NARUTO(ナルト)の春野サクラとサスケの馴れ初めは?結婚した理由も

NARUTOに登場する第七班のメンバーサクラは原作開始の頃からサスケに恋心を抱いていました。サスケは恋に対して全く興味がなく、サクラの想いにも応えようとはしませんでした。同じ班のナルトはサクラに片思いしながら彼女の想いを一番近くで見守ってきました。サスケが里を裏切り、ファンの間ではナルトの良さに気付いたサクラとナルトが一緒になるのではと噂されていましたが、長年の恋心を実らせたサクラはサスケと結婚します。サクラとサスケの馴れ初めなどについて紹介します。

NARUTO(ナルト)の春野サクラとサスケの馴れ初めは?結婚した理由ものイメージ

目次

  1. ナルトの紹介
  2. ナルトの次の物語BORUTOの紹介
  3. ナルトに登場する第七班メンバーの紹介
  4. ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介①出会い
  5. ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介②別れ
  6. ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介③サクラの誓い
  7. ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介④帰らないサスケ
  8. ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介⑤ナルトの決意
  9. ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介⑥第四次忍界大戦
  10. ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介⑦未来に向けて
  11. ナルトのサスケとサクラの結婚
  12. ナルトのサスケとサクラの娘サラダを妊娠した時期は?
  13. ナルトのサスケとサクラの娘、サラダとは?
  14. ナルトとサクラが結ばれなかった理由
  15. サクラに片思いをしていたナルトが選んだ相手は?
  16. ナルトのサスケとサクラの馴れ初めから結婚までを紹介しました

ナルトの紹介

NARUTOは週刊少年ジャンプで1999年から2014年まで連載されていた岸本斉史先生原作のバトルアクション漫画です。全700話、単行本全72巻の大長編漫画です。アジア各地の民話、伝承、宗教などを上手に取り込んだ世界観で、仲間同士の友情、家族の絆、裏切りや復讐などを中心に描かれ、忍の世界の起源などにも触れたストーリーを展開しています。看板漫画ワンピースと並ぶほどの人気です。

海外でもNARUTOは非常に人気があり、アニメ放映国は80ヶ国を越えています。NARUTO単行本の国内累計発行部数は1億4000万部を突破し、海外にも販売されているNARUTOの単行本は7500万部を記録、フランスでは1800万部を売り上げて、全世界で2億2000万部を記録しました。連載終了後、岸本先生監修、池本先生作画、脚本小太刀先生で「BORUTO NARUTO NEXT GENERATIONS」が連載中です。

テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝

ナルトの次の物語BORUTOの紹介

「BORUTO NARUTO NEXT GENERATIONS」はナルトの次の物語です。原作・監修は岸本斉史先生、作画は池本幹雄先生、脚本は小太刀右京先生が担当しています。週刊少年ジャンプで2016年から月1で連載中です。ナルトの息子「うずまきボルト」が主人公の話です。岸本先生がナルトを別の人が面白いんじゃないかと考えがあり、集英社から続編の打診を受け、岸本先生のアシスタントの池本先生が描く事になりました。

連載の企画が本格的に始まる前に映画化されたボルトの脚本を担当した小太刀先生が引き続き担当しています。テレビアニメでは原作より前の話である忍者学校でのエピソードが作られて、アニメとノベライズで描かれています。第四次世界大戦から15年後の世界で鉄道などがあり、近代化が進んでいます。しかし、平和な世界が続いた事で若い忍の実力不足、小国の情勢不安、経済の急成長に伴う貧富の差など深刻な問題も出ています。

ThumbNARUTO(ナルト)の名言・名シーン集!心に響く名セリフランキング | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場する第七班メンバーの紹介

ナルトに登場する第七班のメンバーはうずまきナルト、春野サクラ、うちはサスケの三人と教官であるはたけカカシで構成されています。当時、成績がドベだったナルトとのバランスをとる為にサスケと同じ班になる事は決まっていたとイルカは話していました。サスケが里抜けして欠員が出た為、サイとヤマトが加入します。しかし、当初、第七班に思い入れのあったナルトはサイの加入を受け入れられませんでした。

ナルトに登場する第七班メンバー1人目うずまきナルトの紹介

NARUTOの主人公で、里を襲った九尾を体に封印している事から里の人間から嫌われ、悪戯をして気を引く子供でした。イルカや三代目火影達など少数の理解者のおかげで人の道から外れず、いじめられているヒナタを助ける正義感を持った優しい性格に育ちます。口癖は「ってば」と語尾に「だってばよ」とつけていて母クシナの影響を受けています。両親を産まれた時に亡くしているため、一人暮らしをしています。

父は四代目火影波風ミナト、母は九尾を宿した人柱力のうずまきクシナです。九尾のチャクラコントロールの際、母のクシナに会い、過去に起きた出来事を知り、自分が両親に愛されて生まれてきた事を知りました。「火影になる」という夢に加えて「「父よりカッコいい男になり、母より強い忍になること」という夢を新たに誓っています。里抜けしたサスケを連れ戻すとサクラと一生の約束をして彼の行方を追っています。

ナルトに登場する第七班メンバー2人目うちはサスケ

ナルトの親友であり、ライバルで、NARUTOのもう一人の主人公でもあります。「写輪眼」を受け継ぐ木ノ葉で最強の「うちは一族」の末裔です。大筒木インドラの転生者である事が原作で明かされます。小さい頃、大好きだった兄うちはイタチに一族を皆殺しにされ、全てを奪った兄に復讐を誓います。第七班に配属され、ナルト達と心を通わせますが、イタチへの復讐心とナルトへの闘争心から里抜けを決意しました。

以降、復讐に固執するサスケの非情な面が強くなりました。イタチとの戦いで彼の真意を知り、兄を殺してしまった事に深い後悔を抱き、イタチを追い込んだ木ノ葉の上層部と木ノ葉への復讐心へと変わりました。五影会議を襲撃するなどしたサスケですが、最終決戦ではナルトと共闘しました。ナルトとの壮絶な一騎打ちの末、彼の気持ちを痛感したサスケは負けを認め、復讐心にピリオドを打ち、贖罪の旅に出ます。

ナルトに登場する第七班メンバー3人目春野サクラ

第七班の紅一点でくノ一のサクラは普通の家庭で生まれました。スレンダーな体型ですが、貧乳である事を気にしている描写があります。「しゃーんなろー!」という気合を入れる口癖が印象的です。綱手の元で修行し、医療忍術と怪力を手に入れています。原作当初から同じ班のサスケに恋心を抱いていて、彼が里抜けをする際には告白して引き留めようとしますが、想いを受け入れてもらえませんでした。

抜け忍後のサスケの現状を知って悩み、苦しむサクラですが、彼への気持ちを捨てる事は出来ず、最後までサスケの事を思い続けていました。同じ班のナルトからは好意を持たれていましたが、彼とは大事な仲間、親友のような関係性を築いています。サスケを連れ戻してという約束がナルトを苦しめていると知り、ショックを受けたサクラは彼を解放しようと嘘の告白をしますが、ナルトにあっさり見破られてしまった過去があります。

ナルトに登場する第七班メンバー4人目はたけカカシ

第七班の教官で、天才忍者を父に持ち、彼自身もかなりの実力者です。暗部に所属していた時期もあります。綱手や自来也から火影の器があると評価されています。自来也の著書「イチャイチャシリーズ」を愛読している描写が多くあります。うちはの血縁ではありませんが、写輪眼を持っていて、同じ班に所属していたうちはオビトから移植された目です。波風ミナトの班に配属されていました。

ミナト班のうちはオビトとは性格の不一致でギクシャクしていましたが、同じ班のリンが誘拐された時に意気投合して救出に向かいます。リンの救出に成功しますが、オビトが致命傷を負ってしまい、絶命します。その後、リンは霧隠れの里に実験体にされてしまい、彼女を手にかける事になってしまいました。ナルト達にはチームワークの重要性を叩きこみました。第四次忍界大戦終戦後は六代目の火影に就任しています。

ThumbNARUTO(ナルト)で結婚したカップル一覧!組み合わせ・相手や子供も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介①出会い

NARUTOに登場するサスケとサクラはアカデミー時代から一緒で、後に第七班に所属しました。サクラはサスケの気を引く為に髪を伸ばし、サクラに好意を抱くナルトに対しては冷たい態度で接し、サスケに対しては女の子らしい態度をとるなど、自己中心的な言動が目立ちました。親のいないナルトはわがままし放題と非難したサクラにサスケは「お前、うざいよ」と突き放しました。

ThumbNARUTO(ナルト)のうちはサスケの強さは?サクラとの馴れ初め・結婚も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介②別れ

第七班として活動していたサスケでしたが、大蛇丸の呪印やナルトとの対立から里抜けを実行します。いち早く気付いたサクラが止めようと説得しますが、彼女の想いは届きませんでした。サクラはサスケの奪還作戦に参加するナルトに泣きながら「サスケを連れ戻して」と懇願しました。片思いのナルトは辛そうにしていましたが、一生の約束とサクラに誓い、彼女はナルト達の背中を見送りました。

ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介③サクラの誓い

しかし、サスケの奪還作戦は失敗に終わり、ナルト達はボロボロの状態で帰還しました。傷だらけのナルトを見て、サスケを止められなかったと実感したサクラは、ナルトに泣いて縋ってすべてを任せきりにしてしまった非力な自分自身を見直し、ナルトを待たせる事になっても今度は一緒に行く為に、五代目火影である綱手に弟子入りを果たしました。綱手はシズネ以来の逸材になるとサクラを評価しました。

ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介④帰らないサスケ

綱手譲りの怪力と医療忍術を学んだサクラは自来也から「綱手二号」と心の中で称されました。大蛇丸のアジトでサスケと再会を果たしますが、サスケの意志により、彼は木ノ葉に戻る事を拒みました。ナルトとサクラの願いは叶いませんでした。サスケが暁に加担している事を知ると、サクラは泣き崩れました。新たに第七班に配属されたサイはサクラとの約束がナルトの重荷になっていると指摘され、ショックを受けました。

ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介⑤ナルトの決意

ダンゾウとの戦い後にサスケを再会しますが、彼は昔の面影がない程、非情になっていました。サスケの動きを封じたサクラでしたが、彼への想いが攻撃に躊躇いを生み、逆に命の危機に晒されてしまいましたが、駆けつけたナルトに助けられました。ナルトの強い想いと決意を知り、彼との覚悟の差を突き付けられたサクラは最後までナルトとサスケを信じる事を誓い、第七班で笑い合える未来を諦めずにすむとナルトにお礼を言いました。

ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介⑥第四次忍界大戦

暁との戦いが始まり、連合軍にサスケが加わり、復活した大筒木カグヤを第七班とマダラで封印しました。サクラは最終決戦でナルトとサスケに並んで戦えたのです。しかし、サスケは「忍界の革命」を宣言し、サクラは止めようとしますが、幻術によって気絶させられます。ナルトとサスケの一騎打ちにより、サスケは敗北を認め、2人が和解し、サスケが自分の想いに背いていないことを知り、喜びました。

ナルトのサスケとサクラの馴れ初め紹介⑦未来に向けて

大戦が終結し、サスケが旅に出る事を知ったサクラはついていく旨を伝えますが、断られてしまいます。しかし、サスケがかつて兄のイタチにされたようにサクラの額を小突き、ありがとうと優しく微笑んだ事で、サクラはサスケの旅立ちを素直に見送る事が出来ました。一途にサスケを思い続けたサクラの気持ちがようやく彼に少しだけ届いたのです。

サクラとサスケの馴れ初めを紹介しましたが、サクラの恋は原作の始まりと共にスタートし、復讐で心の余裕のなかったサスケもナルト達のおかげでようやくサクラとの恋を始めるきっかけをもらいました。原作の最終回のサスケとサクラを見たファンは明るい未来が待っている事を示唆されてとても喜んだことでしょう。二人のキスシーンや結婚式を想像して幸せに浸るファンが続出しました。最終回が二人の馴れ初めでもあるのでしょう。

ナルトのサスケとサクラの結婚

NARUTOの最後ではサスケとサクラが結婚して、サラダという名前の娘がいました。原作の中で二人の結婚式という描写はありませんでしたが、子供がいる以上、夫婦であり、家族である事は間違いありませんのでッ結婚しているのでしょう。。アカデミー時代からサスケを一途に想い続け、彼の非情な面を見て、悩んで苦しむ事もありましたが、サスケへの想いを捨てずに彼の事を信じ続けました。

ずっと憧れて、好きだったサスケと結婚して子供を授かれたサクラはとても幸せな毎日を送っているでしょう。ファンとしては結婚式を挙げる2人をみたかったという人も多くいました。サスケに冷たくされる事も数多くあったサクラの想いと努力が報われた結果を、結婚と子供という形で示してくれた岸本先生の演出は素晴らしいです。2人の事を最後まで心配していたファンの方は結婚して子供がいるという結末にホッとしたでしょう。

ナルトのサスケとサクラのキスシーンは?

NARUTOに登場するサスケとサクラは無事に結婚して子供を得ましたが、二人のキスシーンなどはあったのでしょうか?残念ながら原作の中で二人のキスシーンはありませんでした。NARUTOの中でサスケはナルトとのキスシーンが2回ほどあり、サクラのキスシーンはナルトの人工呼吸としてキスシーンがありました。サクラとサスケの初キスシーンの相手は同じ相手のナルトでした。

サクラのキスシーンに至っては命の危機に陥ったナルトの為に行った人工呼吸なので、キスシーンとは意味合いが違うでしょう。ただ、メインヒロインであるサクラのキスシーンがこの人工呼吸以外にない事を残念に思うファンは多いでしょう。サクラとサスケのキスシーンはありませんが、結婚している以上、二人しか知らないキスシーンはあるでしょう。

ナルトのサスケとサクラの娘サラダを妊娠した時期は?

NARUTOの中で結婚したサスケとサクラですが、サラダを授かったのはいつなのでしょうか?サスケは木ノ葉の里を出て旅に出ていました。サクラはいつサスケと結婚し、サラダを授かったのか、原作の中では語られていません。ですが、NARUTOの外伝でサスケの旅に同行していた時期があったと書かれていました。おそらくその頃に二人は想いを通わせて結婚し、サラダを授かったのでしょう。

サスケに片思いをしていた香燐がサラダを取り上げたとNARUTOの後の物語BORUTOで発言しています。サクラはサスケの旅に同行している途中で妊娠が発覚し、木ノ葉の里ではなく、香燐のアジトで出産した事がわかる言葉です。エピソードの中で大まかな事はわかりますが、二人の結婚した時の馴れ初めや、妊娠が発覚した時、出産した時のエピソードが深く掘り下げられていないのが残念です。

ナルトのサスケとサクラの娘、サラダとは?

サクラとサスケの間に生まれた一人娘「うちはサラダ」は「BORUTO」のヒロインです。真面目で気が強く、赤い眼鏡をかけています。サクラに似て口癖は「しゃーんなろー!」です。目元はサスケに似ていて、雰囲気はサクラに似ているとナルトは話していました。「雷の書」の中でサラダはサスケの女の子バージョンで、服装はサクラの格好を受け継いでいます。父に構ってもらえないボルトに共感を抱いています。

サスケがいない寂しさで写輪眼を開花させたサラダでしたが、ナルトに憧れを抱いて火影を目指すという目標を得てからは瞳力を使いこなしています。サラダの眼鏡は香燐からの出産祝いですが、里に出生記録がない事を知り、長期任務で家にいない父と母との血縁関係に不安と疑問を感じていました。一時は香燐の子供と勘違いしていましたが、サクラとサスケの想いを知り、二人の子供であると確信を得ました。

ナルトとサクラが結ばれなかった理由

サスケが里抜けをした後、二年半の修行を終えて戻ったナルトと同じ時間を過ごしてきたサクラは、彼の良さに気付き、誰よりも心配している描写がありました。父である波風ミナトの妻、うずまきクシナはサクラと同じぐらい気が強く、クシナは死ぬ直前に「母さんのような人を見つけなさい」と言っていますし、一時的に甦ったミナトはサクラを見て「クシナに似ている」と評しています。

ファンの中にはクシナに似ているサクラがナルトの相手になるのでは?と噂されていました。しかし、最終回でナルトはヒナタを選び、サクラもサスケを選んでいます。最終回を読んで相手がサクラではないと不満も出ました。しかし、サクラもヒナタも一途に相手を想う描写が多く、納得するファンも大勢いました。ただ、どちらも結ばれた過程を原作で明かされていなかったので、どうしてこうなった?と不思議に思う方もいました。

ナルトとヒナタに関してはアニメの映画で二人の関係の変化を丁寧に描き、キスシーンまで見せてくれました。ナルト達の馴れ初めを映画でみせてくれたので映画を見て納得した方も多くいます。サクラとサスケについても外伝で少しだけ触れていました。一途に相手を想う気持ちが報われる事がナルト達の幸せだと岸本先生は伝えたかったのでしょう。未来では子供も生まれて幸せなナルト達が見られてファンも喜んでいます。

サクラに片思いをしていたナルトが選んだ相手は?

サクラに片思いをしていたナルトが選んだヒナタとの馴れ初め紹介

当初、サクラに片思いをしてサスケとぶつかり合い、サクラに冷たくあしらわれていたナルトは最終回でヒナタを選びました。では、その二人の馴れ初めとはどんなものなのでしょうか?ヒナタが苛められていた時、ナルトが助けた事をきっかけに彼女は好きになりました。人見知りで照れ屋なヒナタはいつも隠れてしまい、ナルトからは暗いイメージをもたれていました。ヒナタとネジの戦いを見たナルトは彼女を「凄い奴」と認めます。

尾獣を狙って木ノ葉の里がペインに襲われた時、ナルトを助ける為に強敵に対して一歩も引かずにヒナタは戦いました。ヒナタはナルトに自分の想いをぶつけますが、この時、ナルトはまだ彼女の想いを「仲間として」と受け取っています。第四次忍界大戦が始まり、仲間であるネジを死なせてしまい、打ちひしがれたナルトを叱咤激励したのはヒナタでした。彼の後ろにではなく、彼の隣に立って一緒に歩くとナルトに手を差し伸べます。

自分の隣に立ってくれたヒナタの気持ちに報いる為、仲間を誰も死なせない為、ナルトは再び立ち上がりました。忍界大戦終戦後、映画の中で今まで自分を思ってくれたヒナタの想いに支えられていた事に気付き、彼女を奪還し、自分の想いを伝える為に戦いました。戦いに勝利したナルトは月明かりの下でヒナタに想いの丈を打ち明け、ロマンチックなキスシーンが流れました。

二人のキスシーンがある事を知ったヒナタ役の声優水樹奈々さんはとても驚いたようですが、喜んでもいました。ナルトとヒナタの結婚式は映画やアニメで描かれています。原作の岸本先生はナルトとヒナタの関係を随分前から決めていたと答えていました。二人の馴れ初めやその後のエピソードを原作だけでなくアニメなどで丁寧に描かれていて、二人の急激な関係の変化に「ナルヒナショック」と称され、話題になりました。

ThumbNARUTO(ナルト)の画像集!かっこいい・かわいい高画質な壁紙も厳選 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトのサスケとサクラの馴れ初めから結婚までを紹介しました

ナルトに登場するサスケとサクラの馴れ初めから結婚、いつ出産したのかなどを紹介しました。ナルトの連載は終わってしまいましたが、15年後の世界で親になったナルト達がいます。子供達を見守る姿は新鮮であり、彼らの成長を感じる事が出来ます。子供達は親の血を濃く受け継ぎ、似ている部分も多く、くすりと笑ってしまう人もいるでしょう。15年経った世界のナルト達にはまた違う魅力があります。

世界情勢も変わり、ナルト達の時代が抱えていた問題とはまた違った問題を抱えています。火影になったナルトや母親になったサクラ、木ノ葉の里の為に任務に出ているサスケもいます。ナルト達が大人になり、成長を遂げた姿を見たい方は是非、ボルトをみましょう。アニメは毎週放送していますし、原作の方も月一で連載していますので、気になる方はボルトをみてみましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ