ナルトののはらリンの死因はなに?死んだ理由やカカシとの関係を考察

ナルトに登場するのはらリンはナルトの父、波風ミナトが担当上忍を務めるミナト班のはたけカカシ、うちはオビトとスリーマンセルを組んでいた一人です。紅一点で、医療忍術を使ってミナト班のサポートをしています。性格の合わないカカシとオビトのなだめ役で、オビトから好意を寄せられていますが、リンはカカシに好意を寄せている為、チームの中で三角関係になっています。リンはカカシの手により死んでいますが、死因や死んだ理由はなんなのか紹介します。

ナルトののはらリンの死因はなに?死んだ理由やカカシとの関係を考察のイメージ

目次

  1. ナルトの紹介
  2. ナルトに登場するリンが所属するミナト班のメンバー紹介
  3. ナルトに登場するのはらリンの実力は?
  4. ナルトに登場するのはらリンとうちはオビトの関係
  5. ナルトに登場するのはらリンとはたけカカシの関係
  6. ナルトに登場するのはらリンが死んだ理由
  7. ナルトに登場するのはらリンが死ぬ発端となった事件は?
  8. ナルトに登場するのはらリンが死んだ後のはたけカカシはどうなった?
  9. ナルトに登場するクシナとオビトの関係は?
  10. ナルトに登場するのはらリンは可愛い?
  11. ナルトに登場するのはらリンの可愛い画像
  12. ナルトに登場するのはらリンがオビトにかけた言葉
  13. ナルトに登場するのはらリンがカカシとオビトを繋げたシーン
  14. ナルトの中でオビトがカカシに残した言葉とは?
  15. ナルトに登場するのはらリンの死んだ理由やカカシとの関係を紹介しました

ナルトの紹介

週刊少年ジャンプで連載されていた岸本斉史先生原作の「NARUTO-ナルト」は国内外で有名な忍が登場するバトルアクション漫画です。「NARUTO-ナルト」の原作の日本国内での累計発行部数は1億4000万部を突破し、海外では7500万部を記録して全世界で2億2000万部越えでした。ゲームのアルティメットシリーズは世界累計出荷本数が1600万本を越えました。2014年11月に「NARUTO-ナルト」の連載は終了しています。

「NARUTO-ナルト」の連載終了後、短期集中連載やノベライズなどの発表がされました。連載終了後に最終話に至るまでの経緯を描いた劇場版が上映されました。最終話以降の劇場版も上映され、ナルトの息子ボルトが主人公の漫画「BORUTO」が週刊少年ジャンプで月一連載を開始し、アニメ化もされています。BORUTOの世界では近代化が進み、パソコンや列車などが普通に登場します。

テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝

ナルトに登場するリンが所属するミナト班のメンバー紹介

ナルトに登場するリンが所属するミナト班のメンバー、はたけカカシの紹介

「木ノ葉の白い牙」の異名を持つはたけサクモの子供です。5歳で下忍になり、6歳で中忍、12歳で上忍になった木ノ葉隠れきっての天才です。暗部に所属していた事もあり、左腕には暗部にいた時の証である刺青が入っています。カカシは「木ノ葉の黄色い閃光」と呼ばれた波風ミナトの班に配属されました。チームメイトのうちはオビトとは性格が合わず、ギクシャクした関係だったため、ミナトとリンから心配されていました。

任務でカカシが隊長となり、リンとオビトを連れて、ミナトは単独で二つに分かれて行動しました。しかし、リンが敵の捕虜として拉致されてしまいました。リンの救出について指示を出せるミナトがいなかった為、オビトとカカシで助けるかどうか意見がぶつかります。オビトの強い仲間意識に押されたカカシが折れて、意気投合した二人はリンの救出に向かいました。

敵のアジトでオビトを庇い、左目に重傷を負いました。アジトから逃げ出す際、カカシを庇って致命傷を負ったオビトは自分の眼をカカシに移植し、写輪眼を得ました。リンは霧隠れの実験台にされてしまい、やむを得ずリンを手にかけてしまいました。オビトから教わった仲間を大事にという理念を重要視していて、ナルト達にもチームワークの重要さを徹底して教えています。

リンを失った後、立ち直れないでいたカカシはミナトの勧めで暗部に入っていた時期もあります。ナルト達の教官に選ばれた理由は人柱力のナルトとうちは一族の生き残りのサスケを監視する為でした。サスケが里抜けした事に責任を感じていて、説得しますが、受け入れられなかったため、サスケと戦う決意をした事もありました。オビトから火影になれと言われ、保留にしていた事もありましたが、綱手の後任として就任しています。

ナルトに登場するリンが所属するミナト班のメンバー、のはらリンの紹介

「NARUTO-ナルト」のミナト班の紅一点であり、医療忍術を扱えるのはらリンは同じ班のカカシに好意を抱いていました。カカシの上忍昇格祝いにお守りを縫い付けた「個人用特別医療パック」をプレゼントしています。性格の不一致から微妙な関係のカカシとオビトの間に入って仲裁する立場で、常に二人の関係を心配していました。オビトが無茶をすれば心配し、彼の火影になるという夢を心から応援出来る優しい女の子です。

任務の最中、敵に拉致されてしまい、カカシとオビトが助けに来てくれましたが、左目を負傷したカカシを庇って致命傷を負ったオビトの写輪眼をカカシに移植しました。その後、霧隠れによって、三尾を封印されてしまいます。カカシに救出されましたが、封印された三尾は木ノ葉を破壊するようにされていて、それを知っていたリンはカカシの雷切の前に自ら出て攻撃を受けた事が死因です。死後、彼女の魂はオビトを見守っています。

オビトが死んだ際は浄土の狭間で彼を優しく出迎え、共に浄土へ向かおうとしていました。今までオビトのしてきた事や、生み出してきた悲劇をリンは見ていたはずです。しかし、オビトがそれと同じぐらい苦しんでいた事も知っています。オビトが来た際は、「待ってたよ」と優しく迎え入れました。カカシに恋心を抱いていたリンですが、オビトを見守っている内に彼に対して好意を抱くようになったとファンの間で推測されています。

ナルトに登場するリンが所属するミナト班のメンバー、うちはオビトの紹介

「NARUTO-ナルト」のミナト班に配属されたうちはオビトは仲間思いの熱い心を持っていて、リンに片思いしています。うちは一族でありながら、写輪眼を開眼できず、上忍になったカカシの才能にコンプレックスを抱いています。泣き虫ですが、強がりな面もあり、目にゴミが入ったと言い訳する事が多いです。カカシと喧嘩して上忍のミナトに相談を持ち掛けた時、彼の過去を知り、打ち解ける事が出来ました。

リンが拉致された時、任務を優先するカカシに怒り、一人で救出に向かいますが、後を追いかけてきたカカシに助けられました。オビトを庇ってカカシは左目を負傷し、リンとカカシを守るという意志が写輪眼を開眼させました。リンの救出に成功しますが、敵の術にはまり、カカシを庇ってオビトは岩に押し潰されてしまい、それが死因となっています。その際、残された左目の写輪眼をカカシの上忍祝いという事で移植させました。

死んだと思われていたオビトは奇跡的に生き延び、千寿柱間の細胞と人造体を移植され、リンとカカシの元へ一日も早く戻れるようリハビリをしていましたが、二人の窮地を知り、駆けつけた先で見たのはカカシがリンを殺す瞬間でした。リンの死んだ理由もカカシの雷切が死因なのも、オビトには理解できず、絶望と怒りに狂った彼はマダラの元で「月の眼計画」に手を貸す決心をし、リンとカカシがいる平和な世界を作ると誓いました。

ナルトに登場するリンが所属するミナト班のメンバー、波風ミナトの紹介

「NARUTO-ナルト」に登場するカカシ、オビト、リンの3人の担当上忍となり、ミナト班を結成しました。オビトとカカシの関係を心配していました。任務でカカシ達と分かれて単独で行動していましたが、その任務でオビトを失ってしまいます。その後の別の任務でカカシの手でリンを殺させてしまいました。ミナトは四代目火影に就任し、同期のクシナと結婚しました。ナルトの出産に立ち会いますが、オビトの襲撃を受けます。

クシナの中にいた九尾が抜かれてしまいました。オビトを里から撤退させる事に成功し、九尾の陰のチャクラを自分に、陽のチャクラをナルトに封印しようとしますが、九尾の邪魔が入り、殺されそうになったナルトを庇ってクシナと共に九尾の爪に貫かれましたが、彼の死因は屍鬼封尽です。ナルトの中に九尾を封印し、クシナと共にこの世を去りました。ナルトの中に自分の精神やチャクラを残し、死後はナルトを中から見守っています。

ナルトに登場するのはらリンの実力は?

「NARUTO-ナルト」に登場するのはらリンは忍の一族の生まれではなく、両親も忍ではなく、一般人から忍となった「NARUTO-ナルト」の中では稀有な存在です。医療忍者を目指したのは戦場で傷つく忍達を救う為という経緯が明かされています。医療忍術の実力は高く、13歳という若さで、仲間の死を目前にして精神的にも環境的にも最悪な状況下でオビトの左目を負傷したカカシの左目に移植するという技術を見せました。

リンが医療忍者を目指した理由は戦場で傷つく忍達を救いたいというのが理由でした。医療忍術を学ぶのに様々な勉強をしてきたでしょう。その努力が死にかけたオビトの左目を負傷したカカシに移植するというところで発揮されました。人の眼を移植するのは簡単なことではありません。仲間の死が目前に迫る精神状態で生き残ったカカシに不具合を出さず移植という難しい手術をやってのけたリンの医療忍者としての実力は高いでしょう。

Thumbナルト(NARUTO)の名シーンランキング!泣ける感動の名場面・名言画像 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するのはらリンとうちはオビトの関係

「NARUTO-ナルト」に登場するうちはオビトはのはらリンに片思いをしていました。リンには強がってアピールする事が多くありましたが、残念ながらリンはカカシに恋心を抱いていて、ミナト班の中で三角関係になっていました。ですが、リンはオビトが無茶をすれば心配し、彼の火影になるという壮大な夢をバカにせず、応援していて、オビトにとって大きな精神的な支えになっていました。

オビトはカカシを庇い、岩の下敷きになりました。カカシに写輪眼を移植しましたが、オビトは生きていて、リンたちに会う為にリハビリを続けていました。しかし、二人の窮地を知ってかけつけたオビトの前でカカシの手にかかったリンを見てしまいます。状況を理解できないオビトは怒り狂い、リンの亡骸にリンとカカシがいる平和な世界を作ると約束しました。リンは死後、オビトの事を見守っています。

ThumbNARUTO(ナルト)の春野サクラとサスケの馴れ初めは?結婚した理由も | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するのはらリンとはたけカカシの関係

「NARUTO-ナルト」の中に登場するミナト班ののはらリンは同じ班のはたけカカシが気になっていました。カカシの上忍昇格祝いではお守りを縫い付けた「個人用特別医療パック」をプレゼントしています。カカシがリンを守っている時、オビトの気持ちを語り、リンは自分の気持ちについてもカカシが気付いているのではと問おうとしましたが、カカシはリンの言葉を遮り、想いを告げるタイミングを潰しました。

リンの気持ちに気付きながら、カカシは彼女の想いを受け取る事はしませんでした。その後、自分の手でリンを殺してしまうという事になりました。死んだ理由が好きな人の手によって殺されたという悲劇的な展開にファンの間では悲しいという声が多くありました。アカデミーからの幼なじみであるリンの死んだ理由がカカシ自身というのは後々まで彼の心に影を落とします。

ThumbNARUTO(ナルト)のうちはサスケの強さは?サクラとの馴れ初め・結婚も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するのはらリンが死んだ理由

「NARUTO-ナルト」に登場するのはらリンの死んだ理由はなんでしょうか?同じ班のはたけカカシの雷切がリンの死因です。カカシは何故リンを殺したのでしょうか?オビトが目撃したのはカカシの雷切がリンを貫いている所です。リンの死んだ理由は彼にはわかりませんでしたが、彼女の死因がカカシだというのは一目見てわかりました。この瞬間にオビトは万華鏡写輪眼を開眼し、様々な悲劇を生み出していくことになります。

リンはうちはマダラの策略により死ぬ事になります。リンの死んだ理由はマダラがオビトを自身の駒として使う為でした。以前のオビトは仲間思いで、優しい性格でした。彼を月の眼計画に取り込む為にリンを殺したのです。彼女の死因はカカシの雷切ですが、死んだ理由はオビトを駒として使う為でした。リンの死んだ理由には二人のチームメイトが深く関わっていました。

ThumbNARUTO(ナルト)の画像集!かっこいい・かわいい高画質な壁紙も厳選 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するのはらリンが死ぬ発端となった事件は?

「NARUTO-ナルト」のミナト班に所属しているのはらリンの死んだ理由となった事件はなんでしょうか?リンの死んだ理由を作った事件は彼女が霧隠れに拉致された事から始まりました。そこでリンは三尾を体内に封印されてしまいます。三尾を封印されたリンは木ノ葉の里に帰還した後、三尾を暴走させて木ノ葉を潰すという作戦の為に心臓に呪印札を植えつけられ、人柱力にされてしまいました。

その後、リンはカカシに救出されますが、体内にいる三尾が木ノ葉で暴走してしまう事を知っていたので、里を守る為にカカシの雷切を心臓に受けて、それが死因で亡くなっています。リンが自分から雷切に飛び込んだのでカカシが殺したのではなく、リンが自分で死を選びました。リンの死んだ理由は里を守る為とマダラの策略によるものでした。カカシの雷切が死因になっているので、彼はとてもつらかったでしょう。

ThumbNARUTO(ナルト)で結婚したカップル一覧!組み合わせ・相手や子供も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するのはらリンが死んだ後のはたけカカシはどうなった?

オビトを失い、リンも雷切が死因で亡くしてしまい、失意の底にいたカカシはなかなか立ち直れません。カカシの状態を見かねたミナトは彼に暗部入りを勧めました。カカシの暗部の話は「NARUTO-ナルト」のアニメのオリジナルでしたが、謎に包まれていたカカシの過去を観られた事に喜ぶファンも大勢いました。カカシの暗部での姿がかっこいいという声もありました。

ThumbNARUTO(ナルト)歴代の火影一覧!その強さや能力をまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するクシナとオビトの関係は?

「NARUTO-ナルト」の主人公のうずまきナルトの母、うずまきクシナはミナト班の3人と関わりがありました。中でもオビトの事をクシナは気に入っていました。オビトとクシナが喧嘩をする姿はまるで年の離れた姉弟のようでした。任務に行く前のオビトに怪我して帰ってきたらげんこつじゃすまないと言うなど、オビトを気にしている素振りがありました。

オビトに足りないところがたくさんあると指摘しながら、何故、オビトを一番気に入っているのかとミナトが訪ねた時、クシナは彼に夢をのせているからと答えました。もし、今後、自分達に子供が出来た時、頭がよくなくても、仲間思いで、根性があって、明るくて、真っすぐな子供に育てたいとクシナは言いました。オビトのように育ってほしいとクシナは願っていたのでしょう。

しかし、オビトはマダラの策略で人が変わってしまい、ナルトを出産したクシナを狙ってきます。尾獣を抜かれれば人柱力が死ぬとわかっていて、クシナから九尾を抜き、それが死因となっています。更にミナトとぶつかり合い、木ノ葉の里を襲っています。ナルトから両親を奪ったのはオビトであり、慕っていたミナトとクシナの命をあっさり奪ってしまったのです。自分たちの死んだ理由を作ったのがオビトだと知ったら哀しむでしょう。

ThumbNARUTO(ナルト)の登場人物・キャラクター一覧!相関図も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するのはらリンは可愛い?

「NARUTO-ナルト」の中で、リンの登場回数は少ないです。ナルト達の話で、リンは過去の人なので仕方ないと思いますが、それでもリンには人気があります。可愛いという声も多くありました。カカシに恋をするリンが可愛い、オビトを心配するリンが可愛い、死んだ後もオビトを見守り、彼が死んだ時に出迎える姿が可愛いなど、多くの声があります。

「NARUTO-ナルト」のヒロインの中でリンが一番可愛い、好きという声もあるぐらいでした。カカシに恋をする年相応の可愛い姿や、仲間を心配したり、戦場で傷つく人を助ける為に医療忍者になったという理由も健気で可愛い、優しいとべた褒めのファンが大勢います。出番は決して多くありませんが、リンの可愛い笑顔と優しい性格、オビトを見守り、待ち続ける健気さに「NARUTO-ナルト」の中で一番可愛いと言われています。

ThumbNARUTO(ナルト)のうちはイタチがかっこいい!弟・サスケとの関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するのはらリンの可愛い画像

リンといえば、やはり笑顔が一番可愛いでしょう。ファンの間でもリンの笑顔が可愛いと評判です。片思いをするカカシに見せる可愛い笑顔や、オビトを見守る優しい笑顔、彼女の人柄が滲み出た素敵な笑顔に心を奪われ、可愛いという声が多数ありました。オビトもリンの優しい性格や可愛い笑顔に惹かれ、恋をしていたのでしょう。リンの可愛い笑顔はいつまでもカカシや「NARUTO-ナルト」のファンの間に残り続けるでしょう。

ThumbNARUTO(ナルト) の声優陣一覧!担当キャラを画像付きで紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するのはらリンがオビトにかけた言葉

「NARUTO-ナルト」に登場するうちは一族でありながら、写輪眼が開眼せず、一人上忍に昇格したカカシにコンプレックスを抱いて張り合っていました。無茶をしてばかりのオビトを心配し、支えようとしていました。火影の夢についても笑顔で応援しているリンの存在は、オビトの中で非常に大きいものでした。リンがいたからオビトは頑張る事が出来たのでしょう。

ナルトに登場するのはらリンはオビトに好意を抱いていた?

「NARUTO-ナルト」の中でカカシの雷切が死因となって死んだリンですが、彼女は死後、魂となってオビトの事を見守っていました。浄土との狭間でオビトが来るのを待ち、彼が来た時には優しく迎え入れていました。オビトのしてきた事も見ていたはずですが、それ以上に彼が苦悩していた事も知っていたリンはオビトを優しく笑顔で迎えました。このシーンを見てリンはオビトが好きだったのでは?と囁かれました。

ナルトに登場するのはらリンがカカシとオビトを繋げたシーン

性格が合わず、「NARUTO-ナルト」の中でよくぶつかり合っていた二人の間に入り、取り持っていたのがリンです。彼女がいたからカカシとオビトは手を取り合えたのでしょうし、リンが失われた事で、二人は大きく変わってしまいました。リンの存在は二人の中でとても大きいと言えるでしょう。リンの笑顔に二人は救われていたはずです。

ThumbNARUTO(ナルト)の名言・名シーン集!心に響く名セリフランキング | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトの中でオビトがカカシに残した言葉とは?

カカシはオビトが歪んだ理由が自分にある事を知り、彼から戦争を起こした真の理由を聞かされ、勧誘されました。しかし、かつての友だったオビトの意志を守る為、今のオビトを殺す覚悟を決めたカカシは雷切でオビトの胸を貫きます。激闘を繰り広げたカカシはオビトを敗北に追い込み殺そうとしますが、ミナトとナルトに仲裁を受けて彼の殺害を断念し、和解する道を選びました。

十尾を抜かれたオビトは瀕死の状態でしたが、異空間に飛ばされたナルト達を助ける為に死ぬ気で戦います。オビトは最後カカシを攻撃から庇って死亡しました。死後の世界で、カカシに「六代目火影になれ」と言われ、前祝いに限定的な「永遠の万華鏡写輪眼」の力を得てナルト達の指揮を執り、カグヤの封印に成功します。自身の弱体化により、火影就任に不安を感じて保留にしていましたが、一年後、六代目火影に就任しました。

ThumbNARUTO(ナルト)の最強キャラ・忍は?登場人物の強さランキング | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するのはらリンの死んだ理由やカカシとの関係を紹介しました

「NARUTO-ナルト」の中に登場するミナト班の紅一点、のはらリンの死因やカカシ、オビトとの関係について紹介しました。彼女の死因となったカカシの雷切や、それを見たオビトの歪みが生んだ悲劇、その後のカカシとオビトとの関係や、死んだオビトを迎えてくれたリンの優しさなど、ミナト班にはたくさんの魅力があります。リン達の物語を知ってから改めて原作やアニメを観直したら違った視点が見えてくるでしょう。

オビトとリンは死後の世界で火影となったカカシを見守っているでしょうし、ナルト達の事も見守っているでしょう。カカシが二人の元へ行くのはもっと先になると思いますが、三人が再会する時が来たら、今度こそ笑顔でお酒でも酌み交わして昔話に花を咲かせる幸せな時間が来ることでしょう。その光景を想像するファンは多いでしょう。いつか三人が笑顔で再会する事を祈りましょう。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ