れる作品なのでご注目ください。

僕の金ヶ崎のネタバレまとめ

僕の金ヶ崎というスペシャルテレビドラマ作品のあらすじ・キャスト・脚本担当者をネタバレ紹介しました。僕の金ヶ崎というスペシャルテレビドラマ作品は、2017年に放送された27時間テレビの作中で放送されています。僕の金ヶ崎は戦国時代に実在した武将である織田信長・徳川家康・豊臣秀吉・明智光秀という4人の武将が、金ヶ崎の戦いで敗走した際にどのような事を語っていたのかというのをテーマに作られています。

1時間という短い内容で作られたこのテレビドラマ作品は、バカリズムが脚本をあらすじから結末まで書いており、あらすじから結末まで目が離せない作品になっています。4人の武将を演じているのは大杉漣・杉本哲太・渡辺いっけい・中尾明慶といずれも有名な俳優たちです。豪華キャストで制作されていますが、内容はお馬鹿な面白い作品に仕上がっており、真面目な俳優たちと内容のギャップが面白いようです。

ご紹介している僕の金ヶ崎のあらすじを御覧になってもし面白そうだと感じた方は是非ご覧になってみてください。バカリズムはテレビドラマ作品などの脚本を多数手がけており、今後の脚本家としても活躍していく事が予想されています。バカリズムが好きだというファンの方は、今後のバカリズムの脚本家としての活躍にも注目していきましょう!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ