【鬼滅の刃】お館様(産屋敷耀哉)の強さを考察!正体・過去や最後の死亡シーンも紹介

鬼滅の刃で病弱でありながら威厳を放っているお館様(産屋敷耀哉)の強さや能力に注目が集まっています。そのため、偉大な要素が満載のお館様の正体や能力、強さをさまざまに考察している人もいました。そこで、鬼滅の刃で個性や我が強い柱たちを心服させてしまう魅力的な人間性を持っているお館様(産屋敷耀哉)の強さや能力、正体や壮絶な過去、最後の死亡シーンや妻や子供たちなど家族についても紹介します。

【鬼滅の刃】お館様(産屋敷耀哉)の強さを考察!正体・過去や最後の死亡シーンも紹介のイメージ

目次

  1. 鬼滅の刃のお館様とは?
  2. 鬼滅の刃のお館様の強さや能力を考察
  3. 鬼滅の刃のお館様の正体や過去を考察
  4. 鬼滅の刃のお館様の最後や死亡シーン
  5. 鬼滅の刃のお館様の家族構成
  6. 鬼滅の刃のお館様の声優
  7. 鬼滅の刃のお館様に関する感想や評価
  8. 鬼滅の刃のお館様の強さまとめ

鬼滅の刃のお館様とは?

鬼滅の刃で病弱であるにも関わらず戦死してしまった隊士たちの墓参りを欠かさないお館様(産屋敷耀哉)は、鬼殺隊の隊士を全て自分の子供のように思っているため、名字ではなく名前で呼んでいました。さらに、時に私の子供たちという表現をしているため、優秀な柱を含め鬼殺隊のメンバー全員がお館様(産屋敷耀哉)の子供のような気持ちで心穏やかに接していたようです。

人心掌握術を扱うことができるお館様(産屋敷耀哉)は、その能力を活用しながらも人間としての思いやりや言動に十分気を配っていたために、個性豊かな柱をはじめ隊士たちを心から従わせることができたのでしょう。そこで、1/fというゆらぎの声を発することができるお館様(産屋敷耀哉)の強さや能力、壮絶な過去や正体、最後の死亡シーンや妻・子供についても紹介します。

鬼滅の刃の作品情報

鬼滅の刃の概要

2021年2月の時点で1億5000万部の累計発行部数を記録している「鬼滅の刃(きめつのやいば)」は、2019年にはテレビアニメ化されて大人気となった漫画となっています。週刊少年ジャンプ(2016年11号~2020年24号)によって連載されていた鬼滅の刃は、単行本においては全23巻まで刊行されました。全205話によって展開されている鬼滅の刃は、福岡県出身の吾峠呼世晴さんによって描かれた漫画として注目を集めています。

大正時代が舞台となっている鬼滅の刃では、鬼になってしまった妹を人間に戻すために、心優しく陽だまりのような温かい心を持った竈門炭治郎(かまどたんじろう)が人喰い鬼たちと戦っていく姿が描かれています。人喰い鬼によって家族を失った炭治郎は、唯一の家族となった妹を大切に思う強い気持ちによってさまざまな能力を覚醒させていくことができたようです。鬼滅の刃のゲームや劇場版映画も好評となっています。

鬼滅の刃のあらすじ

貧乏でありながら家族と仲良く慎ましく生活していた竈門炭治郎は、いつものように炭を売りに町へ出かけていました。帰りが遅くなってしまったことで鬼の出現を心配した村人のアドバイスによって一晩泊めてもらうことになります。翌朝家族の元へ向かった炭治郎は家中が血だらけになっていることに驚き、家族が鬼に殺されている事実に呆然とします。しかし、妹が生きていたことで鬼から人間に戻すために戦うことを決意しました。

お館様(産屋敷耀哉)のプロフィール

鬼滅の刃で産屋敷家97代目当主であり、鬼殺隊の最高責任者も務めている産屋敷耀哉は、鬼を作り出している張本人である鬼舞辻無惨と戦っている人物となっています。周囲からは「お館様」と呼ばれ慕われている彼は、強力な人心掌握術を持っていました。そのため、病弱な身体でありながら素晴らしい強さを持っている柱たちや個性豊かな鬼殺隊のメンバーもまとめあげることができていたのです。

  • 名前:産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)
  • 愛称:お館様
  • 所属:鬼殺隊(最高責任者)
  • 初登場:単行本6巻の「鬼殺隊柱合裁判」第45話
  • 年齢:23歳
  • 氏族:産屋敷家97代目当主
  • 家族:あまね(妻)、ひなき(娘)、にちか(娘)、輝利哉(長男:次期当主)、くいな(娘)、かなた(娘)
  • CV(声優):森川智之

正体や能力などがさまざまに考察されているお館様には、凶悪な鬼舞辻無惨によって呪われるという過去を持っていました。妻や子供ら家族についても注目されているお館様は、人心掌握術を活用して個性の強い柱たちを従えていますが、恐怖や権力で縛るのではなく相手の心に寄り添ってあげることができました。かなりの人格者であり、広い心を持っていたために癖のある柱たちであっても心服させることができたのでしょう。

「鬼滅の刃」公式ポータルサイト

鬼滅の刃のお館様の強さや能力を考察

考察①刀を10回も振れない

鬼滅の刃で荒々しい性格の柱でさえもお館様の前では礼儀正しい言動になってしまう姿を披露していました。そのため、鬼殺隊の最高責任者を務めているお館様がかなり素晴らしい人物であることは事実のようです。そこで、病弱でありながらも個性豊かな柱をまとめ上げてしまうお館様(産屋敷耀哉)の強さや能力をさまざまな角度から考察していきます。

鬼滅の刃で人心掌握術を活用して鬼殺隊をまとめ上げているお館様(産屋敷耀哉)は、生まれつき病弱で肉体的な強さを持っていないようです。自分の身体一つで人の命を守りたいという思いがあったものの、刀を振った際には10回も続かないうちに脈が狂って大変なことになってしまったと打ち明けていました。そのため、幼少期から命を少しでも繋げることに心を砕いており、武術は行うことができなかったようです。

考察②目が見えていない

鬼滅の刃で素晴らしい強さを披露してる柱のメンバーでさえも心服しているお館様(産屋敷耀哉)は、目がほとんど見えていないと考察することができます。初登場シーンにおいては二人の娘に導かれるように登場していましたが、温かい空気感や雰囲気から天気がいいようだということは理解しているものの、空が青いのかわからず尋ねるような発言をしていました。

強さや能力、正体などの考察がさまざまにされているお館様は、産屋敷に代々掛けられてしまった呪いによって長く生きれない状態となっていました。産屋敷への呪いは敵対する鬼舞辻無惨に深く関係しています。二人は過去にかなりの因縁を持つことになり、現在戦うようになっていきました。子供や妻も巻き込むことになる最後の死亡シーンも話題となっているお館様は、目が見えないながらも温かい心でいつも柱に接していました。

考察③財力

鬼滅の刃で未来を見通すことができるお館様(産屋敷耀哉)の正体や強さに注目が集まっていますが、彼は鋭い勘によって多くの財を成すことで度重なる危機を乗り越えてきたようです。鬼殺隊の柱になると給料は好きなだけ与えられることになります。癸(みずのと)という一番下の階級では現代のお金に換算すると20万円程度は支払われていたようです。隊士が思う存分働くためにも財力は重要となっていました。

考察④先見の明

鬼滅の刃で正体や過去などに注目が集まっているお館様(産屋敷耀哉)は、素晴らしい先見の明を持っていました。そのため、病弱であっても何とか産屋敷家や鬼殺隊を導いていくことができたのです。強さや能力も話題となっているお館様は、作中においても上記の画像のように未来を予言するようなセリフをいくつも放っています。鋭い勘はかなりの武器となりさまざまな危機を救っていたようです。

考察⑤1/fゆらぎの声

鬼滅の刃でカリスマ性を放ちながら登場しているお館様(産屋敷耀哉)の強さや能力に注目が集まっていますが、いつも穏やかな彼は1/fというゆらぎの声を発して周囲の人間と会話することができました。1/fというゆらぎの声とは、話す相手を心地よくさせてしまう能力となっています。そのため、多くのカリスマ性を放っている人物は1/fというゆらぎの声を発することができるといわれています。

正体や過去、子供たちにも注目が集まっているお館様が話す際に、普段は荒々しい口調の柱のメンバーでさえも礼儀正しくなってしまうということは、1/fというゆらぎの声が大きく影響していると考えることができます。最後の死亡シーンにも注目が集まっているお館様は、個性豊かな柱のメンバーの多くが過去に周囲から化け物扱いされているという事実を温かく受け止めてあげていました。

多くの人間は特殊な能力や強さを持っている人間をすぐに化け物扱いして仲間外れにしたり、いじめたりする傾向があります。しかし、カリスマ性を放っているお館様は、柱のメンバーの力の強さや個性的な能力をその人の素晴らしい能力だと認め、褒めてあげていたのです。1/fというゆらぎの声と共に人格肯定してもらった柱たちは自分に自信が持てるようになり、居場所を見つけることができるようになったのでしょう。

考察⑥護衛を付けていない

鬼滅の刃でカリスマ性を放って多くの人々を導いてきたお館様(産屋敷耀哉)の病状を心配した柱の多くは、お館様に護衛をつけるべきだと話していました。歩くのもやっとなお館様は、貴重な戦力である柱を自分の護衛にしようとは絶対に考えなかったのです。偉大な当主であるお館様は、自分の面倒は妻であるあまねや子供たちに任せて一切の護衛はつけていなかったようです。

Thumb【鬼滅の刃】現代の子孫や転生したキャラ一覧!名前や受け継がれた特徴は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鬼滅の刃のお館様の正体や過去を考察

考察①鬼舞辻無惨と同じ血筋だった?

鬼滅の刃で病弱でありながら先見の明を持っているお館様(産屋敷耀哉)は、心優しいため毎日のように戦死した子供たちの墓参りをしていました。穏やかで誰もを安心させるオーラを放っているお館様の正体とは?さらに壮絶な過去も気になるところでしょう。そこで、大きな病気を抱えていながらも鬼殺隊の最高責任者を務めているお館様の正体や過去を考察していきます。

鬼滅の刃に登場しているお館様(産屋敷耀哉)と鬼の当主である鬼舞辻無惨の顔を見比べてみるとかなり似ていることに気付くでしょう。産屋敷の一族には凶悪な鬼舞辻無惨も存在していました。そのため、凶悪な鬼である鬼舞辻無惨と穏やかで偉大なお館様は同じ血筋だったのです。同じ血筋から鬼が出てしまったことで、その代償として30歳くらいまでしか生きれなくなってしまったようです。

考察②病気について

鬼滅の刃で人間の想いこそが永遠であると話しているお館様(産屋敷耀哉)は、産屋敷家に掛けられた呪いによって生まれた当時から病弱となっています。産屋敷家は一族が絶えそうになった際に神主に相談していました。その際に、神職の一族から妻をもらうようにとアドバイスをもらっています。神職の一族から妻をもらうようにした産屋敷家は何とか代々生き延びることができましたが、一族の人間は30年の寿命となっていました。

過去に病弱で起き上がれない生活を送っていた鬼舞辻無惨は、産屋敷家が短命になったのは自分のせいではないといいはっていました。しかし、やっとの思いで残虐な鬼舞辻無惨を倒すことができた後の産屋敷家では、100歳生きることができる人間も出ています。そのため、自分には全く関係ないといい放っていた鬼舞辻無惨でしたが、彼が死亡したことで一族が健康になり長寿になったことから全く関係ないとはいえないでしょう。

心優しく偉大な精神を持っているお館様は、生まれつきの病気の影響で次第に目が見えなくなり、足腰も立たなくなっていきました。かつては美しい顔をしていたお館様でしたが、次第に顔の上部から焼けただれたようになっていきます。最終的には顔全体が火傷をしたかのような顔になっていきました。病気で苦しんでいたお館様でしたが、戦いで死亡してしまった隊士の墓参りは毎日欠かさずに行っていたのです。

Thumb【鬼滅の刃】蝶屋敷の三人娘がかわいい!名前や年齢は?見分け方は髪型と髪飾り? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鬼滅の刃のお館様の最後や死亡シーン

考察①家族を巻き込んでの自爆

鬼滅の刃で正体や強さなどが気になるお館様の最後や死亡シーンも話題となりました。そこで、鬼殺隊の子供たちを大切に思っているお館様(産屋敷耀哉)の最後や死亡シーンを紹介します。敵対する鬼舞辻無惨がやってくると感じたお館様は、自分の命と引き替えに無惨をこの世から消し去ろうと考えました。

自分一人の力ではどうすることもできないと考えたお館様は、あくまでも自然な日常を装うために妻であるあまねや娘二人も一緒にその作戦に参加してもらうことにしたようです。妻であるあまねはもちろん、父親を慕っていた二人の娘も喜んで父親の自爆に協力したと考えることができます。

考察②悲鳴嶼行冥にだけ最後の作戦を伝えていた

鬼滅の刃で正体や強さなどが話題となっていたお館様(産屋敷耀哉)は、最終的には寝たきりになってしまいます。産屋敷家に掛けられた呪いを解くため、これ以上大切な子供たちを死なせないためにお館様は自分が囮になって鬼舞辻無惨を倒す計画をし、柱において一番長く仕えている悲鳴嶼行冥にだけ伝えていました。他の子供たちは決して許してくれないだろうと考えてのことだったのでしょう。

考察③産屋敷自爆の瞬間の柱たち

鬼滅の刃で人格者でもあるお館様(産屋敷耀哉)の正体や過去にも注目が集まっていますが、予言通り現れた鬼舞辻無惨と話しをしたお館様は、人の想いこそが不滅で永遠であると語っていました。その言葉をくだらないといい放った鬼舞辻無惨はお館様の自爆によって一旦は吹っ飛んでしまいますが死亡しなかったようです。弱点を克服していた鬼舞辻無惨は次の瞬間に柱たちを無限城に突き落としてしまいました。

Thumb【鬼滅の刃】全集中常中(じょうちゅう)とは?全集中の呼吸との違いは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鬼滅の刃のお館様の家族構成

お館様の妻

鬼滅の刃で柱をはじめ鬼殺隊の隊士たちを子供のように扱っているお館様(産屋敷耀哉)には、妻や実の子供も存在していました。そこで、鬼殺隊の最高責任者を務めているお館様の家族構成を紹介します。正体や強さ、能力などが話題となっているお館様の妻は、「産屋敷あまね」です。長くは生きられないという呪いを掛けられてしまった産屋敷家は代々延命のために結婚する相手が強制的に決められていました。

産屋敷家において97代目の当主を務めているお館様は、若くして結婚することになります。妻となったあまねの姿はとても美しく初めて見た炭治郎はあまりの美しさに見とれてしまったようです。さらに、その美しさを妖精のようだと表現していました。

過去や最後の死亡シーンにも注目が集まっているお館様の妻であるあまねは、戦死した隊士のお墓参りに付き添ったり、お館様が病状の悪化によって動けなくなってしまった際には、代理を務めるほど聡明な女性でもあったのです。柱会議において妻のあまねが代理として取りまとめようとした際に柱のメンバーは一切の反論をしていません。妻であるあまねもお館様同様凛としたカリスマ性を放っていました。

お館様の子供たち

鬼滅の刃で病弱で若くして結婚することが決定していたお館様(産屋敷耀哉)には、五人の子供が誕生しています。五人の子供たちは五つ子となっており、女の子が四人に跡取りとなる男の子が一人となっていました。娘たちの顔は母親同様に美しくそっくりな顔をしています。そのため、見た目だけでは区別がつかないため、髪飾りの位置や種類などで区別しているようでした。

能力や強さ、正体などがさまざまに考察されているお館様の子供は五つ子となっていますが、娘の名前はひなき、にちか、くいな、かなたとなっており、年齢は8歳となっています。長男となる息子の名前は、輝利哉(きりや)となっており、彼も母親のあまねにそっくりでした。父親であるお館様の補佐を務めているのは、娘のかなたとくいなとなっています。最終選別の案内役をしたのは長男の輝利哉でした。

次期当主は輝利哉

鬼滅の刃で呪われている産屋敷家には、8歳でありながら次期当主となることが決定していた長男の輝利哉(きりや)の存在がありました。心優しく偉大な父であるお館様(産屋敷耀哉)の五つ子の中で唯一の男児として誕生しています。産屋敷家において跡取りとなる輝利哉は、家族を巻き込んでの自爆によって鬼舞辻無惨を倒そうとした父の遺志を受け継いで両親や姉二人が死亡しても涙を流す暇すら与えられなかったのです。

過去や強さ・能力なども話題となったお館様らが敵対する鬼舞辻無惨と共に自爆するものの、ずば抜けた能力を持つ鬼舞辻無惨は、即座に復活してしまいました。周囲の隊士を全滅させられたことで動揺した輝利哉でしたが、自分を支えるために残った妹のくいなに平手をくらったことで目を覚まし、産屋敷家の当主として鬼舞辻無惨との戦いに向かっていきました。

Thumb【鬼滅の刃】竈門カナタは炭治郎とカナヲの子孫?燈子との関係や性格を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鬼滅の刃のお館様の声優

森川智之のプロフィール

  • 名前:森川智之(もりかわとしゆき)
  • 生年月日:1967年1月26日
  • 身長:172㎝
  • 血液型:O型
  • 職業:声優、タレント、歌手
  • 声優デビュー:1987年
  • 所属事務所:アクセルワン代表取締役
  • 出身地:東京都品川区

鬼滅の刃で子供たちを何よりも大切にしていた心優しいお館様のアニメ版の声を担当したのは声優の森川智之さんです。声優の森川智之さんは、勝田声優学院を卒業後に声優として活動を開始します。その後は歌手やタレントとしても幅広く活躍するようになりました。声優の森川智之さんは親父キャラクターから正統派の二枚目や三枚目など演じることができる声優となっています。彼は硬質で低く響く声に人気があります。

森川智之の主な出演作品

声優の森川智之さんの主な出演作品には、フォーチュン・クエストLのクレイ・S・アンダーソン役や名探偵コナンの羽田秀吉役、はじめの一歩のアレクサンドル・ヴォルグ・ザンギエフ役、今日からマ王!のウェラー卿コンラート役、恋する天使アンジェリークの聖獣の鋼の守護聖エルンスト役、島耕作のアジア立志伝の島耕作役、クレヨンしんちゃんの野原ひろし役、ボールルームへようこその仙石要役などがありました。

Thumb【鬼滅の刃】煉獄桃寿郎は杏寿郎の転生・生まれ変わり?炭彦との関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鬼滅の刃のお館様に関する感想や評価

鬼滅の刃の23巻まで読んだ人の中には、病弱でありながら凛々しいお館様がかっこいいと感想を寄せている人もいました。生まれつき身体が弱く武術をしたくてもすることができなかったお館様ですが、聞くものに安らぎを与える素晴らしい声を駆使して多くの人に安心感と自己肯定感を与えていました。柱の多くは特別な強さを持っていたために、周囲から化け物扱いされて辛い思いをした人が多かったのです。

鬼滅の刃の16巻を読んだ人で表紙に描かれているお館様と妻のあまね様がお美しいとコメントしている人もいました。病気の悪化によって顔の上部から次第に焼けただれたようになってきてしまったお館様ですが、自分の身体が不調であるにも関わらず、外では自分の多くの子供たちが鬼と戦っているからと戦死した子供たちの墓参りをしていました。誰もが心服してしまう素晴らしい人格者でもあったのです。

鬼滅の刃の22巻のお館様から読んでいるという人は、登場しているお館様が素敵でかっこいいと感想を寄せていました。先見の明を持っていたお館様は、常に冷静沈着で公平な目を持つことができる人物となっています。彼の父親は繊細な性格であったために隊士の死を受け入れることができず19歳で自殺してしまいました。男兄弟も呪いによって死亡し、唯一生き延びたお館様は4歳で当主となり鬼殺隊を導いてきたのです。

Thumb【鬼滅の刃】神崎アオイと伊之助は結ばれた?結婚・子孫がいる可能性を現代編から考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鬼滅の刃のお館様の強さまとめ

生まれつき身体が弱く短命をいい渡されていたお館様は、素晴らしい精神力の強さを披露しています。彼は個性豊かな柱をはじめ鬼殺隊の隊士を人心掌握術を駆使して導いていたのです。先見の明を持っていたお館様は、あらゆることを先読みすることで危機を回避しながら生き延びてきました。最終的に鬼舞辻無惨と会って話した際にも人の想いこそが永遠であると説いており、心の強さを見せつけていました。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ