ナルトの写輪眼の所有者一覧!うちは一族など能力や種類・開眼条件は?

写輪眼とはナルトという大人気漫画作品に登場する瞳の事です!写輪眼という言葉はナルトファンでなくても、漫画好きの方なら聞いたことがある言葉なのではないかと思います!今回はそんな写輪眼を扱うことが出来るナルトの登場人物・キャラクターをご紹介したいと思います!今回は写輪眼を使う事で発動する様々な種類の能力・技も同時にご紹介していますので、写輪眼についてより知りたいという方は是非ご覧ください!

ナルトの写輪眼の所有者一覧!うちは一族など能力や種類・開眼条件は?のイメージ

目次

  1. ナルトの写輪眼所有者を一覧で紹介!うちは一族の能力の種類や開眼条件も!
  2. ナルトに登場するうちは一族とは?
  3. うちは一族の持っている「写輪眼」とは?
  4. 写輪眼を開眼する条件とは何?
  5. ナルトに登場する写輪眼にはさらなる進化がある!
  6. 写輪眼を使った技・能力をご紹介!
  7. 万華鏡写輪眼を使いすぎると失明する!
  8. ナルトに登場する写輪眼使い!その1「はたけカカシ」
  9. ナルトに登場する写輪眼使い!その2「うちはサスケ」
  10. ナルトに登場する写輪眼使い!その3「うちはイタチ」
  11. ナルトに登場する写輪眼使い!その4「うちはオビト」
  12. ナルトに登場する写輪眼使い!その5「うちはマダラ」
  13. ナルトに登場する写輪眼使い!その6「大筒木カグヤ」
  14. 写輪眼使いの中で最も強いのは?
  15. うちは一族は六道仙人という人物の息子の生まれ変わりが作った一族!
  16. 【まとめ】ナルトに登場する写輪眼とは何なのか紹介してみた!写輪眼使いも一覧でまとめてみた!

ナルトの写輪眼所有者を一覧で紹介!うちは一族の能力の種類や開眼条件も!

今回はNARUTOに登場する写輪眼についてのまとめです!写輪眼というのは人気漫画作品である「NARUTO」に登場する瞳です!写輪眼というのはNARUTOに登場する要素の中でもかなり重要なモノとして知られています!

ナルトに登場する写輪眼の能力・技や使い手を紹介!

今回はそんなNARUTOに登場する写輪眼を使うキャラクターを一覧で紹介したいと思います!NARUTOの物語の中には様々なキャラクターが登場しますが、写輪眼を使いこなすキャラクターは特に特別な力を持っています!そんなキャラクター達を是非ご覧ください!今回は写輪眼とは何なのか、写輪眼の種類や能力・技などもすべてご紹介します!

『NARUTO-ナルト-』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ナルトに登場するうちは一族とは?

ナルトに登場するうちは一族は天才忍者一族!

まずはNARUTOに登場するうちは一族についてご紹介したいと思います!うちは一族というのは「写輪眼」という特殊な瞳を持っている忍者一族です!うちは一族は「うちわ」の様な模様が入った服を身に着けている事が多く、天才的な才能を持っている忍者を数多く輩出しています!うちは一族は木の葉の里という場所に集落をつくっている一族として知られています!うちは一族は天才忍者一族として世界中からその名を知られている一族として登場します!

うちは一族はナルトの作中ではすでに滅びている!

うちは一族は木の葉の里の天才忍者一族として登場しますが、実はNARUTOの物語が開始した時点ではすでに滅びてしまっている一族となっています。うちは一族は「うちはイタチ」という人物によって殆どの人間が殺害されおり、うちは一族の生き残りとして登場するキャラクターはうちはイタチの弟である「うちはサスケ」だけです!うちは一族の持っている写輪眼は非常に強力で有名な瞳ですが、作中に存在してる写輪眼はごくわずかです。

ThumbNARUTO(ナルト)の春野サクラとサスケの馴れ初めは?結婚した理由も | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

うちは一族の持っている「写輪眼」とは?

ナルトに登場する写輪眼とはうちは一族だけの特別な瞳!

うちは一族が持ってる写輪眼という瞳についてご紹介したいと思います!うちは一族の持っている写輪眼というのは真っ赤な瞳に黒い紋章が浮かび上がっている事が特徴的です!写輪眼というのはうちは一族しか開眼する事が無い瞳術だそうです!うちは一族が天才忍者一族と言われているのは、この写輪眼が開眼するという事が一番の理由となっています!

ナルトに登場する写輪眼とは誰にでも使えるわけではない!

うちは一族の持っている写輪眼は特有の能力を持っており写輪眼の能力を使いこなすことによってうちは一族は非常に強力な力を発揮します!うちは一族というのは木の葉の里にはたった一人しか存在していないので、作中ではうちは一族の生き残りである「うちはサスケ」は12歳の少年として登場しますが、天才忍者少年として将来を有望視された忍者となっています。

ThumbNARUTO(ナルト)のうちはサスケの強さは?サクラとの馴れ初め・結婚も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

写輪眼を開眼する条件とは何?

うちは一族は写輪眼を開眼する一族として登場しますが、うちは一族の人間が全員写輪眼を開眼するというわけではありません。うちは一族の中でも特に有能な人間だけが写輪眼を開眼することが出来るそうです!写輪眼を開眼する条件は主に精神的大きなダメージを負った時に開眼すると作中で解説されています!写輪眼の開眼条件はナルトの物語の終盤に語られているので、NARUTOの物語の序盤では謎に包まれています!

うちは一族の人間は大きな精神的ダメージを受けると脳内に特殊なチャクラが分泌されるという性質を持っています!脳内に発生した特殊なチャクラは眼の神経に刺激を与えて写輪眼を生み出すそうです!うちは一族の人間はどんな一族よりも愛情深い人間が多い一族とNARUTOの作中で解説されています!写輪眼を開眼する条件として一番多いのは愛する人間を失ってしまった時などが多いそうです。

ThumbNARUTO(ナルト)の画像集!かっこいい・かわいい高画質な壁紙も厳選 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場する写輪眼にはさらなる進化がある!

ナルトに登場する写輪眼の進化系は「万華鏡写輪眼」!

うちは一族にだけ開眼することが出来る写輪眼には実は進化系が存在しています!写輪眼の進化系は「万華鏡写輪眼」という名前です!万華鏡写輪眼は通常の写輪眼とは全く異なる模様の瞳となっており、通常の写輪眼でも開眼することは少ないのですが万華鏡写輪眼は更にレアな写輪眼として登場します!万華鏡写輪眼はNARUTOの世界に登場する技・能力の中でもトップクラスの強さを持っています!

万華鏡写輪眼は通常の写輪眼を開眼したものだけが進化することが出来る能力です!万華鏡写輪眼を開眼するためには「最も親しい人物を殺害する」というのが条件となっています!万華鏡写輪眼を開眼するのは非常に難しく、作中ではうちは一族の生き残りである「うちはサスケ」が万華鏡写輪眼を開眼するために主人公であるうずまきナルトを殺害しようとするシーンが描かれています!

ThumbNARUTO(ナルト)で結婚したカップル一覧!組み合わせ・相手や子供も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

写輪眼を使った技・能力をご紹介!

写輪眼は様々な種類の技・能力を見極めてコピーできる!

写輪眼を使った技・能力をご紹介したいと思います!まず写輪眼の代表的な能力は全ての技を見抜くという事です!写輪眼はあらゆる忍術・幻術・体術を見抜くことが出来る能力を持っています!写輪眼の能力はすさまじく、相手の使った忍術・幻術・体術はすぐにその場でどのような方法で使用されているのかなどを把握することが出来ます!なので瞬時に相手の技に対して防御を取ることや反撃することが可能になります!

そして写輪眼は相手の技・能力を見抜くだけでなくその場で相手の技・能力を「コピー」することも出来ます!写輪眼で見抜いた技・能力は自分の身体が対応できる範囲でコピーすることが出来るので、そのまま同じ技・能力を瞬時に使うことが出来ます!写輪眼のコピー能力は凄まじく、作中では写輪眼を使う忍者が相手が使った技をそのままコピーして同時に発動させるという荒業をやってのけます!

写輪眼の能力はチート級と言ってもよい能力ですが、写輪眼にも弱点は存在します。写輪眼は使用するだけでチャクラを大量に消費します!チャクラとは忍者の身体の中にあるエネルギーの様なものです!チャクラが無くなってしまうとNARUTOの世界では死んでしまいます!なので写輪眼を使用しすぎてチャクラが無くなってしまうと死んでしまう恐れもあります!写輪眼は強さの反面エネルギー消費が多いです。

ThumbNARUTO(ナルト)歴代の火影一覧!その強さや能力をまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

万華鏡写輪眼を使いすぎると失明する!

写輪眼の種類は通常の写輪眼と万華鏡写輪眼の二種類があることを先ほど紹介しました。通常の写輪眼のデメリットは先ほど紹介しましたが、写輪眼の進化系である万華鏡写輪眼のデメリットは通常の写輪眼とは比較になりません。万華鏡写輪眼は使用すると通常の写輪眼よりも遥かに強力な能力を発揮することが出来ますが、使用しすぎると「失明」してしまいます!

万華鏡写輪眼を使った能力の中には全てを燃やし尽くす「天照」という強力な術などがあります!この術はどんなものでも燃やし尽くすので一度この術を当てられた相手は必ず燃やし尽くされてしまいます。作中でこの天照という術を使って、絶対に脱出できない口寄せされたカエルのお腹の中から脱出するというシーンが描かれています!

万華鏡写輪眼が使うことが出来る能力の種類は他にもたくさんありますが、どの術も使用することで徐々に瞳の力が弱まっていきます。万華鏡写輪眼を使い過ぎたうちは一族の人間が失明してしまうというシーンがNARUTOの物語の中で描かれています!万華鏡写輪眼で使える様々な種類の能力・技を使いすぎて失明してしまった人物は、他人の写輪眼を奪う事で二度と失明しない最強の万華鏡写輪眼を手に入れることが出来ます!

ThumbNARUTO(ナルト)に登場する術や技一覧!難易度・最強ランキング | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場する写輪眼使い!その1「はたけカカシ」

ナルトに登場する写輪眼使いである「はたけカカシ」とはどんな人物なのかご紹介したいと思います!はたけカカシはナルトに登場する最初の写輪眼使いです!はたけカカシは木の葉の里という主人公が生活している忍者の里を代表する天才忍者として登場します!写輪眼というのはうちは一族にしか開眼することが出来ない瞳です!しかしはたけカカシはうちは一族ではないですが写輪眼を持っています!

はたけカカシは幼いころから天才忍者として将来を有望されていた人物です!そんなはたけカカシは様々な種類の忍術を扱うエキスパートです!特に雷を手に纏わせて敵を突く「雷切」という忍術は凄まじい破壊力を持っています!そんなはたけカカシは少年時代のとある任務にてうちは一族の仲間を亡くします。亡くなる前にはたけカカシはうちは一族の少年から左目の写輪眼を移植してもらって写輪眼を手に入れています!

はたけカカシは写輪眼を譲り受けてからは、より忍者として成長しており「写輪眼使いのカカシ」として世界中の忍者に名前を知られています!はたけカカシの異名は「コピー忍者」です!はたけカカシはうちは一族の人間ではないですが写輪眼を使いこなしており、特に写輪眼の特徴であるコピー能力を一番使いこなしています!はたけカカシがコピーした様々な種類の忍術は千を超えるそうです!

ThumbNARUTO(ナルト)の登場人物・キャラクター一覧!相関図も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場する写輪眼使い!その2「うちはサスケ」

ナルトに登場する写輪眼使い「うちはサスケ」とはどんな人物なのか紹介したいと思います!うちはサスケは主人公であるうずまきナルトのライバル・親友になる人物です!うちはサスケは木の葉の里に住んでいる少年でうちは一族の生き残りとして登場します。うちはサスケは兄であるうちはイタチに殺害されておらず、天才忍者一族の生き残りとして将来を有望された少年です!

うちはサスケは幼い頃に両親や一族の皆を殺害されており、両親が殺害された遺体を目の前で観てしまっています。そんなうちはサスケは孤独に生きてきた少年で親の愛情などを知りません。うちはサスケは両親や一族を皆殺しにした兄を絶対に許さないと心に誓っており、忍者になるのは兄を殺害する力を手に入れるためと考えています!うちはサスケは性格は冷酷で復讐の為なら何でも行う人物です!

うちはサスケは写輪眼を12歳で開眼しており、開眼してすぐの頃は全く扱うことが出来ませんでした。うちはサスケはうちは一族出身という事で天才忍者少年として有望視されていましたが、後から登場する写輪眼使いの忍者と比較すると才能自体はそれほど高くないのではないかと思います!うちはサスケは、はたけカカシに写輪眼について様々なことを教わっており「千鳥」という技を作っています!うちはサスケの使う技・能力「千鳥」は、はたけカカシの「雷切」そのものです!

ThumbNARUTO(ナルト)のうちはイタチがかっこいい!弟・サスケとの関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場する写輪眼使い!その3「うちはイタチ」

ナルトに登場する写輪眼使い「うちはイタチ」とはどんな人物なのか紹介したいと思います!うちはイタチは先ほど紹介した「うちはサスケ」の兄として登場する人物です!うちはイタチは弟であるうちはサスケでは足元にも及ばないような才能を持っている忍者です!うちはイタチは常に冷静でクールな性格をしており、うちは一族を弟以外全員殺害した張本人です!

うちはイタチは「暁」という様々な種類の忍者で構成されている犯罪組織に加入しており、うちはイタチは暁の中でも特に強い忍者です!うちはイタチの扱う写輪眼の能力・技は、うちはサスケやはたけカカシ以上の強さで、はたけカカシとうちはイタチは一度直接対決を行っています!はたけカカシは簡単にうちはイタチの使う写輪眼の能力・技に掛かって敗北しています!

うちはイタチの使う写輪眼は「万華鏡写輪眼」です!万華鏡写輪眼を使ってうちはイタチは様々な忍術・幻術を扱います!うちはイタチの扱う万華鏡写輪眼は月詠・天照・神威と言った最強クラスの能力・技を使うこと出来ます!うちはイタチは最終的にはうちはサスケと直接対決を行っており、その際にはうちは一族を殺害したことの真実が明らかになってます。

ThumbNARUTO(ナルト) の声優陣一覧!担当キャラを画像付きで紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場する写輪眼使い!その4「うちはオビト」

ナルトに登場する写輪眼使い「うちはオビト」とはどんな人物なのか紹介したいと思います!うちはオビトはかつて死んだと思われていたうちは一族の人間です!うちはオビトは作中の終盤で登場しており、うちは一族の中では落ちこぼれ忍者として知られていた少年です!

うちはオビトとはかつてはたけカカシと共に任務班を作っていた忍者です!うちはオビトとはたけカカシは仲が悪く、特にエリート忍者として活躍していたはたけカカシにとって天才忍者一族と言われているうちはオビトが落ちこぼれなことをかなり馬鹿にしていました。そんなうちはオビトはとある任務で死んでしまいます。

実ははたけカカシが持っている左目の写輪眼はうちはオビトから譲り受けており、うちはオビトは岩の下敷きになってしまいます。うちはオビトは死んだと思われていましたが、実は一命を取り留めており最初は木の葉の里に帰ろうとしていましたがはたけカカシがうちはオビトの最愛の人を殺害したことを目の前で観たことがキッカケで復讐を誓います。そしてうちはオビトは「トビ」という名前で「暁」に加入します。

ThumbNARUTO(ナルト)の名言・名シーン集!心に響く名セリフランキング | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場する写輪眼使い!その5「うちはマダラ」

ナルトに登場する写輪眼使い「うちはマダラ」とはどんな人物なのか紹介したいと思います!うちはマダラとはうちは一族の長としてかつて一族を率いていた人物です!うちはマダラは戦乱の世の中に生まれた人物で、うちはマダラが産まれた時代では殆どの忍者が大人になることもなく戦死しているという時代でした。

うちはマダラは初代火影と手を取り合って一緒に木の葉の里を作り上げた創設者です!そんなうちはマダラはのちに反乱を起こしており、初代火影と終末の谷という場所で決闘しています!うちはマダラの持っている写輪眼は「万華鏡写輪眼」です!うちはマダラは一度万華鏡写輪眼を使いすぎて失明しているのですが、弟の写輪眼を譲り受けたことで二度と失明しない最強の万華鏡写輪眼を手に入れています!

うちはマダラは忍術によって生きながらえており、うちはオビトを救ったのはうちはマダラです。うちはマダラは自分が復活するためにうちはオビトを利用しています。ナルトの物語の最後で復活したうちはマダラは圧倒的な能力・技で世界を征服しようとしており、うずまきナルトなど激突しています!うちはマダラはうちは一族最強の写輪眼使いです!

ThumbNARUTO(ナルト)の最強キャラ・忍は?登場人物の強さランキング | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場する写輪眼使い!その6「大筒木カグヤ」

ナルトに登場する写輪眼使い「大筒木カグヤ」を紹介したいと思います!大筒木カグヤは全ての忍者の祖先であり、世界で初めて「チャクラ」というエネルギーを手に入れた人間です!大筒木カグヤがチャクラを手に入れたことによって後の人間たちはチャクラを身体に宿して産まれてくるようになっています。大筒木カグヤは簡単に説明すると「神様」の様な人物です。

大筒木カグヤは「大筒木ハゴロモ」という息子が居ます。大筒木ハゴロモはNARUTOの物語の中では「六道仙人」という名前で登場します!六道仙人は戦乱の世の中を平定した伝説の忍者として語り継がれている人物で、六道仙人はチャクラの力を使って世界を征服していた母親である大筒木カグヤを封印しています!大筒木カグヤは額に写輪眼と輪廻瞳が合体した「輪廻写輪眼」を持っています!

大筒木カグヤの持っている瞳は三大瞳術と呼ばれている非常に強力な力を持っている瞳です!三大瞳術とは「写輪眼・輪廻眼・白眼」の三種類となっており、どの瞳も強力な能力を秘めています!特に輪廻眼は写輪眼の最終進化系として登場します!輪廻瞳は最強の瞳として五つ全ての属性の術を扱うことが出来ます!NARUTOの物語の中で輪廻眼を扱うことが出来るのはたった数人だけです!

ThumbNARUTO(ナルト)の暁メンバー一覧!最強の忍集団の強さや忍術を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

写輪眼使いの中で最も強いのは?

今回紹介した写輪眼使いの中で最も強い人物を紹介したいと思います!それは「大筒木カグヤ」です!大筒木カグヤはナルトの物語の中で一番最後に登場するラスボスです!大筒木カグヤはうちはマダラを利用して復活しており、大筒木カグヤが登場したことはNARUTOが週刊少年ジャンプで連載されていた当時に読んでいた読者の方もかなりびっくりしたのではないかと思います!

大筒木カグヤの能力は凄まじく、対象を別空間に飛ばしてしまいその空間の中で起こることをすべて操作することが出来る能力を持っています。大筒木カグヤの術から逃れることは出来ず、六道仙人によって力を手に入れたうずまきナルト・うちはサスケの二人が協力しても大筒木カグヤには全く相手になりませんでした。しかしはたけカカシ・春野サクラの協力によって大筒木カグヤは再び封印されています!大筒木カグヤは写輪眼使いの中だけでなく、NARUTOの物語に登場するキャラクターの中で最も強い人物です!

うちは一族は六道仙人という人物の息子の生まれ変わりが作った一族!

最後に写輪眼を扱う「うちは一族」の存在についてご紹介します!うちは一族は実は「大筒木ハゴロモ」の息子である「大筒木インドラ」という人物が作り上げた一族です!大筒木インドラは「写輪眼・万華鏡写輪眼」を持っていた人物で、のちに弟である「大筒木アシュラ」と戦いを起こしています!

大筒木インドラは大筒木ハゴロモの後継者に選ばれず、弟である大筒木アシュラが後継者に選ばれたことを憎んでいました。そんなことからインドラとアシュラは戦争を起こしており、インドラの生まれ変わりは「うちはマダラ」になっており、アシュラの生まれ変わりは「初代火影」です!そして二人が死んだ後には「うちはサスケ」と「うずまきナルト」にインドラとアシュラは生まれ変わっています。

うちは一族というのはインドラという一人の人間によって生み出された一族だという事が物語の最後で六道仙人によって明らかになります!

【まとめ】ナルトに登場する写輪眼とは何なのか紹介してみた!写輪眼使いも一覧でまとめてみた!

今回はナルトに登場する写輪眼とは何なのか紹介しました!また写輪眼で使える様々な能力・技の種類の紹介しています!

写輪眼というのはうちは一族が開眼する特殊な瞳です!写輪眼は様々な種類の能力・技を持っており、相手の技をコピーしたり、どんな技なのかを瞬時に見抜くことが出来ます!写輪眼の能力・技の種類はそれだけではなく写輪眼は月詠・天照・神威などの特別な術も使うことが出来ます!そんな写輪眼を持っているナルトの登場人物を上記にまとめて紹介したので是非ご覧ください!

ナルトの物語は現在完結しており、続編として主人公たちの子供の世代が活躍するBORUTOという作品が始まっています!BORUTOにはうちはサスケの娘であるうちはサラダが登場します!写輪眼をもBORUTOでは登場するので、まだまだナルトの物語から目が離せません!今後の最新エピソードに注目です!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ