NARUTO(ナルト)で結婚したカップル一覧!組み合わせ・相手や子供も紹介

週刊少年ジャンプで連載されていた超人気忍者アクション漫画NARUTOには、多くのキャラクター達が登場します。主人公のうずまきナルトと日向ヒナタは最後に結婚をして、かわいらしい子供を二人も設けました。実はBORUTOではナルト夫婦以外にも、多くのキャラクター達が結婚して、子供を育てています。主人公ナルトをはじめ、そんな彼らの結婚相手や本編での恋愛エピソードを紹介します。さらに、家族や子供達の紹介も一覧で紹介します。

NARUTO(ナルト)で結婚したカップル一覧!組み合わせ・相手や子供も紹介のイメージ

目次

  1. NARUTOとは?
  2. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:主人公のうずまきナルト
  3. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:長い長い一途な片思いが結実した日向ヒナタ
  4. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:うずまきボルトとうずまきヒマワリ
  5. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:復讐以外の道を見つけたうちはサスケ
  6. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:多くの波乱を乗り越えた片思い春野サクラ
  7. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:サスケ似のうちはサラダ
  8. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:感情を取り戻したサイ
  9. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:サクラのライバルだった山中いの
  10. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:一人息子のいのじん
  11. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:熱血ロック・リー
  12. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:息子のメタル
  13. 番外編:油女シノ
  14. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:殉職した猿飛アスマ
  15. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:未亡人になった夕日紅
  16. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:紅との娘・ミライ
  17. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:IQ200の奈良シカマル
  18. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:砂隠れの奈良テマリ
  19. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:一人息子の奈良シカダイ
  20. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:秋道チョウジと雲隠れのカルイ
  21. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:四代目火影波風ミナト
  22. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:ナルトの母親のうずまきクシナ
  23. ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:一人息子のうずまきナルト
  24. 木の葉の意志は続いて行く

NARUTOとは?

忍者アクション漫画

『NARUTO -ナルト-』は日本の漫画家岸本斉史先生によって執筆されていた忍者バトルアクション漫画です。週刊少年ジャンプで1999年43号から2014年50号まで連載されていて、全単行本の巻数は72巻、話数は700話となっています。海外でも人気があるジャンル『忍者』を取り扱っており、海外でもファンが多い作品です。

漫画原作のNARUTO以外にも、多くの媒体でメディアミックスされています。テレビアニメでは、『RUTO -ナルト-』や第二部が舞台の『NARUTO -ナルト- 疾風伝』などが放送されました。その他にも、ラジオ、ゲーム、小説、舞台化などもされました。2018年8月には、新作歌舞伎として東京・新橋演舞場で上演予定とされています。

作者岸本斉史先生

NARUTOの漫画原作者の岸本斉史先生は、岡本県勝田郡奈義町出身の漫画家です。オリエンタルな雰囲気の風景を描くのに長けており、見開きでの建築物や風景は見る者を画のみで楽しませることができます。その他にも忍者として活動するキャラクター達がこなす複雑なアクションや、スピード感がある動きの描写を得意とする漫画家です。家族に双子の弟で、同じく漫画家で別雑誌にて漫画を掲載している岸本聖史先生がいます。

NARUTOのストーリー

孤児の少年うずまきナルトは、自分の体内に隠されている九尾を恐れる大人達、そして大人達の仕草を無意識に受け取った子供達により、厄介者として扱われていました。自分を見てもらえないナルトは、人々の注目を集めるためにイタズラを繰り返し、大人達にはますます邪険に扱われてしまう。その中でとある事件が起こり、教師のイルカ先生がナルトの寂しさに寄りそいます。

ナルトはイルカ先生に下忍と認められて忍者としての活動を開始します。下忍の担当上忍のはたけカカシ、同じ第七班に配属されたうちはサスケと春野サクラ達と共に忍としての任務を繰り返す内に、仲間の大切さを学んでいきます。NARUTOの物語は大きく二つに分かれ、ナルトが忍者として活動をはじめて修行の旅に出るまでの第一部を少年編、その二年後から始まる第四次忍界大戦の物語を描いた第二部青年編の二部に分かれています。

NARUTOの続編BORUTO

2014年の50号で少年ジャンプでの連載が終了した漫画NARUTOですが、うずまきナルトと日向ヒナタの息子のうずまきボルトが主人公のスピンオフ作品『BORUTO』があります。

NARUTOの原作者の岸本斉史先生が「NARUTOをリブートして別の人が描いたら面白いのではないか」と考えたことを発端に、描き切った岸本斉史先生はもう続きを書かないと宣言され、当時岸本斉史先生の元でアシスタントをしていた池本幹雄先生が担当することにより作品化されました。

ナルトの忍者アカデミーの同期の中では、NARUTOの本編で結婚式を挙げたのはうずまきナルトと日向ヒナタの二人だけでしたが、BORUTOではその他にも結婚して育児をしているキャラクター達がいます。ナルトで活躍したキャラクターが誰と結婚したのか、合わせてBORUTOで活躍する子供たちも紹介します。

テレビ東京・あにてれ BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:主人公のうずまきナルト

NARUTOの主人公

金髪碧眼の口の横にヒゲのような三本の線があり、言わずと知れたNARUTOの主人公です。両親は早世し、幼い頃は身に宿した九尾の存在のために里の人々からは疎まれて育ちました。しかしその境遇から立ち上がり、火影となるべく忍として友や仲間を大切にし、己の忍道をまっすぐに突き進むキャラクターです。NARUTO劇場版では、忍の活動の中で増えていった仲間達に見守られ、アカデミー同期の忍のヒナタと結婚式をあげます。

つきあい

馴れ初めは、アカデミーで出会った頃から始まります。ヒナタは白眼と呼ばれる特殊な目を持ち、化け物と噂されイジメも受けていました。イジメられているときに、ナルトが助けたのです。ナルトは忍者アカデミーにいた頃は、ヒナタのことを「暗くて地味でウジウジしてて変な奴」と思っていました。しかし中忍選抜試験にて従兄のネジとの戦闘で、全身を酷く痛めつけられてなお立ち上がる彼女を見て、彼女に対する評価を一転させます。

青年期になり、彼女が瀕死の重傷を負ってしまいます。仲間を大切にしたいナルトは、ヒナタが死にかけていることに激怒し、敵に対する強い憎悪から体に封じられた九尾の封印を解く寸前にまで動揺します。まだこの点に至っても、恋愛関係について鈍感なナルトは、ヒナタを同僚の一人として大切にしています。以降、ヒナタの言動が大切な一点になっているのを見ることができます。

NARUTO原作漫画が完結してから上映された『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』では、うずまきナルトと日向ヒナタとの恋愛を中心に物語が進みます。攫われたヒナタを助けに駆け付けたナルトは、敵忍者の術を解除する時にヒナタが隠し続けた恋愛感情を知ります。ヒナタの想いを知ったナルトは、自分にも同じ感情があることに気づくのです。こうして二人は任務を通し、やがて正式に付き合いを経て結婚式するのです。

『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』では、映画の最後にある結婚式に向けてのNARUTOキャラクター達のドタバタや、ナルトとヒナタの関係者たちの仲間意識、そして花嫁姿のヒナタと父親の言葉ではないやりとりを実に美しく描写しています。結婚式での様子を映したシーンでは、花嫁花婿以外にも、これから関係が深まる人たちの会話を聞くことができますのでぜひ見てください。

結婚後は七代目火影として忙しい

仲睦まじい夫婦として描かれていますが、火影となったナルトは木の葉の里を取り仕切らなければなりません。第四次忍界大戦の傷跡や文明が進んだことによる公共施設の整備など、問題点は数知れずあります。

漫画内でも、机の上にうず高く積まれた書類に埋もれるようにして仕事をしているナルトの描写で見ることができます。これらの政務に追われて、ナルト自身もヒナタや子供達と過ごすことができないと自覚しています。

テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:長い長い一途な片思いが結実した日向ヒナタ

木の葉の里最強の瞳術師、白眼の宗家

日向家の宗家の長女として生まれながらも、忍としての資質は妹のハナビより劣ると父親から判断され、自分に自信がない少女でした。しかし、忍者アカデミーで白眼のことでイジメられているところをナルトが助けたことで、ヒナタの中で小さな恋の火が灯るのです。

原作漫画NARUTOでヒナタが登場するのは中忍選抜試験の時です。ヒナタは従兄のネジと試合をし、ナルトの掛け声に勇気をもらい、奮い立ち、強敵に挑みます。ヒナタの心の中でナルトが代え難い大切な人になっていることがよくわかります。

NARUTOのアニメでは見た目によらずと大食いの一面を見せており、忍チャンピオン大食い選手権でナルトのきろく30杯を余裕で凌ぐ46杯を平らげているシーンがあります。そのため、自炊で料理をする必要があるので、料理が上手です。ヒナタが作った料理をナルトがたべて「いいお嫁さんになれる」と言ってもらえるなど、こんなところでも良妻の片鱗を見せています。

つきあい

日向ヒナタは鈍感なうずまきナルトとは違い、早くからナルトに対する恋愛感情を自覚し、ナルトのことをよく見ていました。ナルトを影から見ているからこそ、NARUTOの作品の登場人物の中で一番ナルトに影響を受けた人物です。

ナルトによりイジメられているのを助けられ、ナルトの言葉で奮い立ち、ナルトに助けられて木の葉にいる。そんなヒナタが「これからはナルトを追いかけるのではなく、彼の横に立って共に歩くこと」とナルトと付き合い、共に結婚生活を送っていると思うと、彼女の自信のなさに隠れていた、芯の強さが見えます。

二児の母として、夫のかわりに子供たちに

ナルトと結婚してからは、政務に忙しいナルトにかわり、二児の母親としてボルトとヒマワリを育てています。原作漫画NARUTO初期のナルトを彷彿とするやんちゃ盛りなボルトに血継限界・白眼を発動させて叱るなど、母親としてもナルトのパートナーとしても立派に生活しています。

BORUTOの本編のなかでは、ボルトがナルトに愛されていることを理解して、行動が落ち着くにつれて、家族でのスキンシップも増えていきます。うずまきナルトとヒナタとの相思相愛っぷりは見ているこちらが幸せになれるといった感想があります。

ThumbNARUTO(ナルト)の登場人物・キャラクター一覧!相関図も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:うずまきボルトとうずまきヒマワリ

BORUTOの主人公うずまきボルト

うずまきナルトと日向ヒナタ二人の長男です。ボルトは漫画BORUTOの主人公として活躍中の男の子で、父親譲りの金髪と頬にある二本の線を持っています。「~ってばさ」とナルトと同じ口調で、父親と同じように火影の像にイタズラしたりとやんちゃ盛りです。イタズラの理由は父親が政務に忙しくてめったにかまってもらえないからです。

ボルトの妹うずまきヒマワリ

ヒマワリは母親譲りの紺色の美しい髪に、父親と同じ青い目と二本の線を持ってる女の子です。まだ幼いために、ボルトのように忍者として活躍することはありませんが、母親のヒナタと共に叔父のネジの墓参りに行くなど、優しい性格をしています。絵が得意で、絵画コンクールで優秀賞を取ったりもしています。

兄妹の関係

兄妹とのやり取りとしては漫画やアニメにもなった「ナルトが火影になった日」にて、面白いエピソードがあります。ナルトが火影になる就任式の日に、兄妹が人形の取り合いを始めてしまいます。お互いに人形の頭と足を持ち、引っ張り合った末に千切れてしまいます。

大好きな人形が壊れた怒りから、ヒマワリが白眼を発動させ、ボルトをおいつめます。そのときのホラー描写は、ボルトに「ヒマワリ切れたらこんなにヤベーって知らなかったってばさ」「もうこれからは…(二度とヒマワリと喧嘩しない)」と言わしめるほどでした。そんなことがあってからは、兄妹の関係は良好なようです。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:復讐以外の道を見つけたうちはサスケ

うちは一族の生き残り

うちはサスケは一族を皆殺しにした兄に復讐することを糧として生きていました。復讐のみを目的としていた彼がしかし、ナルトとライバル関係を一方的に宣言され、ナルト達と共に行動するうちに一方的だったライバル関係は両者共の認識になっていきます。そんな彼の結婚相手は春野サクラです。

恋愛など眼中にない

復讐だけを見ていたサスケには、それ以外の感情など邪魔になるだけだと、無視されて来ました。原作漫画NARUTOでは、同じ班のサクラに意識されても、アピールされても、一切無反応を貫き通しています。

しかしサクラの想いに対しては悪い感情を抱いておらず、サスケが木の葉の里を出ていくときに、想いを告げたサクラを優しく眠らせることで別れを告げることがありました。原作漫画NARUTOの終盤では、自らの憎しみに終止符を打った時は、サクラに対して兄譲りの額を小突く愛情表現を見せるシーンもありました。

結婚後は火影の右腕として各地で任務に就く

サクラと結婚後は、火影となったナルトの右腕として、忍務のために各地を旅をしています。そのために二人っきりでデートしているシーンなどは、描かれていません。しかし二人の娘のサラダがいる上に、幸せそうなサクラの姿をBORUTOでみるあたり、サスケにとっての愛情は確かにあるようです。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:多くの波乱を乗り越えた片思い春野サクラ

箸にも棒にも掛からぬサクラの想い

ナルト、サスケ、サクラの三人は、ナルトがサクラに片思いをし、サクラがサスケに片思い、サスケは復讐のみを考えている状態でした。しかし彼女の一途さはNARUTOをとおして一貫しており、やがてサスケに届きます。

サクラとサスケのデート

BORUTOではサクラとサスケの初デートに触れられるエピソードがあります。デート時間はわずか2分30秒と異例の短さです。しかしいままでに垣間見せるようなサスケとサクラのシーンを見続けていた視聴者の方々は、2分30秒の短さがむしろサスケらしいといったコメントを述べています。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:サスケ似のうちはサラダ

サスケとサクラの娘

サスケと同じ黒髪に黒い瞳の眼鏡をかけた女子です。子供らしからぬ大人びた発言に、落ち着いた物腰から、性格もサスケの冷淡な性格を受け継いでいます。ほとんどサクラの要素を見出せません。そのことをサラダ自身も感じていたのか、彼女はサクラが母親ではないかもしれないと思うことがありました。しかしそれが誤解だと分かってからは良好な親子関係を築いています。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:感情を取り戻したサイ

暗部出身の感情を持たない忍

サスケがナルト達の班から抜けたことで補充としてやってきた忍です。当初は人の気持ちがわからず笑顔を繕い、悪意はないが的確な酷評をするなどをしてナルトとサクラに反感を持たれていました。しかしナルト達に指摘され、相手への発言を考えるようにしました。そこへ将来の結婚相手の山中いのがやって来て、お世辞で「美人さん」と言ったことから二人の関係がはじまります。

NARUTOの物語では徐々に感情を取り戻し、ナルトとサクラとの関係も良好なものとなって行きます。しかし、正直すぎる発言はいまだに健在で、サクラにポロリと失言をしてぶん殴られてしまうシーンもあります。ナルトとヒナタの結婚式では、いのと二人でいるところを他の人から冷やかされるようなシーンも描かれています。

人として家族として生きる忍

『サイ』という名前はナルトの班に合流する時に与えられたコードネームで、本名はありませんでした。苗字がなかったサイは、結婚してからは山中いのの『山中姓』を名乗り、山中サイを本名にして生活しています。いのとの間に一人息子のいのじんを授かり、教育ママないのをなだめるなど、父親として生きている様子が描かれています。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:サクラのライバルだった山中いの

面食いな彼女

サクラにとっての山中いのはサスケを巡ってのライバルでした。中忍選抜試験では何度もサクラと対立しつつも、サクラの危機に対して彼女の覚悟を知り助けに入り、さらに試験での対戦では両者ともに自身の忍術を出し合った全力の戦いを繰り広げるほどです。

サイとの馴れ初め

サスケが好みだった彼女は、元々サスケに似ているサイを気にしていました。さらに、サイから「美人さん」と呼ばれて顔を赤らめます。第四次忍界大戦後のことが描かれている『シカマル秘伝 闇の黙に浮ぶ雲』では、山中一族に伝わる秘伝忍術「心転身の術」によりサイの精神世界へと入り込みます。そこから、サイのことを意識するようになります。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:一人息子のいのじん

サイのような色白にオレンジ色の髪を後ろに結んでいる少年です。父親のサイに似て冷静な性格に、正直すぎる口を持っています。勉強熱心な山中いのに怒られるのが苦手ですが、実家の花屋を手伝うなど、家族の関係は良好な様子です。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:熱血ロック・リー

努力の天才忍者

独特な髪型にカンフーが似合う服装をしている彼は、忍術や幻術の才能が全くありませんでした。しかし、それら無才を補う努力をし、忍術や幻術以外の才能、体術に関するステータスを伸ばしていきます。そんな彼はサクラと初対面で恋に落ち、直球で告白するなどまっすぐで素直な性格をしています。

結婚相手は誰か?

BORUTOでは彼の息子のメタルが登場します。このことから、彼は誰かと結婚をして、子供をもうけたことがわかります。しかし、NARUTO本編ではそのような描写は一切なく、そしてBORUTOでも描かれていません。彼の結婚相手が誰なのか、作者自身も「メタルの母親は考えていません」と発言しています。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:息子のメタル

ロック・リーよりも目がやや釣り目になり、髪も少々短いです。服装は父親やその師匠と同じく、カンフー映画に出て来そうな独特な服装をしています。父親譲りの性格をして、真面目で一生懸命な、後々には努力の天才と呼ばれそうなほどの努力を惜しまない性格です。しかし注目されると緊張して失敗してしまう悪い癖があります。

番外編:油女シノ

忍者アカデミーの先生は結婚できないかも?

蟲使いの油女一族の少年で、サングラスに厚手のコートを常に来ています。口数が非常に少なく、たまに話しても途中で話を遮られてしまうことが多いです。そんな彼はBORUTOでは、忍者アカデミーにて先生をして、同期の子供世代に忍術を教えています。

油女シノと同じく、忍者アカデミーの元教師であったうみのイルカ先生も、BORUTOで結婚した描写はありません。ナルトがヒナタの結婚式では、別件で悩むヒナタを見て、もしやナルト粗相をしたのではと心配したイルカ先生が「俺がナルトに女性との接し方を教えなかったし!俺が女性との接し方なんて知らないし」とまで言っていました。忍者アカデミーの先生は結婚できないジンクスがありそうだという意見がちらほらと見られます。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:殉職した猿飛アスマ

三代目火影の息子で十班の担当上忍

奈良シカマル、山中いの、秋道チョウジの三人を担当した上忍です。咥えタバコがトレードマークで、クセが強い三人の性格を上手く把握して長所として伸ばしていました。「めんどくせぇ」と実力を隠しがちな奈良シカマルの頭脳を、遊びにさそった将棋で見抜くなど、生徒を見る目は確かです。

同僚を射止めた

そんな彼と同じく班を受け持つ担当上忍の夕日紅とは、担当上忍として互いに情報交換をするうちに築かれたのでしょう。第二部では婚約するまでに至っています。しかし、その後の敵の交戦で致命傷を負い、奈良シカマル、山中いの、秋道チョウジの三人に最後の言葉を残して息を引き取ります。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:未亡人になった夕日紅

木ノ葉一の幻術使い

猿飛アスマと同じ担当上忍になった時は新米の上忍でしたが、幻術に関しては木ノ葉一の幻術使いと謡われるほどで、NARUTOの作中でも何度も幻術で戦っている様子が描かれています。

未亡人

猿飛アスマが殉職をしたときは泣き崩れるほどでしたが、アスマの子を身ごもっていることを知り、やがて立ち直ります。娘のミライが産まれてからは、夕日紅から猿飛紅へ姓を変えています。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:紅との娘・ミライ

猿飛アスマが殉職した後に、夕日紅から生まれた女子です。夕日紅譲りのくせっ毛に、独特な赤い目をしています。下忍時代は猿飛アスマの部下だった奈良シカマルを師匠として忍術を学んでいました。父親の猿飛アスマのことを尊敬しており、忍務前には遺影の手を合わせている描写があります。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:IQ200の奈良シカマル

IQ200の天才

「めんどくせえ」が口癖なやる気のない表情とした彼ですが、知能指数テストではIQ200を叩きだす天才です。彼の戦闘はその通り知略を活かしたものです。さらに奈良家に伝わる影忍術で影真似の術、影首縛りの術、影縫いの術を最大限有効に使い、相手を追い詰めます。

しかし、信条的に女性を殴らない、めんどくさいことには消極的になるなど、問題もあります。にもかかわらず、同期の強豪たちのなかで一番に中忍へと昇格します。そんなシカマルの相手は砂の里の忍のテマリです。

出会い

奈良シカマルの結婚相手のテマリとはっきりと相手をしたのは、中忍選抜試験の時です。第三試験の時に奈良シカマルとテマリと戦い合い、忍者としての素質を見定める試験がありました。奈良シカマルは中忍試験に乗り気ではなく、しかし負けるわけにはいかないと智謀計略を巡らせてテマリに勝利します。

さらにサスケ奪還編では、木の葉同盟国としてテマリが窮地に陥ったシカマルを助けに駆け付けます。以前の試合で見た知略を認め合った間として、二人で敵の攻撃を分析して、互いに情報を交換します。その戦いはテマリの強引な戦法で終了しましたが、その時にシカマルは(こいつ…ウチのカーチャンより怖え女だな)と感想を思います。

デートエピソード?

本当のデートではないですがアニメでは、ナルトとヒナタへの結婚祝いの贈り物を悩む奈良シカマルが通りかかったテマリに相談します。様々な噛み合わない会話があり、奈良シカマルは『結婚祝いの下見に旅館へ行く』を、テマリは『まだ付き合ってすらいない自分たちの新婚旅行に行く』と誤解します。

こうしてテマリは一方的に赤面しつつ奈良シカマルと行動を共にするのです。この後でテマリの誤解は解けるのですが、奈良シカマルは過去に想像していた通りに、『カーチャンより怖え目』にあうことになります。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:砂隠れの奈良テマリ

砂隠れの里の忍

砂隠れの里の四代目風影の長女であり、五代目風影の姉の女性です。身の丈ほどある巨大な扇子を使い、風を使っての戦闘を得意とします。遠距離後半以降劇を得意とする他に、高い分析能力や知能を持っています。

中忍選抜試験で奈良シカマルと戦闘をしてから、NARUTOの作中やアニメオリジナルエピソードなどでも一緒に行動しているシーンが度々描かれています。時にはナルトに「デートしているのか?」と揶揄われることもありますが、奈良シカマルは軽く流して、テマリは鼻で笑うなど互いに一切意識はしていない様子でした。

意識し始めたのは

テマリは全く意識をしていませんでしたが、テマリの周囲の女性忍者は「テマリさん彼氏いますから。知性派ですから」と言っているシーンがあります。テマリは速攻で否定しますが、周囲は奈良シカマルとテマリの関係を意識していたようです。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:一人息子の奈良シカダイ

父親の奈良シカマルと同じ髪型をしている、テマリと同じ少し吊り上がった眼をした少年です。性格は父親譲りで面倒くさがりな性格をしており、忍術を教えているミライは誰の性格を受け継いだのかと首をひねっています。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:秋道チョウジと雲隠れのカルイ

秋道一族に伝わる体を巨大化させる秘伝忍術・倍化の術を使用する忍です。術を使うために、常にカロリーを摂取していると言いつつ、食べることが好きなので登場するたびになにかしら食べている描写があります。「デブ」が禁句で、それを言われると「ボクはデブじゃない!ポッチャリ系だ!」と叫び、自分よりも強いと分かっている相手でも見境なく戦闘を仕掛けることがあります。

そんな秋道チョウジの結婚相手は雲隠れのカルイです。こげ茶色の髪に、同じく小麦色の肌をしたスレンダーな女性です。第四次忍界大戦の戦後処理で木の葉の里に出入りするようになったカルイと出会い、結婚したようです。しかしそれ以上のエピソードなどはNARUTOやBORUTOでは描写されていません。

一人娘のチョウチョウは木の葉の秋道チョウジと雲隠れのカルイの間に生まれた娘です。母親譲りのこげ茶色の髪に小麦色の肌、そして体型は父親の秋道チョウジと同じくポッチャリ系です。

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:四代目火影波風ミナト

ナルトにすべてを託した父親

NARUTOの主人公のうずまきナルトの父親です。ナルトとおなじ金髪に青い目をした端正な青年です。並外れた素早さや、それらを活かした移動術を心得ており、一瞬で敵を倒すことから「木ノ葉の黄色い閃光」と呼ばれていました。ナルトにも忍術の師範をした自来也の弟子でもあり、ナルトが会得する必殺技の「螺旋丸」を編み出します。

未来の結婚相手のうずまきクシナとは、忍者アカデミーからの同期であり、彼女が雲隠れの忍に攫われた時に、うずまきクシナの見事な赤い髪を頼りに追跡して救出したことをきっかけにやがて付き合うことになります。

ナルトが誕生する時、敵の襲撃からうずまきクシナから九尾が解き放たれてしまいます。その時に、禁術「屍鬼封尽」で九尾の陰のチャクラを自身に封印し、九尾の抵抗に合う最中に陽のチャクラを生まれたばかりのナルトに封印して死亡してしまいます。

夫婦としての二人

忍の任務以外では非常に優しい人物で、優しすぎることから妻のクシナと初めて会った時は「頼りなさそうで女男みたい」と思われていました。出産の陣痛により苦しむクシナを見て狼狽えるなど、天然かつ間が抜けた一面もあるので、その第一印象は間違いではありませんでした。ちなみに、夫婦喧嘩で波風ミナトはうずまきクシナに一度も勝てたことがないようです。

ナルトへ受け継がれる意志

原作漫画NARUTOの終盤にある第四次忍界大戦では、忍術によって仮初の肉体で蘇生します。かつて九尾との戦いで使用した術を使い、多くの人々を危機から救います。そして戦場で息子のナルトと相対し、共に戦いもしました。

自分を蘇生させている術が解かれる直前、ナルトの誕生日の10月10日の朝日を迎え、「誕生日おめでとう」と最初で最後の誕生日祝いの言葉を贈り、ナルトからは父親を超える火影になる決意を聞き、「自分のことは何も心配いらない」というクシナへの伝言を伝えられ、笑顔で昇天していきました。

ThumbNARUTO(ナルト)の名言・名シーン集!心に響く名セリフランキング | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:ナルトの母親のうずまきクシナ

ナルトの母親で九尾の器の前任者

NARUTOの主人公のうずまきナルトの母親です。赤い長髪が特徴の美人で、語尾にナルトと同じ口癖の「~ってばね」とつける女性でした。彼女は封印術が得意で生命力が強いうずまき一族の末裔です。彼女の美しい赤い髪も、うずまき一族の特徴の一つです。ナルトの額当てに刻まれている木の葉の里の紋章にあるうずまき模様は、縁戚関係にあったためにつけられたものです。 

渦の国の渦潮隠れの里から九尾封印の器として幼い頃に木の葉に連れてこられ、里に保護されていました。少年のようなお転婆娘だったために「トマト」とからかう同級生をことごとく返り討ちにしていたために「赤い血潮のハバネロ」とも呼ばれていたようです。

馴れ初め

うずまき一族の特殊な能力を知った忍に誘拐されるも、波風ミナトに助けられます。その時に「トマト」や「ハバネロ」とかわかわれていたコンプレックスの赤い髪をミナトは褒めたことで、彼女はミナトへ恋に落ちます。結婚してナルトを出産する際に襲撃され、九尾を抜かれてしまいます。その後、ミナトと共に生まれ落ちたばかりのナルトを身を挺して庇い、死亡してしまいます。

ThumbNARUTO(ナルト)歴代の火影一覧!その強さや能力をまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルト結婚相手と子供組み合わせ一覧:一人息子のうずまきナルト

父親の波風ミナト譲りの金髪碧眼に、母親のうずまきクシナ譲りの「~だってばよ」が口癖の一人息子です。自分が産まれた直後に、両親の波風ミナトとうずまきクシナは九尾により死亡して、孤児となってしまいます。

ナルトの体内に封じられている強力な九尾、ナルトの父親が四代目火影なこと、希少で生命力が強いうずまき一族の末裔だと知られれば、他の里の忍に狙われてしまう。そう危惧されたために、自分自身の出生の秘密や九尾が封じられていることすら秘密にされて、天涯孤独に成長しました。

非常に強い意志を持ち、火影になると忍者を目指していました。忍者アカデミーから卒業してからは、多くの同期や担当上忍と出会い、自分と境遇を同じくする友と出会い、他の里の忍達とも交流を深めていきます。こうして、ナルトは多くの人々から英雄と称えられるようになります。

木の葉の意志は続いて行く

NARUTOで活躍したキャラクター達の結婚するまでの話や、結婚後のエピソードなどを一覧にて軽く紹介してきました。漫画やアニメで多くの物語があり、多くの想いを受け継いできたNARUTOでの彼らの意志は、BORUTOになってもなお木の葉の意志を伝え続けています。一度読み返してみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ