【銀魂】武市変平太は鬼兵隊の作戦参謀!高杉との出会いやロリコン疑惑の真相は?

「銀魂」に登場するキャラクター・武市変平太(たけちへんぺいた)について紹介します。武市変平太は、高杉晋助率いる鬼兵隊で、参謀として活躍しています。武市変平太と高杉との出会い、鬼兵隊に入った経緯や活躍を紹介し、武市変平太のモデルとされる実在の人物について紹介します。武市変平太は鬼兵隊の来島また子からロリコンと呼ばれています。ここでは武市変平太はロリコンなのか?ということについても見ていきます。さらに、アニメ「銀魂」で、武市変平太の声を担当している声優・茶風林についても紹介します。

【銀魂】武市変平太は鬼兵隊の作戦参謀!高杉との出会いやロリコン疑惑の真相は?のイメージ

目次

  1. 武市変平太が登場!銀魂とは?
  2. 武市変平太と高杉の出会い
  3. 武市変平太はロリコン?
  4. 武市変平太とまた子の関係
  5. 武市変平太のモデル
  6. 武市変平太の名言
  7. 武市変平太のアニメ声優
  8. 武市変平太に関する感想や評価
  9. 武市変平太と高杉の出会いまとめ

武市変平太が登場!銀魂とは?

銀魂の作品情報

「銀魂」は、週刊少年ジャンプで連載されていたSF・ギャグ・時代劇漫画です。作者は空知英秋(そらちひであき)で、連載期間は2004年から2018年までで、ジャンプGIGAと銀魂公式アプリに完結篇が掲載されました。コミックは全77巻、発売されています。2006年にアニメ化され、同年4月から2018年までテレビ東京系で放送されました。

劇場版アニメは「銀魂 新訳 紅桜篇」が、2010年に公開され、「銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」が、2013年に公開されました。2017年に実写版映画「銀魂」、2018年に「銀魂2 掟は破るためにこそある」が公開され、監督は福田雄一、主人公の銀時は小栗旬が演じました。

「銀魂」は、坂田銀時という主人公を中心に、1話から3話ほどで完結していきます。ギャグやドタバタなどが盛り込まれるコメディ漫画ですが、その中で主人公の銀時の人間関係や過去が描かれていきます。「将軍暗殺篇」からは長編のエピソードが連続で描かれ、クライマックスに向けてシリアスな展開になっていきます。

銀魂のあらすじ

「銀魂」の舞台は江戸時代の末期です。「天人(あまんと」という宇宙人が地球に侵攻、地球人と天人との戦いが始まりました。「攘夷戦争」と呼ばれるこの戦争は、十数年もの間続きました。そしてついに幕府は天人に敗北。江戸は開国、天人の支配下に置かれてしまいました。剣術の道場を開く志村新八の前に坂田銀時という青年が現れました。銀時の人柄に惚れた新八は、銀時が営む「万事屋(よろずや)」で働き始めました。

さらに夜兎族という種族の少女・神楽や巨大な犬・定春が加わった「万事屋」は、あらゆる所から舞い込む相談事に奔走します。そして、攘夷戦争を銀時と共に戦った桂小太郎、高杉晋助、坂本辰馬なども登場し、様々な人間関係の中、事件や戦いへとそれぞれが関わっていく姿が描かれています。

武市変平太のプロフィール

武市変平太(たけちへんぺいた)は、9月28日に誕生、身長は178㎝、年齢は明かされていません。和服に髷を結った姿がトレードマークです。高杉晋助率いる鬼兵隊(きへいたい)では作戦担当で、高杉を補佐する参謀です。冷静沈着、頭脳明晰ですが、真剣を使った戦いは慣れていません。

武市変平太の呼び名

武市変平太は、同僚や後輩からは「たけち」や「先輩」と呼ばれますが、来島また子からは「武市変態」や「ロリコン」などと呼ばれることがあります。

『銀魂』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

武市変平太と高杉の出会い

高杉に感銘を受けた武市

武市変平太は、幕府の下で奉行所の同心として江戸の治安を守っていました。しかし、武市は幕府の役人としての務めを果たしながらも、「天人(あまんと)」に操られている幕府に対して嫌悪感を抱いています。攘夷戦争の後、武市は奉行所からの命令で、役人たちと共に鬼兵隊(きへいたい)を率いる高杉晋助を捕らえにいきますが、武市以外の全員が高杉に斬られてしまいました。

武市も斬られそうになりますが、武市は恐れることなく「あなたを捕らえることなど無理だから、私を殺したいなら殺しなさい」と言いました。その様子を見た高杉は「できるなら参謀にしたい」と言い、去って行きました。この出会いの後、高杉は、役人に捕まった来島また子(きじままたこ)を救出するのですが、その様子を目撃した武市は鬼兵隊に参加することになりました。

高杉のコスプレが好き?

武市変平太は高杉晋助のコスプレが得意です。高杉の扮装をして、右手には「声帯模写用器械」を持って高杉になりきります。この「声帯模写用器械」を持っているのはアニメだけです。高杉のコスプレをすると武市は、「大江戸青少年健全育成条例改正反対」と叫ぶことがあります。

高杉のコスプレをしている武市を本当の高杉だと思い、来島また子が抱きついたというシーンや、銀時たちを驚かすために高杉に扮して現れたりするなど、武市は高杉のコスプレをすることが好きなようです。

鬼兵隊での活躍①紅桜編

坂田銀時は、刀鍛冶をしている村田鉄矢から妖刀「紅桜」を探して欲しいと依頼されました。そんな中、江戸では辻斬りが出没し、多くの者が斬られています。辻斬りは岡田似蔵で、桂小太郎も斬られてしまいますが、懐にあった本のおかげで助かりました。しかし桂は、自分は死んだことにして姿を消し、秘かに鬼兵隊に侵入。そんなこととは知らない志村新八が桂小太郎の行方を捜索中、岡田似蔵に遭遇しました。

銀時が助けに入りますが、銀時は岡田似蔵が持つ妖刀「紅桜」によって瀕死の重傷を負いました。一方、定春が不審な船を発見、神楽はその船に一人で潜入しました。船には危険な雰囲気を纏った高杉晋助と、彼を守る鬼兵隊の中心メンバーである来島また子と、武市変平太もいました。神楽に向けて銃を撃つまた子。神楽はまた子の銃撃を避けるため船の中を走り回ります。武市が「殺してはいけない、生かして捕らえなさい」と言いました。

銃撃を受けた神楽ですが、傷口がふさがるのが早すぎることや、少女とは思えない腕力を見せたこと、透明感のある肌などから武市は、神楽が夜兎族(やとぞく)ではないかと考えました。神楽は鬼兵隊に忍び込んだ目的を問いただすために殺さなかったのですが、もう一つ殺さなかった理由があります。それは、武市が神楽を見て「あと2、3年したらすごい美少女になる」と考えたからだそうです。

銀時が妖刀「紅桜」を持つ似蔵を追って、紅桜の制作者、村田鉄矢と妹・鉄子と共に鬼兵隊に侵入。そこで銀時は似蔵と対決します。一方、似蔵に斬られて姿を消した桂小太郎は秘かに鬼兵隊に侵入していましたが、それは紅桜を大量に生産するための装置を破壊するためでした。桂を捜していた新八は桂と再会し、神楽を救出します。桂は高杉と対決するため、彼の後を追います。

桂に高杉の後を追わせ、新八と神楽は武市とまた子の前に立ちはだかりました。武市は二人に、「あなたたちは攘夷を唱える志士でもなく、桂の配下でもない、もちろんこちらの見方でもない」と言いました。すると新八と神楽は「宇宙一バカな侍だ」と笑いながら答えました。その後、武市とまた子は、紅桜の妖力で怪物となってしまった似蔵の攻撃を避けることができずに二人は船の壁に激突してしまいます。

武市とまた子がその後どのように船から脱出したのかは不明ですが、この後のストーリーに登場していることから、無事だということは分かっています。

鬼兵隊での活躍②かぶき町四天王編の後日談

銀魂「紅桜篇」で登場した武市変平太が次に登場したのが、「かぶき町四天王篇」でした。かぶき町を我が物にしようとする天人・華佗(かだ)を捕らえた鬼兵隊は、宇宙海賊春雨に華佗を連行しました。宇宙船で高杉が来るのを待っていると、武市が高杉のコスプレをしてやって来ました。武市のコスプレだと気づかず高杉だと信じているまた子は不安な気持ちを吐露します。

そんなまた子に対して「何も心配はない」と言い、さらに「俺さえ信じていれば」と言う高杉に扮した武市。その言葉を聞いたまた子は「一生あなたについていく」と言い、思わず抱きつきました。しかし、高杉だと思っていた男が武市のコスプレだとわかり、怒ったまた子は武市に当たらないように銃を発射しました。このように高杉のコスプレを楽しむ武市ですが、時には参謀らしい意見を言うこともあります。

高杉と春雨の第七師団長の神威が、春雨の提督阿呆(あぼう)の軍に対して攻撃をする際、また子や河上万斉(かわかみばんさい)は迷わず攻め込んでいきましたが、武市は春雨を相手にこの手持ちの軍勢で勝てると思っているのかと、ストップをかけるなど参謀らしい姿を見せました。

鬼兵隊での活躍③攘夷志士同窓会篇

「攘夷志士同窓会」で料亭に集まった銀時、桂小太朗、坂本辰馬たちの前に高杉が登場しました。しかし、この高杉も武市のコスプレでした。武市は「同胞よ、安らかに眠れ」という高杉の手紙を銀時に手渡し去っていきました。そして武市は別の部屋へ移動し、仕掛けてある監視カメラで銀時たちを見張ります。武市は銀時たちに恐怖心を植え付け、彼らを一気に倒そうという計画でした。

銀時、桂、坂本たちは、黒子野太助(くろこのたすけ)から来た招待状で集まったのですが、実は誰も黒子野太助のことを思い出すことができず、黒子野について話しているうちにようやく3人は思い出すことが出来ました。その様子を監視カメラで見ていた武市たち鬼兵隊のメンバーは、黒子野の亡霊のコスプレをして銀時たちの前に飛び出しました。

ところがお化けが苦手だという銀時は怖がらず、逆に武市がメンバーの亡霊の姿に驚き、気を失ってしまう始末。結局、黒子野太助本人が登場し、鬼兵隊は制圧されてしまいました。武市の計画は失敗しました。

鬼兵隊での活躍④洛陽決戦編前夜

暗殺された将軍・徳川茂々(しげしげ)に代わって徳川喜々(のぶのぶ)が将軍になり、銀時たちは追われる者となり、地下に潜伏しながら活動をしています。万事屋に今井信女(いまいのぶめ)、武市、また子らが集まりました。そこで武市が、徳川茂々が暗殺された後に起こった事について話し始めました。

鬼兵隊は、味方だと思っていた徳川喜々や春雨らに裏切られ、孤立無援の状態になってしまいました。奈落の首領「朧」と戦った高杉は深い傷を負い、意識がありません。神威が率いる「春雨第七師団」は、春雨元老院からの攻撃により大打撃を受け、神威の行方が分からなくなっています。さらに鬼兵隊の船も襲われ、河上万斉が「高杉のことは自分に任せろ、鬼兵隊を終わらせるな」と言って、武市とまた子を避難艇で脱出させたのでした。

鬼兵隊での活躍⑤洛陽へ赴く

春雨元老院は春雨第七師団を倒そうと企んでいます。その企みに協力しているのが星海坊主(うみぼうず)だということを、武市は阿伏兎(あぶと)から聞きました。神楽は、父である星海坊主が兄・神威を破滅させる企みに加担していることにショックを受けます。星海坊主は、息子・神威の暴走を止めるには非情なやり方でなければ無理だと判断したのでした。父の想いを理解した神楽は、父と兄の決戦を止めようと洛陽へと向かいました。

武市は神楽が、星海坊主の娘として、神威の妹として、父と兄を守るためにただ一人でやって来たのでしょうと、神楽の想いを語ってみせました。武市は、人の心情を深く理解できる人間だということがわかるシーンになっています。

鬼兵隊での活躍⑥銀ノ魂編

意識を取り戻し、命の危機から脱した高杉は、倒さなければならない敵は「アルタナ解放軍」と「虚(うつろ」であると認識しました。宇宙では桂、坂本たちがアルタナ解放軍と戦っています。そこに高杉はまた子や万斉を連れて現れました。地球を天人の思い通りにはさせないと言う高杉。武市は鬼兵隊の宇宙船にいて、高杉たちに情報を送るなど、戦いを援護していました。

アルタナ解放軍は「火之迦具土神(ヒノカグツチ)」という、惑星一つを吹き飛ばしてしまうような恐ろしい破壊兵器を発動。地上からは虚が「アルタナ」を地球のある一点に集めます。集められた「アルタナ」と「火之迦具土神」のエネルギーがぶつかると、銀河まで消滅させることができます。虚は自身を消すために周りのものすべてを巻き込もうとしています。

そこで武市が立ち上がります。自分が「火之迦具土神」の発動を30分引き留めますから、その間にこの破壊兵器を制御する装置を作動させてくださいと、高杉に言いました。そして小型の宇宙船に乗り込んだ武市ですが、部下たちが武市にすがって「我々も一緒に行きたい」と叫びました。そんな部下たちに対して武市は、今までに見たこともないような優しい眼差しを向けるのでした。

Thumb銀魂の高杉が包帯をしている理由は?その魅力や声優キャストも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

武市変平太はロリコン?

本人はロリコン説を否定

武市変平太の日頃の言動から、少女たちに対する強い興味や執着が垣間見えます。そのため周囲からはロリコンと言われていますが、武市本人は否定しており、「ロリコンではなくフェミニスト、女性至上主義です」というのが口癖になっています。

紅桜編でのロリコン疑惑

「銀魂・紅桜篇」で、鬼兵隊に侵入した神楽を武市とまた子が捕らえようとする時、武市は殺さずに捕らえよと言いました。また子は、神楽が鬼兵隊が船内に所有している「紅桜量産装置」を見ていることから、生かしておくことはできないと主張します。

結局、神楽が鬼兵隊の船に忍び込んだ目的を問いただすために殺さなかったのですが、生かしておいた理由はもう一つあります。それは、神楽がそのうちとんでもない美少女になるだろうと武市が思ったのが理由の一つだそうです。

Thumb銀魂の来島また子は鬼兵隊の紅一点!紅桜編での活躍や高杉晋助との関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

武市変平太とまた子の関係

また子と仲が良い?

武市変平太は、自身は否定していますが、周りからロリコンと思われています。武市と来島また子は行動を共にすることが多く、また子は武市のことを武市先輩と呼んでいますが、たまに「武市変態」と呼ぶこともあります。「銀魂」のセルフパロディ「金魂」の中で武市とまた子は、高杉が営む「万事屋晋ちゃん」で助手を務めています。

ツッコミ役のまた子

武市とまた子は同じシーンで現れることが多く、武市のロリコンを思わせる言動に鋭くツッコミを入れるのが、また子です。時には武市がまた子を抑える役目をするなど息の合ったところを見せています。

武市変平太とまた子の関係について見てきました。武市変平太にはモデルとされている実在の人物がいます。ここからは、そのモデルとされている人物について見ていきます。

Thumb銀魂の洛陽決戦篇の結末と感想は?あらすじ・ストーリーのネタバレまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

武市変平太のモデル

ここまで、武市変平太の活躍やロリコン疑惑、来島また子との関係について見てきました。ここで、武市変平太のモデルとされている実在の人物を紹介します。そのモデルとは、幕末の土佐で活躍した武市半平太という人物です。それでは、武市変平太のモデルとされる武市半平太の人物像と生涯を見ていきます。

モデル・武市半平太の人物像

武市変平太のモデルとされているのは、武市半平太です。武市半平太は江戸時代末期、幕末の志士で、尊王攘夷を掲げる「土佐勤王党」を立ち上げ、率いていました。武市半平太は小野派一刀流の免許皆伝という確かな技量を持つ剣術家で、中岡慎太郎や岡田以蔵など100人以上の門下生を抱える剣術道場を開いていました。この道場が後に尊王攘夷を掲げる「土佐勤王党」の基となりました。

モデル・武市半平太の生涯

武市変平太のモデルとされる幕末の志士、武市半平太は1829年に土佐の武市家で生まれました。12歳で一刀流の師匠に入門し、20歳で土佐の郷士の娘・富子と結婚しました。小野派一刀流の剣術を学んだ半平太は、1854年に道場を開くと、中岡慎太郎や岡田以蔵などの大勢の門下生を抱えることになりました。1860年、「桜田門外の変」で井伊直弼が暗殺されたことで、世の中は尊王攘夷へと盛り上がります。

半平太は、江戸で桂小五郎、高杉晋作らとの交流を持ちます。1861年、半平太は「土佐勤王党」を結成。中岡慎太郎や岡田以蔵、平井収二郎など、192人の同志が加盟しました。しかし土佐藩では尊王攘夷に対して反対の立場を取っており、半平太は藩の参政として藩主の信頼篤い吉田東洋を暗殺。1863年の「八月十八日の政変」がきっかけで半平太は、捕らえられてしまいます。そして1865年、獄中で切腹し、死去しました。

Thumb銀魂の登場人物まとめ!プロフィール・画像や声優キャストまで一挙紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

武市変平太の名言

武市変平太のモデルとされる実在の人物、武市半平太について紹介しました。武市変平太のモデルとされた武市半平太は、幕末の土佐で「土佐勤王党」を結成し、多くの志士たちに慕われました。武市半平太は、尊王攘夷を実現するために戦った人物でした。ここからは、「銀魂」の武市変平太の名言を紹介します。

名言①「俺はただ壊す…」

こちらの名言は「銀魂・攘夷志士同窓会篇」で武市が言った言葉です。坂田銀時、桂小太郎、坂本辰馬は黒子野太助から、同窓会の招待状を貰いました。同窓会の会場である料亭に銀時たちが集まっているところに、高杉のコスプレをした武市が登場しました。その登場時に武市が言った名言です。

俺はただ壊すだけだ。この気まずい同窓会を。

名言②「ロリコンじゃ…」

こちらの名言は「銀魂・紅桜篇」で武市が言った言葉です。鬼兵隊の船に侵入してきた神楽を捕らえたときに、武市は神楽を殺してはいけない、と言いました。その言葉に対してまた子は武市をロリコンと呼びました。そこで武市が言い返した名言です。

ロリコンじゃありません。フェミニストです。敵といえども女性には優しくするのがフェミ道というもの…

名言③「理屈を…」

こちらの名言は「銀魂・銀ノ魂篇」で武市が言った言葉です。武市は火之迦具土神(ヒノカグツチ)の攻撃を30分間止めておくため、一人で火之迦具土神に乗り込んで行きました。高杉に出会う前の武市ならこのような理屈に合わない事はしませんでした。しかし、高杉と出会ったことや、鬼兵隊のメンバーとして仲間と行動を共にすることで、自分でも思ってもいなかったことをするようになったのでした。

理屈をまとったままでは奇蹟など起こせませんから

Thumb【銀魂】高杉晋助はヤクルト好きの鬼兵隊総督!吉田松陽や銀時との関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

武市変平太のアニメ声優

ここまで、実在した幕末の志士・武市半平太がモデルとされる、武市変平太について紹介してきました。ここで、アニメ「銀魂」で武市変平太の声を担当している声優について紹介していきます。

武市変平太の声優は茶風林

武市変平太の声優・茶風林(ちゃふうりん)は、1961年まれ、埼玉県出身です。東洋大学を卒業後、声優、舞台俳優として活躍中です。アニメ、ゲームの他に、洋画の吹き替えなどで声優として活動しながら、俳優として舞台に出演しています。舞台ではタップダンスを披露することもあります。茶風林という芸名の由来は、喜劇王チャップリンだということです。

声優・茶風林の出演作品

茶風林の声優での主な出演作を紹介します。1990年~「ちびまる子ちゃん」永沢くん、1992年「ママは小学4年生」大川先生、1996年~「名探偵コナン」目暮警部、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」初代寺井洋一、「はじめ人間ゴン」ドテチン、2001年「サイボーグ THE CYBORG SOLDIER」006/張々湖、2014年~「サザエさん」2代目磯野波平、2018年「バキ」スペック、などです。

Thumb銀魂の紅桜編はどんな話?アニメと映画の違いやエピソード・見どころを解説 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

武市変平太に関する感想や評価

武市変平太は、鬼兵隊で高杉の参謀として優れた能力を発揮し、「銀ノ魂篇」では男気溢れる姿を見せます。しかし、普段の武市変平太は、高杉のコスプレをしたり、ロリコンだったりと、敵とはいえ面白いキャラクターだと言われています。特に「ロリコンではない、フェミニストだ」という名言は、ファンの間で好評だそうです。

こちらの方も、武市変平太のキャラクターが面白すぎるという感想です。そんな面白いキャラクターの武市ですが、優れた頭脳を見せる時もあったり、男気を見せるところもあったりと、敵キャラとはいえ好きだという声が寄せられています。

武市変平太は面白いキャラクターだと言われていますが、戦いの中では高杉を気遣ったり、また子を助けるなど、武市変平太は面白いだけでなく、かっこいい一面も見ることができます。

Thumb銀魂キャラクターの年齢がついに判明!身長・体重や誕生日の設定まとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

武市変平太と高杉の出会いまとめ

いかがでしたか?「銀魂」に登場するキャラクター、武市変平太について紹介してきました。武市は高杉が率いる鬼兵隊で参謀として活躍していますが、高杉のコスプレをして周りを怒らせるなど、面白いキャラクターだと言われていました。また、武市のロリコン疑惑についても見てきました。

武市本人はロリコンではなく、フェミニストだと言っていますが、来島また子からはロリコンと呼ばれていました。さらに、武市のモデルとされている実在の人物、武市半平太についても紹介しました。武市変平太のモデルとされている武市半平太は、尊王攘夷を目指し戦った人物でした。おもしろすぎると言われる武市変平太に注目して「銀魂」を、どうぞお楽しみください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ